1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 地域
  8. >
  9. 都道府県
  10. >
  11. 函館
日本大百科全書(ニッポニカ)

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
函館(市)
はこだて

北海道南西部にある市。渡島(おしま)半島の南東部にあたる亀田(かめだ)半島に位置し、南は津軽海峡に臨み、西には函館湾をいだく。道南の政治、経済、文化の中心地であり、渡島総合振興局が置かれている。初めウスケシ(アイヌ語で湾の端の意)とよばれていたが、1454年(享徳3)ごろ小豪族河野政通(まさみち)が函館山山麓(さんろく)に築いた館(やかた)が箱の形にみえたところから箱館(はこだて)とよばれるようになったという。1922年(大正11)市制施行。1939年(昭和14)湯川(ゆのかわ)町、1966年銭亀沢(ぜにかめざわ)村、1973年亀田市を編入。2004年(平成16)渡島支庁(現渡島総合振興局)管内の戸井(とい)町、恵山(えさん)町、南茅部(みなみかやべ)町、椴法華(とどほっけ)を編入。2005年中核市となる。北海道の南の玄関口にあたり、函館港、函館空港があり、函館駅はJR函館本線の、五稜郭(ごりょうかく)駅は江差(えさし)線の起点。国道5号、227号、228号、278号、279号が通じ、函館新道と函館江差自動車道の函館インターチェンジがある。中心市街地には市電(路面電車)が通る。1988年(昭和63)青函(せいかん)トンネルが完成、青森と鉄道により直結した。青函連絡船は廃止されたが、複数のフェリーが函館港と青森港間、大間(おおま)港(青森県)間に就航。函館空港は東京、大阪、名古屋、札幌、奥尻、ソウルなどとの間に定期便がある。中西部は袴腰岳(はかまごしだけ)、標津岳(しべつだけ)山麓の洪積台地で、南西部の津軽海峡に突き出た函館山との間の砂州上に中心市街地がある。砂州は亀田川などから排出された土砂が堆積(たいせき)し、また土地の隆起などで陸繋(りくけい)化したもの。陸繋部西側の函館港は水深の大きい天然の良港である。東部は山地や丘陵地が多く、東端の恵山岬には恵山(618メートル)がある。汐首(しおくび)岬、日浦(ひうら)海岸、武井(むい)の島など海岸一帯は恵山道立自然公園域。気候は海洋性で、対馬(つしま)海流の影響で道内では温暖であり、年平均気温は9.1℃(1981~2010)。
[瀬川秀良]

歴史

松前(まつまえ)藩領時代に亀田番所が置かれ、1802年(享和2)には幕府の箱館奉行(ぶぎょう)が設けられた。1854年(安政1)下田(しもだ)とともに日本最初の開港場となり、1859年には横浜、長崎などとともに貿易港に指定され、アメリカ、イギリス、ロシアの領事館が置かれた。1868年(明治1)箱館戦争が起きたが翌年榎本武揚(えのもとたけあき)らの降服で終わり、同年北海道開拓使出張所が置かれ、箱館は函館に改められた。1872年出張所は支庁となった。1908年(明治41)青函航路が開設され、大正時代に入ると北洋漁業の基地として発展が目覚ましく、海産物の輸出が盛んに行われた。1935年(昭和10)ごろまでの人口は道内一で札幌をしのいだ。この間、1878年、1879年、1907年、1921年、1934年(昭和9)の5回にわたって大火にみまわれ、とくに1934年には市の半分を焼失し、焼失家屋2万4000戸、死者2000人を数えた。太平洋戦争末期の1945年(昭和20)にはアメリカ軍の空襲を受け、400戸が焼失した。戦後の1952年には北洋漁業が再開されたが、現在漁獲制限など困難な問題を抱えている。
[瀬川秀良]

