1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 言語
「言語」カテゴリの記事一覧
オンライン辞書・事典サービス「ジャパンナレッジ」の「言語」のカテゴリ別サンプルページです。
ジャパンナレッジは「国史大辞典」「日本国語大辞典」「世界大百科事典」「日本大百科全書」など65種以上の辞書・事典をパソコンやスマートフォンで利用できます。

→ジャパンナレッジについてもっと詳しく見る




impasse(プログレッシブ ビジネス英語辞典)
行き詰まり(=deadlock),窮境;袋小路 The whole situation is at an impasse. 全事態が行き詰まっている We are in an impasse.われわれは袋小路に入っている
enemy(ランダムハウス英和大辞典)
1 敵,かたき,敵対者,競争相手 a mortal [or a sworn] enemy 不倶戴天(ふぐたいてん)の敵 a natural enemy 天敵 political enemies 政敵 a public enemy 民衆の敵(ギャングなどの凶悪犯罪人) an enemies list 敵のリスト
conclusion(ランダムハウス英和大辞典)
1 ((通例単数)) (物事の)終わり,終結,結び;終末,最後((of ...)) ⇒END1【類語】 foregone conclusion 当然の帰結 an effective conclusion of [or to] the war 戦争の効果的な終結 at the conclusion of the contest 競技の終わりに bring a story to a happy conclusion 話をハッピーエンドに導く.
appendix(ランダムハウス英和大辞典)
n. (pl. ap・pen・dix・es,-di・ces) 1 付録,補遺,付表,追加.▼ 通例,巻末につける解説,統計,参考記事などで,これがなくても本文は完結している. cf. SUPPLEMENT n.2. 2 付加物,付属物. 3 〔解剖〕(1)突起.(2)垂,(特に)虫垂.
adversary(ランダムハウス英和大辞典)
n. (pl. -sar・ies) 1 敵,敵対者,反対者(⇔ally).⇒OPPONENT【類語】 2 (試合・ゲームなどの)対戦者,相手(contestant). 3 ((the A-)) 悪魔,サタン. ━━ adj. (また((特に英)) ad・ver・sar・i・al)
Nō【能】(Encyclopedia of Japan)
The oldest extant professional theater; a form of musical dance-drama originating in the 14th century. Nō preserves what all other important contemporary theater has lost: its origin in ritual, reflecting an essentially Buddhist view of existence.
tea ceremony 【茶の湯】(Encyclopedia of Japan)
A highly structured method of preparing powdered green tea in the company of guests. The tea ceremony incorporates the preparation and service of food as well as the study and utilization of architecture, gardening, ceramics, calligraphy, history, and religion.
kimono【着物】(Encyclopedia of Japan)
The word kimono (literally, “clothing”) is usually used in the narrow sense for the traditional Japanese wrap-around garment, worn by both men and women, with rectangular sleeves, and bound with a sash (obi).
kabuki【歌舞伎】(Encyclopedia of Japan)
One of the three major classical theaters of Japan, together with the Nō and the bunraku puppet theater. Kabuki began in the early 17th century as a kind of variety show performed by troupes of itinerant entertainers. By the Genroku era (1688−1704)
字音(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
固有の文字をもたなかった中国の近隣諸国が、漢字を書記用具として輸入した際に、それぞれの漢字に伴う中国語の発音を同時に取り入れて、自国語のなかに定着させたもの。「漢字音」または単に「音」ともいう。本来の中国語の発音を「中国(漢)字音」とよぶのに対して
神代文字(改訂新版・世界大百科事典)
漢字の渡来および〈かな〉の成立に先だって,上古の日本にかつて行われたと称せられる文字。〈神字〉と書いて,〈かんな〉とも呼ぶ。そのような固有の文字が存在したとする説は,おそくとも室町時代から神道家の間にひろまっており,江戸時代においては,平田篤胤をはじめ国学者のうちに
take(ランダムハウス英和大辞典・プログレッシブ英和・プログレッシブ ビジネス英語辞典・ビジネス技術実用英語大辞典)
取る.[A 獲得する]1 …を(自ら)取る,〈魚・獲物などを〉(餌(えさ)・わななどで)捕らえる,〈砦(とりで)・場所を〉攻め落とす;〔チェス〕 〈駒(こま)を〉取る;(トランプなどで)〈札を〉取る;〔野球〕 〈打球を〉捕る;〔クリケット〕 〈打者を〉
facility(ランダムハウス英和大辞典・プログレッシブ英和・プログレッシブ ビジネス英語辞典)
(1)便宜を図るもの,設備,施設,機関transportation [monetary] facilities運輸[金融]機関hotel [amusement] facilities宿泊[娯楽]施設a new research facility新しい研究設備Inpatient Facilities入院応需The restaurant provides facilities for dancing
acceptance(ビジネス技術実用英語大辞典)
(an) ~ 受け入れ, 受け容れ, 受容, 容認, 承認, 受理, 受諾, 受領, 受納, 領収, 引き受け, 賛成, 賛同, 支持, 採用, 採択, 《品質管理》合格gain wide market acceptance広く市場で受け入れられる(an) acceptance inspection受け入れ検査the probability of acceptance
croire(ロベール仏和大辞典)
1 …を(本当だと)信じる.croire la promesse約束を信じる.Comment peut-on croire une telle chose?そんなことをだれが信じるものか.Il ne croit que ce qu'il voit.彼は自分の目で見たものしか信じない.Je lui croyais plus de talent.彼にはもっと才能があると思っていた
suchen(独和大辞典)
1 (英:seek) 探す,探し求める,見つけ出そうと〈手に入れようと〉する;探索〈捜索・捜査〉する;求める,追求〈探求〉する; 【電算機】 検索するjn. polizeilich 〈steckbrieflich〉 suchen…を警察の手で〈手配書を配って〉捜すIch habe dich überall gesucht.
