1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 社会問題
  10. >
  11. 高齢化社会
日本大百科全書(ニッポニカ)

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
高齢化社会
こうれいかしゃかい
aging society

総人口に占める高齢者人口の割合が高まっていく社会をいう。一般的に人口統計では、高齢者を65歳以上と定義することが多いが、60歳以上を高齢者とする場合もある。本項では65歳以上を高齢者として述べる。
総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)によって社会の高齢化の程度を表す。老年人口割合とよぶこともある。
日本の高齢者人口は、1947年(昭和22)の国勢調査では400万人弱で、総人口の4.8%に過ぎなかった。1960年には500万人強となったが、高齢化率は5.7%にとどまっていた。1960年代後半から徐々に高齢者人口は増加を始め、1970年には700万人強に達し、高齢化率が日本の人口統計史上初めて7%を超えた。この7%という水準を超えると高齢化率は急速に上昇していくことが、人口転換過程(多産多死から少産少死への人口動態変化)の研究から明らかにされており、1970年前後が日本の人口高齢化の始まった時期であるとみられている。その後、1979年に高齢者人口1000万人高齢化率8.9%、1998年(平成10)に同2000万人で同16.2%、2010年(平成22)同2900万人で同23.1%となるなど、人口高齢化は急速に進んだ。
この要因の一つとして、大正から昭和初期にかけての出生数の大規模な増加と、死亡率の低下(長寿化)があげられる。1947年(昭和22)の平均寿命は男性50.1年、女性54.0年であったが、2010年(平成22)は男性79.6年、女性86.4年と飛躍的に伸びた。年間60~90万人という急速な高齢者人口の増加は1990年代から始まったが、これは大正、昭和初期の多産時代に生まれた人々の加齢効果が反映されたものである。日本の高齢者人口の増加は過去に用意されていたといえる。
今後の高齢者人口の動向を、国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口の結果からみると、戦後の大規模出生集団である1947(昭和22)~1949年生まれの「団塊の世代」が65歳になり始める2012年には、3000万人を超える。彼らがすべて65歳以上となる2014年には、高齢者人口は3300万人弱に達するが、増加はしだいに鈍くなり、2040年代に入ると緩やかな減少傾向に入るものとみられている。
一方、高齢化率の趨勢(すうせい)はまったく様子が異なる。2024年に30.0%、2055年には40.5%へと持続的に上昇を続け、2.5人に一人が高齢者になると推計されている。人口再生産を安定的に支える合計特殊出生率(以下出生率とよぶ)はおよそ2.07であるが、それを大きく下回る(2010年で1.39)低出生率社会が出現した結果、次世代の人口供給規模が縮小した。15歳から64歳の生産年齢人口規模は1995年(平成7)に8717万人とピークに達し、2000年に8622万人、2010年に8073万人と、その後減少し続けている。若者世代の人口減少が進むので、2020年前後から高齢者人口の増加が停滞化しても、高齢化率の上昇に歯止めがかからないことになる。
今後は、
(1)出生率が低く推移すれば高齢化率は高くなる
(2)これまでの少子化の影響を受けて、今後40~50年間は高齢化が進行する
(3)長期的には、出生率が2.07近くに回復すれば徐々に高齢化は収まり、現在想定されている水準より低く推移する
と考えられる。
日本が高齢化率40%という超高齢化社会になるかどうかは、今後の出生率の行方にかかっている。それゆえ、社会保障における少子化対策を含む家族政策のもつ意味は極めて大きい。欧州先進諸国は、家族政策の展開により一時期の少子化を脱し、多くの国々で出生率は反転上昇してきている。国連の将来人口推計によると、フランスの2050年の高齢化率は24.9%(2009年の出生率1.99)、イギリスは23.6%(同1.94)、ドイツが30.9%(同1.36)と、出生率動向の違いが高齢化へ及ぼす影響の大きさを示している。
高齢化社会の進展は、健康的で豊かな暮らしを営むために必要不可欠な医療需要を増大させ、医療資源の確保や経費、医療サービス提供体制、受給者の窓口負担ならびに保険者(健康保険組合など)の保険給付等に大きな負担を強いることになる。また、要介護老人の増加に対する社会的支援制度の拡充も必要である。年金保険・老人福祉サービス・高齢者雇用継続給付などへの影響も大きい。たとえば社会保障給付費の総額は、1970年(昭和45)では3兆5239億円であったが、2008年(平成20)では94兆0848億円と26.7倍になっている。
高齢化社会の支え手(働き手)人口の減少により、人口負荷(population onus)が高まり、政府の財政を圧迫し、現役世代への負担の増加や医療・福祉サービスの低下につながらないとも限らない状況を生み出しつつある。したがって、高齢者雇用の促進や男女共同参画社会の実現など、持続可能な社会保障の仕組み再構築が喫緊の課題である。
[©橋重郷] 

©Shogakukan Inc.
