1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 天皇
  10. >
  11. 皇室喪儀令
国史大辞典

皇室喪儀令
こうしつそうぎれい
天皇および皇族の喪儀について規定したもので、大正十五年(一九二六)十月二十一日皇室令の一つとして公布された。内容は、第一章大喪儀(第一条より第一一条まで)、第二章皇族喪儀(第一二条より第二一条まで)および附式から成り、第一章には第一条の、天皇が崩御した時は宮内大臣・内閣総理大臣の連署を以て直ちにこれを公告する(太皇太后・皇太后・皇后が崩御した時は宮内大臣が公告する)こと以下、追号の勅定、追号の公告、廃朝、大喪使の設置、霊柩の殯宮への奉遷、喪主、大喪儀の期日・場所および陵所の公告、霊代は権殿に奉安し一周年祭ののち皇霊殿に奉遷することなどを規定する。また第二章には第一二条の、皇太子・皇太子妃・皇太孫・皇太孫妃・親王・親王妃・内親王・王・王妃が薨じた時は宮内大臣がこれを公告すること以下、廃朝、喪儀司の設置、喪主、喪儀の期日・場所および墓所の公告、霊代はその殿邸に安置し一周年祭ののち皇霊殿に奉遷することなどを規定する。なお、附式に大喪儀および皇族喪儀の個々の儀式について詳しい規定がみえている。皇室喪儀令はすでに明治天皇や昭憲皇太后の大喪儀などにおいて行われたところを整備して法令化したもので、この令による最初の大喪儀は、公布後間もなく、同年十二月二十五日崩御した大正天皇の場合である。この令は他の皇室令とともに新憲法(日本国憲法)施行に先立ち、昭和二十二年(一九四七)五月二日廃止されたので、同二十六年五月十七日貞明皇后崩御の際は、政府は法制上の問題につき協儀、喪儀は国葬に準じて国の儀式として行うこととし、皇太后大喪儀挙行要綱を定め、皇太后大喪儀委員長、副委員長二名、委員若干名を置いて大喪儀を執り行なった。
(後藤 四郎)
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。国史大辞典、日本国語大辞典、日本大百科全書、日本古典文学全集、日本歴史地名大系などを利用することが出来ます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る
皇室喪儀令の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 12
検索コンテンツ
1. こうしつそうぎれい【皇室喪儀令】
国史大辞典
どを規定する。なお、附式に大喪儀および皇族喪儀の個々の儀式について詳しい規定がみえている。皇室喪儀令はすでに明治天皇や昭憲皇太后の大喪儀などにおいて行われたとこ ...
2. こうしつせいど【皇室制度】
国史大辞典
儲令・皇統譜令・皇室祭祀令・皇室成年式令・皇室親族令・皇室財産令・皇室儀制令・皇室服喪令・皇室喪儀令・皇室陵墓令・皇室裁判令などがそれで、その制定には議会が一切 ...
3. こうしつれい【皇室令】
国史大辞典
装令・皇室成年式令・皇統譜令・皇室儀制令・宮内省官制・皇族就学令・皇族後見令・皇族遺言令・皇室喪儀令・皇室服喪令・皇室陵墓令・朝鮮貴族令・皇室財産令・皇室裁判令 ...
4. しのびごと【誄詞】
国史大辞典
奏上した。明治になって「誄」は多く天皇の弔詞の意味に用いられ、皇族・功臣の逝去に誄を賜わり、皇室喪儀令(大正十五年(一九二六))には先帝・皇太后の葬儀において、 ...
5. そうじょう‐でん[サウヂャウ‥]【葬場殿・喪場殿】
日本国語大辞典
見物〓人々同道〈略〉葬場殿檜皮葺也」*皇室喪儀令(大正一五年)〔1926〕「葬場殿ノ儀」ソージョーデン ...
6. たいこうてんのう【大行天皇】
国史大辞典
諡号奉上に至るまでの間、先帝を大行天皇と称すべき旨布告されたが、大正十五年(一九二六)制定の皇室喪儀令においても、大行天皇の語が追号選定以前の先帝の称として用い ...
7. 大喪
世界大百科事典
ほぼ定着し,やがて皇室喪儀令が制定され,大正天皇の葬儀は同令によって行われた。第2次大戦後,皇室典範等の改廃が行われたが,51年の貞明皇后の葬儀は大喪儀と称し, ...
8. たいそう‐ぎ[タイサウ‥]【大喪儀】
日本国語大辞典
〔名〕大喪の儀式。*皇室喪儀令(大正一五年)〔1926〕第一章「大喪儀」タイソー〓 ...
9. たいそう‐し[タイサウ‥]【大喪使】
日本国語大辞典
〔名〕天皇・太皇太后・皇太后・皇后が亡くなったとき、大喪儀に関する事務を管理するため、宮中に置く臨時の職。*皇室喪儀令(大正一五年)〔1926〕五条「天皇、太皇 ...
10. ほうぎょ【崩御】
国史大辞典
使用される。ただし三后と女院の場合は「薨」と記されることもあるが、大正十五年(一九二六)の皇室喪儀令において天皇と三后の死を「崩御」と明記した。「崩」は中国にお ...
11. ほう・こう・そつ・し【崩・薨・卒・死】
国史大辞典
る。なお皇后・皇太后・太皇太后と女院は「崩」「薨」両様称されたが、大正十五年(一九二六)の皇室喪儀令では三后の死を「崩御」と記している。 (北 啓太)  ...
「皇室喪儀令」の情報だけではなく、「皇室喪儀令」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

