ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. 植物
  8. >
  9. 草花木
  10. >
  11. 紅葉

ジャパンナレッジで閲覧できる『紅葉』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書(ニッポニカ)

日本大百科全書(ニッポニカ)
紅葉
こうよう

一般的には、植物の葉が秋に、落葉に先だって赤に変わることをいう。また、葉が黄色や黄褐色になることを黄葉(こうよう)というが、これらをあわせて「もみじ」という。この現象はかならずしも秋の落葉の時期にのみみられるものではなく、幼葉が一時的に赤色になり、葉の成長とともに消失する場合、葉の全成長期を通して赤色になる場合、秋の落葉直前にだけ紅色を呈する場合の3通りがある。いずれの場合も、葉の中にアントシアン色素が形成されることによっておこる現象で、色素の組成は単純で、植物の種類に関係なく大部分はシアニジンであり、しかもそのほとんどのものが3位にグルコースがついたクリサンテミンで、他のアントシアニンはごくまれにみいだされる程度である。早春に若葉が美しく紅葉する植物はイタドリ、ヤマザクラ、ナンテン、カナメモチなどであるが、葉の成長とともに紅色は消失する。これは、まだクロロフィルの生成が十分でない若葉の中で、茎から転流してきた糖からアントシアンがつくられるためで、伸び出してきたばかりの若葉を紫外線から保護する役割をしているといわれる。事実、アントシアンを含む組織は表皮に限られており、葉の成熟とともにアントシアンは分解消失して緑化してくる。

 葉の成長の全期間を通じて紅色を呈する植物は少なく、アカキャベツ、ベゴニア、アカジソなどがある。これらの植物は正常の緑色種からの変種が多く、赤色であるからといって光合成が行われないわけではなく、共存するクロロフィルによって正常の光合成を営んでいる。アカザやケイトウの葉の赤い色素はアントシアンではなく、ベタレイン色素によるものである。

 秋に紅葉する植物にはイロハモミジ、ハゼ、コマユミなどのムクロジ科(カエデ科)、ツツジ科、ウルシ科、ニシキギ科、バラ科、ブドウ科などに属する植物が多く、鮮やかな紅葉になる。とくに日本では気候や地形の関係から紅葉が美しい。紅葉が鮮やかに発現するには、温度、水分、光などの環境が密接に関係し、昼夜の寒暖の差が大きいこと、適度の湿度があること、紫外線が強いことなどが必要である。日本でも日光、奥入瀬(おいらせ)、箱根など山間部の渓流の近くで紅葉が美しいのは、そのためである。しかし、これらの条件のほかにも、葉柄の基部に離層が形成されて、転流が妨げられることやクロロフィルの分解速度、葉の中の糖含量などが影響するので、美しい紅葉になる条件は単純ではない。紅葉は、初めは葉の中肋(ちゅうろく)からもっとも離れた部分から始まり、やがて葉身全面に及ぶ。また、ニシキギやツリバナではアントシアンは表皮細胞にだけ形成されるが、このような例はまれで、多くの場合は葉肉組織だけに含まれることが多く、木本植物の60%以上が葉肉組織にみいだされ、草本植物では葉肉細胞と表皮細胞の両方に含まれることが多い。紅葉が枯死するときに褐色になるのは、混在する色素フロバフェンのためである。ヒノキやスギなどの裸子植物の紅葉の色素はカロチノイドで、ルテインやビオラキサンチンの黄色色素に加えて、桃紅色色素のロドキサンチンが新たにつくられてくるためである。

 秋の落葉前に黄葉する植物にはイチョウ、ハルニレ、ポプラ、シナノキ、スズカケノキなどがある。これはカロチノイドによる発色で、葉が老化して葉の中に含まれるクロロフィルが分解するにつれて、共存するカロチノイドの色が現れてくるためで、新しい色素の合成がおこるわけではない。黄葉に含まれるカロチノイドは、ルテインやビオラキサンチンなどのキサントフィル類が主体で、カロチン類はほとんど存在しない。常緑樹では春の終わりに新しい葉が出ると古い葉が黄葉して落葉することがみられるが、この場合も秋の黄葉と同じ過程をとるものと考えられる。秋に葉が褐色となる植物にケヤキ、クヌギ、ブナ、コナラ、クリなどがあるが、これは葉の中に含まれる無色のカテキン類が葉の老化に伴って酸化重合して褐色のフロバフェンに変わったためである。褐葉の初期には黄色のカロチノイドが共存しているために、変化に富んだ美しい色彩になる。

