1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 学問
  8. >
  9. 哲学
  10. >
  11. マルクス主義 [改訳]
文庫クセジュ ベストセレクション

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典・叢書サービスです。
マルクス主義[改訳]
文庫クセジュ25 アンリ・ルフェーヴル / 竹内 良知
哲学・心理学・宗教
序章
 こんどの大戦のすこし前に、カトリックの評論雑誌『アルシーヴ・ド・フィロゾフィー』は部厚なマルクス主義特集号を出した(第一八号)。この雑誌の編集者たちは序文の冒頭から、読者にむかって、マルクス主義を他のさまざまな政治活動や社会運動のなかのたんなる一つの活動または運動とみなしてはならないと注意を喚起していた。「そんなせまい見方をすれば見とおしを誤ることになろう。マルクス主義はただたんに統治の一つの方法とか一つの綱領にすぎないのではないし、経済的諸問題の一つの技術的解決にすぎないのでもない。いわんや、波のまにまに浮き沈みする一つの日和見主義、あるいは大げさに美辞麗句をならべたてる演説の一つのテーマなのではない。それは、人間と歴史、個人と社会、自然と神についての一つの広大な考え方、理論的であると同時に実践的でもある一つの一般的綜合、簡単にいえば一つの全体主義的体系であると自任しているのである。」

【 9 / 172 】

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。 ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る
マルクス主義 [改訳]の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 2234
検索コンテンツ
1. しゃかいうんどうとまるくすしゅぎ【社会運動とマルクス主義】 : 近代/(八)
国史大辞典
講座派と労農派の日本資本主義論争が展開された。マルクス主義における思想と実践の統一への志向は、知識階級への深刻な問いかけをなし、一方において『貧乏物語』の著者河 ...
2. マルクス主義
日本大百科全書
、1991年ソ連解体以後、その革命論、階級闘争論は急速に影響力を失った。加藤哲郎マルクス主義の形成マルクス主義は、マルクスとエンゲルスが、それ以前の人類史のさま ...
3. マルクス主義
世界大百科事典
いる。マルクス主義と自認しながらも,現実に対応するためには旧来のマルクス主義の枠組みから大きく踏み出さざるを得ない思想状況も生じている。以下,いくつかの問題点に ...
4. マルクス主義
世界大百科事典
第2次大戦前の日本共産党の合法理論誌。関東大震災によって停刊した同党の合法機関誌《階級戦》の後継誌として1924年5月創刊(月刊)。表面的には編集発行人は西雅雄 ...
5. マルクス‐しゅぎ【─主義】
日本国語大辞典
*共産主義党派文芸を評す〔1927〕〈新居格〉二「しかしマルクス主義の方法論は万能膏ではない」*ダイヴィング〔1934〕〈舟橋聖一〉二「嵐のやうな勢ひで、マルク ...
6. マルクスしゅぎ【マルクス主義】
国史大辞典
クス』(野村修訳)、広松渉『マルクス主義の成立過程』、渡部義通・塩田庄兵衛編『日本社会主義文献解説』、小山弘健『日本マルクス主義史概説』、守屋典郎『日本マルクス ...
7. マルクスしゅぎ【マルクス主義】
国史大辞典
編集者は西雅雄から水野成夫を経て志賀義雄。一三号(大正十四年五月)まではマルクス主義の翻訳や高橋亀吉・猪俣津南雄らによるマルクス主義学説の紹介・解説が主であった ...
8. マルクス主義
世界文学大事典
あるいは日本の中野重治らが,マルクス主義との関わりの中で彼らの文学・思想の核を築いてきたことは,否定しえない事実である。また一般に認められているように,マルクス ...
9. マルクス主義 [改訳]
文庫クセジュ
支える「生きた方法論」としてマルクス主義をとらえる著者が、その哲学的・思弁的な概説をはるかに超えて現実的な諸問題を綿密に検証し、具体的領域において展開しつつ、真 ...
10. マルクスしゅぎ‐しゃ【─主義者】
日本国語大辞典
〔名〕マルクス主義を信奉する人。マルキシスト。マルキスト。*新種族ノラ〔1930〕〈吉行エイスケ〉断髪女を連れて航空港をご出発「マルクス主義者(シュギシャ)によ ...
11. マルクス主義の旗の下に
世界大百科事典
戦前の日本の共産主義理論雑誌(月刊誌)。1930年6月,白楊社から刊行された。同名のドイツの雑誌からの翻訳が中心である。次いで同年9月,プロレタリア科学研究所( ...
12. マルクス主義法学
日本大百科全書
マルクス主義(科学的社会主義、史的唯物論)の立場から法と国家を解明しようとする学問。それによれば、国家は、非和解的な階級対立に分裂した社会のうえにたつ、外見上超 ...
