ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 施設
  8. >
  9. 公共施設
  10. >
  11. 国立国会図書館

ジャパンナレッジで閲覧できる『国立国会図書館』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書・国史大辞典・世界大百科事典

日本大百科全書(ニッポニカ)
国立国会図書館
こくりつこっかいとしょかん

1948年(昭和23)「国立国会図書館法」の制定に伴い設置された図書館。英語名はNational Diet Library。翌1949年、東京の上野にあった、上野図書館(帝国図書館)を支部図書館として合併、1961年国会議事堂わきに本館(東京都千代田区永田町)を完成し、それまで仮住まいしていた旧赤坂離宮(迎賓館)から移った。1986年本館に隣接して新館を建設。増え続ける蔵書に備え、電子図書館などの新たな機能を担う国立国会図書館関西館を関西文化学術研究都市に建設し、2002年(平成14)10月に開館した。また、支部上野図書館を改修、日本初の国立の児童書専門図書館として国際子ども図書館を2000年に開館した(全面開館は2002年)。

 初代館長は憲法学者の金森徳次郎(1886―1959)、副館長は哲学者の中井正一 (まさかず)(1900―1952)であったが、その後2000年代まで衆参両院の事務総長が館長に選ばれていた。

[藤野幸雄][野口武悟]2021年1月21日

沿革

国立図書館設立の要望は明治時代からあったが、上野の帝国図書館がその機能を一部果たし、また議会両院には、貴族院・衆議院時代から議員のための小コレクションがあった。第二次世界大戦後、国立図書館を新しく整備する動きがおこり、アメリカから使節団がよばれた。アメリカ議会図書館とアメリカ図書館協会から派遣されたこの使節団は、アメリカ議会図書館の例に倣い、次のことを勧告した。すなわち、国会のための図書館であると同時に、国内図書の網羅的収集とその責任ある書誌記述を行い、広く国民の利用に供すること、館長は国務大臣級の人物をあてることなどであった。これに基づき国立国会図書館法が制定された。

[藤野幸雄][野口武悟]2021年1月21日

機能と活動

国内の出版物は、国立国会図書館法により、すべて国立国会図書館への納本が義務づけられ、これによって網羅的な資料収集の基盤ができあがった。同館はこれをもとに全出版物の正確な書誌情報を「全国書誌データ」として同館のウェブサイトで提供している。

 国立国会図書館は、東京本館、関西館、国際子ども図書館および行政・司法各部門の支部図書館(27館)で構成されている。東京本館には、国会審議に資する調査及び立法考査局があり、法律、政治、経済その他の分野で調査員を置いている。また、資料の収集、整理、サービス部門などがある。国会に対するサービスとともに、国民のための図書館として、館内閲覧、参考調査(レファレンス)質問への回答を行い、国内の公共図書館、大学図書館、学校図書館、専門図書館への貸出しその他のサービスを行っている。国際図書館連盟International Federation of Library Associations and Institutions(IFLA (イフラ))に正会員として加入し、国際的な活動も推進している。

