1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. >
  8. 祝日
  9. >
  10. 元日
国史大辞典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典・叢書サービスです。
元日
がんじつ
年頭第一日、一月一日。元ははじめの意。この日年神を迎えて祭り、新年を祝った。古く村落では正月の満月の夜を中心に祭ったが、古代国家が大陸伝来の官暦を制定して以来、元日に四方拝・朝賀・節会など年始の朝儀公事が盛んになった。民間でもこの日を重んじて、新年の祝祭は元日と十五日とに二分され、さらに立春の行事とも習合した。門松・注連飾・若水・鏡餅・大服茶・雑煮餅、また年玉贈与・年頭賀礼などは元日につき、もの作り・さつき祝いなど豊作祈願の習俗は十五日の方に伝わった。元日の若水汲みから雑煮調製まですべて年男の役として、女人を近づけないのは古格である。なお一日の境目を古くは日没によって前後に区切った。大晦日の夕方から正月迎えの行事を始め、一夜飾りを忌む伝承も各地にある。夜前に迎えた年神を祭って通夜忌籠り、朝になって神供の直会(なおらい)をした。これが元日の雑煮であるが、北九州の一部でオノーレと呼んでいるのは古風で興味がある。
(平山 敏治郎)
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。 ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る
元日の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 2870
検索コンテンツ
1. 元日
日本大百科全書
が来臨するのが正月だから、家々には元日をいろいろ儀礼化して演出する習俗がある。現在でも初詣(はつもう)でをしたり、晴れ着で屠蘇(とそ)や雑煮で祝うが、昔は元日の ...
2. がん‐じつ【元日】
デジタル大辞泉
1年の最初の日。1月1日。国民の祝日の一。《季 新年》「―や上々吉の浅黄空/一茶」  ...
3. がん‐じつ[グヮン:]【元日】
日本国語大辞典
ツイタチ」*俳諧・春の日〔1686〕「元日の木の間の競馬足ゆるし〈重五〉」*山陽詩鈔〔1833〕七・新居「新居逢〓元日 ...
4. がんじつ【元日】
国史大辞典
中心に祭ったが、古代国家が大陸伝来の官暦を制定して以来、元日に四方拝・朝賀・節会など年始の朝儀公事が盛んになった。民間でもこの日を重んじて、新年の祝祭は元日と十 ...
5. 元日(がんじつ)
古事類苑
歳時部 洋巻 第1巻 592ページ ...
6. がんじつ【元日】
プログレッシブ和英
((on)) New Year's Day ...
7. がんじつ【元日】
ポケプロ和独
Neujahr 中性名詞 Neujahrstag 男性名詞  ...
8. がんじつ【元日】
ポケプロ和西
día de Año Nuevo [男性名詞]  ...
9. がんじつ【元日】
ポケプロ和伊
capodanno [男性名詞] ...
10. がん‐にち【元日】
デジタル大辞泉
「がんじつ(元日)」に同じ。 「―の奏賀の声、甚だ殊勝にして」〈徒然・一三二〉 ...
11. がん‐にち[グヮン:]【元日】
日本国語大辞典
「がんじつ(元日)」に同じ。*土左日記〔935頃〕承平五年一月元日元日、なほ同じ泊(とま)りなり」*栄花物語〔1028〜92頃〕日蔭のかづら「はかなく暮れぬれ ...
12. げん‐にち【元日】
日本国語大辞典
〔名〕(「げん」は「元」の漢音、「にち」は「日」の呉音)がんじつ。*名目鈔〔1457頃〕恒列諸公事「元日宴(ぐゎんにちのえん) 今世諸人以〓僧為 ...
13. yuánrì元日
ポケプロ中日
[名詞]元日.  ...
14. 元日
プログレッシブ和英
New Year's Day(〓1月1日) ...
15. がんじつ【元日】[標準語索引]
日本方言大辞典
じつ:元日の日を拝むために社の形に組み立てるものだんばこがんじつ:元日の早朝に家族一同で飲む茶はがためがんじつ:元日の早朝、家の主人が浜で海水をくみ、家を清める ...
16. 元日夜初夢 (見出し語:元日)
古事類苑
歳時部 洋巻 第1巻 891ページ ...
17. 元日廢朝 (見出し語:元日)
古事類苑
政治部 洋巻 第1巻 196ページ ...
18. 元日拜井神 (見出し語:元日)
古事類苑
神祇部 洋巻 第1巻 915ページ ...
19. 元日拜宅神 (見出し語:元日)
古事類苑
神祇部 洋巻 第1巻 893ページ ...
20. 元日拜氏神 (見出し語:元日)
古事類苑
神祇部 洋巻 第1巻 712ページ ...
