ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 日本史
  8. >
  9. 昔の政治・社会・国
  10. >
  11. 異国渡海御朱印帳

ジャパンナレッジで閲覧できる『異国渡海御朱印帳』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書

日本大百科全書(ニッポニカ)
異国渡海御朱印帳
いこくとかいごしゅいんちょう

江戸初期に幕府が海外渡航の貿易船に与えた許可証の控え。金地院崇伝 (こんちいんすうでん)(以心 (いしん)崇伝)の自筆、1冊。京都市南禅寺金地院所蔵(国指定重要文化財、京都国立博物館保管)。崇伝が、前任の豊光寺承兌 (ぶこうじしょうだ/しょうたい)、円光寺元佶 (げんきつ)の後を受けて1612年(慶長17)朱印状などの外交事務をつかさどってから、1616年(元和2)までの52通の朱印状について、申請者、斡旋 (あっせん)者、手数料、下付 (かふ)年月日などを記したもの。なお崇伝は、1604年(慶長9)以降11年までの承兌、元佶時代のものも筆写して「異国御朱印帳」とした。両帳をあわせると、朱印船の渡航地は東南アジア19地、延べ180隻、申請者は大名、幕吏、商人、在留外国人で80余人を数える。

[中村 質]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
異国渡海御朱印帳の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 11
検索コンテンツ
1. 異国渡海御朱印帳
日本大百科全書
江戸初期に幕府が海外渡航の貿易船に与えた許可証の控え。金地院崇伝こんちいんすうでん(以心いしん崇伝)の自筆、1冊。京都市南禅寺金地院所蔵(国指定重要文化財、京都
2. いこくとかいごしゅいんちょう【異国渡海御朱印帳】
国史大辞典
した異国渡海朱印状の控帳。原本は金地院崇伝の手写になり、前半は『異国御朱印帳』、後半は『異国渡海御朱印帳』の題箋を有する。ともに崇伝が編した『異国近年御草書案』
3. 異国御朱印帳
世界大百科事典
《異国御朱印帳》,後半を《異国渡海御朱印帳》といった。朱印船貿易の史料としてきわめて貴重であり,朱印船主80名,渡航船数は延べ178隻が明らかにされている。中田
4. 吉利支丹文学集 2 41ページ
東洋文庫
思はれる」と記された(『切支丹迫害史中の人物事蹟』)。新村出博士は「南蛮録」の註で「彼は異国渡海御朱印帳にも見える長崎の貿易商で、寛永五年に死んだと云ふことが、
5. 金地院
世界大百科事典
あり,書跡では崇伝自筆で江戸初期の根本史料の一つとされる《本光国師日記》や《異国日記》《異国渡海御朱印帳・異国近年御書草案》《異国日記御記録雑記》《慶長十九年林
6. こんちいん【金地院】京都市:左京区/南禅寺門前/南禅寺地図
日本歴史地名大系
である紙本墨書「本光国師日記」、紙本墨画山水図(狩野元信筆)、紙本墨書異国日記、紙本墨書異国渡海御朱印帳・異国近年御書草案、紙本墨書異国日記御記録雑記、紙本墨書
7. しゅいんじょう【朱印状】
国史大辞典
用いた。ちなみに朱印状は将軍家の専用であり、諸大名は黒印状に限ったとの説は誤解である。→異国渡海御朱印帳(いこくとかいごしゅいんちょう),→印判状(いんばんじょ
8. 朱印船
世界大百科事典
朱印船の渡航が詳細に知られるのは04年より16年(元和2)までの期間で,以心崇伝の《異国御朱印帳》《異国渡海御朱印帳》に,年度別・地域別に記録されている。朱印船
9. しゅいんせんぼうえき【朱印船貿易】画像
国史大辞典
創設後元和二年(一六一六)に至る十三年間は、朱印状の原簿ともいうべき『異国御朱印帳』および『異国渡海御朱印帳』によって集計し、その脱漏を現存朱印状および諸記録に
10. ながさきみなと【長崎湊】長崎県:長崎市
日本歴史地名大系
同二〇年長崎の唐人三官は日本から暹羅までの渡航朱印状(異国渡海御朱印帳)、元和元年(一六一五)長崎船頭の弥右衛門が日本から柬埔寨までの渡航朱印状を与えられた(異
11. みさいや【密西耶】
国史大辞典
異国渡海御朱印帳』などにみえる朱印船の渡航先の一つ。フィリピンのビサヤVisaya地方の音を写したものには違いないが、精確にどの港をさすのかについては諸説が
「異国渡海御朱印帳」の情報だけではなく、「異国渡海御朱印帳」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

