ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. 伝統芸能
  8. >
  9. 祭事・行事
  10. >
  11. バレンタイン・デー

ジャパンナレッジで閲覧できる『バレンタイン・デー』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

世界大百科事典

改訂新版 世界大百科事典
バレンタイン・デー
(St.)Valentine's Day

キリスト教の聖人ウァレンティヌスValentinus(バレンタインはその英語読み)の祝日。2月14日。いずれも3世紀後半に殉教した同名の聖人(祝日も同じ)が2人おり,さらに事跡不詳の別の修道士もいたとされ,どの人物に由来するかは不明である。今日では英米を中心に,恋人たちがカードValentine cardや贈物をとり交わす日として知られ,日本では特に女性の方から愛をうち明けることができる日としてチョコレートを贈ることがさかんに行われている。この習俗の起源は,古代ローマの豊穣祈願祭ルペルカリアLupercaliaにあるとも,この日から鳥がつがい始めるという西欧の民間伝承にもとづくともいわれる。
[山田 宏]

[索引語]
St.Valentine's Day Valentine's Day ウァレンティヌス(聖人) Valentinus(聖人) ルペルカリア Lupercalia
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
バレンタイン・デーの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 27
検索コンテンツ
1. バレンタインデー
日本大百科全書
2月14日。後顧の憂いを絶つため遠征する兵士の結婚を禁じたローマ皇帝クラウディウスに反対したバレンタイン(ウァレンティノス)司祭が処刑された270年2月14日の
2. バレンタイン・デー
世界大百科事典
キリスト教の聖人ウァレンティヌスValentinus(バレンタインはその英語読み)の祝日。2月14日。いずれも3世紀後半に殉教した同名の聖人(祝日も同じ)が2人
3. バレンタイン‐デー
日本国語大辞典
({英}Valentine Day )二月一四日。三世紀頃ローマで殉教した聖バレンタインの祭日。愛の告白日とされ、特に女性が男性に愛を告白する日とされる。《季・
4. バレンタインデー[イミダス編 文化・スポーツ]
イミダス 2018
紀元3世紀にイタリアに実在した、キリスト教の司祭バレンティヌス(Valentinus、英語名はバレンタイン Valentine)が、殉教した日にちなんでいる。
5. バレンタインデー[カタカナ語]
イミダス 2018
[Valentine Day]【社会・生活】2月14日の聖バレンタインの記念日.女性が男性に愛を告白できる1年に1度の日とされている.チョコレートを贈るのは日
6. バレンタインデー 【12か月のきまりごと歳時記】
生活便利帳
日本では女性が男性にチョコレートを贈り、愛の告白をする日。この習慣は1960年代以降に広まり、恋人や夫婦、職場でも見られるようになった。チョコレートの年間消費量
7. メンズ・バレンタインデー[新語流行語]
イミダス 2018
毎年9月14日は男性が女性に下着を贈る日にと、女性の下着メーカーの協会が制定を働きかけている冠デー。日にちの由来はホワイトデーの半年後から。
8. イリノイ[州]
世界大百科事典
論争(1858),ヘイマーケット事件(1886),プルマン・ストライキ(1894),聖バレンタイン・デーの虐殺(1929),民主党全国大会での騒動(1968)な
9. 贈物
世界大百科事典
定期的な贈答は今日の都市化した社会では中元・歳暮・年始を除くと日本古来のものは廃れ,代りにバレンタイン・デーや母の日,クリスマスなど新しいものがふえてきている。
10. 怪奇映画
世界大百科事典
《魔人ドラキュラ》は,〈世にも不思議な愛の物語〉という女性向きの惹句(じやつく)で,聖バレンタイン・デーに封切られた。深夜に女性の血を吸う青白き魔人の,倒錯した
11. ギャング映画
世界大百科事典
レポーターたちをシナリオライターとして起用し,29年2月14日のアル・カポネによる〈聖バレンタイン・デーの大虐殺〉の衝撃にヒントを得て,現実の犯罪事件に基づく暗
12. シカゴ
世界大百科事典
・サイドでシカゴ史上最大の人種暴動が起こったのである。さらに20年代のアル・カポネや聖バレンタイン・デーの虐殺に代表されるギャングの横行は,腐敗と無法の町として
13. 鳥
世界大百科事典
ルカリア祭Lupercalia(2月15日)はとくに鳥がむつむ日として祝われた。これがバレンタイン・デー(2月14日)の起りで,この日に鳥が愛をささやき始めると
14. パンジー画像
世界大百科事典
ビオラ系はロックガーデンの植材にもむく。切花にしてテーブルの飾りにするとよく似合うし,バレンタイン・デーの花としても欠かせない。柳 宗民 伝承 パンジーという名
15. 祭り
世界大百科事典
らはその利害関心から祭りの維持発展に大きく寄与する。〈クリスマス〉〈新年〉〈復活祭〉〈バレンタイン・デー〉〈母の日〉などの発展には,この契機がからんでいる。また
16. ジャズ・エージ : 年表画像
世界大百科事典
ガーシュウィン《パリのアメリカ人》初演.1929.2- シカゴでギャングの勢力争い激化,〈聖バレンタイン・デーの虐殺〉.‥‥.5- アル・カポネ,はじめての実刑
17. 年中行事 : 表3-ヨーロッパの年中行事(おもにイギリス,フランス)画像
世界大百科事典
Vincentの日(ブドウ栽培者の祭り) 2月 2日 主の奉献(聖マリアの浄めの祝日.聖燭祭) 14日 バレンタイン・デー ◉ カーニバル(四旬節直前の3~7日
「バレンタイン・デー」の情報だけではなく、「バレンタイン・デー」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

