ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 物語・伝記・散文・読本・滑稽本・噺本・自伝
  10. >
  11. ソフィスト列伝

ソフィスト列伝

ジャパンナレッジで閲覧できる『ソフィスト列伝』の文庫クセジュのサンプルページ

文庫クセジュ ベストセレクション

第一章 プロタゴラス > I 生涯と著作
ソフィスト列伝6 / 168
文庫クセジュ862 ジルベール・ロメイエ=デルベ / 神崎繁 / 小野木芳伸
哲学・心理学・宗教
第一章 プロタゴラス
I 生涯と著作
 プロタゴラスは紀元前四九二年頃、アブデラ〔トラキア地方のエーゲ海に面したネストス川河口のポリス〕で生まれたと現在では考えられている(1)。プロタゴラスは、マイアンドリオスの息子であった。
(1)従来、紀元前四八六年~四八五年の生誕とされてきたが、これは誤りである。ウンターシュタイナー『集成』第二巻一五、同『証言と断片』第一巻一四注参照。
 複数の証言中で、プロタゴラスはデモクリトス〔同じアブデラ生まれの原子論者〕の弟子とされている。これが信用するに足りるかどうかは、デモクリトスに関してどの年代記を採るか、つまりデモクリトスの生年を紀元前四六〇年とするアポロドロスを採るか、紀元前四九四年とするディオドロスを採るかによる(デュプレール『ソフィスト』二八頁以下参照)。
 フィロストラトス〔紀元前二世紀の『ソフィスト伝』の著者〕は、プロタゴラスはペルシアの僧侶の行なう秘儀に(あずか)っていたと主張する。プロタゴラスの父マイアンドリオスはとても裕福であったため、ペルシアのクセルクセス王を自宅で歓待することができ、クセルクセス王のほうはといえば、感謝の印として、通常はもっぱらペルシア国民に限って与えられる教義を若きプロタゴラスに授けるよう僧侶らに命じた。そこでプロタゴラスが授かった教義の内容こそが、プロタゴラスの不可知論の元になったものであろう、というのである。事実、ペルシアの僧侶は、自分たちの信仰内容を秘密にしている。しかし、この話はありそうにないことばかりでできている。こうした話がでっちあげられた動機は、プロタゴラスの宗教上の懐疑主義は異国からの影響によるものだと申し立てることで、これを免責しようということにある。この話では、ペルシア王その人の登場を説明するために、プロタゴラスに金持ちの父親がいたことになっているが、別の複数の証言では、プロタゴラス家の慎ましい生活が引き合いに出され、プロタゴラス自身まず手仕事に従事するところから身を起こし(断片A一およびA三〔以下、断片の引用については、「訳者あとがき」を参照〕)、ソフィストとして身を立てると、「報酬と引き換えに質問に答えることを考え出した最初の者」(断片A二第四節)となったとされているのである。実際、ソフィストは教師として報酬を得ていたが、それは人がプラトンの言葉を鵜呑みにしてそう信じてきたように限りない物欲に動かされてのことではなく、その理由はまったく単純に、現代の教師と同様、生活のためには報酬が必要だったからである。プロタゴラスの最初の職である手仕事について言うと、それが本当だという確かな証拠がある。というのも、その証拠というのが、『教育について』と題する若きアリストテレスの著作の一節であるからである。アリストテレスのこの著作からわれわれは、プロタゴラスが「その上に重い荷物を載せて運ぶための、テュレーと呼ばれる道具を発明した」(断片A一第五三節)ということを知ることができる。テュレーとは、通例、マットレス、あるいは詰めものをした茣蓙(ござ)、あるいは頭当てに使うクッションのことを指すのであるが、ジャニーヌ・ベルティエは、エピクロスの著作やアウルス・ゲリウスの著作の一節を典拠として、プロタゴラスの発明というのは、本当は柴の束が外から紐をかけなくても柴だけでまとまるようにする荷造りの仕方であったと解釈する。そうであるとすれば、「プロタゴラスの着想は力学的というよりは幾何学的であり、ともかくも手工業的というよりは数学的であったといえよう(1)」。しかしながら、テュレーなるものの正体に関するこの巧妙な解釈にも一つ難点があり、それは、ディオゲネス・ラエルティオス(2)が、テュレーとはクッションのことだと述べ、しかもまたディオゲネスは、くだんの柴の束のまとめ方の話も承知しているという点である。ディオゲネスは、デモクリトスはプロタゴラスが柴を束ねる手際の良さを見て、将来ソフィストとなるプロタゴラスの頭の良さに気づいたらしい、と言っている(断片A一第五三節)。したがって、プロタゴラスの発明というのは、一つだけではなく二つあったのであろう。つまり、荷物の詰め方とテュレーの二つであって、こう理解すれば、ディオゲネス・ラエルティオスに出てくるテュレーという語にも、それにふさわしい意味を充てることができよう。したがって、プロタゴラスによるテュレーの発明は、われわれには数学的というよりは技術的であると思われ、これは彼の、思弁的であるというよりは実践的な知の捉え方とも合致する。そして、このような知の捉え方は、プロタゴラスの弟子であるイソクラテス(3)の教育に関する理想のうちに再現されることになる(断片A三)。
(1)P・M・シュール監修『アリストテレス断片と証言』(PUF社、一九六八)一四六頁を見よ。ただし、この主張はプロタゴラスが数学に対して不信の念を抱いていたと思われる点とは相容れない。断片B七およびウンターシュタイナー『証言と断片』第一巻八四記載の断片B七aを参照。後者はシンプリキオスのテクストで、そこではプロタゴラスはエレアのゼノン〔紀元前五世紀の哲学者で、パルメニデスの弟子、不生不滅な一者の存在を説いた師の一元論を徹底させて運動の否定を主張した〕と対立している。
(2)紀元後三世紀前半の著作家で、その著『ギリシア哲学者列伝』によってしか知られない〔訳注〕。
(3)紀元前五世紀から四世紀にわたってほぼ百歳の長寿を保ち、アテナイに設立した弁論学校を通して幅広い教育を行ない、ソフィストに反対すると同時に、プラトンのアカデメイアにおける哲学教育にも対抗した弁論家〔訳注〕。
|<最初のページへ移動 ←前 6 / 168 次→ >>10ページ後へ移動 >|最後のページへ移動
上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


