ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 人物
  6. >
  7. 作家
  8. >
  9. 日本の小説家・作家
  10. >
  11. 川端康成

川端康成

ジャパンナレッジで閲覧できる『川端康成』の日本大百科全書・世界大百科事典のサンプルページ

日本大百科全書(ニッポニカ)

川端康成
かわばたやすなり
[1899―1972]

小説家。明治32年6月14日、大阪に生まれる。医師の父栄吉、母ゲンの長男。1901年(明治34)父、翌年母が亡くなり、大阪府三島郡豊川村大字宿久庄 (しゅくのしょう)(現茨木 (いばらき)市宿久庄)で祖父母に育てられた。小学校入学の年祖母、4年のとき姉、中学3年の5月に祖父が亡くなり、まったくの孤児になった。母の実家に引き取られ、親戚 (しんせき)の世話になりながら茨木中学を終え、旧制第一高等学校、東京帝国大学と進んだ。帝大1年の21年(大正10)石浜金作、鈴木彦次郎らと第六次『新思潮』を創刊。2号に載せた『招魂祭一景』によって菊池寛らに認められた。この年、16歳の少女伊藤初代と婚約し、1か月後彼女の心変わりで破約になるという事件があった。身辺の多くの死、孤児の体験、失恋の痛手などは川端文学の根本的性格を形づくるうえで作用した。24年、国文科を卒業。この年10月、横光利一、片岡鉄兵、中河与一、今東光らと『文芸時代』を創刊、斬新 (ざんしん)な文学の出現として世の注目を浴びた。評論家千葉亀雄がこの派を新感覚派とよび、それは、当時やはりはっきりした姿を現してきたプロレタリア文学とともに、昭和初期の二大文学潮流を形づくることになった。

 川端は『十六歳の日記』(中学時代の日記。1925発表)、『伊豆の踊子』(1926)など写実味の勝った作品も発表したが、それよりも、現実を主観のなかで組み立て直し新しく結晶させた詩的な作品を多く書いた。そういう作品を通して、ままならぬ現実に呻吟 (しんぎん)して動きのとれぬような前代の文学のあり方を振り払い、瞬間に命をかけて生き抜く、清新な生き方を提出しようとした。『白い花』(1923)、『二十年』(1925)、『叩 (たた)く子』(1928)などの掌 (たなごころ)の小説、モダニズムの作品『浅草紅団 (くれないだん)』(1929~1930)などがその例である。しかし新心理主義の小説『水晶幻想』(1931)のころから虚無的側面が目だつようになった。プロレタリア文学もモダニズム文学もともに圧殺され、国家主義的傾向が強くなる世の成り行きも関係している。虚無の傾向は『禽獣 (きんじゅう)』(1933)、『虹 (にじ)』(1934)のころにもっとも深く、そこには人間的生のむなしさが吐き出すように語られている。しかし『雪国』(1935~1947)あたりから、徒労なら徒労のままの人生を懸命に生き抜く命を、悲しみのうちに見守るような作風に移り、小康を得た。1937年(昭和12)の日中戦争以後、戦争を運命のようにみながら、しかし戦争によってもてあそばれる各国個々人の立場に思いをはせ、世界各民族が混血融合する平和な未来を願い祈る『高原』(1937~1939)のような作品も書いた。

 戦争末期には、まさに滅びようとする日本の古典に思いを寄せたが、敗戦直後、次々の友人・知己の死のなかで、「私はもう死んだ者として、あはれな日本の美しさのほかのことは、これから一行も書かうとは思はない」(1945「島木健作追悼」)と述べた。しかし、しだいに回復し、『千羽鶴 (せんばづる)』(1949~1951)、『山の音』(1949~1954)、『名人』(1951~1952)など戦後の名作が生まれる。それらは古典の伝統も生かしつつ、『千羽鶴』には老い近い川端の夢が、『名人』には覚悟が、『山の音』には両者の平衡に心を砕く現実人の姿が書かれている。しかし、『みづうみ』(1954)では美しい女の後をやみくもにつけずにはいられない魔性の男銀平を、『眠れる美女』(1960~1961)では老人の陰微な性を描き、晩年の川端の作品は一種狂気につき入ろうとしたところがある。魔界につき入る狂気と、そこをくぐり抜けて出る仏界と、両者の緊張関係の内に、川端の目ざすところはあったようである。

