ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 選挙
  10. >
  11. 18歳選挙権
日本大百科全書(ニッポニカ)

18歳選挙権
じゅうはっさいせんきょけん
manifesto

満20歳以上が行使できる日本国民の選挙権を満18歳以上とすること。また、その選挙権。2015年(平成27)6月、選挙に参加することのできる有権者の年齢を満20歳から満18歳に引き下げるとともに、選挙犯罪などに関する少年法などに特例を設けて成人同様に処罰することを内容とする、公職選挙法等の一部を改正する法律が成立した。2016年6月19日施行。
 選挙権年齢の見直しは、1945年(昭和20)に満25歳以上から満20歳以上に引き下げられて以来のことである。年齢引下げの対象となる選挙は、(1)衆議院議員と参議院議員の選挙、(2)地方自治体における首長および議会議員の選挙、(3)漁業法に規定する海区漁業調整委員会の委員選挙、(4)農業委員会等に関する法律に規定する農業委員会委員の選挙、である。また、最高裁判所裁判官の国民審査、地方自治体の首長解職および議会解散請求に伴う住民投票においても、投票権をもつ資格年齢が18歳以上に改められた。これに伴い、18歳以上20歳未満の日本国民の選挙運動が認められるようになる一方、連座制の対象となる選挙犯罪の事件を犯した場合には、原則として20歳以上の成人と同様に、刑事裁判の対象として特別措置がとられる。
 なお、2014年6月に施行された改正国民投票法により、憲法改正に必要な国民投票の資格年齢は、満20歳以上から満18歳以上へと引き下げられたが、この際の付帯決議として、2年以内をめどに選挙権年齢の引下げに関する法制上の措置をとることが記されていたため、法改正につながった。また、付則には、選挙権の年齢引下げに準じて、民法における成人年齢や少年法が適用となる年齢などについても、引下げの検討を進め、必要な法制上の措置を講ずるものとする旨の内容が盛り込まれている。
 国立国会図書館の調査では、世界の190あまりの国と地域のうち、選挙権の対象の最少年齢を満18歳か、それ以下とする国は176か国である。オーストリアやアルゼンチンなどのように、満16歳以上としている国もある。また、被選挙権を含めて満18歳以上へと引き下げている国も少なくない。
[編集部]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
18歳選挙権の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 18
検索コンテンツ
1. 18歳選挙権[日本政治]
現代用語の基礎知識 2016
法施行から4年後に「18歳以上」に引き下げられたのに合わせ、選挙権年齢も「18歳以上」に改正された。18歳選挙権は、世界の大勢である。今後は、民法の成人年齢や少 ...
2. 18歳選挙権[子ども問題]
現代用語の基礎知識 2016
2015年6月、選挙権年齢を20歳から18歳に引き下げる「改正」公職選挙法が成立した。16年夏の参議院議員選挙から適用され、新たに240万人が有権者となる。各党 ...
3. 18歳選挙権[選挙]
イミダス 2016
2016年夏に実施される参院選以降、国政選挙、地方選挙、最高裁判所裁判官国民審査、地方議会の解散・首長の解職をもとめる住民投票などの選挙権年齢が20歳以上から ...
4. 18歳選挙権[教育]
イミダス 2016
改正公職選挙法が2015年6月に成立し、1年間の周知期間を経て16年6月19日に18歳選挙権への制度変更が実施される。国政選挙で18歳選挙権が初めて適用されるの ...
5. 18歳選挙権
日本大百科全書
満20歳以上が行使できる日本国民の選挙権を満18歳以上とすること。また、その選挙権。2015年(平成27)6月、選挙に参加することのできる有権者の年齢を満20歳 ...
6. 18歳選挙権[イミダス編 日本政治]
イミダス 2016
国政選挙や地方選挙などに投票する権利が認められる年齢を満18歳以上とすること。日本では、1925年に25歳以上の男性全員に選挙権が与えられ、45年に男女ともに ...