産業

屈曲に富む海岸には天然の良港が多く、漁業が主産業。第二次世界大戦前はイワシやマグロ漁が盛んであった。現在はイカ漁が中心で、コンブ、ワカメなどの海藻類、カレイ、ホッケ、サケ、スケトウダラなどの水揚げもあり、水産加工業も盛んである。1980年代以降はコンブ養殖、アワビ中間育成、ウニ種苗生産、ヒラメなどの魚類放流事業など栽培漁業への転換も進めている。白口浜(しろくちはま)のマコンブは良質で知られ、またマグロ大謀網(だいぼうあみ)漁業発祥の地といわれる。農業は函館平野を中心に米作、ジャガイモ、ダイコン、ニンジン、シイタケ栽培などが行われる。
工業は、1897年に設置された函館船渠(せんきょ)(現函館どっく)などがあり、造船業が盛んであったが、現在は不振。函館湾東岸は臨海工業地域で、水産加工、機械器具などの工場が立地する。製造品出荷額は食料品が全体の約半分を占め、ほかに飲料、飼料、たばこ製造、輸送用機器、一般機器、出版・印刷などがある。かつて函館市の商圏は全道に及んだが、現在では後退し渡島総合振興局管内を中心としている。市の中心商店街は函館駅前の若松地区、松風(まつかぜ)地区と、五稜郭駅前の亀田本町で、デパートや銀行、商店が軒を連ねる。なお、1984年函館テクノポリス開発計画が国に承認され、函館臨空工業団地、函館テクノパーク、テクノポリス函館上磯工業団地などを造成、研究施設や先端技術産業の誘致を図った。
また、観光資源や自然にも恵まれ、観光産業が盛んである。
[瀬川秀良]

文化・観光

中心市街地には西欧文化の影響を受けた歴史的建造物が多く残る。函館山山麓は山の手とよばれ、洋風建造物や外国人墓地などに開港当時の名残(なごり)をよくとどめている。ハリストス正教会は1860年(万延1)にロシア領事館付属聖堂として創建され、ビザンティン風の現在の建物(国の重要文化財)は1916年(大正5)に再建されたもの。旧函館区公会堂(1910年造、国の重要文化財)、旧ロシア領事館、旧イギリス領事館(開港記念館)、中華会館、カトリック元町教会、旧北海道庁函館支庁庁舎(函館市写真歴史館)などの洋風建築、東本願寺函館別院、高龍寺などの社寺、太刀川(たちかわ)家住宅店舗(1901年造、国の重要文化財)などの商店があり、旧金森洋物店は市立博物館郷土資料館に改造され、明治時代の生活用品などを展示する。ほかに函館市文学館(旧第一銀行函館支店)、市立函館博物館、函館市北方民族資料館などがある。なお、函館港から山の手にかけての町並は「函館市元町末広町」として国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。
1864年(元治1)建造の五稜郭(国の特別史跡)は日本最初の洋式城郭跡。榎本武揚らがこの城にこもって新政府軍と戦った。五稜郭と同じ洋式城郭の四稜郭(しりょうかく)は国の史跡に指定されている。函館八幡宮(はちまんぐう)に近い地に碧血碑(へきけつひ)があり箱館戦争の幕府軍の戦死者が埋葬される。南部の海岸沿いの丘陵地には、1500年ごろの小豪族の砦(とりで)であった志苔館(しのりだて)跡(国の史跡)がある。旧岩船氏庭園(香雪園)は国の名勝。そのほか、国指定重要文化財として、高野寺の木造大日如来(だいにちにょらい)坐像、旧遺愛女学校宣教師館、北海道志海苔(しのり)中世遺構出土銭(函館博物館蔵)が、国の重要有形民俗文化財として、アイヌの生活用具コレクション(北方民族資料館蔵)がある。上湯川(かみゆのかわ)町のトラピスチヌ修道院は1898年に創立されたシトー会に属する女子修道院である。
函館山へはロープウェーが通じ、頂上からは函館市街や函館港を一望でき、とくに夜景で知られる。函館山東側の立待岬(たちまちみさき)には与謝野鉄幹(よさのてっかん)・晶子(あきこ)夫妻の歌碑が立ち、大森浜の啄木(たくぼく)記念小公園には石川啄木の座像がある。函館空港と中心市街地の間に位置する湯の川温泉は、交通の便もよく函館観光の基地となっており、近くには函館競馬場がある。
東部に広がる恵山道立自然公園域も観光客が多い。国民保養温泉地に指定されている恵山温泉郷や水無(みずなし)海浜温泉、川汲(かっくみ)、磯谷(いそや)、大船(おおふね)などの各温泉がある。恵山南西麓にある続縄文文化遺跡の恵山貝塚など、縄文時代の遺跡が多い。大船(おおふね)遺跡は国指定史跡、著保内野(チョボナイノ)遺跡出土の「中空土偶(ちゅうくうどぐう)」は国宝に指定されている。川汲公園はサクラの名所。台場山は箱館戦争の際に幕府軍が砲台を築いた場所である。面積677.93平方キロメートル、人口27万9127(2010)。
[瀬川秀良] 