 1948年(昭和23)日本ペンクラブ第4代会長に就任。1957年に国際ペンクラブ東京大会を主催。1961年文化勲章受章、1968年ノーベル文学賞受賞。しかし昭和47年4月16日、自らの名声に反逆するような形でガス自殺を遂げた。川端はまた批評家としても優れ、その批評眼に認められて世に出た作家には、堀辰雄 (たつお)、北条民雄 (ほうじょうたみお)、岡本かの子、三島由紀夫などがいる。

[羽鳥徹哉]



世界大百科事典

川端康成
かわばたやすなり
1899-1972(明治32-昭和47)

小説家,評論家。大阪市生れ。一高をへて東大国文科卒。第6次《新思潮》に発表した《招魂祭一景》(1921)の新鮮な感覚を菊池寛らに認められて文壇に出た。横光利一らと新感覚派の機関誌《文芸時代》に拠り,新感覚派が昭和初期に腐食してしまったあとも新感覚派的手法を生かし続けた。《浅草紅団(くれないだん)》(1929-30),《禽獣》をへて到達した極点に《雪国》(1935-47)があり,近代抒情文学の代表作品となった。この《雪国》と戦後の《千羽鶴》および《古都》(1961-62)の評価により1968年に日本人最初のノーベル文学賞を与えられた。受賞記念講演《美しい日本の私--その序説》は日本美の精髄と西欧的ニヒリズムと違う虚無を説いた。72年4月に仕事部屋で自殺した。川端文学には自伝的・実録的な作品群と観念的虚構性の強い作品群とがある。前者には《南方の火》《十六歳の日記》,《伊豆の踊子》(1926)など一連の恋愛・失恋小説や《名人》がある。後者には《山の音》《みづうみ》(ともに1954),《眠れる美女》(1960-61),《片腕》《たんぽぽ》がある。《感情装飾》(1926)に収められたものをはじめとして〈掌(たなごころ)の小説〉と称される短編群は古今独歩のものである。孤児として育った境涯からくる哀愁と甘えと居直りが複雑に曲折し,連想の流れの手法を多用した。戦後は日本美の残映を荒廃した山河と人心にさぐり,世界文学として位置づけた功績が大きい。日本ペンクラブ会長をつとめ,57年日本で初めて国際ペン大会を開いた。
[長谷川 泉]

[索引語]
文芸時代 美しい日本の私--その序説 掌(たなごころ)の小説
上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


