ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 言語
  6. >
  7. 言葉
  8. >
  9. 古語
  10. >
  11. さす

ジャパンナレッジで閲覧できる『さす』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

全文全訳古語辞典・日本国語大辞典

小学館 全文全訳古語辞典
さ・す
最重要語

{さ・し・す・す・せ・せ}

〔自動詞サ行四段〕

【指す・差す】

自然の力が、ある方向に作用する。

❶(日光などが)直射する。

「わたつみの豊旗雲(とよはたぐも)に入り日さし今夜(こよひ)の月夜(つくよ)さやけかりこそ」〈万葉・1・15〉

海上の(旗のように)美しくなびく雲に夕陽がさしている。今夜の月もさやかに照ってほしい。

❷(潮が)満ちてくる。

❸(雲などが)わき上がる。

❹(草木の枝などが)伸びる。

「瑞枝(みづえ)さし(しじ)に生(お)ひたる栂(とが)の木のいや継ぎ継ぎに万代(よろづよ)にかくし知らさむ」〈万葉・6・907長歌〉

みずみずしい枝が伸びて、ぎっしり茂っているトガの木(=松科ノ高木、ツガ)のように、次から次へと万代まで永久にこのようにしてお治めになるであろう。

【障す】

《近世の用法》さしさわりがある。支障がある。また、(連歌・俳諧(はいかい)で)「さしあひ」(=前句ニアルノト同音・同語ナドヲ避ケルコト)が出る。

〔他動詞サ行四段〕

力や意志を、ある方向に働かせる。

❶(指や物で)それと指し示す。指さす。

「『かしこにあり』と倉の方(かた)に指をさしぬ」〈今昔・16・17〉

(狐(きつね)に化かされた男は)「あそこに(私の子が)いる」と言って倉の方を指さした。

❷(目的とする方向を)目ざす。

名歌鑑賞

格助
格助
しほ
み く 
満ち来れ
カ変・已
接助
かた
格助
形ク・語幹
接尾
あしべ
葦辺
格助
さし
サ四・用
接助
たづ
鳴き渡る
ラ四・終

山部赤人 万葉・6・919〉


和歌の浦(=和歌山市ノ海岸)に潮が満ちて来ると、干潟がなくなるので、葦の生えているあたりを目ざして、鶴(つる)が鳴きながら飛んで行くよ。

❸(人をして、ある方向へ)向かわせる。派遣する。

「使ひをさして、多くの財物(ざいもつ)を持たしめて」〈今昔・16・19〉

使者を派遣して、多くの宝物を持たせて。

❹(それと)指定する。指摘する。また、(その人と)指名する。任命する。密告する。評判する。

❺(旗などを)掲げる。(傘などを)かざす。

❻(杯などを)人に向かって差し出す。

❼(物差しを)当てて計る。転じて、(箱などを)作る。

【刺す・挿す】

細いものや先のとがったものを、突きこむ。突き入れる。

❶(針・刀などで)突き刺す。(ハチなどが、針で)刺す。

❷(針を入れて)縫う。(糸・紐(ひも)などで)通してつづる。

❸(舟を進めるために、棹(さお)を水底に)突き立てる。

「夏の夜は道たづたづし船に乗り川の瀬ごとに棹さしのぼれ」〈万葉・18・4062〉

夏の夜は(暗くて)道がおぼつかない。(だから、船に綱をつけて引っぱったりしないで)船に乗って川の浅瀬ごとに棹をさしてのぼれよ。

❹(花・矢など、細いものを)容器に立てて入れる。

❺(刀などを)帯の間に入れて腰につける。

❻(花や櫛(くし)などを)頭髪に挟み入れる。

「平群(へぐり)の山の熊樫(くまかし)が葉を髻華(うず)させその子」〈古事記・中・景行〉

平群の山の大きな樫の木の葉を髪飾りとして挿しなさい、お前達よ。

【鎖す】

棒などを隙間(すきま)にさしこんで、動かないようにする。

❶桟(さん)をさしこんだりして、(戸などが)開かないようにする。

「かうてなむ、かたう鎖したる」〈蜻蛉・下・天禄三年〉

このようなわけ(=物忌(イ)ミ)で、(戸が開かないように)厳重に桟をさしてあります。

❷(戸などを)ぴったりと閉ざす。

【注す・点す】

❶(容器などに)液体を注ぎこむ。また、(顔などに)何かを塗る。色合いをつける。

❷(火)をともす。

「まづ紙燭(しそく)さして来(こ)〈竹取・燕の子安貝〉

まず紙燭(=手ニ持ツ灯火)をつけて持って来い。


要点

  • 「さす」は、いろいろな意味に分化しており、ここに挙げた以外に種々の用法があるから注意を要する。


日本国語大辞典
さ・す

解説・用例

〔接尾〕

(四段型活用)

