ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 人物
  6. >
  7. 文化人
  8. >
  9. ジャーナリスト・写真家・画家・彫刻家・音楽家
  10. >
  11. ベートーベン

ベートーベン

ジャパンナレッジで閲覧できる『ベートーベン』の日本大百科全書・世界大百科事典のサンプルページ

日本大百科全書(ニッポニカ)

ベートーベン
べーとーべん
Ludwig van Beethoven
[1770―1827]

ドイツの作曲家。盛期古典派から初期ロマン派への転換期に56歳の生涯を送ったベートーベンは、古典派音楽様式を極点にまで高めるとともに、19世紀の音楽家たちにとっての偶像的な存在となり、後世に無限の広範な影響を与えた。

[中野博詞]

生涯

フランドルから移住したボンの宮廷楽長ルートウィヒを祖父に、ボンの宮廷歌手の父ヨハンと、母マリア・マグダレーナ(エーレンブライトシュタインの宮廷料理長の娘で、宮廷の召使いを勤める未亡人であったが、1767年ヨハンと結婚)との間に、ボンで誕生した(1770年12月17日洗礼)。フランドルの重厚な気質、ドイツの厳格な論理、ライン地方の喜怒哀楽の激しい感情、そして第二の故郷となるウィーンのたおやかな雰囲気が、ベートーベン音楽の背景となる。

 幼少のころから父親にピアノの手ほどきを受け、7歳にして演奏会でピアノ協奏曲を演奏し、豊かな才能を示す。ボンにおける少年時代のベートーベンは、父親をはじめ数人の音楽家から個人教授を受けるが、決定的な影響は、10歳のころから教えを受けたネーフェによって与えられる。第二のモーツァルトになるであろうと彼の才能を絶賛したネーフェは、J・S・バッハとC・P・E・バッハの作品を教え込む。11歳で最初の作品を出版したベートーベンは、オルガンとピアノの演奏家としても活躍し、13歳でボンの宮廷オルガン奏者助手となる。16歳のベートーベンは、モーツァルトにあこがれてウィーン留学を試みるが、母の危篤のためウィーン滞在は2週間で終わる。母の死は、飲酒癖が高じた父を廃人と化し、ベートーベンに一家の家計を担わせる結果となった。失意の彼を勇気づけたのはブロイニング家の温かい雰囲気であり、娘エレオノーレはベートーベンの初恋の人となる。彼の後援者となるワルトシュタイン伯爵も、1787年にボンに赴任し、物心ともにベートーベンを援助する。また、18歳のベートーベンがボン大学で進歩的な学識に接したことも、ボン時代の大きな収穫である。92年にボンを訪れたハイドンに作曲家としての才能を認められたベートーベンは、ハイドンの弟子となるべく、「ハイドンの手からモーツァルトの魂を」とのワルトシュタイン伯爵の惜別の辞を胸に、21歳でウィーンに赴く。

 1792年11月にウィーンに到着したベートーベンは、ハイドン、シェンク、アルブレヒツベルガーなどの下で、まず作曲技法を着実に学ぶと同時に、ピアノの名手として貴族たちの間でしだいに高い評判をかちえてゆく。そして、ウィーン生活の3年目の95年には、公開演奏会でピアノ奏者として自作のピアノ協奏曲第二番を弾いてデビュー、作曲家としては『ピアノ三重奏曲集』(作品1)を出版する。翌年にはボヘミアとドイツに演奏旅行するなど、演奏、作曲の両面で順調に成長し、1800年にはベートーベンのための彼自身の指揮による最初の演奏会をウィーンで開き、交響曲第一番を初演する。翌年にはジュリエッタ・グイチャルディと恋に落ち、ピアノ・ソナタ「月光」を彼女に捧 (ささ)げている。

 ベートーベンが難聴に気づいたのは27歳ごろだが、音楽家にとって致命的な耳の疾患はしだいに悪化し、1802年の秋には自殺をも決意する。その結果、書かれたのが2人の弟にあてた「ハイリゲンシュタットの遺書」であるが、これはむしろ、ベートーベンが危機を克服した証 (あかし)となっている。事実この遺書を契機に、傑作の森ともよばれる名作の数々を矢つぎばやに作曲しており、闇 (やみ)から光へ、という劇的な音楽の原理が確立される。交響曲第三番「英雄」、交響曲第五番「運命」、歌劇『フィデリオ』などにその典型がみられる。ベートーベンの作曲活動は順調であったが、08年にウェストファリア国王のカッセルの宮廷から楽長として招聘 (しょうへい)されると、その経済的な好条件のために、彼はカッセルに赴く決意を固める。しかし、彼の音楽を愛し、その才能を尊敬するルドルフ大公をはじめとするウィーンの3人の貴族は、年金を出し合って、ベートーベンを生涯オーストリアに定住させる結果となる。09年から12年に至る時期には、ピアノ協奏曲第五番「皇帝」、ピアノ三重奏曲「大公」、交響曲第七番と第八番など、多彩な作品が生み出される。

 2日間にわたってベートーベンが記した熱烈な恋文(「不滅の恋人への手紙」として有名)の相手であることが判明したアントニエ・ブレンターノ夫人との1812年の悲劇的な恋は、ベートーベンに決定的な打撃を与える。そのためか、翌13年から16年にかけて、ベートーベンの自主的な作曲活動は停滞するが、実現しなかったイギリス旅行のために作曲した『戦争交響曲』や歌劇『フィデリオ』の最終稿の上演がウィーンで大成功し、称賛に包まれる。15年の弟カールの死によって、甥 (おい)カールの後見人になったベートーベンは甥の教育を新たな生きがいとする。しかし、26年に甥が自殺未遂するように、ベートーベンの盲愛と甥の反抗は悲劇的結果になったにもかかわらず、甥を相続人に指定するなど、甥への愛を貫き通した。

 1818年から聴覚をほとんど失ったベートーベンは筆談に頼るようになるが、ピアノ・ソナタ「ハンマークラビア」を皮切りに、至高の世界ともよばれる後期の傑作群を創作してゆく。音楽的にも思想的にもベートーベンの総決算となった交響曲第九番「合唱つき」は、24年5月7日ウィーンのケルントナートール劇場において、80人を超えるオーケストラ、4人の独唱者、約100人の合唱によって初演された。ベートーベンは、指揮者の横に立って、各楽章の始まりのテンポを指示した。熱狂した聴衆はアンコールを繰り返し、五度目には警察官によって制止された、と伝えられる。

