ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 物語
  10. >
  11. 御伽草子
日本大百科全書・世界大百科事典

日本大百科全書(ニッポニカ)
御伽草子
おとぎぞうし

およそ14世紀から16世紀の間(南北朝・室町時代)に現れた短編の物語小説。最初は、江戸時代に入って叢書(そうしょ)として出版された『文正草子(ぶんしょうぞうし)』以下23編の作品をさす名称であったが、現在では同類の作品を広く包括して、文学史上の一ジャンルを意味する術語として用いられる。現存する作品は300編を超えるが、大部分は作者も正確な成立年代も不明である。鎌倉時代以後、地方豪族である武家が台頭するに及んで、文化もまた社会的、地域的に拡散することになったが、全国的規模の南北朝の動乱はそれに拍車をかけた。文芸の世界にあっても作者と享受者層の裾野(すその)が広がったことによって、質の変化と多様化を招来した。そのような文学の大衆化の一現象として輩出したのが御伽草子である。
 御伽草子の多くは絵巻や、それを簡便化した奈良絵本に仕立てられ、絵と文とが相補って読者を楽しませる方式をとっているが、これも、対象とする享受者が女性や若年層を主にしていたことを示しているのであろう。したがって、平安時代以来の貴族社会の物語に比べると、登場人物や扱われた世界は変化に富んでいるが、創作手法は類型化し、主題の似通った作品も多い。分類としては、国文学者である市古貞次(いちこていじ)による、公家(くげ)物、武家物、宗教物、庶民物、異類(いるい)物、異国物の6種に分ける方法が一般的である。公家物には『しぐれ』『伏屋(ふせや)の物語』『岩屋(いわや)の草子』など、鎌倉時代の貴族社会の物語を改作した作品が多い。それらは、才色に優れながら不遇な境遇にある姫君と、時の貴公子との恋を主題にした物語である。武家物には『小敦盛(こあつもり)』『横笛草紙(よこぶえぞうし)』など源平時代の哀話に取材したものや、『俵藤太(たわらとうだ)物語』『酒呑童子(しゅてんどうじ)』など高名な武人の怪物退治談のほか、『明石(あかし)物語』のように地方豪族の家に起こった事件を語る創作的な物語もあり、御伽草子によって開けた新しい文学の世界をみることができる。宗教物は僧侶(そうりょ)を主人公にした作品に、高僧の伝記物、『秋の夜(よ)の長(なが)物語』のような児(ちご)物語、『三人法師』を代表作とする懺悔(さんげ)談、破戒僧を揶揄(やゆ)した『ささやき竹』『おようの尼』など、多様な作品を含む。また、中世の農山村にまで広まっていた民衆的な物語に、『熊野(くまの)の本地(ほんじ)』『諏訪(すわ)の本地』『阿弥陀(あみだ)の本地』など、神仏の前生、寺社の縁起(えんぎ)を語る本地物がある。それらは、人間界でさまざまな苦難を味わった男女が末に神仏と顕(あらわ)れたことを説く物語で、とくに中世的な色彩の濃い作品である。庶民物には『文正草子』や『物くさ太郎』で知られる立身出世談が多い。名もない民が才知によって富を得たり、高貴の女性への恋を成就するといった内容は、戦国時代の下剋上(げこくじょう)の世相を映し、開放的な明るさを漂わせている。人間以外の動物や植物を擬人化した異類物も御伽草子の特徴的な作品である。これには、知識人の戯作と、民間説話に多い異類婚姻談と関係の深い作品とがある。異国物は仏教説話や中国の説話を種に、天竺(てんじく)や唐土(とうど)を舞台に構えた作で、多くは超現実的な話である。そのほか、御伽草子には竜宮や蓬莱(ほうらい)、天界といった、この世に対する他界もしばしば描かれている。
 以上のように御伽草子の内容は種々雑多であるが、共通した特徴としては、文章が平易単純であること、人間の内面描写が乏しく、筋書き的な短編であること、筋立てや、また人物の容姿や情景の表現が類型的であること、教訓的、啓蒙(けいもう)的な姿勢が顕著なこと、仏教思想が濃厚で、とくに神仏の霊験利生(れいげんりしょう)を強調する作品の多いことなどがあげられる。したがって作者の個性のみられる作品が少なく、文学としては幼稚素朴の評を免れないが、これも、上層階級の独占であった文芸が大衆化する過渡期にあっては、やむをえない現象であろう。御伽草子のうち、比較的創作性の濃い作品は仮名草子(かなぞうし)に影響を与え、武家物や、宗教物のなかの本地物のように、民衆に迎えられた物語は、江戸時代に入ると、操(あやつ)りを伴う語物芸能の浄瑠璃(じょうるり)に流入して、長く生命を保っていた。
[松本隆信]



