ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 遺跡
  8. >
  9. 日本の史跡・遺跡・遺物・史料
  10. >
  11. 長崎海軍伝習所の日々

長崎海軍伝習所の日々

ジャパンナレッジで閲覧できる『長崎海軍伝習所の日々』の東洋文庫のサンプルページ

東洋文庫
長崎海軍伝習所の日々 日本滞在記抄
ながさきかいぐんでんしゅうじょのひびにほんたいざいきしょう
東洋文庫26
カッテンディーケ 水田信利訳
日本海軍の黎明期を物語る史料。幕末の安政のころ,伝習所教官として来日したオランダ士官の目にうつる若き日の勝海舟,榎本武揚,開明の藩主島津斉彬,鍋島閑叟ら。生き生きと登場する幕末の群像。
1964年09月刊

【閲覧画面サンプル】
長崎海軍伝習所の日々 日本滞在記抄 全体

【上記の拡大画像】
長崎海軍伝習所の日々 日本滞在記抄 拡大

【目次】
表紙
(扉)
はしがき










十一
十二
十三
十四
十五
十六
十七
十八
十九
二十
二十一
二十二
二十三
幕府よりの褒状及び感謝状
解説
重要人物の略歴
裏表紙
上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


長崎海軍伝習所の日々の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 27
検索コンテンツ
1. 長崎海軍伝習所の日々 日本滞在記抄
東洋文庫
日本海軍の黎明期を物語る史料。幕末の安政のころ,伝習所教官として来日したオランダ士官の目にうつる若き日の勝海舟,榎本武揚,開明の藩主島津斉彬,鍋島閑叟ら。生き生
2. 長崎海軍伝習所の日々[文献解題]長崎県
日本歴史地名大系
R・H・V・カッテンディーケ著 解説 安政年間伝習所の教官として来日したオランダ海軍士官の記録。原題は日本滞在日記抄。 活字本 平凡社東洋文庫
3. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 285ページ
東洋文庫
このカッテンダイクは後年、日本滞在日記を公にした。水田信利氏による全訳が東洋文庫26の『長崎海軍伝習所の日々』である。これは「半生談」と同じ頃の伝習所の回想であ
4. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 287ページ
東洋文庫
感じたからであろうと誤解して、かなり不愉快の印象をえたといっている(『長崎海軍伝習所の日々』東洋文庫本、二〇ニベ!ジ)。 赤松は江戸に帰ると、父雄之進の死という
5. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 308ページ
東洋文庫
ぞれ収録。内容は歴史というよりも基本史料集で、 この「半生談」関係の史料もまとめられている。長崎海軍伝習所の日々 一冊 東洋文庫 昭和三九年九月刊 カッテンディ
6. アラビアン・ナイト 2 5ページ
東洋文庫
全二巻18大河内文書      さねとう・けいしゅう編    〈明治日中文化人の交遊〉26長崎海軍伝習所の日々  疋.可デ魯、秘    〈日本滞在記抄〉37金谷
7. いおうじまむら【伊王島村】長崎県:西彼杵郡/伊王島町
日本歴史地名大系
運び出して露天にさらしたままであり、また炭坑の一つはガスがひどくて廃坑となっていたという(長崎海軍伝習所の日々)。明治七年(一八七四)深堀村士族の峰真興が開坑し
8. いなさむら【稲佐村】長崎県:長崎市
日本歴史地名大系
とき稲佐にイギリスの営所が設けられ、歩兵の練兵場に用いられたという(カッテンディーケ「長崎海軍伝習所の日々」)。同六年稲佐郷の茂助が魯人士官から魯英辞書を一冊も
9. かいぐんでんしゅうしょあと【海軍伝習所跡】長崎県:長崎市/長崎町/外浦町
日本歴史地名大系
幕末外国関係文書など)、カッテンディーケは蒸気工場用地の選択をはじめ蒸気船による航海の様子などを「長崎海軍伝習所の日々」としてまとめた。伝習生の一人赤松則良によ
10. カッテンダイケ(Willem Johan Cornelis Kattendijke)
世界大百科事典
にも尽力した。《日本滞在日記抄》(《長崎海軍伝習所の日々》)がある。片桐 一男 Kattendijke,W.J.C. 日本滞在日記抄 長崎海軍伝習所の日々
11. カッテンダイケ【Willem Johan Cornelis,Ridder Huijssen van Kattendijke】
国史大辞典