7. 東奔政走 日本政治を変える「18歳選挙権」 「罰則」ありきでない主権者教育を=与良正男
週刊エコノミスト 2015-16
恐らく唯一、と言っていい。閉会した先の通常国会で成立した法律のうち、私が手放しで評価しているものがある。選挙権年齢を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる ...
8. 安倍晋三政権第1次~第3次[日本政治]
現代用語の基礎知識 2016
に行われた。法案は、会期末直前9月19日未明に参院で可決、成立した。同国会では、そのほか、18歳選挙権を定めた改正公職選挙法や、改正労働者派遣法、女性活躍推進法 ...
9. 川崎中1殺人事件[子ども問題]
現代用語の基礎知識 2016
真冬の川で全裸で泳がせたうえ、カッターナイフで切りつけるなどの暴行を加え、死亡させたとわかると、18歳選挙権と呼応して「成人年齢を下げるのなら、少年法の対象年齢 ...
10. 公職選挙法改正(2015年7月)[イミダス編 日本政治]
イミダス 2016
得ることが改正法付則に明記された。新しい定数は、15年6月17日に成立した公職選挙法改正により定められた18歳選挙権とともに、16年夏の参議院議員選挙から適用さ ...
11. 「子ども問題」を読む[子ども問題]
現代用語の基礎知識 2016
2分の1成人式で「家族愛」も植え付ける一方、親のことは親学習で囲い込んだ。家庭の外では教員「国家免許」と18歳選挙権の導入で教員の手足を縛り、道徳などを使って「 ...
12. 主権者教育[教育]
イミダス 2016
が満18歳以上に引き下げられる中で、主権者教育の必要性がこれまで以上に認識されている(→「18歳選挙権」)。たとえば、いくつかの高校で模擬選挙の試みがなされてお ...
13. スイス史(年表)
日本大百科全書
986政府の国連加盟提案を国民投票で否決1989軍隊廃止の国民発議を国民投票で否決199118歳選挙権、国民投票で決定。建国700年記念祝典1992EEA(ヨー ...
14. 「日本政治」を読む[日本政治]
現代用語の基礎知識 2016
問われることは間違いない。安保法制をきっかけに、政治的関心が高まった若者も多いと思われる。18歳選挙権が初めて施行される参院選では、若者の動向も大いに注目される ...
15. 東奔政走 夏の参院選はいよいよ秒読み 試される「若者」「女性」への本気度=人羅格
週刊エコノミスト 2015-16
軌道修正することで、野党側との違いを埋没させる「争点つぶし」戦略と言える。  今夏参院選からの「18歳選挙権」実現を踏まえ、若者へのアプローチも従来以上に与野党 ...
16. 東奔政走 小選挙区制が誘う「二極化」第2幕 新党「民進党」に問われる対立軸=人羅格
週刊エコノミスト 2015-16
上それから40日以内、7月11日までに総選挙を行う必要がある。つまり「7月10日投開票」は18歳選挙権と衆参同日選を両立できる唯一の日程なのである。  そんな際 ...
17. 東奔政走 師走に広がる来夏「衆参同日選」説 通常国会の1月4日召集は計算ずく=与良正男
週刊エコノミスト 2015-16
けだ。  一方、今回はもう一つの特殊事情が加わる。18歳選挙権の導入だ。これが可能となる改正公職選挙法の施行は6月19日。今さら18歳選挙権の実現を見送っては批 ...
18. 東奔政走 自民特命委「成人年齢引き下げ」提言 大人と子供の「境界」はどこに?=末次省三
週刊エコノミスト 2015-16
与良正男専門編集委員が「日本の政治を変える『18歳選挙権』」として、来年夏の参院選から選挙権が18歳以上に引き下げられることに対する期待と課題、そして要望をまと ...
