ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. 伝統芸能
  8. >
  9. 琵琶楽
  10. >
  11. さつま‐びわ[ビハ]【薩摩琵琶】

ジャパンナレッジで閲覧できる『さつま‐びわ[ビハ]【薩摩琵琶】』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本国語大辞典

さつま‐びわ[‥ビハ] 【薩摩琵琶】

解説・用例

〔名〕

琵琶を伴奏とする語り物音楽。また、その伴奏に用いる楽器。戦国時代に薩摩の島津忠良が士気振興のため、道徳的な歌詞を作り、盲僧に作曲させ、藩の子弟に歌わせたのにはじまる。安土桃山時代から江戸初期にかけて戦記物語に取材するものが多くなり、剛健な音楽となった。現在、正派・錦心流・錦(にしき)琵琶の三派があり、近世琵琶音楽の一大勢力。楽器は、全長約九一センチメートルで海老尾(えびお)は大きく、四弦四柱(じ)。錦琵琶は五弦五柱。ひざの上に斜めに立てて、扇形に開いた大型の撥(ばち)で奏する。

*恋慕ながし〔1898〕〈小栗風葉〉二二「素人方の三曲や、薩摩琵琶なぞが余興に在るさうですから」

*微光〔1910〕〈正宗白鳥〉四「薩摩琵琶(サツマビハ)を唄ったりするのは面白いけれど」

発音

〓[ビ]〓[ビ]

