ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 和歌
  10. >
  11. つぎ‐うた 【継歌・続歌・次歌】

つぎ‐うた 【継歌・続歌・次歌】

ジャパンナレッジで閲覧できる『つぎ‐うた 【継歌・続歌・次歌】』の日本国語大辞典のサンプルページ

つぎ‐うた 【継歌・続歌・次歌】

解説・用例

〔名〕

(1)短冊を三つ折りにして、題を隠したまま各自短冊を分け取って、その場で歌を詠むこと。中世以降に流行し、三十首、五十首、百首から千首に及ぶことがある。また、それを披講する歌会をもいう。多く探題(さぐりだい)形式で詠まれた。

*右記〔1192〕「次当座続歌探題等哥。数多不〓〓〓之」

*吾妻鏡‐建長三年〔1251〕二月二四日「於〓前右馬権頭第〓、当座三百六十首有〓継歌〓

*尺素往来〔1439〜64〕「天神講七座并詩歌続(ツキ)歌一千首。和漢連句十百韵」

*御湯殿上日記‐文明九年〔1477〕一一月二二日「みなせの御ゑいへ、みやうかうの御つきうた五十しゆ」

(2)「つぎぶし(次節)」に同じ。

*俳諧・武蔵曲〔1682〕「遁世のよ所に妻子をのぞき見て〈芭蕉〉 つぎ哥耳にのこるよし原〈峡水〉」

*俳諧・骨書〔1787〕下「継歌に一斗の酒を飲ほこり〈青羅〉 舟の障子の川に流るる〈樗良〉」

*随筆・用捨箱〔1841〕中「予がおぼえし二歌を混じて、次節にも歌ひしか。次節又次歌といふ」

補注

(1)の名称の由来は未詳であるが、詠進した短冊を組題順または位順につぎつぎと整理し、綴じ合わせたところからとも、探題でつぎつぎに短冊をとったところからともいわれる。

発音

〓ウタ

〓[0]


上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


つぎ‐うた 【継歌・続歌・次歌】の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 6
検索コンテンツ
1. つぎ‐うた【継歌・続歌・次歌】
日本国語大辞典
、当座三百六十首有〓継歌〓」*尺素往来〔1439〜64〕 ...
2. つぎ‐うた【続ぎ歌/継(ぎ)歌/次歌】
デジタル大辞泉
1 歌会で、五十首・百首など一定数の詠題をくじなどで分け、列座の複数の作者が次々に和歌を詠むこと。また、その和歌。鎌倉中期以降に流行。 2 次節(つぎぶし)の異 ...
3. 三冊子(俳論集) 547ページ
日本古典文学全集
白雙紙 〔一〕俳諧の起源としての和歌 俳諧は歌なり。歌は天地開闢の時よりあり。陰神陽神、磤馭盧島に天下りて、まづ陰神「憙哉、遇〓可 ...
4. 三冊子(俳論集) 548ページ
日本古典文学全集
起源とする文芸 (1)連歌 和歌に連歌あり、俳諧あり。連歌は白河の法皇の御世に連歌の名あり。この号の先は継歌といふ。その句の数も定まらず。日本武尊、東夷征伐の下 ...
5. 新古今和歌集
日本大百科全書
1209年(承元3)ごろだいたい現存本文の形に定まったと考えられているが、切継の諸段階で書写された関係で、切継歌をめぐり相違がみられる。(3)第3類家長本 都に ...
6. つぎ【継】
日本国語大辞典
一「おとどのおとなび給まで、をとこ君むまれ給はで、つぎおはしますまじき世を」(4)「つぎうた(継歌)」の略。*春のみやまぢ〔1280〕七月七日「つぎ百首果てぬれ ...
「つぎ‐うた 【継歌・続歌・次歌】」の情報だけではなく、「つぎ‐うた 【継歌・続歌・次歌】」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