川端康成の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 2018
検索コンテンツ
1. 川端康成
日本大百科全書
小説家。明治32年6月14日、大阪に生まれる。医師の父栄吉、母ゲンの長男。1901年(明治34)父、翌年母が亡くなり、大阪府三島郡豊川村大字宿久庄しゅくのしょう
2. 川端康成
世界大百科事典
1899-1972(明治32-昭和47) 小説家,評論家。大阪市生れ。一高をへて東大国文科卒。第6次《新思潮》に発表した《招魂祭一景》(1921)の新鮮な感覚を
3. かわばた‐やすなり【川端康成】
日本国語大辞典
小説家。大阪出身。横光利一らと「文芸時代」を創刊し、新感覚派文学運動を推進。一方、日本の伝統美を虚無的抒情的筆致で描いた。昭和四三年(一九六八)ノーベル文学賞受
4. かわばたやすなり【川端康成】
国史大辞典
る。『川端康成全集』全三十五巻が刊行中。 [参考文献]川端文学研究会編『川端康成の人間と芸術』、長谷川泉編『川端康成作品研究』(『近代文学研究双書』)、日本文学
5. 川端康成
日本史年表
1968年〈昭和43 戊申〉 10・17 川端康成 、ノーベル文学賞の受賞決定。 1972年〈昭和47 壬子〉 4・16 没。
6. かわばた-やすなり【川端康成】画像
日本人名大辞典
1899−1972 大正-昭和時代の小説家。明治32年6月14日生まれ。大正13年横光利一らと「文芸時代」を創刊して新感覚派運動をおこす。15年「伊豆の踊子」を
7. 川端康成[文献目録]
日本人物文献目録
康高『川端康成 倒叙日本文学史』吉田精一『川端康成 人と作品』滝井孝作等『川端康成研究』天野みつ江『川端康成氏の近業』折口信夫『川端康成小論』宮沢俊義『川端康成
8. 川端康成(年譜)
日本大百科全書
1899(明治32)6月14日大阪市北区此花町で誕生1914(大正3)5月祖父三八郎死去、孤児となる。このころの日記が『十六歳の日記』として、1925年発表され
9. ばくげん【莫言】(Mò Yán)
世界人名大辞典
という形式の最初の短編小説《春夜雨霏霏》を発表.その後も軍人士気高揚の宣伝文学を書き続けた.川端康成の《雪国》を読み[84],特に「黒く逞しい秋田犬がそこの踏み
10. 【余華】(Yú Huá)
世界人名大辞典
, 1897》を読み漁る.高校卒業[77]後,衛生学校に1年通い歯医者となる[78-83].川端康成の中国語訳(81年刊)を読み感動し,創作活動を始め[83-]
11. ああ【嗚呼】
日本国語大辞典
「いっそしんでくれぬか、アア死にましょとひくにひかれぬ義理づめに」*雪国〔1935~47〕〈川端康成〉「『一人でよく眠れた?』『ああ』」(1)狂言では、普通、(
12. あい[あひ]【間・合】
日本国語大辞典
一ケ月に壱分二朱に付やす」(5)寒暑の間の移り変わりの時季。主として衣服についていう。*浅草日記〔1930〕〈川端康成〉「幅広のズボンの紺の服、同じ色の合(アヒ
13. あいがん‐けん[アイグヮン‥]【愛玩犬】
日本国語大辞典
〔名〕愛玩する目的で、おもに室内で飼われる小型犬。ちん(狆)、スピッツ、テリアなど。*愛犬エリ〔1932〕〈川端康成〉二「この犬はワイア・ヘエア・フォックス・テ
14. あい‐じゃく[‥ヂャク]【愛着・愛著】
日本国語大辞典
郎〉六「彼女自身はそんなものに今では大した愛着もないのであるから」*雪国〔1935~47〕〈川端康成〉「冬ごもりの月日の手仕事だから念を入れ、製品には愛着もこも
15. あいまい‐やど【曖昧宿】
日本国語大辞典
*異端者の悲しみ〔1917〕〈谷崎潤一郎〉五「三日にあげず蠣殻町の曖昧宿を訪れた」*温泉宿〔1929~30〕〈川端康成〉夏逝き・一「川上から曖昧宿の女が二人」
16. アイロン‐だい【─台】
日本国語大辞典
〔名〕衣類をその上に置いてアイロンをかけるための台。*山の音〔1949~54〕〈川端康成〉蚊の群・一「姿見のそばに大きいアイロン台がおいてあった」
17. あえぎ[あへぎ]【喘】
日本国語大辞典
*珊瑚集〔1913〕〈永井荷風訳〉暗黒「臨終の喘咽(アヘギ)聞ゆる」*十六歳の日記〔1925〕〈川端康成〉五月一五日「『ううん、ううん』と、返辞か喘ぎか分からな
18. 青木繁[文献目録]
日本人物文献目録
対談』麻生三郎等『近代画家群 7 青木繁』矢代幸雄『近代数奇伝 5』古谷綱正『月下の門 3』川端康成『故青木繁君』坂本繁治郎『父青木繁』福田蘭童『父の墓を掘る
19. あお‐じら・む[あを‥]【青白】
日本国語大辞典
〔自マ五(四)〕青白くなる。あおじろむ。*浅草紅団〔1929~30〕〈川端康成〉一三「紅丸の艫で、船頭の顔はひどく青白(アヲジラ)んでゐたのだ」
20. 青山光二[90歳で川端康成文学賞受賞]
情報・知識 imidas
アオヤマ・コウジ。作家。 4月17日、作家の青山光二が「吾妹子哀し(わぎもこかなし)」で川端康成文学賞を史上最高齢の90歳で受賞。 1913年、神戸市生まれ。
21. 青山光二[最高齢で川端賞を受賞した作家、死去]
情報・知識 imidas
2008年10月29日、認知症の妻との日々を描いた私小説的作品「吾妹子哀(わぎもこかな)し」で、90歳にして川端康成文学賞を受け、史上最高齢の受賞と話題を呼んだ
22. あおやま-こうじ【青山光二】
日本人名大辞典
はたし,中間小説などをかく。昭和55年「闘いの構図」で平林たい子文学賞。平成15年「吾妹子哀し」で川端康成文学賞。平成20年10月29日死去。95歳。兵庫県出身
23. 青山七恵[川端康成文学賞を最年少で受賞した作家]
情報・知識 imidas
アオヤマ・ナナエ。作家。 2009年4月9日、前年に発表された優れた短編小説に贈られる川端康成文学賞(第35回)に、青山七恵の「かけら」が選出。26歳での受賞
24. あおやま-ななえ【青山七恵】
日本人名大辞典
老女と暮らしながら,自分らしい生き方を模索する短編「ひとり日和」で芥川賞。21年「かけら」で川端康成文学賞。埼玉県出身。著作はほかに「やさしいため息」。
25. あか‐おび【赤帯】
日本国語大辞典
