ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 祭・祭事・イベント
  8. >
  9. 年末年始
  10. >
  11. 年の市

ジャパンナレッジで閲覧できる『年の市』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典

国史大辞典
年の市
としのいち
年の暮に立つ市で、ところによっては暮市・節季市・斎満(いみて)市・ツメマチなどと呼ぶ。年取りや正月用の飾り物、料理や材料その他盆までに必要と見越される物を売買するために立つ市。もともと、その年の収穫物の処分、年貢皆済の折目にまつわる経済上の必要性と、先祖の御魂祭(みたままつり)として開かれた。なお、青森県三戸地方のツメマチには、「親に似た顔がでる」とか、長野県北安曇郡や戸隠山麓地帯の暮市には山姥が出現するという伝承は、暮市には何か神秘的な霊力が出現すると考えられた事例であり、注目される。近世末期、江戸の年の市の有様を『江戸絵本風俗往来』によってうかがってみよう。「十二月十四・十五の両日は、深川八幡宮年の市、十七・十八の両日は浅草観世音年の市、(中略)二十五・二十六両日麹町平河町天神宮の市、この以後大晦日まで諸所に市あり」とみえ、また浅草観世音年の市の翌日を特に簑市と呼び、酉の市同様に近郷農家との交渉を活写している。青森県八戸では暮市に、ふだん付合いのある近在の村人が土産を持ってくる習慣があったので、レイイチ(礼市)といい、主人は一日中応対し、酒食を出してもてなしたという。ここに、半期半期の決済という意味がうかがわれ、また、市の立つ町が、村々の結節点の役割を果たし、村人と町人との交渉のあり方を知ることができる。年の市は、伝統的な生活が集約的に反映される時であり、空間でもある。
[参考文献]
柳田国男編『歳時習俗語彙』、民俗学研究所編『年中行事図説』、北見俊夫『市と行商の民俗』(『民俗民芸双書』五六)、同「市とその生態」(『日本民俗文化大系』一一所収)
(北見 俊夫)


日本大百科全書(ニッポニカ)
年の市
としのいち

年末に正月用品を買い整えることを主目的として開かれる市。歳の市とも書く。毎月定期的に行われる市のうち年末のものをいう。昔はハレ(晴)とケ(褻=日常)との格差が大きく、正月を迎える気持ちも新鮮であったから、秋の農作物の売上げ代金を持って行って市で買い物をした。正月用品のうち自給の困難なもの、日常よりは高級な食べ物や衣類、かねて買いたいと思っていた品物などである。都市に商業が発達し分業態勢が整うと分業化が始まる。社寺の境内で開かれる羽子板 (はごいた)市、門松を売る松市、注連 (しめ)飾りのガサ市などがある。東京世田谷 (せたがや)のぼろ市では雑多な物を売る。東京では深川八幡 (はちまん)宮(12月14、15日)、浅草観音 (かんのん)羽子板市(17~19日)、麹町 (こうじまち)の平河天神(25、26日)、近在では埼玉県さいたま市大宮区の氷川 (ひかわ)神社、鎌倉の長谷 (はせ)観音の市が著名。大晦日 (おおみそか)の市を捨市 (すていち)といい、捨て値で売ったが、いまもその傾向は残っている。

[井之口章次]



改訂新版 世界大百科事典
年(歳)の市
としのいち

年末に立つ市で,年神祭の用具や正月用の飾物,雑貨,衣類,海産物の類を売るのを目的としている。かつて毎月の定期市のうち,その年最後の市を正月用品販売にあてる場合が多かったので,暮市,節季市,ツメ市などともいわれる。年の市には神秘的な意味が認められていたらしく,青森県三戸地方のツメマチには親に似た人が出るという伝承があり,長野県北安曇郡や上水内郡などの暮市には山姥(やまうば)が現れるといわれていた。年の市は,商店の発達した現在でも,年末になると毎年一定の日に,人家の密集した地の社寺の境内や路傍など決まった場所に設けられることが多く,周辺の集落の人々にとってこの日の買物は一種の年中行事化したものとなっている。なお正月用の年の市と同様,盆には盆市があり,ともに1年を二分する節季に結びついた重要な市である。
[田中 宣一]

