ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 学問
  8. >
  9. 心理学・医学
  10. >
  11. オルター

ジャパンナレッジで閲覧できる『オルター』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書

日本大百科全書(ニッポニカ)

オルター
おるたー
Harvey James Alter
[1935― ]

アメリカの医学者、ウイルス学者。ニューヨーク市生まれ。ロチェスター大学で医学を学び、1960年医学博士号を取得した。ロチェスター大学付属のストロング・メモリアル病院などで内科医として研鑽 (けんさん)を積み、1961年にアメリカ国立衛生研究所(NIH)の臨床研究員となった。その後、シアトルにあるワシントン大学や首都ワシントンDCにあるジョージタウン大学病院の血液学研究部門長などを務めた。1969年にふたたび、輸血医学の上級研究員としてNIHに戻り、1972年に感染症研究部門長、1987年には臨床研究センターの副所長を歴任。現在もNIHの名誉研究員として活躍する。

 NIH血液銀行の血液の専門家だったオルターは、1960年代、輸血後に起こる肝炎の原因解明に取り組み、アメリカのウイルス学者であるバルーク・サミュエル・ブランバーグと共同で研究を行い、オーストラリアの先住民アボリジニの血清中からいわゆる「オーストラリア抗原」を発見した。アメリカ人の白血病患者の11%でもこの抗原を確認したが、健康人にはほとんど見つからなかった。後に、このタンパク質(抗原)は、B型肝炎ウイルスの表面タンパク質であることをつきとめ、これによって輸血によるB型肝炎を減らすことにつながった。この業績で、ブランバーグは1976年のノーベル医学生理学賞を受賞した。

 しかし、B型肝炎ウイルスが混入した血液を排除しても輸血後感染は2割ほどしか減らなかった。オルターは、汚染された水や食べ物を通じて経口感染するA型、輸血などにより感染するB型肝炎ウイルス以外の「非A非B型」の肝炎患者には第三のウイルスが存在すると予測した。非A非B型肝炎患者から採取した血液を、ヒトの肝炎の動物実験モデルとなるチンパンジーに接種すると肝炎になることを1978年に発見し、のちにC型と分類されることになる肝炎ウイルスの存在を初めて示した。

 長年、難航したこのウイルスの正体をつきとめるのに成功したのが、アメリカの製薬会社カイロンChiron(現、ノバルティス)にいたマイケル・ホートン(のち、カナダ・アルバータ大学教授)である。1989年、遺伝子工学を用い、非A非B型肝炎の患者の血液と、それを接種したチンパンジーの血液からウイルス由来のタンパク質を見つけた。これが契機となり未知のウイルスのゲノム配列が同定されたが、これはオルターが予測していたRNA(リボ核酸)ウイルスで、正式にC型肝炎ウイルス(HCV)と命名された。

 このC型肝炎ウイルスを病原体と確定したのが、セントルイス・ワシントン大学教授のチャールズ・ライス(のち、ロックフェラー大学教授)である。これまでは、ホートンらがチンパンジーから取り出したウイルスを他のチンパンジーに注射しても、血液中や肝臓にウイルスは増殖しなかった。ライスは、増殖に必要な必須部分が変異しているためと考え、ウイルス両端の変異した部分を取り除き、必須部分を加えたウイルスをつくった。これをチンパンジーに接種すると、ウイルスは増殖し、肝炎の症状がみられた。

 B型肝炎やC型肝炎ウイルスに感染すると、10~30年を経て、肝硬変、肝がんとなる。肝がんは、がんのなかでも死因上位を占める。2015年にはC型肝炎ウイルス感染によるがんなどで、世界で134万人が死亡した。オルターらによるC型肝炎ウイルスの発見で、輸血による感染を防止する検査法が確立したのである。当初は、ウイルスを駆除する注射薬インターフェロンがC型肝炎治療の主流だったが、副作用が大きかった。最近では、副作用の少ない飲み薬(ハーボニー〈レジパスビル・ソホスブビル配合剤〉などの抗ウイルス薬)などを用いた「インターフェロンフリー」の新たな治療法が登場し、患者の95%が治療可能となった。

