ジャパンナレッジを使うと調査時間が大幅に短縮。仕事の効率化が図れます!
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円!!)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典・叢書サービスです。 すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 人物
  6. >
  7. 学者
  8. >
  9. 国学者
  10. >
  11. 石塚龍麿
日本大百科全書(ニッポニカ)

石塚龍麿
いしづかたつまろ
[1764―1823]

江戸後期の国学者。本名は矩慶(のりよし)、通称は安右衛門。歌合(うたあわせ)では於富耶麻登(おおやまと)、大倭(おおやまと)を名のり、家号は槇屋(まきのや)。遠江(とおとうみ)国(静岡県)の生まれ。23歳で内山真龍の門に入り、26歳で本居宣長(もとおりのりなが)の門に入る。龍麿の名号は最初の師内山真龍の前名を受けたもの。とくに国語学に秀で、宣長に篤学者として早くから認められ、『古言清濁考(こげんせいだくこう)』(1795完稿、1801刊)は宣長の推賞を受けた。本書は上代文献の万葉仮名について調査し、後世と異なるものがあることを明らかにしたものである。続く『仮字用格奥能山路(かなづかいおくのやまじ)』(1796ころ成稿)は、広く上代文献を精査して、エキケコソトヌヒヘミメヨロの13の万葉仮名が2群に分かれて通用していて、両者の間では混用されないことをみいだしたものである。後年、本書は橋本進吉によってその真価が紹介され、いわゆる上代特殊仮名づかい研究の先駆として古代国語の研究に大きく寄与している。
[石塚晴通]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。出典を明記できる信頼性の高い情報源から一括検索が可能です。タブレットやスマホからも利用できます。
ジャパンナレッジの利用料金や
収録辞事典について詳しく見る
石塚龍麿の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 43
検索コンテンツ
1. 石塚龍麿
日本大百科全書
江戸後期の国学者。本名は矩慶(のりよし)、通称は安右衛門。歌合(うたあわせ)では於富耶麻登(おおやまと)、大倭(おおやまと)を名のり、家号は槇屋(まきのや)。遠 ...
2. いしづか‐たつまろ【石塚龍麿】
日本国語大辞典
江戸後期の国学者、国語学者。遠江(静岡県)の人。本居宣長に学び、古代語の語法、特に万葉仮名遣いを研究。著に「仮名遣奥山路」「古言清濁考」など。明和元〜文政六年( ...
3. いしづかたつまろ【石〓竜麿】
国史大辞典
などの著述がある。文政六年(一八二三)六月十三日細田村にて没。六十歳。 [参考文献]小山正『石塚竜麿の研究』 (大久保 正)  ...
4. いしづか-たつまろ【石塚竜麿】
日本人名大辞典
1764−1823 江戸時代中期-後期の国学者。明和元年生まれ。生家は遠江(とおとうみ)(静岡県)敷知郡の大庄屋。内山真竜(またつ),本居宣長(もとおり-のりな ...
5. 石塚竜麿[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:2件 【逐次刊行物】:2件 『石塚竜麿の万葉研究』小山正『石塚竜麿の研究』小山正『石塚竜麿に就いて』小山正『石塚竜麿の万葉集研究』田林 ...
6. いしはらむら【石原村】静岡県:浜松市/旧長上郡・豊田郡地区
日本歴史地名大系
明治元年および同一六年にも浸水の被害を受けている(同書)。当村出身の国学者・歌人である小栗広伴は石塚龍麿・本居大平に学び、主著に「栄樹園家集」などがある。臨済宗 ...
7. おぐり-ひろとも【小栗広伴】
日本人名大辞典
静岡県浜松市)で酒造業をいとなむ歌人竹村尚規(なおのり)の家につかえ,かたわら和歌をまなぶ。石塚竜麿,本居大平(おおひら)に入門した。嘉永(かえい)4年11月1 ...
8. かなづかい【仮名遣】
国史大辞典
り、歴史主義と言うよりは復古主義の仮名遣と称すべきであるが、しかしその方法はやがて本居宣長・石塚竜麿による上代の特殊仮名遣の発見につながる。契沖の仮名遣は楫取魚 ...
