ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. >
  8. 五節供
  9. >
  10. 人日

ジャパンナレッジで閲覧できる『人日』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本国語大辞典・国史大辞典・平成ニッポン生活便利帳

日本国語大辞典
じん‐じつ 【人日

解説・用例

〔名〕

(東方朔の「占書」に見える中国の古い習俗で、正月の一日から六日までは獣畜を占い、七日に人を占うところから)

五節供の一つ。陰暦正月七日の称。七種(ななくさ)の粥を祝うのが慣例。人の日。《季・新年》

*看聞御記‐応永二六年〔1419〕正月七日「人日吉兆、幸甚々々」

*文明本節用集〔室町中〕「人日 ジンジツ 正月七日也」

*政基公旅引付‐文亀二年〔1502〕正月七日「今日人日一段祝着也」

*四河入海〔17C前〕六・一「昔は在〓京、人日なんどにはさざめきしが」

*俳諧・発句題叢〔1820~23〕春上「人日のうら珍らしき草履哉〈嵐外〉」

*高適‐人日寄杜二拾遺詩「人日〓詩寄〓草堂〓、遙燐故人思〓故郷〓

発音

〓[0]

辞書

下学・文明・伊京・天正・饅頭・黒本・日葡・書言・言海

正式名称と詳細

表記

人日下学文明伊京天正饅頭黒本書言言海




国史大辞典
人日
じんじつ
五節供の一つで、陰暦正月七日をいう。この日七種(ななくさ)の粥を祝うので「七種の節供」「七種の節」「七種の祝」、また民俗行事としては「ななくさ」(七種・七草)と称する。中国の古俗に、一日から六日までは獣畜を占い、七日には人を占うところから人日といい、また人勝日ともいった。『事物紀原』に「東方朔占書曰、歳正月一日占〓鶏、二日占〓狗、三日占〓羊、四日占〓猪、五日占〓牛、六日占〓馬、七日占〓人、八日占〓穀、皆晴明温和、為〓蕃息安泰之候〓、陰寒惨烈、為〓疾病衰耗〓」とある。また『荊楚歳時記』に「正月七日為〓人日〓、以〓七種菜〓〓羹、翦〓綵為〓人、或鏤〓金箔〓〓人、以貼〓屏風〓、亦戴〓之頭鬢〓、又造〓華勝〓以相遺、登〓高賦〓詩」と湖北・湖南地方の古俗について述べている。この中に七種の菜を羹とすることがみえ、七種粥の先蹤とみられるが、わが国には正月初子日に若菜を摘む春の野遊びの風習があり、これが中国の故事と習合したものとみられる。→七草(ななくさ),→七種粥(ななくさのかゆ),→子日遊(ねのひのあそび)
(倉林 正次)


