ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 憲法・法律
  10. >
  11. 危険運転致死傷罪

ジャパンナレッジで閲覧できる『危険運転致死傷罪』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書

日本大百科全書(ニッポニカ)
危険運転致死傷罪
きけんうんてんちししょうざい

自動車(原動機付自転車を含む)の危険な運転行為により人を死傷させる罪。自動車運転死傷行為処罰法の第2条と第3条で規定されている。交通事故は、従来すべて業務上過失致死傷罪で処断されていたが、最高刑が5年にとどまることについて、悪質な事件の被害者(遺族)から批判の声があがり、社会的にも大きく取り上げられたことを受けて、2001年(平成13)の刑法改正により、故意に一定の危険な運転を行って人を死傷させた者に対して、暴行による傷害罪・傷害致死罪に準じた重大な犯罪と位置づけて、重い刑罰を科す本罪が定められた。その後、危険運転致死傷罪とそれに該当しない危険、悪質な運転によって死傷させた場合との刑の違いが大きいことから、危険運転致死傷罪の拡大を求める声があがり、自動車運転死傷行為処罰法が制定され、刑法から従来の危険運転致死傷罪に一部行為類型を追加して移す(2条)とともに、故意の危険運転ではないが、危険性、悪質性の高い場合をもう一つの危険運転致死傷罪として定めた(3条)。

 第2条の危険運転致死傷罪は、アルコール等の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を運転する行為、制御が困難である速度で自動車を運転する行為、赤信号をことさらに無視し、かつ重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為などを、故意で行って人を死傷させた場合で、最高刑は致死が有期刑の上限である懲役20年、致傷が15年となっている。2020年(令和2)の法改正で、いわゆるあおり運転に対処する観点から、車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の車の前方で停止し、その他これに著しく接近することとなる方法で自動車を運転する行為が類型として追加された。

 第3条の危険運転致死傷罪は、アルコール、薬物または病気の影響により正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で自動車を運転し、正常な運転が困難な状態に陥り、人を死傷させた場合で、最高刑は致死が懲役15年、致傷が12年である。正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で運転することの故意を要件とするが、実際に正常な運転が困難な状態に陥ったまま運転をすることについての故意を要しない。すなわち、本罪が成立するには、「アルコールなどのために正常な運転に支障が生じるおそれがある状態にあること」をわかっていながら運転をしていることが求められるが、その結果として「アルコールなどのために正常な運転が困難な状態になったこと」までわかっている必要はない(わからないまま運転をしていても本罪が成立する)。

[田村正博]2021年1月21日

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
危険運転致死傷罪の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 22
検索コンテンツ
1. 危険運転致死傷罪
日本大百科全書
重い刑罰を科す本罪が定められた。その後、危険運転致死傷罪とそれに該当しない危険、悪質な運転によって死傷させた場合との刑の違いが大きいことから、危険運転致死傷罪
2. 危険運転致死傷罪[イミダス編 社会・健康]
イミダス 2018
同年5月14日に家裁送致した。無免許運転が常習だったことなどから、「運転技能が備わっていた」とみなされ、危険運転致死傷罪の構成要件に合致しないと判断した。また、
3. あおり運転【2019】[補遺【2019】]
現代用語の基礎知識
、車間距離保持義務違反、進路変更禁止違反、急ブレーキ禁止違反などの道路交通法違反のほか、危険運転致死傷罪(妨害目的運転)や刑法の暴行罪に該当することもある。あお
4. 危険運転致死傷
法律用語辞典
高速度等の危険な態様で、自動車を走行させ、人を死傷させること。平成一三年の刑法改正により危険運転致死傷罪が設けられた(刑二〇八の二)。
5. 議員連盟
日本大百科全書
推進する議員連盟」「少子化社会対策議員連盟」など、数多くの議員連盟がある。2013年(平成25)には、「危険運転致死傷罪を考える超党派の会」の働きかけにより、交
6. 原因において自由な行為
日本大百科全書
そのような場合には刑がつねに減軽されることになる。また、2001年(平成13)に新設された危険運転致死傷罪(刑法208条の2)についても、これと同様の問題がある
7. 自動車運転過失致死傷罪[法律と社会]
イミダス 2018
刑の上限を懲役・禁錮7年に引き上げた(刑法211条2項)。刑の上限は15年以下の懲役である危険運転致死傷罪(同208条の2)と異なり、アルコール等で正常な運転が
8. 自動車運転過失致死傷罪[イミダス編 社会・健康]
イミダス 2018
わき見運転など、危険な運転で人身事故を起こしたドライバーに、懲役7年以下の罰則を科す犯罪。すでに危険運転致死傷罪(2002年12月施行)では、故意で悪質な運転で
9. 自動車運転死傷行為処罰法
日本大百科全書
。1968年の改正前は3年)の対象とされてきた。2001年(平成13)の刑法改正により、危険運転致死傷罪が新設されて悪質・危険な運転行為により人を死傷させた場合
10. 自動車運転死傷行為処罰法[イミダス編 社会・健康]
イミダス 2018
2013年11月20日、参議院本会議で可決、成立。14年5月までに施行される。現行の刑法では、危険運転致死傷罪(最高刑・懲役20年)の立証が難しく、飲酒運転など
11. 自動車運転処罰法【2019】[法律【2019】]
現代用語の基礎知識
悪質で危険な運転で人を死亡させ、またはけがをさせたりしても、これまでは刑法208条の2の危険運転致死傷罪 (死亡させた場合は1年以上20年以下の懲役、負傷させた
「危険運転致死傷罪」の情報だけではなく、「危険運転致死傷罪」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

