1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 加藤清正
日本大百科全書(ニッポニカ)

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
加藤清正
かとうきよまさ
[1562―1611]

安土(あづち)桃山時代の武将。秀吉「子飼い」の肥後熊本の大名。尾張(おわり)国愛智(えち)郡中村(名古屋市)の生まれ。幼名夜叉丸(やしゃまる)、元服後は虎之助(とらのすけ)清正と改名。幼少時より豊臣(とよとみ)秀吉に仕える。1580年(天正8)播磨(はりま)国神東(じんとう)郡(兵庫県神崎郡)120石を給せられ、翌年の鳥取城攻め、備中(びっちゅう)国冠山(かんむりやま)城攻め、山崎の戦いに参加。とくに1583年の賤ヶ岳(しずがたけ)の戦いで活躍し、七本槍(やり)の一人に数えられる。その功績により近江(おうみ)・山城(やましろ)・河内(かわち)国など3000石の知行(ちぎょう)を得る。1585年従五位下(じゅごいのげ)主計頭(かずえのかみ)に叙任。1587年の九州征伐には後備、肥後宇土(ひごうと)城番を勤める。このころの役職は兵粮方(ひょうろうかた)に関係していたらしい。また和泉(いずみ)国(大阪府)堺(さかい)周辺の代官を兼務。このころから母の教化で日蓮(にちれん)宗の信仰が強くなる。1588年佐々成政(さっさなりまさ)の後を受け、肥後北東部半国(芦北(あしきた)郡を含む)の領主となり隈本(くまもと)(熊本)城主。領地高約19万5000石。肥後の豊臣蔵入地(くらいりち)の代官も兼務。文禄(ぶんろく)の役には第二軍を率いて出兵し、鬼将軍と恐れられ、1592年(文禄1)7月には朝鮮の2王子臨海君(りんかいくん)、順和君(じゅんなくん)を会寧(かいねい)(北朝鮮)で捕らえ、さらに兀良哈(オランカ)(現ロシア領)にまで兵を進む。片鎌槍(かたかまやり)での虎狩りは有名なエピソードで、武将の名を高めているが、江戸中期につくられたもの。戦役では領土割譲を主張し、しだいに石田三成(いしだみつなり)、小西行長(こにしゆきなが)らの講和派のために孤立化し、ついに1596年(慶長1)讒訴(ざんそ)され、伏見(ふしみ)に蟄居(ちっきょ)を命ぜられる。この蟄居期間中に京畿(けいき)で大地震があり、秀吉の身を案じて登城したので謹慎が解けたという、「地震加藤」の物語があるが、謹慎解除の真相は不明。このころ呂宋(ルソン)(フィリピン)貿易を計画しているし、理財にも秀でた人物である。慶長(けいちょう)の役に再出兵したが、蔚山(うるさん)城にて苦戦し、九死に一生を得て帰国。関ヶ原の戦いでは九州における東軍の中心となる。戦後に肥後一国(天草・球磨(くま)を除く)領主(54万石、豊後(ぶんご)国の一部を含む)となる。このころから領内の川普請(かわぶしん)、新田開発を進め、今日の肥後平野の基礎をつくる。また壮大堅牢(けんろう)な名城熊本城を築城(慶長3、4、6年着工説がある)し、城下町を形成し、今日の熊本市の母胎となる。領内政策の一つにキリスト教の弾圧を早くから行い、日蓮宗の興隆に努めた。1603年(慶長8)3月、従四位下(じゅしいのげ)肥後守(ひごのかみ)に叙任。その後江戸城、名古屋城の普請工事に活躍。11年豊臣秀頼(ひでより)を説得し、徳川家康と二条城で会見させ、和平策を企図する。その帰途、船中にて発病。後世、この会見で毒饅頭(どくまんじゅう)を食わされて毒殺されたと伝説化されているが誤りで、彼の死因は脳溢血(のういっけつ)による。晩年は「履道応乾(りどうおうけん)」の印章を使用し、文芸・茶道にも努める。慶長(けいちょう)16年6月24日、50歳で死亡。本廟(ほんびょう)が熊本市西区本妙寺にある。のち子加藤忠広のとき御家騒動や領内政策などの不手際で、1632年(寛永9)庄内(しょうない)(山形県)に配流(はいる)され、加藤氏断絶となる。
[森山恒雄] 

©Shogakukan Inc.