皇室喪儀令と同じ天皇カテゴリの記事
舎人親王(日本大百科全書(ニッポニカ))
天武天皇の第三皇子。母は天智天皇の娘新田部皇女。知太政官事穂積親王の亡きあとは皇親の長老として重んぜられ、新田部親王とともに皇太子首親王(聖武天皇)を輔翼する責務を負った
天皇(改訂新版・世界大百科事典)
日本国憲法に定める日本国および日本国民統合の象徴。天皇の歴史前近代の天皇オオキミとスメラミコト〈天皇〉は〈オオキミ〉とも〈スメラミコト〉とも呼ばれた。しかしこの二つの日本語は決して同義ではなく,むしろ両者の質の違い,それぞれの用いられる次元の相違に注目することが
皇位継承(改訂新版・世界大百科事典)
7世紀末までの皇位継承を《古事記》《日本書紀》によってみると,16代の仁徳天皇まではほとんどが父子間の直系相続であり,仁徳以後持統までは,父子間相続6,母子間1,兄弟間10,姉弟間2,叔父・甥間1,夫婦間2,三親等以上をへだてた相続3の計25例で
摂政(国史大辞典)
天皇に代わって万機を摂り行う者、または摂り行うことをいう。関白に類する職として関白とともに摂関といい、関白と同じく、摂ろく・執柄・博陸などの唐名があり、その地位に因んで一の人・一の所などと称され、殿下ともいわれた
関白(国史大辞典)
万機に関与する重職で摂政に類似する。したがって摂政と合わせて摂関・摂ろく・一の人・一の所などと称し、執柄・博陸・殿下などの唐名がある。関白の語は『漢書』霍公伝に、宣帝が諸事まず霍光に関白してから奏上せしめたとみえているが
天皇と同じカテゴリの記事をもっと見る


「皇室喪儀令」は天皇に関連のある記事です。
その他の天皇に関連する記事
朝見(日本国語大辞典)
解説・用例〔名〕(1)臣下が宮中へ行って天子に会うこと。天子に拝謁すること。*参天台五台山記〔1072〜73〕四「応毎有海外進奉、蛮子蕃客等朝見。具子与朝見目。問奏進奉人姓名已下」*済北集〔1346頃か〕一四・宗門十勝論「一日僧朝見。帝問何処来。僧云臥雲来」
御製(日本国語大辞典)
(1)天皇や皇族が、文書や作品を書いたり、ことばを賜わったりすること。また、その文書。*正倉院文書‐天平勝宝八年〔756〕六月二一日・東大寺献物帳(寧楽遺文)「太上天皇、捨国家珍宝等、入東大寺願文。皇太后御製」*続日本紀‐神護景雲三年〔769〕一〇月癸亥「長岡避
拝謁(日本国語大辞典)
身分の高い人や目上の人に面会することをへりくだっていう語。つつしんでお目にかかること。おめどおり。*吾妻鏡‐治承四年〔1180〕一一月八日「相搆伺拝謁之次、有可申事故也」*色葉字類抄〔1177〜81〕「拝謁 ハイエツ 対面詞 同分」*読本・椿説弓張月〔1807〜11〕拾遺
行幸(日本国語大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
〔名〕(1)(─する)(「ぎょうごう」とも)天皇が皇居を出て、よそへ行くこと。なお、行く先が二か所以上にわたるときには巡幸という。みゆき。いでまし*令義解〔718〕儀制・天子条「車駕。〈行幸所
還幸(日本国語大辞典)
(1)天皇が行幸からお帰りになること。還御。*平家物語〔13C前〕一〇・請文「還幸なからんにおいては、三種の神器いかでか玉躰をはなちたてまつるべきや」*神皇正統記〔1339〜43〕下・後醍醐「つゐに朝敵を追落す。やがて其夜還幸し給」*太平記〔14C後〕七・船上合戦事
天皇に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。国史大辞典、日本国語大辞典、日本大百科全書、日本古典文学全集、日本歴史地名大系などを利用することが出来ます。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る