平成ニッポン生活便利帳
人日の節句(じんじつのせっく)
12か月のきまりごと歳時記 > 一月 《睦月》 > 【暦】
1月7日。江戸時代に定められた五節句の一つで、七種粥を食べることから七草の節句ともいう。古来中国では、正月1日に鶏、2日に狗、3日に羊、4日に猪、5日に牛、6日に馬、7日に人、8日に穀の吉凶を占ったとされ、それぞれ殺生を禁じられた。この日に七草の入った粥を食べ、一年の無病息災を祈る習慣は、平安時代から見られ、江戸時代以降、幕府の公式行事となり、一般に広まった。
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
人日の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 2137
検索コンテンツ
1. じん‐じつ【人日】
日本国語大辞典
京、人日なんどにはさざめきしが」*俳諧・発句題叢〔1820~23〕春上「人日のうら珍らしき草履哉〈嵐外〉」*高適‐人日寄杜二拾遺詩「人日
2. じん-じつ【人日】
全文全訳古語辞典
〔名詞〕五節句の一つ。陰暦正月七日の称。七種粥を食べて祝う。(春の季語)
3. じんじつ【人日】
国史大辞典
(七種・七草)と称する。中国の古俗に、一日から六日までは獣畜を占い、七日には人を占うところから人日といい、また人勝日ともいった。『事物紀原』に「東方朔占書曰、歳
4. 人日(じんじつ)
古事類苑
歳時部 洋巻 第1巻 904ページ
5. ひと‐の‐ひ【人日】
日本国語大辞典
〔名〕(「人日(じんじつ)」の訓読み)陰暦正月七日の称。《季・新年》*匠材集〔1597〕四「人の日 正月七日なり」*浮世草子・好色一代女〔1686〕一・一「人の
6. 【人日】じんじつ
新選漢和辞典Web版
陰暦の正月七日。五節句の一つ。
7. 人日(著作ID:1083245)
新日本古典籍データベース
じんじつ 謡曲 
8. 人日の節句(じんじつのせっく) 【12か月のきまりごと歳時記】
生活便利帳
1月7日。江戸時代に定められた五節句の一つで、七種粥を食べることから七草の節句ともいう。古来中国では、正月1日に鶏、2日に狗、3日に羊、4日に猪、5日に牛、6日
9. 【人日鳥】じん じつ ちょう (てう)
新選漢和辞典Web版
鳩(はと)のこと。
10. 狂人日記
日本大百科全書
中国の作家、魯迅(ろじん/ルーシュン)の小説。1918年5月『新青年』に掲載され、のち『吶喊(とっかん)』(1923)に収められた。周囲の人間が自分を食おうとし
11. 「狂人日記」
世界文学大事典
短編小説。1918年5月「新青年」4巻5号に掲載,署名魯迅。のち『吶喊』に収める。被害妄想患者の日記の形式による。周囲の者すべてが「おれ」を食おうとしている。書
12. 健康医療戦略推進法/独立行政法人日本医療研究開発機構法[イミダス編 社会・健康]
イミダス 2018
2014年5月23日に成立した新法。当初、日本医療研究開発機構の構想にあたってアメリカの国立衛生研究所(NIH)を参考にしたことから、これら2法を総称して日本
13. しゃだんほうじんにほんほうそうきょうかい【社団法人日本放送協会】 : 日本放送協会
国史大辞典
〔社団法人日本放送協会〕 日本の放送は最初東京放送局(大正十三年十一月二十九日設立)、名古屋放送局(大正十四年一月十日設立)、大阪放送局(大正十四年二月二十八
14. 時(とき)の役人(やくにん)日(ひ)の奉行(ぶぎょう)
故事俗信ことわざ大辞典
「時の将軍に従え」に同じ。〔古今俚諺類聚(1893)〕
15. 仲立人日記帳
法律用語辞典
当事者が黙秘を命じた場合にはその氏名、商号を記載してはならないこととされている(五四八)。なお、仲立人日記帳は仲立人の財産状態を明らかにするものではないから、商
16. ひくろうどにっき【非蔵人日記】
国史大辞典
江戸時代、朝廷の職掌日記。宮中の蔵人所に属し、主として殿上の敷設や雑役に従事した非蔵人の記した日記故にこの名称がある。非蔵人は通常非蔵人奉行(公卿二人、月番制
17. ふうてんろうじんにっき[フウテンラウジンニッキ]【瘋癲老人日記】
日本国語大辞典
長編小説。谷崎潤一郎作。昭和三六年(一九六一)から同三七年「中央公論」に連載。もはや性的には不能力者になっている卯木督助は、肉感的な息子の嫁颯子に思いを寄せ、あ
18. 猟人日記
日本大百科全書
・サンドの小説は、農村が美化され、理想化されすぎて、現実を離れた牧歌的なものとなっている。『猟人日記』の特色は、現実をまともに見つめながら、しかもなお叙情性を失
19. りょうじんにっき[レフジンニッキ]【猟人日記】
日本国語大辞典
(原題 {ロシア}Zapiski ohotnika )短編小説集。ツルゲーネフ作。一八五二年刊。八〇年に三編追加。作者の出世作というべき作品で、中部ロシアの自然
20. 商人日用/書状筥(著作ID:81027)
新日本古典籍データベース
あきんどにちよう/しょじょうばこ 往来物 文化一三刊
21. 商人日用書状箱(著作ID:600340)
新日本古典籍データベース
あきんどにちようしょじょうばこ 竜章堂(りゅうしょうどう) 書 往来物 明和年間
22. 石火矢方頭人日記(著作ID:2438359)
新日本古典籍データベース
いしびやかたとうにんにっき 佐賀藩(さがはん) 編 日記 記録 
23. 瀛津島防人日記(著作ID:119073)
新日本古典籍データベース
おきつしまさきもりにっき 瀛津島紀行 おきつしま日記 瀛津宮記 青柳種信(あおやぎたねのぶ) 紀行 寛政六
24. 京都貴布祢社関係社人日記(著作ID:4389483)
新日本古典籍データベース
きょうときぶねしゃかんけいしゃじんにっき 記録 
25. 桂園大人日記(著作ID:3659709)
新日本古典籍データベース
けいえんうしにっき 香川景樹(かがわかげき) 和歌 
26. 諸人日用宝(著作ID:1274164)
新日本古典籍データベース
しょにんにちようだから 日用宝 江雲(こううん) 往来物 元文二序
27. 赤人日本国へ漂着に擬へ近年繁々渡来するに謂ある事(著作ID:3194807)
新日本古典籍データベース
せきじんにほんこくへひょうちゃくになぞらえきんねんしげしげとらいするにいわれあること 本多利明(ほんだとしあきら) 外事 寛政三
28. 町人日用狂歌(著作ID:4362117)
新日本古典籍データベース
ちょうにんにちようきょうか 河合遊外(かわいゆうがい) 狂歌 
29. 長崎勤務役人日記(著作ID:284322)
新日本古典籍データベース
ながさききんむやくにんにっき 記録 
30. 信真公御入部之節御供御用人日記(著作ID:3144250)
新日本古典籍データベース
のぶまさこうごにゅうぶのせつおともごようにんにっき 
31. 非蔵人日記(著作ID:3832937)
新日本古典籍データベース
ひくろうどにっき 記録 
32. 婦人日用字尽(著作ID:769813)
新日本古典籍データベース
ふじんにちようじづくし 辞書 
33. 明和庚寅人日抒情奉寄他(著作ID:327946)
新日本古典籍データベース
めいわこういんじんじつじょじょうほうきほか 蘆野東山(あしのとうざん) 
34. 用人日記(著作ID:4320518)
新日本古典籍データベース
ようにんにっき 日記 
35. 日本医療研究開発機構
日本大百科全書
研究開発の推進とその成果の早期実用化を目ざして2015年(平成27)4月に設立された。国立研究開発法人日本医療研究開発機構が正式名称で、英語名称はJapan A
36. 女用文章初音錦(著作ID:4380110)
新日本古典籍データベース
おんなようぶんしょうはつねのにしき 婦人日用/女用文章初音錦 藤牧暘潭(ふじまきようたん) 往来物 
37. 書籍目録(著作ID:36566)
新日本古典籍データベース
しょじゃくもくろく 梅之御簟主人日記 梅屋主人書籍目録 書目 
38. 日本紀事抄訳(著作ID:3734814)
新日本古典籍データベース
にほんきじしょうやく 西洋人日本紀事 日本紀事 西客堅脇鹿日本紀事 日本紀事訳抄 ケンペル(けんぺる) 著 高橋景保(たかはしかげやす) 訳注 文化五
39. いまきのあやひとにちもん【新漢人日文】
国史大辞典
⇒旻(みん)
40. いまきのあやひと-にちもん【新漢人日文】
日本人名大辞典
⇒旻(みん)
41. 2001 平成13年【2019】[特集2 平成の食文化年表【2019】]
現代用語の基礎知識
た世界的な草の根運動である。現在160カ国以上の国際組織があり、日本でも2016年に一般社団法人日本スローフード協会が発足している。スローフードは日本でも定着し
42. CMSマーク[消費者問題]
イミダス 2018
ル適マーク。2008年12月、苦情の絶えなかった結婚相手紹介サービス業界に対して、非営利活動法人日本ライフデザインカウンセラー協会が一定の基準を満たした業者に自
43. eスポーツ[情報通信産業]
イミダス 2018
手は1億円以上の稼ぎをあげているといわれる。日本ではプロ競技としての普及を図ろうと、一般社団法人日本eスポーツ協会(東京)など業界3団体が18年2月に日本eスポ
44. Girls' Navi(ガールズナビ)[イミダス編 社会・健康]
イミダス 2018
社団法人日本家族計画協会(JFPA)が運営する、10代の女性のからだの悩みに答える携帯サイト(http://girlsnavi.jp/index.html)。
45. IELTS(アイエルツ)[イミダス編 文化・スポーツ]
イミダス 2018
12年6月から13年5月までの1年間に全世界で200万人が受験した。日本国内では、10年4月に公益財団法人日本英語検定協会がイギリスの公的交流機関ブリティッシュ
46. JCDデザインアワード[建築]
イミダス 2018
社団法人日本商環境設計家協会(JCD)が、商環境を中心とする空間デザインの顕彰を目的として、もともと1974年に公募形式ではじめたもの。21世紀に入り、公募の
47. Jクオリティ認証制度[ファッション]
イミダス 2018
それぞれの工程の企業により認証されて、初めて「J∞QUALITY」のオリジナルタグ表示が使える。一般社団法人日本ファッション産業協議会(JFIC)(東京都港区)
48. ROC【2019】[欧文略語【2019】]
現代用語の基礎知識
レスキュー・オペレーション・センター。財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会の救助事業部に設置されている。
49. SAKURAワインアワード[イミダス編 文化・スポーツ]
イミダス 2018
年2月14日。表彰式は3月4日から始まる食品展示会、FOODEX JAPAN(主催、一般社団法人日本能率協会他)で行われ、同会場で受賞ワインが展示される。受賞ワ
50. SECCON(セクコン)[イミダス編 科学]
イミダス 2018
さまざまな技術を競うイベント。セキュリティーコンテストの略で、SECCON実行委員会とNPO法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)が開催している。国内
「人日」の情報だけではなく、「人日」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

