1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 科学・医学
  6. >
  7. 科学全般
  8. >
  9. 科学について
  10. >
  11. サイエンス
日本大百科全書(ニッポニカ)

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
サイエンス
さいえんす
Science 

アメリカの総合科学誌。『ネイチャー』誌と並び世界を代表する。編集部はワシントンD.C.にある。1880年、発明王エジソンの支援で、ジャーナリストのジョン・マイケルズJohn Michaelsによってニューヨークで創刊された。しかし、購読数が伸びず、休刊を経て1883年、昆虫学者のサミュエル・スカッダーSamuel H. Scudder(1837―1911)によって生まれ変わった。1900年には、全米の科学者の非営利組織・アメリカ科学振興協会(AAAS:American Association for the Advancement of Science)が発行する定期刊行物となり、現在に至る。
 「誰にでも門戸を開き、先端科学を通じた社会への貢献」をミッションとしている。アインシュタインの重力レンズ効果(1936)など『ネイチャー』誌同様に数々の教科書に残る科学研究の成果が掲載された。初期には、無線通信、ライト兄弟による飛行実験などの科学トピックスも紹介された。最近では、日本の太陽観測衛星「ひので」、金星探査機「ビーナス・エクスプレス」などによる太陽系に関する新知見、量子スピンホール効果、心疾患と2型糖尿病発症リスクが高まる遺伝子の発見などが話題を集めた。『ネイチャー』誌同様、ノーベル賞受賞者が多く投稿している。生命科学分野の掲載が60%ともっとも多い。
 2013年12月時点のプリント版の発行部数は約13万部、推定読者は100万人、オンライン版の読者は月360万人に及び、総合科学雑誌最大の読者を抱えているとされている。論文の影響力を示す指標である「インパクトファクター」(アメリカのトムソン・ロイター社発表)は、31.477と総合科学誌としては『ネイチャー』誌に次ぐ地位を固めている。投稿された論文は、まず世界の一流の科学者100人以上で構成される編集委員会によって適切性が評価される。その後、論文は2名以上の外部匿名審査委員により詳細な査読に回される。こうした厳密な査読を経て掲載される率も7~10%とハードルは高い。『サイエンス』誌は、AAASの会員であれば無料。法人契約などを結ぶことでオンライン版にアクセスできる。日本語のサイトもある。
[玉村 治]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
サイエンスの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 2021
検索コンテンツ
1. サイエンス【science】
デジタル大辞泉
1 科学。学問。「ライフ―」 2 自然科学。 書名別項。→サイエンス  ...
2. サイエンス【Science】
デジタル大辞泉
アメリカのAAAS(米国科学振興協会)が発行する科学雑誌。1880年創刊で、英国の「ネイチャー」とともに権威を認められている。ベルやアインシュタイン、ハッブルら ...
3. サイエンス
日本大百科全書
詳細な査読に回される。こうした厳密な査読を経て掲載される率も7~10%とハードルは高い。『サイエンス』誌は、AAASの会員であれば無料。法人契約などを結ぶことで ...
4. サイエンス
日本国語大辞典
〔名〕({英}science )科学。*明六雑誌‐一号〔1874〕洋字を以て国語を書するの論〈西周〉「サイエンスなりアーツなりリテラチュアなりモラルなり大略一致 ...
5. サイエンス
プログレッシブ和英
science 【合成語】サイエンスフィクションscience fiction ((略 SF)) ...
6. サイエンス[カタカナ語]
イミダス 2016
[Science]アメリカの学術科学雑誌.1880年にジャーナリストのジョン・マイケルズが創刊し,1944年以降はアメリカ科学振興協会(AAAS)が出版. 2 ...
7. 科学
日本大百科全書
古代・中世の自然学 人間は古代から、自分たちを包み込む宇宙や身近な自然のできごと、天変地異に強い関心を抱き続けてきた。また、人体の構造や機能、動植物の生育や行動 ...
8. sci・ence音声
ランダムハウス英和
◇タイトル名[刊行物]Science 米国の科学雑誌(創刊1898)[刊行物]Science Digest『サイエンス=ダイジェスト』米国の科学月刊誌(創刊19 ...
9. サイエンス・アゴラ[科学技術と現代社会]
イミダス 2016
ことを目的として、2006年から毎年11月に、東京の日本科学未来館とその周辺で開かれているサイエンス・コミュニケーションの祭典。主催団体の独立行政法人・科学技術 ...
10. サイエンスアゴラ[カタカナ語]
イミダス 2016
[science agora 〈日〉]【社会・生活】2006年から毎年11月に,東京の日本科学未来館を中心に開催されている科学コミュニケーションイベント.科学 ...