 オルターは、2000年にラスカー・ドゥベーキー臨床医学研究賞、2013年ガードナー国際賞を受賞。2020年「C型肝炎ウイルス発見」の功績で、ホートン、ライスとともにノーベル医学生理学賞を受賞した。

[玉村 治]2021年2月17日

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
オルターの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 47
検索コンテンツ
1. オルター
日本大百科全書
の副所長を歴任。現在もNIHの名誉研究員として活躍する。 NIH血液銀行の血液の専門家だったオルターは、1960年代、輸血後に起こる肝炎の原因解明に取り組み、ア
2. オルターナティブ[カタカナ語]
イミダス 2018
[alternative] (1)二者択一.代案.代替物 (2)もう一つの.代わりの.オルタナティブ.オールタナティブ.オルタナ.
3. オルターナティブ【2019】[外来語・カタカナ語【2019】]
現代用語の基礎知識
二者択一(の)。選択肢。代案。(確立された、もしくは伝統的な制度・価値・思想に対して)代わり得る、代替の、新しい。
4. オルターナティブ スクール[カタカナ語]
イミダス 2018
[alternative school]【教育】個々の子供に合った多様な教育課程のノウハウをもち,自学自習による教育を目標としている学校.
5. オルターナティブ ツーリズム[カタカナ語]
イミダス 2018
[alternative tourism]【社会・生活】途上国を訪れる先進国からの観光客が,伝統文化や自然環境を壊さないようにしようという観光方法.
6. オルターナティブ メディシン[カタカナ語]
イミダス 2018
[alternative medicine]【医学・生理】薬を使わないで,健康づくりやよい体調を維持するために行う医療技術.
7. オルターナティブ・メディスン【2019】[外来語・カタカナ語【2019】]
現代用語の基礎知識
代替医療。病気の治療ではなく予防に重きをおいた医学。ビタミン剤や朝鮮人参、生姜などの補助栄養剤を日常的に服用することなど。AM 。
8. オルターナティブ ロック[カタカナ語]
イミダス 2018
[alternative rock]【音楽】ロックの主流に含められない傾向・動向をもつロック音楽.
9. AM【2019】[欧文略語【2019】]
現代用語の基礎知識
(1)(amusement)アミューズメント 。(2)〈参:→オルターナティブ・メディスン 〉
10. アミン(Samir Amin)
日本大百科全書
IT(情報技術)化の潮流に沿った国際協調を目ざす「世界経済フォーラム」(スイス・ダボス)の対抗会議である「オルターナティブ世界フォーラム」(「第三世界フォーラム
11. オルト[カタカナ語]
イミダス 2018
[alt.]オルターナティブの略.傍流.非主流.既存のものに代わるもの.オルタナともいう.
12. オールターナティブ[カタカナ語]
イミダス 2018
[alternative] (1)二者択一 (2)代案.もう一つの.オルターナティブ.
13. グローバリズム
日本大百科全書
とよぶことがある。だが、これらの多くもまた、後述するように、別の形でのグローバリゼーション(オルター・グローバリゼーションとよばれる)を目ざすものであることから
14. 伝説の国 129ページ
文庫クセジュ
がいまものこっている。たとえば、すでに名前のでたベラルカザールをはじめ、ケサダ、ペドロ・ド・オルタース、アギーラ、フェーデルマン、F・ド・ユトレなどの有名な探険
15. にちえいかいしょう【日英会商】
国史大辞典
。結局、対象地域の問題で双方の折り合いがつかず交渉は三月十四日決裂した。その結果、五月七日ウオルター=ランシマン商務大臣は英本国における綿および人絹製品の関税引
16. パラダイム
日本大百科全書
そこから一般にパラダイムは思考の枠組みというように拡大して用いられ、既成慣行のものにとってかわる新しいオルターナティブalternativeを求める際によく使わ
17. フェアトレード[カタカナ語]
イミダス 2018
金融】公正貿易.公正取引 (2)【経営・企業】公正な貿易関係を築こうとする取引.民衆交易.オルターナティブトレードともいう.
18. フェッラロッティ(Ferrarotti, Franco)
世界人名大辞典
も成果が多い.〖主著〗Roma da capitale a periferia, 1970.オルターナティヴ社会学:Una sociologia alterna
19. ホートン
日本大百科全書
ウイルスの探索に取り組んだ。1970年代に、アメリカ国立衛生研究所(NIH)にいたハーベイ・オルターによって、A型、B型の肝炎ウイルス以外に肝炎を引き起こす病原
20. ライス(Charles M. Rice)
日本大百科全書
2016年にラスカー・ドゥベーキー臨床医学研究賞を受賞。2020年「C型肝炎ウイルス発見」の功績で、オルター、ホートンとともにノーベル医学生理学賞を受賞した。玉
21. ロス(Roth, Philip Milton)
世界人名大辞典
:The great American novel, 1973》を発表する.作家自身のオルター・エゴ(分身)であるズッカーマン(Nathan Zuckerman
22. ローリー ウォルター
世界文学大事典
イギリスの軍人,廷臣,探険家,著述家。後期ルネサンスを代表する〈万能人〉。海で生きる西国デヴォンに生まれる。ローリー家は中流ながらギルバート,チャンパノン,ドレ
「オルター」の情報だけではなく、「オルター」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

