ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 行政
  10. >
  11. 雇用継続給付制度

ジャパンナレッジで閲覧できる『雇用継続給付制度』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書

日本大百科全書(ニッポニカ)
雇用継続給付制度
こようけいぞくきゅうふせいど

雇用保険に設けられている制度で、高年齢雇用継続給付と介護休業給付がある(かつては育児休業給付も雇用継続給付として位置づけられていたが、2020年(令和2)の改正で、失業等給付から独立させ、子を養育するために休業した労働者の生活および雇用の安定を図るための給付として位置づけられることになった)。

 高年齢雇用継続給付は、60歳以上65歳未満の被保険者のうち、被保険者であった期間が5年以上あり、60歳時の賃金の75%未満かつ所定の額未満で就労している場合に支給される。60歳以降失業給付の基本手当を受給しないで雇用を継続している場合は「高年齢雇用継続基本給付金」が支給され、基本手当を受給後に支給日数を100日以上残して再就職した場合は「高年齢再就職給付金」が支給される。給付の額は、60歳時の賃金の61%以下の者には賃金の15%、61%超75%未満の者には15%から一定の割合で逓減(ていげん)する率を乗じた額である。

 高年齢雇用継続給付は、65歳までの雇用の継続を援助、促進することを目的に1994年(平成6)に創設されたものであるが、2025年度には「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律(高年齢者雇用安定法)」(昭和46年法律第68号)による継続雇用制度の経過措置が完了し、60歳以上65歳未満の労働者は希望すればすべて継続雇用制度の対象者になる。そのため、2020年の雇用保険法の改正により、高年齢雇用継続給付を2025年度から縮小するとともに、65歳から70歳までの高年齢者就業確保措置の導入等に対する支援を雇用安定事業に位置づける。

 介護休業給付は、家族を介護するための介護休業をした被保険者であって、介護休業開始前2年間に、通常の就労を行っていた期間(賃金支払基礎日数が11日以上ある月)が12か月以上ある場合に、対象家族1人につき通算93日を限度に、3回を上限として支給される。給付の額は、休業開始前の賃金日額×支給日数×67%である。

[山崎泰彦]2020年11月13日

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
雇用継続給付制度の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 3
検索コンテンツ
1. 雇用継続給付制度
日本大百科全書
雇用保険に設けられている制度で、高年齢雇用継続給付と介護休業給付がある(かつては育児休業給付も雇用継続給付として位置づけられていたが、2020年(令和2)の改正
2. 高齢者雇用
日本大百科全書
%を超えて低下した高齢者に対し、60歳以後の賃金の一定割合を給付(最大15%)する高年齢雇用継続給付制度がある。同制度の給付率は65歳までの雇用が完全義務化され
3. 雇用保険
世界大百科事典
支援することを目的に,94年雇用保険法等の改正が行われ,主要部分は95年4月実施された。新設された雇用継続給付制度は,賃金は低下したが現に雇用中の60歳代前半期
「雇用継続給付制度」の情報だけではなく、「雇用継続給付制度」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

雇用継続給付制度と同じ行政カテゴリの記事
雇用継続給付制度(日本大百科全書)
雇用保険に設けられている制度で、高年齢雇用継続給付と介護休業給付がある(かつては育児休業給付も雇用継続給付として位置づけられていたが、2020年(令和2)の改正で、失業等給付から独立させ、子を養育するために休業した労働者の生活および雇用の安定を図る
介護保険制度(日本大百科全書)
社会保険の仕組みによる高齢者の介護を保障する制度。日本の介護保険制度は、1997年(平成9)に制定され、2000年(平成12)4月1日に施行された介護保険法(平成9年法律第123号)に基づいて実施されている。国際的には、ドイツ、韓国などは日本と同様に
行政と同じカテゴリの記事をもっと見る


「雇用継続給付制度」は法律に関連のある記事です。
その他の法律に関連する記事
危険運転致死傷罪(日本大百科全書)
自動車(原動機付自転車を含む)の危険な運転行為により人を死傷させる罪。自動車運転死傷行為処罰法の第2条と第3条で規定されている。交通事故は、従来すべて業務上過失致死傷罪で処断されていたが、最高刑が5年にとどまることについて、悪質な事件の被害者(遺族)
雇用継続給付制度(日本大百科全書)
雇用保険に設けられている制度で、高年齢雇用継続給付と介護休業給付がある(かつては育児休業給付も雇用継続給付として位置づけられていたが、2020年(令和2)の改正で、失業等給付から独立させ、子を養育するために休業した労働者の生活および雇用の安定を図る
道路運送車両法(日本大百科全書・世界大百科事典)
道路上を運行する自動車、原動機付自転車、軽車両に関し、所有権についての公証を行い、安全性の確保および公害の防止ならびに整備についての技術の向上を図り、あわせて自動車の整備事業の健全な発達を通じて公共の福祉を増進することを目的とする法律
女性活躍推進法(日本大百科全書・イミダス)
パートやアルバイトを含む常勤労働者を一定数以上雇用している政府、地方公共団体、民間企業などに女性の活躍に向けた行動計画の策定を義務づけた法律。正式名称は「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(平成27年法律第64号)
不登校特例校(日本大百科全書)
学習指導要領にとらわれず、不登校生の実態に配慮した特別な教育課程をもつ学校。正式名は「不登校児童生徒を対象とする特別の教育課程を編成して教育を実施する学校」で、文部科学大臣が指定する。構造改革特区での規制緩和の一環として、2004年に八王子市の高尾山学園に初めて導入
法律に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る