ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. 伝統芸能
  8. >
  9. 祭事・行事
  10. >
  11. 御水取

ジャパンナレッジで閲覧できる『御水取』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書・日本国語大辞典・平成ニッポン生活便利帳

日本大百科全書(ニッポニカ)
御水取
おみずとり

3月12日(旧暦2月12日)、奈良市東大寺二月堂の行事。3月1日から二七日 (にしちにち)(14日間)行われる修二会 (しゅにえ)(修二月会)のなかの一行法をいうが、俗には修二会全体の総称としても用いられている。

 二月堂修二会は、十一面観音に罪や過ちを懺悔 (さんげ)する十一面悔過法要 (けかほうよう)で、752年(天平勝宝4)に実忠 (じっちゅう)によって始められたと伝える。法会は2月20日、11人の練行衆 (れんぎょうしゅう)が戒壇院別火坊 (かいだんいんべっかぼう)に入り、そこで「椿 (つばき)の花ごしらえ」「衣 (ころも)の祝儀 (しゅうぎ)」などの前行を終え、28日に二月堂へ上堂、3月1日より本堂内陣での本行となる。勤行 (ごんぎょう)は連日、六時(日中、日没、初夜、半夜、後夜、晨朝 (じんじょう))にわたって行われる。毎晩7時には大松明 (おおたいまつ)に導かれて練行衆が上堂し、十一面悔過を唱えるが、これは奈良時代に盛んに行われた悔過声明 (しょうみょう)の形式を伝えるものである。12日には「お松明」と称し、普通の日より大きい籠 (かご)松明11本を童子 (どうじ)が担ぎ、堂の回廊で大きく振り回す。ついで深夜に法会の中心となる御水取が行われる。咒師 (じゅし)を先頭にした7人の練行衆が二月堂前の閼伽井屋 (あかいや)の井戸で閼伽水(香水 (こうずい))をくみ、堂に運ぶ。縁起によると、この井の水は、天平 (てんぴょう)(729~749)の代に若狭 (わかさ)国(福井県)遠敷明神 (おにゅうみょうじん)が、二月堂修二会の神々の勧請 (かんじょう)時に遅れ、おわびに神の霊水を本尊に捧 (ささ)げたものという。この行法は、『十一面神咒心経 (しんじゅしんぎょう)』に、行者が香水を観自在菩薩 (かんじざいぼさつ)に捧げ願いを込めればいっさいの障難と病難から逃れられると説かれているのに基づく。わが国古来の霊水信仰が仏教の除病延命と結び付き、十一面悔過法要に加えられたのであろう。

 そのほか、5日に実忠忌、7日に小 (こ)観音の儀式、12~14日に達陀 (だったん)の行がある。達陀の行は、八天の姿をした練行衆が香水を散布し、大松明をもって内陣を激しく駆け巡る荒行 (あらぎょう)である。京阪地方では、この御水取が済むと春になるといわれ、広く親しまれている。

[平岡定海]



日本国語大辞典
お‐みずとり[‥みづとり] 【御水取】

解説・用例

〔名〕

(「お」は接頭語)

(1)奈良東大寺二月堂の行事。毎年陰暦二月一日から一四日間行なわれる法会。二月一二日(現在では三月一二日)の夜から翌未明にかけて、堂前の若狭井(わかさい)の水を汲みとり、香水とする儀式を行なうところからいう。その水を飲めば万病が治るといわれる。修二月会(しゅにがつえ)。修二会(しゅにえ)。《季・春》

*細雪〔1943~48〕〈谷崎潤一郎〉上・一七「春とは言ってもお水取の最中の冴え返った日のことであった」

*第3ブラリひょうたん〔1951〕〈高田保〉椿「暑い寒いも彼岸まで、と関東ではいうのだが、関西では、お水取りまでだろう」

(2)手拭をいう女房詞。

*女房躾書〔室町末〕「てのごひをばおみづとりといふ」

発音

〓[0]