21. 元日拜産土神 (見出し語:元日)
古事類苑
神祇部 洋巻 第1巻 753ページ ...
22. 元日拜禮 (見出し語:元日)
古事類苑
禮式部 洋巻 第1巻 7ページ ...
23. 元日拜禮 (見出し語:元日)
古事類苑
禮式部 洋巻 第1巻 143ページ ...
24. 元日拜竈神 (見出し語:元日)
古事類苑
神祇部 洋巻 第1巻 906ページ ...
25. 元日節祿 (見出し語:元日)
古事類苑
封祿部 洋巻 第1巻 179ページ ...
26. 元日遙拜墳墓 (見出し語:元日)
古事類苑
禮式部 洋巻 第2巻 1143ページ ...
27. 諒闇中無元日宴會 (見出し語:元日)
古事類苑
禮式部 洋巻 第2巻 556ページ ...
28. 雪の元日 (見出し語:元日)
古事類苑
地部 洋巻 第2巻 355ページ ...
29. がんじつ‐ざくら[グヮンジツ:]【元日桜】
日本国語大辞典
〔名〕植物「かんひざくら(寒緋桜)」の異名。〓[ザ] ...
30. がんじつ‐しま[グヮンジツ:]【元日─】
日本国語大辞典
〔名〕(「しま」は接尾語)元日早々。*滑稽本・浮世風呂〔1809〜13〕三・下「元日しまから這入所(へいりどこ)もあるめへ」 ...
31. 元日節會(がんじつせちえ)【篇】
古事類苑
歳時部 洋巻 第1巻 453ページ ...
32. がんじつ‐そう【元日草】
デジタル大辞泉
フクジュソウの別名。  ...
33. がんじつ‐そう[グヮンジツサウ]【元日草】
日本国語大辞典
二「正月〈略〉福寿草 元日草共」*大和本草〔1709〕七・花草類「福寿草(和品) ふくづく草とも元日草とも云。春初より黄花を開く」*和漢三才図会〔1712〕九二 ...
34. 元日草(がんじつそう)
古事類苑
植物部 洋巻 第2巻 186ページ ...
35. がんじつちょう【元日町】京都市:下京区/植柳学区地図
日本歴史地名大系
中絵図に「堀川一丁目」とあるが、宝暦一二年(一七六二)刊「京町鑑」には、醒井通魚棚下ルの地に「元日町」がみえる。また、「醒ガ井水町二町目」とも称したことが「坊目 ...
36. 元日宴(がんじつのえん)
古事類苑
歳時部 洋巻 第1巻 592ページ ...
37. がんじつ‐の‐せちえ【元日の節会】
デジタル大辞泉
元日の朝賀のあと、天皇が群臣百官に宴を賜った儀式。がんにちのせちえ。《季 新年》  ...
38. がんじつのせちえ【元日節会】
国史大辞典
がんにちのせちえ・元日宴会・元日宴ともいう。正月元日朝賀の儀のあと宮中で天皇が群臣に宴を賜わる儀。節会としては小儀。史料では『日本書紀』朱鳥元年(六八六)春正 ...
39. がんにち‐そう[グヮンニチサウ]【元日草】
日本国語大辞典
[0]言海【元日草】言海 ...
40. がんにち の 宴(えん)
日本国語大辞典
元日宴也〉」*玉葉和歌集〔1312〕春上・三・詞書「後京極摂政、左大将に侍りける時家に六百番歌合し侍りけるに、元日宴といふ事を」*名目鈔〔1457頃〕恒例諸公 ...
41. がんにち の 節会(せちえ)
日本国語大辞典
元日の朝賀の後、天皇が加わって行なわれた祝宴の儀式。元日の宴。*玉葉‐承安三年〔1173〕二月七日「去元日節会、内辨左大臣一献已前早出〈略〉而不 ...
42. 元日節会(がんにちのせちえ)
日本大百科全書
朝廷の年中行事。正月1日、天皇が群臣を豊楽院(ぶらくいん)(のちには紫宸殿(ししんでん))に招集して行った年始の宴会。その起源は明らかではないが、奈良時代の初期 ...
43. がんにち の 奏賀(そうが)
日本国語大辞典
元日の朝賀に際し、賀詞を天皇に奏上すること。*徒然草〔1331頃〕一三二「元良親王(もとよしのしんわう)、元日の奏賀の声、甚だ殊勝にして、大極殿より鳥羽の作道ま ...
44. がんじつそー【元日草】[方言]
日本方言大辞典
雑誌)1931~1938 宮崎県西臼杵郡947日向(雑誌)1933俳諧七柏集虫二亭興行「年も漸元日草の花催ひ」《がんじくそ》 岐阜県吉城郡502飛驒のことば(土 ...