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
加藤清正の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 981
検索コンテンツ
1. 加藤清正 画像
日本大百科全書
安土(あづち)桃山時代の武将。秀吉「子飼い」の肥後熊本の大名。尾張(おわり)国愛智(えち)郡中村(名古屋市)の生まれ。幼名夜叉丸(やしゃまる)、元服後は虎之助( ... ...
2. 加藤清正[百科マルチメディア]
日本大百科全書
「加藤清正画像」 東京大学史料編纂所所蔵模写(部分) ©東京大学史料編纂所 ... ...
3. 加藤清正
世界大百科事典
最晩年には豊臣秀頼の二条城会見を成功させ,その直後6月24日死亡。浄池院殿永運日乗。森山 恒雄 加藤清正は浄瑠璃,歌舞伎では〈出世奴の世界〉(足利時代に仮託した ... ...
4. かとう‐きよまさ【加藤清正】 画像
デジタル大辞泉
[1562〜1611]安土桃山時代の武将。尾張の人。幼名、虎。豊臣秀吉に仕え、賤ヶ岳(しずがたけ)七本槍の一。肥後の半国を与えられて熊本城主となり、文禄の役・慶 ... ...
5. かとう‐きよまさ【加藤清正】
日本国語大辞典
安土桃山・江戸初期の武将。幼名虎之助。尾張国(愛知県)の人。賤ケ岳(しずがたけ)七本槍の一人。豊臣秀吉に仕えて戦功多く、肥後熊本城主となる。文祿・慶長の役には朝 ... ...
6. かとうきよまさ【加藤清正】 画像
国史大辞典
[参考文献]『大日本史料』一二ノ八 慶長十六年六月二十四日条、『熊本県史料』中世編三・五、中野嘉太郎『加藤清正伝』、岡田章雄編『信長と秀吉』(『人物・日本の歴史 ... ...
7. かとう-きよまさ【加藤清正】
日本人名大辞典
1562−1611 織豊-江戸時代前期の武将,大名。永禄(えいろく)5年6月24日生まれ。豊臣秀吉につかえ,賤ケ岳(しずがたけ)の戦いに七本槍のひとりとして活躍 ... ...
8. 加藤清正
デジタル大辞泉プラス
海音寺潮五郎の歴史小説。1983年刊行。 2013年05月 ... ...
9. かとうきよまさ【加藤清正】
日本架空伝承人名事典
最晩年には豊臣秀頼の二条城会見を成功させ、その直後六月二四日死亡。浄池院殿永運日乗。[森山 恒雄] 加藤清正は浄瑠璃、歌舞伎では「出世奴の世界」(足利時代に仮託 ... ...
10. 加藤清正[文献目録]
日本人物文献目録
丈士『加藤清正』小橋博『加藤清正 2巻2冊』片山丈士『加藤清正公墳墓』早坂忠雄『熱田神宮鎮皇門と加藤清正』近藤喜博『加藤清正』小倉秀貫『加藤清正』川崎紫山『加藤 ... ...
11. Katō Kiyomasa 【加藤清正】
Encyclopedia of Japan
1562−1611 Daimyo of the Azuchi-Momoyama period (1568−1600). Supposedly born in N ... ...
12. 加藤©正與二小西行長一爭二先陣一 (見出し語:加藤©正)
古事類苑
外交部 洋巻 第1巻 418ページ ... ...
13. 加藤©正像 (見出し語:加藤©正)
古事類苑
禮式部 洋巻 第2巻 1247ページ ... ...