Japan,in 1857,1858 en 1859:'sGravenhage,1860.(『長崎海軍伝習所の日々』(水田信利訳、『東洋文庫』二六))がある。→
12. カッテンダイケ
日本人名大辞典
研修の斡旋(あっせん)につとめた。1866年2月6日死去。50歳。カッテンディーケとも。著作に「長崎海軍伝習所の日々」。
13. カッテンデイク(カッテンディーケ)(Kattendijke, Willem Johan Cornelis, Ridder Huijssen van)
世界人名大辞典
周等を派遣し[62:文久2],また開陽丸を注文した際にも海相として斡旋した.〖主著〗 長崎海軍伝習所の日々:Uittreksel uit het dagboek
14. きたかばしまむら【北樺島村】長崎県:福江市
日本歴史地名大系
六〇)長崎の海軍伝習所の蒸気船が五島に航海、樺島西岸の湊に投錨した(カッテンディーケ「長崎海軍伝習所の日々」)。富江五島家八代盛明のときの富江領家数并人数書では
15. 義経記 1 5ページ
東洋文庫
リカ彦蔵自伝12  艸    全二巻18大河内文書    〈明治日中文化人の交遊〉26長崎海軍伝習所の日々  水    〈日本滞在記抄〉37金谷上人行状記   
16. 今昔物語集 2 本朝部 5ページ
東洋文庫
艸    全一一巻旭大河内文書      さねとう    〈明治日中文化人の交遊〉26長崎海軍伝習所の日々  水    〈日本滞在記抄〉37金谷上人行状記   
17. シーボルト先生 2 その生涯及び功業 5ページ
東洋文庫
艸    全二巻18大河内文書      さねとう・    〈明治日中文化人の交遊V26長崎海軍伝習所の日々  水    〈日本滞在記抄〉37金谷上人行状記  
18. 菅江真澄遊覧記 3 5ページ
東洋文庫
全二巻18大河内文書      さねとう・けいしゅう編訳    〈明治日中文化人の交遊〉26長崎海軍伝習所の日々  £.町デ魯、秤 講    〈日本滞在記抄〉3
19. 太平天国 1 李秀成の幕下にありて 5ページ
東洋文庫
 艸    全二巻佃大河内文書      さねとう    く明治日中文化人の交遊V26長崎海軍伝習所の日々  水    〈日本滞在記抄〉37金谷上人行状記   
20. たかしまたんこうあと【高島炭鉱跡】長崎県:西彼杵郡/高島町/高島
日本歴史地名大系
視察、石炭は良質ながら設備が不備で人力を無駄にしていることから改良の余地があるとしている(長崎海軍伝習所の日々)。慶応元年(一八六五)の安保積船仕切高覚帳(端島
21. 東方への私の旅 リフの山々から中国へ 5ページ
東洋文庫
艸    全二巻18大河内文書      さねとう     〈明治日中文化人の交遊〉26長崎海軍伝習所の日々  水     〈日本滞在記抄〉37金谷上人行状記 
22. 長崎海軍伝習所の日々 日本滞在記抄 0ページ
東洋文庫
東洋文庫26 平凡社 長崎海軍伝習所の日々 カッテンディーケ 水田信利訳
23. 長崎海軍伝習所の日々 日本滞在記抄 232ページ
東洋文庫
抱かずにはおれなかった。 ところが今回、岩生博士は自ら平凡社と交渉せられ、ここに表題を「長崎海軍伝習所の日々」と改めて江湖の清覧に供える機会を与えられたことは、
24. ながさきようてつしょあと【長崎鎔鉄所跡】長崎県:長崎市/飽ノ浦村
日本歴史地名大系
に臨む地であるとして選ばれた(H・O・ヴィッヘル「日本滞在回想録」、カッテンディーケ「長崎海軍伝習所の日々」)。派遣隊長カッテンディーケと機関部士官ハルデスら一
25. はこざきむら【箱崎村】福岡県:福岡市/東区
日本歴史地名大系
て福岡を訪問。箱崎の海浜での歩兵調練を見学した後、御茶屋で斉溥のもてなしを受けている(長崎海軍伝習所の日々)。慶応二年(一八六六)にはグラバーが招待され、斉溥は
26. ふちゅうみなと【府中湊】長崎県:下県郡/厳原町/府中城下
日本歴史地名大系
の海軍伝習所の蒸気船が五島を経て対馬に航海、府中の湊に投錨している(カッテンディーケ「長崎海軍伝習所の日々」)。石見浜田外ノ浦(現島根県浜田市)の清水屋の「諸国
27. ミリンダ王の問い 3 インドとギリシアの対決 5ページ
東洋文庫
全二巻18大河内文書      さねとう    〈明治日中文化人の交遊〉ルイス・フロイス26長崎海軍伝習所の日々    〈日本滞在記抄V37金谷上人行状記   
「長崎海軍伝習所の日々」の情報だけではなく、「長崎海軍伝習所の日々」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