 1826年12月以来、肝硬変のために手術を繰り返したが、27年3月23日には死期を悟って遺書をしたため、「友らよ、御喝采 (ごかっさい)のほどを、喜劇は終わりぬ」と語った。3月26日、激しい雷雨のなか、ベートーベンは56歳の波瀾 (はらん)に満ちた生涯を閉じる。29日の埋葬式には約2万人が集まり、巨匠を悼むにふさわしい荘厳な葬儀が繰り広げられた、と伝えられる。

[中野博詞]

音楽

ベートーベンの作品は、その様式変遷に従って、一般に次の四つの時代に分けられる。ベートーベン自身が作品番号を付すウィーン時代の様式変遷は、九曲の交響曲、32曲のピアノ・ソナタ、16曲の弦楽四重奏曲にもっとも明白に跡づけられる。また、交響曲では奇数番号と偶数番号の作品が性格をまったく異にするように、ドイツ的な音楽とオーストリア的音楽が混在しているのも、ベートーベン音楽の特質である。なお、WoO番号は、キンスキーとハルムが1955年に『ベートーベン作品目録』を編纂 (へんさん)した際に、ベートーベン自身の作品番号をもたない曲に付した番号である。

[中野博詞]

ボン時代(1782~92)

ボンで接し学んださまざまな様式を色濃く反映した学習時代。クラビアのための三つの選帝侯ソナタ(WoO47、1783)は、C・P・E・バッハとマンハイム楽派の影響とともに、ベートーベンの独自性をも明示する。モーツァルトへの賛美は、三つのクラビア四重奏曲(WoO36、1785)にみられる。

[中野博詞]

ウィーン初期(1793~1802)

個人教授による対位法の学習に始まるこの時期は、古典派器楽様式を習得、発展、さらに実験することによって、ベートーベン独自の様式がしだいに鮮明になってくる時代である。『ピアノ三重奏曲集』(作品1、1794~95)と『ピアノ・ソナタ集』(作品2、1793~95)において、四楽章構成、ソナタ形式の拡大、スケルツォの使用など、ベートーベンの新機軸がすでに打ち出され、『弦楽四重奏曲集』(作品18、1798~1800)では対位法的手法が積極的に導入されている。一方、『ピアノ・ソナタ集』(作品27、1800~01)は『幻想曲風ソナタ』と題され、新たなソナタ様式が試みられている。そのほか交響曲第一番と第二番、ピアノ・ソナタ「悲愴 (ひそう)」、ピアノ協奏曲第一番と第二番がこの時期に属する。

[中野博詞]

ウィーン中期(1803~12)

ハイリゲンシュタットの遺書を契機に、ベートーベンが築き上げたきわめて論理的な形式のうちに、感情の流れを劇的に展開する新たな様式によって、傑作がめじろ押しとなる。交響曲第三番「英雄」から第六番「田園」に至る四曲の交響曲。『コリオラン序曲』、ピアノ協奏曲第四番、バイオリン協奏曲、『ラズモフスキー弦楽四重奏曲集』、バイオリン・ソナタ「クロイツェル」、ピアノ・ソナタ「ワルトシュタイン」、同「熱情」、歌劇『フィデリオ』などが1808年までに誕生する。09年ごろ以降、構築的な主題の展開を中心とした様式から、ピアノ三重奏曲「大公」(作品97、1810~11)にみられるような、旋律的な主題による叙情的な様式に変化してゆく。一方、交響曲第七番(作品92、1811~12)と第八番(作品93、1812)では、リズムが重要な役割を演じる。

[中野博詞]

ウィーン後期(1813~26)

作曲の停滞期となる1813年から16年の時期は、歌曲集『はるかな恋人に』(作品98、1815~16)をはじめ、器楽作品においてもロマン派的色彩を強めるが、17年に着手するピアノ・ソナタ「ハンマークラビア」(作品106、1818完成)を出発点として、ふたたび巨大な形式に立ち返り、至高の世界ともよぶべき後期様式の高みに登り詰めてゆく。後期様式の際だった特色は、フーガに代表される対位法的書法ならびに変奏技法の重視であり、密度の高い凝縮された手法によって、時代を超越した多彩な響きの世界が創造されてゆく。声楽と器楽が一体化された『荘厳ミサ曲』と交響曲第九番、ピアノ・ソナタ(作品106、109、110、111)の四曲と『ディアベリ変奏曲』、弦楽四重奏曲(作品127、130、131、132、135)の五曲と大フーガは、バロック時代から盛期古典派に至る音楽を、ベートーベンが総決算した作品群として、ひときわ注目されなければならない。

[中野博詞]



世界大百科事典

ベートーベン
Ludwig van Beethoven
1770-1827

ドイツの作曲家。ハイドン,モーツァルトと並びウィーン古典派三巨匠と呼ばれるベートーベンは,先人二人の完成させた古典派様式を至上の高みにまで洗練させ,独自の様式を築き上げ,晩年には来たるべきロマン派時代の萌芽を思わせる作風まで示している。

生涯と作品

1770年12月16日(洗礼日17日)にケルン選帝侯居城の町ボンに生まれる。同名の祖父ルートウィヒも父親ヨハンも選帝侯宮廷楽士を務め,祖父は楽長にまでなった人であった。ベートーベンは祖父,父と続いた宮廷楽士の地位を継ぐべく早くから音楽教育を受けた。父やその同僚から手ほどきされた少年ベートーベンは7歳を少し過ぎた頃には初めて公開演奏会に出演するほどの早熟ぶりをみせている。1781年からは宮廷オルガニストのC.G.ネーフェに師事してJ.S.バッハやC.P.E.バッハらの厳格な音楽様式を学んでいる。83年には初めてのピアノ・ソナタ《三つの選帝侯ソナタ》WoO47を出版するなど創作面での才能も示し始めている。92年11月にウィーンに移るまでボンの宮廷楽団でビオラ奏者を務めながら音楽家としての基礎知識を身につけた。モーツァルトが他界してちょうど1年後のウィーンに住むようになったベートーベンは高度な作曲技法を学ぶべくJ.ハイドン,J.シェンク,J.アルブレヒツベルガーらのもとで修業を重ねた。しかし,ウィーンでのベートーベンはまずピアニストとして名声を確立していくのである。そうした彼にとって早急に必要な作品は自作のピアノ曲であった。《ピアノ・ソナタ》作品2の3曲(1793-95),《ピアノ三重奏曲》作品1の3曲(1793-95),そして2曲の《ピアノ協奏曲》作品19(1795)と作品15(1795。1800改訂)等がウィーン初期,つまり作曲修業時代に早くも成立している。