11. サイエンス イラストレーション[カタカナ語]
イミダス 2016
[science illustration]科学イラスト.自然科学的な知識を基に,細部まで精密に描くイラスト.  ...
12. サイエンス インカレ[カタカナ語]
イミダス 2016
【教育】大学生などが科学(science サイエンス)関連の自主研究の成果を競い合う発表会.科学技術の人材育成を図る狙いで,文部科学省が2011年に開始.イン ...
13. サイエンス・インカレ[科学技術と現代社会]
イミダス 2016
大学の学部学生の創造性を高め、将来の科学技術の人材を育てるために、2011年から文部科学省が設けている自主研究の成果発表の競い合いの場。インセンティブを高め、 ...
14. サイエンスウオーズ[カタカナ語]
イミダス 2016
[Science Wars]1990年代にアメリカで行われた科学者と科学論者による論争.  ...
15. サイエンスエッグ[新語流行語]
イミダス 2016
多摩六都科学館(東京都西東京市)が2012年7月にリニューアルオープンしたプラネタリウムの愛称。直径27.5メートルと世界最大級の大きさを誇る。LEDを使用し ...
16. サイエンス‐カフェ【science café】
デジタル大辞泉
カフェなどの身近な場所で、科学者や研究者と一般の人々が科学について気軽に語り合おうという試み。1998年にイギリスで始まり世界各地に広まった。  ...
17. サイエンス・カフェ[科学技術と現代社会]
イミダス 2016
報サイト「Science Portal」のデータによれば、日本では現在ほぼ毎日複数の会場でサイエンス・カフェが開催されている。中には、酒場で実施されるものもある ...
18. サイエンスカフェ[カタカナ語]
イミダス 2016
[science café]【社会・生活】コーヒーやワインを片手に研究者と市民が語り合い,交流を深める取り組み.  ...
19. サイエンスカフェ[外来語]
現代用語の基礎知識 2016
茶菓を楽しみながら科学者や技術者と市民が科学の話が出来るカフェ。1998年にイギリスのリーズで始まった活動とされる。日本では2004年が最初。  ...
20. サイエンスキャバレー[カタカナ語]
イミダス 2016
[science cabaret]【社会・生活】アルコールを片手にショーを見ながら科学を楽しみ,理解を深めるための催し.  ...
21. サイエンス・コミュニケーション[科学技術と現代社会]
イミダス 2016
れる。12年には、サイエンスコミュニケーションの推進団体として、日本サイエンスコミュニケーション協会が社団法人として発足した。東日本大震災を受けて、リスクについ ...
22. サイエンス・コミュニケーター[外来語]
現代用語の基礎知識 2016
高度の科学から身近な科学を一般人にわかりやすく説明する人。科学ジャーナリスト。サイエンスライター。  ...
23. サイエンス・ゴーゴー
デジタル大辞泉プラス
日本のテレビ番組のひとつ。児童向けの理科教育番組。放映はNHK(2002年4月~2006年3月)。出演:幹てつやほか。 2012年11月 ...
24. サイエンス・ショップ/コミュニティー・ベースト・リサーチ[科学技術と現代社会]
イミダス 2016
学研究を行う仕組み。サイエンス・ショップは、1970年代に、オランダのユトレヒト大学等で設置され始めた。たとえば、近隣の水の汚染の懸念などを市民が大学に持ち込み ...
25. サイエンス・ダイエット
デジタル大辞泉プラス
日本ヒルズ・コルゲートが販売するドッグフード、キャットフード、犬用おやつのブランド名、商品名。ドライタイプ。猫用の一部に缶詰がある。無着色。ライフステージ別、肥 ...
26. サイエンス・ダイエット ネイチャーズベスト
デジタル大辞泉プラス
日本ヒルズ・コルゲートが販売するドッグフード、キャットフードの商品名。ドライタイプ。無着色。リンゴ、クランベリーなどの果物入り。 2011年02月 ...
27. サイエンス・ダイエット〈プロ〉
デジタル大辞泉プラス
日本ヒルズ・コルゲートが販売するドッグフード、キャットフードの商品名。ドライタイプ。ライフステージ別、肥満、猫の毛玉に配慮した商品を展開。抗酸化成分を配合。 2 ...
28. サイエンスパーク[カタカナ語]
イミダス 2016
[science park]【社会・生活】国公立の研究機関,あるいは地場産業や企業研究所を核にして形成される地域社会・学術都市.  ...