。*随筆・摂陽奇観〔1833〕四五「世上流行〈略〉少女の赤帯」*浅草紅団〔1929~30〕〈川端康成〉四一「赤帯(アカオビ)は天下の流行だった。これは娘達に恐る
26. あかさび‐いろ【赤錆色】
日本国語大辞典
〔名〕赤さびのような色。*雪国〔1935~47〕〈川端康成〉「国境の山々は赤錆色が深まって」*試みの岸〔1969~72〕〈小川国夫〉黒馬に新しい日を「灌木の向う
27. あか‐さ・びる【赤錆】
日本国語大辞典
〔自バ上一〕鉄などの金属の表面に、赤茶色のさびが生じる。*温泉宿〔1929~30〕〈川端康成〉秋深き・一「鉄瓶の手のやうな鐶がもう赤錆びてゐる」*暗夜行路〔19
28. あかし【明・灯・燈・証】
日本国語大辞典
〕〈芥川龍之介〉一四「予でない事だけは、しかとした証(アカシ)もある」*抒情歌〔1932〕〈川端康成〉「これも私達の愛のあかしの一つでありました」(3)(夜を明
29. あかし を 立(た)てる
日本国語大辞典
田万太郎〉「鈴むらさんと全く切れたといふ証拠(アカシ)を立てるために」*抒情歌〔1932〕〈川端康成〉「魂が不滅でありますことのあかしを立て」
30. あか‐じ・みる【垢染】
日本国語大辞典
)りのする綿の喰出(はみだ)した褞袍(どてら)に纏(くる)まって」*雪国〔1935~47〕〈川端康成〉「顔は小皺で垢じみてゐたが」
31. あか‐ずくめ[‥づくめ]【赤尽】
日本国語大辞典
赤色のものばかりであること。赤色のもので統一されていること。また、そのさま。*浅草紅団〔1929~30〕〈川端康成〉一六「濃い白粉に日本髪のかつら、赤(アカ)づ
32. 赤とんぼ
日本大百科全書
1946年(昭和21)4月創刊、1948年10月終刊。実業之日本社発行。赤とんぼ会=大仏おさらぎ次郎、川端康成やすなり、岸田国士くにお、豊島与志雄とよしまよしお
33. あか‐ひげ【赤髭】
日本国語大辞典
で居る里鳩、唐鳩、赤髭、青鷺などは、俊寛の近づくのを少しも恐れなかった」*禽獣〔1933〕〈川端康成〉「これまで手がけたことのない赤鬚(アカヒゲ)を、その空籠に
34. あかる・む【明】
日本国語大辞典
黒き木立の背ほのかに明(アカル)みたるは、月出でむとするなる可し」*雪国〔1935~47〕〈川端康成〉「紅葉は〈略〉玄関がぱっと明るむやうに色あざやかなくれなゐ
35. あき‐ぶか・い【秋深】
日本国語大辞典
あきぶか・し〔形ク〕秋がなかばを過ぎてたけなわである。*学校の花〔1933〕〈川端康成〉七「もう秋深い夕暮時の寂しさなのですが」
36. あき‐むし【秋虫】
日本国語大辞典
・秋「秋の野に玉と懸れる白露は鳴く秋虫(アキムシ)の涙なりけり」*温泉宿〔1929~30〕〈川端康成〉夏逝き・一「向う岸の杉林の秋虫の声」
37. あく【灰汁】
日本国語大辞典
もの」*松翁道話〔1814~46〕四・中「其灰汁で垢を洗ふのぢゃ」*雪国〔1935~47〕〈川端康成〉「布にしろ糸にしろ、夜通し灰汁(アク)に浸しておいたのを」
38. あ・げる【上・揚・挙】
日本国語大辞典
十年立つとまた其富が今の何十倍になるといふやうな統計を挙げて」*浅草紅団〔1929~30〕〈川端康成〉六「さうだ、もう一つ例をあげてみよう」(6)(効果、実績な
39. あさ・い【浅】
日本国語大辞典
雨〉一「出京後日数が浅(アサ)いので兎角(とかく)馴染がない」*白粉とガソリン〔1930〕〈川端康成〉四「ここの娘はレヴィウの踊子みたいに、かぐはしい花粉を降ら
40. 浅草
世界大百科事典
出す人々で,昭和前期の浅草は身動きもできない雑踏の中にあった。このころの歓楽の町浅草の様子は川端康成の《浅草紅団(くれないだん)》(1930)によく描かれている
41. あさくさくれないだん[あさくさくれなゐダン]【浅草紅団】
日本国語大辞典
長編小説。川端康成作。昭和四~五年(一九二九~三〇)発表、未完。東京浅草に住む非行少年少女を中心に関東大震災後の浅草風俗を描く。
42. あさ‐ゆき【朝雪】
日本国語大辞典
〔名〕朝の雪景色。*雪国〔1935~47〕〈川端康成〉「あの夕景色の鏡や朝雪の鏡が、人工のものとは信じられなかった。自然のものであった」
43. あし‐ゆび【足指】
日本国語大辞典
〔名〕足の指。*雪国〔1935~47〕〈川端康成〉「足指の裏の窪みまできれいであらうと思はれた」*普賢〔1936〕〈石川淳〉八「畳の縁(へり)に足趾(アシユビ)
44. アスファルト‐みち【─道】
日本国語大辞典
〔名〕アスファルトで舗装された道路。*浅草紅団〔1929~30〕〈川端康成〉一「上野の鶯谷から言問橋へアスファルト道(ミチ)を、浅草乗合自動車が通ってゐる」
45. あそび‐あいて[‥あひて]【遊相手】
日本国語大辞典
はなれず、遊相人(アソビアいテ)となりて、酒宴淫楽にのみあかしくらせば」*雪国〔1935~47〕〈川端康成〉「女はさいはひ素人だから、細君にもいい遊び相手になっ
46. あそび‐ごころ【遊心】
日本国語大辞典
あはれなる御けしきにおはします」(2)遊びたい気持。また、遊び半分の気持。*童謡〔1935〕〈川端康成〉「芸者達の裏表も分ってしまふと味気なくて遊び心も起らなか
47. あたま【頭・天窓】
日本国語大辞典
〉電影・七「牙雕(げぼり)の頭の着いた太い棕梠竹の杖(ステッキ)」*雪国〔1935~47〕〈川端康成〉「火事が人家にかくれて焔の頭しか見えないところへ」*鉛筆ぐ
48. あっけら‐かん
日本国語大辞典
い、恥じらいといった感情がなく、平然としているさまを表わす語。*浅草紅団〔1929~30〕〈川端康成〉四八「額に少し皺をよせるのだが、なんといふあっけらかんな顔
49. あつ‐がり【暑─】
日本国語大辞典
〔名〕普通の人以上に暑さを感じて苦にすること。また、その人。あつがりや。*童謡〔1935〕〈川端康成〉「冷性のくせに暑がりだと言ひながら」*夢の浮橋〔1970〕
50. あと‐より【後寄】
日本国語大辞典
〔名〕(1)後ろへさがること。後退。あともどり。*十六歳の日記〔1925〕〈川端康成〉五月八日「命さへあったら、ああ、一生に一ぺんでもあの老人(大隈)に会ひたい
「川端康成」の情報だけではなく、「川端康成」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

