ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 前島密

ジャパンナレッジで閲覧できる『前島密』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典

日本大百科全書(ニッポニカ)

前島密
まえじまひそか
[1835―1919]

郵便制度の創始者。越後 (えちご)国(新潟県)出身。天保 (てんぽう)6年1月7日生まれ。本姓は上野 (うえの)、通称は来輔 (らいすけ)、号は鴻爪子 (こうそうし)。1847年(弘化4)江戸に出て医学を修め、また、蘭学 (らんがく)、英学を学ぶ。1865年(慶応1)薩摩 (さつま)藩に英学教師として招かれた。1866年江戸に帰り、幕臣前島家を嗣 (つ)ぐ。維新後いち早く東京遷都を明治政府に建議し、民部省、大蔵省に勤務。1870年(明治3)郵便制度調査のためイギリスに出張、翌1871年帰国後、駅逓頭 (えきていのかみ)に就任、東京―京都―大阪間に官営の郵便事業を開始した。ついで量目制による料金均一主義による制度を全国に実施。「郵便」「切手」などの名称も彼の考案である。のち駅逓総官に昇進、その間地租改正などにも尽力した。明治十四年の政変で大隈重信 (おおくましげのぶ)らとともに政府を去り、立憲改進党の結成に参加した。1877年東京専門学校(早稲田 (わせだ)大学の前身)校長に就任。晩年は実業界に活動し、1902年(明治35)男爵。また国語国字改良論を熱心に唱えた。大正8年4月27日死去。

[時野谷勝]



世界大百科事典

前島密
まえじまひそか
1835-1919(天保6-大正8)

日本の近代的郵便制度の創始者。幼名上野房五郎。越後高田藩士の家に生まれ,江戸に出て医学,英語,航海術などを学んだ。1866年(慶応2)幕臣前島家を継ぎ,69年(明治2)明治政府に出仕した。70年租税権正と駅逓権正を兼任し,郵便創業の建議を行った。この建議に基づいて郵便事業は彼がイギリス出張中の翌71年に創業された。帰国後,駅逓頭に就任し,郵便切手の発行,郵便ポストの設置,時間を設定した業務運行を実施したが,〈郵便〉という名称も前島の考案である。均一料金制の実施,郵便事業の独占,日米郵便交換条約の締結(以上1873),万国郵便連合への加入(1877),郵便貯金の創業(1875)も彼の指導による。81年に明治14年の政変で大隈重信らと下野したが,88年逓信次官に復帰し,91年電話事業を国営で創業した。東京専門学校(早稲田大学の前身)校長,関西鉄道社長にも就任した。国字改良論者としても知られ,早くも1866年に〈漢字御廃止之議〉を建議,1900年には国語調査委員長をつとめた。
[小林 正義]



