ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. 生物
  8. >
  9. 魚・貝・海の生き物
  10. >
  11. ハタハタ

ジャパンナレッジで閲覧できる『ハタハタ』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハタハタ
はたはた/鱩・鰰
Japanese sandfish
[学]Arctoscopus japonicus

硬骨魚綱スズキ目ハタハタ科に属する海水魚。茨城県以北の太平洋沿岸、山口県以北の日本海沿岸と北海道オホーツク海沿岸、日本海、オホーツク海、千島 (ちしま)列島、カムチャツカ半島南東部、アリューシャン列島などの北太平洋に分布する。体は細長く、強く側扁 (そくへん)し、腹部がやや突出する。口は上を向き、下顎 (かがく)は上顎より突出する。上顎の後端は目の前縁下をわずかに越える。前鰓蓋骨 (ぜんさいがいこつ)の後縁に5本の棘 (きょく)がある。体に鱗 (うろこ)がない。背びれは2基で広く離れ、第1背びれは8~9棘、第2背びれは11~16軟条。臀 (しり)びれは基底が長く、28~34軟条。胸びれは非常に大きく、24~28軟条で、その後端は第1背びれの後端を越える。尾びれの後縁は截形 (せっけい)(後縁が上下に直線状)。雄の腹面に大きな三角形状の生殖突起が突出する。体の背方は黄褐色で、不定形の黒褐色の斑紋 (はんもん)があり、腹部は銀白色。水深100~400メートルの砂泥底にすみ、薄明と薄暮時に小形の甲殻類や魚類などを活発に食べるが、それ以外は砂の中に体の半分を埋めて隠れている。この習性から、英名をサンドフィッシュという。

 生後満3年になると全長20センチメートルくらいになり成熟する。産卵期は11月下旬から12月下旬である。11月下旬ころ、沿岸水温が7~8℃くらいになると、水深2~3メートルの沿岸の藻場 (もば)に群れをなして押し寄せる。産卵場は北海道周辺、秋田県から山形県の沿岸、および朝鮮半島東岸などが知られているが、秋田県沿岸はとくに有名である。この季節には、冬の雷がよく鳴るのでカミナリウオともよばれている。産卵は多くは早朝に行われ、雌は卵塊をいちどきに全部産み出す。粘着性沈性卵で、海水に触れると密着して球状に固まる。卵塊は水深50~150メートルに繁茂しているホンダワラ、アカモク、オオバモクなどの海藻に産み付けられ、多くは海底から20~60センチメートルのところに付着する。卵塊は中空で、色は淡紅色、淡緑色、淡褐色などと変化に富み、直径は3.3~7.0センチメートルである。1尾の抱卵数は600~2300粒。卵は大きく卵径1.5~3.0ミリメートルで、卵膜は厚くてきわめて強い。孵化仔魚 (ふかしぎょ)は全長7~11ミリメートルで、1歳で体長約10センチメートル、2歳で約16センチメートル、3歳で約18~19センチメートル、4歳で20センチメートル以上に成長する。最大体長は30センチメートルに達する。産卵のために接岸した産卵群(産卵に参加する群れ)は定置網や引網で多量に漁獲される。産卵期以外の深海にすむものは底引網で漁獲される。煮魚、焼き魚、干物、糠 (ぬか)漬け、いずし(なれずしの一種)などにする。白身の肉はやや柔らかいがおいしい。卵塊はブリコといわれて、煮物、焼き物などにして、そのプリプリとねばねばの食感を楽しむ。秋田県では肉や内臓を塩漬けにして発酵させて、魚醤 (ぎょしょう)の一種のしょっつるをつくる。

[片山正夫][尼岡邦夫]2021年2月17日

料理

白身の魚で、脂質が比較的多いが、味はあっさりしている。塩焼き、煮つけ、鍋物 (なべもの)、田楽 (でんがく)、てんぷら、みそ汁、粕 (かす)汁など広く利用できる。卵(ブリコ)は、なまのまましょうゆと海苔 (のり)をかけて食べたり、みそ汁、粕汁などにする。加工品では、干物、塩辛などがある。