[藤野幸雄][野口武悟]2021年1月21日



国史大辞典
国立国会図書館
こくりつこっかいとしょかん
「真理がわれらを自由にするという確信に立って、憲法の誓約する日本の民主化と世界平和とに寄与することを使命として、ここに設立される」との前文をもつ国立国会図書館法(昭和二十三年(一九四八)二月四日成立)により設立された。国会の立法活動を助け、同時に行政・司法部門および日本国民一般に奉仕する国立中央図書館の機能をあわせもつ。東京都千代田区永田町所在。この設立を促すものとして、まず昭和二十一年七月大内兵衛らの帝国議会への請願、同年十月貴族院議員姉崎正治提出の「議会図書館ノ設立ト国立図書館ノ拡充ニ関スル建議案」の可決などがあった。これをうけて新国会発足後に衆参両院に図書館運営委員会が設けられ、米国から図書館使節団が来日して基本構想が準備された。初代館長の人選にあたり、参議院側は歴史家羽仁五郎議員が中心となり美学者中井正一を推挙したが、衆議院側の強い反対があり、元国務大臣金森徳次郎が館長、中井が副館長となり、同二十三年六月五日旧赤坂離宮を仮庁舎として開館し、同年八月一日静嘉堂・東洋文庫を、翌年四月一日東京上野の帝国図書館を吸収し、また、各省庁の図書館を支部図書館として全体の構成を整えた。以来、納本制度・購入・国際交換などにより蔵書の充実につとめ、『雑誌記事索引』の刊行、印刷カードの普及などの試みにより国内各図書館との協力がはかられて来た。だが保守政党が国会議席の多数を占めつづけ政権交替がなかったため、立法調査機関としての館の必要性は高まらず、しかも昭和三十四年金森初代館長退職後、衆参両院事務局長経歴者の館長就任が慣行化し、現在に至っている。国立中央図書館としては、創館後十年余りは、内外出版物の増加に対応する予算・人員をもたなかったが、昭和三十六年永田町現庁舎に移転後、資料購入費・職員数は漸増し、同五十八年三月現在、所蔵図書三百八十六万冊、逐次刊行物七万五千種、職員八百四十七名に達し、六十一年度には別館も完成する予定で、機能的にも近年の図書館利用の変化に対応する国内資料に関する書誌情報センターを目指している。このような近代化が進行する一方、酸性紙の劣化による大量の図書損耗の進行など、文化財保存上の新たな問題にも直面している。なお同館には、旧帝国図書館の遺産である明治以降の刊行物、開館以来の新聞切抜資料、憲政資料室所蔵文書、現在史料室収集の占領軍関係文書マイクロフィルムなど、日本近現史研究に不可欠の資料が蓄積され、その他旧幕府引継書類・貴重書室所蔵文書など、前近代の重要史料も少なくない。→上野図書館(うえのとしょかん)
[参考文献]
『国立国会図書館三十年史』、中井正一『論理とその実践―組織論から図書館像へ―』、羽仁五郎「国立国会図書館の創立」(『羽仁五郎戦後著作集』三所収)
(有泉 貞夫)


改訂新版 世界大百科事典
国立国会図書館
こくりつこっかいとしょかん

東京都千代田区永田町にある日本唯一の国立図書館。1948年の〈国立国会図書館法〉にもとづき,旧赤坂離宮内を仮庁舎として発足した。49年上野図書館を合併し,61年国会議事堂わきの現在地に移転。68年に地下2階,地上6階,本館延べ面積約7万4000m2の建物が完成した。さらに86年には,地上4階,地下8階,延べ面積7万3000m2の別館が完成し,本館と合わせた資料の収蔵能力は1200万冊となる。1996年現在,蔵書約720万冊,職員約823名をもつ日本最大規模の総合的図書館である。この図書館の特色は,同図書館法第2条〈図書及びその他の図書館資料を蒐集し,国会議員の職務の遂行に資するとともに,行政及び司法の各部門に対し,更に日本国民に対し,この法律に規定する図書館奉仕を提供することを目的とする〉点にある。すなわち〈国会図書館〉であるとともに〈国立図書館〉でもあることである。先例はアメリカ議会図書館Library of Congressにみるだけで,国立中央図書館としては特異の形態といえる。その設立の精神は,前記図書館法の前文〈真理がわれらを自由にするという確信に立って,憲法の誓約する日本の民主化と世界平和とに寄与することを使命として,ここに設立される〉に示されている。なお,2002年に京都府相楽郡精華町に国立国会図書館関西館が開館し,東京本館と関西館が相まってその機能を担う。

 業務内容は,国会図書館として,(1)国会議員の国政審議に資するため,図書資料の閲覧,貸出しを行うだけでなく,とくに調査および立法考査局を設け,多くの専門調査員をおいて立法資料の調査,法案の分析評価,さらには求めに応じて議員を補佐して議案起草の奉仕なども行う。(2)行政・司法各部門に所属する図書館を支部図書館として傘下におき,図書資料の分担収集,文献の相互貸借などを行う。支部図書館・分館は最高裁判所図書館や国土交通省図書館など32館(2008年現在)ある。その他,国会分館,支部上野図書館(現,国際子ども図書館),支部東洋文庫がおかれている。一方,国立図書館としては,(1)国内出版物の網羅的収集を行う納本図書館の機能をもつ。官公庁,民間の別なく,国内の出版物は定められた部数を納入させる。ここでいう出版物とは,図書・雑誌・新聞だけでなく,レコード,スライド,点字図書なども含まれている。(2)網羅的に収集された出版物を基礎に,全国書誌の編纂を行う。すでに《全日本出版物総目録》を1948年版から毎年刊行してきたが,日本MARCシステムJapan Machine Readable Cataloging(機械可読目録)の開発により,1977年版から機械編纂にかわり,記載事項が詳細になり,発行が迅速化されることになった。《雑誌記事索引》(1996年1月以降受入れ分から冊子体に代わって電子媒体で提供),《国会会議録総索引》など専門的な書誌の発行も行っている。以上のほか日本の図書館を代表して海外諸国と資料の交換,国際貸借,図書館活動に関する国際的プロジェクトへの参加などの業務もある。なお国立国会図書館の利用は,満20歳以上の者ならばだれでも可能である。地方在住者など登館できない人たちのためには図書館間貸出しの制度や,オンラインによる全国のおもな公立図書館への情報提供サービスがある。
→納本制度
[石井 敦]

