ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 古典
  8. >
  9. 法話
  10. >
  11. 夢中問答集

ジャパンナレッジで閲覧できる『夢中問答集』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典

国史大辞典
夢中問答集
むちゅうもんどうしゅう
夢窓疎石が足利直義の問に答えた法話集。『夢中問答』ともいう。三巻三冊。全編九十三章の問答を仮名交り文にて記し、在家の女性や道に志す者に見せたいという直義の意を受けて、大高重成が刊行した書で、重成は等持寺の古先印元を介して、康永元年(一三四二)九月に南禅寺住持の竺仙梵僊に跋文を請い、同三年十月には重成の帰依僧である大年法延が、再び南禅寺東堂(隠居寮)にある本師竺仙に再跋を請うて出版したもので、五山版・浄因寺版・元和版・寛永版・正保版・文政版などがある。『岩波文庫』『高僧名著全集』『禅学大系』などに収載されており、『古典史料類従』五には五山版の複製が収められている。→夢窓疎石(むそうそせき)
[参考文献]
玉村竹二『夢窓国師』(『サーラ叢書』一〇)
(葉貫 磨哉)


日本大百科全書
夢中問答集
むちゅうもんどうしゅう

夢窓疎石(むそうそせき)が足利直義(ただよし)の問いに答えた法話集。3巻。『夢中問答(むちゅうもんどう)』ともいう。全編93章の仮名交り文の問答集。在俗のまま禅を志す者や女性たちに見せたいという直義の意を受けて、1342年(康永元)9月の竺仙梵僊(じくせんぼんせん)の跋(ばつ)文と1344年の再跋をつけて、足利氏に仕え、疎石に学んだ大高重成(おおたかしげなり)が出版。五山版(ござんばん)のほか浄因寺(じょういんじ)版、元和(げんな)版、寛永版、正保(しょうほう)版、文政版などがあり、岩波文庫などにも収録。『古典史料類従5』は五山版の複製を所収。
[今枝愛眞]



改訂新版・世界大百科事典
夢中問答集
むちゅうもんどうしゅう

夢窓疎石述の法話集。《夢中問答》ともいう。全3巻。夢窓が足利尊氏の弟直義(ただよし)の問いに対し,仏教の本質,俗信,そして禅の本旨などについて,93項目にわたって平易懇切に答えたものである。すでに夢窓が生存中の1344年(興国5・康永3),若狭守護にも補任されたことのある大高重成が,南禅寺の竺仙梵僊(じくせんぼんせん)の跋文を得て開版した。禅の玄旨を簡明に説示しているところから,参学の徒の手引きとして広く利用され,室町時代から江戸時代にかけて,幾度も開版された。上巻は〈福を求むる心〉から〈魔境に入らぬ工夫〉まで23項目,中巻は〈本分の大智〉から〈臨終の相〉まで37項目,下巻は〈本分の田地〉から〈真実人に示す法門〉までの33項目からなっている。念仏門の小乗性を批判している点があったので,浄土宗の僧澄円(1283-1372)は《夢中松風論》全10巻を著して反論した。
[藤岡 大拙]