平成ニッポン生活便利帳
お水取り
12か月のきまりごと歳時記 > 三月 《弥生》 > 【祝う】
奈良県・東大寺二月堂で、毎年3月1日から2週間に渡って行われる修二会(しゅにえ)という行法の中のメインイベント。修二会は国家の隆盛を祈願する法会で、お水取りは12日に行われる。深夜、松明に照らされながら、本尊に供える霊水を若狭井(わかさい)へ汲みにいく儀式。二月堂の舞台で松明を振りまわす「お松明」の行事もひときわ盛大に行われ、各地から多くの参拝客が訪れる。
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
御水取の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 39
検索コンテンツ
1. 御水取
日本大百科全書
普通の日より大きい籠かご松明11本を童子どうじが担ぎ、堂の回廊で大きく振り回す。ついで深夜に法会の中心となる御水取が行われる。咒師じゅしを先頭にした7人の練行衆
2. 御水取
世界大百科事典
→修二会(しゅにえ)
3. お‐みずとり[‥みづとり]【御水取】
日本国語大辞典
〔名〕(「お」は接頭語)(1)奈良東大寺二月堂の行事。毎年陰暦二月一日から一四日間行なわれる法会。二月一二日(現在では三月一二日)の夜から翌未明にかけて、堂前の
4. 入江泰吉
日本大百科全書
画家たちと交流。以後、仏像だけでなく、奈良盆地一帯の古寺や民家のある眺め、旧道沿いの風景、東大寺二月堂の御水取などの行事にもレンズをむけ、丹念で息の長い撮影を展
5. 小浜(市)画像
日本大百科全書
八百比丘尼入定洞はっぴゃくびくににゅうじょうどうのある空印寺くういんじが有名。東大寺二月堂の御水取に用いる若狭井の水源である鵜の瀬うのせ、景勝地蘇洞門(国指定名
6. 改訂 京都民俗志 285ページ
東洋文庫
祝園の居籠の第一日の風呂の井の儀をも、「ちょうず」を使うといっているし、さらに参考すべきは、奈良二月堂の有名な御水取の儀の内に、同じく「ちょうず」ということがあ
7. かこまち【水主町】宮城県:宮城郡/松島町/松島村
日本歴史地名大系
文政六年の松島山寺領絵図(瑞巌寺博物館蔵)によると三棟の建物であった。鳳凰丸・孔雀丸・小鷹丸の三船と御水取船などがあった。「石巻村安永風土記」品替百姓書出によれ
8. 季語
日本大百科全書
ふらここの会釈ゑしゃくこぼるるや高みより <太祇>  鞦韆は漕こぐべし愛は奪ふべし <三橋鷹女>   行事御水取おみずとり (仲春)[水取] 奈良東大寺二月堂の
9. 悔過作法
世界大百科事典
ど,異称で有名なものがある。横道 万里雄 修正会 修二会 呪願師 悔過導師 時導師 大導師 御水取 花会式
10. さちやまぬうたき【崎山御嶽】沖縄県:那覇市/首里/崎山村
日本歴史地名大系
り、御嶽の本体となっている。首里三平等の大あむしられのうち、首里大あむしられの崇所で、正月の御水取行事で巳の方が吉方の年には境内の崎山樋川の水が首里城に献上され
11. 散華
世界大百科事典
弁に似ているからという。また東大寺修二会(御水取)では,散華行道に花米(米をいってはぜたもの)を散ずる。悪魔をはらう意味とおもわれ,もと米をまいたのであろう
12. しちなむら【識名村】沖縄県:那覇市/旧島尻郡地区
日本歴史地名大系
国由来記)。同ノロの役俸は米七斗余・雑石二斗余(一八八〇年のろくもい役俸)。首里城での元旦の御水取りの儀式の際、吉方が午の時は「識名アク川」(現ウフガー)、未の
13. 呪師
世界大百科事典
円満成就のための修法を行う。たとえば,悔過会の代表例にあたる東大寺修二会(しゆにえ)(通称,御水取)では,4種の重要な役割が設けられており,通常,上席から和上(
14. 修二会
日本大百科全書
修正会しゅしょうえ、2月に行う法会ほうえを平安時代には修二会と称した。東大寺二月堂の修二会(御水取おみずとり)は十一面観音菩薩かんのんぼさつを本尊とする十一面悔
15. 修二会
世界大百科事典
,6,7,12,13,14日には走(はしり)行法,7日には小観音,12日には〈御水取〉が行われ,実忠忌と〈御水取〉の日には過去帳が読誦される。12,13,14日
16. 声明
日本大百科全書
ともに声明の達人であったという。このときの奈良仏教における声明の一部は、東大寺二月堂修二会しゅにえ(御水取おみずとり)の声明にいまも伝わる。しかし、現行の声明は
17. 十一面観音
世界大百科事典
なかでも752年(天平勝宝4)東大寺の実忠が始めた十一面悔過が有名で,二月堂の修二会(しゆにえ)(御水取)として今日に至っている。 絵画作品としては,鎌倉時代の
18. 神宮寺(福井県)画像
日本大百科全書
造営して別当寺となり、神宮寺と改称、盛時は七堂伽藍がらん25坊を有したという。当寺は奈良東大寺修二会しゅにえ(御水取)の「お水送りの寺」として知られる。二月堂下
19. 神宮寺の送水神事[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
奈良東大寺二月堂の御水取おみずとりに先立って、3月2日に行われる「お水送り」の神事。御水取に使用される二月堂下の若狭井わかさいは小浜おばま市下根来しもねごりにあ
20. 懺法
日本大百科全書
法をさし、宮中で先帝の御忌ぎょきに用いられ、天台宗勤行儀ごんぎょうぎともなっている。東大寺の御水取おみずとりに用いる「吉祥悔過法きっしょうけかほう」や勅会ちょく
21. つるがやはちまんぐう【鶴谷八幡宮】千葉県:館山市/八幡村地図
日本歴史地名大系
現三芳村)の御手洗屋敷(その後は御手洗免一石五斗として朱印地)は旧社地と伝え、現在も同所での御水取から国司祭が始められる。貞治三年(一三六四)鎌倉公方足利基氏が
22. 東大寺画像
日本大百科全書
られているのは二月堂修二会しゅにえの「御水取おみずとり」の行法である。3月1日から二七日にしちにち(14日間)、二月堂で修二会の法要を営み、その間「御水取」「達
23. 奈良[市]
世界大百科事典
め池遊園地のある西大寺一帯などがあげられる。1月15日の若草山の山焼き,3月の東大寺二月堂の御水取,8月15日の春日大社の万灯籠などの年中行事には全国から観光客
24. 奈良(市)画像
日本大百科全書
通じて多彩に繰り広げられる。1月15日若草山の山焼きに始まり、3月の東大寺二月堂修二会しゅにえ(御水取)、春日大社春日祭(申祭さるまつり)、5月興福寺薪能たきぎ
25. 奈良(県)画像
日本大百科全書
通じて展開されている。前者の祭礼、行事には、春日大社の申祭さるまつり(春日祭)、東大寺修二会しゅにえ(御水取)、聖武しょうむ祭、薬師寺の花会式はなえしき、興福寺
26. 二月堂
日本大百科全書
奈良東大寺の堂。本尊の十一面観音かんのんは秘仏。毎年、陰暦2月に御水取おみずとりの名で知られる修二会しゅにえが行われるため二月堂の名がある。編集部
27. にがつ‐どう[ニグヮツダウ]【二月堂】
日本国語大辞典
(毎年、陰暦二月に御水取の名で知られる修二会(しゅにえ)を行なうところから呼ばれる)正称は東大寺二月堂。奈良市、東大寺大仏殿の東側にある。天平勝宝四年(七五二)
28. にがつどう の 行(ぎょう・おこない)
日本国語大辞典
陰暦二月一日から一四日間行なわれる法会。二月一二日(現在は三月一二日)夜から翌未明にかけて行なわれる御水取りの行事で知られる。修二会。*俳諧・誹諧初学抄〔164
29. 花画像
世界大百科事典
道中の平安を祈ったのでこの名がついたという。 また奈良薬師寺の花会式(はなえしき)や東大寺の御水取など,古式の法会には,しばしば造花が用いられる。もとは〈削りか
30. へどだけ・あすむい【辺戸岳・安須森】沖縄県:沖縄島北部/国頭村/辺戸村
日本歴史地名大系
ツ御イベ)の三御嶽が記載されている。毎年五月と一二月に行われる辺戸大川(フィルウッカー)で「御水取り」行事の際に、時の大屋子・公庫や聞得大君御殿(現那覇市)から
31. みず‐とり[みづ‥]【水取】
日本国語大辞典
〔女中詞(元祿五年){1692}〕(3)「みずとりぶね(水取船)」の略。(4)「おみずとり(御水取)(1)」に同じ。《季・春》*日次紀事〔1685〕二月一二日「
32. 若狭彦神社画像
日本大百科全書
や1303年(嘉元1)成立の「詔刀のりと次第」があり、ともに国の重要文化財。なお奈良東大寺の御水取にあたり、当地で送水神事が行われる。平泉隆房
33. 若狭彦神社
世界大百科事典
下社3月10日。社地内の遠敷川鵜瀬は,奈良東大寺二月堂若狭井に通ずる水源として信仰され,その御水取行事(修二会)に関連し,送水神事がある。鎌田 純一 鵜瀬
34. わかさひこ‐じんじゃ【若狭彦神社】
日本国語大辞典
漁業守護神として信仰を集めている。奈良東大寺の若狭井の水源は当社の鵜の瀬まで続いているとされ、東大寺二月堂の御水取行事に関連する送水の神事が行なわれる。若狭国一
35. をなり神の島 2 107ページ
東洋文庫
辺戸の大川(神名アフリ川、涼傘川の義で、君真物の来訪にちなんだ名称)の項には、「毎年五月十二月、御水取りに時の大屋子参り云々」とあって、その時奉る祝詞が、  首
36. をなり神の島 2 274ページ
東洋文庫
得者、御前江御飾被レ仕候事」がある。そして与那原祝女の御たかぺが済むと、かねて用意して置いた御水取用の御天目を井川の前に飾り、御歳直之掟之あむが柄杓を取って、井
37. 年中行事 : 表1-日本の年中行事画像
世界大百科事典
日節会,闘鶏[武],雛祭[民],磯遊び[民] 4日 奉公人出替り[民] 12日 東大寺二月堂御水取 21日 御影供(みえく) 晦日 鎮花(はなしずめ)祭 4月1
「御水取」の情報だけではなく、「御水取」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