ソフィスト列伝の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 3
※検索結果は本ページの作成時点のものであり、実際の検索結果とは異なる場合があります
検索コンテンツ
1. ソフィスト列伝
文庫クセジュ
プラトンやアリストテレスからの攻撃には、異議あり! 本書は、西洋形而上学のなかで「詭弁家」の烙印を押されてきたソフィスト8人の生涯と著作を紹介し、その復権へと導
2. エウナピオス(Eunapios
世界人名大辞典
〔345頃~420頃〕小アジアの弁論家,史家.リュディアのサルデイス(Sardeis)に生まれ,晩年アテナイに住み,新プラトン主義を奉じてキリスト教に反対した.
3. フィロストラトス(Philostratos
世界人名大辞典
ムノスに生まれアテナイで教育をうけ,のちローマに移住した.テュアナのアポロニオス伝およびソフィスト列伝を著した.その第1部は前5世紀以来の
「ソフィスト列伝」の情報だけではなく、「ソフィスト列伝」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

ソフィスト列伝と同じ物語・伝記・散文・読本・滑稽本・噺本・自伝カテゴリの記事
うつほ物語(宇津保物語)(日本古典文学全集・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安時代の物語。題名は首巻の「俊蔭」の巻で、主人公の仲忠が母と杉の洞穴で生活したことによる。従来「宇津保」と書かれていたが、変体仮名の原漢字を用いたもので、題意からは「うつほ(ウツオ)」がよい。成立時代は円融朝(969~984)~
落窪物語(日本古典文学全集・日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
〔一〕今は昔のこと、中納言である人で、姫君を大勢持っていらっしゃった方がおられた。長女や次女の君には婿を迎えて、それぞれ西の対、東の対に派手に住まわせ申しあげなさって、「三女、四女の君には裳着の式をして差し上げよう」と、大事にお世話なさる
唐物語(国史大辞典・世界大百科事典)
中国説話二十七篇を歌物語風に翻訳した物語。一冊。前田綱紀の手記『桑華書志』所収の『古蹟歌書目録』は『漢物語』として作者を藤原成範と伝える。これが『唐物語』を指す蓋然性は高く、院政期の成立と見てよい。各話は王朝物語にもしばしば引用される著名な人物が配される。
とりかへばや物語(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代末期の物語。運命のいたずらで女装、男装を余儀なくされた異腹の兄妹の物語。作者未詳。三巻三冊または四巻四冊。『とりかへばや』には古本と今本とがあり、古本は散佚、古本を改作した「今とりかへばや」が『とりかへばや』『とりかへばや物語』の名で現存する。
今鏡(日本大百科全書・世界大百科事典)
平安末期の歴史物語。1170年(嘉応2)成立説とそれ以後とする説とがあり、作者は藤原為経(寂超)説が有力。『大鏡』を受けて、1025年(万寿2)から1170年までの歴史を、座談形式を用い、紀伝体で叙述したもの。巻1~3は後一条天皇から高倉天皇までの帝紀、巻4~6は藤原氏
物語・伝記・散文・読本・滑稽本・噺本・自伝と同じカテゴリの記事をもっと見る


「ソフィスト列伝」は文学・文芸に関連のある記事です。
その他の文学・文芸に関連する記事
神曲(集英社世界文学大事典・世界大百科事典)
全1万4233行からなる壮大な長編叙事詩で,均整のとれた構成はしばしばゴシック様式の大聖堂にたとえられる。「地獄」Inferno,「煉獄(れんごく)」Purgatorio,「天国」Paradisoの3編からなり,各編は33歌から,また各連は3行からなる。「地獄編」の冒頭には
アイルランド文学(集英社世界文学大事典・日本大百科全書・世界大百科事典)
アイルランド文学は,文字に残されたものとしては,6世紀ごろまでさかのぼることができる。それまでの文学は口承によるもので,特別な修業を積んだ詩人たちが神々,英雄,美女,妖精(ようせい)の物語を語り伝えた。文字としては,石の角(かど)に長短の直線を刻み
ソフィスト列伝(文庫クセジュ)
第一章プロタゴラスI生涯と著作プロタゴラスは紀元前四九二年頃、アブデラ〔トラキア地方のエーゲ海に面したネストス川河口のポリス〕で生まれたと現在では考えられている(1)。プロタゴラスは、マイアンドリオスの息子であった。(1)従来、紀元前四八六年~四八五
学問のすゝめ(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
福沢諭吉が著した明治初期のもっとも有名な啓蒙(けいもう)書。初編は1872年(明治5)刊行されたが、非常な評判をとったのでシリーズ化し、76年刊の第17編まで続いた。発行部数あわせて340万といわれ、当時のベストセラー。初編冒頭の人間平等宣言
新花摘(日本大百科全書・世界大百科事典)
蕪村(ぶそん)晩年の句文集。外題(げだい)「新華摘(しんはなつみ)」。1777年(安永6)に成り、作者没後の1784年(天明4)冊子を横巻(おうかん)とし呉春(ごしゅん)(松村月渓(げっけい))が挿絵7葉を描き入れた。1797年(寛政9)この自筆原本
文学・文芸に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