 ここでこれら諸作品の被献呈者をみることも彼の人間像を考えるうえでむだではなかろう。少なくともそこには彼の細心の神経と処世術,さらには厳しい批判精神と革命的精神をかいまみることができよう。例えば,ウィーンでの最初の偉大な師であるハイドンに献呈しているのは栄誉ある番号の作品1ではなく作品2であった。作品2の3曲セットのソナタはいずれも伝統的な3楽章制には従わず,交響曲のような4楽章制をとっており,しかも第3楽章は伝統的なメヌエットではなくスケルツォへと性格を一新させている。長い間,実用的舞曲あるいは娯楽的音楽として用いられていたメヌエットは,ベートーベンの意図する芸術作品には,あまりにも内容が軽すぎたのである。これは作曲家としての強い自己主張であり,師ハイドンへの挑戦と批判と考えることもできよう。ベートーベンが自由な創作活動を送ることのできた陰には音楽を愛する多くの有力貴族の保護があった。故郷ボンを離れる際に〈……たゆまぬ努力をもってハイドンの手からモーツァルトの精神を受け取り給え〉と記念帳に記したワルトシュタイン伯爵らの紹介もあってベートーベンはウィーンの社交界に難なく参会できた。ウィーンでの最初の住居はリヒノウスキー侯の持家であった。社交界における最も人気あるピアニストになっていく彼のパトロン(愛護者)たる貴族のうちロプコウィツ侯やキンスキー侯は名門ワルトシュタイン伯の縁故者でもあった。さらにハイドンやモーツァルトとの関係でも知られるファン・スウィーテン男爵らとの親交が貴族社会の中にベートーベンの不動の地位を築き,交友の輪も拡大させていった。社交界は彼に演奏家としての活躍の場を提供するだけでなく,子弟の家庭音楽教師としての仕事,さらには作品の購入者を得るという意味で非常にたいせつな場であった。師ハイドンにではなく,リヒノウスキー侯に作品1を献呈している理由もこの辺にあったと考えて誤りではなかろう。

 作曲家としては伝統的なスタイルによる多くの試みののち《第1交響曲》作品21(1800)を公開演奏するという大事業を果たすのである(1800年4月2日)。交響曲は作曲家の真価を世に問う最も重要な曲種であり,多くの作曲家が流行のスタイルを踏襲して無難な初作を発表するのが普通であった。しかし,ベートーベンはピアノ・ソナタがそうであったように,ここでも革新的な試みを行っている。このハ長調交響曲は下属調(ヘ長調)の属七和音から開始されるのである。一見不安定に思える響きにより始まるアダージョの導入部は,12小節ののちに現れる主調ハ長調のアレグロ主部をいっそう力強い確固としたものにさせる効果を発揮している。アダージョ導入部は第1楽章だけでなく終楽章にも設けられている。また第3楽章メヌエットは内容的には完全にスケルツォへと変質しているのである。一般に《第1交響曲》《第2交響曲》作品36(1802)はハイドンやモーツァルトの影響下にあるという評価が強調されがちであるが,これら2作品にも,のちの独創的才能の芽生えをみることができる。交響曲史上前人未到の大形式を打ち立て,独創性を十分に発揮するのは確かに《第3番・英雄交響曲(エロイカ)》作品55(1804)からであるが,すでにこの時点で作品番号をもつ全32曲のピアノ・ソナタのうち22曲まで作曲しており,ソナタ(様式)における種々の革新が多くの傑作(《悲愴ソナタ》作品13,1798,幻想曲風ソナタ《月光》作品27の2,1801,《田園ソナタ》作品28,1801,《テンペスト》作品31の2,1803,《ワルトシュタイン》作品53,1804)で実を結んでいたのである。

 そうした経験をオーケストラ作品に生かし始めたのが《英雄交響曲》なのである。この作品あたりから音楽内容は18世紀的気軽さや明快さ,娯楽性から完全に脱却して人間の倫理性や道徳性といった荘重さや情緒の深さが追求されるようになっている。ソナタ形式の展開部が提示部の長さを上回る規模になるのも《英雄交響曲》からであるし,楽器編成上でもホルンを3管に増強したり,チェロとコントラバス声部を独立・分離させるという改革も行ったのである。彼の追求する音楽が必然的に要求する編成の拡大は《第5番・運命》作品67(1808)に至って前例のないトロンボーン3管の導入をみることになる。この曲ではさらにピッコロやコントラ・ファゴットも使用され始めるのであるが,こうした彼の交響曲における編成上の最大の革新が晩年の《第九交響曲・合唱付》作品125であることはよく知られたことである。

 ベートーベンを語るうえで避けて通れないことに耳疾がある。難聴の兆候は早くも1798年ころから現れていた。音楽家にとって致命的ともいえる耳の病いがしだいに悪化していき,一時は自殺さえ考え,いわゆる2通の〈ハイリゲンシュタットの遺書〉(1802年10月6日,10日付)を書き残すまで追い込まれている。結果的にこの遺書内容は危機克服の証言として現在では解釈されているが,この機を境に彼の不屈の精神による運命への決然たる挑戦が始まっているのである。その結果が《英雄交響曲》であり,《ワルトシュタイン・ソナタ》であり,《熱情ソナタ(アパッショナータ)》作品57(1805)などである。