川端康成と同じ日本の小説家・作家カテゴリの記事
夏目漱石(日本大百科全書(ニッポニカ))
小説家。本名金之助。慶応3年1月5日(新暦2月9日)に江戸牛込馬場下横町(東京都新宿区牛込喜久井町)に生まれた。[三好行雄]生い立ち父は同町一帯を支配する名主小兵衛直克、母千枝との5男3女の末子であった。父母晩年の子として疎まれ、生後まもなく里子に出され
太宰治(日本大百科全書(ニッポニカ))
小説家。本名津島修治。明治42年6月19日、青森県北津軽郡金木村(現、五所川原市)に生まれる。津島家は新興地主で、貴族院多額納税議員の資格があった。青森中学、弘前高校を経て東京帝国大学仏文科中退。中学時代から同人雑誌を刊行。芥川龍之介の影響から出発したが
曲亭馬琴(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
江戸後期の小説家。姓は滝沢、名は興邦(おきくに)、のち解(とく)と改める。字(あざな)は子翼、瑣吉(さきち)。通称は清右衛門、笠翁(りつおう)、篁民(こうみん)。別号は大栄山人(だいえいさんじん)、著作堂(ちょさどう)主人、飯台陳人、乾坤(けんこん)
十返舎一九(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
江戸後期の洒落本(しゃれぼん)、黄表紙(きびょうし)、滑稽本(こっけいぼん)、合巻(ごうかん)作者。本名重田貞一(しげたさだかず)、通称与七。十返舎は香道の十返(とがえ)しにちなみ、一九は幼名市九による。酔斎、十偏舎、十偏斎などとも号す。前半生の伝記
三島由紀夫(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
小説家。本名平岡公威(きみたけ)。父梓(あずさ)と母倭文重(しずえ)の長男として大正14年1月14日東京四谷(現新宿区)に生まれる。満年齢が昭和の年数と一致するという点にも時代との関係がみられる。1931年(昭和6)学習院初等科に入り、高等科まで学習
日本の小説家・作家と同じカテゴリの記事をもっと見る