図版

〓摩琵琶〈風俗画報〉

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
さつま‐びわ[ビハ]【薩摩琵琶】の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 79
検索コンテンツ
1. 薩摩琵琶
日本大百科全書
同時に、寿長院は盲僧琵琶を改良して新しい琵琶歌のための楽器をつくった。これが薩摩琵琶の音楽と楽器の起源であるが、当時は薩摩琵琶とはいわず、琵琶歌とのみ呼称してい ...
2. さつま‐びわ【薩摩琵琶】
デジタル大辞泉
室町末期、薩摩で発生した琵琶音楽、およびそれに用いる楽器。勇壮な歌詞、悲壮な曲風のものが多い。普通は4弦4柱(じゅう)の楽器をひざの上に斜めに立て、扇形に大きく ...
3. さつま‐びわ[‥ビハ]【薩摩琵琶】
日本国語大辞典
*恋慕ながし〔1898〕〈小栗風葉〉二二「素人方の三曲や、薩摩琵琶なぞが余興に在るさうですから」*微光〔1910〕〈正宗白鳥〉四「薩摩琵琶(サツマビハ)を唄った ...
4. さつまびわ【〓摩琵琶】
国史大辞典
武家の士風琵琶に対した。この二様式の琵琶楽が池田甚兵衛によって、現在の薩摩琵琶の姿に統合されたのは、江戸時代末のことである。明治に入り薩摩琵琶は東京にも進出し、 ...
5. 薩摩琵琶(さつまびわ)
古事類苑
樂舞部 洋巻 第1巻 729ページ ...
6. 薩摩琵琶
デジタル大辞泉プラス
室町時代に薩摩地方(現在の鹿児島県)で発生した琵琶音楽。またその音楽で使用される弦楽器。楽器は雅楽の琵琶よりやや小ぶりのものが多い。柱(ちゅう)は高く、扇形の大 ...
7. 薩摩琵琶の各部名称[百科マルチメディア]
日本大百科全書
〓西川勝也 ...
8. 琵琶 : 図-薩摩琵琶の各部名称
世界大百科事典
 ...
9. いしどうまる[いしダウまる]【石童丸】
日本国語大辞典
し、二種類ある。薩摩琵琶では、明治中期に四竈訥治(しかまとつじ)作歌、吉水経和作曲。後に永田錦心が改良。錦心流の代表曲。筑前琵琶では、初代橘旭翁(一八四八〜一九 ...
10. いしどうまる【石童丸】
日本架空伝承人名事典
絞りもあへず香をたき、雪より白き掌を合せ、南無阿弥陀仏と伏拝む、姿を見つる苅萱は、胸も張り裂くばかりなり薩摩琵琶歌石童丸 ...
11. いっすい‐かい[‥クヮイ]【一水会】
日本国語大辞典
〔一〕薩摩琵琶(さつまびわ)の一派。明治四一年(一九〇八)に永田錦心が錦水会から独立して創始したもの。大正二年(一九一三)、錦心流と改めたが、その後、錦心流の一 ...
12. うどじんぐう【鵜戸神宮】宮崎県:日南市/宮浦村
日本歴史地名大系
一一歳で鵜戸窟に流された祐教礼師が伝来した琵琶を弾じながら、地神陀羅尼経を九州各地に伝えたのが薩摩琵琶の始めとして琵琶楽の発祥地とされている。鵜戸山は両部神道で ...
13. おうぎのまと[あふぎのまと]【扇的】
日本国語大辞典
筑前琵琶の曲の名。明治中期、今村外園の作詞、初代橘旭翁の作曲になる。「平家‐一一」の那須与一に素材をとり、薩摩琵琶の「那須与一」に対応する。 ...
14. おんがく【音楽】
国史大辞典
を極めた浄瑠璃の祖である『浄瑠璃十二段』の発生したのもこの期である。なお近代琵琶歌の祖をなす薩摩琵琶もまたこの期の産物である。要するにこの期は短期間であったが、 ...
15. 語り物
世界大百科事典
のようなものもあり,東北地方では御国浄瑠璃なども語られ,九州地方には地神盲僧の語る肥後琵琶,薩摩琵琶などもある。→語り →口承文芸山本 吉左右 漂泊伶人 平家物 ...
16. かたり‐もの【語り物】
デジタル大辞泉
日本の声楽曲の一系統で、筋のある物語を節をつけて語るもの。また、その詞章。平曲・幸若(こうわか)舞曲・説経節・祭文(さいもん)・浄瑠璃・薩摩(さつま)琵琶・筑前 ...
17. かたり‐もの【語物】
日本国語大辞典
〔名〕筋のある物語を節をつけて語る芸能。平曲、幸若、説経節、祭文(さいもん)、浄瑠璃、薩摩琵琶、筑前琵琶、浪花節など。その詞章をもいう。 ...
18. がっき【楽器】
国史大辞典
〔中世〕 琵琶楽には、地神琵琶(荒神(こうじん)琵琶、九州に伝存)、平曲の平家琵琶(のちに薩摩琵琶(室町時代)、筑前琵琶(明治初年))。能には囃子の四拍子(し ...
19. 君が代
日本大百科全書
Fenton(1828―没年不明)が薩摩(さつま)藩士に洋楽講習中、日本国歌作成の要を説き、大山巌(いわお)は薩摩琵琶歌(びわうた)『蓬莱山(ほうらいさん)』中 ...
20. 君が代
世界大百科事典
長J.W.フェントンが国歌の必要を説き,薩摩藩砲兵隊長大山弥助(のちの元帥陸軍大将大山巌)が薩摩琵琶歌《蓬萊山(ほうらいさん)》に入っていた《君が代》を歌詞とし ...
21. きみがよ【君が代】
国史大辞典
介して儀礼用の国歌があるかを問うたのに対し、同藩砲兵隊長大山巌は野津鎮雄・大迫貞清にはかり、彼らが愛唱していた薩摩琵琶歌「蓬莱山」から「君が代」をえらびフェント ...
22. 錦心流
日本大百科全書
薩摩琵琶(さつまびわ)から分派した琵琶楽の一派。1908年(明治41)永田錦心が創始。編集部 ...
23. ぎん‐がわり【吟替(わ)り/吟変(わ)り】
デジタル大辞泉
薩摩琵琶の旋律型の一。悲哀・憂愁の場面などに、高い音域でうたわれる。 2 小唄の節に合わない声。  ...
24. ぎん‐がわり[‥がはり]【吟替・吟変】
日本国語大辞典
〔名〕(1)薩摩琵琶(さつまびわ)の旋律型の一つ。哀調を帯びたもので、一曲の聞かせ所。(2)小唄の曲節に合わない声(俚言集覧{1797頃})。(3)音や調子が変 ...
25. 五弦琵琶
世界大百科事典
古代の五弦の流れを汲みながら楽器自体は4弦4柱の形をとっていた近世琵琶楽では,筑前琵琶の2世橘旭翁・橘旭宗,薩摩琵琶系統の水藤錦穣・鶴田錦史が新たに5弦のものを ...
26. ごげん‐びわ[‥ビハ]【五弦琵琶】
日本国語大辞典
浅緑臈纈裏〓〉」(2)近代の五弦の琵琶。薩摩琵琶系統の錦(にしき)琵琶や、鶴田派の琵琶と、筑前琵琶の五弦。すべて四弦に一弦を加えたもので、五弦五柱 ...