29. サイエンス パートナーシップ プロジェクト[カタカナ語]
イミダス 2016
[Science Partnership Project 〈日〉]【教育】【社会・生活】理科や数学に対する子供たちの関心を高めるために,研究者が学校に出向いて ...
30. サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト[科学技術と現代社会]
イミダス 2016
子供たちの理科や数学に関する興味、関心や知的好奇心などを育成するために、科学技術振興機構が2002年度から実施しているプログラム。具体的には、小・中学校、高等 ...
31. サイエンス‐フィクション【science fiction】
デジタル大辞泉
空想的な世界を科学的仮想に基づいて描いた物語。ベルヌ・H=G=ウェルズらによって確立された。空想科学小説。科学小説。SF。  ...
32. サイエンス フィクション[カタカナ語]
イミダス 2016
[science fiction]【文学】空想科学小説. SF ともいう.  ...
33. サイエンス‐フィクション
日本国語大辞典
〔名〕({英}science fiction )「エスエフ(SF)」に同じ。 ...
34. サイエンスライター[カタカナ語]
イミダス 2016
[science writer]【文学】科学情報を記事や作品などにまとめる文筆家.  ...
35. サイ・エン・スー
デジタル大辞泉プラス
北海道苫小牧市、苫小牧市科学センターのキャラクターの総称。「サイくん」「エンくん」「スーちゃん」からなる。 2012年09月 ...
38. サイエンス最前線 /24 大脳皮質 幼児期の経験が能力を形成する=永雄総一/青木田鶴
週刊エコノミスト 2015-16
臨界期の研究が脳の病気の治療や予防へ進展すれば面白い。(永雄総一・ 理研脳科学総合研究センターサイエンスコミュニケーター/青木田鶴・ 理研脳科学総合研究センター ...
39. サイエンス最前線 /25 スパコンで脳再現 巨大プロジェクトめぐる論争=小林雅一
週刊エコノミスト 2015-16
人間の脳の全容を解明し、それをスーパーコンピューター(スパコン)上で再現(シミュレート)する巨大プロジェクトが欧州で進行している。その目的は「認知症」など神経疾 ...
40. サイエンス最前線 /26 たんぽぽ計画 地球上の生命はどこから来たのか=須藤靖
週刊エコノミスト 2015-16
米航空宇宙局(NASA)は2014年12月、火星で活動中の無人探査機キュリオシティーが大気中からメタンを検出、メタン濃度が数カ月程度で10倍もの変動を示すとの結 ...
41. サイエンス最前線 /27 創薬最前線 スーパーコンピューターで新薬開発=加納圭
週刊エコノミスト 2015-16
◇試験管からコンピューターへ  たんぱく質の3次元構造を決める研究が、in vitro(=イン・ビトロ、「試験管内で」の意味)からin silico(=イン・シ ...
42. サイエンス最前線 /28 ミラーニューロン 他人の感情を理解する脳細胞=永雄総一/青木田鶴
週刊エコノミスト 2015-16
自閉症を最大のターゲットとして進行すると思われる。(永雄総一・理研脳科学総合研究センター サイエンスコミュニケーター/青木田鶴・理研脳科学総合研究センター研究員 ...
43. サイエンス最前線 /29 機械翻訳 AIで急速に発達 意訳も可能に=小林雅一
週刊エコノミスト 2015-16
AI(人工知能)の発達によって、異なる国や地域、民族を隔てていた言葉の壁が取り払われようとしている。コンピューターやスマートフォン(スマホ)が外国語を翻訳する「 ...
44. サイエンス最前線 /30 ハッブル宇宙望遠鏡 可視光で探る銀河宇宙の果て=須藤靖
週刊エコノミスト 2015-16
本シリーズ22回(2014年12月16日号)で紹介したSDSS(スローンデジタルスカイサーベイ)による広域宇宙地図の奥行きは20億光年程度である。むろんこれは通 ...
45. サイエンス最前線 /31 心臓の再生医療 心臓を創る壮大な取り組み=加納圭
週刊エコノミスト 2015-16
「肝心」という言葉が示すように、肝臓と心臓は昔から人体にとって極めて重要な臓器であると考えられてきた。現代においても肝臓病や心臓病で亡くなる人が多いことを考える ...
46. サイエンス最前線 /32 言語の脳科学 脳の言語活動の場所がわかってきた=永雄総一/青木田鶴
週刊エコノミスト 2015-16
るかわかれば、言語の脳科学はいっそう深まるだろう。 (永雄総一・理研脳科学総合研究センターサイエンスコミュニケーター) (青木田鶴・理研脳科学総合研究センター研 ...