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
高齢化社会の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 240
検索コンテンツ
1.高齢化社会
日本大百科全書
まり、現在想定されている水準より低く推移する と考えられる。 日本が高齢化率40%という超高齢化社会になるかどうかは、今後の出生率の行方にかかっている。それゆえ ... ...
2.高齢化社会
世界大百科事典
急速に人口高齢化が進展し,都市型高齢化社会が現れ,21世紀に本格化する高齢化社会に新しい問題を投げかけることになる。 このような変化とは別に,日本の高齢化社会は ... ...
3.こうれいか‐しゃかい【高齢化社会】
デジタル大辞泉
総人口に占める老年人口の比率が高まりつつある社会。日本では65歳以上の人口比率が7パーセントに達した昭和45年(1970)から始まったとされる。老人福祉などの対 ... ...
4.こうれいか‐しゃかい[カウレイクヮシャクヮイ]【高齢化社会】
日本国語大辞典
〔名〕平均寿命がのびることによって、国民の平均年齢が高くなった社会。労働人口、老後保障などが問題になる。コーレ ... ...
5.こうれいかしゃかい【高齢化社会】
ポケプロ和伊
società senile [女性名詞] ... ...
6.agingpopulation【高齢化社会】
Encyclopedia of Japan
The Japanese population is aging faster than any other in the world, a situation ... ...
7.高齢化社会[コラム]
プログレッシブ和英
an aging society ... ...
8.2030年に高齢化社会突入か:貯蓄の不足、福祉整備が課題[2015年08月04日]N
NA 2015-16
華人系は45%、インド系も44%となっており、老後の資金が高齢化社会への突入に向けて最大の課題になっていることがうかがえる。■介護施設の新設が急務高齢化社会の到 ... ...
9.lǎolínghuàshèhuì【老龄化社会】
ポケプロ中日
[名詞]高齢化社会. ... ...
10.ModernMaturity[タイトル]
e-プログレッシブ英和
《定期刊行物》「モダン・マチュリティー」 米国の高齢者向け雑誌(創刊1958) ◆高齢化社会にあって,老後を豊かで楽しく過ごすための各種情報を提供している;全米 ... ...
11.アクサ・グループ
日本大百科全書
簗場保行日本での活動日本では1994年(平成6)にアクサ生命保険を設立したが、知名度が低く苦戦した。高齢化社会が現実化し、保険商品のニーズも高くまた多様化する日 ... ...
12.医学
世界大百科事典
最近,世界的に関心を集めている地域保健や第一線医療(プライマリー・ケア)がその解答になるのか,とくに高齢化社会を迎える日本にとって,それをどのように理論化し実践 ... ...
13.意見広告
世界大百科事典
の1ページ広告キャンペーンを展開したころから高まった。70年代後半からは資源,環境,国土,高齢化社会,国際関係などをテーマとする政府や企業の広告のほか,日本医師 ... ...
14.一般消費税
日本大百科全書
は、1978年(昭和53)大平内閣のもとで導入が計られ断念された税をさす。赤字国債の急増、高齢化社会の到来、所得の平準化とサラリーマンの重税感などの状況に対応す ... ...
