1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 経済
  8. >
  9. 国際
  10. >
  11. 環太平洋経済連携協定(TPP)[食料資源]
イミダス 2016

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
環太平洋経済連携協定(TPP)[食料資源]
Trans-Pacific Partnership
2006年に、シンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランド間で締結された自由貿易協定を広く環太平洋地域全体に適用させようとする自由貿易協定の一種。13年7月に日本が交渉に参加し、12カ国で協議が進められている。TPPでは、第一に、例外なき関税撤廃・非関税障壁の撤廃による自由貿易の促進が、第二に、金融システムや知的財産の保護、海外企業の参入など国際通商ルールの統一化が目指されている。日本国内では、農産物貿易に関する関税撤廃が大きく論じられているものの、金融、医療、製造、労働等、広範な分野における交渉が展開されており、国民生活全般への影響が想定されている。TPPへの交渉参加に際して、コメ、麦、牛肉・豚肉、乳製品、甘味資源作物等の重要5品目の関税撤廃の除外や残留農薬・食品添加物の基準、遺伝子組み換え食品の表示義務等の食の安全・安心の確保を含め、これらの「聖域(死活的利益)」の確保ができない場合には交渉脱退も辞さないことを、13年4月に国会決議として表明している。その後の度重なる交渉にもかかわらず、14年12月現在、知的財産、原産地表示、農産品を巡る関税などの項目で交渉参加国間の対立が大きく、大筋合意は得られていない。
[池島祥文]
[2015.03]
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
環太平洋経済連携協定(TPP)[食料資源]の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 11
検索コンテンツ
1. 環太平洋経済連携協定(TPP)[国際貿易]
イミダス 2016
2006年にAPEC参加国であるニュージーランド、シンガポール、チリ、ブルネイの4カ国(P4 ; Pacific 4)が発効させた、貿易自由化を目指す経済枠組 ...
2. 環太平洋経済連携協定(TPP)[食料資源]
イミダス 2016
2006年に、シンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランド間で締結された自由貿易協定を広く環太平洋地域全体に適用させようとする自由貿易協定の一種。13年7月 ...
3. 環太平洋経済連携協定(TPP)[オセアニア]
イミダス 2016
TPPは、例外品目を認めず、完全な関税撤廃を目指すとともに、人の自由移動を求めている。従来の2国間の自由貿易協定(FTA)や経済連携協定(EPA)のように、例 ...
4. TPP
日本大百科全書
太平洋周辺の国々の間で人、物、サービス、金の移動をほぼ完全に自由にしようという国際協定。TPPはTrans-Pacific PartnershipまたはTran ...
5. かんたいへいよう‐けいざいれんけいきょうてい【環太平洋経済連携協定】
デジタル大辞泉
⇒ティー‐ピー‐ピー(TPP)  ...
6. TPP(環太平洋経済連携協定)[外交]
イミダス 2016
2006年にシンガポールとブルネイ、チリ、ニュージーランドが結んだ経済連携協定に端を発する。10年11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議(横浜) ...
7. TPP(環太平洋経済連携協定)[世界経済]
現代用語の基礎知識 2016
日本は2013年7月、TPP(06年にまずシンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランド間で発足し、10年以降、アメリカ、オーストラリア、ペルー、ベトナム、マレ ...
8. TPP(環太平洋経済連携協定)[日本経済]
現代用語の基礎知識 2016
TPPは、2006年5月に発効したシンガポール、ニュージーランド、チリ、ブルネイの4カ国による経済連携協定で始まった。その後、当初の加盟国に加えて、アメリカ、オ ...
9. TPP(環太平洋経済連携協定)[貿易]
現代用語の基礎知識 2016
2006年にシンガポール、ニュージーランド、チリ、ブルネイの4カ国(P4 :パシフィック・フォー )による交渉がまとまり、4カ国間で協定が発効した。10年からは ...
10. TPP(環太平洋経済連携協定)[農林]
現代用語の基礎知識 2016
2006年から始まった12カ国が参加する環太平洋の広域的経済連携協定。協定発効時に80%の関税撤廃、残り20%を10年間で完全撤廃するという、除外・例外品目を認 ...
11. TPP合意(環太平洋経済連携協定合意)[国際貿易]
イミダス 2016
TPP交渉は、2015年10月5日に加盟12カ国が参加した閣僚会議で大筋合意し、16年2月4日に協定文書に署名、正式合意となった。TPPの成立によって参加国人 ...
「環太平洋経済連携協定(TPP)[食料資源]」の情報だけではなく、「環太平洋経済連携協定(TPP)[食料資源]」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