[索引語]
上野図書館 議会図書館 東洋文庫 納本図書館 全日本出版物総目録
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
国立国会図書館の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 789
検索コンテンツ
1. 国立国会図書館
日本大百科全書
あてることなどであった。これに基づき国立国会図書館法が制定された。藤野幸雄野口武悟2021年1月21日機能と活動国内の出版物は、国立国会図書館法により、すべて国
2. 国立国会図書館
世界大百科事典
東京都千代田区永田町にある日本唯一の国立図書館。1948年の〈国立国会図書館法〉にもとづき,旧赤坂離宮内を仮庁舎として発足した。49年上野図書館を合併し,61年
3. こくりつ‐こっかいとしょかん[‥コククヮイトショクヮン]【国立国会図書館】
日本国語大辞典
東京都千代田区永田町にある国立の図書館。昭和二三年(一九四八)国立国会図書館法により旧赤坂離宮(現在の迎賓館)内に設置され、同三六年に現在地に移転。国会に付属し
4. こくりつこっかいとしょかん【国立国会図書館】
国史大辞典
→上野図書館(うえのとしょかん) [参考文献]『国立国会図書館三十年史』、中井正一『論理とその実践―組織論から図書館像へ―』、羽仁五郎「国立国会図書館の創立」(
5. 国立国会図書館
法律用語辞典
国会法一三〇条及び国立国会図書館法(昭二三法五)に基づき、昭和二三年に設置された国立の図書館。国会の附属機関であり、中央図書館及び多数の支部図書館から構成。国会
6. 国立国会図書館
図書館情報学用語辞典
判所が置く支部図書館は法制上,国立国会図書館の支部とされるほか,1948(昭和23)年に置かれた支部東洋文庫は2009(平成21)年に廃止された.「国立国会図書
7. 国立国会図書館
日本史年表
1948年〈昭和23 戊子〉 6・5 国立国会図書館 、旧赤坂離宮を仮庁舎として開館。
8. 国立国会図書館件名標目表
図書館情報学用語辞典
年からは「Web版国立国会図書館件名標目表」(Web NDLSH),2011年からはWeb NDLSHに個人名,団体名などの典拠データを追加し機能を拡張した「国
9. 国立国会図書館分類表
図書館情報学用語辞典
国立国会図書館が同館の蔵書用に作成した一般分類表.社会科学A~F,人文科学G~K,科学技術M~S,総記事項U,形式類等V~Zの順序にローマ字1字または2字に1~
10. 国立国会図書館法
図書館情報学用語辞典
上で公開している資料を,国立国会図書館は著作権者の許諾なく収集することが可能となったほか,2012(平成24)年法改正で,電子書籍などのオンライン資料を国立国会
11. eデポ[欧文略語]
イミダス 2018
[e-depot 〈日〉]【IT関連用語】【文学】国立国会図書館のオンライン資料収集制度の愛称.2013年7月以降に民間で出版された無償かつDRM(デジタル著
12. ISSNネットワーク
図書館情報学用語辞典
目的とする.パリに国際センターが設けられ,2020年現在で90か国に国内センターがある.日本では国立国会図書館内にISSN日本センターが置かれている.逐次刊行物
13. あかさかりきゅう【赤坂離宮】
国史大辞典
昭和三年(一九二八)まで再び東宮(今上)御所として、戦後は同二十三年から三十六年にかけて国立国会図書館として使用された。同四十三年以後、迎賓館に改装するための工
14. 赤松記[文献解題]兵庫県
日本歴史地名大系
一巻 徳平(得平)定阿著 成立 天正一六年八月 原本 所在不明 写本 国立国会図書館・長崎県島原公民館松平文庫・水戸彰考館・宮内庁書陵部 解説 赤松氏と
15. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 233ページ
東洋文庫
の問題に関する意見書を書いており、それが、今日国立国会図書館に寄託されている「広沢文書」の中に残っている(「広沢文書」には広沢家から国立国会図書館が譲り受けた二
16. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 298ページ
東洋文庫
紀行を残している。管見にはいったものを挙げると、榎本釜次郎(武揚)に「渡蘭日記」がある。国立国会図書館憲政資料室所蔵本は、旧榎本家文書(榎本武揚文書)のうちにあ
17. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 299ページ
東洋文庫
津田真一郎には「はなのしおり」があり、これは前記『津田真道』に収めてある。 去る昭和二十八年三月、国立国会図書館において、憲政資料室新購入の西周文書中のオランダ
18. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 311ページ
東洋文庫
幕末和蘭留学生関係資料目録 B6版一冊(三四ページ) 昭和二八年三月刊金森徳次郎館長序大久保利謙編・解説 国立国会図書館考査目録一一号 昭和二十八年三月、赤坂離
19. あがたそうち【県宗知】
国史大辞典
院に葬ったが、のち桂徳院に改葬された。著書として『宗知秘伝抄』がある。『県宗知書之写』(国立国会図書館蔵)は同系異本である。 [参考文献]末宗広『茶人系譜』 (
20. あきみちものがたり【秋道物語】
国史大辞典
が、妻を犠牲にして仇を討つ点は異色で、御伽草子としてはすぐれた作品である。伝本としては、国立国会図書館に奈良絵本が存するのみであるが、同材の作品には、浅井了意の
21. あこうぎじんさんしょ【赤穂義人纂書】
国史大辞典
晶山は名を三善といい、別号は静幽堂ともいう。嘉永ごろの成立か。原本は早く散逸したらしく、今日国立国会図書館に伝わる写本十八巻十四冊が、刊行の際に底本とされたもの
22. あさくさし【浅草志】
国史大辞典
江戸浅草付近の地誌。二巻三冊。著者、成立年はともに不詳であるが、国立国会図書館本には、文政四年(一八二一)九月書写の山崎美成の奥書があるので、それ以前の成立で
23. あさくらしまつき【朝倉始末記】
国史大辞典
『義景記』(三巻、金沢市立図書館)などの異名があり、『朝倉始末記』と称するものも、八巻本(国立国会図書館本・史籍集覧本)、十巻本(吉田本・三崎本)、十一巻本(松
24. あさぬまいねじろう【浅沼稲次郎】
国史大辞典
十七歳の右翼少年山口二矢に刺殺された。六十一歳。墓は東京都府中市の多磨墓地にある。関係文書が国立国会図書館に収められている(『浅沼稲次郎関係文書目録(稿)』)。