 ハタハタは北海道から東北、山陰に分布するが、秋田地方のはたはた料理はとくに有名である。この地方の正月用の魚はハタハタで、とくに「はたはたずし」は正月料理として欠かせない。塩漬けしたハタハタを米飯と麹 (こうじ)で3~4週間漬け込んでつくるもので、いずしの一種である。しょっつる鍋は、しょっつる(塩汁)でハタハタや野菜を煮る鍋物である。しょっつるとは、イワシやハタハタなどの魚を2~3年塩漬けして発酵させ、出てきた液の上澄みを漉 (こ)したもので、「くさや」に似た特有のにおいがある。

[河野友美]

民俗

民謡「秋田音頭 (おんど)」で、秋田名物の筆頭にあげられているのがハタハタとその卵塊のブリコである。ハタハタの国字や漢字は、鰰、鱩、神魚、雷魚、神成魚、神鳴魚、波太多雷魚、霹靂魚などと、雷に由来するものばかりである。また『秋田風俗問状答』などにも、この魚は雷を好むように群集するとあり、珍しく冬に雷が鳴るという秋田地方で語源が発祥したのであろう。また佐竹魚 (さたけうお)といわれるのは、秋田藩主佐竹氏の移転にこの魚も従ったという伝説による。卵は禁漁にされたが、ブリの卵とごまかしてブリコといったとか、バラバラにならないので「不離子」とする説もある。

[矢野憲一]



ハタハタ[百科マルチメディア]
ハタハタ[百科マルチメディア]

©Shogakukan 撮影/田島 正


はたはたずし[百科マルチメディア]
はたはたずし[百科マルチメディア]

頭と内臓を取り除いたハタハタを塩で漬けたあと、飯と麹(こうじ)を混ぜてさらに漬け込む©Shogakukan


世界大百科事典

ハタハタ
鰰/鱩
sailfin sandfish
Arctoscopus japonicus

スズキ目ハタハタ科の寒流域にすむ海産魚。北太平洋に広く分布しているが,日本では宮城県および島根県以北の北日本に生息している。秋田では産卵のため接岸する11月ころよく雷が鳴るためカミナリウオと呼ぶ。新潟県高田・能生でシマアジ,鳥取でカハタ,シロハタなどと呼ぶ。体はやや細長く,側扁し,うろこや側線がない。体の背側は黄褐色で,不規則な黒褐色斑がある。腹部は白い。体長28cmに達する。水深100~400mの砂泥底にすんでいるが,産卵期の11~12月になると,大きな群れをつくり,水深数mの藻場に現れ,海藻などに卵塊を産みつける。産卵は早朝に行われる。卵は直径1.5~2.5mmで,淡紅色,淡緑色,または淡褐色をしており,卵膜が厚くて強い。産卵数は1腹約600~2300粒。約50日で孵化(ふか)し,5~8月には約5cmに成長し,沖合へ移動する。孵化後2年で約15cmに成長し,成熟する。橈脚(じようきやく)類(コペポーダ)や端脚類などの小型の甲殻類やイカなどを食べる。

 東北地方の日本海沿岸と北海道で漁獲が多い。かつては,産卵のため接岸した群れを建網などでとっていたが,近年は底引網などでの漁獲が多い。肉は白身でやや硬く,脂肪が多く,独特な風味がある。煮つけ,塩焼き,はたはたずし,干物などにする。卵はブリコと呼ばれ珍重されている。また,魚類などを長期間塩づけにしたものから出る汁を魚しょうゆというが,ハタハタでつくったものを秋田でしょっつるといい,なべ料理などに用いる。
[望月 賢二]

[索引語]
sailfin sandfish Arctoscopus japonicus カミナリウオ シマアジ(ハタハタ) カハタ シロハタ ブリコ しょっつる


図-ハタハタ
図-ハタハタ



日本国語大辞典

はた‐はた 【鰰・〓・雷魚・燭魚】

解説・用例

〔名〕

スズキ目ハタハタ科の海産魚。全長約二〇センチメートル。体にうろこはなく、背部は黄褐色の地に褐色の流紋がある。口は斜め上方に開く。太平洋側では東北以北、日本海側では山陰地方以北、カムチャツカ、アラスカに分布し、日本では秋田県・山形県で多く漁獲。ふだんは水深一〇〇~四〇〇メートルの大陸棚砂泥底に生息しているが、産卵期の一一~一月には沿岸浅所の藻場に群れをなして出現し、海藻に産卵する。このため、産卵期に底引網などで多くとれる。肉は食用とし、卵は「ぶりこ」と呼ばれ賞味される。かみなりうお。学名はArctoscopus japonicus 《季・冬》