27. じょうらくいん【常楽院】鹿児島県:日置郡/吹上町/田尻村
日本歴史地名大系
三二世大光院も島津貴久より三州盲僧の総家督に取立てられ、盲僧の修行と保護の中心地となった。寿長院改良の琵琶は薩摩琵琶の始まりと伝えられる。三三世浄徳院のとき島津 ...
28. じんよう‐こう[ジンヤウカウ]【潯陽江】
日本国語大辞典
楓葉荻花秋索索」〔二〕邦楽の曲名。白楽天の「琵琶行」に基づく曲。(イ)薩摩琵琶の曲。明治中期、物集(もずめ)高見作詞・高崎正風添削。作詞、作曲とも薩摩琵琶中の傑&nbsnbsp;...
29. そう‐け【宗家】
日本国語大辞典
百年忌とあって、金剛、喜多の両宗家を始め」*落葉と蝋燭〔1934〕〈尾崎士郎〉一「玉仙先生は薩摩琵琶(さつまびわ)の宗家であります」ソーケ ...
30. ぞく‐がく【俗楽】
日本国語大辞典
声明(しょうみょう)・普化尺八(ふけしゃくはち)などの宗教音楽や、謡曲・筑紫箏(つくしごと)・薩摩琵琶(さつまびわ)など品格を重んじた音楽は含まない。三味線音楽 ...
31. たい‐かん【大干・大甲】
日本国語大辞典
〔名〕薩摩琵琶の歌の曲節の一つ。最も高い音域で強くうたうもので数句からなる。 ...
32. たいら-とよひこ【平豊彦】
日本人名大辞典
1870−1908 明治時代の薩摩琵琶(さつまびわ)演奏家。明治3年生まれ。家伝の琵琶を独習,日清(にっしん)戦争のとき軍艦松島にのりこんで演奏,士気を鼓舞した ...
33. 橘旭翁
世界大百科事典
博多の盲僧として荒神(こうじん)琵琶に携わっていた。40歳代で鹿児島を半年間訪れて,あこがれの薩摩琵琶を習い,帰郷後楽器の改作,新様式の作品創作,楽譜作成を試み ...
34. 段物
世界大百科事典
ある。江戸長唄でも,《勧進帳》などのような劇的内容をもつものをいうことがある。(4)琵琶で,薩摩琵琶,筑前琵琶を通じて,段をもつ大曲を,〈端歌物〉と区別して〈段 ...
35. だんもの【段物】
国史大辞典
まるごと載せた「正本(しょうほん)」「院本(まるほん)」の称に対応する名。 (五) 前述のほか、新内節・薩摩琵琶なども、段物と端物・端歌物とを区別する。新内では ...
36. だんもの【段物】 : 段物/(五)
国史大辞典
(五) 前述のほか、新内節・薩摩琵琶なども、段物と端物・端歌物とを区別する。新内では初代鶴賀若狭掾が作った新内節独自の曲ではなく、義太夫節の語り物の一段あるい ...
37. 筑前琵琶
日本大百科全書
われている。当時は東京を中心に薩摩琵琶が全国に流行しつつあったが、橘は自ら旭翁と名のり、吉田とともに上京し新琵琶楽の普及に努めた。その結果、旭翁の橘流が薩摩琵琶 ...
38. ちくぜん‐びわ【筑前琵琶】
デジタル大辞泉
およびそれに用いる楽器。筑前の盲僧琵琶をもとに、薩摩(さつま)琵琶と三味線音楽を参考に作られた。楽器は薩摩琵琶よりやや小さく、4弦または5弦を張り五柱(じゅう) ...
39. ちくぜん‐びわ[‥ビハ]【筑前琵琶】
日本国語大辞典
〔名〕琵琶の一種。また、その歌曲。薩摩琵琶よりやや小型。棹(さお)は比較的長く、四弦または五弦を張り、五柱を設けて撥(ばち)で演奏する。音調が高く、音階も多いの ...
40. ちくぜんびわ【筑前琵琶】
国史大辞典
、筑前盲僧琵琶の音楽様式に、薩摩琵琶や三味線音楽の要素を加えて、新しく創始したもの。明治末にはやくも中央に進出したのをはじめ、短期間のうちに全国的に広まり、薩摩 ...
41. ちゅう‐かん【中干・中甲】
日本国語大辞典
三の糸の下部の方(甲高い音)を指し、それよりさらに高い甲の「大甲」(極甲)と区別した名称。(2)薩摩琵琶の曲節。大干ほど高い調子ではなく、地よりも少し高く、感情 ...
42. ちゅうせい【中世】 : 楽器
国史大辞典
〔中世〕 琵琶楽には、地神琵琶(荒神(こうじん)琵琶、九州に伝存)、平曲の平家琵琶(のちに薩摩琵琶(室町時代)、筑前琵琶(明治初年))。能には囃子の四拍子(し ...
43. ちょうきゅうじあと【長久寺跡】宮崎県:日南市/板敷村
日本歴史地名大系
また四季の土用の初の日には飫肥城内寄付之間において地神払いを執行している。なお当寺僧の弾じる琵琶は薩摩琵琶であった。明治初年に廃寺となるが、明治九年(一八七六) ...
44. つい‐ちょう[‥テウ]【追弔】
日本国語大辞典
〕〈若月紫蘭〉六月暦「史談会の会長が祭文を朗読する。やがて追弔(ツヰテウ)の演説、筑前琵琶及薩摩琵琶の弾奏が有った」ツイチョー ...
45. つるた-きんし【鶴田錦史】
日本人名大辞典
1911−1995 昭和-平成時代の琵琶(びわ)演奏家。明治44年8月15日生まれ。錦心流薩摩琵琶の小峰元水にまなぶ。上田高女を中退して上京。昭和42年武満徹作 ...
46. とくだ-ぜんびょうえ【徳田善兵衛】
日本人名大辞典
薩摩(さつま)鹿児島藩士であったが,藩禁制の浄土真宗を信仰したため,町人となる。池田甚兵衛に薩摩琵琶をまなび,町風琵琶を得意とした。西幸吉(1855-1931) ...
47. 永田錦心
日本大百科全書
薩摩琵琶(さつまびわ)錦心流の創始者。本名武雄。東京生まれ。19歳で薩摩琵琶を肥後錦獅(ひごきんし)に学び、20歳で宗家吉水錦翁(よしみずきんおう)から錦心の号 ...
48. 永田錦心
世界大百科事典
1885-1927(明治18-昭和2) 錦心流薩摩琵琶の創始者。当時すでに東京にも普及しつつあった薩摩琵琶を肥後錦獅の下で数年のうちに習得し,20歳で錦心の号を ...
49. 錦琵琶
日本大百科全書
(えのもとしすい)の門から出た水藤錦穣(すいとうきんじょう)(1911―73)である。彼女は薩摩琵琶の楽器をつくりかえて五弦五柱(四弦のものもある)とし、柱間隔 ...
50. にしきびわ【錦琵琶】
国史大辞典
薩摩琵琶(さつまびわ)  ...
「さつま‐びわ[ビハ]【薩摩琵琶】」の情報だけではなく、「さつま‐びわ[ビハ]【薩摩琵琶】」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