(1)他動詞の連用形に付いて、その動作を中途でやめる意を表わす。…しかける。…し残す。

*伊勢物語〔10C前〕一〇四「斎宮の物見たまひける車に、かく聞えたりければ、見さしてかへり給ひにけりとなん」

*枕草子〔10C終〕三五・小白河といふ所は「しさしたる事の今日過ぐすまじきをうち置きて、ただすこし聞きて帰りなんとしつるに」

*打聞集〔1134頃〕公野聖事「汝前生に此経を書奉りしに書さして死也」

*和英語林集成(初版)〔1867〕「シゴトヲ shisash’te (シサシテ) アソビニ ユク」

(2)自動詞の連用形に付いて、その動作が中途でやんだままの状態であることを表わす。…し残る。…しかかる。

*源氏物語〔1001~14頃〕宿木「さてもいつばかり思い立つべきにか〈略〉と、心とりに聞え給へば、しばし入りさして」

*伊勢集〔11C後〕「いとまだき過ぎぬる秋のかたみには枝にもみぢぞ散りさしにける」

語源説

(1)エマサス、またはサラスツ(更棄)の反〔名語記〕。

(2)サシオク(措)意か〔大言海〕。

辞書

ヘボン・言海

正式名称と詳細

表記

ヘボン言海


ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
さすの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 41105
検索コンテンツ
1. さす
日本国語大辞典
る指谷(さすがや)という地名はこれに基づくという。*地名の研究〔1936〕〈柳田国男〉地名考説・二七「小石川指ケ谷町のサスは亦焼畑の義である」(1)焼き畑。《さ
2. さす
日本国語大辞典
*名語記〔1275〕六「下臈の物になふ、あふごといふ物をさすとなづけたり、如可。薪の料に柴をかり、ゆいてさしつらぬきて、もてば、しばさすの反にあたれり」*物類称
3. さ・す
日本国語大辞典
【一】〔他サ五(四)〕人にある動作をするようにしむける。させる。*歌舞伎・傾城仏の原〔1699〕一「内へ呼んで話をさして顔を俺に見せよ」*多情多恨〔1896〕〈
4. さ・す
日本国語大辞典
〔接尾〕(四段型活用)(1)他動詞の連用形に付いて、その動作を中途でやめる意を表わす。…しかける。…し残す。*伊勢物語〔10C前〕一〇四「斎宮の物見たまひける車
5. 差
新選漢和辞典Web版
=瘥(さ) 【五】 ①特異な。かわった。「差人」「差事」 ②劣る。 《国》 ①〈さ・す〉 (ア)ゆびさす。 (イ)伸び出る。表に出てくる。 (ウ)入れる。「水を
6. さ・す
全文全訳古語辞典
【二】 〔他動詞サ行四段〕 〔一〕力や意志を、ある方向に働かせる。 ❶(指や物で)それと指し示す。指さす。 「『かしこにあり』と倉の方に指をさしぬ」〈今昔・16
7. さす
全文全訳古語辞典
動詞の未然形に付く。 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 させ させ さす さすさすれ させよ 【使役】 ❶《他の者に動作をさせる意(使役
8. さす[方言]
日本方言大辞典
(1)焼き畑。 東京都西多摩郡054方言(雑誌)1931~1938 八王子311八王子の方言(塩田真八)1965 埼玉県秩父郡251秩父の伝説と方言(秩父市教育
9. さす【扠首】[方言]
日本方言大辞典
岐阜県飛驒「大風で垣が倒れそうなでさすかう」502飛驒のことば(土田吉左衛門)1959《さそ》 岐阜県飛驒502飛驒のことば(土田吉左衛門)1959《さすかい
10. さす[方言]
日本方言大辞典
〔動詞〕(1)柿かきの渋を抜く。さわす。 岩手県気仙郡102気仙ことば(佐藤文治)1965(2)飯に混ぜるために大麦を煮てから水にさらす。 岩手県気仙郡102気
11. さす【差・指】[方言]
日本方言大辞典
指てみる」(5)作る。 山形県最上郡・東田川郡「棺ばさす」「箱さす」139山形県方言辞典(山形県方言研究会)1970 愛知県知多郡「小屋さす」570南知多方言集
12. さす[方言]
日本方言大辞典
究年報(広島大学方言研究会) 佐賀県東松浦郡「おばさんが出かけさす」054方言(雑誌)1931~1938 長崎県壱岐島「掛けさす」915続壱岐島方言集(山口麻太
13. さす【刺】
日本国語大辞典
俵に突っ込んで出し口とする竹筒。《さす》島根県石見725 徳島県811 香川県仲多度郡・綾歌郡829 愛媛県840 (2)とげ。《さす》島根県725 (3)魚、
14. さ・す【刺・螫・挿・注・点・鎖】
日本国語大辞典
】伊京【指】ヘボンさす【刺・螫・挿・注・点・鎖・扠・箚・鍼】【刺】(シ)鋭いものでさす。つきさす。「刺殺」「刺繍」「刺傷」「刺青」《古さす・きる・うがつ》【螫】
15. さ‐す【叉手】
日本国語大辞典
〔名〕「さしゅ(叉手)」に同じ。*新撰字鏡〔898~901頃〕「叉手 佐須」字鏡【叉手】字鏡
16. さす【叉首】
国史大辞典
叉首によるものとあり、前者は神社建築・板葺民家に多く、後者は寺院建築と草葺民家に多い。豕叉首(いのこさす)はこの両者を組み合わしたもの。民家の叉首には平(ひら)
17. さ・す【差・指・射】
日本国語大辞典
(5)作る。《さす》山形県最上郡・東田川郡139 愛知県知多郡570 (6)訴え出る。《さす》岩手県気仙郡102 (7)木の小枝が出る。《さす》青森県津軽075
18. さす【差す・指す】[頭見出し]
故事俗信ことわざ大辞典
差(さ)いつ押(お)さえつ・差(さ)いつ差(さ)されつ・差(さ)しつ押(お)さえつ・差(さ)しつ差(さ)されつ・差(さ)しても三年(さんねん)差(さ)さでも三年
19. さ‐す【扠首】
日本国語大辞典