15.医薬分業
世界大百科事典
〉という形をとりながらも,厚生省の指導もあって,処方箋を発行する医療機関が増え続けている。高齢化社会の進展から健康保険による医療費の増大に対処する手段の一つとし ... ...
16.医療経済学
世界大百科事典
費を上昇させる要因があるのではないかという疑問が投げかけられている。発展した国々がいずれも高齢化社会となりつつある現在,今後も医療費が着実に上昇することはほぼ確 ... ...
17.医療費画像
世界大百科事典
982公布)が成立し実施された。これによって病気と貧困の悪循環はほぼ解消され,代わって人口高齢化社会の医療費急増時代に突入している。 医療費増大の国際比較 先進 ... ...
18.岩手(県)画像
日本大百科全書
計画が策定された。高速大量交通時代への適切な対応、県土資源の活用、エネルギー問題への対応、高齢化社会への対応、格差是正の五つの課題があり、その解決を図るよう施策 ... ...
19.「老いの才覚」[新語流行語]
イミダス 2015
2010年9月に出版された作家曽野綾子の著書(KKベストセラーズ刊)。超高齢化社会を迎えている現代日本において、高齢者世代を対象に、生き方を説く内容。自立した ... ...
20.オランダ画像
日本大百科全書
が続いたが、新世紀への転換期(1990年代末~2000年)ごろから新たな不況を迎え、加えて高齢化社会の進行と移民流入の圧力が経済と社会を圧迫し、移民(とくにイス ... ...
21.オートファジー
日本大百科全書
多くの病気、感染症の予防、免疫応答などに深くかかわっていることがわかってきたからである。たとえば、高齢化社会で暗い影を落とすアルツハイマー病は、脳の神経細胞に不 ... ...
22.介護食品
ニッポニカ・プラス
2023年には、65歳以上の高齢者人口が3人に1人になると予測(総務省人口推計)されており、超高齢化社会の到来によって介護食品市場は急速に拡大する。農林水産省の ... ...
23.かいご‐ほけん【介護保険】
日本国語大辞典
〔名〕厚生省が高齢化社会への対応策として導入した保険制度。国民から保険料を徴収し、将来介護が必要となったときに、認定度合に応じた介護サービスを提供するというもの ... ...
24.かかじちょう【香々地町】大分県:西国東郡
日本歴史地名大系
奇岩と自然美で有名な名勝地の夷谷などの観光資源を生かすとともに、農林漁業の近代化による生産性の向上、高齢化社会を見据えた町づくりなどを進めている。 ... ...
25.核家族
世界大百科事典
8%,60年63.5%,70年71.5%,80年75.4%と高まってきていることがわかるが,今後は高齢化社会が進むにしたがって核家族率は低下するものと思われる。 ... ...
26.家族
世界大百科事典
補完する態勢が整っていないとき,家族問題が顕在化する。核家族化による老人のみの世帯の増加は,高齢化社会の出現とあいまって,老人扶養を重大な社会問題にしているし, ... ...
27.家族政策
世界大百科事典
た。1970年代末には,都市のみでなく全国的規模での人間疎外,家庭内暴力などの進行に加えて高齢化社会の兆候が現実になり始めた。かくて国民の不満を緩和し,新しい国 ... ...
28.家庭科教育
日本大百科全書
男女とも選択必修するという形になった。 また、職業教育課程における家庭科も情報化社会と少子高齢化社会に対応した教育内容の再編が必要になった。つまり、家庭の生活機 ... ...
29.加藤義和画像
JK Who's Who
手始めに、無菌パック米飯、無洗米と米関連分野の一貫生産工場として、巨大な米市場にも進出。その一方で高齢化社会にも対応し、老人介護食や医療食の分野にも取り組み始め ... ...