14. 加藤©正家 (見出し語:加藤©正)
古事類苑
居處部 洋巻 第1巻 447ページ ... ...
15. 加藤©正建二本妙寺一 (見出し語:加藤©正)
古事類苑
宗教部 洋巻 第4巻 1083ページ ... ...
16. 加藤©正得二譽於異域一 (見出し語:加藤©正)
古事類苑
人部 洋巻 第2巻 304ページ ... ...
17. 加藤©正捕二朝鮮王子一 (見出し語:加藤©正)
古事類苑
外交部 洋巻 第1巻 434ページ ... ...
18. 加藤©正於二朝鮮一望二富士山一 (見出し語:加藤©正)
古事類苑
地部 洋巻 第3巻 772ページ ... ...
19. 加藤©正殺レ虎 (見出し語:加藤©正)
古事類苑
動物部 洋巻 第1巻 447ページ ... ...
20. 加藤©正細心 (見出し語:加藤©正)
古事類苑
人部 洋巻 第1巻 1230ページ ... ...
21. 加藤©正蔚山籠城 (見出し語:加藤©正)
古事類苑
外交部 洋巻 第1巻 513ページ ... ...
22. 加藤©正誡二家臣一 (見出し語:加藤©正)
古事類苑
人部 洋巻 第2巻 219ページ ... ...
23. 加藤©正賞二飯田覺兵衞功一 (見出し語:加藤©正)
古事類苑
人部 洋巻 第2巻 414ページ ... ...
24. 加藤©正造二營本門寺一 (見出し語:加藤©正)
古事類苑
宗教部 洋巻 第4巻 460ページ ... ...
25. 加藤©正飼レ猿 (見出し語:加藤©正)
古事類苑
動物部 洋巻 第1巻 296ページ ... ...
26. 石田三成讒二加藤©正一 (見出し語:加藤©正)
古事類苑
人部 洋巻 第2巻 700ページ ... ...
27. 加藤清正印[図版] 画像
国史大辞典
履 履道応乾 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ... ...
28. 加藤清正花押[図版] 画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ... ...
29. かとうきよまさこうびょう【加藤清正侯廟】熊本県:熊本市/中尾村/本妙寺
日本歴史地名大系
清正の法号浄池院殿永運日乗大居士にちなんで浄池廟とも称する。「国誌」によれば、慶長一六年六月二四日加藤清正が没し、忠広は「清正侯ノ霊廟ヲ飽田郡池亀荘井芹村中尾山 ... ...
30. かとうきよまささむらいちょう【加藤清正侍帳】
国史大辞典
は、前半の記載内容が『加藤清正侍帳』の前半と全く同一であるが、それによると奥付は元和八年となっている。したがって『加藤清正侍帳』の成立もこの時期であろうし、また ... ...
31. かとう-きよまさの-はは【加藤清正母】
日本人名大辞典
?−1600 織豊時代の女性。豊臣秀吉の母天瑞(てんずい)院の従姉妹。尾張(おわり)(愛知県)中村の農民加藤清忠と結婚,清正を生む。5歳の清正をつれて近江(おう ... ...
32. 小西行長與二加藤清正一爭二先陣一 (見出し語:小西行長)
古事類苑
外交部 洋巻 第1巻 418ページ ... ...
33. あいだ-のぶや【相田信也】
日本人名大辞典
辞して京都で儒学,和歌,書をまなび,のち常陸(ひたち)水戸藩にとりたてられた。祖父の内匠(たくみ)は加藤清正につかえたという。 ... ...
34. あかおまるじょうあと【赤尾丸城跡】熊本県:熊本市/熊本城下/京町懸
日本歴史地名大系
ろう。柿原城とともに、戦国期には隈本城の北方外城として、見張り兼外郭陣地であったといわれる。加藤清正時代まで使用され、細川氏時代に廃城となったとされる。廃城後藩 ... ...