国史大辞典

前島密
まえじまひそか
一八三五 - 一九一九
郵便事業の創始者。正しくは前嶋(まえしま)。天保六年(一八三五)正月七日、越後国頸城(くびき)郡下池部村(新潟県上越市)の豪農、上野家に生まれる。父は助右衛門、母はてい。江戸に遊学して、医学・蘭学から英学、さらに兵術・航海術など、諸般の学術を習得した。その間、北は箱館から西は長崎まで、全国を周遊し、慶応元年(一八六五)には薩摩藩に招かれて、英語を教授している。同二年、江戸に戻り、幕臣前島家を継いだ。以後は幕府に、維新後は静岡藩に仕えたが、明治三年(一八七〇)より新政府に出仕した。ここで近代郵便の制度を立案し、ついで英国に出張、四年八月に帰京するや、駅逓頭に任ぜられた。以来、機構改革に伴って駅逓局長、駅逓総官を歴任し、通信および運輸行政の中枢にすわって、事業の基礎を確立した。すなわち郵便を全国にひろげて、飛脚業者の信書運送を禁止し、米国と郵便条約を結んで、外国郵便を開き、ついで万国郵便連合に加入して、国際社会に進出した。明治八年には郵便為替および貯金を創業している。また海運の振興につとめ、三菱会社を助成して、外国航路を開設する道を開いた。マスコミの発展も、その念願とするところであり、明治五年には『郵便報知新聞』の創刊に尽力した。一方、国字の改良に意を用い、幕末には「漢字廃止」を建議しているが、明治六年、その主張に沿って『まいにちひらかなしんぶんし』を創刊した。明治十四年の政変に際して退官し、立憲改進党に加わったが、その学殖を買われて二十年には東京専門学校(早稲田大学の前身)の校長に就任、創立まもない同校の経営にあたった。同年、関西鉄道の社長となる。その間に内閣制度が発足して、逓信省が創設されているが、二十一年には逓信次官に任ぜられ、電話の開設など事業の発展に努力した。二十四年に退官、三十五年には男爵を授けられる。以後は貴族院議員をつとめたほか、鉄道・海運の事業につとめた。大正八年(一九一九)四月二十七日没。八十五歳。墓は神奈川県横須賀市芦名の浄楽寺にある。前島は「郵便の父」と呼ばれているが、その業績は海運・鉄道・教育など、きわめて多方面にわたっている。→郵便制度(ゆうびんせいど)
[参考文献]
前島密『行き路のしるし』、市島謙吉編『鴻爪痕』、『郵政百年史』、小田嶽夫『前島密』、山口修『前島密』(『人物叢書』一九九)
(山口 修)
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
前島密の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 95
検索コンテンツ
1. 前島密画像
日本大百科全書
郵便制度の創始者。越後えちご国(新潟県)出身。天保てんぽう6年1月7日生まれ。本姓は上野うえの、通称は来輔らいすけ、号は鴻爪子こうそうし。1847年(弘化4)江
2. 前島密
世界大百科事典
1835-1919(天保6-大正8) 日本の近代的郵便制度の創始者。幼名上野房五郎。越後高田藩士の家に生まれ,江戸に出て医学,英語,航海術などを学んだ。1866
3. まえじま‐ひそか【前島密】
日本国語大辞典
明治時代の政治家。越後国(新潟県)高田藩士上野助右衛門の二男。幕臣前島家の養子となる。維新後、明治政府の駅逓頭として近代郵便制度の創設に着手。郵便切手、全国均一
4. まえじまひそか【前島密】
国史大辞典
る。→郵便制度(ゆうびんせいど) [参考文献]前島密『行き路のしるし』、市島謙吉編『鴻爪痕』、『郵政百年史』、小田嶽夫『前島密』、山口修『前島密』(『人物叢書』
5. まえじま-ひそか【前島密】画像
日本人名大辞典
1835−1919 明治時代の官僚。天保(てんぽう)6年1月7日生まれ。慶応2年幕臣前島家の養子。明治4年イギリスから帰国し,駅逓頭(えきていのかみ)となり近代
6. 前島密[文献目録]
日本人物文献目録
前島弥『郵便創業珍談』前島密前島密遺稿集郵便創業談』逓信協会(編刊)『日本郵便の父前島密』荻原達『自叙伝』前島密前島密』小田嶽夫『郵便の父前島密』小田嶽夫『
7. 前島密[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©小学館ライブラリー
8. いせざきちよう【伊勢崎町】東京都:江東区/旧深川区地区地図
日本歴史地名大系
明治二年(一八六九)南本所石原代地町を合併、同五年旧久世家下屋敷など旧武家地を合併。同下屋敷は明治維新後前島密が所有、同一一年同地を含む一帯約三万坪を岩崎弥太郎
9. えきていしこう【駅逓志稿】
国史大辞典
明治十二年(一八七九)駅逓局長前島密が同局御用掛青江秀に命じて編纂させた日本の駅逓史。くわしくは『大日本帝国駅逓志稿』。覆刻本では『大日本交通史』という。同十
10. えきてい‐の‐かみ【駅逓頭】
日本国語大辞典
内務卿の保証を以て駅逓頭、之を掌り」*風俗画報‐二二八号〔1901〕三十間堀「初刊当時の駅逓頭前島密氏か各郵便局より輻輳する諸報告を一括して」
11. えきていりょう【駅逓寮】画像