環太平洋経済連携協定(TPP)[食料資源]と同じ国際カテゴリの記事
国際標準化機構(iso)(改訂新版・世界大百科事典)
略称をISO(イソまたはアイエスオーと読む)といい,国際規格を制定・普及するための機関であるが,非政府機関である。この機関の前身は,1926年に創設された万国規格統一協会(ISA)である。ISAは,42年に第2次大戦のためその機能を停止するまで
ニウエ(日本大百科全書(ニッポニカ))
ニュージーランドの北東2400キロメートル、トンガの東480キロメートル、サモアの南東560キロメートルにあるポリネシアの単島国家。グリニジ時より11時間遅い。国土面積260平方キロメートル、ほぼ楕円形の島の周回道路は67キロメートルで、隆起サンゴ礁島としては世界でもっとも大きな島の一つに数えられる
環太平洋経済連携協定(TPP)[国際貿易](イミダス 2016)
2006年にAPEC参加国であるニュージーランド、シンガポール、チリ、ブルネイの4カ国(P4 ; Pacific 4)が発効させた、貿易自由化を目指す経済枠組み。環太平洋戦略的経済連携協定ともよばれる。物品貿易については、原則として全品目について即時または段階的に関税を撤廃する。
環太平洋経済連携協定(TPP)[食料資源](イミダス 2016)
2006年に、シンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランド間で締結された自由貿易協定を広く環太平洋地域全体に適用させようとする自由貿易協定の一種。13年7月に日本が交渉に参加し、12カ国で協議が進められている。TPPでは、第一に、例外なき関税撤廃・非関税障壁の撤廃による自由貿易の促進が
環太平洋経済連携協定(TPP)[オセアニア](イミダス 2016)
TPPは、例外品目を認めず、完全な関税撤廃を目指すとともに、人の自由移動を求めている。従来の2国間の自由貿易協定(FTA)や経済連携協定(EPA)のように、例外品目や金融や情報通信、行政サービス等への参入障壁を設けることができない自由化度の高い協定であり、影響範囲も大きい。


「環太平洋経済連携協定(TPP)[食料資源]」はTPPに関連のある記事です。
その他のTPPに関連する記事
環太平洋経済連携協定(TPP)[オセアニア](イミダス 2016)
TPPは、例外品目を認めず、完全な関税撤廃を目指すとともに、人の自由移動を求めている。従来の2国間の自由貿易協定(FTA)や経済連携協定(EPA)のように、例外品目や金融や情報通信、行政サービス等への参入障壁を設けることができない自由化度の高い協定であり、影響範囲も大きい。
環太平洋経済連携協定(TPP)[食料資源](イミダス 2016)
2006年に、シンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランド間で締結された自由貿易協定を広く環太平洋地域全体に適用させようとする自由貿易協定の一種。13年7月に日本が交渉に参加し、12カ国で協議が進められている。TPPでは、第一に、例外なき関税撤廃・非関税障壁の撤廃による自由貿易の促進が
環太平洋経済連携協定(TPP)[国際貿易](イミダス 2016)
2006年にAPEC参加国であるニュージーランド、シンガポール、チリ、ブルネイの4カ国(P4 ; Pacific 4)が発効させた、貿易自由化を目指す経済枠組み。環太平洋戦略的経済連携協定ともよばれる。物品貿易については、原則として全品目について即時または段階的に関税を撤廃する。
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る