人日と同じ五節供カテゴリの記事
七夕(日本大百科全書(ニッポニカ))
7月7日あるいはその前夜の行事。本来は陰暦で行っていたが、現在は陽暦の7月7日に行う所が多い。東北地方などでは月遅れの8月7日に行っている。七夕は織女祭、星祭などともいい、中国伝来の行事と、日本古来の伝承、さらに盆行事の一環としての行事など、さまざまな要素が入り混じって今日に伝承されている
七草(改訂新版・世界大百科事典)
七種とも書き,春の七草と秋の七草がある。春の七草〈せり,なずな,ごぎょう,はこべら,ほとけのざ,すずな,すずしろ,これや七草〉とうたわれたように,これらを春の七草と称し,この,ごぎょうはハハコグサ,はこべらはハコベ,ほとけのざはタビラコ,すずなはカブ,すずしろは大根とされる。後世これらを七草粥にして正月7日に食べ
重陽(改訂新版・世界大百科事典)
9月9日の節供。陽数(奇数)の極である9が月と日に重なることからいい,重九(ちようきゆう)ともいう。中国行事の渡来したもので,邪気を避け,寒さに向かっての無病息災,防寒の意味もあった。菊花宴ともいい,685年(天武14)を起源とするが,嵯峨天皇のときには,神泉苑に文人を召して詩を作り,宴が行われていることが見え
端午(改訂新版・世界大百科事典)
中国にはじまり,朝鮮,日本でも行われる旧暦5月5日の節供。中国 蒲節,端節,浴蘭節などともいう。〈端〉は〈初〉の意味で,元来は月の最初の午の日をいった。十二支の寅を正月とする夏暦では,5月は午の月にあたり,〈午〉が〈五〉に通じることや陽数の重なりを重んじたことなどから,3世紀,魏・晋以後
雛祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
毎年3月3日に雛人形を飾り、桃花や雛菓子を供えて、白酒で祝う習俗で、「桃の節供」ともいう。婦女子主体の祭りで、男子の五月節供と対置されてもいるが、雛人形主体の節供習俗の歴史は案外に新しい。江戸時代初頭(1630ころ)に宮廷や幕府で三月節供に雛人形にかかわる行事があった記録が現れ、やがて寛文年間(1661~73)以降に
五節供と同じカテゴリの記事をもっと見る


