ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. >
  8. 旧暦(陰暦)・暦
  9. >

ジャパンナレッジで閲覧できる『丑』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本国語大辞典・日本大百科全書・新選漢和辞典 ・故事俗信ことわざ大辞典

日本国語大辞典
うし 【

解説・用例

〔名〕

(1)十二支の一つで、その第二番め。牛。ちゅう。

*拾遺和歌集〔1005~07頃か〕物名・四二九「ね うし とら う たつ み ひと夜ねてうしとらこそは思ひけめうきなたつみぞわびしかりける〈よみ人しらず〉」

*名語記〔1275〕五「十二神のうしも牛なるべきに、につくれり、心、如何。尺に云。者紐也。結也」

(2)(1)を年月日、方角、時刻に配して、その呼び名とするもの。

(イ)(1)にあたる年や日。→の日。

*御湯殿上日記‐文明九年〔1477〕正月一四日「けふの御うしのかちん上らふよりまいる」

*洒落本・辰巳之園〔1770〕通言「是はの顔見世。狂言に坂田佐十郎云し事也」

*おぼろ夜〔1899〕〈斎藤緑雨〉「あなかしこ儂(わたし)のは端から皆死にましたと〈略〉傘(からかさ)の破れかぶれ末は棄てるやうな口つき、それはお前が(ウシ)なれば三世相(さんぜさう)にもあることぞ、どれが一番いとしかったと問返されて」

(ロ)北から東へ三十度寄った方角。北北東。

*ロドリゲス日本大文典〔1604~08〕「Vxi (ウシ)」

(ハ)(1)にあたる時刻。奈良・平安時代の定時法では、ほぼ現在の午前一時から三時まで。鎌倉時代以降の不定時法では、春はほぼ午前〇時半頃から一時半頃まで、夏は〇時半前から二時少し前まで、秋は〇時半頃から一時少し前まで、冬は一時少し前から三時頃まで、なお江戸時代後半には半刻(およそ一時間)遅れて行なわれた。晩八つ。→の刻・の時

*伊勢物語〔10C前〕六九「をとこ、いとうれしくて、わが寝る所に率て入りて、子ひとつよりうし三つまであるに、まだ何事も語らはぬにかへりにけり」

*源氏物語〔1001~14頃〕桐壺「右近の司の宿直(とのゐ)申しの声聞ゆるはうしになりぬるなるべし」

*大鏡〔12C前〕五・道長上「子四と奏して、かく仰せられ議するほどにうしにもなりにけん」

(ニ)一二月の異称。

*雑俳・柳多留‐二七〔1798〕「のろのろとしては居られぬの月」

発音

〓[0]〓鎌倉・江戸〓〓〓[0]

辞書

色葉・下学・和玉・伊京・明応・饅頭・易林・日葡・ヘボン・言海

正式名称と詳細

表記

色葉下学和玉伊京明応饅頭易林ヘボン言海




日本大百科全書(ニッポニカ)
うし

十二支の第2番目。「ちゅう」ともいい、十二支獣としてウシがあてられる。12月の異称として「の月」の語がある。夏と寒中の土用のの日を単に「の日」といい、とくに夏の土用のこの日にはウナギを食べ、寒中には口紅をつけたりする風習がある。時刻としては今日の午前2時を中心とした前後2時間に相当する。「の時参り」といって、この時刻に出没する悪鬼や悪神の力を借りて、自己の願いの成就や人を呪咀(じゅそ)したりする俗信があった。また、方角としては北から東へ30度寄った方角をいい、北北東にあたる。

[宇田敏彦]