13. マルクス主義法学
世界大百科事典
〉〈ビシンスキー〉の各項参照)。他方,マルクス主義の国際的普及にともない,資本主義諸国の法学の中にもマルクス主義が浸透し,さまざまのレベルでマルクス主義法学を成 ...
14. オーストリア・マルクス主義
日本大百科全書
ヒルファーディング、レンナー、バウアーらがいる。哲学的にはマルクス主義の新カント主義的再解釈を試み、革命的実践における道徳的理想の問題や、カントの認識論によるマ ...
15. オーストリア・マルクス主義
世界大百科事典
物論の立場を否定したように,オーストリア・マルクス主義者たちは,哲学の分野において共通の学説をもつ集団ではなかった。 若きオーストリア・マルクス主義者たちは,オ ...
16. 合法マルクス主義
世界大百科事典
題に対する批判的覚書》の出版許可と成功を契機に,マルクス主義的著作が相次いで合法出版され,マルクス主義が流行した。ストルーベは代表的マルクス主義者とみなされ,9 ...
17. しゅうせい‐マルクスしゅぎ[シウセイ‥]【修正─主義】
日本国語大辞典
〔名〕(マルクスはMarx )マルクス主義の革命的要素を修正することによって、新しい情勢に即応しようとする立場。階級闘争の放棄、プロレタリア独裁の否定、議会主義 ...
18. せいとうは‐マルクスしゅぎ【正統派─主義】
日本国語大辞典
)ベルンシュタインらの修正主義に反対して、マルクス主義の理論的防衛にあたったカウツキーらの立場。*尖端語百科辞典〔1931〕〈早坂二郎・松本悟朗〉「正統派マルク ...
19. マルクス以後のマルクス主義
文庫クセジュ
ゲルスの死を年表上の出発点として、多様に変遷するマルクス主義。本書は、改良主義からロシア革命・レーニン主義、そしてスターリン以後のマルクス主義の新しい展開などの ...
20. 特集 2018世界経済総予測 インタビュー 国分良成 「習独裁」へ向けて権力闘争は続く マルクス主義回帰で市場化に逆行
週刊エコノミスト 2017-18
中国においてマルクス主義はうまくいかなかったから、改革・開放路線に転換し、ここまで経済発展できた。これからは、さらに自由主義や資本主義の方向へ進まないといけない ...
21. 二十世紀フランス小説 145ページ
文庫クセジュ
〔記号の〕体系からしりぞけていた。体系のなかでは、個人は意味作用の効果にすぎなかった)の退潮やマルクス主義の崩壊がおそらくは呼び水になったのだろう、主体が表舞台 ...
22. INLA[欧文略語]
イミダス 2017
National Liberation Army]【軍事】【政治】アイルランド民族解放軍.マルクス主義系の小規模テロ組織.1975年に結成.  ...
23. MRP[欧文略語]
イミダス 2017
blicain Populaire〈仏〉]【政治】フランスの人民共和派.1944年結成の非マルクス主義のカトリック左翼政党 (2)[material requ ...
24. アイスラー
日本大百科全書
ナタ(作品1)でウィーン芸術賞を獲得した。当時の十二音的、半音的作風は、1920年代後半のマルクス主義との接近により、大衆的な作風にとってかわられる。1937~ ...
25. アイゼナハ派
日本大百科全書
ていた第一インターナショナルの綱領を受け入れ、1869年8月、アイゼナハEisenachでマルクス主義的綱領を掲げる社会民主労働者党を結成した。綱領は、「自由な ...
26. 青野季吉
日本大百科全書
プロレタリア文学とマルクス主義運動との相関、創作上の問題などに指標を与え、初期プロレタリア文学に多大な影響を与えた。この期の評論集に『解放の芸術』(1926)、 ...
27. あおのすえきち【青野季吉】
国史大辞典
文壇の長老として活躍した。同三十六年六月二十三日没。七十一歳。著書に『解放の芸術』『転換期の文学』『マルクス主義文学闘争』『実践的文学論』『一つの石』『文学五十 ...
28. 「赤い処女地」
世界文学大事典
の部門で,ここに多くの同伴者作家が作品を発表し,またヴォロンスキーやゴールボフなどが独自のマルクス主義文学批評を展開した。雑誌自体は1942年まで存続したものの ...
29. あかいわ-さかえ【赤岩栄】
日本人名大辞典
明治36年4月6日生まれ。東京神学社で高倉徳太郎にまなび,昭和6年代々木上原教会を創設。戦後キリスト教とマルクス主義との両立をとなえ,共産党入党の決意を表明して ...