(3)家屋の軒などの垂木(たるき)。《さす》群馬県多野郡230 長野県佐久493 《さすっぽ・さすんぼう〔─棒〕》長野県佐久054 493 (4)建築の際に木を
20. 杈首(さす)【併入】
古事類苑
居處部 洋巻 第1巻 984ページ
21. さ・す【止す】
全文全訳古語辞典
〔接尾語四段型〕さ・し・す・す・せ・せ《動詞の連用形に付く》 ❶動作を中途で打ち切る意を表す。…しかけてやめる。最後まで…しないでやめる。 「心もなき事啓してけ
22. 砂州画像
日本大百科全書
湾口や入り江の口を閉塞へいそくするようにして、沖合いに形成された砂礫されきの堆積たいせき地形。砂州は通常、海面上にみられるものをいうが、海面下にある場合、とくに
23. 砂州
世界大百科事典
岬や湾の出口などの海岸の突出部から,細長く突き出るように延びている砂礫(されき)の細長い高まりを砂嘴(さし)spitといい,砂嘴がさらにのびて湾の対岸や陸地に接
24. さ‐す【砂州・砂洲】
日本国語大辞典
〔名〕海岸や湖岸のやや沖合に、砂や小石が岸と平行に細長く堆積(たいせき)して水面上に現われた地形。砂嘴(さし)が成長して対岸や島につながり、潟(かた)を抱きこむ
25. 螫(さす)
古事類苑
動物部 洋巻 第1巻 1002ページ
26. 扎
新選漢和辞典Web版
【一】 ①〈さ・す〉針などをさす。 ②駐在する。とどまる。 【二】 ①字などを書く小さな板。=札 ②書く。 ③ひき抜く。 ④たばねる。しばりつける。音(zā)
27. 攙
新選漢和辞典Web版
①〈さ・す〉つきさす。 ②するどい。 ③まぜる。 ④たすける。たすけおこす。 ⑤横からうばう。
28. 刺
新選漢和辞典Web版
常用漢字 【一】 ①〈さ・す〉突きさす。さし殺す。 ②〈ささ・る〉 ③根こそぎ取りのぞく。 ④とげ。はり。のぎ。 ⑤ほこさき。 ⑥〈そし・る〉なじる。そしり。
29. 指
新選漢和辞典Web版
うまい食物の意味がある。指は、うまいものを手にすることから、ゆびをさすともいい、また、示と同じく、さししめすことから、ゆびをさすともいう。一説に、旨の音は、支(
30. 斥
新選漢和辞典Web版
常用漢字 ①〈しりぞ・ける(―・く)〉おいはらう。とおのける。「排斥(はいせき)」 ②〈さ・す〉ゆびさす。 ③せめとがめる。 ④土地をきりひらく。 ⑤〈うかが・
31. 螫
新選漢和辞典Web版
①〈さ・す〉毒蛇や毒虫がさす。 ②危害を与える。
32. 挿(插・揷)
新選漢和辞典Web版
常用漢字 ①〈さ・す〉 (ア)さし入れる。 (イ)植える。 ②〈さしはさ・む〉さしこむ。はさみこむ。加わる。 ③農具。すき。  部首内画数:手 9揷 総画数:
33. 〓
新選漢和辞典Web版
〈さ・す〉水中の魚などをつきさす
34. 揕
新選漢和辞典Web版
①〈う・つ〉たたく。 ②〈さ・す〉つきさす
35. 【叉手】さしゅ
新選漢和辞典Web版
②手出しをしないこと。 【二】さで《国》魚をすくいとる網。叉手網(さであみ)。すくい網。 【三】さす《国》昔の茅(かや)ぶきの屋根で、梁(はり)の上に丸太(まる
36. 【砂州(「洲」)】さしゅう(しう)*さす
新選漢和辞典Web版
川・湖・海辺の水面上にできた砂地。
37. 戡画像
字通
それで戈を〓ぐのが字の原義であろう。 さす、うつ。 かつ、ころす、とる、きる。〔名義抄〕戡 サス・カツ・ヲサム・タツ・キル 〔字鏡集〕戡
38. 〓画像
字通
〓殺用の刃物で獣を割くことをいう。 さす。 さく、えぐる。 ころす、はふる。 せめとる。
39. 戟[〓]画像
字通
る。或るもの戟を以て之れを鉤し、肘を斷ちて死せり。 戟叉 げきさ さすまた。 戟〓 げきさく ほこ。 戟
40. さす【刺】[標準語索引]
日本方言大辞典
ぬくんとげをさす:刺かっぱ 踏む木や竹などの切り株を足の裏にさす:刺かっぱ 踏む虫がさす:刺かぶる / かむ / ちぎるものを踏んで足にさす:刺ことふみきり /
41. さす【注】[標準語索引]
日本方言大辞典
人の話に水をさす:注さます沸いた湯に水をさす:注つら 打つ
42. さす【差】[標準語索引]
日本方言大辞典
と晴れて日がさす:差ひ の目がする傘を一緒にさす:差のせる傘をさす:差かぶる / くわっぱる / さく塩辛い汁に水をさす:差おる錠をさす:差おとす魔がさす:差ま
43. さす【挿】[標準語索引]
日本方言大辞典
はさぐ / はさげる
44. さす【砂州】[標準語索引]
日本方言大辞典
よりし
45. 〓画像
字通
きなり」とあり、鋭利なもので刺すことをいう。 さす。 するどい。〔名義抄〕〓 ヒク・
46. 刺画像
字通
はぬいとり。みな鋭いもので突く意がある。 さす、つく、つきさす。 そしる、せめる、いさめる。 のぎ、はり、ほさき、槍のいしづき。 なふだ、名刺。〔名義抄〕刺
47. 指画像
字通
は趣旨というときの旨にあたる字。 ゆび、手足のゆび。 ゆびさすさす、さししめす。 かぞえる、ゆびおる、さしずする、むかう。 旨・
48. 箴画像
字通
はり、しつけばり、ぬいばり。 いしばり、さす。 いましめる、いましめ。〔新〓字鏡〕箴 佐須波利(さすはり) 〔名義抄〕箴 イマシム・サス
49. 縉画像
字通
形声 声符は晉(晋)。〔説文〕十三上に「帛の赤色なるものなり」とあり、赤絹をいう。〓と通用して、さしはさむ意に用いる。 あかぎぬ。
50. 鍼画像
字通
療の意から、また鍼戒の意となる。針は鍼の俗字。 はり、ぬいばり、くすりばり、いしばり。 さす、はりさす、とおす。 いましめる、いましめ。〔和名抄〕鍼 波利(はり
「さす」の情報だけではなく、「さす」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