25. あしだき【蘆田記】
国史大辞典
『(改定)史籍集覧』一三、『(新編)信濃史料叢書』八所収。写本は宮内庁書陵部、内閣文庫、国立国会図書館、東大史料編纂所、彰考館など諸所に架蔵されている。 [参考
26. あとうだ-たかし【阿刀田高】
日本人名大辞典
1935− 昭和後期-平成時代の小説家。昭和10年1月13日生まれ。国立国会図書館勤務のかたわら,コラム,SF,ミステリーをかく。昭和54年「来訪者」で日本推理
27. アメリカ議会図書館
世界大百科事典
,予算額,職員数すべての点で世界最大規模を誇る国立図書館。首都ワシントンにある。日本の〈国立国会図書館〉は戦後占領時代の1948年,アメリカ文化使節団の勧告によ
28. アーネスト・サトウ 神道論 96ページ
東洋文庫
、この三柱の神が生まれた場所が後に高天原になった」と説明している。高天原 『霊能真柱』(国立国会図書館蔵)より。
29. いけだしゅく【池田宿】静岡県:磐田郡/豊田町
日本歴史地名大系
奪回するため京都から鎌倉へ向かう途中、池田に泊っている(「足利尊氏関東下向宿次・合戦注文」国立国会図書館所蔵文書)。永享四年(一四三二)九月二三日、将軍足利義教
30. イザベラ・バード 極東の旅 1 251ページ
東洋文庫
の説明文を見開きの形で配したものである(『中国奥地紀行』解説で五九点としたのは、依拠した国立国会図書館所蔵本では最後の写真掲載頁が欠落していたことによる)。出版
31. いしょうにほんでん【異称日本伝】
国史大辞典
三百十五巻、菅晋帥(かんときのり、号は茶山)の序があり、佐賀藩鍋島家に完本があるというが、国立国会図書館本(第一冊欠、三十五巻序目一巻百五冊)、静嘉堂文庫本(欠
32. いせしんぶん【伊勢新聞】
国史大辞典
まで東大明治新聞雑誌文庫、明治四十一年六月から大正三年十二月までと昭和二十三年二月以降は国立国会図書館に所蔵されている。 (西田 長寿)
33. いとうけいすけ【伊藤圭介】
国史大辞典
同三十四年一月二十日、九十九歳で没。墓は台東区の谷中墓地にある。男爵を授けられた。なお蔵書約二千冊が国立国会図書館の伊藤文庫に収められている(『(上野図書館所蔵
34. いとうひろぶみもんじょ【伊藤博文文書】
国史大辞典
なお、『伊藤博文文書』は、上記の『秘書類纂』以外は、伊藤家に襲蔵されていたが、昭和二十五年国立国会図書館に全部譲渡され、同館憲政資料室の所蔵となって研究者の利用
35. 伊東巳代治画像
日本大百科全書
浜口雄幸はまぐちおさち内閣を激しく攻撃した。昭和9年2月19日死去。「伊東巳代治文書」は、現在国立国会図書館が所蔵している。大日方純夫
36. いとうみよじもんじょ【伊東巳代治文書】
国史大辞典
昭和十六年(一九四一)美濃部達吉・尾佐竹猛ら公法学者、歴史学者に一部開放され、太平洋戦争後国立国会図書館が所蔵するに及んで全面的に公開され、利用されている。『伊
37. いのうえかおるもんじょ【井上馨文書】
国史大辞典
料なども重要であろう。ほかには、先収会社など彼が個人的に関係した会社関係史料もある。現在国立国会図書館憲政資料室所蔵。目録に『井上馨関係文書目録』(『憲政資料目
38. いのくま-たいぞう【猪熊泰三】
日本人名大辞典
1904−1972 昭和時代の林学者。明治37年8月12日生まれ。昭和18年母校東京帝大の教授となる。のち国立国会図書館専門調査員。林木種子の採種法などの研究で
39. いはらき
国史大辞典
ルム)が茨城県歴史館、昭和六年四月一日以降が土浦市立図書館、昭和二十三年五月二十日以降が国立国会図書館に所蔵されている。→茨城新聞(いはらきしんぶん) [参考文
40. いろうものがたり【遺老物語】
国史大辞典
などを収める。このうち老談一言記は自撰で義兄新井白石や小瀬復庵からの聞書きが多い。写本は国立国会図書館・内閣文庫・京大・慶大・国学院大・東大・早大など広く流布し
41. いわくらともみかんけいもんじょ【岩倉具視関係文書】
国史大辞典
その後種々の事情から岩倉家をはなれて原文書の大部分は京都の岩倉公旧蹟保存会の所蔵に帰し、また関係史料は国立国会図書館憲政資料室・内閣文庫などにある。この関係文書
42. 印刷カード
図書館情報学用語辞典
ARCフォーマットの開発にもつながる結果となった.日本では,1950(昭和25)年から「国立国会図書館印刷カード」,1952(昭和27)年から「日本図書館協会印
43. 陰徳太平記[文献解題]鳥取県
日本歴史地名大系
別称 陰徳記 香川正矩・景継著 成立 元禄八年序・正徳二年刊 版本 国立公文書館・国立国会図書館ほか 解説 足利義稙が大内氏を頼った明応八年から慶長三年
44. 陰徳太平記[文献解題]島根県
日本歴史地名大系
別称 陰徳記 香川正矩・景継著 成立 元禄八年序・正徳二年刊 版本 国立公文書館・国立国会図書館ほか 解説 足利義稙が大内氏を頼った明応八年から、慶長三
45. ウェブアーカイビング
図書館情報学用語辞典
を行う「インターネット・アーカイブ(Internet Archive)」がある.日本では国立国会図書館が「インターネット資料収集保存事業(WARP)」として公的
46. ウェブキャットプラス[イミダス編 経済・産業]
イミダス 2018
報などとともに表示される。収録データは、全国の大学図書館約1000館の蔵書約940万冊、国立国会図書館の蔵書約460万冊、新刊書約120万冊、洋書約900万冊な
47. うえのおんしこうえん【上野恩賜公園】東京都:台東区/旧下谷区地区/上野公園地地図
日本歴史地名大系
同二三年には東京音楽学校(現同大学音楽学部)、同二五年には内国商品陳列館、同三九年には帝国図書館(のち国立国会図書館支部上野図書館、現国際子ども図書館)が設置さ
48. うえのかげのり【上野景範】
国史大辞典
十八年二月元老院議官に転任。二十一年四月十一日没。四十五歳。墓は東京都港区白金台の瑞聖寺にある。なお国立国会図書館憲政資料室には『上野景範文書』として関係書翰・
49. 上野公園画像
日本大百科全書
都美術館、国立西洋美術館、東京文化会館などが集中し、それらを囲むように日本学士院、日本芸術院、国立国会図書館支部上野図書館(現、国際子ども図書館)などができ、ま
50. うえのこうえん【上野公園】
国史大辞典
すみ、十五年博物館・動物園が開業し、十八年教育博物館(現国立科学博物館)・東京図書館(現国立国会図書館上野支部)が公園内に移転し、現在みられるような公園の基礎を
「国立国会図書館」の情報だけではなく、「国立国会図書館」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