30.看護の日
デジタル大辞泉プラス
5月12日。高齢化社会を支えるための、ケアと看護の精神の啓発を行う。近代看護の基礎を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなむ。国際看護師協会は同日を「 ... ...
31.共済組合
日本大百科全書
強くもっているし、年金額の計算などについても独特の方式を採用していた。そうした問題に対処して今後の高齢化社会に備えるため、各公的年金制度を通じて横断的に同一部分 ... ...
32.きんだい【近代】画像
国史大辞典
定めたので、国民健康保険および国民年金の制度が確立され、種々の福祉立法がなされた。しかし、高齢化社会の進展は社会保障の前進に大きな問題を投げかけている。また経済 ... ...
33.薬
日本大百科全書
。したがって、妊婦の薬剤の服用には専門家の指導を必要とすることを忘れてはならない。 また、高齢化社会の今日、嚥下(えんげ)や手指・視覚機能の低下がみられる高齢者 ... ...
34.経営家族主義
日本大百科全書
従業員の採用では、能力よりも集団的協調性が重視され、昇進や人事異動は年功主義により行われる。高齢化社会を迎え、能力主義の採用などによる終身雇用制の後退は、経営家 ... ...
35.研究・開発
日本大百科全書
・開発の重要性が増すにつれて、産業指向型の研究に資源配分が大規模化する。他方で、環境問題や高齢化社会の到来に伴って、人間・自然・社会の総体的な研究、あるいは相互 ... ...
36.健康寿命[健康/医学]
イミダス 2015
差し引いたものが健康寿命とされる。07年のWHOの統計では、日本は世界一の健康寿命国とされているが、高齢化社会を迎え、平均寿命と健康寿命の差が問題視されている。 ... ...
37.健康増進法
日本大百科全書
平成14年法律第103号。医療制度改革の一環で、廃止された栄養改善法の内容も含んでいる。目的は、高齢化社会に対応した国民の健康増進策の基本を決め、国民保健の向上 ... ...
38.限界集落
日本大百科全書
て地方経済が疲弊していたこと、(2)少子化のため日本の人口が2007年から減少局面に入り、高齢化社会の本格的到来が国民的な関心をよんだこと、(3)市町村合併に伴 ... ...
39.げんだい【現代】:
近代 国史大辞典
定めたので、国民健康保険および国民年金の制度が確立され、種々の福祉立法がなされた。しかし、高齢化社会の進展は社会保障の前進に大きな問題を投げかけている。また経済 ... ...
40.現代病
日本大百科全書
現代の状況を浮き立たせるような病気に特定して意味させるような使い方もある。いずれにしても、一方で高齢化社会の到来がいわれながら現代病の蔓延(まんえん)をみている ... ...
41.減築[イミダス編経済・産業]
イミダス 2015
減らしたり、一軒家を縮小したり、3棟並んだマンションを2棟にしたりすることなども減築に含まれる。少子高齢化社会を迎え、人口や世帯が縮小していく日本では、住環境の ... ...
42.ゲートボール
世界大百科事典
より全国的な規模で広がり始めた。昭和50年代になって盛んにいわれるようになった健康づくりや高齢化社会の到来にマッチしていたことも,ゲートボール・ブームを招いた要 ... ...
43.後期高齢者と終末期医療[生命倫理]
イミダス 2015
国が決めた呼称である。この制度は国民全体にかかる医療費のうち、高齢者の割合が突出していたため、高齢化社会における医療費抑制政策という意味合いで始められた。しかし ... ...
44.公共施設の再編[都市/交通]
イミダス 2015
人口減少・高齢化社会を迎え、税収の大幅な伸びが期待できない中で、これまでの公共施設のあり方を見直し、既存施設の長寿命化や複合化・転用等による有効活用、統廃合等 ... ...
45.後見(法律)
日本大百科全書
それが利用の障害になっていたことである。第二には、これまでの禁治産・準禁治産の二分法では、高齢化社会において実際に生じる多様な状況・需要に対応しきれないうらみが ... ...