「人日」は五節供に関連のある記事です。
その他の五節供に関連する記事
人日(日本国語大辞典・国史大辞典・平成ニッポン生活便利帳)
〔名〕(東方朔の「占書」に見える中国の古い習俗で、正月の一日から六日までは獣畜を占い、七日に人を占うところから)五節供の一つ。陰暦正月七日の称。七種(ななくさ)の粥を祝うのが慣例。人の日。《季・新年》*看聞御記‐応永二六年〔1419〕
おせち料理(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
おせちはお節(せち)、すなわち五節供(ごせっく)の意で、中国渡来の年中行事であるが、その代表的なものは正月の節供なので、節供料理すなわちおせち料理は正月料理の意になっている。五節供は人日(じんじつ)(1月7日)、上巳(じょうし)(3月3日)
菊の節句(重陽の節句)(日本国語大辞典・平成ニッポン生活便利帳)
五節供の一つ。陰暦九月九日の節供。重陽の節。菊の日。菊節供(きくぜっく)。菊花節(きっかせつ)。《季・秋》*浮世草子・好色五人女〔1686〕二「菊(キク)の節句(セック)より前にあはし申すべしといへば」*浄瑠璃・用明天皇職人鑑〔1705〕
五節供(日本大百科全書・国史大辞典)
1月7日の七草、3月3日の雛祭、5月5日の端午、7月7日の七夕、9月9日の重陽の五つの節供をいう。これらの節日はいずれも中国伝来の要素がみられる。1月7日は中国で人日という。これは東方朔の占書に、正月1日に鶏を占い、2日には狗を占い、3日には羊を占い、4日には猪を占い、5日には牛を占い、6日には馬を占い
節供(句)(改訂新版・世界大百科事典)
年中行事を構成する日。年に何回かある重要な折りめのことで,基本的には神祭をする日である。迎えた神に神饌を供して侍座し,あとで神人共食することによってその霊力を身につけようとするもので,氏神祭や正月,盆も重要な節供といえよう。小豆粥を食べる正月15日を粥節供,あとで神人共食することによって
五節供に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る