45. がんじつまいり【元日参】[方言]
日本方言大辞典
一月一日の早朝、神社にもうでること。 山形県米沢市151米沢方言辞典(上村良作)1969 ...
46. 元日節會闈司奏 (見出し語:闈司奏)
古事類苑
歳時部 洋巻 第1巻 463ページ ...
47. 元日曝粶卜吉凶 (見出し語:卜)
古事類苑
歳時部 洋巻 第1巻 855ページ ...
48. 元日宴 (見出し語:宴)
古事類苑
歳時部 洋巻 第1巻 453ページ ...
49. 元日節會停音樂 (見出し語:音樂)
古事類苑
歳時部 洋巻 第1巻 497ページ ...
50. がんじつ の 宴(えん)
日本国語大辞典
〓がんにち(元日)の宴(えん) ...
「元日」の情報だけではなく、「元日」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

元日と同じ祝日カテゴリの記事
山の日(日本大百科全書(ニッポニカ))
8月11日。山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝することを趣旨とする国民の祝日。2014年(平成26)5月に制定され、2016年より実施。山の日を国民の祝日として制定することを目ざす運動は、2009年に日本山岳会の提唱により始まった。これに日本の主要な山岳団体が連携し
春分の日(日本大百科全書(ニッポニカ))
「自然をたたえ、生物をいつくしむ」趣旨の国民の祝日。毎年3月21日ごろ。太陽が黄経0度の春分点を通過する日で、真東から出、真西に沈む。昼夜の時間がほぼ等しく、二十四節気の一つ。春の彼岸(ひがん)の中日にもあたる。
成人の日(日本大百科全書(ニッポニカ))
1月の第2月曜日。「おとなになつたことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」趣旨の国民の祝日。1948年(昭和23)制定。従来は1月15日であったが、2000年から1月の第2月曜日となる。社会成員の認知を受ける通過儀礼ともいえる。
元日(国史大辞典)
年頭第一日、一月一日。元ははじめの意。この日年神を迎えて祭り、新年を祝った。古く村落では正月の満月の夜を中心に祭ったが、古代国家が大陸伝来の官暦を制定して以来、元日に四方拝・朝賀・節会など年始の朝儀公事が盛んになった。民間でもこの日を重んじて、新年の祝祭は元日と十五日とに二分され、さらに立春の行事とも習合した。
国民の祝日(日本大百科全書(ニッポニカ))
国で定めた国民の祝いの日で、休日となる。1948年(昭和23)7月20日施行の「国民の祝日に関する法律」(昭和23年法律178号)によって、9日の祝日(休日)が定められた。すなわち、元日(1月1日)、成人の日(1月15日)、春分の日(春分日)、天皇誕生日(4月29日、現在は12月23日)、憲法記念日(5月3日)、こどもの日(5月5日)
祝日と同じカテゴリの記事をもっと見る


「元日」は国民の祝日に関連のある記事です。
その他の国民の祝日に関連する記事
国民の祝日(日本大百科全書(ニッポニカ))
国で定めた国民の祝いの日で、休日となる。1948年(昭和23)7月20日施行の「国民の祝日に関する法律」(昭和23年法律178号)によって、9日の祝日(休日)が定められた。すなわち、元日(1月1日)、成人の日(1月15日)、春分の日(春分日)、天皇誕生日(4月29日、現在は12月23日)
昭和の日(日本大百科全書(ニッポニカ))
国民の祝日で、4月29日。「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」ことを趣旨に制定された。もとは昭和天皇誕生日で、昭和天皇崩御後は、植物に造詣(ぞうけい)の深かった天皇にちなみ
うみ の 日(ひ)(日本大百科全書(ニッポニカ))
国民の祝日の一つ。海の恩恵に感謝し、海洋国家日本の繁栄を願う日。元来は「海の記念日」として七月二〇日であったが、平成八年(一九九六)に国民の祝日となり、同一五年からは七月の第三月曜日。
みどりの日(日本大百科全書(ニッポニカ))
国民の祝日で、5月4日。2006年(平成18)以前は4月29日であった。1989年(昭和64)1月7日、昭和天皇が崩御、従来の天皇誕生日は、名称を変えて祝日として残されることになった。学者として植物に造詣(ぞうけい)の深かった昭和天皇をしのび
体育の日(日本大百科全書(ニッポニカ))
10月の第2月曜日。「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」ことが趣旨の国民の祝日。1966年(昭和41)「国民の祝日に関する法律」の改正により建国記念の日、敬老の日とともに追加制定された。
国民の祝日に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る