さすと同じ古語カテゴリの記事
いみじ(全文全訳古語辞典)
〔形容詞シク活用〕 《動詞「い(忌)む」の連用形の名詞「いみ」を形容詞化した語》 [類義語]ゆゆしその様子や状態が、並の程度ではない、が基本の意。好ましい場合にも、好ましくない場合にも用いる。何についての程度かは文脈による。❶はなはだしい
をかし(全文全訳古語辞典)
〔形容詞シク活用〕 [類義語]をこがまし⇒をかしげ理知的に好奇心や興味を感じる情趣や、視覚・聴覚などで興味深くとらえた美、を表す。平安時代、「あはれ」と対比される語。❶笑いたいほどである。こっけいである。おかしい。例「中将をかしきを念じて」
さがなし(全文全訳古語辞典)
〔形容詞ク活用〕 《名詞「さが(性)」+「無し」》性質の意のさがに無しが付いてできた形容詞。よい性質がない、たちが悪い、の意。現代語の「くちさがない」に残る。❶(よい性質がない意から)性質がよくない。意地が悪い。例「春宮(とうぐう)の女御
さうざうし(全文全訳古語辞典)
〔形容詞シク活用〕 《漢語「索々(さくさく)」または「寂々(さくさく)」を形容詞化した「さくさくし」のウ音便といわれる》現代語のそうぞうしいとは別の語。あるべきものがなくて、物足りない、の意。(当然あるべきものがなくて)物足りない。心寂しい
ゆかし(全文全訳古語辞典)
〔形容詞シク活用〕 [類義語]なつかし・こころにくし ⇒ゆかしがる動詞「行く」の形容詞化した語。そちらの方へ行ってみたくなるほど興味がひかれる、がもとの意。そこから、知りたい、見たい、なつかしい、恋しい、などの意が生まれる。❶興味・関心をひかれる
古語と同じカテゴリの記事をもっと見る


