1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 祭・祭事・イベント
  8. >
  9. >
  10. 坂部冬祭
日本大百科全書(ニッポニカ)

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
坂部冬祭
さかんべふゆまつり

長野県の諏訪(すわ)神社(下伊那(しもいな)郡天龍村坂部(さかべ))で1月4日に行われる祭り。もと霜月祭とよばれ、旧暦11月14日の湯立神楽(ゆだてかぐら)で、神社の拝殿を舞処として拝殿の炉に湯立の釜(かま)をかけ、徹夜で行われる。祭りに奉仕するのは禰宜(ねぎ)と宮人(みょうど)であるが、宮人とはこの宮に病気などで願掛けをした男子の氏子で、その願果たしに祭りに生涯奉仕することを約束した者である。大神宮、火の大神、神楽大神など神々に御湯を献ずる湯立が次々と行われる。夜明け近く、火の王社から迎えてきた面形(仮面)の舞がある。面には、たいきり面、獅子舞(ししまい)、鬼神面、天公鬼面、水王様、火王様、翁(おきな)面、日月面、女郎面などがある。村内の向方(むかいがた)、大河内(おおこうち)にも同種の湯立神楽があり、国の重要無形民俗文化財に指定されている。
[渡辺伸夫]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。