 19世紀初頭のウィーンはフランス軍の侵攻に再三脅かされるようになり(1805年11月15日ベルベデーレ宮をナポレオンが占領),音楽界の大きな支持層であった貴族階級の人々の疎開や没落が目だつようになっていた。ベートーベン唯一のオペラ《フィデリオ》作品72第1稿(1805)初演(1805年11月20日)の失敗もその時期が有力貴族不在のフランス軍占領下という最悪条件にあったことも考慮しなければならないだろう。しかし,不安定な社会情勢下にあっても1806-08年は〈傑作の森〉と呼ばれる創作の絶頂期にあたり,《交響曲第4番》作品60(1806),《第5番・運命》,《第6番・パストラーレ》(《田園交響曲》)作品68(1808),《ピアノ協奏曲第4番》作品58(1806),《バイオリン協奏曲》作品61(1806),《コリオラン序曲》作品62(1807)などの大管弦楽曲が次々に生み出されている。

 1809年に《ピアノ協奏曲第5番・皇帝(エンペラー)》作品73を作曲して後期様式時代に入っていく。この年にはフランス軍が再度ウィーンを包囲し,最大のパトロンであったルドルフ大公が疎開していき,ピアノのための《告別ソナタ》作品81a(1810)が作曲されることになる。また,大公のためには翌1811年に《ピアノ三重奏曲》作品97(《大公トリオ》)を作曲し,このジャンルにおける古今の作品中の最高傑作を大公に献呈している。これら2曲はこの時期のカンタービレ(歌うような)様式を代表する作品でもあり,主題の抒情的な美しさも大きな特徴となっている。1812年までに《第7交響曲》作品92(1813年初頭),《第8交響曲》作品93(1812)を完成させ,残された15年間の晩年における大管弦楽曲は《ミサ・ソレムニス(荘厳ミサ曲)》作品123(1823)と《第9交響曲》作品125(1824)の2曲を残すだけであった。内省的な深みを増した孤高の晩年様式の中心は室内楽曲とピアノ作品へと移っていく。

 2曲の交響曲を完成させた1812年は有名な〈不滅の愛人への手紙〉が書かれた年でもある。生涯を独身で貫いた彼は1805年ころからのヨゼフィーネ・ダイム伯夫人,09年ころのテレーゼ・マルファッティとの恋愛に失敗し,12年に最後の〈不滅の愛人〉(M. ソロモンのアントーニエ・ブレンターノであるという説が有力)との恋愛にも失敗してしまうのである。なお,この手紙が書かれた避暑地テープリッツで文豪ゲーテと数度にわたって会見していることも彼の生きた時代を考えるうえで見のがすことのできない出会いであろう。重なる失意と衰えいく健康により1813年から16年の間に創作上の停滞がみられる。この間には弟カールの死(1815)やこれに伴う甥カールの後見問題,長年にわたる最良の音楽仲間であったシュパンツィヒ弦楽四重奏団のラズモフスキー家の経済的困窮による解散(1816年2月),ロプコウィツ侯の死(1816年12月)等々の生活環境の大きな変化と雑事による多忙さにも悩まされている。難聴も極度に進行し,原始的なメガホン式補聴器を使用する日常になっていき,18年ころからは筆談帳を用いねばならないほどになっていった。いつ頃から完全に耳が聴こえなくなったか明らかではないが,24年5月7日の《第9交響曲》初演時のエピソードによれば,曲が終わったときの聴衆の歓声と大喝采の拍手にさえ気がつかなかったという。

 1817年にスランプを抜け出した彼は変ロ長調の《ピアノ・ソナタ(ハンマークラビーア)》作品106(1818)で孤高期のスタイルを打ち立てていく。20-22年の間に最後の三大ピアノ・ソナタ(作品109,110,111)を,23年には《ディアベリ変奏曲》作品120をも完成させピアノ音楽の金字塔を築き上げている。《ミサ・ソレムニス》と《第9交響曲》で大きな成功を収めたのち,残された3年間(1824-26)に最後の弦楽四重奏曲5曲(作品127,130,131,132,135)を作曲し,この分野における音楽史上の最高傑作群を残したのである。4ヵ月に及ぶ病臥のすえ,27年3月26日に肝硬変により56年3ヵ月の生涯を閉じている。

自律した音楽家

ベートーベンを音楽史のなかで正しく把握するには18世紀後半から19世紀前半に至るほぼ1世紀間の文化史・社会史的理解が手助けとなろう。こうした手続きは必ずしもすべての音楽家研究に必要不可欠というわけではない。ハイドン,モーツァルトの場合ならば,その評伝と作品を研究することである程度十分な姿を描くことができる。確かに彼ら2人がかかわっていたフリーメーソンのことを知れば,ある特定の作品解釈にとっては有効かもしれない。しかし,当時のヨーロッパ世界を大きく揺り動かしていた社会思想や思潮,社会運動と結びつけてハイドンやモーツァルトを語ることはさして重要とは思われない。彼らがフランス革命精神に心を大きく動かされたとは思われないし,18世紀後半の有名なドイツの文学運動シュトゥルム・ウント・ドラングの思潮から大きな影響を受けたとも思われない。近年の研究ではハイドンやモーツァルトのある時期の作品様式をこの思潮と結びつけて解釈する説も紹介されているが,彼らの場合はあくまでも創作行為の結果として現れる作品特性においての影響であり,思想や思潮が人間ハイドン,人間モーツァルトの心を揺り動かしたわけではない。彼らのもっぱらの関心事はよい作品を書くことであり,それらが王侯貴族に喜びをもって受け入れられることであった。したがって,彼らの作品は多くの場合に注文によってか,あるいは特定の機会のために書かれている。少なくともハイドンはその生涯の大半をエステルハージ家の楽長として仕えていたのである。

 ベートーベンは初期作品においてこそ,この二人の先人を範として出発したかにみえるが,その時代を生きる人間としての,また音楽家としての意識は彼らとまったく異にしていた。自由・平等・博愛というフランス革命の精神とともにベートーベンの心を強くとらえていたのは,ゲーテやシラーが引き継いでいたシュトゥルム・ウント・ドラング思潮であった。自然な人間性の要求と,因襲との闘争,言い換えれば,新しい生命に対する内的欲求とすでに規範化していた理想や制度に対立する精神であった。この時代は王侯貴族の没落と市民革命の時代ということになろうが,ベートーベンをハイドンやモーツァルトから著しく区別しているのも,彼がこの時代の新しい市民としての性格をもっていた点にある。