御水取と同じ祭事・行事カテゴリの記事
田楽(国史大辞典・新版 能 狂言事典・改訂新版 世界大百科事典)
広義には稲作に関する芸能の総称として用いるが、狭義には田楽躍(おどり)を本芸とする職業芸能者が演じる芸能をいう。また田植の囃しや田楽躍に用いる太鼓を称する場合もある。広義の田楽は、(1)田植を囃す楽、(2)職業芸能者である田楽法師による芸能
民俗芸能(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
地域社会の中で、住民の信仰や風俗・習慣と結び付きながら伝承してきた郷土色ゆたかな芸能。郷土芸能・民間芸能などともいう。祭や宴遊・講などを主な伝承の場とし、特に農耕の祭に呪術的機能を買われて演じられ、また芸能をもって成人教育とするなど
大日堂舞楽(改訂新版 世界大百科事典・日本大百科全書)
民俗芸能。秋田県鹿角市八幡平字小豆沢(あずきざわ)の大日堂(大日孁貴(おおひるめむち)神社)で,1月2日に行われる祭事芸能。小豆沢,大里,谷内,長嶺の4集落の能衆によって舞われる。能衆は世襲で,それぞれの集落に所伝の舞がある
壬生の花田植/佐陀神能(イミダス)
「壬生(みぶ)の花田植(はなたうえ、はなだうえ)」は広島県北広島町に伝わる稲作儀礼で、一説に鎌倉時代の発祥とも言われる。華やかに飾り立てた牛に代掻(しろか)きをさせた田で、紺の単衣(ひとえ)に菅笠(すげがさ)姿の早乙女たちが太鼓や笛、鉦(かね)などに合わせて
精霊流し(国史大辞典・日本大百科全書)
盆行事の最終段階で、精霊を送り出す儀礼。先祖の霊は、七月十三日の精霊迎えを経て、十五日または十六日夕方まで各家に滞在したのち、精霊流しによって、再びあの世へ送り返されると信じられていた。祖霊をはじめ、死者の霊は山の彼方の世界に行っているが
祭事・行事と同じカテゴリの記事をもっと見る