改訂新版 世界大百科事典
御伽草子
おとぎそうし

狭義には,江戸時代に〈御伽文庫〉としてセットで刊行された絵入刊本23編をさす。すなわち《文正さうし》《鉢かづき》《小町草紙》《御曹子島渡》《唐糸草子》《木幡(こわた)狐》《七草草紙》《猿源氏草紙》《物くさ太郎》《さゞれいし》《蛤(はまぐり)の草紙》《敦盛》《二十四孝》《梵天国》《のせ猿さうし》《猫のさうし》《浜出草紙》《和泉式部》《一寸法師》《さいき》《浦嶋太郎》《横笛草紙》《酒呑童子》がそれで,《酒呑童子》の奥付に〈大坂心斎橋順慶町 書林 渋川清右衛門〉の刊記があることから,渋川版とも呼ばれている。23編23冊の揃い本は享保年中(1716-36)の刊行とされるが,もとのかたちはさらにさかのぼって,明暦から寛文の間(1655-73)に京都で38冊で刊行されたことが端本の存在により知りうる。この絵入刊本は室町末期ごろから作られていた横本の奈良絵本を模したものとされ,初印本の挿絵には丹,緑などの彩色を施したものも見受けられる。古い要素をとどめる作品もあるが,全般に古来の作をダイジェスト化した傾向が認められ,《猫のさうし》のように明らかに慶長(1596-1615)以降の創作もあり,また詞章面に厳密さを欠くところもあるため,渋川版のみに頼って中世文学としての御伽草子を論ずることはできない。

 広義には,室町時代に製作・書写された物語,草子の汎称で,文学史では室町から江戸期にかけて,御伽草子,仮名草子,浮世草子と連ねて用いており,その製作・享受の時期は近世にまで及ぶ。渋川版以外の作品をも〈御伽草子〉〈御伽双紙〉〈御伽さうし〉などと称していたことが江戸期の類書に見られ,明治以降もこれを踏襲したので,便宜上御伽草子の呼称を用いるが,ほかに中世小説,近古小説,室町時代小説,室町時代物語,室町物語などの用語もあり,中世神仏説話の名のもとに御伽草子を収めるものまでまちまちである。同時代の説話,物語,軍記,縁起,法語,語り物,また芸能作品との境界も明瞭ではなく,その伝来の諸相,伝本の複雑さは,一概に御伽草子の語義や範囲を決めることの困難さを示している。

 松本隆信編〈増訂室町時代物語類現存本簡明目録〉(《御伽草子の世界》(1982)所収)には三百数十に分類されているが,異本などを考慮するならばこの数はさらに上回るであろう。これは,御伽草子が,武士とか町衆とか地方の人々とか,従来は見られなかった新たな文学の担い手により,度重なる転写の経過の中で享受されてきたことにもよるが,また御伽草子が本来持っている口承性によるものでもあろう。内容による分類案は市古貞次により提示されているが(《中世小説の研究》1955),さらにその形態に即して,写本,絵巻,絵入写本,刊本,絵入刊本といった別,また丹緑本,古活字本とか時期を限って刊行された特殊なかたちをも含め,一つの作品がいずれの形態によって伝来してきたのかを整理してみるべきである。作者も3,4の例外はあるがほとんどわかっていないし,筆者の名を書きとどめた例もきわめて少ない。

 以上のことからも,御伽草子の成立の時期を明確に位置づけることは難しいが,物語絵巻--《源氏物語絵巻》《寝覚物語絵巻》《葉月物語絵巻》また白描の《枕草子絵巻》など--や説話絵巻--《信貴山縁起》《長谷雄卿草子》《男衾三郎絵詞》など--とは明らかに一線を画す,《是害房絵詞》《箱根権現縁起絵巻》《熊野縁起》《厳島の本地》《日光山縁起》といった絵巻や,《神道集》と共通素材を有する一群の絵巻が,南北朝期から室町初期には成立していたことが知られている。伏見宮貞成親王の《看聞日記》には,絵巻や冊子の類が御所,禁裏,将軍家の間を往来し書写されていたことが克明に記されている。これらが著名な社寺の宝蔵に存していたことも推測される。江戸期に入るともっぱら横本の奈良絵本で流布し,その最盛期は絵入刊本が続々刊行された寛文期(1661-73)とも一致する。御伽草子以前を考察するには,《風葉和歌集》や《蔵玉和歌集》は必須のものであり,さかのぼって鎌倉時代物語(わずか二十数編のみ)にまで及ぶべきで,《三十二番職人歌合》や《自戒集》にうかがいうる〈絵解き〉のなりわいをも追究すべきである。