 ルドルフ大公をはじめとする多くの貴族をパトロンにもっていたベートーベンではあるが,そこにはもはや人間関係における従属的意味はまったく存在していなかった。彼の意識のなかにある経済的生活基盤はあくまでも自作品出版による収益であった。音楽史上で最初に〈自律した音楽家〉といわれる理由もそこにある。したがって,彼が注文によって作品を書くことはまれであった。自己の創作意欲に基づいて書いた作品を貴族に献呈して,その代償を受けとることと注文によって作品を書くこととは厳格に区別されなければならない。他人のためでも特定の機会のためでもなく,自己の理想を追究していく創作態度が,例えばハイドンやモーツァルトのように交響曲を量産する必要性もなくしたし,制限された楽器編成や規範的形式にとらわれる必要もなくなったのである。その結果べートーベンの多くの作品は音楽様式に大きな進展をもたらすことになったのである。ハイドンおよびモーツァルトらによって,きわめて高い次元にまで完成された古典様式は,驚くほどの短期間のうちに変質され,ひいては新しいロマン主義様式の基本理念を先取りするまでに至ったのである。

 ベートーベンの最初の作品全集は1862年から65年にかけて全24巻でライプチヒで出版された。なお,この全集には88年になって追補として第25巻が加えられ,さらに最初の刊行からほぼ1世紀を経た1959年から71年にかけて,W.ヘスにより〈旧全集の追補版〉が全14巻加わっている。現在刊行中の新全集は1959年にベートーベン・アルヒーフ(ボンの生家を本部とするベートーベン・ハウス協会の付属研究機関で,生家の隣家に没後100年の1927年に設立された)がノルトライン・ウェストファーレン州の委託を受けて,校訂・編纂し始めたもので,予定の50巻のうち1985年現在で約半数がミュンヘンのヘンレ社から出版されている。この新全集には日本の児島新(1929-83)がアルヒーフ研究員として中心的校訂者に加わっていた。多大な数に上る研究書のなかで伝記資料としては依然としてA.W.セーヤー《ベートーベン伝》が権威を保っている。作品に関する包括的な情報を知るには編者たちの名をとって一般に〈キンスキー・ハルム〉と呼ばれる《主題付・書誌学的解題付作品目録》(1955)が最も基本的であり,この目録で作品番号をもたない作品に付されたWoO番号が,作品番号とともに用いられている。しかし,現在では古くなった諸説や誤説を改め,さらに新事実に基づく情報を得るためにはこの目録の補足版ともいえるK.ドルフミュラーの《ベートーベン書誌のために》が不可欠となっている。
[平野 昭]

日本人とベートーベン

いわゆる〈洋楽クラシック〉の分野の中では,日本で最も愛好されている作曲家がベートーベンであることは,種々のアンケートの集計がよく示している。近年は《第9交響曲》を年末に演奏するという習慣が,欧米には類をみないほどに,全国的に広がった。

 1885年(明治18)音楽取調所(のちの東京音楽学校,東京芸術大学)第1回卒業演奏会において《君は神》(C.F.ゲレルトの詩による《六つの歌曲》作品48の第4曲《自然における神の栄光》と推定されている)が管弦楽器伴奏の合唱で演奏された。87年の卒業演奏会では《シンフォニー》(《第1交響曲》の第2,第3楽章と推定されている)が演奏された。

 96年同声会(東京音楽学校卒業生の団体)音楽会において《月光ソナタ》が演奏された。

 1905年日比谷公園音楽堂第3回演奏において《エグモント序曲》(作品84の劇のための音楽に含まれる)が陸軍軍楽隊により演奏された。

 上記のような細々とした演奏記録はあるものの,明治や大正初期においては,ベートーベンの交響曲もピアノ・ソナタも日本人にとっては演奏が困難であったので,聴く機会もあまりなかった。1913年東京音楽学校教師になったドイツ人クローンGustav Kron(1874-?)は,同校の管弦楽団を指揮してベートーベン作品の演奏に力を入れ,13年《バイオリン協奏曲》,18年《第5交響曲》,19年《第6交響曲》,24年《第9交響曲》の日本初演を行った。大正後期には本格的交響楽団が生まれるが,その最初のものである東京シンフォニー・オーケストラは22年末に結成され,翌23年の第1回公演で《第5交響曲》を取り上げた。この頃からのレコードの普及も日本のベートーベン愛好家を増やした。33年のA.シュナーベルのピアノ・ソナタ全集は,ヨーロッパ全体の売上げにほぼ匹敵する1000組が予約され,39年のトスカニーニ指揮の《第5交響曲》は3万組の売上げを示した。

 いわゆるベートーベン演奏家として名高い,ドイツ系の一流音楽家が来演するようになったのは比較的遅い。37年F.ワインガルトナーが新交響楽団(現,NHK交響楽団)を指揮し,人々は初めて真に充実したベートーベン交響曲の音を聴くことができた。36年に若いW.ケンプが来演したが,このピアニストの円熟したベートーベン解釈を直接に聴くことができたのは第2次世界大戦後である。戦後は日本の管弦楽団の水準も高まり,またカラヤン(1956年初来日)やK.ベーム(1963年初来日)などの非凡のベートーベン解釈を鑑賞できるようになった。

 いったいベートーベンはなぜこのように日本で愛好されているのか。それには主として次の二つの理由が考えられる。第1は,日本のクラシック・ファンの大部分は青年層で占められているという特殊事情である。ベートーベンの音楽はつねに力強い生命力をもつエネルギーにあふれている。運命との戦いのあとには自由の勝利が獲得される。この特徴は若い世代に圧倒的に働きかける力である。第2の理由はむしろベートーベンの音楽そのものの特殊性に見いだされる。彼は古典派とロマン派の境目に生きた人であり,そのことによって自己の独創性を完ぺきなまでに発展させた。彼の作曲技法,ことに和声,リズム,メロディーは意外にも簡潔で,その言おうとするところはきわめて明瞭である。全体の構成や曲想の転換もまたはっきりとしており,誤解される余地がない。西欧の音楽にある程度親しんだ,西欧文化圏以外の人々にとって,実はベートーベンの音楽は最も理解しやすく,最も共感しやすいのである。ハイドン,モーツァルトまでの音楽の宮廷性とロマン派以後の音楽の市民性とからは,かけはなれた汎人間的性格をもっている。およそ他の文化圏の音楽を理解することは,その音楽の地方様式や時代様式が壁となって,実はなかなかむつかしいことなのであるが,ベートーベンはその壁に取り囲まれなかった特殊の天才であった。〈楽聖〉とまであがめられたベートーベンの日本における人気はふしぎではない。
[渡辺 護]