[吉田精一]2020年9月17日

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
紅葉の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 10585
検索コンテンツ
1. 紅葉
日本大百科全書
ベタレイン色素によるものである。 秋に紅葉する植物にはイロハカエデ、ハゼ、コマユミなどのカエデ科、ツツジ科、ウルシ科、ニシキギ科、バラ科、ブドウ科などに属する植 ...
2. 紅葉
世界大百科事典
る現象が,同じ葉で同時に進行して生じる紅葉もある。 紅葉は温帯で顕著に現れるもので,熱帯のように常緑樹を主とした地域にはみられない。落葉に先だつ秋の紅葉とは別に ...
3. こう‐よう【紅葉】
デジタル大辞泉
[名](スル)秋になって葉が紅色に変わること。また、その葉。葉緑素がなくなり、アントシアンなどの色素が蓄積して起こる。黄葉を含めていうこともある。もみじ。「全山 ...
4. こう‐よう[:エフ]【紅葉】
日本国語大辞典
離層の形成によって移動を妨げられ蓄積して起こると考えられる。紅葉と黄葉が同じ葉に生じることもあり、秋季以外にも色素が一時的に蓄積して紅葉することもある。紅葉化。 ...
5. こうよう【紅葉】
プログレッシブ和英
autumn [《米》 fall] colors ◇紅葉する turn red 全山燃えるような紅葉だThe whole mountainside is ab ...
6. こうよう【紅葉】
ポケプロ和独
Herbstfärbung 女性名詞  ...
7. こうよう【紅葉】
ポケプロ和仏
jaunissement des feuilles 男性名詞  ...
8. こうよう【紅葉】
ポケプロ和西
hojas [女性名詞複数形] coloradas  ...
9. こうよう【紅葉】
ポケプロ和伊
foglie d'autunno rosse [女性名詞][複数]紅葉するdiventare rosso ...
10. こうよう【紅葉】
ポケプロ日中
红叶 hóngyè.  ...
11. こうよう【紅葉】
ポケプロ日韓
단풍  ...
12. もみじ
日本大百科全書
『古今集』の秋下はほとんどが紅葉の歌で占められ、紅葉を染める露、紅葉を隠す霧、紅葉を散らす風などの天象が類型となる。散る紅葉を流す竜田川が代表的な地名(歌枕)と ...
13. もみじ【紅葉/黄葉】
デジタル大辞泉
[名](スル)《動詞「もみ(紅葉)ず」の連用形から。上代は「もみち」》 1 晩秋に草木の葉が赤や黄色に色づくこと。また、その葉。こうよう。「美しく―した山」《季 ...
14. もみじ[もみぢ]【紅葉・黄葉・〓
日本国語大辞典
っと気をあげ、時ならぬ紅葉(モミヂ)面にあらはし」(6)花札で一〇月を表わす札。紅葉に鹿の図柄の一〇点札、紅葉に短冊の五点札と、一点札二枚がある。(7)料理で、 ...
15. もみじ【紅葉】
国史大辞典
十月・十一月の候、晴の時の下襲に「青紅葉、黄紅葉、紅紅葉、櫨紅葉、蝦手紅葉」(『餝抄』上)が用いられてきた。その配色は、「紅葉 面赤色、裏濃赤色」、「黄紅葉 面 ...
16. 紅葉(もみじ)
古事類苑
植物部 洋巻 第1巻 9ページ ...
17. もみじ【紅葉】
プログレッシブ和英
〔かえで〕a maple (tree)2 〔紅葉〕autumnal tints; scarlet-tinged [red] leaves 【合成語】紅葉狩りma ...
18. モミジ【紅葉】
ポケプロ和独
Ahorn 男性名詞  ...
19. もみじ【紅葉】
ポケプロ和伊
acero [男性名詞] ...
20. もみじ【紅葉】
ポケプロ日中
红叶 hóngyè. ~狩り 观赏红叶 .  ...
21. もみじ【紅葉】
ポケプロ日韓
단풍,단풍나무 ~狩り 단풍 구경.  ...
22. 紅葉(もみじ)
デジタル大辞泉プラス
日本の唱歌の題名。作詞:高野辰之、作曲:岡野貞一。発表年は1911年。2007年、文化庁と日本PTA全国協議会により「日本の歌百選」に選定。 2011年07月 ...
23. もみじ‐ば【紅葉/黄葉】
デジタル大辞泉
《上代は「もみちば」》紅または黄に色づいた木の葉。もみじ。《季 秋》  ...
24. もみじ‐ば[もみぢ:]【紅葉・黄葉】
日本国語大辞典
【一】〔名〕(古くは「もみちば」)秋の末、紅、または黄色に色づいた草木の葉。特に、紅葉(こうよう)した楓(かえで)の葉。《季・秋》*万葉集〔8C後〕一五・三七〇 ...
25. こうよう【紅葉】[標準語索引]
日本方言大辞典
いろは の木こうよう:紅葉した葉の色合いとよみこうよう:紅葉するとよむ ...
26. もみじ【紅葉】[方言]
日本方言大辞典