9. 仮名遣い
世界大百科事典
にあることを明らかにし,万葉仮名によって擬古文を記すときの規範にすべきだと考えたものがある。石塚竜麿の《仮字遣奥山路(かなづかいおくのやまみち)》,草鹿砥宣隆( ...
10. 『仮字遣奥山路』
日本史年表
1798年〈寛政10 戊午〉 この年以前 石塚竜麿 『仮字遣奥山路』 成る。  ...
11. 仮名遣奥山路
日本大百科全書
国語学書。3巻。石塚龍麿(たつまろ)著。1799年(寛政11)以前に成立したが、未刊のまま伝わり、1929年(昭和4)に刊行された。本居宣長(もとおりのりなが) ...
12. かなづかいおくのやまみち[かなづかひおくのやまみち]【仮名遣奥山路】
日本国語大辞典
江戸後期の語学書。三巻。石塚龍麿著。寛政一〇年(一七九八)以前の成立。本居宣長の研究に基づき、記紀、万葉に見えるエ・キ・ケ・コ・ソ・ト・ヌ・ヒ・ヘ・ミ・メ・ヨ・ ...
13. 仮字遣奥山路
世界大百科事典
江戸後期の国学者石塚竜麿(1764-1823)の著した語学書。3巻。1798年(寛政10)ころに成る。本居宣長がその著《古事記伝》巻頭の〈仮字の事〉の項に記した ...
14. かなづかいおくのやまみち【仮字遣奥山路】
国史大辞典
語学書。石塚竜麿著。三巻三冊。寛政十年(一七九八)以前成立。「かなづかいおくのやまじ」とも読む。『日本古典全集』第三期に収め昭和四年(一九二九)刊。奈良時代の ...
15. かみ【神】
国史大辞典
新研究』)。しかし、「神は上なり」ということには疑問がある。はやく本居宣長が指摘し、その門人石塚竜麿が発展せしめ、橋本進吉に及んでこれを確論たらしめた上代特殊仮 ...
16. 国学(学問、学派)画像
日本大百科全書
単に祖述するか、語学研究など、専門研究に進路を求めざるをえなくなった。宣長の長男春庭(はるにわ)、石塚龍麿(たつまろ)、春庭門下の東条義門(ぎもん)らが知られて ...
17. 国学者 学統図1[図版]画像
国史大辞典
杉浦国頭 村田春道 岸本由豆流 川島茂樹 義門 落合直文 森暉昌 村田春海 村田多勢子 前田夏蔭 石塚竜麿 賀茂真淵 村田春郷 本間游清 本居春庭 夏目甕麿 八 ...
18. 国学者 学統図2[図版]画像
国史大辞典
石塚竜麿 並河基広 服部中庸 榎並隆璉 富士谷成章 富士谷御杖 田中大秀 五十嵐篤好 藤井高尚 義門 福田美楯 長瀬真幸 中島広足 河村秀穎 城戸千楯 吉見幸和 ...
19. 国語学
世界大百科事典
このような点に関しての研究は,明治以後の字音研究にまたなければならない。つぎに,宣長の弟子,石塚竜麿は,宣長の指導によって,いわゆる上代特殊仮名遣いを精査し,そ ...
20. こくごがく【国語学】
国史大辞典
宣長が『字音仮字用格』『漢字三音考』で漢字音の研究を行い、義門がそのあとをついで確実なものとした。宣長の門人石塚竜麿は『仮字遣奥山路』で、上代の万葉仮名の仮名遣 ...
21. こくごがく【国語学】 : 国語学/〔江戸時代〕
国史大辞典
宣長が『字音仮字用格』『漢字三音考』で漢字音の研究を行い、義門がそのあとをついで確実なものとした。宣長の門人石塚竜麿は『仮字遣奥山路』で、上代の万葉仮名の仮名遣 ...
22. こくごがく【国語学】 : 国語学/〔明治以後〕
国史大辞典
語によって二通りに書き分けられていることを明らかにし、当時の音韻の違いによるものであるとした。江戸時代に石塚竜麿の指摘していたことであるが、その価値を再発見した ...