 古作で重要なものは,本地物--《天神縁起》《諏訪縁起》など仏神の本縁や前生を説くもの,のちに〈本地〉の題名で継承されていく--とか異類物--《三宝絵詞》序に,草木禽獣を擬人化した作品の存したことがうかがわれる--である。異類物には,《鴉鷺(あろ)合戦物語》や《精進魚類物語》(後者は寛永期(1624-44)の丹緑本〈四生の歌合〉への系譜をなす)のような異類どうしの物語と,《狐の草子》《七夕》《鶴の草子》など口承性豊かな異類婚姻を扱うものとがある。また,前代の公卿の恋愛を扱ったものをうけて,《さごろも》《伏屋》《しぐれ》《一本菊》などが出たが,《岩屋》のような継子物をこの中から派生させた。室町期の雰囲気をもっとも濃厚に反映する作では《十二類合戦物語》《福富草子》《小男の草子》《猿源氏草紙》,江戸期に入って《鼠の権頭(ごんのかみ)》などがあげられる。これらの多くは絵巻として伝来しており,絵と詞とが分離されておらず,むしろ絵が主で,余白に当時の口語で会話や和歌や歌謡などがいきいきとふんだんに書き込まれているのは,御伽草子の本質の重要な一側面を示すものであろう。

 御伽草子は,読むものであると同時に語るものであり,また見て楽しむものでもあった。《文正草子》や《弥兵衛鼠(やひようえねずみ)》の末尾に〈めでたいことのはじめ〉に読むがよいとか,《浦島太郎》の末尾に夫婦男女の契り深い例についてふれてあったり,《富士の人穴》の末尾に草子を聞く人また読む人の功徳を強調しているなどは,語り手や聴衆のおもかげや,御伽草子のもつ文学性以外の機能などを具体的に示す部分として注目してよい。〈トギ(伽)〉の語源の追求や,絵屋,絵草子屋の実態究明も急務とすべきである。
→奈良絵本
[徳江 元正]