©Shogakukan Inc.
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
函館の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 2355
検索コンテンツ
1. 函館(市) 画像
日本大百科全書
北海道の南の玄関口にあたり、函館港、函館空港があり、函館駅はJR函館本線の、五稜郭(ごりょうかく)駅は江差(えさし)線の起点。国道5号、227号、228号、27 ... ...
2. 函館[市]
世界大百科事典
市域東部は山地,西部は函館平野からなり,市街地は南端の函館山山麓から砂州上に扇形に広がり,西に函館湾を抱く。1988年4月まで青函連絡船が出入りしていた北海道の ... ...
3. はこだて【函館】 画像 地図
デジタル大辞泉
北海道南西部の市。津軽海峡に面する。渡島(おしま)総合振興局所在地。もと江戸幕府直轄領。安政元年(1854)開港。かつて青函連絡船が通じる北海道の表玄関であり、 ... ...
4. はこだて【函館】
日本国語大辞典
〔一〕(戦国時代、領主河野政道が築いた館の形が箱に似ているところから呼ばれたと伝えられる。箱館と書かれていたが、明治二年(一八六九)箱館戦争後、現在の表記に改め ... ...
5. はこだて【函館】
国史大辞典
同十二年函館区が置かれ、亀田には郡役所を置く。同十五年函館県、同十九年北海道庁管下。同三十年全道を十九支庁に分け、函館は函館支庁、亀田は亀田支庁に属した。同三十 ... ...
6. はこだて【函館】北海道:渡島支庁/函館市/旧函館区地区
日本歴史地名大系
明治三二年一〇月に自治制の函館区となるまで函館区の行政事務は函館支庁が担当、函館区会も議長を支庁長が勤め、区会において説明員となる番外も函館区書記から北海道庁属 ... ...
7. きゆうはこだてはくぶつかんいちごうかん・はこだてはくぶつかんにごうかん【旧函館博物館一号館・函館博物館二号館】北海道:渡島支庁/函館市/旧函館区地区/函館/青柳町
日本歴史地名大系
三月、開拓使函館支庁は函館公園内に博物場(函館仮博物場)を設けることに決定し、建物は六月に工事を起こして、七月に落成した。陳列品は寄付の勧誘広告に応じて市民から ... ...
8. 函館市場
デジタル大辞泉プラス
株式会社函館市場が展開する寿司屋のチェーン。 2012年04月 ... ...
9. 函館駅殺人事件
デジタル大辞泉プラス
西村京太郎の長編推理小説。1986年刊行。函館を舞台にしたトラベルミステリー。十津川警部シリーズ。 2011年10月 ... ...
10. はこだてがいじんぼち【函館外人墓地】北海道:渡島支庁/函館市/旧函館区地区/函館/台町
日本歴史地名大系
両領事館閉鎖後は函館市が管理を行い、函館ハリストス正教会も維持に協力している。なおロシア人墓地の向い側には中華山荘という標柱のある中国人墓地があり、異質な空間と ... ...
11. ハコダテギンポ
日本大百科全書
硬骨魚綱スズキ目ニシキギンポ科に属する海水魚。岩手県以北の太平洋、新潟県以北の日本各地、日本海北部、オホーツク海、ベーリング海に分布する。体は細長く、著しく側扁 ... ...
12. はこだてく【函館区】北海道:渡島支庁/函館市/旧函館区地区/函館
日本歴史地名大系
計書)。明治三五年北海道鉄道会社が函館―本郷(現大野村)間に鉄道(現JR函館本線)を敷設、一二月一〇日に運行を開始し、函館区内の最も亀田村寄りの海岸町に函館駅、 ... ...
13. 函館區(はこだてく)
古事類苑
地部 洋巻 第2巻 1294ページ ... ...
14. はこだて‐くうこう【函館空港】 地図
デジタル大辞泉
北海道函館市にある空港。国管理空港の一。昭和36年(1961)開港。海上保安庁の基地を併設する。→拠点空港 ... ...
15. はこだてくうこう【函館空港】北海道:渡島支庁/函館市
日本歴史地名大系
函館市街東方の海岸近くにあり、昭和三六年(一九六一)に開港した。昭和二九年頃から函館市でも空港設置の要望が高まり、設置場所の検討が進められた。当初は市街の北西方 ... ...
16. はこだてけん【函館県】
国史大辞典
置の際、函館府を函館県に改めたが、同月二十四日廃止。 (二) 明治十五年二月八日開拓使を廃し、同十九年一月二十六日北海道庁設置に至るまで北海道は函館・札幌・根室 ... ...
17. はこだてけん【函館県】北海道:北海道
日本歴史地名大系
、同一五年二月八日をもって廃止され、北海道に函館・札幌・根室の三県が置かれることとなった。当県は開拓使函館支庁の行政区画をそのまま引継ぎ、渡島国函館区(四四ヵ町 ... ...
18. はこだて‐こう【函館港】 地図
デジタル大辞泉
北海道函館市、津軽海峡に面する港。重要港湾の一で、管理者は函館市。日米修好通商条約により安政6年(1859)開港。本州との移出入のほか、北洋漁業の拠点地として発 ... ...
19. 函館港
デジタル大辞泉プラス
良港。安政の5ヵ国条約締結により、横浜・長崎とともに日本で最初の貿易港となった。港湾管理者は、函館市。重要港湾(1951年1月指定)。港湾区域面積は、2,293 ... ...
20. はこだてこうえん【函館公園】北海道:渡島支庁/函館市/旧函館区地区/函館/青柳町
日本歴史地名大系
[現]函館市青柳町 明治一二年(一八七九)一一月に開園した北海道初の本格的な公園で、函館山の東麓に位置する。明治六年一月太政官は「人民輻輳ノ地」では「古来ノ勝区 ... ...
21. 函館公園
デジタル大辞泉プラス
北海道函館市にある公園。日本の歴史公園100選に選ばれている。 2012年08月 ... ...
22. はこだてごこくじんじや【函館護国神社】北海道:渡島支庁/函館市/旧函館区地区/函館/南新町
日本歴史地名大系
[現]函館市青柳町 西は函館山の山麓、南は津軽海峡に面して鎮座。もと官祭函館招魂社と称し、明治二年(一八六九)箱館戦争の官軍兵の一六〇余柱を祀ったのに始まる(「 ... ...
23. はこだて‐し【函館市】
デジタル大辞泉
⇒函館 ... ...
24. はこだてし【函館市】北海道:渡島支庁
日本歴史地名大系
函館臨空工業団地、函館テクノパーク、テクノポリス函館上磯工業団地などを造成したが、現在は研究施設や先端技術産業の誘致・拡充を模索中である。市内には公立はこだて未 ... ...
25. はこだてし【函館市】[変更地名 2004年12月1日]北海道(旧函館市・旧戸井町・旧恵山町・旧椴法華村・旧南茅部町)