国立国会図書館と同じ公共施設カテゴリの記事
国立国会図書館(日本大百科全書・国史大辞典・世界大百科事典)
1948年(昭和23)「国立国会図書館法」の制定に伴い設置された図書館。英語名はNational Diet Library。翌1949年、東京の上野にあった、上野図書館(帝国図書館)を支部図書館として合併、1961年国会議事堂わきに本館(東京都
大正デモクラシー(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
日露戦争後から大正末年にかけ、政治の世界を中心に、社会・文化の分野にまで顕著に現われた民主主義的、自由主義的傾向。〔研究状況〕信夫(しのぶ)清三郎『大正デモクラシー史』(昭和二十九年(一九五四)―三十四年)以来、「大正デモクラシー」の用語がひろく使わ
満蒙独立運動(国史大辞典・世界大百科事典)
満蒙(中国東北および内モンゴル)地方の中国から分離独立を企てた二度にわたる日本の一部軍人・大陸浪人の謀略工作。(一)第一次満蒙独立運動辛亥革命直後の明治四十五年(一九一二)初め、大陸浪人川島浪速は清朝の崩壊に乗じ、皇族粛親王善耆を擁立して満洲を独立さ
憲政擁護運動(日本大百科全書・国史大辞典・世界大百科事典)
1912~13年(大正1~2)と、24年(大正13)の二度にわたって展開された藩閥専制政府打倒を目ざす政党、民衆の運動。護憲運動と略称する。[阿部恒久]▲第一次護憲運動行財政整理により財源を確保し、日露戦後経営の完遂を期す第二次西園寺公望(さいおんじ
公共施設と同じカテゴリの記事をもっと見る