つぎ‐うた 【継歌・続歌・次歌】と同じ和歌カテゴリの記事
後撰和歌集(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
『古今和歌集』に次ぐ第二の勅撰和歌集。略称「後撰集」。951年(天暦5)、村上天皇の命により昭陽舎(梨壺に撰和歌所が設けられ、別当に藤原伊尹、寄人に大中臣能宣、清原元輔、源順、紀時文、坂上望城のいわゆる「梨壺の五人」が任ぜられて
なが‐うた 【長歌・長唄】(日本国語大辞典)
和歌の一体。五音、七音の二句を三回以上続け、最後に七音を添えるもの。ちょうか。*古今和歌集〔905〜914〕雑体・一〇〇二・詞書「ふるうたたてまつりし時のもくろくのそのなかうた」*源氏物語〔1001〜14頃〕行幸「なかうたなどの心ばへあらむを、御覧ぜむには
やまと‐うた 【大和歌・倭歌】(日本国語大辞典)
わが国固有の歌。多く、唐歌(からうた)に対して和歌をいう。*古今和歌集〔905〜914〕仮名序「やまとうたは、ひとのこころをたねとして、よろづのことの葉とぞなれりける」*後鳥羽院御口伝〔1212〜27頃〕「やまと哥を詠ずるならひ、昔より今にいたるまで
旋頭歌(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
歌体の一つ。「みじかうた」「みそひともじ」ともいう。形式は五・七・五・七・七の五句体、三十一音。五句を分けて、五・七・五の三句を上の句、七・七の二句を下の句、さらに第一句を初句・頭句・起句、第二句を胸句、第三句を腰句、第五句を結句・尾句・落句などと呼ぶ。
こんぽん‐か 【混本歌】(日本国語大辞典)
和歌の歌体の一つ。古今集の真名序に「混本」と見えるが、どのような歌体をさすか、未詳。旋頭歌に同じく六句体の歌であるとする説(喜撰式、宣長、守部など)、四句体の歌とする説(奥義抄、八雲御抄など)、片歌や五・七音を連続させる、結句のない偶数形式の歌とする説(五十嵐力)
和歌と同じカテゴリの記事をもっと見る


「つぎ‐うた 【継歌・続歌・次歌】」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
男色大鑑(日本古典文学全集)
色はふたつの物あらそい 神々が空に輝いていた御代の初め、天の浮橋の川原に住んでいた鶺鴒という鳥に教えられて、国常立尊は衆道に基づいて日の千麿の尊をお愛しなさった。すべての虫までも、男色の体位をとっているので、日本を蜻蛉国ともいうのである。
好色敗毒散(日本古典文学全集)
第一 長崎船 あなたはご存じだろう、備前焼の水瓶は、大きいが値段が安い。名物の茶入れは、小さいけれどもその価格は千両もすることである。この理法からすると天竺・震旦は国土が広大であるといっても、小国のわが日本には、はるかに劣っているのも、道理なのだなあ
かなめいし(仮名草子集)(日本古典文学全集)
春が過ぎ夏も来て、その夏もしだいに半ばになると、藤や山吹の散った後、続いて咲く垣根の卯の花、大和撫子。庭もさながら錦を敷いたかと思える中、千葉・万葉・梨月・名月などというさつきも、とりどりにほころび始める。山ほととぎすは声の限り盛んに鳴き
おくのほそ道(日本大百科全書・世界大百科事典)
芭蕉(ばしょう)の俳諧(はいかい)紀行。1689年(元禄2・芭蕉46歳)の3月27日、門人河合曽良(かわいそら)を伴って江戸を旅立ち、奥羽、北陸の各地を巡遊、8月21日ごろ大垣に入り、さらに伊勢(いせ)参宮へと出発するまでの、約150日間にわたる旅を
世間胸算用(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
浮世草子。五巻五冊。井原西鶴作。元禄五年(一六九二)正月刊。各巻四章、合計二十編の短編を集めた町人物。題名の下に「大晦日(おおつごもり)は一日千金」と副題し、また、「元日より胸算用油断なく、一日千金の大晦日をしるべし」(序文)と記すように、当時の経済
古典文学に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