「川端康成」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
始皇帝(世界大百科事典・岩波 世界人名大辞典・日本大百科全書)
中国,秦31代の王(在位,前247-前222),中国最初の皇帝(在位,前222-前210)。姓は嬴(えい),名は政。荘襄王の子。一説では実父は陽翟の大賈である呂不韋とする。荘襄王が人質となって趙に寄寓していたおりに呂不韋は自分の姫妾を荘襄王に献上した
孔子(国史大辞典・岩波 世界人名大辞典・世界大百科事典)
前五五二-四七九中国、春秋時代の学者。儒教の祖。諱は丘、字は仲尼。魯の襄公二十一年(前五五二、または同二十二年ともいう)十月庚子(二十一日)、魯国昌平郷陬邑(すうゆう)に生まれた。父は孔(こつ)、字を叔梁といい、勇士として知られ、母は顔氏の女で徴在と
スターリン(日本大百科全書・世界大百科事典)
本名ジュガシビリДжугашвили/Dzhugashvili。ソ連の政治家。12月21日ジョージア(グルジア)のゴリという町の靴屋の子に生まれる。チフリス(現、ジョージア・トビリシ市)の神学校在学中にマルクス主義の洗礼を受け、職業革命家の道に入った
高浜虚子(日本大百科全書・世界大百科事典)
俳人、小説家。明治7年2月22日(臍(ほぞ)の緒書(おがき)では20日)松山市長町新丁(現湊(みなと)町4丁目)に生まれる。本名清。父池内庄四郎政忠(しょうしろうまさただ)(のちに信夫(のぶお))は藩の剣術監、母は柳(りゅう)。1882年(明治15)
川端康成(日本大百科全書・世界大百科事典)
小説家。明治32年6月14日、大阪に生まれる。医師の父栄吉、母ゲンの長男。1901年(明治34)父、翌年母が亡くなり、大阪府三島郡豊川村大字宿久庄(しゅくのしょう)(現茨木(いばらき)市宿久庄)で祖父母に育てられた。小学校入学の年祖母、4年のとき姉
人物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