[索引語]
Beethoven,L.van 悲愴ソナタ 月光 田園ソナタ テンペスト ワルトシュタイン 英雄 運命(音楽) 第九交響曲 ハイリゲンシュタットの遺書 熱情ソナタ フィデリオ パストラーレ 田園交響曲 皇帝 エンペラー 告別ソナタ 荘厳ミサ曲 ハンマークラビーア ミサ・ソレムニス ベートーベン・アルヒーフ ベートーベン・ハウス協会 月光ソナタ エグモント序曲 クローン,G. Kron,G. 東京シンフォニー・オーケストラ
上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


ベートーベンの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 553
検索コンテンツ
1. ベートーベン画像
日本大百科全書
音楽が混在しているのも、ベートーベン音楽の特質である。なお、WoO番号は、キンスキーとハルムが1955年に『ベートーベン作品目録』を編纂へんさんした際に、ベート
2. ベートーベン(Ludwig van Beethoven)
世界大百科事典
ドルフミュラーの《ベートーベン書誌のために》が不可欠となっている。平野 昭 日本人とベートーベン いわゆる〈洋楽クラシック〉の分野の中では,日本で最も愛好されて
3. ベートーベン
日本国語大辞典
(Ludwig van Beethoven ルートウィヒ=ファン─)《ベートーヴェン》ドイツの作曲家。バッハ、モーツァルトとともに音楽史上最大の巨匠の一人。ボン
4. ベートーヴェン ルートヴィヒ・ヴァン
世界文学大事典
ドイツの作曲家。1792年以降ヴィーンに住み,ハイドン,モーツァルトらが確立した音楽上の古典主義を完成し,後世に絶大な影響を残す。創作の重点は器楽で,交響曲,ピ
5. ベートーベン(年譜)
日本大百科全書
5月、ボン大学入学。シラー、ゲーテらの思想に関心をもつ17927月、ハイドンがボンを訪れ、ベートーベンの弟子入りを快諾。11月2日、ウィーンへ旅立ち、ハイドンに
6. ベートーベン像[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
ウィーンで活躍した作曲家ベートーベンの像。ウィーン市立公園近くのベートーベン広場に建つ。オーストリア ウィーン©Fam. Kanagawa
7. ベートーベンのしょうがい[ベートーベンのシャウガイ]【ベートーベンの生涯】
日本国語大辞典
(原題 {フランス}Vie de Beethoven )評伝。ロマン=ロラン作。一九〇三年刊。ベートーベンの生涯を手紙や手記を引用しながら描いた評伝。
8. あおき-やよい【青木やよひ】
日本人名大辞典
身体,ジェンダーなどの比較文明論的研究をつづけ,エコロジーとフェミニズムの関連の重要性を主張,ベートーベンの研究にも取り組んだ。平成21年11月25日死去。82
9. 朝比奈隆
日本大百科全書
1960年同団解散後は、大阪フィルハーモニー交響楽団を結成、総監督および常任指揮者となる。ベートーベン、ブラームス、ブルックナー、シベリウスなどの交響曲をレコー
10. 朝比奈隆[世界最高齢の現役指揮者、大阪フィルの生みの親、死去]
情報・知識 imidas
半世紀あまり大阪フィルを率いる。ドイツ・ロマン派を中心に、ベートーベン、ブルックナーなどの作品では、世界最高峰の指揮者のひとりとされ、ベートーベンの「第九」は世
11. アシュリー(Robert Ashley)
日本大百科全書
導き出すのがアシュリー特有のアプローチといえる。『イン・サラ・メンケン・クライスト・アンド・ベートーベン・ゼア・ワー・マン・アンド・ウーマン』(1972)では、
12. アドリブ(インプロビゼーション)[ポピュラー・ミュージック]
情報・知識 imidas
た。譜面通りに演奏すると思われているクラシックも即興と無縁ではなく、バッハやモーツァルト、ベートーベンなど大作曲家の多くは、彼らの時代においては即興演奏の名手と
13. アマデウス四重奏団
日本大百科全書
昭和33)。現代的で明快、かつ説得力の強い演奏で、名称のとおりモーツァルトを得意としたが、ベートーベン、ブラームス、ハイドンなどにも定評があった。美山良夫
14. アラウ
日本大百科全書
。初めシューマン、リスト、ショパンなどロマン派の作品を得意にしていたが、第二次世界大戦後はベートーベン弾きとしても名を高めた。風格を感じさせる大家である。岩井宏
15. アルダーノフ
日本大百科全書
扱った四部作『思想家』(1923~1927)、ロシア革命を扱った『鍵かぎ』『逃亡』『洞窟どうくつ』、ベートーベンに関する『第十交響楽』など、社会的、歴史的葛藤か
16. アルペンホルン
日本大百科全書
別作りのものが多い。第2から第8ないしそれ以上の倍音を組み合わせて音型をつくり吹き鳴らす。ベートーベン作曲『田園交響曲』第5楽章の冒頭に、アルペンホルンを模した
17. アーベントロート
日本大百科全書
ライプツィヒ音楽院長、ワイマール音楽大学長を歴任。19世紀のおもかげを残したロマン的な指揮ぶりだが、ベートーベンやブラームスでは重厚で求心的な演奏で定評があった
18. アーヨ
日本大百科全書
引き起こした。1963年(昭和38)イ・ムジチと初来日。1968年イ・ムジチを退団、以後、ローマ・ベートーベン弦楽四重奏団を結成して室内楽に力を注ぐほか、バロッ
19. イタリア弦楽四重奏団
世界大百科事典
で,明快で透明なひびきを特徴とする。特に古典派の作品をレパートリーとし,モーツァルトおよびベートーベンの弦楽四重奏曲全曲録音も手がけている。長年の活動に裏づけら
20. ウィンクラー(Josef Winckler)
日本大百科全書
。その他ナポレオンの末弟ジェロームを描いた歴史小説『ウェストファーレンの王』(1933)、ベートーベンの生涯の一挿話による『アデライーデ』(1936)など。第二
21. ウィーン画像
世界大百科事典
ン人の心を離さない。 ウィーンの音楽にも民衆的流れはある。たしかにハイドン,モーツァルト,ベートーベンの〈ウィーン楽派〉をはじめ,ウィーンの〈音楽的な〉雰囲気は
22. ウィーン(オーストリア)画像
日本大百科全書
モードなど世界的に知られているものは、市民の生活文化に根ざしたものである。ハイドン、モーツァルト、ベートーベン、シューベルト、ブラームス、ヨハン・シュトラウス父
23. ウィーン楽派
日本大百科全書
古典とよぶにふさわしい至高な響きの世界を生み出した三大巨匠、ハイドン、モーツァルト、ベートーベンに対する名称。さらに、ベートーベンの後期と創作時代をともにしたシ