(1)小麦の挽きかす。麩ふすま。 大阪※002男重宝記(艸田子三径)1693刊男重宝記(元禄六年)五・二「小むぎの引かすを、京にてはからこのかすといひ、大坂にて ...
27. maples 【楓・紅葉】
Encyclopedia of Japan
Acer spp. Deciduous trees of the genus Acer, family Aceraceae, include more than ...
28. 高倉天皇愛紅葉 (見出し語:紅葉)
古事類苑
人部 洋巻 第1巻 1160ページ ...
30. 紅葉賀(源氏物語)
日本古典文学全集
主人公・光源氏の恋と栄華と苦悩の生涯と、その一族たちのさまざまの人生を、70年余にわたって構成。王朝文化と宮廷貴族の内実を優美に描き尽くした、まさに文学史上の奇 ...
31. 紅葉忌
デジタル大辞泉プラス
作家、尾崎紅葉の忌日。10月30日。秋の季語。 2015年12月 ...
33. こうよう‐しょくぶつ[コウエフ:]【紅葉植物】
日本国語大辞典
〔名〕秋に、紅葉する植物の総称。カエデ、ニシキギ、ウルシなどの類。コーヨーショクブツ〓[ク] ...
34. コウヨウチョウ
日本大百科全書
鳥綱スズメ目ハタオリドリ科の鳥。同科コウヨウチョウ属3種中の1種。全長約12センチメートルの小さなハタオリドリ(機織鳥)で、繁殖期の雄は額、顔、のどが黒色。頭胸 ...
35. こうよう‐づた[コウエフ:]【紅葉蔦】
日本国語大辞典
〔名〕植物「つた(蔦)」の異名。コーヨーズタ〓[ヨ] ...
36. こうよう‐どうふ[コウエフ:]【紅葉豆腐】
日本国語大辞典
名物の豆腐。上にもみじの形をしるしたもの。のちに江戸でも売られた。*堺鑑〔1684〕下・紅葉豆腐「紅葉豆腐 何国にも豆腐は有共、別して当津のを勝たりと古人より云 ...
37. 紅葉のおこる仕組み[百科マルチメディア]
日本大百科全書
〓Shogakukan ...
38. こうよう‐ぼく[コウエフ:]【紅葉木】
日本国語大辞典
〔名〕植物「こくてんぎ」の異名。コーヨーボク〓[ヨ] ...
39. モミジアオイ
日本大百科全書
アオイ科ヒビスカス属の耐寒性多年草。コウショッキ(紅蜀葵)ともいう。高さ約2メートルに達する。葉は大形で、モミジ状の切れ込みがある。8~9月、径約20センチメー ...
40. もみじ‐あおい【紅葉葵】
デジタル大辞泉
アオイ科の多年草。高さ約2メートルになり、茎は木質化する。葉は深く手のひら状に裂けていて、カエデに似る。夏、赤い大きな5弁花を開き、1日でしぼむ。北アメリカの原 ...
41. もみじ‐あおい[もみぢあふひ]【紅葉葵】
日本国語大辞典
〔名〕アオイ科の多年草。北アメリカ原産で、観賞用に栽培される。高さ一〜二メートル。葉は掌状に深く三〜五裂、裂片は披針形で縁にまばらな鋸歯(きょし)がある。八月、 ...
42. もみじ‐あげ[もみぢ:]【紅葉上】
日本国語大辞典
〔名〕江戸時代、幕府・藩邸に仕える下婢の結った髪の名。*洒落本・部屋三味線〔1789〜1801頃〕「島田くづしのもみぢあげはいちをさげ」 ...
43. もみじ‐あげ[もみぢ:]【紅葉揚】
日本国語大辞典
〔名〕紅葉の色のように色付けた揚物。醤油(しょうゆ)で下味をつけた魚や肉の揚物など。モミジア〓 ...
44. 紅葉合(もみじあわせ)
古事類苑
遊戲部 洋巻 第1巻 286ページ ...
45. もみじ‐あわせ[もみぢあはせ]【紅葉合】
日本国語大辞典
〔名〕物合わせの一つ。紅葉の美しさを競ってするもの。*清正集〔10C中〕「うちのもみぢあはせ、九月ふたつあるとし」*元輔集〔990頃〕「むらかみの御ときに、もみ ...
46. もみじ‐いたや[もみぢ:]【紅葉板屋】
日本国語大辞典
〔名〕植物「いたやかえで(板屋楓)」の異名。〓[イ] ...
47. もみじ‐いちご【紅葉苺】
デジタル大辞泉
バラ科の落葉小低木。中部以北の山地に自生。枝にとげがあり、葉は卵形で手のひら状に切れ込みがある。4、5月ごろ、白い5弁花をつけ、実は黄色に熟し、味がよい。きいち ...
48. もみじ‐いちご[もみぢ:]【紅葉苺】
日本国語大辞典
〔名〕バラ科の落葉低木。近畿以北の本州に分布し、伐採地や植林の林縁などに生える。高さ一〜二メートル。枝にはとげが多い。葉は卵形でモミジの葉のようにおおむね掌状に ...
49. もみじ‐うちわ[もみぢうちは]【紅葉団扇】
日本国語大辞典
〔名〕紋所の名。楓(かえで)の葉を一枚、団扇のように図案化したもの。〓[チ] [ウ] ...
50. もみじ‐おろし【紅葉卸し】
デジタル大辞泉
大根に唐辛子を差し込んで一緒におろしたもの。また、大根おろしとにんじんおろしを合わせたもの。  ...
「紅葉」の情報だけではなく、「紅葉」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