*俳諧・芭蕉翁古式之俳諧〔1685〕「情しる身は黄金の〓てより〈芭蕉〉 軽く味ふ出羽の鰰〈才丸〉」

*俳諧・新季寄〔1802〕一〇月「はたはた 奥州にある魚也。鮓にして味よし」

語源説

ハタタガミ(霹靂)の時に多くとれるところからか〔大言海〕。

発音

〓[0] [ハ]<2>〓(0)

辞書

言海

正式名称と詳細

表記

〓言海

図版

ハタハタ 図版

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
ハタハタの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 136
検索コンテンツ
1. ハタハタ画像
日本大百科全書
塩漬けしたハタハタを米飯と麹こうじで3~4週間漬け込んでつくるもので、いずしの一種である。しょっつる鍋は、しょっつる(塩汁)でハタハタや野菜を煮る鍋物である。し
2. ハタハタ画像
世界大百科事典
スズキ目ハタハタ科の寒流域にすむ海産魚。北太平洋に広く分布しているが,日本では宮城県および島根県以北の北日本に生息している。秋田では産卵のため接岸する11月ころ
3. ハタハタ[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©Shogakukan 撮影/田島 正
4. はた‐はた
日本国語大辞典
〓ハタハタ)めら」〔一〕虫。(1)しょうりょうばった(精霊飛蝗)。《はたはた》奈良県683
5. はた‐はた
日本国語大辞典
たと飛去りぬ」*青春〔1905~06〕〈小栗風葉〉秋・五「朝鴉(あさがらす)の黙って頭の上をハタハタ飛去る羽音が」(2)はかばかしく事を行なうさま、動作が迅速で
6. はたはた[螇蚸]
古事類苑
動物部 洋巻 第1巻 1161ページ
7. はたはた[鰰]
古事類苑
動物部 洋巻 第1巻 1533ページ
8. はた‐はた【鰰・〓・雷魚・燭魚】画像
日本国語大辞典
〔名〕スズキ目ハタハタ科の海産魚。全長約二〇センチメートル。体にうろこはなく、背部は黄褐色の地に褐色の流紋がある。口は斜め上方に開く。太平洋側では東北以北、日本
9. 鰰
新選漢和辞典Web版
〈はたはた〉秋田沿岸などでよくとれる海水魚。=鱩(はたはた)
10. 鱩
新選漢和辞典Web版
〈はたはた〉かみなりうお。うろこはなく、味は淡白。=鰰(はたはた)
11. はたはた‐ずし【鰰鮨】
日本国語大辞典
〔名〕ハタハタをいったん酢に浸し、笹の葉にのべた麹と合わせた飯の上に並べ、昆布、ハタハタの卵などを散らして重石を載せて漬けた、なれずし風の鮨。秋田地方で正月食品
12. はたはたずし[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
頭と内臓を取り除いたハタハタを塩で漬けたあと、飯と麹こうじを混ぜてさらに漬け込む©Shogakukan
13. はたはた‐むし【─虫】
日本国語大辞典
名。*和玉篇〔15C後〕「〓 ハタハタムシ」*俳諧・玉海集追加〔1667〕三・秋「おさ草やはたはた虫のおり所〈正好〉」
14. ハタハタ : 図-ハタハタ画像
世界大百科事典
15. 秋田[県]画像
世界大百科事典
墨書土器や木簡など貴重な資料も出土している。→出羽国 ハタハタの風土 11月下旬~12月中旬,寒冷前線の通過に伴い,雷鳴とともにハタハタの大群が沿岸に押し寄せる
16. 秋田(県)画像
日本大百科全書
みそ汁用に塩蔵する。鮨はハタハタが圧倒的に多い。大館地方を中心とする名物「きりたんぽ」は、本来は残飯を処理するために考えられたものである。秋田特産の調味料のしょ
17. 秋田県の要覧
日本大百科全書
県庁所在地:秋田市県花:フキノトウ県木:アキタスギ県鳥:ヤマドリ県魚:ハタハタ面積:1万1637.54平方キロメートル面積順位・比率:6位・3.1%人口(199