[索引語]
御伽文庫 渋川版 猫の草子 近古小説 室町時代物語 室町物語 中世神仏説話 看聞日記 異類物 浦島太郎 富士の人穴
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
御伽草子の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 3727
検索コンテンツ
1. おとぎざうし【御伽草子】
全文全訳古語辞典
[小説のジャンル名]室町時代から江戸時代初期にかけて成立した、老幼女子向きの短編小説の総称。  ...
2. 御伽草子
世界大百科事典
版のみに頼って中世文学としての御伽草子を論ずることはできない。 広義には,室町時代に製作・書写された物語,草子の汎称で,文学史では室町から江戸期にかけて,御伽草 ...
3. 御伽草子画像
日本大百科全書
って、質の変化と多様化を招来した。そのような文学の大衆化の一現象として輩出したのが御伽草子である。 御伽草子の多くは絵巻や、それを簡便化した奈良絵本に仕立てられ ...
4. おとぎ‐ぞうし[‥ザウシ]【御伽草子】
日本国語大辞典
、大坂の書店、渋川清右衛門がそのうちの二三編を集めて「御伽文庫」と名づけて刊行、その作品を「御伽草子」と呼んだ。以後、広くこれに類する室町時代頃に成立した短編小 ...
5. おとぎぞうし【御伽草子】
国史大辞典
御伽草子は広義には室町時代の短篇の物語を一般に指し、中世小説とか、近古小説・室町時代物語・室町小説とか呼ばれる類を指す場合もあるが、狭義には江戸時代の初期、大 ...
6. 御伽草子(著作ID:121131)
新日本古典籍データベース
おとぎぞうし 御伽草紙 御伽文庫 祝言文庫 叢書 享保頃刊 ...
7. 御伽草子(著作ID:1956054)
新日本古典籍データベース
おとぎぞうし  ...
8. 一寸法師(『御伽草子』)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
椀(わん)の舟、箸(はし)の櫂(かい)で京に上る場面を描いたもの。『御伽草子(おとぎぞうし)』 第19冊所収 国立国会図書館所蔵 ...
9. あいおい の 松(まつ)
日本国語大辞典
なりける常磐木(ときはぎ)の、中にも名は高砂の、末代の例(ためし)にも相生の松ぞめでたき」*御伽草子・唐糸草子〔室町末〕「一千年の寿命も、あひ生(ヲヒ)のまつに ...
10. 相生(あいお)いの松(まつ)
故事俗信ことわざ大辞典
へなりける常磐木(ときはぎ)の、中にも名は高砂の、末代の例(ためし)にも相生の松ぞめでたき」御伽草子・唐糸草子(室町末)「一千年の寿命も、あひ生(ヲヒ)のまつに ...
11. あい‐おもい[あひおもひ]【相思】
日本国語大辞典
〔名〕互いに慕うこと。そうし。*御伽草子・美人くらべ(室町時代物語集所収)〔室町中〕「又かやうにあひ思ひなる事かなとて、いよいよあさからずおぼしめし」*浄瑠璃・ ...
12. あい‐か【哀歌】
日本国語大辞典
【一】〔名〕悲しい心情を表わした詩歌。悲歌。エレジー。*御伽草子・李娃物語(室町時代小説集所収)〔室町末〕「昔は公子と成て、金殿に書学を学び、今は落魄と作て、舞 ...
13. あい‐きょう[‥キャウ]【愛敬・愛嬌(ケウ)】
日本国語大辞典
もって敬う」(2)(形動)にこやかな、親しみやすいかわいらしさ。また、そういうかわいらしさのあるさま。あい。*御伽草子・鉢かづき〔室町末〕「かほどにもの弱く、あ ...
14. あいきょう の 餠(もち・もちい)
日本国語大辞典
使うことがふつうになった。三日(みか)のもちい。あいきょうもち。→所顕(ところあらわし)。*御伽草子・物くさ太郎〔室町末〕「ある時情ある人のもとあいきゃうのもち ...
15. あい‐ぎょう[‥ギャウ]【愛敬】
日本国語大辞典
アイギャウと同じように「敬愛」を意味するとともに(→あいきょう(1))、一方で、「あいきょう(2)」の挙例「御伽草子・鉢かづき」のように「愛らしさ」の意味も見ら ...
16. あいぎょう‐がまし・い[アイギャウ‥]【愛敬─】
日本国語大辞典
し〔形シク〕(「がましい」は接尾語)あいくるしく魅力的である。*御伽草子・岩屋〔室町末〕「十四五ばかりなる姫君の、かみのかかり、くちつき、いづくもあいぎゃうがま ...
17. あい‐・する【愛】
日本国語大辞典
*今昔物語集〔1120頃か〕三一・一〇「今夜正しく女の彼の許に行て、二人臥して愛しつる顔よ」*御伽草子・酒呑童子〔室町末〕「夜にもなればその内にて、われらを集め ...