23. こげんせいだくこう[コゲンセイダクカウ]【古言清濁考】
日本国語大辞典
江戸後期の語学書。三巻。石塚龍麿著。寛政六年(一七九四)成立。享和元年(一八〇一)刊。「古事記」「日本書紀」「万葉集」の仮名について考察し、清濁が問題となる語を ...
24. しとろむら【志都呂村】静岡県:浜松市/旧敷知郡・引佐郡地区
日本歴史地名大系
もあって、文政年間には当村を中心に俳諧が流行した。萱場村金原家の出で陣屋役人を勤めた波多完は石塚竜麿・本多大平の門人となり、歌集「詠藻」を著した(浜松市史)。長 ...
25. じょうだいとくしゅかなづかい【上代特殊仮名遣】
国史大辞典
十世紀前半まで保たれていた。上代特殊仮名遣の事実は、はやく本居宣長が『古事記伝』総論において注意し、石塚竜麿がこれを継いで『仮字遣奥山路』にまとめたが、これとは ...
26. 上代特殊仮名遣い
日本大百科全書
かなり多く2類の混同がみえる。 この言語事象の指摘は、本居宣長(もとおりのりなが)に始まり、石塚龍麿(たつまろ)がさらに詳しく調査し、2類の間に画然とした区別の ...
27. 上代特殊仮名遣い
世界大百科事典
名である。この事実の発見の端緒は,本居宣長(もとおりのりなが)の《古事記伝》にあり,その門人石塚竜麿(たつまろ)の《仮字遣奥山路(かなづかいおくのやまみち)》に ...
28. じょうだい‐とくしゅかなづかい[ジャウダイトクシュかなづかひ]【上代特殊仮名遣】
日本国語大辞典
がいで、他の仮名の区別とは性質を異にする。使い分けの事実は、早く江戸時代に本居宣長が気づき、石塚龍麿が実例を収集整理したが、明治末期に橋本進吉によってその本質が ...
29. たけむら-なおのり【竹村尚規】
日本人名大辞典
国学を本居宣長(もとおり-のりなが),栗田土満(ひじまろ)にまなぶ。高林方朗(みちあきら),石塚竜麿(たつまろ),夏目甕麿(みかまろ),本居大平(おおひら)らと ...
30. とおとうみのくに【遠江国】静岡県
日本歴史地名大系
自身庄屋役を勤めながら学問に励んだ。代表的な著作に「遠江国風土記伝」があり、門人としては小国重年・石塚龍麿・夏目甕麿・高林方朗らがいた。土満は城東郡平尾村(現菊 ...
31. 中山美石
世界大百科事典
遠江新居関所の役人などを勤めながら国学に励み,師の大平をはじめ内山真竜,夏目甕麿(みかまろ),石塚竜麿などと交友。1817年(文化14)藩校時習館の教授となり, ...
32. にほんこてんぜんしゅう【日本古典全集】
国史大辞典
常久) 雲根志(全二冊) 雲根志(木内石亭) 仮字遣奥山路(全二冊) かなつかひおくの山路(石塚竜麿) 歌舞妓年代記(全三冊) (花江都歌舞妓)年代記(烏亭焉馬 ...
33. はとりむら【羽鳥村】静岡県:浜松市/旧長上郡・豊田郡地区
日本歴史地名大系
松市史」、「諸用記」高林家文書など)。同家の八代目の当主松島茂岡は国学者・歌人として有名で、石塚龍麿や高林方朗などとも交流があった。主著に「有馬紀行」がある。曹 ...
34. 万葉仮名画像
世界大百科事典
して万葉仮名を概説するとともに,同じ音と考えられる万葉仮名の使い分けを論じた。それを受けて,石塚竜麿(いしづかたつまろ)の《古言清濁考》《仮字遣奥山路(かなづか ...
35. 本居宣長
世界大百科事典
おもな門人には実子の本居春庭,養子の本居大平(おおひら)をはじめ田中道麿,服部中庸,横井千秋,石塚竜麿,鈴木朖(あきら),田中大秀らがいる。伴信友と平田篤胤とは ...