18. 鰺ヶ沢[町]
世界大百科事典
所も置かれたが,青森,弘前を中心とする陸上交通の発展に伴って衰退した。近世中期以降,ニシン,ハタハタ漁が盛んであったが,近年は不振で,養殖漁業などに力を入れ,県
19. 鰺ヶ沢(町)画像
日本大百科全書
れた。明治になり陸上交通が発達すると外港としての機能は衰微した。明治から大正にかけてニシン、ハタハタ、イワシの豊漁が続き漁港として繁栄した。町域南部は白神山地に
20. 厚田
日本大百科全書
札幌市近郊という地理的位置を生かした野菜、メロンなどの園芸、原料乳生産など都市近郊型農業と、ハタハタなどの沿岸漁業が行われる。国道の開通(1971)後、北部の海
21. あみはり‐ば【網張場】
日本国語大辞典
〔名〕(魚網などの)網を張る場所。*ハタハタ〔1969〕〈吉村昭〉二「自分たちの得た網張り場をうばわれることをおそれて」
22. アングル
日本国語大辞典
石〉二「あの建築(ビルヂング)の角度(アングル)の所丈(だけ)が少し出てゐる。木の間から」*ハタハタ〔1969〕〈吉村昭〉四「車は〈略〉突然停車した。頭をアング
23. 育児
世界大百科事典
する動物にもみられる。大部分は卵を水中に放出するだけだが,ウミホオズキ(テングニシ)の卵は堅い袋に入っており,ハタハタは粘着性のある卵で藻についている。トゲウオ
24. えりも[町]
世界大百科事典
鉄道はなく,国道336号線が通じる。就業人口の半ば近くが漁業者で,夏はコンブ採り,秋はサケ,冬はウニ,ハタハタの漁が行われ,えりも港と庶野(しよや),目黒,えり
25. 男鹿[市]
世界大百科事典
船川港はまた県内一の漁港であるが,このほか北浦,畠,戸賀,船越などの漁港がある。いずれも冬季のハタハタ漁を第一とするが,戸賀湾のワカメ・アワビ養殖が注目される。
26. 男鹿(市)画像
日本大百科全書
市の基幹産業は農業、漁業で、農業は水田中心で、零細農や半農半漁型が多い。漁業は船川港のほか戸賀、北浦港があり、ハタハタ漁が多かったが近年減少している。イカ、ブリ
27. 男鹿半島
世界大百科事典
就業者率はその約1/3にすぎない。県内一の漁獲量をもつ船川港をはじめ有力漁港が多いが,冬季のハタハタ漁に特色がある。脚部の潟上市の旧天王町,男鹿市の旧若美町,三
28. 沖合底引網漁業
日本大百科全書
。おもに75~95トン型船による一艘引のかけ回しと二艘引漁法で操業している。主要対象魚種は、ハタハタ、カレイ類、ズワイガニ、ニギス類等である。三浦汀介
29. かい‐ゆう[クヮイイウ]【回遊・回游】
日本国語大辞典
たて網の中にはいった魚の廻遊する習癖を知って居るから」*ハタハタ〔1969〕〈吉村昭〉三「沖合で回游しながら機をうかがっていたハタハタが」カイユー
30. かみなり(雷)[方言の地図帳]
日本方言大辞典
はじめとする古辞書などに「かみなり」を表す語として出ていることばである。民謡の「秋田おばこ」に歌われる魚のハタハタもこれと関係があるといわれている。 (オ)カン
31. カミナリウオ
日本大百科全書
硬骨魚綱スズキ目ハタハタ科の海水魚であるハタハタの地方名。産地の秋田地方の呼び名で、漁期の冬に雷がよく鳴るのでこの名がある。編集部
32. きゅう‐そく[キウ‥]【休息・休足】
日本国語大辞典
人草〔1907〕〈夏目漱石〉一「おい、今から休息(キウソク)しちゃ大変だ、さあ早く行かう」*ハタハタ〔1969〕〈吉村昭〉二「その地点までくるといつものように休
33. 郷土料理画像
日本大百科全書
全然なくなったもので、他地方からの代用品によってまにあわせてその名称だけ残したものもある。一方、秋田のハタハタ、富山のホタルイカ、大分のシロシタガレイ、佐賀のム
34. 郷土料理
世界大百科事典
る。[東北地方]しょっつるなべしょっつるはハタハタを塩漬にしたものの浸出液,つまり魚醬(ぎよしよう)で,塩汁のなまった語。これを煮汁にして,ハタハタ,タラ,イカ