「国立国会図書館」は社会に関連のある記事です。
その他の社会に関連する記事
憲政擁護運動(日本大百科全書・国史大辞典・世界大百科事典)
1912~13年(大正1~2)と、24年(大正13)の二度にわたって展開された藩閥専制政府打倒を目ざす政党、民衆の運動。護憲運動と略称する。[阿部恒久]▲第一次護憲運動行財政整理により財源を確保し、日露戦後経営の完遂を期す第二次西園寺公望(さいおんじ
満蒙独立運動(国史大辞典・世界大百科事典)
満蒙(中国東北および内モンゴル)地方の中国から分離独立を企てた二度にわたる日本の一部軍人・大陸浪人の謀略工作。(一)第一次満蒙独立運動辛亥革命直後の明治四十五年(一九一二)初め、大陸浪人川島浪速は清朝の崩壊に乗じ、皇族粛親王善耆を擁立して満洲を独立さ
大正デモクラシー(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
日露戦争後から大正末年にかけ、政治の世界を中心に、社会・文化の分野にまで顕著に現われた民主主義的、自由主義的傾向。〔研究状況〕信夫(しのぶ)清三郎『大正デモクラシー史』(昭和二十九年(一九五四)―三十四年)以来、「大正デモクラシー」の用語がひろく使わ
フィッシャー効果(日本大百科事典)
アメリカの経済・統計学者I・フィッシャーが提唱した理論。予想インフレ率(予想物価上昇率、期待インフレ率ともいう)が変化すると、名目金利(表面上の金利)も同様に変化し、実質金利には影響しないという効果のこと。フィッシャーが提案した金利と予想インフレ率に
国立国会図書館(日本大百科全書・国史大辞典・世界大百科事典)
1948年(昭和23)「国立国会図書館法」の制定に伴い設置された図書館。英語名はNational Diet Library。翌1949年、東京の上野にあった、上野図書館(帝国図書館)を支部図書館として合併、1961年国会議事堂わきに本館(東京都
社会に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る