30. アクセリロード
日本大百科全書
)派」のメンバーとなった。1883年、亡命先のスイスでプレハーノフらとともに、ロシア最初のマルクス主義の団体「労働解放団」を創設。1903年のロシア社会民主党の ...
31. アクセリロード(Pavel Borisovich Aksel'rod)
世界大百科事典
まれ,1870年代にナロードニキとして活動。亡命し,マルクス主義に転じ,プレハーノフ,ザスーリチらと労働解放団を創立,ロシア・マルクス主義の発展に貢献した。第2 ...
32. アクセリロード リュボーフィ・イサーコヴナ
世界文学大事典
批評家。筆名オルトドクスОртодо́кс。1887年に亡命したのち,プレハーノフに師事。マルクス主義の立場から新カント主義,マッハ主義を批判した。1920年代 ...
33. あさのけんしん【浅野研真】
国史大辞典
昭和三年(一九二八)帰国し、『社会現象としての宗教』を著わして論壇に登場した。当時盛んだった反宗教運動とマルクス主義に強く関心を注ぎ、仏教の近代化を実現するため ...
34. アジア的生産様式
日本大百科全書
主要な所有関係)については、他の三つの生産様式のようには明確な説明を残さなかった。そのためマルクス主義文献研究の面で、また革命戦略のための社会性格規定のうえで、 ...
35. アジト
世界大百科事典
と既存権力との対抗関係であった。日本でも,アジトという言葉が用いられ始めたのは,大正時代のマルクス主義運動においてであった。第2次大戦後,占領下で共産党の運動が ...
36. アゾール・ローザ
日本大百科全書
チブル性を暴いた『作家と民衆』Scrittori e popolo(1965)によって、新マルクス主義的文学批評を開拓。以後、作家と社会の関係を軸に斬新(ざんし ...
37. 新しい地理学 10ページ
文庫クセジュ
現象学の見地を強調することがしばしば流行している。フランスでは構造主義に向かう傾向がある。マルクス主義は地理学ではこれまで二次的な役割しか演じてこなかったが、近 ...
38. 新しい地理学 161ページ
文庫クセジュ
、純学問的認識の要請と価値論的思考の要請とを対比するよう導いた。同様の問題意識に導かれて、マルクス主義者たちは、階級の支配に関してこれまで無視されてきた側面を明 ...
39. アッチラとフン族 145ページ
文庫クセジュ
cahier n°2, Paris, 1957.(アルマッタ『アッチラ時代のフン族の社会』,仏訳,「マルクス主義に照らしてみた国際研究誌」2号,パリ, 1957 ...
40. アドラー(Max Adler)
日本大百科全書
オーストリア・マルクス主義の代表的思想家。第一次世界大戦後から1934年までのオーストリア社会民主党左派の理論的指導者。ウィーン大学員外教授。新カント派哲学やマ ...
41. アナキズム
日本大百科全書
空想的社会主義やマルクス主義(科学的社会主義)と同じく社会主義思想の一種とみることができよう。ただこのアナキズムは、当時革命思想として労働者階級の間で指導的地位 ...
42. アナ・ボル論争
日本大百科全書
遅れて堺利彦(さかいとしひこ)、山川均(ひとし)らのロシアの多数派=ボリシェビキをとってボル派(マルクス主義)が台頭してきたが、1920年両派が提携して日本社会 ...
43. アナーキズム
世界大百科事典
生まれた。プリモ・デ・リベラの独裁(1923-30)下,CNTは地下活動に入った。27年,マルクス主義がCNT内に浸透することを阻み,アナーキズムの理論的純粋性 ...
44. アナーキズム
文庫クセジュ
破壊とテロリズムにまつわる陰惨な背景ゆえに、国家とマルクス主義の両者から一様にタブー視されてきたアナーキズム。本書は、アナーキズムの起源から説きおこし、バクーニ ...
45. アナーキズム 1ページ
文庫クセジュ
ひとつに、まだそれほど古くはなっていない破壊とテロリズムにまつわる陰惨な思い出と、もうひとつに、マルクス主義との長くそして激越な対立関係がある。じらいアナーキズ ...
46. アナーキズム 2ページ
文庫クセジュ
 ところで、この、国家を支配する側、マルクス主義の側のいずれからも一様にタブー視されてきたアナーキズムが、はからずもふたたび世界の舞台に登場しようとしている。国 ...
47. アナーキズム 3ページ
文庫クセジュ
いる。すでに挙げた二点と巻末文献に含めたものをのぞき、アルヴォンの著作をつぎに列挙する。『マルクス主義』(一九五五年)、『ルートヴィヒ・フォイエルバハまたは聖の ...
48. アナーキズム 69ページ
文庫クセジュ
フランスの思想家、ジャーナリスト〕が、「開かれたマルクス主義」、すなわち社会発展の正確な分析と個人の特権の完全な維持とを結びつけようとするマルクス主義と、「スコ ...