長崎海軍伝習所の日々と同じ日本の史跡・遺跡・遺物・史料カテゴリの記事
大坂の陣(国史大辞典・世界大百科事典・日本国語大辞典)
関ヶ原の戦の戦勝により、政治の主導権を獲得し、かつ戦勝者として大名の支配を可能にした徳川氏にとっては、中央政権を樹立し、その支配権を正当化し確立することが今後の課題となった。そのため戦後一門・譜代大名の創出とその要衝配置、ならびに豊臣秀吉恩顧の大名をはじめとする外様大名
関ヶ原古戦場跡(日本歴史地名大系)
慶長五年(一六〇〇)九月一五日に行われた徳川家康の率いる東軍と石田三成の率いる西軍との合戦場跡。決戦は東西約四キロ、南北約二キロ、標高一三〇メートルの関ヶ原台地で展開され、この戦いに勝利したことで家康は事実上天下の支配者となり、慶長八年の征夷大将軍補任によって名目上からも全国統一の権威をもった
桶狭間古戦場伝説地(日本歴史地名大系)
[現]豊明市栄町 南舘名鉄本線中京競馬場前駅(名古屋市緑区)南方二〇〇メートルの、国道一号を横断した所にある。国指定史跡。この辺りは知多半島に続く丘陵地で谷間が多く、豊明市内には大狭間・小廻間の地名が多い。狭間(廻間)というのは「はさまった間」を意味するといわれ、国史跡指定地は谷あいにある。
小豆坂古戦場(日本歴史地名大系)
[現]岡崎市羽根町 小豆坂 羽根地籍東方の丘陵地。松の木立に覆われた起伏の多い一帯が今川義元と織田信秀の軍が激しく戦った小豆坂古戦場である。「信長記」などによると、天文一一年(一五四二)八月、今川義元は駿遠三の兵を率いて、当時織田信秀の支配下にあった安祥城(現安城市)を攻撃し
新沢権現堂古戦場(日本歴史地名大系)
[現]大内町新沢 新沢の八幡神社の背後に館跡があり、権現堂ノ館・荒沢之城・新沢館・小助川館などとよばれ、元亀―天正(一五七〇―九二)の頃に矢島大井氏の一族小助川治部少輔が居館を構えていたという(「小助川氏系図」由利郡中世史考)。館の広さは東西一〇〇間、南北三〇間であったが


「長崎海軍伝習所の日々」は幕末に関連のある記事です。
その他の幕末に関連する記事
長崎海軍伝習所の日々(東洋文庫)
日本海軍の黎明期を物語る史料。幕末の安政のころ,伝習所教官として来日したオランダ士官の目にうつる若き日の勝海舟,榎本武揚,開明の藩主島津斉彬,鍋島閑叟ら。生き生きと登場する幕末の群像。1964年09月刊
桂太郎(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一八四七-一九一三明治時代の軍人、政治家。弘化四年(一八四七)十一月二十八日、萩藩士馬廻役百二十五石の桂与一右衛門信繁と母喜代子の長男として、長州萩平安古(山口県萩市平安古町)に生まれる。はじめ寿熊と称し、のち太郎と改名。海城と号す。藤田与次右衛門
岩倉使節団(日本大百科全書・世界大百科事典)
1871年(明治4)11月から1873年9月にかけて、約1年10か月、米欧12か国を歴訪した、出発時46名よりなる使節団。特命全権大使は右大臣岩倉具視(いわくらともみ)で、副使は参議木戸孝允(きどたかよし)、大蔵卿(おおくらきょう)大久保利通


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