国史大辞典
郵便貯金と改めた。→前島密(まえじまひそか),→郵便制度(ゆうびんせいど) [参考文献]駅逓局編『大日本帝国駅逓志稿』、太政官修史館編『明治史要』、逓信協会編『
12. えど・とうきよう【江戸・東京】東京都
日本歴史地名大系
契機に、新政府(討幕派)の指導のもとに実現した。すなわち討幕派の指導者大久保利通の大坂遷都論、前島密の江戸遷都論、京都・江戸の二京併置論などが次々に登場したが、
13. おおさかしんぽう【大阪新報】
国史大辞典
で、加藤は五代の意に反してその非を痛論した。結果として新報は再び斎藤景則の所有となり、福沢は前島密を総監督に、箕浦勝人を副え、編輯長に加藤政之助を留任させた。以
14. おおさかしんぽう【大阪新報】 : 大阪新報/(一)
国史大辞典
で、加藤は五代の意に反してその非を痛論した。結果として新報は再び斎藤景則の所有となり、福沢は前島密を総監督に、箕浦勝人を副え、編輯長に加藤政之助を留任させた。以
15. 加波山事件 民権派激挙の記録 32ページ
東洋文庫
もってすべし」と、自由民権論者への抑圧的言辞が付加されていた。 勅諭発布の翌日、大隈参議は、河野敏鎌・前島密・矢野文雄らとともに下野を余儀なくされた。いわゆる十
16. かわさきしょうぞう【川崎正蔵】
国史大辞典
藩の物産を輸送・販売した。明治六年(一八七三)大蔵省の命をうけ琉球の砂糖事情調査を行い、駅逓頭前島密に認められ、日本政府郵便蒸汽船会社の副頭取に就任、琉球との郵
17. 「漢字御廃止之儀」
日本史年表
1866年〈慶応2 丙寅〉 12・‐ 開成所翻訳方前島密、 「漢字御廃止之儀」 を徳川慶喜に建白。
18. きしだぎんこう【岸田吟香】
国史大辞典
開いて製造販売していたが、十年東日退社後はこれを主業とした。早くから盲人教育に関心を注ぎ、十三年一月前島密らと協力して訓盲院(のちの東京盲学校、現筑波大学附属盲
19. きしだ-ぎんこう【岸田吟香】画像
日本人名大辞典
草」を創刊。明治6年東京日日新聞にはいり,7年わが国初の従軍記者として台湾出兵を取材。13年前島密(ひそか)と訓盲院(現筑波大付属盲学校)を創設。目薬「精
20. きしゃ【汽車】画像
国史大辞典
安政元年(一八五四))、福沢諭吉『西洋事情』(慶応二年(一八六六))など)。汽車という用語は前島密「鉄道臆測」(明治三年(一八七〇))にも使われており、このころ
21. きっ‐て【切手】
日本国語大辞典
さらには現在の商品券や入場券にあたるものも指すようになった。(2)明治三年(一八七〇)、新式郵便の実施を前に、前島密(まえじまひそか)が、国家が料金を収納したこ
22. きよすみちよう【清住町】東京都:江東区/旧深川区地区地図
日本歴史地名大系
同五年霊雲院敷地、旧仙台藩蔵屋敷、旧筑前福岡藩松平(黒田)家下屋敷の一部などを合併。同七年当時前島密が居住(東京大小区分絵図)。
23. きんだい【近代】画像
国史大辞典
また翌十二年十月には万国電信条約に加盟し、国際通信に本格的に参加することになったのである。他方前島密らによって導入された郵便制度も、東京―大阪間の開業(明治四年
24. 言文一致
日本大百科全書
れまでの思考の変革を促す一種の精神革命として機能していった。 このことばの改良運動は、最初は前島密ひそかの「漢字御廃止之議」建白(1866)に始まる漢字廃止論や
25. 言文一致
世界大百科事典
がとくにはなはだしいものとなっていた。これを口談のがわへ一致させようという考えは,維新直前,前島密の《漢字御廃止之儀》の建白に始まり,西周(あまね),和田文その
26. げんぶん‐いっち【言文一致】
日本国語大辞典
そのようでなければならないとする考え方およびその運動。またその運動によって生み出された文体。その意図は、はじめ前島密によって提唱され、さまざまな経緯をへて、明治
27. げんぶんいっち【言文一致】
国史大辞典
文章論中の「平生説話ノ言語ヲ以テ文章ヲ作レバ即チ言文一致ナリ」が初出だが、言文一致の運動は、前島密が建白文「漢字御廃止之議」の中で言文一致を創唱した慶応二年(一
28. こうつうつうしん【交通・通信】 : 近代
国史大辞典
また翌十二年十月には万国電信条約に加盟し、国際通信に本格的に参加することになったのである。他方前島密らによって導入された郵便制度も、東京―大阪間の開業(明治四年
29. こく‐ご【国語】
日本国語大辞典
き〈略〉あなとは国語にて発語の音、かしことはおそるることなり」*漢字御廃止之儀〔1866〕〈前島密〉「今日本に来りて見るに句法語格の整然たる国語の有るにも之を措
30. こくごもんだい【国語問題】
国史大辞典
小学校第四学年で学習するよう定められている。次に、仮名採用論としては、明治初年は平仮名採用論の方が主であり、前島密や清水卯三郎らによって唱えられた。同十六年には
31. こにしぎけい【小西義敬】
国史大辞典
明治時代の新聞経営者。東京両国矢ノ倉の名主小西喜左衛門の息。明治三年(一八七〇)駅逓司雇。五年六月前島密の援助を受けて『郵便報知新聞』を創刊、のち社主。六年栗本