「御水取」は祭・祭事・イベントに関連のある記事です。
その他の祭・祭事・イベントに関連する記事
十三参り(世界大百科事典・日本大百科全書)
13歳の祝いの行事の一つ。京都市法輪寺,茨城県東海村虚空蔵堂,福島県柳津(やないづ)町円蔵寺など,おもに近畿,東北地方南部の虚空蔵菩薩に13歳になった男女が縁日である旧暦3月13日を中心に厄落し,開運,知恵授けのために詣でる行事。13歳は干支の2順目
御水取(日本大百科全書・日本国語大辞典・平成ニッポン生活便利帳)
3月12日(旧暦2月12日)、奈良市東大寺二月堂の行事。3月1日から二七日 (にしちにち)(14日間)行われる修二会 (しゅにえ)(修二月会)のなかの一行法をいうが、俗には修二会全体の総称としても用いられている。 二月堂修二会は、十一面観音に罪や
バレンタイン・デー(世界大百科事典)
キリスト教の聖人ウァレンティヌスValentinus(バレンタインはその英語読み)の祝日。2月14日。いずれも3世紀後半に殉教した同名の聖人(祝日も同じ)が2人おり,さらに事跡不詳の別の修道士もいたとされ,どの人物に由来するかは不明である
雑煮(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
魚貝、野菜など数種の材料を煮合わせた汁に餅(もち)を加えた羹(あつもの)。雑煮餅ともいう。主として正月三が日の祝い膳(ぜん)に用いる。雑煮とはごった煮の意であるが、古く上方(かみがた)では五臓を保養するものとして保臓(ほうぞう)とよんだ。四条流園部
正月(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
1年の最初の月。また新年を祝う諸行事や、行事の行われる期間だけをいう。あるいは比喩(ひゆ)的な表現として、「盆と正月が一度にきたようだ」などというのは、大きな喜び事や晴れがましさを示すものであり、「雨降り正月」は正月を休み日の意味に受け止め
祭・祭事・イベントに関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る