46.公衆衛生
日本大百科全書
背景にしたHIV・AIDS、高病原性トリインフルエンザ、結核、マラリアなどの感染症の対策、超高齢化社会における高齢者の健康・生活などの介護・支援、医療の高度化に ... ...
47.こうせいしょう【厚生省】画像
国史大辞典
(昭和二十五年)、国民皆保険・皆年金の実現(同三十六年)、公害防止など環境衛生対策の推進、高齢化社会への対応の中核となるなど、最近における厚生行政の展開は目覚ま ... ...
48.厚生年金保険
日本大百科全書
報酬の再評価、物価スライド制の採用などの改正が行われた。 その後1980年代に入ると、少子高齢化社会に対応した公的年金制度全体の公平化と安定化が要請されるように ... ...
49.こうれい【高齢】
プログレッシブ和英
of ninety-eight. 【合成語】 高齢化|aging 高齢化社会|an aging society 少子高齢化社会|an aging society ... ...
50.こうれい【高齢】
ポケプロ和仏
男性名詞 高齢化 ヨーロッパの高齢化 vieillissement de l'Europe 高齢化社会 société dont l'âge moyen des ... ...
「高齢化社会」の情報だけではなく、「高齢化社会」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

高齢化社会と同じ社会問題カテゴリの記事
少子化問題(日本大百科全書(ニッポニカ))
少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意識の変化に基づくものであるが
高齢化社会(日本大百科全書(ニッポニカ))
総人口に占める高齢者人口の割合が高まっていく社会をいう。一般的に人口統計では、高齢者を65歳以上と定義することが多いが、60歳以上を高齢者とする場合もある。本項では65歳以上を高齢者として述べる。総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)によって社会の高齢化の程度を表す
社会問題と同じカテゴリの記事をもっと見る


「高齢化社会」は社会問題に関連のある記事です。
その他の社会問題に関連する記事
炉心溶融(日本大百科全書(ニッポニカ))
原子炉中の炉心が冷却手段を失い、過熱して破損・溶融すること。燃料棒とこれを支える構造物、制御棒などが集まる原子炉の中心部分を炉心とよび、ここでは大量の熱(運転時には核分裂による熱、運転停止後にはしだいに減少する崩壊熱)が発生している。これらの熱は冷却水を循環させて除去されているが
福島第一原子力発電所事故(日本大百科全書(ニッポニカ))
東北地方太平洋沖地震の影響により、東京電力福島第一原子力発電所(福島県大熊町・双葉町)で発生し、炉心溶融に至った重大事故。収束前の暫定評価として、国際原子力事象評価尺度(INES:International Nuclear Event Scale)で、もっとも深刻な事故にあたるレベル7に分類されている。
チェルノブイリ原子力発電所事故(日本大百科全書(ニッポニカ))
1986年4月26日午前1時24分ころ、当時のソビエト連邦(ソ連)ウクライナ共和国の首都キエフ市の北方130キロメートルにあるチェルノブイリ原子力発電所4号機で起こった原子力開発史上最大最悪の事故。事故後につくられた国際原子力事象評価尺度(INES)によれば、最悪の「レベル7」(深刻な事故、メジャー・アクシデント)とされている。
日本原子力研究開発機構(日本大百科全書(ニッポニカ))
2005年(平成17)10月1日、日本原子力研究所と核燃料サイクル開発機構を統合して設立された原子力の総合的研究開発機関。略称原子力機構。英語ではJapan Atomic Energy Agency、略称JAEAと表記する。独立行政法人として設立されたが、2015年4月に国立研究開発法人に改組された。
尖閣諸島(日本大百科全書(ニッポニカ))
沖縄県石垣市に属し、八重山列島北方の東シナ海中にある。主島の魚釣(うおつり)島(面積3.82平方キロメートル、中国名は釣魚島(ちょうぎょとう)または釣魚台(ちょうぎょだい))、北小島(面積0.31平方キロメートル)および南小島(面積0.4平方キロメートル)を含むグループと
社会問題に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る