故事俗信ことわざ大辞典
頭見出しうし【丑】
  • うしさるだか豊年ほうねん
  • うしときには草木くさきねむ
  • うし時参ときまい
  • うし時参ときまいりをすればねがいがかな
  • うし時参ときまいりをひとられるとかない
  • うし時参ときまいりをるといのちられる
  • うしとしまれた庶子しょし総領そうりょうたた
  • うしとし豊年ほうねんうまとし不作ふさく
  • うしうなぎうとくすりになる
  • うしまれるとひく
  • うし海水浴かいすいよくをすると風邪かぜをひかぬ
  • うしったべにくすりになる
  • うしきゅうえてはならぬ
  • うしきゅうえると
  • うしにしたことながげる
  • うし葬式そうしきをすると死人しにんつづ
  • うし大根だいこんたねかない
  • うしつめるとつめれる
  • うしはいると火事かじになる
  • うしには日和ひよりになる
  • うし元日がんじつはそのとし豊作ほうさく
  • うしこと長引ながび
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
丑の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 9015
検索コンテンツ
1. 丑
日本大百科全書
「ちゅう」ともいい、十二支獣としてウシがあてられる。12月の異称として「の月」の語がある。夏と寒中の土用のの日を単に「の日」といい、とくに夏の土用のこの日
2. うし【丑】
日本国語大辞典
神のうしも牛なるべきに、につくれり、心、如何。尺に云。者紐也。結也」(2)(1)を年月日、方角、時刻に配して、その呼び名とするもの。(イ)(1)にあたる年や
3. うし【丑】[頭見出し]
故事俗信ことわざ大辞典
(うし)申(さる)高(だか)に巳(み)豊年(ほうねん)・(うし)の時(とき)には草木(くさき)も眠(ねむ)る・(うし)の時参(ときまい)り・(うし)の時
4. うし【丑】
全文全訳古語辞典
❸時刻の名。午前二時、およびその前後の二時間。一説に、午前二時からの二時間。 「二月十六日のの刻に、渡辺・福島を出でて」〈平家・11・逆櫓〉二月十六日の午前
5. 丑(丒)
新選漢和辞典Web版
(ウ)陰暦十二月。 (エ)動物では、うし。 ②てかせ。 ③伝統劇での役柄。道化役。  部首内画数:一 3 総画数:4 俗字 JISコード:0104 JIS補助
6. 丑画像
字通
は獣爪、田はその掌の形である。 〔説文〕に声として羞・衄・狃・紐・鈕など、その派生字を含めて十五字を収める。の声義を承けるものが多い。 thi
7. うし【丑】[標準語索引]
日本方言大辞典
土用のうし:の日どよーさぶろー夏の土用のうし:の日やくしびうし:年生まれの人うしでぃぴとぅ
8. ちゅう〔字音語素〕
日本国語大辞典
ちゅう(酎)2 の類 [チウ]〓(1)十二支の第二位。うし。/乙、癸/(2)中国の演劇の役名。道化役。/旦/
9. うし‐あめ【丑雨】
日本国語大辞典
〔名〕の刻頃に降りだした雨。一日中降るといわれる。の雨。随筆「三養雑記‐一」に「雨のながみじかを知る歌に、子はながし、は一日、寅は半、卯は一時とかねてしる
10. うし‐うなぎ【丑鰻】
日本国語大辞典
〔名〕夏の土用(七月下旬~八月上旬)のの日に食べる鰻。その頃の鰻は美味で、また、盛夏の体力の衰えに滋養になるというところから、土用のの日に鰻を食べる習慣が古
11. うし‐うら【丑占】
日本国語大辞典
〔名〕その年の豊凶を正月のの日によって占う方法。正月の三日、四日の両日のうちか、または五指を屈してその中にの日があれば豊作、正月の八日がの日に当たれば凶作
12. うし 申(さる)高(だか)に巳(み)豊年(ほうねん)
日本国語大辞典
、申の年は不作で米の値段が高く、巳年は豊作で安いということ。米相場師などがいう。
13. 丑(うし)申(さる)高(だか)に巳(み)豊年(ほうねん)
故事俗信ことわざ大辞典
年申年は不作で米価が高く、巳年は豊作で米価が安い。米相場師などがいう。〔日本俚諺大全(1906~08)〕
14. うし‐とら【丑寅・艮】
日本国語大辞典
〔名〕方位を十二支にあてて呼ぶときの、と寅の中間にあたる方角。北東。陰陽道などで寅の方角が神霊、鬼の訪れる方位とされるところから、特に鬼門の意がこめられるこ
15. うしとら【丑寅】[頭見出し]
故事俗信ことわざ大辞典
寅(うしとら)の年(とし)の生(う)まれの人(ひと)は鰻(うなぎ)を食(く)うべからず
16. うし-とら【丑寅・艮】
全文全訳古語辞典
〔名詞〕方角の名。北東。陰陽道では、この方角を鬼門として忌み憚る習慣がある。 「清涼殿の寅のすみの、北のへだてなる御障子は」〈枕草子・清涼殿の〉清涼殿の北東の
17. うしとらじんじゃ【丑寅神社】広島県:庄原市/庄原村
日本歴史地名大系
名を称し、「芸藩通志」には「艮神三輪神社」とあるが、明治四年(一八七一)三輪大明神を相殿とし、寅神社とした。旧村社。三輪明神は、もと庄原村内字河原に鎮座したと
18. 丑寅(うしとら)の年(とし)の生(う)まれの人(ひと)は鰻(うなぎ)を食(く)うべからず〈俗信・俗説〉
故事俗信ことわざ大辞典
年、寅年の人は鰻を食べられない」の類。 物類称呼(1775)二「寅の年の生れの人は、一代の守本尊虚空蔵菩薩にて、生涯鰻を食ふ事を禁ずと云り」〔諺語大辞典(
19. うしとらむら【丑寅村】大阪府:茨木市地図
日本歴史地名大系
村」とみえる。江戸時代中頃まで三宅村の一小村で、元禄郷帳に「三宅寅村」とある。三宅村から分村した後、寅村は元文年間(一七三六―四一)から大和芝村藩預地とな
20. うしとら‐よけ【丑寅除】
日本国語大辞典
〔名〕陰陽道で、寅(北東)の方に神仏をまつり、災難をよけること。鬼門よけ。〓[0]
21. うし‐どし【丑年】
日本国語大辞典
〔名〕十二支で、第二番目にあたるの年。また、その年に生まれた者。*西洋道中膝栗毛〔1870~76〕〈仮名垣魯文〉初・下「年(ウシドシ)から当地(こっち)へ来
22. うしどし【丑年】[頭見出し]
故事俗信ことわざ大辞典
年(うしどし)、寅年(とらどし)の人(ひと)は鰻(うなぎ)を食(た)べられない・年(うしどし)の子(こ)は兄(あに)に祟(たた)る・年(うしどし)の人(ひ