24. ウィーン楽派
世界大百科事典
50)が有名である。前古典派の諸成果は,ウィーン古典派の大家たち,ハイドン,モーツァルト,ベートーベン(さらにはシューベルト)らによって総合され高度に発展させら
25. ウィーン‐がくは【─楽派】
日本国語大辞典
〔名〕ウィーンを中心に作曲活動を行なった音楽家の総称。狭義には、一八~一九世紀のハイドン、モーツァルト、ベートーベンのウィーン古典派をさし、広義には一九世紀後半
26. ウィーン古典派[カタカナ語]
情報・知識 imidas
1820年ころに盛んだった音楽様式の流派.ウィーンを中心に活躍したハイドン,モーツァルト,ベートーベンが完成した.
27. ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
世界大百科事典
るが,しばしば古風な印象も与える。1956年ヒンデミットの指揮で初来日。ベームの指揮によるベートーベンの交響曲全曲録音もある。西原 稔 Wiener Philh
28. 内田光子[「デイム」の称号を授与されるピアニスト]
情報・知識 imidas
小学校卒業後、12歳で外交官だった父と共にウィーンに移り住み、21歳まで同地で学んだ。69年ベートーベン・コンクール第1位、70年ショパン国際ピアノコンクールで
29. 内田光子[第53回グラミー賞で最優秀インストゥルメンタル・ソリスト演奏賞を受賞]
情報・知識 imidas
外交官だった父とともに、小学校卒業後、12歳でウィーンに移り住み、ウィーン国立音楽大学で学ぶ。69年ベートーベン・コンクール第1位、70年ショパン国際ピアノコン
30. うちだ-みつこ【内田光子】
日本人名大辞典
-ソナタと協奏曲の全曲演奏会をひらき,モーツァルトのスペシャリストとして活躍。平成2年にはベートーベンのピアノ協奏曲の全曲演奏をおこなう。ロンドンを本拠に国際的
31. うん‐めい【運命】
日本国語大辞典
運命〓」【二】〔一〕ベートーベン作曲の交響曲第五番ハ短調の日本での通称。作曲者が冒頭の第一主題を「運命はこうして扉(とびら)
32. 運命交響曲
日本大百科全書
ベートーベン作曲の交響曲第5番ハ短調(作品67)の通称。第1楽章冒頭の四つの音からなる動機を、「かく運命が戸をたたく」とベートーベン自身が説明した、と弟子シント
33. 映画音楽
世界大百科事典
ために,指揮者のJ.ブリエルとともに,グリーク,ワーグナー,チャイコフスキー,ロッシーニ,ベートーベン,リスト,ベルディ,それにさまざまなアメリカ民謡から選曲を
34. えい‐ゆう【英雄】
日本国語大辞典
久我、花山、閑院也。名家者、日野、勧修寺、平家也。清花、花族、英雄とは、三家の人々云也」【二】ベートーベン作曲の交響曲第三番(変ホ長調)の副題。一八〇四年完成。
35. エグモント
日本大百科全書
もっとも美しい悲劇の一つ『エグモント』(1787)をつくらせ、その「序曲」がいまなお親しまれているベートーベンの作品を生んだ。 なお、エグモント家の歴代当主は、
36. エグモント
日本国語大辞典
一六世紀のオランダ独立運動の指導者エグモントの運命を描く悲劇。〔二〕ゲーテの戯曲に付帯して、ベートーベンが作曲した序曲、間奏曲など、全一〇曲の劇中音楽。[発音]
37. エコセーズ
日本大百科全書
一般にエコセーズとよばれるのは、19世紀にウィーンで新しく流行した4分の2拍子の急速で激しい踊りである。ベートーベン、シューベルト、ウェーバーの作品は、この新し
38. エリュシオン
世界大百科事典
み)せられた英雄が送られた。後には行いの正しい人間が死後に移り住む冥界の一部と考えられた。ベートーベンが第九交響曲に用いたシラーの《歓喜に寄す》にもエリュジウム
39. エリーゼのために
日本大百科全書
ベートーベンが1810年ごろに作曲したピアノ曲。WoO59(WoO=作品番号なしの作品)。死後の1867年に初めて出版された。失われた自筆譜には「テレーゼのため
40. エリーゼのために
日本国語大辞典
(原題{ドイツ}Für Elise )ベートーベン作曲のピアノ用小曲。一八一〇年ごろの作品。[発音]〓[リ]=[メ]
41. エロイカ
日本国語大辞典
({イタリア}Eroica )ベートーベンの交響曲第三番「英雄」の称。
42. 大滝 重直
日本近代文学大事典
「中央公論」(昭17・6)の『解氷期』で第一回大陸開拓文学賞。戦後は『北方人』(「農民文学」)『ベートーベン』(偕成社)、ルポルタージュ『白夜の海』(昭46・1
43. 大庭 さち子
日本近代文学大事典
女性の生理と心理を力強い実在感で描き出す。一方ではトレース著『女の兵舎』(昭28 鱒書房)などの翻訳や『ベートーベン』などの伝記作品もある。 伝記 [図・式]
44. オドーエフスキー(Vladimir Fyodorovich Odoevskii)
世界大百科事典
)など多くの作品を残したが,代表作《ロシアの夜》(1844)は《セバスティアン・バッハ》《ベートーベンの最後の四重奏曲》などの短編小説と哲学的会話からなり,ロシ
45. オペラ
世界大百科事典
ト《ドン・ジョバンニ》。1945年第2次大戦で被災,その後再建。初演1955年11月5日,ベートーベン《フィデリオ》。オペラ座 l'Opéra de Paris
46. オリンピック画像
世界大百科事典
〈ドイツ〉とし,国旗の代わりに西ドイツの国旗中央に白く五輪のマークを描いたもの,国歌の代わりにベートーベンの《第九交響曲》のテーマ曲が用いられた。この方式は,同
47. 音楽
日本大百科全書
儀礼音楽の特定レパートリーとして楽曲全体が冠婚葬祭などの場で演奏される大レベルのものもあり、結婚行進曲、ベートーベンの『第九交響曲』の「歓喜に寄す」、長唄ながう
48. 音楽画像
世界大百科事典
ンによって創出されたのちベートーベンにおいて頂点に達し,楽曲構成の最も重要な手法の一つになった。古典派の音楽は形式の均整を通じて普遍的な表現を追求したが,ベート
49. 音楽賞
世界大百科事典
動を観察して該当者を決める場合の二通りがある。(1)のおもな賞には,ローマ賞(フランス),ベートーベン賞(ドイツ),国内のものとしては,芸術祭大賞,文化放送音楽
50. おんがくようがく【音楽(洋楽)】 : 近代
国史大辞典
山田耕筰・近衛秀麿を指揮者として定期演奏会を開始し、それに先立つ大正十三年、東京音楽学校はベートーベンの「第九交響曲」の全曲演奏を行なった。昭和に入ると、ラジオ
「ベートーベン」の情報だけではなく、「ベートーベン」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