[索引語]
市 暮市 節季市 ツメ市 山姥 盆市
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
年の市の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 579
検索コンテンツ
1. とし の 市(いち)画像
日本国語大辞典
《季・冬》*俳諧・続虚栗〔1687〕冬「年の市線香買に出ばやな〈芭蕉〉」*諸国風俗問状答〔19C前〕紀伊国和歌山風俗問状答・一二月・九九「二十日過より、年の市
2. 年(歳)の市
世界大百科事典
の年最後の市を正月用品販売にあてる場合が多かったので,暮市,節季市,ツメ市などともいわれる。年の市には神秘的な意味が認められていたらしく,青森県三戸地方のツメマ
3. 年の市画像
日本大百科全書
年末に正月用品を買い整えることを主目的として開かれる市。歳の市とも書く。毎月定期的に行われる市のうち年末のものをいう。昔はハレ(晴)とケ(褻=日常)との格差が大
4. としのいち【年の市】画像
国史大辞典
注目される。近世末期、江戸の年の市の有様を『江戸絵本風俗往来』によってうかがってみよう。「十二月十四・十五の両日は、深川八幡宮年の市、十七・十八の両日は浅草観世
5. 年の市(著作ID:388681)
新日本古典籍データベース
としのいち 咄本 天明頃刊
6. 浅草寺年の市[図版]画像
国史大辞典
江戸名所図会 (c)Yoshikawa kobunkan Inc. 
7. あいちぐん【愛知郡】愛知県
日本歴史地名大系
愛知県と改称、旧城下と熱田は第一大区となり、村方は、ほぼ西から東の順に一二の小区に分けられた。同二二年の市制町村制施行後、まず名古屋市が生れ、同四〇年以降は熱田
8. あいみぐん【会見郡】鳥取県:伯耆国
日本歴史地名大系
合併、会見・汗入郡役所となった。同一六年三月の連合戸長役場制では一九連合町村に編成され、同二二年の市制町村制施行により二町三六ヵ村が成立した。この間、明治六年六
9. あきたぐん【飽田郡】熊本県:肥後国
日本歴史地名大系
法により郡役所は隣の託麻郡とともに横手村に置かれ、同一三年春日村(現熊本市)に移った。同二二年の市制町村制施行時郡管町村は三町三九村。同二九年三月託麻郡と合併し
10. あさかし【朝霞市】埼玉県地図
日本歴史地名大系
。〔近現代〕明治四年(一八七一)一一月入間県、同六年熊谷県を経て同九年埼玉県に属した。同二二年の市制町村制施行により新座郡膝折村・内間木村が成立。同二九年から北
11. あさくさ‐でら【浅草寺】
日本国語大辞典
「せんそうじ(浅草寺)」に同じ。*俳諧・俳諧歳時記〔1803〕下・一二月「浅草寺(アサクサデラ)年の市年の市は江戸浅草を以天下第一とす。西は浅草御門、西北は
12. 旭川市史[文献解題]北海道
日本歴史地名大系
引)。昭和四五年開基八〇周年を記念して市史補完のため、同様の構成のもと第五巻(昭和三〇―四四年の市史の追録)を同四六年刊。第六巻(合併町村の各部門史)同四七年刊
13. 字
世界大百科事典
が主管している。 1878年の郡区町村編制法で幕藩体制以来の村が例外的に大字となったが,88年の市制・町村制施行により,行政名は制度化され改変された。この際の町
14. あじとむら【網戸村】千葉県:旭市地図
日本歴史地名大系
性格を取戻してくる。天和三年(一六八三)河内屋太右衛門が出店をして商いを始めている。享保一二年の市連判証文(外口家文書)では上町・中町・下町の三町で交互に市を立
15. あせりぐん【汗入郡】鳥取県:伯耆国
日本歴史地名大系
米子町に置かれた。同一六年三月実施の連合戸長役場制では当郡の各村は五連合に編成された。同二二年の市制町村制施行により淀江町および九ヵ村が成立。明治一〇年の当郡の
16. あつみぐん【厚見郡】岐阜県:美濃国
日本歴史地名大系
同二四年には濃尾大震災で岐阜町の大半を焼失。同一二年方県・各務・厚見三郡の郡役所が岐阜町に設置された。同二二年の市制町村制施行により岐阜市が成立、当郡は二町四八
17. あべのく【阿倍野区】大阪府:大阪市地図
日本歴史地名大系
、また大阪市内有数の文教地区として顕著な発展をとげるのは大正期に入ってからで、なかでも同一〇年の市電の当地への延長、同一二年の大阪鉄道(現近鉄南大阪線)の阿部野
