NHK大河ドラマ「光る君へ」特集
ジャパンナレッジは約1700冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史文化
  8. >
  9. 茶器
  10. >
  11. 卯花墻(卯花垣)

卯花墻(卯花垣)

ジャパンナレッジで閲覧できる『卯花墻(卯花垣)』の国史大辞典・日本国語大辞典のサンプルページ

国史大辞典
卯花墻
うのはながき
中興名物の志野茶碗。安土桃山時代から天正・文禄ごろにかけての作品で、古来志野茶碗中の名碗として名高い。素地は卵殻色で、これに志野釉が厚くかかり、口縁など施釉の薄い部分には、赤い焦膚ができている。全面には荒い貫入がある。一見手造りのように見えるが、轆轤により成形し、これを歪ませて篦繕いをしている。釉下には、薄墨色の鉄絵の具で奔放な筋を縦横に走らせている。底裏は無釉。樋(窯焼中のひびわれ)が三本。見込み(茶碗の内側底)にひっつきが一つある。この茶碗は、もと江戸冬木家に伝わったもので、明治の中ごろ、三井家に移り、国宝の指定をうけ、今日に至っている。なお茶碗の付属品のうち、内箱表には、「卯花墻」、裏紙地には、「やまさとのうのは那がきのなかつみちゆきふみわけしここ地こそすれ」の片桐石州の書付がある。雪のような厚い志野釉の中に垣根状の筋が描かれていて、命銘の歌は、よくその趣を表わしている。
[参考文献]
高橋義雄編『大正名器鑑』
(安藤 孝一)


日本国語大辞典
うのはな‐がき【卯花垣・卯花墻】

解説・用例

〔名〕

(1)卯の花の咲いている生垣。うのはながきね。《季・夏》

*新後撰和歌集〔1303〕夏・一六二「忍びねをいづくに鳴て郭公卯花かきになほまたるらん〈藤原忠良〉」

*広本拾玉集〔1346〕三「音羽山卯花かきにおそ桜春と夏とやあふ坂の関」

*春夏秋冬‐夏〔1902〕〈河東碧梧桐・高浜虚子編〉「下加茂や卯の花垣の古き家〈青嵐〉」

(2)(卯花墻)志野茶碗の一つ。全体に白釉を施して籬(まがき)のように見える黒い筋がある。

発音

ウノハナ〓

〓[ナ]


上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


卯花墻(卯花垣)の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 3
※検索結果は本ページの作成時点のものであり、実際の検索結果とは異なる場合があります
検索コンテンツ
1. うのはな‐がき【卯花垣・卯花墻】
日本国語大辞典
夏秋冬‐夏〔1902〕〈河東碧梧桐・高浜虚子編〉「下加茂や卯の花垣の古き家〈青嵐〉」(2)(卯花墻)志野茶碗の一つ。全体に白釉を施して籬(まがき)のように見える ...
2. うのはながき【卯花墻】
国史大辞典
明治の中ごろ、三井家に移り、国宝の指定をうけ、今日に至っている。なお茶碗の付属品のうち、内箱表には、「卯花墻」、裏紙地には、「やまさとのうのは那がきのなかつみち ...
3. 志野焼
日本大百科全書
定林寺(じょうりんじ)、高根(たかね)の諸窯があげられる。また代表作としては、志野茶碗では「卯花墻(うのはながき)」(国宝)と「羽衣」の銘をもつものが双璧(そう ...
「卯花墻(卯花垣)」の情報だけではなく、「卯花墻(卯花垣)」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

卯花墻(卯花垣)と同じ茶器カテゴリの記事
卯花墻(卯花垣)(国史大辞典・日本国語大辞典)
中興名物の志野茶碗。安土桃山時代から天正・文禄ごろにかけての作品で、古来志野茶碗中の名碗として名高い。素地は卵殻色で、これに志野釉が厚くかかり、口縁など施釉の薄い部分には、赤い焦膚ができている。全面には荒い貫入がある。一見手造りのように見えるが、轆轤により成形し
天目茶碗(日本大百科全書(ニッポニカ))
抹茶茶碗の一種。この呼称は、鎌倉時代に中国浙江省の禅寺天目山に学んだ僧侶が帰国に際して持ち帰った黒釉のかかった茶碗をわが国で天目とよんだのに始まるとされ、のちにはこの器形(天目形)のものを天目茶碗とよぶようになった。天目茶碗の基本形は、低く小さな輪高台をもち
高麗茶碗(世界大百科事典)
朝鮮半島で焼かれた茶の湯の茶碗の総称。高麗茶碗とはいうが,そのほとんどは李朝時代に焼かれたもので,高麗時代までさかのぼるものはわずかである。室町時代末に侘茶が流行するようになって賞玩され,桃山時代には茶の湯茶碗の主流となった。高麗茶碗は大別すると,一
井戸茶碗(国史大辞典・日本国語大辞典)
朝鮮茶碗の一種。李朝前期に焼かれた陶器。古来朝鮮茶碗のうち最も有名なもので、茶人の間で、大名物・名物と称して特に珍重されている。その特色、見所としては、形はのびのびとした椀形で、素地は砂まじりの荒い土である。全面には枇杷色と呼んでいる淡い褐色の釉薬が厚くかかり
茶器と同じカテゴリの記事をもっと見る


「卯花墻(卯花垣)」は文化に関連のある記事です。
その他の文化に関連する記事
雛人形(世界大百科事典)
雛祭に飾る人形。節供人形ともいう。平安時代には,小さな紙人形でままごと遊びをする〈ひいな〉遊びがあった。またこれとは別に,季節の変り目に神に供御(くご)(飲食物)を供えて身体の安泰を願う信仰があり,それを節供といった。3月上巳(じようし)(最初の巳
歌舞伎十八番(新版 歌舞伎事典・国史大辞典・世界大百科事典)
七世市川団十郎が制定した一八の演目をいう。七世団十郎は、天保三(1832)年三月海老蔵に八世団十郎を襲名させ、自身は海老蔵と改名した時に配った刷り物で、「歌舞妓狂言組十八番」と題して一八種の名目を掲げた。その後、天保一一年《勧進帳》の初演に際し
日本舞踊(日本大百科全書・世界大百科事典)
邦舞ともよび、西洋舞踊(洋舞)と大別される。広義には、舞楽(ぶがく)、能(のう)、歌舞伎(かぶき)舞踊(古典舞踊)、新舞踊、創作舞踊、民俗舞踊(郷土舞踊)などをいう。狭義には、これらのうち一般的によく知られている歌舞伎舞踊をいうことが多い。「舞踊」と
歌舞伎舞踊(新版 歌舞伎事典・世界大百科事典)
歌舞伎の中で演じられる舞踊および舞踊劇。また日本舞踊を代表する舞踊として同義語にも用いられる。【歴史】歌舞伎舞踊は、中世末期の風流(ふりゅう)踊という民俗舞踊を母体として発したもので、出雲のお国の踊った歌舞伎踊にはじまる。お国に追随した遊女歌舞伎も
寿狂言(新版 歌舞伎事典・世界大百科事典)
江戸の劇場の中村座・市村座・森田座に伝承された祝言儀礼的狂言のこと。家狂言ともいう。江戸時代の歌舞伎の興行権は、幕府が座元(太夫元)個人に与えた特権であった。江戸三座の座元は世襲であったので、その権威も特に大きく、各座では、由緒正しい家を誇り格式を
文化に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1700冊以上(総額750万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