35. 不開間
日本大百科全書
熊本城の天守閣内の「昭君(しょうくん)の間」も明かずの間であったが、実は「将軍の間」のカムフラージュで、藩祖加藤清正が将来徳川方と一戦の際、豊臣秀頼(とよとみひ ... ...
36. あかばばむら【赤馬場村】熊本県:阿蘇郡/南小国町
日本歴史地名大系
満願寺川が杖立川に合流する地点にあり、南は馬場村、北は杉田村に接する。慶長六年(一六〇一)一〇月一四日の加藤清正領知黒印状(相良家文書)で深水織部は当村内で七〇 ... ...
37. あがの-きぞう【上野喜蔵】
日本人名大辞典
明宗21年生まれ。2代上野忠兵衛の父。朝鮮釜山城主尊益の子尊楷という。文禄(ぶんろく)・慶長の役のとき加藤清正につれてこられる。豊前(ぶぜん)田川郡上野(あがの ... ...
38. あがのむら【上野村】福岡県:田川郡/赤池町
日本歴史地名大系
「赤池町史」によると、上野焼の陶祖である尊楷は朝鮮釜山の城主尊益の子で、文禄・慶長の役の頃に加藤清正およびその配下の毛利勝信に従って肥前唐津領内に滞在し、細川忠 ... ...
39. あきたぐん【飽田郡】
国史大辞典
たって親冬の孫久基は、退城せしめられ、代わって佐々成政にこれが与えられた。成政が誅されるや、加藤清正が入城し、本格的な城下町の建設が始まった。寛永九年(一六三二 ... ...
40. あきたぐん【飽田郡】熊本県:肥後国
日本歴史地名大系
継ぎ守護となってからは守護府としての機能をもつことになった。その機能を引継ぐ形で一七世紀初頭加藤清正によって隈本は熊本と改められ、慶長一二年(一六〇七)熊本城が ... ...
41. 浅野幸長
世界大百科事典
免れ,97年(慶長2)再度朝鮮に従軍,西生浦ついで蔚山(うるさん)城にこもり,明軍に包囲されて苦戦した。帰朝後加藤清正ら七将と石田三成を排撃して佐和山に隠退させ ... ...
42. あさのよしなが【浅野幸長】 画像
国史大辞典
しかしようやく明軍を撃退、三年四月帰国した。秀吉没後の不安な政情下では石田三成の党に強く反発、加藤清正・細川忠興らとともに「七人衆」と呼ばれた。そして関ヶ原の戦 ... ...
43. 芦北[町]
世界大百科事典
)が築かれ,村上,田浦,佐敷,相良,島津,加藤各氏が城主となっている。1592年(文禄1)の加藤清正の時代には島津方の武将梅北盛定が佐敷城を乗っとった梅北の乱が ... ...
44. あしきたぐん【葦北郡】
国史大辞典
戦国時代には南から島津氏が侵入しここをおさえていた。天正年間(一五七三―九二)豊臣秀吉の西国征伐後は佐々成政・加藤清正・細川氏の領有と続いた。明治四年(一八七一 ... ...
45. あしきたぐん【葦北郡】熊本県
日本歴史地名大系
の後、肥後一国は佐々成政に預けられたが、成政失脚後は加藤清正と小西行長が分割して領し、その際葦北郡は飛地であったが、北半国を領知した加藤清正領となる。清正は佐敷 ... ...
46. あしやだむら【蘆屋田村】熊本県:上益城郡/矢部町
日本歴史地名大系
献じている。慶長六年(一六〇一)当村のうち一一二石が田辺又介に宛行われている(同年一〇月一六日「加藤清正黒印状」田辺文書)。慶長国絵図に村名がみえる。矢部手永に ... ...
47. 阿蘇(市) 画像
日本大百科全書
率いて活動。しかし、戦国時代末期、島津氏の肥後国進出によって衰え、阿蘇社の祭祀も衰退した。近世、加藤清正が阿蘇氏に知行を与え、社家と祭祀を復活。その後熊本藩主と ... ...