18. あまぐん【海部郡】和歌山県:紀伊国
日本歴史地名大系
翌五月の大区・小区制の実施によって、海部郡は和歌山第二大区となり、先の五区は小区と改称された。さらに同二二年の市制町村制施行によって、海部郡には加太村・西脇野村
19. あらおし【荒尾市】熊本県
日本歴史地名大系
と激増ぶりを伝える。さらに同一五年東京第二陸軍造兵廠ならびに三井化学の工場が建設され、同一七年の市制施行の原動力となった。第二次世界大戦後はエネルギー革命の影響
20. ありといち【有等市】山口県:美祢郡/秋芳町/嘉万村
日本歴史地名大系
藩は近接の大田市に有等新市開設についての異議のないことを確かめ、まず二ヵ年、さらに引き続いて三ヵ年の市立を許可した。享保一四年の一村限明細絵図には、有等および南
21. アルジェリア近現代史 206ページ
文庫クセジュ
にかけてのクーデタ未遂事件があった ―― を乗り越え、中央集権国家の建設に成功した。一九六七年の市町村改革、そして一九六九年の県(ウィラーヤ)改革によって、新し
22. あわぐん【阿波郡】徳島県
日本歴史地名大系
られた。両郡の町三・村数六〇、戸数一万六千三九二・人口八万二千八三八(地方沿革略譜)。同二二年の市制町村制施行に伴い、久勝村・伊沢村・林村・八幡村・大俣村・市香
23. いいだし【飯田市】長野県
日本歴史地名大系
飯田市は明治八年に本町ほか二四町が合体して成立した飯田町が、同二二年上飯田村の一部を編入し、同年の市町村制施行時の上飯田村(昭和四年上飯田町)と昭和一二年(一九
24. いけだちょう【池田町】香川県:小豆郡
日本歴史地名大系
近世には池田村を中心に枝村七ヵ村を包含して池田郷を形成した。明治一三年(一八八〇)各枝村が独立し、同二三年の市制町村制施行により池田村・二生村・三都村が成立。昭
25. イサオ・タオカ[日本生まれの駐日大使]
イミダス 2018
った。現地住民やヨーロッパからの移民などにも呼びかけ、入植地を「ラパス市」へと昇格させ、86年の市制施行時に大統領から市長に任命された。その後、通算4期12年市
26. いさぐん【伊佐郡】
国史大辞典
。菱刈郡は江戸時代の本城・曾木・馬越(まごし)・湯之尾四ヵ郷の大隅国の地域である。明治二十二年の市町村制実施とともに、北伊佐郡は大口・羽月・山野村として、菱刈郡
27. いしかわぐん【石川郡】石川県
日本歴史地名大系
同一五年の調べによると、町数三・村数三二六、戸数一万九千一三一・人口一〇万二千八〇六(地方沿革略譜)。同二二年の市制町村制施行により当郡北部を含む金沢市が成立、
28. いしのまきし【石巻市】宮城県
日本歴史地名大系
が自邸敷地内に湊教会を、同二三年には門脇村釜の農業伊藤格兵衛らが地内に釜教会をそれぞれ献堂。同年の市内の信徒は三四五人。うち最多数は商人、次いで官公吏であった。
29. 異端カタリ派 53ページ
文庫クセジュ
使嗾した。リミニでは、すでにヴェロナ宗教会議で承認された法令の施行を妨害し、ヴィテルボでは一二〇五年の市会選挙に異端側の代表が公然と選出された。カタリ派を根絶す
30. 異端審問 118ページ
文庫クセジュ
しかし、それより、惨禍を遅れさせた、と言ったほうがよいのではあるまいか。一九三六 ― 一九三九年の市民戦争のある局面などは、遅まきの、それだけにまた激越な宗教戦
31. 市画像
日本大百科全書
毎年ある定まった日に開かれるものと、月3回とか6回とか日を決めて開かれるものとがある。前者は暮の市、年の市とか盆市とかよばれることが多い。「盆・暮」が重んじられ
32. いち‐がえり[‥がへり]【市帰】
日本国語大辞典
〔名〕年の市(いち)から帰ること。また、その人。市もどり。*雑俳・柳多留‐五〔1770〕「市帰り大戸上けろとしょって居る」イチ
33. いち‐すぎ【市過】
日本国語大辞典
〔名〕年の市の立つ、一二月一七、一八日以後年末までの頃。*雑俳・柳多留‐二〔1767〕「市過は銭の入る事とろっぴゃう」*雑俳・柳多留‐三〔1768〕「市過の娵(
34. いちだむら【市田村】愛知県:豊川市
日本歴史地名大系