23. 丑年(うしどし)、寅年(とらどし)の人(ひと)は鰻(うなぎ)を食(た)べられない〈俗信・俗説〉
故事俗信ことわざ大辞典
古く、年・寅年生まれの人の守り本尊は虚空蔵菩薩であるとする信仰があり、鰻が菩薩の使いと信じられたところから、このように言われたか。 物類称呼(1775)二「鰻
24. 丑年(うしどし)の子(こ)は兄(あに)に祟(たた)る〈俗信・俗説〉
故事俗信ことわざ大辞典
の年に生まれた庶子は総領に祟る」などとも。〔諺語大辞典(1910)〕
25. 丑年(うしどし)の人(ひと)が一家(いっか)に三人(さんにん)あれば長者(ちょうじゃ)の暮(く)らしをする〈俗信・俗説〉
故事俗信ことわざ大辞典
〔南総の俚俗〕
26. 丑年(うしどし)の娘(むすめ)は嫁(よめ)に出(だ)さず養子(ようし)を迎(むか)える〈俗信・俗説〉
故事俗信ことわざ大辞典
嫁に出しても戻ってくるからという。〔日本の俗信・一(石川)〕
27. うしどのこふん【丑殿古墳】大分県:大分市/旧大分町地区/賀来村
日本歴史地名大系
[現]大分市賀来 大分川の左岸、通称庄ノ原台地の裾部にある。横穴式石室を有する後期の円墳で、県指定史跡。墳丘は台地斜面に造りつけた構造のため規模などは計測しがた
28. うし の 雨(あめ)
日本国語大辞典
「うしあめ(雨)」に同じ。
29. うし の 終(お)わり
日本国語大辞典
(「うし()の終わりの刻」の意)「うしみつ(三)」に同じ。*運歩色葉集〔1548〕「三 ウシノヲハリ」
30. うし の 貝(かい)
日本国語大辞典
昔、の時刻(午前二時頃)を知らせるために吹き鳴らした法螺(ほら)貝。また、その音。*木工権頭為忠百首〔1136頃〕月「などやかくうしのかい吹く時しまれ月は馬に
31. うし の 風(かぜ)
日本国語大辞典
北北東の方角から吹く風。
32. うし の 杭(くい)
日本国語大辞典
古く、宮中で、の時刻を知らせる簡(ふだ)を掛けるために打った杭。また、その時刻。清涼殿の殿上の間にあって、時刻ごとに差し替えをする。*新撰六帖〔1244頃〕一
33. うし の 刻(こく)
日本国語大辞典
「うし()(2)(ハ)」に同じ。*平家物語〔13C前〕一一・逆櫓「二月十六日のの剋に、渡辺、福島をいでて、あくる卯の時に阿波の地へこそ吹き着きたれ」*謡曲・
34. うし‐の‐こく【丑刻】
日本国語大辞典
〓「うし()」の子見出し
35. うしのこく‐まいり[‥まゐり]【丑刻参】
日本国語大辞典
〔名〕「うしのときまいり(時参)」に同じ。*当世商人気質〔1886〕〈饗庭篁村〉一・二「実に気が弱くて出来ぬものは(ウシ)の刻(コク)参りと小質屋の主人なり
36. うし の 時(とき)
日本国語大辞典
かへるに」(2)「うしのときまいり(時参)」の略。*雑俳・小倉山〔1723〕「いそぎけり嫉妬追るるうしの時」*雑俳・柳多留‐六八〔1815〕「胸の火を天窓(あ
37. 丑(うし)の時(とき)には草木(くさき)も眠(ねむ)る
故事俗信ことわざ大辞典
午前二時頃は、もっともひっそりしている。草木も眠る三つ時。 譬喩尽(1786)四「(ウシ)の刻(コク)は樹(キ)萱(カヤ)草木(サウモク)までも寝(ネ)ると
38. 丑の時参り
日本大百科全書
呪(のろ)うための呪術(じゅじゅつ)の一方法。白衣を身にまとい、ろうそくを鉄輪(かなわ)で頭につけ、三つの刻(こく)(午前2時半ごろ)に、社寺などの樹木に呪う
39. 丑の時参り画像
世界大百科事典
恨む相手をのろい殺すための刻(午前2時ごろ)に社寺に参詣し,神木などに藁人形に五寸釘を打ちつけて祈願することを7日間つづけ,願いがかなうと相手が死ぬという信仰
40. うしのとき‐まいり[‥まゐり]【丑時参】画像
日本国語大辞典
〔名〕(1)悪鬼神の威力をかりて祈願を達成するため、特にの時刻(現在の午前二時頃)に神仏に参拝すること。の刻参り。の時詣で。参り。三参り。*大乗院寺社
41. 丑(うし)の時参(ときまい)り〈俗信・俗説〉
故事俗信ことわざ大辞典
1 悪鬼神の威力をかりて祈願を達成するため、特にの時刻に神仏に参拝すること。の刻参り。の時詣で。参り。三参り。 大乗院寺社雑事記‐康正三年(1457)
42. うしのときまいり【丑刻参】
国史大辞典
の時すなわち午前二時に神社に参り祈願すること。多くは嫉妬した女が相手を呪詛して行う。その方法は近世の絵画に描かれているように、白装束をした女が髪を垂れ下し、
43. 丑刻詣(うしのときまいり)
古事類苑
神祇部 洋巻 第2巻 905ページ
44. 丑(うし)の時参(ときまい)りをすれば願(ねが)いが叶(かな)う〈俗信・俗説〉
故事俗信ことわざ大辞典
〔日本の俗信・一(和歌山)〕〔播州赤穂地方の俗信及び俚諺〕
45. 丑(うし)の時参(ときまい)りを人(ひと)に見(み)られると効(き)かない〈俗信・俗説〉
故事俗信ことわざ大辞典
〔花巻近郊の俗信〕
46. 丑(うし)の時参(ときまい)りを見(み)ると命(いのち)を取(と)られる〈俗信・俗説〉
故事俗信ことわざ大辞典
〔日本の俗信・一(長崎)〕
47. うしのとき‐もうで[‥まうで]【丑時詣】
日本国語大辞典
〔名〕(1)「うしのときまいり(時参)(1)」に同じ。*車屋本謡曲・橋弁慶〔1550頃〕「われ宿願の子細あるにより、〈略〉又今夜より北野への時詣でと心ざし候
48. 丑(うし)の年(とし)に生(う)まれた庶子(しょし)は総領(そうりょう)に祟(たた)る〈俗信・俗説〉
故事俗信ことわざ大辞典
江戸時代にはこのように信じられたため、年生まれの庶子を僧にする習慣があったという。「庶子」はめかけの子、「総領」はあとつぎの息子のこと。〔諺語大辞典(1910
49. 丑(うし)の年(とし)は豊年(ほうねん)、午(うま)の年(とし)は不作(ふさく)〈俗信・俗説〉
故事俗信ことわざ大辞典
〔播州赤穂地方の俗信及び俚諺〕
50. うし の 日(ひ)
日本国語大辞典
十二支のにあたる日。特に夏の土用のの日と、寒中のの日をいうことが多い。夏にはウナギを食べたり、灸(きゅう)をすえたりする。また、寒中には口中の虫を殺すなど
「丑」の情報だけではなく、「丑」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