紅葉と同じ草花木カテゴリの記事
白露(日本国語大辞典)
(草木においた露が白く光って見えるところから)露。白く見える露。《季・秋》*万葉集〔8C後〕二〇・四三一二「秋草におく之良都由(シラツユ)のあかずのみあひ見るものを月をし待たむ〈大伴家持〉」*古今和歌集〔905〜914〕春上・二七「浅緑いとよりかけて白露を珠にもぬける春の柳か〈遍昭〉」
サクラ(桜)(日本大百科全書(ニッポニカ))
バラ科の落葉高木または低木で、おもに北半球の温帯と暖帯に分布する。サクラ属のうち、スモモ、モモ、ウメ、ニワウメ、ウワミズザクラなどの亜属を除いたサクラ亜属のものを一般にサクラと称し、花の美しいものが多く、日本の花の代表として外国にも知られている
紅葉(日本大百科全書(ニッポニカ))
一般的には、植物の葉が秋に、落葉に先だって赤に変わることをいう。また、葉が黄色や黄褐色になることを黄葉(こうよう)というが、これらをあわせて「もみじ」という。この現象はかならずしも秋の落葉の時期にのみみられるものではなく、幼葉が一時的に赤色になり、葉の成長とともに消失する場合
シバザクラ(日本大百科全書(ニッポニカ))
ハナシノブ科の多年草。アメリカ東部原産で、英名はモス・フロックス。茎は低く5~10センチメートル、地面をはうようにして広がり、よく枝を密生し、初めは軟毛をつけるが基部は木質化する。葉は常緑で堅く、披針形または針状で長さ約1センチメートル。3~5月、葉腋または枝先に桃紅色で
くぬぎ 【櫟・橡・櫪・椚・椢】(日本国語大辞典)
ブナ科の落葉高木。本州、四国、九州の山野に生え植林もされる。幹は高さ一五メートル、径六〇センチメートルにもなる。樹皮は深く縦に裂け、若枝には褐色毛を密布する。葉は柄があり互生し長さ八〜一五センチメートルの長楕円形で、縁は芒(のぎ)状に鋭く切れ込む。


「紅葉」は紅葉に関連のある記事です。
その他の紅葉に関連する記事
紅葉(日本大百科全書(ニッポニカ))
一般的には、植物の葉が秋に、落葉に先だって赤に変わることをいう。また、葉が黄色や黄褐色になることを黄葉(こうよう)というが、これらをあわせて「もみじ」という。この現象はかならずしも秋の落葉の時期にのみみられるものではなく、幼葉が一時的に赤色になり、葉の成長とともに消失する場合
アントシアン(日本大百科全書・改訂新版世界大百科事典)
植物色素の一群で、赤、青、暗紫色などを呈する花や葉、果実などの色素のこと。ギリシア語のanthos(花)+cyanos(青い)の意味から命名され、花青素(かせいそ)ともよばれた。基本構造として2個のベンゼン環が3個の炭素で結ばれた炭素骨格をもち、フラボノイド色素群に含まれる。


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る