・七反田・一丁田・かうしかいと・むれかいと・北ノ坪・屋げんし・かくらてんなどがみえる。正徳三年の市田村差出帳(伊知多神社蔵)によると、戸口は一六〇軒・七一三人、
35. いち‐どろぼう【市泥棒】
日本国語大辞典
〔名〕(年の市(いち)で大黒天の像を盗むと縁起がいいという迷信から)年の市で大黒天を盗む者。
36. いちにわちょう【市庭町】兵庫県:西宮市/西宮町
日本歴史地名大系
宮町誌」に「家屋及ヒ田圃タリ」とあり、家並が続いている所以外は田畑であったと思われる。明治四年の市庭町戸籍(西宮市役所蔵)によると家数九〇、うち旅籠屋一一、農業
37. いちののむら【市野々村】岩手県:一関市
日本歴史地名大系
)幕府巡見使は水沢から「一之野」で昼の休憩ののち下嵐江(現胆沢郡胆沢町)へ至っている。同一八年の市野々村検地帳(県立図書館蔵)によれば、田四〇町八反余・代五〇貫
38. いちはらし【市原市】千葉県地図
日本歴史地名大系
これら諸郡は個別に詳述される。〔近現代〕明治九年(一八七六)市域の諸村は第五大区第一―一四小区に属した。同二二年の市制町村制施行に伴い八幡町・菊間村・市原村・五
39. いち‐ふつか【市二日】
日本国語大辞典
〔名〕江戸浅草観音境内の一二月一七日、一八日の年の市。*雑俳・桜の実〔1767〕三「市二日なから嬉しく御精進」*雑俳・種卸‐三〔1775~1811〕「吉原へ神風
40. いち‐みやげ【市土産】
日本国語大辞典
〔名〕年の市のみやげ。特に木や張子で男性の陽物をかたどった金勢大明神をいう。*雑俳・柳多留‐五四〔1811〕「市みやげ娘貰ってほふり出し」
41. いちむらのわたし【市村渡】長野県:長野市/市村
日本歴史地名大系
、これまで犀川上流の小市渡と下流の綱島渡が併用されていたが、市村渡が主渡船場となった。同一五年の市村船頭らの松平忠輝への訴状及び裏書(丸山史料)に、謹言上信州河
42. いち‐もどり【市戻】
日本国語大辞典
〔名〕年の市からもどること。また、その人。市帰り。*雑俳・柳多留‐一三〔1778〕「市戻り手桶を脱いで時儀(しぎ)をする」
43. いっぽんまつむら【一本松村】兵庫県:姫路市/旧飾磨郡地区
日本歴史地名大系
有名であった。渡守の実権は小川村にあったが、明治四年(一八七一)当村に移った(花田史誌)。同年の市川船渡仕法書上帳(同書)によると、渡守が定めた賃銭は干水時六〇
44. 五つ星運動(5SM)[EU/ヨーロッパ]
イミダス 2018
2党(単独政党としては第1党)に躍進。14年の欧州議会選挙でも、17人が当選した。さらに16年の市長選挙では、ローマとトリノという2大都市で、いずれも30代の女
45. いなげく【稲毛区】千葉県:千葉市地図
日本歴史地名大系
一六号などが通る。明治八年(一八七五)当時区域の諸村は第一一大区第六―七小区に属した。同二二年の市制町村制施行に伴い千葉郡千葉町・検見川村・都賀村・犢橋村が成立
46. いなべぐん【員弁郡】三重県
日本歴史地名大系
忍藩領の朝明・員弁郡下で、凶作による減免を要求して、農民一揆が生じている。〔近現代〕明治二二年の市制町村制施行により、当郡内に二二村が成立した。そのなかの七和村
47. いまどやき【今戸焼】
国史大辞典
というから、ある程度珍重されてもいたのだろう。嘉永年間(一八四八―五四)の作根弁次郎、明治初年の市太郎らの工人の名が残されている。しかし総じていえば、今戸焼は低
48. いみずぐん【射水郡】富山県
日本歴史地名大系
同一二年の町数六六・村数三三八、戸数三万六六九・人口一四万六千八五一(地方沿革略譜)。同二二年の市制町村制の実施により高岡市が誕生し、射水郡は新湊・伏木・小杉・
49. 医薬品工業
日本大百科全書
業に発展した。 2007年までの10年間で世界の医薬品市場は2.6倍の規模に成長し、2006年の市場規模は約80兆円といわれている。2004年の日本市場は7兆円
50. いるまし【入間市】埼玉県地図
日本歴史地名大系
経て同九年埼玉県に属した。同一二年の郡区町村編制法施行により仏子村・野田村は高麗郡、他は入間郡となった。同二二年の市制町村制施行で入間郡豊岡町・東金子村・金子村
「年の市」の情報だけではなく、「年の市」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