バレンタイン・デーと同じ祭事・行事カテゴリの記事
田楽(国史大辞典・新版 能 狂言事典・改訂新版 世界大百科事典)
広義には稲作に関する芸能の総称として用いるが、狭義には田楽躍(おどり)を本芸とする職業芸能者が演じる芸能をいう。また田植の囃しや田楽躍に用いる太鼓を称する場合もある。広義の田楽は、(1)田植を囃す楽、(2)職業芸能者である田楽法師による芸能
民俗芸能(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
地域社会の中で、住民の信仰や風俗・習慣と結び付きながら伝承してきた郷土色ゆたかな芸能。郷土芸能・民間芸能などともいう。祭や宴遊・講などを主な伝承の場とし、特に農耕の祭に呪術的機能を買われて演じられ、また芸能をもって成人教育とするなど
大日堂舞楽(改訂新版 世界大百科事典・日本大百科全書)
民俗芸能。秋田県鹿角市八幡平字小豆沢(あずきざわ)の大日堂(大日孁貴(おおひるめむち)神社)で,1月2日に行われる祭事芸能。小豆沢,大里,谷内,長嶺の4集落の能衆によって舞われる。能衆は世襲で,それぞれの集落に所伝の舞がある
壬生の花田植/佐陀神能(イミダス)
「壬生(みぶ)の花田植(はなたうえ、はなだうえ)」は広島県北広島町に伝わる稲作儀礼で、一説に鎌倉時代の発祥とも言われる。華やかに飾り立てた牛に代掻(しろか)きをさせた田で、紺の単衣(ひとえ)に菅笠(すげがさ)姿の早乙女たちが太鼓や笛、鉦(かね)などに合わせて
精霊流し(国史大辞典・日本大百科全書)
盆行事の最終段階で、精霊を送り出す儀礼。先祖の霊は、七月十三日の精霊迎えを経て、十五日または十六日夕方まで各家に滞在したのち、精霊流しによって、再びあの世へ送り返されると信じられていた。祖霊をはじめ、死者の霊は山の彼方の世界に行っているが
祭事・行事と同じカテゴリの記事をもっと見る


「バレンタイン・デー」は祭・祭事・イベントに関連のある記事です。
その他の祭・祭事・イベントに関連する記事
送り火(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
門火(かどび)ともいい、一般には盆が終わり、精霊(しょうりょう)を送るため、家の入口、四つ辻(つじ)、墓などで焚(た)く火のこと。所によっては葬式の出棺のまぎわ、あるいは婚礼のおり娘が生家を出るとき、家の入口で火を焚く習俗があり、これも送り火とか門火
長月(日本大百科全書・日本国語大辞典)
陰暦9月の異称。語源は明らかではないが、中古以来、夜がようやく長くなる月の意の夜長月の略称といわれてきた。稲熟(いなあがり)月、稲刈(いなかり)月、穂長月などが変化したものとする説もあり、近時では、9月は5月と並ぶ長雨の時季で「ながめ」とよぶ物忌みの
中秋節(世界大百科事典)
陰暦8月15日は秋の半ば(中秋)にあたり,中国では月を祭る日とされてきた。古くから観月の習慣はあるが,中秋のそれに固定化したのは唐代以後であり,中秋の名月こそ一年中で最も美しい月とされた。初めは高楼等に登って月を眺めながら酒食を楽しむにすぎなかったが
十五夜(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
陰暦の毎月15日の満月の夜のことであるが、通例は陰暦8月15日の夜をいう。この夜、月見をしたり、綱引、相撲(すもう)などを行い、年占(としうら)的行事が多い。月の満ち欠けを基準とする太陰暦では、満月はもっともわかりやすい目印であり、生活の折り目の
中元(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
本来は、1月15日の上元、10月15日の下元と並ぶ中国の道教の三元信仰の一つで、陰暦7月15日をいう。善悪を判別し人間の罪を許す神(地宮)を祭る贖罪(しょくざい)の日とされたが、これが仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)と結び付いて祖先崇拝行事になった。日本
祭・祭事・イベントに関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る