異国渡海御朱印帳と同じ昔の政治・社会・国カテゴリの記事
徳政令(国史大辞典)
すでに締結されている売買・貸借・寄進などの契約について、無条件で、もしくは条件を付して、契約関係の継続、もしくは破棄を宣言する法令。一般には契約関係の破棄宣言のみを意味すると理解されやすいが、当代のさまざまな契約形態に対応して除外規定も少なくない。また、契約の破棄を
遠江国(改訂新版・世界大百科事典)
旧国名。遠州。現在の静岡県西部,大井川以西。東海道に属する上国(《延喜式》)。国名は〈琵琶湖=近ッ淡海〉(近江)に対する〈浜名湖=遠ッ淡海〉(遠江)に由来するとされている。7世紀の中葉,遠淡海,久努,素賀の3国造の支配領域を併せて成立したものと思われる。国郡制に先行する
王政復古(日本大百科全書(ニッポニカ))
江戸幕府の崩壊から明治政府の成立過程における一つの政治理念で、最終的には、1868年1月3日(慶応3年12月9日)の「王政復古の大号令」の発表による新政府成立を示す。江戸時代には、全国統治の実権は将軍=徳川氏と幕府に握られ、天皇や公卿で構成される朝廷は、儀礼的な存在に形骸
朝幕関係(国史大辞典)
〔鎌倉時代―建武政権〕治承四年(一一八〇)八月、伊豆に挙兵した源頼朝は、以仁王の令旨によって、東国における荘園・公領の沙汰を認められたと主張している。その令旨は、壬申の乱における天武天皇に倣って、高倉上皇・安徳天皇・平清盛によって構成される現王朝を
異国渡海御朱印帳(日本大百科全書)
江戸初期に幕府が海外渡航の貿易船に与えた許可証の控え。金地院崇伝 (こんちいんすうでん)(以心 (いしん)崇伝)の自筆、1冊。京都市南禅寺金地院所蔵(国指定重要文化財、京都国立博物館保管)。崇伝が、前任の豊光寺承兌 (ぶこうじしょうだ/
昔の政治・社会・国と同じカテゴリの記事をもっと見る


「異国渡海御朱印帳」は日本の歴史に関連のある記事です。
その他の日本の歴史に関連する記事
廃藩置県(日本大百科全書・世界大百科事典)
1871年(明治4)7月、全国の藩を廃して県を置き、中央集権的統一国家を樹立した政治変革。版籍奉還(はんせきほうかん)後、政府は中央集権化政策を積極的に推進したが、とくに1870年秋から1871年春にかけては、岩倉具視(ともみ)の「建国策」に示される
国債(世界大百科事典・日本大百科全書・国史大辞典)
国がその経費をまかなうために行う金銭債務をいう。その場合,国債証券を発行するものを狭義の国債,証券の発行を伴わないものを借入金(年度内に償還する条件のものを一時借入金という)という。なお,国債と地方債を総称して公債という。国債の制度国債は償還期限に
長岡京(世界大百科事典・日本大百科全書・国史大辞典)
784年(延暦3)から794年まで,山城国乙訓(おとくに)郡(現在の京都府向日(むこう)市,長岡京市,京都市,乙訓郡大山崎町)にあった古代の都城。奈良時代末期の781年(天応1),父光仁天皇からはからずも帝位をゆずられた山部親王(桓武天皇)は,旧都
太政大臣(世界大百科事典・日本大百科全書・国史大辞典)
令制における太政官(だいじようかん)の最高の官職で,日本固有の職。和訓では〈おおまつりごとのおおまえつぎみ〉といい,唐名では(大)相国。令では唐の三師(太師,太傅,太保),三公(太尉,司徒,司空)を兼ねる重職と位置づけられ,適任者のない場合には欠員と
恵美押勝の乱(世界大百科事典・日本大百科全書・国史大辞典)
奈良時代に恵美押勝(藤原仲麻呂)が起こした反乱。橘奈良麻呂の変を未然に鎮圧した藤原仲麻呂は,早世した長男真従の妻であった粟田諸姉をめあわせた大炊王を淳仁天皇として擁立し,またみずからを恵美押勝と称すること,私的に銭貨を鋳造し出挙(すいこ)を行うこと
日本の歴史に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る