危険運転致死傷罪と同じ憲法・法律カテゴリの記事
自由(日本国語大辞典)
自分の心のままに行動できる状態。思いどおりにふるまえて、束縛や障害がないこと。また、そのさま。思うまま。先例、しかるべき文書、道理などを無視した身勝手な自己主張。多くその行為に非難の意をこめて使われる。わがまま勝手。
大日本帝国憲法(改訂新版・世界大百科事典)
1889年2月11日発布され,90年11月29日より施行され,形式的には1947年5月2日まで存続した憲法典で,〈明治憲法〉あるいは〈旧憲法〉とも呼ばれる。制定過程、明治維新にあたり政府は五ヵ条の誓文
ワイマール憲法(世界大百科事典・日本大百科全書・日本国語大辞典)
第1次大戦後のドイツ革命によってドイツ帝政は崩壊し,それに代わっていわゆるワイマール共和国が成立した。1919年1月19日の総選挙によって選ばれた国民議会が,2月6日チューリンゲンの小都市ワイマールに新しい憲法の制定を主要任務として召集され,7月31日にドイツ共和国憲法Reichsverfassungを可決した。
違憲立法審査制度(改訂新版・世界大百科事典)
立法行為をはじめとする国家の諸機関の行為について,それが憲法に適合するか否かを審査し,違憲の場合にはその行為を無効と宣言する権限を裁判所に与える制度。司法審査制とか法令審査制ともいう。国家の最高法規である憲法が国家機関によって侵害されるのを防ぐために設けられる憲法保障の制度の一つであり
憲法改正問題[政党](イミダス)
衆参両議院の憲法調査会が2005年5月、最終報告書を発表したのに続いて、自由民主党(自民党)は同年11月27日の結党50周年党大会で「新憲法草案」を発表。民主党は同月31日に「憲法提言」を発表した。公明党は「加憲」を主張し、社会民主党、日本共産党は改憲に反対している。
憲法・法律と同じカテゴリの記事をもっと見る


「危険運転致死傷罪」は法律に関連のある記事です。
その他の法律に関連する記事
危険運転致死傷罪(日本大百科全書)
自動車(原動機付自転車を含む)の危険な運転行為により人を死傷させる罪。自動車運転死傷行為処罰法の第2条と第3条で規定されている。交通事故は、従来すべて業務上過失致死傷罪で処断されていたが、最高刑が5年にとどまることについて、悪質な事件の被害者(遺族)
雇用継続給付制度(日本大百科全書)
雇用保険に設けられている制度で、高年齢雇用継続給付と介護休業給付がある(かつては育児休業給付も雇用継続給付として位置づけられていたが、2020年(令和2)の改正で、失業等給付から独立させ、子を養育するために休業した労働者の生活および雇用の安定を図る
道路運送車両法(日本大百科全書・世界大百科事典)
道路上を運行する自動車、原動機付自転車、軽車両に関し、所有権についての公証を行い、安全性の確保および公害の防止ならびに整備についての技術の向上を図り、あわせて自動車の整備事業の健全な発達を通じて公共の福祉を増進することを目的とする法律
女性活躍推進法(日本大百科全書・イミダス)
パートやアルバイトを含む常勤労働者を一定数以上雇用している政府、地方公共団体、民間企業などに女性の活躍に向けた行動計画の策定を義務づけた法律。正式名称は「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(平成27年法律第64号)
不登校特例校(日本大百科全書)
学習指導要領にとらわれず、不登校生の実態に配慮した特別な教育課程をもつ学校。正式名は「不登校児童生徒を対象とする特別の教育課程を編成して教育を実施する学校」で、文部科学大臣が指定する。構造改革特区での規制緩和の一環として、2004年に八王子市の高尾山学園に初めて導入
法律に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る