日本歴史地名大系
2004年12月1日:函館市が亀田郡戸井町・恵山町・椴法華村、茅部郡南茅部町を編入 ⇒【函館市】北海道:渡島支庁 ⇒【戸井町】北海道:渡島支庁 ⇒【恵山町】北海 ... ...
26. 函館市青函連絡船記念館摩周丸[百科マルチメディア]
日本大百科全書
見学することができる。北海道函館(はこだて)市c函館市 湯の川温泉旅館協同組合 社団法人函館国際観光コンベンション協会 ... ...
27. 函館市電「箱館ハイカラ號」[百科マルチメディア]
日本大百科全書
ハイカラ號(ごう)」。北海道函館(はこだて)市c函館市 湯の川温泉旅館協同組合 社団法人函館国際観光コンベンション協会 ... ...
28. はこだてしでんしや【函館市電車】北海道:渡島支庁/函館市
日本歴史地名大系
明治四四年一〇月、路線の電化が企画され、函館馬車鉄道は函館水電株式会社(明治三九年に渡島水電株式会社として創立、同四三年に改称)に合併、運輸事業は函館水電に譲渡 ... ...
29. 函館市戸井ウォーターパーク
デジタル大辞泉プラス
北海道函館市にある総合レジャー施設。キャンプ場、温泉施設「ふれあい湯遊館」、バーベキューハウスなどがある。 2013年03月 ... ...
30. 函館新聞
デジタル大辞泉プラス
株式会社函館新聞社が販売する新聞。主な販売地域は北海道函館市、北斗市など。朝刊のみ発行。1997年創刊。 2011年12月 ... ...
31. 函館新聞社 函館港花火大会~海の日制定記念~
デジタル大辞泉プラス
北海道函館市で行われる花火大会。打ち上げ数は約3000発。 2013年08月 ... ...
32. 函館事件(はこだてじけん)
古事類苑
外交部 洋巻 第1巻 1429ページ ... ...
33. はこだて‐だいがく【函館大学】 地図
デジタル大辞泉
北海道函館市にある私立大学。昭和40年(1965)の開学。昭和13年(1938)創立の函館計理学校以来の実学教育の伝統をもつ、商学部の単科大学。 ... ...
34. はこだて‐だいがく【函館大学】
日本国語大辞典
北海道函館市にある私立の大学。昭和一三年(一九三八)開設の函館計理学校に始まる。同二八年函館商科短期大学、同四〇年現名の大学となる。ハコダテダイ ... ...
35. はこだてちゆうかかいかん【函館中華会館】北海道:渡島支庁/函館市/旧函館区地区/函館/富岡町
日本歴史地名大系
[現]函館市大町 明治四三年(一九一〇)に在函華僑たちが建てた会館。日本唯一の純中国風レンガ造建造物で、登録有形文化財。昭和初期まで函館港の貿易は中国への海産物 ... ...
36. 函館通寶(はこだてつうほう)
古事類苑
泉貨部 洋巻 第1巻 39ページ ... ...
37. 函館七飯(ななえ)スノーパーク
デジタル大辞泉プラス
北海道亀田郡七飯町にあるスキー場。駒ヶ岳、大沼を一望できる。全長4000メートルのロングコースがある。 2011年12月 ... ...
38. 函館の夜景[百科マルチメディア]
日本大百科全書
函館山(はこだてやま)から市街を望む。空気が澄む冬季はとくに美しいといわれる。右は津軽海峡、左は函館港。北海道函館市 〓NetAdvance ... ...
39. 函館八幡宮 画像
日本大百科全書
北海道函館市谷地頭(やちがしら)町に鎮座。祭神は品陀和気命(ほんだわけのみこと)(応神(おうじん)天皇)のほか住吉大神、金刀比羅(ことひら)大神を配祀(はいし) ... ...
40. 函館八幡宮[百科マルチメディア]
日本大百科全書
のが始まりと伝えられる。1880年(明治13)函館山(はこだてやま)南東麓に移された。現在の社殿は1915年(大正4)に建てられたもの。北海道函館市 ... ...
41. 函館八幡宮
世界大百科事典
北海道函館市谷地頭町に鎮座。品陀和気(ほんだわけ)命(応神天皇)を主祭神とし,住吉大神,金刀比羅(ことひら)大神を配祀する。社伝によれば1445年(文安2)亀田 ... ...
42. はこだて‐はちまんぐう【函館八幡宮】 画像 地図
デジタル大辞泉
北海道函館市にある神社。祭神は品陀和気命(ほんだわけのみこと)・住吉大神・金刀比羅(ことひら)大神。文安2年(1445)城の守護神として領主河野政道が創建したと ... ...
43. はこだて‐はちまんぐう【函館八幡宮】
日本国語大辞典
北海道函館市谷地頭(やちがしら)町にある神社。旧国幣中社。祭神は品陀和気命(ほむたわけのみこと=応神天皇)ほか二柱。文安二年(一四四五)領主河野政道が城の守護神 ... ...
44. はこだてはちまんぐう【函館八幡宮】
国史大辞典
北海道函館市谷地頭(やちがしら)町に鎮座。旧国幣中社。祭神は品陀和気(ほんだわけ)命・住吉大神・金刀比羅(ことひら)大神。巫女伊知女の後をうけて正徳五年(一七 ... ...
45. はこだてはちまんぐう【函館八幡宮】北海道:渡島支庁/函館市/旧函館区地区/函館/谷地頭町
日本歴史地名大系
[現]函館市谷地頭町 函館山東麓に鎮座。祭神誉田別命。旧国幣中社。「福山秘府」によれば造営の由緒・年次ともに不明。宝永五年(一七〇八)に箱館村中で造替されている ... ...
46. 函館八幡宮(はこだてはちまんぐう)【篇】
古事類苑
神祇部 洋巻 第4巻 1708ページ ... ...
47. 函館ハリストス正教会[百科マルチメディア]
日本大百科全書
た。国指定重要文化財 北海道函館(はこだて)市 〓函館市 湯の川温泉旅館協同組合 社団法人函館国際観光コンベンション協会 ... ...
48. はこだてはりすとすせいきようかい【函館ハリストス正教会】北海道:渡島支庁/函館市/旧函館区地区/函館/元町
日本歴史地名大系
[現]函館市元町 函館山東麓に所在する。一帯は国指定の重要伝統的建造物群保存地区に含まれ、付近に聖ヨハネ教会・元町カトリック教会・旧イギリス領事館・旧函館区公会 ... ...
49. はこだてはんとう【函館半島】北海道:渡島支庁/函館市
日本歴史地名大系
亀田半島から函館山に向かって南西に突き出した陸繋砂洲と函館山からなり、西側に函館港がある。陸繋部には函館山の北東麓を要として扇状に函館市街が発達する。亀田川がも ... ...
50. 函館ハーフマラソン
デジタル大辞泉プラス
北海道函館市で行われるマラソン大会。日本陸上競技連盟公認のハーフマラソン。第1回大会は1991年。 2011年10月 ... ...
「函館」の情報だけではなく、「函館」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