48. あそうじ【阿蘇氏】 画像
国史大辞典
、同十五年には豊臣秀吉の支配を受け、惟光は謀殺され、阿蘇大宮司職は終りをつげることになった。加藤清正は三百五十石を惟善に与え、細川氏もそれをひきついだが、もはや ... ...
49. あそうばるむら【麻生原村】熊本県:上益城郡/甲佐町
日本歴史地名大系
[現]甲佐町麻生原 緑川左岸にあり、西は世持村、南は船津村、北は津志田村に接する。加藤清正の緑川改修工事に伴って村の南東に麻生原堰が作られた(甲佐町史)。近世は ... ...
50. あそぐん【阿蘇郡】
国史大辞典
衆徒の支配権が弱まり、衆徒が離反するなかで、阿蘇氏は大友氏や島津氏に圧せられるようになった。加藤清正が肥後に入るや、阿蘇氏から政治権力を切り離し、もっぱら祭祀の ... ...
「加藤清正」の情報だけではなく、「加藤清正」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

加藤清正と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代の武将。本名信繁。昌幸の次男。1586年(天正14)豊臣秀吉の臣となり、94年(文禄3)豊臣信繁の名で従五位下左衛門佐に叙任した。妻は秀吉の奉行大谷吉継の女。のち父昌幸、兄信之とともに徳川家康に臣従したが、関ヶ原の戦いには
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として、高知城下本町(高知市本丁筋一丁目)に生まれる
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代・江戸初期の大名。上杉謙信の養子。初名は卯松、喜平次、顕景。実父は越後坂戸城(新潟県南魚沼市)の城主長尾政景で、母は謙信の姉。父の死後謙信に養われ、1575年(天正3)春日山城の中城で上杉弾正少弼景勝となる。78年謙信の死後、もう1人の養子上杉三郎景虎
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「加藤清正」は真田丸に関連のある記事です。
その他の真田丸に関連する記事
明石掃部(明石全登/あかしてるずみ)(日本人名大辞典・世界大百科事典・国史大辞典)
織豊-江戸時代前期の武将。宇喜多秀家につかえ,関ケ原の戦いで西軍に属して敗れ筑前(福岡県)秋月にすんだ。大坂の陣では豊臣秀頼の招きに応じ,真田幸村らと活躍したが,慶長20年(1615)大坂落城の際に死んだとも,逃亡して元和4年に病死したともいう。
長宗我部盛親(国史大辞典)
一五七五-一六一五。安土桃山時代の武将。土佐国の大名。幼名千熊丸、右衛門太郎(増田右衛門尉長盛を烏帽子親として右衛門、盛親を名乗る)、土佐守。天正三年(一五七五)岡豊(おこう)城(高知県南国市)に生まる。長宗我部元親の四男、母は斎藤氏。
毛利勝永(日本人名大辞典)
織豊-江戸時代前期の武将。毛利勝信の子。関ケ原の戦いで西軍に属し,敗れて父とともに土佐高知藩主山内一豊(かずとよ)にあずけられる。慶長19年子の勝家と脱走して大坂城にはいり
後藤基次(後藤又兵衛)(改訂新版・世界大百科事典)
織豊政権期の武将。通称又兵衛。氏房,政次ともいう。播磨三木城主別所氏に仕えた新左衛門の子。豊前黒田氏に養われ,孝高・長政父子に仕えた。長政に従って豊臣秀吉の九州征伐,文禄・慶長の役に従軍,関ヶ原の戦にも戦功をあげる。
豊臣秀頼(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一五九三-一六一五。豊臣秀吉の第二子。文禄二年(一五九三)八月三日大坂城内に生まれた。母は側室浅井氏(茶々、淀殿)。秀吉は実子に恵まれず、浅井氏との間に鶴松を得たが三歳にして死別した。このため秀頼誕生の喜びは大きく、みずから肥前名護屋の陣中より正室北政所に書状を送り
真田丸に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る