[索引語]
夢窓疎石 澄円 夢中松風論
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
夢中問答集の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 23
検索コンテンツ
1. 『夢中問答集』
日本史年表
大高重成,足利直義の意を受け,竺仙梵僊に 『夢中問答集』 の跋文を請う。 1344年〈【北朝】康永3・【南朝】興国5 甲申②〉大高重成, 『夢中問答集』 を出版 ...
2. 夢中問答集
日本大百科全書
夢窓疎石(むそうそせき)が足利直義(ただよし)の問いに答えた法話集。3巻。『夢中問答(むちゅうもんどう)』ともいう。全編93章の仮名交り文の問答集。在俗のまま禅 ...
3. 夢中問答集
世界大百科事典
夢窓疎石述の法話集。《夢中問答》ともいう。全3巻。夢窓が足利尊氏の弟直義(ただよし)の問いに対し,仏教の本質,俗信,そして禅の本旨などについて,93項目にわたっ ...
4. むちゅうもんどうしゅう[ムチュウモンダフシフ]【夢中問答集】
日本国語大辞典
仏教書。三巻。夢窓疎石述。暦応二年(一三三九)以後の成立。康永元年(一三四二)跋。足利直義の問いに答えて禅の本旨・修行の心得を説いたもので、社会的政治的な問題に ...
5. むちゅうもんどうしゅう【夢中問答集】
国史大辞典
夢窓疎石が足利直義の問に答えた法話集。『夢中問答』ともいう。三巻三冊。全編九十三章の問答を仮名交り文にて記し、在家の女性や道に志す者に見せたいという直義の意を ...
6. 『夢中問答集』[百科マルチメディア]
日本大百科全書
五山版(ござんばん) 巻1 足利直義(あしかがただよし)問 夢窓疎石(むそうそせき)答 室町時代刊 国立国会図書館所蔵 ...
7. 御ふみ 300ページ
東洋文庫
もたらす因としてとらえられた行ない。あるいは、その行ない の果としてあらわれたむくい。夢窓疎石『夢中問答集』巻上「定業とは、前世の善悪の業因に より ...
8. 竺仙梵僊
世界大百科事典
がいた。高雅な詩文に巧みで,日本の五山文学発展の基礎をきずいた。また,みずから夢窓疎石の《夢中問答集》を出版して五山版印刷事業のさきがけをなし,さらに,保寧寺で ...
9. 随筆
世界大百科事典
一貫した統一のもとに構成されてない文献は,随筆としてさしつかえはない。例えば法語の類,《一言芳談》《夢中問答集》なども,宗教書中の随筆として見ることができる。  ...
10. 太平記 162ページ
日本古典文学全集
か。南遠江守は高階氏、宗継。備前守・駿河守は不明。大高重成。高氏の一族。夢窓疎石の法話集『夢中問答集』を刊行した。小山判官秀朝(中先代の乱に際し府中で自害)の子 ...
11. 太平記 160ページ
日本古典文学全集
らの招きで南禅寺・円覚寺・臨川寺などの住持となる。和風禅を大成。足利直義。夢窓述の法話集『夢中問答集』は仏教・禅に関する直義の問いに答えたもの。神田本等古態本「 ...
12. 太平記 163ページ
日本古典文学全集
雲居祐禅師は臨済宗黄竜派の元祐(一〇二七~九二)か。夢窓は庭園を好み、西芳寺・恵林寺・瑞泉寺などが著名。『夢中問答集』中に山水観がうかがえる。[参考]外山英策『 ...
13. 大高重成
世界大百科事典
収公されたこともあるが観応の擾乱(じようらん)をうまくのりきり,乱後の幕政に重きをなした。《夢中問答集》の開版で著名。森 茂暁 ...
14. だいねん-ほうえん【大年法延】
日本人名大辞典
若狭(わかさ)(福井県)守護大高重成にまねかれ高成(こうじょう)寺をひらいた。竺仙に跋文を請うて夢窓疎石の「夢中問答集」を刊行した。貞治(じょうじ)2=正平(し ...
15. ちょう‐ほう【調法】
日本国語大辞典
)調査したり考慮したりすること。熟慮すること。また、よく思案し適切に処理すること。料簡。*夢中問答集〔1339頃〕中「木を削る調法もなく、釘をだに作り得ぬ分 ...
16. 土車
世界大百科事典
)の意識も持ちえたろう。能《車僧》の飛ぶ車も,《深山和尚行状記》にうかがわれる〈破車〉,《夢中問答集》にみられる〈破レグルマ〉も,同様土車の類であろう。徳江 元 ...
17. 夢窓疎石
世界大百科事典
勅諡(ちよくし)され,〈七朝の帝師〉と称された。著作には語録《夢窓録》のほか,仮名法語の《夢中問答集》《谷響集》《西山夜話》などがある。藤岡 大拙 天竜寺 大門 ...
18. むそう‐そせき[ムサウ‥]【夢窓疎石】
日本国語大辞典
五山文学の最盛期をその門流に生み出し、庭園芸術を発展させ、天龍寺船による貿易を促した。著書に「夢中問答集」「臨川寺家訓」。建治元〜観応二年(一二七五〜一三五一) ...
19. むそう-そせき【夢窓疎石】
日本人名大辞典
死去。77歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。諡号(しごう)は夢窓国師,正覚国師など。著作に「夢中問答集」など。【格言など】人は長生きせんと思わば虚言をいうべからず ...
20. ゆ‐さん【遊山・游山】
日本国語大辞典
遊参〓」*夢中問答集〔1339頃〕下「予、昔し遊山の次でに、同伴の僧七八人連れて、富士山の辺り、西の湖といふ所に ...
21. 1342年〈【北朝】康永元(4・27)・【南朝】興国3 壬午〉
日本史年表
山を疎石に請う(夢窓国師年譜)。 9・20 大高重成,足利直義の意を受け,竺仙梵僊に 『夢中問答集』 の跋文を請う。 この秋 性海霊見 ,入元(禅林僧伝)。 ...
22. 1344年〈【北朝】康永3・【南朝】興国5 甲申②〉
日本史年表
背に 『宝積経要品』 を書写し,高野山金剛三昧院に納める(前田家本奥書)。 大高重成, 『夢中問答集』 を出版。 【死没】 3・9 春日顕国(武将)。 【世界 ...
「夢中問答集」の情報だけではなく、「夢中問答集」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