函館と同じ都道府県カテゴリの記事
上田市(日本大百科全書(ニッポニカ))
長野県中東部、上田盆地の中心都市。千曲川中流に位置し、1919年(大正8)市制施行。1921年城下村、1954年(昭和29)塩尻村、川辺村、1956年神川村、泉田村、1957年神科村、1958年豊殿村、1970年塩田町、1973年川西村を編入。上田盆地の大部分が市域になった。2006年(平成18)小県郡丸子町
函館(日本大百科全書(ニッポニカ))
北海道南西部にある市。渡島半島の南東部にあたる亀田半島に位置し、南は津軽海峡に臨み、西には函館湾をいだく。道南の政治、経済、文化の中心地であり、渡島総合振興局が置かれている。初めウスケシ(アイヌ語で湾の端の意)とよばれていたが、1454年(享徳3)ごろ
東京(日本大百科全書(ニッポニカ))
関東地方の南西部にあり、日本国の首都。東は江戸川を境として千葉県に、北は内陸県の埼玉県に、西端は関東山地を境として山梨県に、南は境川・多摩川などを境として神奈川県に、それぞれ接している。その面積は2187.65平方キロメートルで、香川県・大阪府に次いで全国では
山口県(日本国語大辞典)
本州西端部の県。周防・長門の二国にあたる。明治四年(一八七一)の廃藩置県により山口・豊浦・岩国・清末(きよすえ)の四県となり、同年末に山口県に統合されて現在の県域が定まる。県庁所在地は山口市。
京都(府)(日本大百科全書(ニッポニカ))
近畿地方の中央部から北部にかけて細長く伸び、東は福井・滋賀・三重の各県に接し、南は奈良県、西は兵庫県・大阪府と境し、北は日本海に面する。五畿内(きない)の山城(やましろ)一国と、山陰道の丹波(たんば)国の大部分および丹後(たんご)国全域からなる。