49. アナーキズム 134ページ
文庫クセジュ
あらゆる同等の権利義務をうちたてるための闘争であること。」たしかに、この一節はどうにでも解釈できるもので、マルクス主義者たちはのちになってこれを階級闘争の奨励と ...
50. アナーキズム 137ページ
文庫クセジュ
おおいに鼓吹する人びとにこれが現われるのだからますますもって意外だが、この現象を説明するのに、マルクス主義者たちは経済的な理由を持ち出した。経済発展は、ゲルマン ...
「マルクス主義 [改訳]」の情報だけではなく、「マルクス主義 [改訳]」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

マルクス主義 [改訳]と同じ哲学カテゴリの記事
世界哲学史(文庫クセジュ ベストセレクション)
世界哲学史 文庫クセジュ107 ピエール・デュカセ著 / 串田 孫一訳/渡辺 秀訳 哲学・心理学・宗教 まえがき 偉大な哲學は、どんなに古いものであっても、常にわれわれにごく近い。そういう哲學は、われわれ人間のどうにもならない志向に答えているものである。人は幼い時から
ソクラテス以前の哲学(文庫クセジュ ベストセレクション)
ソクラテス以前の哲学 文庫クセジュ487 ジャン・ブラン著/鈴木 幹也訳 哲学・心理学・宗教 序論 ソクラテス以前の哲学をいかなる意味で語ることができるか présocratique〔ソクテス以前の〕という熟した表現は、歴史上のひとつの目印を与える、好都合な一慣用語にすぎないのか
マルクス主義 [改訳](文庫クセジュ ベストセレクション)
マルクス主義[改訳] 文庫クセジュ2 アンリ・ルフェーヴル著/竹内 良知訳 哲学・心理学・宗教 序章 こんどの大戦のすこし前に、カトリックの評論雑誌『アルシーヴ・ド・フィロゾフィー』は部厚なマルクス主義特集号を出した(第一八号)。この雑誌の編集者たちは序文の冒頭から
実存主義 [改訂新版](文庫クセジュ ベストセレクション)
実存主義[改訂新版] 文庫クセジュ13 ポール・フールキエ著/矢内原 伊作訳/田島 節夫訳 哲学・心理学・宗教 改訂新版によせて 一九五一年に本書の訳出を試みてから、いまではもう十二年という月日がたっている。訳出当時のことを思い起こしてみると、その頃わが国では
哲学と同じカテゴリの記事をもっと見る


「マルクス主義 [改訳]」は学問に関連のある記事です。
その他の学問に関連する記事
仮名遣及仮名字体沿革史料(改訂新版・世界大百科事典)
大矢透の著書。1909年刊。国語調査委員会の国語史研究の一成果で,平安初期より室町時代にいたる仏典・漢籍の古訓点本より50種を選び,一部分を臨模して訓点の実際を示し,その文献に見られる仮名の字体を一覧し,古訓の実例を集め,仮名遣の正否を注意している。巻末に平安初期以降の
実存主義 [改訂新版](文庫クセジュ ベストセレクション)
実存主義[改訂新版] 文庫クセジュ13 ポール・フールキエ著/矢内原 伊作訳/田島 節夫訳 哲学・心理学・宗教 改訂新版によせて 一九五一年に本書の訳出を試みてから、いまではもう十二年という月日がたっている。訳出当時のことを思い起こしてみると、その頃わが国では
マルクス主義 [改訳](文庫クセジュ ベストセレクション)
マルクス主義[改訳] 文庫クセジュ2 アンリ・ルフェーヴル著/竹内 良知訳 哲学・心理学・宗教 序章 こんどの大戦のすこし前に、カトリックの評論雑誌『アルシーヴ・ド・フィロゾフィー』は部厚なマルクス主義特集号を出した(第一八号)。この雑誌の編集者たちは序文の冒頭から
レトリック(文庫クセジュ ベストセレクション)
レトリック 文庫クセジュ833 オリヴィエ・ルブール著/佐野 泰雄訳 語学・文学 はじめに この書の最初の目的は、本書で「レトリック」なる語が用いられる時、それが一体何を意味するかを、読者に知ってもらうことである。意味とはいっても、この語の意味が一つならずあることも
ファッションの社会学 ――流行のメカニズムとイメージ(文庫クセジュ ベストセレクション)
ファッションの社会学――流行のメカニズムとイメージ 文庫クセジュ933 F・モネイロン著/北浦 春香訳 社会科学 はじめに 「ファッション」という言葉は、捉え方もさまざまで、定義も一つではない。そして、多くの定義があるという事実そのものが
学問に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る