47. サイエンス最前線 /33 アップルの決断 太陽光発電の勢いを回復させるか=小林雅一
週刊エコノミスト 2015-16
世界的IT企業の米アップルが今年2月、太陽光発電のベンチャー企業から今後長期にわたって電力供給を受けることを発表し話題となった。  太陽光や風力など、いわゆる再 ...
48. サイエンス最前線 /34 TMT 史上最大の口径30メートル光学赤外線望遠鏡=須藤靖
週刊エコノミスト 2015-16
4倍もの集光力を存分に発揮してくれるはずだ。  TMTが切り開くものと期待されている新たなサイエンスは枚挙にいとまがないが、代表的なものとして、以下の二つが挙げ ...
49. サイエンス最前線 /35 遺伝子ビッグデータ 生命科学を飛躍させる巨大データベース=加納圭
週刊エコノミスト 2015-16
ノム解読に同着で成功し、2001年2月に、国際プロジェクトは『ネイチャー』誌に、セレラは『サイエンス』誌において成果を発表した。ヒトゲノム計画が進められていた時 ...
50. サイエンス最前線 /36 大脳基底核 経済行動の基盤がそこにある=永雄総一/青木田鶴
週刊エコノミスト 2015-16
変える薬物の熾烈(しれつ)な開発競争が国際的に行われている。 (永雄総一・理研脳科学総合研究センターサイエンスコミュニケーター) (青木田鶴・理研脳科学総合研究 ...
「サイエンス」の情報だけではなく、「サイエンス」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

サイエンスと同じ科学についてカテゴリの記事
サイエンス(日本大百科全書(ニッポニカ))
アメリカの総合科学誌。『ネイチャー』誌と並び世界を代表する。編集部はワシントンD.C.にある。1880年、発明王エジソンの支援で、ジャーナリストのジョン・マイケルズJohn Michaelsによってニューヨークで創刊された。しかし、購読数が伸びず、休刊を経て1883年、昆虫学者のサミュエル・スカッダーSamuel H. Scudder
科学(日本大百科全書(ニッポニカ))
近代科学の誕生 古代・中世の自然学から脱皮して近代科学が形成されていく歴史を考えるとき、その端緒として位置づけられているのが、1543年、コペルニクスが地動説(太陽中心説)を世に問うた『天球の回転について』であろう。後にカントが“コペルニクス的転回”という表現を用いて評価したように
科学についてと同じカテゴリの記事をもっと見る


「サイエンス」は科学に関連のある記事です。
その他の科学に関連する記事
ラクトン(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
環内にエステル基-COO-をもつ複素環式化合物の総称。環の大きさにより、4員環のβ(ベータ)-ラクトン、5員環のγ(ガンマ)-ラクトン、6員環のδ(デルタ)-ラクトン、……に分類される。β-、γ-ラクトン、……は、それぞれβ-、γ-ヒドロキシカルボン酸の環状エステルの構造をもつ
ビスマス(日本大百科全書(ニッポニカ))
周期表第15族に属し、窒素族元素の一つ。古く蒼鉛とよばれた。中世のヨーロッパではすでにその存在が知られていたが、スズ、鉛、アンチモンなどとの区別がつかないでいた。しかし、そのころから区別がつき始め、酸化ビスマスその他が顔料などとして用いられていて、17世紀ごろには一般に英語でbismuth
ニホニウム(日本大百科全書(ニッポニカ))
超アクチノイド人工放射性元素の一つ。原子番号113、元素記号Nh。周期表第13族に属する。新元素として認定されるまでの暫定名称はウンウントリウムununtrium(暫定元素記号Uut)。2003年にアメリカとロシアの115番元素合成の共同研究の際に113番元素の生成を観測したとの最初の報告があったが、理化学研究所(理研)
再結晶(改訂新版・世界大百科事典)
溶解度の差を利用して結晶性物質を精製すること。すなわち精製しようとする固体を,適当な溶媒に加熱して溶かすか,あるいは濃縮して飽和溶液とし,これを徐々に冷却すると一般に溶質の溶解度が減少して再び結晶として析出してくる。この沈殿をろ過することによって,成分を結晶として精製することができる。
集合組織(改訂新版・世界大百科事典)
金属などの多結晶材料中に存在する各結晶粒の結晶格子の向き(結晶方位)の分布状態のことで,厳密には結晶集合組織という。ある結晶方位の結晶粒が統計的に多いならば,〈この集合組織には優先方位がある〉という。慣用的には同じ意味で,〈この材料には集合組織がある〉ということが多い。
科学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る