「18歳選挙権」の情報だけではなく、「18歳選挙権」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

18歳選挙権と同じ選挙カテゴリの記事
普通選挙(日本国語大辞典)
すべての成年者に選挙権、被選挙権を与える制度。財産・教育・性などによって選挙権、被選挙権を制限する制限選挙に対するもの。日本では、財産による制限は大正一四年(一九二五)、性別による制限は昭和二〇年(一九四五)に除かれた
大統領選挙[アメリカ](現代用語の基礎知識2016)
アメリカの大統領は4年を任期とし、国民による選挙人の選挙、選挙人による大統領選挙、という手続きで選ばれる。形式的には間接選挙であるが、政党の出現により実質的には直接選挙とほとんど異ならない。選挙は4で割り切れる年の、11月の第1月曜の次の火曜に行われ、一般有権者は州ごとに
マニフェスト(日本大百科全書(ニッポニカ))
政権公約。選挙公約集。選挙の際に政党や候補者などが示す政策綱領のこと。従来の選挙公約が具体性を欠く抽象的なものであったことから、従来型の選挙公約と区別して、政策の目標数値・達成期限・財源・工程などが具体的に明示された選挙公約をいう。英語のmanifestoは、もともと君主、政府、政党、団体などの宣言、声明(書)を意味
ネット選挙(日本大百科全書(ニッポニカ))
インターネット上の各種サービスを利用する選挙運動、およびそうした運動の許された選挙。インターネットを介して有権者が投票ができるということではない。選挙公示から投票日までの選挙期間中に、候補者がインターネットを選挙運動に活用することは、公職選挙法142条の「規定された文書図画以外の頒布」にあたるとされ
18歳選挙権(日本大百科全書(ニッポニカ))
満20歳以上が行使できる日本国民の選挙権を満18歳以上とすること。また、その選挙権。2015年(平成27)6月、選挙に参加することのできる有権者の年齢を満20歳から満18歳に引き下げるとともに、選挙犯罪などに関する少年法などに特例を設けて成人同様に処罰することを内容とする、公職選挙法等の一部を改正する法律が成立した
選挙と同じカテゴリの記事をもっと見る


「18歳選挙権」は選挙に関連のある記事です。
その他の選挙に関連する記事
政党要件(日本大百科全書(ニッポニカ))
政党として認めるための条件。公職選挙法(86条)、政治資金規正法(3条の2項)、政党助成法(2条)、政党法人格付与法(3条)がそれぞれ諸派、地域政党、ミニ政党などの政治団体を政党として認めるための要件を定めている。四つの法律の政党要件はほぼ共通しており
比例代表制(日本大百科全書(ニッポニカ))
各党派の得票数に比例した数の議員が選出される可能性を保障する選挙方法。18世紀後半のフランスにおいて、数学者のJ・C・ボルダやコンドルセらによって、それまで用いられていた多数代表制の批判と確率計算法に基づく新選挙法の提案がなされた。
公職選挙法(日本大百科全書(ニッポニカ))
日本国憲法に規定された公職就任者を公明・適正に選び、民主政治の健全な発達を目ざして制定された基本法。憲法は、(1)衆議院議員、(2)参議院議員、(3)地方公共団体の長・議員・法律の定めるその他の吏員を、国民あるいは住民が普通・平等・秘密選挙によって選出することを求め
大統領制(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・情報・知識 imidas)
広義には、大統領を元首とする統治形態をいう。狭義には、厳格な三権分立制をとるアメリカの統治形態をいう。アメリカ、第五共和政後のフランス、ワイマール共和国時代のドイツ、インドネシア、韓国(大韓民国)などの大統領のように、その権限の強い
18歳選挙権(日本大百科全書(ニッポニカ))
満20歳以上が行使できる日本国民の選挙権を満18歳以上とすること。また、その選挙権。2015年(平成27)6月、選挙に参加することのできる有権者の年齢を満20歳から満18歳に引き下げるとともに、選挙犯罪などに関する少年法などに特例を設けて成人同様に処罰することを内容とする、公職選挙法等の一部を改正する法律が成立した
選挙に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る