丑と同じ旧暦(陰暦)・暦カテゴリの記事
神無月(日本国語大辞典)
解説・用例〔名〕(「な」は「の」の意で、「神の月」すなわち、神祭りの月の意か。俗説には、全国の神々が出雲大社に集まって、諸国が「神無しになる月」だからという)陰暦一〇月のこと。かんなづき。かみなしづき。かみなかりづき。
霜月(日本国語大辞典)
解説・用例〔名〕陰暦一一月の異称。霜降月(しもふりづき)。霜見月。《季・冬》*日本書紀〔720〕神武即位前(北野本室町時代訓)「十有一月(シモツキ)の癸の亥朔己巳のひ」*竹取物語〔9C末〜10C初〕「霜月しはすの降り氷り、みな月の照りはたたくにも障(さは)らず来たり」*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生
師走(日本国語大辞典)
解説・用例〔名〕陰暦一二月の異称。極月(ごくげつ)。《季・冬》*日本書紀〔720〕神武即位前(北野本室町訓)「十有二月(シハス)の丙辰朔、壬午のひ」*日本書紀〔720〕仁徳六二年(前田本訓)「是より以後、季冬(シハス)に当る毎に、必ず、氷を蔵む」*万葉集〔8C後〕八・一六四八「十二月(しはす)には
睦月(日本国語大辞典)
解説・用例〔名〕陰暦正月の称。むつびづき。むつびのつき。むつましづき。むつみづき。《季・新年》*万葉集〔8C後〕五・八一五「武都紀(ムツキ)たち春の来たらばかくしこそ梅を招(を)きつつたのしき終へめ〈紀卿(名未詳)〉」*源氏物語〔1001〜14頃〕乙女「年の暮にはむ月の御さうぞくなど、
彌生(日本国語大辞典)
解説・用例【一】〔名〕(「いやおい(彌生)」の変化したものか)陰暦三月の異称。《季・春》*日本書紀〔720〕孝霊四年三月(北野本訓)「四年(よとせ)の春(はる)三月(ヤヨヒ)甲申(きのえさる)の朔(つひたち)甲午(きのえむま)に」*古今和歌集〔905〜914〕春上・六一・詞書
旧暦(陰暦)・暦と同じカテゴリの記事をもっと見る