ああ言えばこう言う(故事俗信ことわざ大辞典)
他人の意見や忠告に対して、何やかやと理屈を言って従わないさま。どう言えばこう言う。*人情本・春色雪の梅(1838~42頃か)初・二回「ああ云(イ)へばかう云(イ)ふと言ってぢれったいねえ」*諺語大辞典(1910)「ああ言(イ)へばかう言(イ)ふ」
会うは別れの始め(故事俗信ことわざ大辞典)
人と人とが出会うことは、すでに別れの始まりである。出会うものは、必ずいつか別れるものだ。*風に紅葉(鎌倉末~南北朝初期)二「『とてもかくても、あふはわかれのはじめなれば、さてしもはつまじきわざにこそ』とて、うちなき給」
青菜に塩(故事俗信ことわざ大辞典)
青菜に塩をふりかけた時のように、元気だった者が何かをきっかけにすっかりしょげてしまうさま。*俳諧・世話尽(1656)曳言之話「青菜(アヲナ)にしほ」*諺苑(1797)「青菘(アヲナ)に塩 蛭に塩とも云、なめくじに塩とも云」
青は藍より出でて藍より青し(故事俗信ことわざ大辞典)
弟子が師よりまさっていることのたとえ。藍より出でて藍より青し。出藍(しゅつらん)の誉。氷は水より出でて水より寒し。*世俗諺文(1007)「青レ於レ藍〈略〉青取二之藍一而青三於二藍一」*十訓抄(1252)一〇・序「道々の才芸も又父祖には及がたき習ひなれば
秋の扇(故事俗信ことわざ大辞典)
秋になり、不用となった扇。また、男の愛を失った女のたとえ。前漢の成帝の宮女班婕妤(はんしょうよ)が、君寵の衰えたわが身を秋の扇にたとえて詩を作った「文選‐怨歌行」の故事による。班女が扇。*和漢朗詠(1018頃)上・雪
秋の日は釣瓶落とし(故事俗信ことわざ大辞典)
秋の日は、井戸の釣瓶が落ちるように早く沈み、暮れてしまう。秋の日暮れが早いことのたとえ。*歌舞伎・勧善懲悪覗機関(村井長庵)(1862)六幕「もう入相でござりますれば、秋(アキ)の日(ヒ)の釣瓶落(ツルベオト)し。日が暮れるに間もござりませねば、今日はお暇致しませう」
悪事千里を走る(故事俗信ことわざ大辞典)
悪い行ないや悪い話は、たちまち世間に知れ渡る。悪事千里。*曽我物語(南北朝頃)一〇・伊豆二郎が流されし事「扨も、悪事千里をはしるならひにて、伊豆二郎未練なりと、鎌倉中に披露有ければ」*明徳記(1392~93頃か)中「悪事千里に走て、此事世には隠有べからず
麻の中の蓬(故事俗信ことわざ大辞典)
「麻に連るる蓬」に同じ。*十訓抄(1252)五・序「人者善友にあはむ事をこひねがふべき也。麻のなかの蓬はためざるにおのづから直しといふたとへあり」*ささめごと(1463~64頃)下「麻の中の蓬なれば、つたなき心も、さすが友によりて直かるべし」
後の祭(故事俗信ことわざ大辞典)
時機を逸して無意味になり、気がついてもいまさら取り返しがつかないことのたとえ。*虚堂録臆断(1534)五「死して後に紙銭を焼て不祥を除く也。をかしいこと也。無用処也。あとのまつり也」*俳諧・毛吹草(1638)二「あとのまつり」
あばたも靨(故事俗信ことわざ大辞典)
好きになると、醜いあばたさえ可愛らしいえくぼに見える。惚れた目には欠点までも長所に見えるというたとえ。*洒落本・伊賀越増補合羽之龍(1779)通菴内之だん「巖石にひとしき菊石(アバタ)も壱っによってゑくぼと成り」 *人情本・郭の花笠(1836
1
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典・叢書サービス。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
利用料金・収録辞事典・会員登録はこちら