35. 今古奇観 2 明代短編小説選集 190ページ
東洋文庫
萢県令は吉日を選んで、宋金とともに官船に乗り、任地へおもむいた。まさに、絵太鼓トントン舟子をせかし風はハタハタ帆をふくらます さて宋金は、貧乏ではあったが、なん
36. ぎょ‐えい【魚影】
日本国語大辞典
〔名〕水中に見える魚の姿。*ハタハタ〔1969〕〈吉村昭〉一「他の湾にはほとんど魚影をみせない」ギョエ
37. 魚醤
日本大百科全書
魚醤うおびしおから発展したもので、しょうゆと似た使い方をする。秋田県のしょっつる(塩汁。原料はハタハタ、イワシなど)、香川県のいかなごしょうゆ、北海道、石川県の
38. 魚醬
世界大百科事典
などがあり,外国のものではアンチョビーソースやニョクマムが知られる。しょっつるは塩汁の意で,ハタハタ,イワシなどを材料とし,いかなごしょうゆはコウナゴ,カマスゴ
39. 魚類画像
世界大百科事典
なり,マイワシ,トビウオ,ボラ,キハダマグロ,カツオ,ブリ,ベラなどは暖流性,ニシン,サケ,ハタハタ,タラ,オヒョウなどは寒流性である。また,ガンギエイ,マエソ
40. くぎ‐づけ【釘付】
日本国語大辞典
06〕〈夏目漱石〉一〇「余が視線は、蒼白き女の顔の真中にぐさと釘付けにされたぎり動かない」*ハタハタ〔1969〕〈吉村昭〉三「かれの足も釘づけになっていた」(3
41. 好画像
字通
このむ、よろこぶ。 璧の孔。 はなはだ。〔名義抄〕好 ヨシ・コトムナシ・カホヨシ・ヨシヒ・ヨミス・ハタハタ・ヲウナ・ウルハシ・コノム 〔字鏡集〕好 コノム・カホ
42. 麹漬け画像
日本大百科全書
る。代表的なものにダイコンのべったら漬けのほか、郷土料理として北海道のニシンの麹漬け、秋田のハタハタの麹漬け、金沢のカブの間にブリを挟んで漬けたかぶらずしなどが
43. 金浦(秋田県)
日本大百科全書
金浦港は古くからの風待ち港で、現在も船川ふなかわ港に次ぐ県内第二の漁港。ハタハタ、カレイ、タラ、サメ、ホッケなどを漁獲するが、ハタハタは近年急減した。米作が主で
44. 暦画像
日本大百科全書
かといって、ムギの熟するときイカがとれる。秋田地方では、ハタハタ雷かみなりといって10月下旬から11月上旬にかけて遠雷のするときハタハタがとれるので、漁師は雷鳴
45. ゴム‐ガッパ【─合羽】
日本国語大辞典
石〉「何(ど)うして一番上に着た護膜合羽と羽織丈(だけ)が、是程烈しく濡れたのであらうか」*ハタハタ〔1969〕〈吉村昭〉二「手拭で頬かむりをしゴム合羽をつける
46. 栽培漁業
世界大百科事典
れぞれ1000万単位の種苗生産実績(全国,年間)がえられている。その他の魚類でも,クロダイ,ハタハタ,トラフグ,地域性ニシン,キュウセン,マコガレイ,ハマグリ,
47. 刺網漁業
世界大百科事典
など)である。 固定式刺網は漁具が比較的簡単で沿岸漁業で多く用いられ,底魚・磯魚のほかブリ,ハタハタ,シラウオ,サメ・エイ類,それにイセエビ,クルマエビ,ガザミ
48. さんりん‐トラック【三輪─】
日本国語大辞典
特に日本で発達したが、昭和三五年(一九六〇)ごろから需要が減少し生産中止。オート三輪。三輪自動車。*ハタハタ〔1969〕〈吉村昭〉五「村落の男たちは連れだって三
49. しべつちよう【標津町】北海道:根室支庁
日本歴史地名大系
昭和二九年からは浅海繁殖保護事業としてホタテ貝・ホッキ貝、同三七年よりチカやワカメの養殖も行い、さらにウニ、ハタハタ、サクラマスの増殖対策、水産加工にも力を入れ
50. しょうゆ画像
日本大百科全書
ム)、タイのナンプラーなどもこの一種である。しょっつるの造り方は、桶にイワシ、アジ、小サバ、ハタハタなどの魚と塩を交互に堆積たいせきさせ、上には重石おもしをのせ
「ハタハタ」の情報だけではなく、「ハタハタ」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