オルターと同じ心理学・医学カテゴリの記事
新しい児童心理学(文庫クセジュ ベストセレクション)
新しい児童心理学 文庫クセジュ461 ジャン・ピアジェ著/ベルベル・イネルデ著/波多野 完治訳/須賀 哲夫訳/周 郷博訳 哲学・心理学・宗教 序文 児童心理学(1)は、個人が成人社会に参加するようになる、青年期という移行期までの心的な成長を研究する。あるいは同じことだが
オルター(日本大百科全書)
アメリカの医学者、ウイルス学者。ニューヨーク市生まれ。ロチェスター大学で医学を学び、1960年医学博士号を取得した。ロチェスター大学付属のストロング・メモリアル病院などで内科医として研鑽 (けんさん)を積み、1961年にアメリカ国立衛生研究所(NI
心理学・医学と同じカテゴリの記事をもっと見る


「オルター」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
三条実美(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
幕末・明治前期の公卿(くぎょう)、太政(だじょう)大臣、政治家。幼名福麿。天保(てんぽう)8年2月7日、三条実万(さねつむ)の第4子として生まれる。家格は五摂家(ごせっけ)に次ぐ九清華(きゅうせいが)の一家。1854年(安政1)従(じゅ)五位上に叙せ
江藤新平(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
幕末・維新期の政治家。佐賀の乱の首領。名は胤雄(たねお)、号は南白(なんぱく)。天保(てんぽう)5年2月9日、佐賀藩下級武士の家に生まれる。国学者枝吉神陽(えだよししんよう)に師事、しだいに尊攘(そんじょう)運動に参加し、1862年(文久2)脱藩して
松尾芭蕉(日本大百科全書・世界大百科事典)
江戸前期の俳人。日本近世文学の最盛期をなす元禄(げんろく)期(1688~1704)に活躍した井原西鶴(いはらさいかく)、近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)、芭蕉は、それぞれ小説、浄瑠璃(じょうるり)、俳諧(はいかい)の分野を代表する三大文豪として
光明皇后(世界大百科事典・国史大辞典・日本架空伝承人名事典)
奈良前期の聖武天皇の皇后。諱(いみな)は安宿(あすかべ),出家して光明子という。藤原不比等の第三女,母は橘三千代。幼にして聡慧,早くから声誉高かったが,716年(霊亀2)16歳で皇太子首(おびと)皇子の妃となり,翌々年阿倍皇女(孝謙天皇)を生む
大伴金村(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
五世紀末から六世紀前半へかけての大和朝廷の有力者。武烈・継体・安閑・宣化朝の大連。大伴談(かたり)の子。磐・咋・狭手彦の父。仁賢天皇の死後、権勢強大な平群氏を滅ぼし、武烈天皇を即位させた。武烈の死後、あとをつぐ皇族がないため、金村は群臣とはかって
人物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る