36. れきしてきかなづかい【歴史的仮名遣】
国史大辞典
実証した奥村栄実は『古言衣延弁』(文政十二年(一八二九)成)を著わしてこの書分けをすべきことを主張し、石塚竜麿は『仮字遣奥山路』(寛政十年(一七九八)ごろ成)を ...
37. 1798年〈寛政10 戊午〉
日本史年表
志筑忠雄著訳 『暦象新書』 上編成る(中編は寛政12年、下編は享和2年)。 この年以前 石塚竜麿 『仮字遣奥山路』 成る。 【死没】 2・15 池上太郎左 ...
38. 1823年〈文政6 癸未〉
日本史年表
学者)。 4・9 小川守中(雅楽研究家)。 5・2 本多忠憲(50、故実家)。 6・13 石塚竜麿(60、国学者)。 8・17 北条霞亭(44、儒者)。 ...
「石塚龍麿」の情報だけではなく、「石塚龍麿」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や
収録辞事典について詳しく見る

石塚龍麿と同じ国学者カテゴリの記事
橋本進吉(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
国語学者。福井県敦賀市に生まれる。代々の医家であったが、5歳にして父を失った。第三高等学校を経て、1906年(明治39)東京帝国大学文科大学言語学科を卒業、国語調査委員会補助委員となる。09年東京帝国大学文科大学助手に任ぜられ、27年(昭和2)助教授、2年後教授となる
石塚龍麿(日本大百科全書(ニッポニカ))
江戸後期の国学者。本名は矩慶、通称は安右衛門。歌合では於富耶麻登、大倭を名のり、家号は槇屋。遠江国(静岡県)の生まれ。23歳で内山真龍の門に入り、26歳で本居宣長の門に入る。龍麿の名号は最初の師内山真龍の前名を受けたもの。とくに国語学に秀で、宣長に篤学者として早くから
国学者と同じカテゴリの記事をもっと見る


「石塚龍麿」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
石塚龍麿(日本大百科全書(ニッポニカ))
江戸後期の国学者。本名は矩慶、通称は安右衛門。歌合では於富耶麻登、大倭を名のり、家号は槇屋。遠江国(静岡県)の生まれ。23歳で内山真龍の門に入り、26歳で本居宣長の門に入る。龍麿の名号は最初の師内山真龍の前名を受けたもの。とくに国語学に秀で、宣長に篤学者として早くから
橋本進吉(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
国語学者。福井県敦賀市に生まれる。代々の医家であったが、5歳にして父を失った。第三高等学校を経て、1906年(明治39)東京帝国大学文科大学言語学科を卒業、国語調査委員会補助委員となる。09年東京帝国大学文科大学助手に任ぜられ、27年(昭和2)助教授、2年後教授となる
西郷従道(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
明治時代の政治家、軍人。天保十四年(一八四三)五月十四日薩摩藩の下級藩士(御小性与)西郷吉兵衛の第六子(三男)として鹿児島城下加治屋町に生まれる。母は同藩士椎原権右衛門の娘マサ。西郷隆盛は従道の長兄にあたる。幼名は竜助。幼くして両親を失い島津家の茶坊主として
ナポレオン [改訳](文庫クセジュ ベストセレクション)
ナポレオン[改訳] 文庫クセジュ79 アンリ・カルヴェ著/井上 幸治訳 歴史・地理・民族(俗)学 第一章 ナポレオンの出身、青年時代 ボナパルト家 いま知られるところで、ナポレオンのもっとも古い祖先は、十五世紀末にあらわれたフランソワ・ボナパルトである。
ニーチェ(文庫クセジュ ベストセレクション)
第一部 ニーチェの生涯と著作 第一章 生涯 ニーチェは好んでポーランド貴族の末裔を称した。しかし実際には、詳細な研究が十八世紀の初頭まで遡って明らかにしたところによれば、ニーチェの家系は完全にドイツ系である。ニーチェの祖先のうちには、数多くの聖職
人物に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典・叢書サービスです。国史大辞典、日本国語大辞典、日本大百科全書、日本古典文学全集、日本歴史地名大系などを利用することが出来ます。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や
収録辞事典について詳しく見る