ハタハタと同じ魚・貝・海の生き物カテゴリの記事
ゼブラウツボ(日本大百科全書(ニッポニカ))
硬骨魚綱ウナギ目ウツボ科に属する海水魚。八丈島、屋久島(やくしま)、小笠原(おがさわら)諸島、南西諸島、台湾南部、南シナ海などインド洋・太平洋に広く分布する。体は細長く、側扁(そくへん)する。皮膚にはしわが多い。躯幹(くかん)部(胴部)は長く
チンアナゴ(日本大百科全書(ニッポニカ))
硬骨魚綱ウナギ目アナゴ科チンアナゴ亜科に属する海水魚。静岡県富戸(ふと)、高知県柏島(かしわじま)付近の太平洋沿岸、屋久島(やくしま)、南西諸島、小笠原(おがさわら)諸島、台湾南部、フィリピン、マダガスカルなどのインド洋・太平洋に広く分布する
ハモ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱ウナギ目ハモ科の魚類の総称、またはそのなかの1種。日本近海に分布するハモ科Muraenesocidaeは、ハモ属Muraenesoxの2種(ハモ、スズハモ)、ハシナガアナゴ属Oxycongerの1種(ハシナガアナゴ)、ワタクズハモ属Gavialicepsの1種(ワタクズハモ)の4種
ウナギ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱ウナギ目ウナギ科Anguillidaeの魚類の総称。ウナギ類は深海で産卵し、淡水域に入って成長する魚で、南北アメリカの西岸域、南アメリカ中・南部の大西洋域、アフリカ中・南部の大西洋域などを除く世界各地に分布する。分布の中心はセレベス海周辺などの東南アジアである
アワビ(日本大百科全書・世界大百科事典)
軟体動物門腹足綱ミミガイ科に属する巻き貝のうち、とくに食用に供されるような大形種の総称。[奥谷喬司]形態貝殻は螺旋が殻口へ向かって急に大きくなるため、通常の巻き貝とは著しく異なり耳形あるいは卵楕円形の浅い皿形をなす。螺塔は低く後方へ寄っている
魚・貝・海の生き物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「ハタハタ」は生き物に関連のある記事です。
その他の生き物に関連する記事
サバ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱スズキ目サバ科サバ亜科のうちサバ族に属する海水魚の総称。世界の熱帯から温帯域内の沿岸部に分布するが、とくに西太平洋からインド洋海域に多産し、この海域ではもっとも重要な漁獲物である。サバ族は2属6種で、サバ属3種とグルクマ属の3種が知られている
イワシ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱ニシン目に属する海水魚のうち、マイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシの総称、またはこれらの近縁種を含めたものの総称。ときにはマイワシだけをさすこともある。これらの魚種は、一般に漁獲量も多く、日本の水産上重要な種類であるばかりでなく、魚をはじめ
アナゴ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱ウナギ目アナゴ科Congridaeに属する海水魚の総称。日本近海では北海道以南の各地に産する。体はほぼ円柱状で、尾部は多少側扁(そくへん)する。目はよく発達し、ときには非常に大きい。鱗(うろこ)はないが、側線はある。腹びれはなく、胸びれを欠く
キュウリ(日本大百科全書・世界大百科事典)
ウリ科(APG分類:ウリ科)の一年生つる草。インドのヒマラヤ山麓(さんろく)原産で、インドでは3000年以前から栽培された。中国へは漢の時代に張騫(ちょうけん)(?―前114)によって西域(せいいき)から導入されたと伝えられ、このことから胡(こ)(西
タコ(日本大百科全書・世界大百科事典・新選漢和辞典)
軟体動物門頭足綱八腕形目に属する動物の総称。[奥谷喬司]▲形態この目Octopodaの仲間の体は柔らかく、一見頭のようにみえる丸い外套(がいとう)膜の袋は胴で、この中に心臓、肝臓、消化管、生殖巣などの内臓が収まっている。本来の頭部は目のあるところで、
生き物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る