「さす」は古典に関連のある記事です。
その他の古典に関連する記事
なやむ(全文全訳古語辞典・日本国語大辞典)
〔自動詞マ行四段〕{ま・み・む・む・め・め}[類義語]なやまし現代語の「なやむ」は主として精神的な苦痛を表すが、古語では、病気で苦しむ、わずらうなど、肉体的な苦痛をも表す。❶心を痛める。苦労する。難儀する。例「漕(こ)ぎのぼるに、川の水干て、悩み煩ふ
荊楚歳時記(東洋文庫・日本大百科全書)
荊楚,つまり長江中流域の湖南・湖北地方の年中行事とその由来を記した民俗資料の古典。6世紀の梁の人宗懍の著に,隋の杜公瞻(とこうせん)が注を付けたもの。訳注者の初版本への補注をもとに,より詳細な補訂を加えた
おどろく(全文全訳古語辞典・日本国語大辞典)
〔自動詞カ行四段〕{か・き・く・く・け・け}《他動詞は「おどろかす」》のんびりした状態が突然破られ、はっとする、の意。そこから、びっくりする、の意にも、はっと気づく、の意にもなる。また、眠っていて、はっと気づくことが、目がさめる、ということになる。❶
おこたる(全文全訳古語辞典・日本国語大辞典)
{ら・り・る・る・れ・れ}休む、なまける、が基本の意だが、これはある状態で進行していたものがとまることで、そこから病気がよくなる、の意も生まれてくる。一〔自動詞ラ行四段〕❶休む。なまける。例「滴(しただ)る事少しといふとも怠る間なく漏りゆかば、やがて
近世菓子製法書集成 1(東洋文庫)
キンセイカシセイホウショシュウセイ 1鈴木晋一訳 松本仲子訳 鈴木晋一編 松本仲子編江戸時代の菓子製法書を実質的にすべて集成。饅頭、カステラはじめおなじみの銘菓から今は消えたものまで、原文・現代語訳併載のレシピと懇切な注釈で、食文化の歴史を味わう。
古典に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る