32. こにし-ぎけい【小西義敬】
日本人名大辞典
?−? 明治時代の新聞経営者。駅逓頭(えきていのかみ)前島密(ひそか)の意向をうけ,明治5年「郵便報知新聞」(のちの「報知新聞」)を創刊。のち同紙をはなれ,17
33. しよじゆつしらべしよあと【諸術調所跡】北海道:渡島支庁/函館市/旧函館区地区/函館/松蔭町
日本歴史地名大系
(舎屋は近代に入り、開拓使立函館中学校の校舎となる)。しかし、この間に明治日本の動脈を作った前島密(郵便制度創始者)、井上勝(鉄道制度創設者)などの門下生を輩出
34. じゅうよねんのせいへん【十四年の政変】 : 自由民権運動/(六)
国史大辞典
激怒した伊藤博文らは、明治十四年十月十二日に大隈を罷免するとともに、大隈派の矢野文雄・河野敏鎌(農商務卿)・前島密(駅逓総監)・島田三郎(文部省編輯局長)らを免
35. じゆうみんけんうんどう【自由民権運動】画像
国史大辞典
激怒した伊藤博文らは、明治十四年十月十二日に大隈を罷免するとともに、大隈派の矢野文雄・河野敏鎌(農商務卿)・前島密(駅逓総監)・島田三郎(文部省編輯局長)らを免
36. 上越(市)画像
日本大百科全書
日本スキー発祥地といわれる金谷山かなやさんスキー場も名高い。文化施設には、高田出身で「郵便の父」と称される前島密まえじまひそかの記念館(郵政資料館分館)、当地と
37. すぎうら-ゆずる【杉浦譲】
日本人名大辞典
水(かんすい)の子。幕臣。外国奉行支配組頭をへて,明治3年民部省にはいり,前島密(ひそか)の外遊中,その後任として郵便制度の確立につとめ,4年近代郵便事業を開始
38. 高田
世界大百科事典
旧市域北西部の春日山には上杉謙信の築いた春日山城跡(史)があり,山腹には謙信をまつる春日神社がある。郵便の父,前島密は当地の出身で,記念館がある。磯部 利貞 高
39. たけだなりあき【武田成章】
国史大辞典
三年箱館奉行支配諸術調所教授役となり、五稜郭・砲台・製鉄炉の建設、英・仏語や航海術など研究、洋学を山尾庸三・前島密・井上勝らに教授した。文久元年(一八六一)亀田
40. たけのうちさだもと【竹内貞基】
国史大辞典
文久二年(一八六二)家を兄晴海の子に譲る。資性剛直で権力に佞わず下の者に慈心深く、佐野常民・前島密・中村雄飛・野田耕平・小川羊松・杉山徳三郎・白木久風ら名門下生
41. つかはら-しゅうぞう【塚原周造】
日本人名大辞典
箕作(みつくり)塾,慶応義塾でまなぶ。明治5年大蔵省管船課にはいって海事行政を整備し,13年前島密(ひそか)らと日本海員掖済(えきさい)会を創立。19年逓信省管
42. 逓信総合博物館
世界大百科事典
としては最も歴史の古いものとして知られている。逓信博物館の分館として,郵便事業の功労者である前島密記念館(1937年開館)が新潟県上越市に,坂野鉄次郎記念館(1
43. 東京[都]画像
世界大百科事典
契機とする戊辰戦争の展開の過程で首都の決定をすすめた。討幕派の指導者大久保利通の大坂遷都論,前島密の江戸遷都論,ついで構想された京都・江戸の二京併置論などが提起
44. とうきょうガスがいしゃ【東京瓦斯会社】
国史大辞典
十八年八月、当時の瓦斯局長渋沢栄一は、藤本精一同局副長や、浅野総一郎・安田善次郎・大倉喜八郎・前島密らと結んで払下げを申請。同年十月一日東京瓦斯会社創立と同時に
45. 新潟(県)画像
日本大百科全書
動きも西の地に早かった。渋沢栄一しぶさわえいいちと上越市出身で日本の郵政事業の確立につくした前島密まえじまひそからが、私鉄「北越鉄道」を興し、上越市の春日新田か
46. 日本通運(株)(にっぽんつううん)
日本大百科全書
陸、海、空での総合運輸会社。1872年(明治5)前島密まえじまひそかの勧奨で定飛脚じょうびきゃく問屋らが創立した貨物陸運の統括会社、陸運元会社が前身。1875年
47. 日本事物誌 2 21ページ
東洋文庫
1262-5本名           1307までみ見合三浦珪御影堂帝(ヂ『ミカ1蜜柑陵r見知埋葬   1前島密勾玉蒔絵枕詞鮪魔性の動物増島六一郎松松前慶広松方
48. は‐がき【端書・羽書・葉書】
日本国語大辞典
(1)郵便制度創設の二年後、明治六年(一八七三)に誕生した。正式名称の「郵便葉書」は、郵便制度の創始者前島密の友人で大蔵省紙幣寮に勤務していた青江秀の発案といわ
49. はらりょうざぶろう【原亮三郎】
国史大辞典
羽島市)に生まれる。明治五年(一八七二)上京して藤川三渓の門に学ぶ。のち駅逓寮の雇員となり,前島密に認められて神奈川県吏生、ついで同県四小区戸長、一等学区取締と
50. ハンター(Hunter, Janet)
世界人名大辞典
ィールド大学を卒業[1971]後,オックスフォード大学大学院に進み,東京での在外研究を経て,前島密に関する研究により博士号を取得[76].シェフィールド大学で務
「前島密」の情報だけではなく、「前島密」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