年の市と同じ年末年始カテゴリの記事
年の市(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
年の暮に立つ市で、ところによっては暮市・節季市・斎満(いみて)市・ツメマチなどと呼ぶ。年取りや正月用の飾り物、料理や材料その他盆までに必要と見越される物を売買するために立つ市。もともと、その年の収穫物の処分、年貢皆済の折目にまつわる経済上の必要性と
年末年始と同じカテゴリの記事をもっと見る


「年の市」は祭・祭事・イベントに関連のある記事です。
その他の祭・祭事・イベントに関連する記事
送り火(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
門火(かどび)ともいい、一般には盆が終わり、精霊(しょうりょう)を送るため、家の入口、四つ辻(つじ)、墓などで焚(た)く火のこと。所によっては葬式の出棺のまぎわ、あるいは婚礼のおり娘が生家を出るとき、家の入口で火を焚く習俗があり、これも送り火とか門火
長月(日本大百科全書・日本国語大辞典)
陰暦9月の異称。語源は明らかではないが、中古以来、夜がようやく長くなる月の意の夜長月の略称といわれてきた。稲熟(いなあがり)月、稲刈(いなかり)月、穂長月などが変化したものとする説もあり、近時では、9月は5月と並ぶ長雨の時季で「ながめ」とよぶ物忌みの
中秋節(世界大百科事典)
陰暦8月15日は秋の半ば(中秋)にあたり,中国では月を祭る日とされてきた。古くから観月の習慣はあるが,中秋のそれに固定化したのは唐代以後であり,中秋の名月こそ一年中で最も美しい月とされた。初めは高楼等に登って月を眺めながら酒食を楽しむにすぎなかったが
十五夜(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
陰暦の毎月15日の満月の夜のことであるが、通例は陰暦8月15日の夜をいう。この夜、月見をしたり、綱引、相撲(すもう)などを行い、年占(としうら)的行事が多い。月の満ち欠けを基準とする太陰暦では、満月はもっともわかりやすい目印であり、生活の折り目の
中元(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
本来は、1月15日の上元、10月15日の下元と並ぶ中国の道教の三元信仰の一つで、陰暦7月15日をいう。善悪を判別し人間の罪を許す神(地宮)を祭る贖罪(しょくざい)の日とされたが、これが仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)と結び付いて祖先崇拝行事になった。日本
祭・祭事・イベントに関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る