「丑」はに関連のある記事です。
その他の歴に関連する記事
時の記念日(日本大百科全書・平成ニッポン生活便利帳)
時間を尊重、厳守し、生活の改善、合理化を進めることを目的とする日。毎年6月10日。1920年(大正9)生活改善同盟会が主催、実施した。6月10日を記念日とした根拠は、『日本書紀』天智(てんじ)天皇10年(671)4月25日の項に「漏剋(ろこく)
(日本国語大辞典・日本大百科全書・新選漢和辞典 ・故事俗信ことわざ大辞典)
〔名〕(1)十二支の一つで、その第二番め。牛。ちゅう。*拾遺和歌集〔1005~07頃か〕物名・四二九「ね うし とら う たつ み ひと夜ねてうしとらこそは思ひけめうきなたつみぞわびしかりける〈よみ人しらず〉」*名語記〔1275〕
五月・皐月(日本国語大辞典)
解説・用例〔名〕(1)陰暦五月の称。《季・夏》*万葉集〔8C後〕一七・三九九六「わが背子が国へましなばほととぎす鳴かむ佐都奇(サツキ)はさぶしけむかも〈内蔵縄麻呂〉」*源氏物語〔1001〜14頃〕夕顔「いとしのびて、さ月の頃ほひよりものし給ふ人なん、あるべけれど」
卯月(日本国語大辞典)
解説・用例〔名〕陰暦四月の異称。この月より夏にはいり、衣更(ころもがえ)をした。《季・夏》*日本書紀〔720〕皇極元年四月(北野本訓)「夏、四月(ウツキ)丙戌の朔癸巳、太使(こにつかひ)翹岐其の従者(ともびと)を将(ゐ)て拝朝(みかどをがみ)す」*源氏物語〔1001〜14頃〕玉鬘
彌生(日本国語大辞典)
解説・用例【一】〔名〕(「いやおい(彌生)」の変化したものか)陰暦三月の異称。《季・春》*日本書紀〔720〕孝霊四年三月(北野本訓)「四年(よとせ)の春(はる)三月(ヤヨヒ)甲申(きのえさる)の朔(つひたち)甲午(きのえむま)に」*古今和歌集〔905〜914〕春上・六一・詞書
歴に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る