ベートーベンと同じジャーナリスト・写真家・画家・彫刻家・音楽家カテゴリの記事
花森安治(日本大百科全書(ニッポニカ))
ジャーナリスト。明治44年10月25日神戸市に生まれる。東京帝国大学在学中から『帝国大学新聞』で活躍し、新聞のレイアウトに異才を発揮した。1940年(昭和15)大政翼賛会に入り、宣伝部で戦時スローガン制作などの仕事に携わった。戦後、戦時中の自己の活動に対する厳しい反省を基礎に
福地源一郎(国史大辞典)
一八四一-一九〇六明治時代の代表的ジャーナリスト。天保十二年(一八四一)三月二十三日、医師福地苟庵と松子の長男として長崎に生まれる。幼名は八十吉、長じて源一郎と称す。諱は万世。桜痴は、江戸で馴染みとなった芸妓「桜路」に因んで付けた号。少年時代より神童
アーネスト・サトウ(東洋文庫)
幕末・明治維新の激動期に,日本語を自在に駆使して活躍したイギリスの外交官アーネスト・サトウ。日本,シャム,清国,モロッコ各地でのエピソードを交えてその生涯を活写する。1999年02月刊【閲覧画面サンプル】【目次】表紙(扉)はじめに序章神秘な異国日本へ
モネ(岩波 世界人名大辞典・世界大百科事典)
フランスの画家,印象派の開拓者,指導者.パリに生まれる.少年時代をルアーヴルで過ごして海と陽光の美しさに啓発され,同地でブーダンに師事し風景画に開眼する.パリに戻り[1859],はじめトロワイヨン,のちグレールに師事し,P.A.ルノワール,シスレー
ロダン(日本大百科全書・世界大百科事典・岩波 世界人名大辞典)
フランスの彫刻家。生気に満ちた写実主義、モニュメンタルな表現性、象徴主義的なテーマ、彫刻を量塊(マッス)としてとらえ、その動きと表現的な肌によって周辺空間と関連させる手法などにより、19世紀の彫刻に活気を与え、現代彫刻への道を開いた近代彫刻最大の芸術
ジャーナリスト・写真家・画家・彫刻家・音楽家と同じカテゴリの記事をもっと見る


「ベートーベン」は音楽に関連のある記事です。
その他の音楽に関連する記事
三味線(新版 歌舞伎事典・日本国語大辞典・日本大百科全書)
日本の絃楽器。〈さみせん〉ともいい、三絃(弦)ともいう。【伝来】祖型は中国の三絃で、およそ永禄の頃(16世紀後半)に南方から渡来したと考えられている。その後次第に改良が加えられ、慶長初年ごろ歌舞伎、人形浄瑠璃と結びついて発達した。【発達】まず比較的
ベートーベン(日本大百科全書・世界大百科事典)
ドイツの作曲家。盛期古典派から初期ロマン派への転換期に56歳の生涯を送ったベートーベンは、古典派音楽様式を極点にまで高めるとともに、19世紀の音楽家たちにとっての偶像的な存在となり、後世に無限の広範な影響を与えた。[中野博詞]▲生涯フランドルから移住
ホルン(日本大百科全書・世界大百科事典)
リップリード(唇を振動源とする)の気鳴楽器。一般的にはヨーロッパで発達した金属製の楽器(フレンチ・ホルン)をさすが、広義には角笛 (つのぶえ)や法螺貝 (ほらがい)の類全般をさすこともある。楽器分類では、諸民族の角笛系統の楽器を、円筒管を基本とす
トランペット(日本大百科全書・世界大百科事典)
リップリード(唇を発音源とする)の気鳴楽器の一つ。ホルンボステルとザックスの楽器分類法においては「トランペット」をリップリードの気鳴楽器の総称として用いているが、現在一般には管弦楽や吹奏楽、ジャズなどで用いられる金管楽器の代表的なものをさす。
ピアノ(世界大百科事典)
18世紀末から現代に至るまで最もポピュラーな鍵盤楽器。鍵盤で弾く点ではオルガンやハープシコードなどと同じだが,オルガンがパイプに空気を送って発音する気鳴楽器であるのに対して,ピアノは弦の振動で発音する弦鳴楽器である。またハープシコードが爪状の
音楽に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