「函館」は都道府県に関連のある記事です。
その他の都道府県に関連する記事
京都(府)(日本大百科全書(ニッポニカ))
近畿地方の中央部から北部にかけて細長く伸び、東は福井・滋賀・三重の各県に接し、南は奈良県、西は兵庫県・大阪府と境し、北は日本海に面する。五畿内(きない)の山城(やましろ)一国と、山陰道の丹波(たんば)国の大部分および丹後(たんご)国全域からなる。
山口県(日本国語大辞典)
本州西端部の県。周防・長門の二国にあたる。明治四年(一八七一)の廃藩置県により山口・豊浦・岩国・清末(きよすえ)の四県となり、同年末に山口県に統合されて現在の県域が定まる。県庁所在地は山口市。
東京(日本大百科全書(ニッポニカ))
関東地方の南西部にあり、日本国の首都。東は江戸川を境として千葉県に、北は内陸県の埼玉県に、西端は関東山地を境として山梨県に、南は境川・多摩川などを境として神奈川県に、それぞれ接している。その面積は2187.65平方キロメートルで、香川県・大阪府に次いで全国では
函館(日本大百科全書(ニッポニカ))
北海道南西部にある市。渡島半島の南東部にあたる亀田半島に位置し、南は津軽海峡に臨み、西には函館湾をいだく。道南の政治、経済、文化の中心地であり、渡島総合振興局が置かれている。初めウスケシ(アイヌ語で湾の端の意)とよばれていたが、1454年(享徳3)ごろ
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る