さつま‐びわ[ビハ]【薩摩琵琶】と同じ琵琶楽カテゴリの記事
ちくぜん‐びわ[ビハ]【筑前琵琶】(日本国語大辞典)
琵琶の一種。また、その歌曲。薩摩琵琶よりやや小型。棹(さお)は比較的長く、四弦または五弦を張り、五柱を設けて撥(ばち)で演奏する。音調が高く、音階も多いのが特徴。筑前博多(福岡市)の人、橘智定(初世旭翁)が薩摩琵琶と三味線楽とを融合して創始したもの。
さつま‐びわ[ビハ]【薩摩琵琶】(日本国語大辞典)
琵琶を伴奏とする語り物音楽。また、その伴奏に用いる楽器。戦国時代に薩摩の島津忠良が士気振興のため、道徳的な歌詞を作り、盲僧に作曲させ、藩の子弟に歌わせたのにはじまる。安土桃山時代から江戸初期にかけて戦記物語に取材するものが多くなり、剛健な音楽となった。
琵琶楽と同じカテゴリの記事をもっと見る


「さつま‐びわ[ビハ]【薩摩琵琶】」は文化に関連のある記事です。
その他の文化に関連する記事
花火(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
火を扱う技術を一般に火術というが、そのなかでも芸術的な分野をなすものを花火という。すなわち花火は、火薬などが爆発しまたは燃えるときの光、火花、火の粉、音、煙などを巧みに組み合わせて、主として観賞の用に供するもので、その現象そのものをさすこともあれば、
書状(国史大辞典)
書状とは手紙のことであって、用件・意志・感情などを書き記して相手方に伝える私的な文書のことである。書簡・書翰・書札・尺牘(せきとく)・消息(しょうそく・しょうそこ)・消息文などと呼ばれる。これらのうち漢文体のものを尺牘といい、仮名書きのものを消息とい
能面(日本大百科全書・世界大百科事典)
能に用いる仮面。「おもて」とよばれ、「めん」とはいわない。ヒノキを彫り、顔料(がんりょう)で彩色して仕上げる。キリ、クスノキ、カツラを材料とすることもある。種類によっては目や歯に銅をはめ込み、めっきを施す。ひげやまゆげなどに植毛を施すこともある
松竹新喜劇(世界大百科事典)
関西喜劇の喜劇団。松竹傘下。旗揚げは1948年12月,大阪の中座で,以後もそこを本拠として活動し現在に至っている。旗揚げのプログラムは茂林寺文福(もりんじぶんぷく)こと曾我廼家十吾(そがのやとおご)(1892-1974)と館直志(たてなおし)こと渋谷
旧正月(平成ニッポン生活便利帳)
旧正月とは旧暦の正月のことで、その年によって日にちは異なります。二十四節気の雨水(新暦2月19日頃)の直前の朔日(新月)が旧暦の元日となり、新暦では年によって1月22日〜2月19日までの間を移動することになります。朔日を元日として始まる新年を大正月と
文化に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る