夢中問答集と同じ法話カテゴリの記事
夢中問答集(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
夢窓疎石が足利直義の問に答えた法話集。『夢中問答』ともいう。三巻三冊。全編九十三章の問答を仮名交り文にて記し、在家の女性や道に志す者に見せたいという直義の意を受けて、大高重成が刊行した書で、重成は等持寺の古先印元を介して、康永元年
法話と同じカテゴリの記事をもっと見る


「夢中問答集」は古典に関連のある記事です。
その他の古典に関連する記事
夢中問答集(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
夢窓疎石が足利直義の問に答えた法話集。『夢中問答』ともいう。三巻三冊。全編九十三章の問答を仮名交り文にて記し、在家の女性や道に志す者に見せたいという直義の意を受けて、大高重成が刊行した書で、重成は等持寺の古先印元を介して、康永元年
さす(全文全訳古語辞典・日本国語大辞典)
{さ・し・す・す・せ・せ}一 〔自動詞サ行四段〕一 【指す・差す】自然の力が、ある方向に作用する。❶(日光などが)直射する。例「わたつみの豊旗雲(とよはたぐも)に入り日さし今夜(こよひ)の月夜(つくよ)さやけかりこそ」〈万葉・1・15〉
やさし(全文全訳古語辞典)
〔形容詞シク活用〕 《やせるの意の動詞「やす」の未然形が形容詞化した語》動詞「痩(や)す」(=やせる)を形容詞化した語。身もやせ細るほどでつらい、がもとの意。他人の目にやせ細る思いをすることから、恥ずかしい、気がひける、の意となり、その恥ずかし
かなふ(全文全訳古語辞典)
〔自動詞ハ行四段〕 {は・ひ・ふ・ふ・へ・へ}❶ 《「心にかなふ」「思ふにかなふ」など「…にかなふ」の形で》合致する。適合する。ふさわしい。例「あやしき下臈(げらふ)なれども、聖人の戒めにかなへり」〈徒然草・109〉訳(高名の木登りは)
まどふ(全文全訳古語辞典)
〔自動詞ハ行四段〕 {は・ひ・ふ・ふ・へ・へ} 《上代は「まとふ」。他動詞は「まどはす」》主に人の心についていい、途方に暮れる、うろたえる、などの意味を表す。また、他の動詞に付いて、程度のはなはだしい意を添える。❶(心が)迷う。乱れる。思い悩む
古典に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る