前島密と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(国史大辞典・日本大百科全書・日本架空伝承人名事典)
一五六七 - 一六一五 安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。幼名御弁丸、のち源次郎。左衛門佐と称す。名は信繁。幸村の名で有名であるが、この称の確実な史料はない。高野山蟄居中に剃髪して好白と号した。永禄十年(一五六七)信濃国上田城主真田昌幸の次男
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一五五五 - 一六二三 安土桃山・江戸時代前期の大名。越後春日山城・会津若松城主、出羽国米沢藩主。幼名を卯松、喜平次と称し、はじめ顕景と名乗った。弘治元年(一五五五)十一月二十七日に生まれる。父は越後国魚沼郡上田荘坂戸(新潟県南魚沼郡六日町)
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「前島密」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
三島由紀夫(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
小説家。本名平岡公威(きみたけ)。父梓(あずさ)と母倭文重(しずえ)の長男として大正14年1月14日東京四谷(現新宿区)に生まれる。満年齢が昭和の年数と一致するという点にも時代との関係がみられる。1931年(昭和6)学習院初等科に入り、高等科まで学習
中浜万次郎(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一八二八-九八江戸時代後期の漂流民、幕臣、英学者。ジョン万次郎とも称す。文政十一年(一八二八、あるいは文政十年)土佐国幡多郡中ノ浜(高知県土佐清水市中浜)の漁師悦助の次男に生まれる。天保十二年(一八四一)正月五日西浜の伝蔵ら四人と近海の漁に出て暴風の
尾高惇忠(国史大辞典)
一八三〇-一九〇一明治時代前期の殖産興業推進者の一人。幼名新五郎、字は子行、藍香と号す。天保元年(一八三〇)七月二十七日、武蔵国榛沢郡手計村(埼玉県深谷市)の名主尾高保孝の子として生まれた。母は同郡血洗島村渋沢宗助の娘。農耕と藍玉商売のかたわら剣術と
アーネスト・サトウ(東洋文庫)
幕末・明治維新の激動期に,日本語を自在に駆使して活躍したイギリスの外交官アーネスト・サトウ。日本,シャム,清国,モロッコ各地でのエピソードを交えてその生涯を活写する。1999年02月刊【閲覧画面サンプル】【目次】表紙(扉)はじめに序章神秘な異国日本へ
幕末政治家(東洋文庫)
幕末の重要局面にあたった閣老,有司,諸侯たち。阿部正弘,堀田正睦,井伊直弼,久世広周,安藤信正,水野忠精,板倉勝静,徳川斉昭,松平慶永,島津斉彬をはじめ,著者が幕末の三傑と称える岩瀬忠震,水野忠徳,小栗忠順を論じる,『幕府衰亡論』(84)の姉妹編。
人物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る