18. あいぞめ‐がわ[あゐぞめがは]【藍染川・逢(あひ)初川・愛(あい)染川】
日本国語大辞典
〔二〕福岡県太宰府市、太宰府天満宮の近くを流れる御笠川の上流、染川のこと。漆川。宇留志川。思川。岩踏川。*御伽草子・文正草子〔室町末〕「秋は紅葉の色深き、思ふ川 ...
19. あい‐たん【哀嘆】
日本国語大辞典
〔名〕かなしみ嘆くこと。*御伽草子・李娃物語(室町時代小説集所収)〔室町末〕「此由を伝聞て、哀歎して、行て中将殿を見奉るに」*東京新繁昌記〔1874~76〕〈服 ...
20. あい‐の‐まくら[あひ‥]【相枕】
日本国語大辞典
〔名〕(1)夫婦が共寝に用いる長い枕。また、その共寝。*御伽草子・和泉式部〔室町末〕「あひのまくらの睦言(むつごと)に、はづかしとや思ひけん、五条の橋に捨にけり ...
21. あい を=する[=なす]
日本国語大辞典
(1)(子供などを)かわいがる。愛撫(あいぶ)する。*御伽草子・七草草紙(未刊国文資料所収)〔室町末〕「をのれよりおさなきをばいとふしみあいをなし」(2)(子供 ...
22. あ・う[あふ]【合・会・逢・遭】
日本国語大辞典
・臣下ちゃうしが事「さあらんにとりては、あはざる訴訟なりとも、一度は、などや御免なからん」*御伽草子・鉢かづき〔室町末〕「兄御たちきこしめし、あはぬ事とは思へど ...
23. 会(あ)うは別(わか)れの始(はじ)め
故事俗信ことわざ大辞典
とてもかくても、あふはわかれのはじめなれば、さてしもはつまじきわざにこそ』とて、うちなき給」御伽草子・小町草紙(室町末)「昔をしのび給ふなよ。あふは別(ワカレ) ...
24. あ‐うん【阿吽・阿〓画像
日本国語大辞典
表わすとする。*謡曲・安宅〔1516頃〕「出で入る息に阿吽の二字を唱へ、即身即仏の山伏を」*御伽草子・御曹子島渡〔室町末〕「大日の一の巻に、ぬれての法と申すを行 ...
25. あえ・す【落・零】
日本国語大辞典
が所へ御出の事「未だ所作も果てざらんに切りて社壇に血をあへさんも、神慮の恐(おそれ)あり」*御伽草子・福富長者物語〔室町末〕「うちやられし頭(かしら)より、御か ...
26. あおぎ‐け・す[あふぎ‥]【扇消】
日本国語大辞典
〔他サ五(四)〕扇などであおいで火などを消すこと。*御伽草子・業平夢物語(岩波文庫所収)〔室町末〕「ともし火をあふぎ消してみすおろしければ」*仮名草子・恨の介〔 ...
27. あお‐くさ・い[あを‥]【青臭】
日本国語大辞典
あをくさ・し〔形ク〕(1)青草のような匂いがする。なまなましい、いやな匂いにいう。*御伽草子・酒茶論(古典文庫所収)〔室町末〕「いかに色めきあへる茶なりとも、酒 ...
28. 青葉の笛の物語(著作ID:10162)
新日本古典籍データベース
あおばのふえのものがたり 仁明天皇物語 青葉物語 青葉の笛 御伽草子 室町時代 ...
29. あおみ‐い・ず[あをみいづ]【青出】
日本国語大辞典
青々と生い出る。*源氏物語〔1001~14頃〕柏木「庭も、やうやうあおみいづる若草、見えわたり」*御伽草子・鳥部山物語(類従所収)〔室町末〕「空のけしきなごりな ...
30. あおり‐た・てる[あふり‥]【煽立】
日本国語大辞典
れ、或は頭をうち砕れ」(2)はたから、盛んにそそのかす。ある感情を盛んにさせる。扇動する。*御伽草子・鴉鷺合戦物語(続類従所収)〔室町中〕「われさきにとひくほと ...
31. あか‐はだか【赤裸】
日本国語大辞典
〕三六・秀詮兄弟討死事「赤裸(アカハダカ)なる者には小袖を著せ、手負たる者には薬を与へて」*御伽草子・猫の草紙〔江戸初〕「あかはだか、つけ紐の時よりも申きかせ候 ...
32. 赤本
日本大百科全書
題材は「桃太郎」「舌切り雀(すずめ)」「鉢かづき姫」「頼光山入(らいこうやまいり)」などの昔話や御伽草子(おとぎぞうし)、浄瑠璃(じょうるり)本で、近藤清春、西 ...
33. あがた‐めし【県召】
日本国語大辞典
春のあがためしに」*公事根源〔1422頃〕正月・県召除目「県召、外官をむねと任ぜらるる也」*御伽草子・七草草紙〔室町末〕「正月に筋もなき者を位になし給ふを、あが ...
34. あがり‐まち【上─】
日本国語大辞典
〔形動〕増長して高慢なさま。うぬぼれて偉ぶるさま。*御伽草子・鴉鷺合戦物語〔室町中〕「さしもなきものの分際をしらず、諸事にあがりまちなる所を申ばかりにて候」*俳 ...
35. あき の 雲(くも)
日本国語大辞典
「あきぐも(秋雲)」に同じ。《季・秋》*御伽草子・桜の中将(室町時代物語大成所収)〔室町末〕上「花のすがたもいたづらにはる風にしほれ、月のかほばせもさながらあき ...
36. あきのよのながものがたり【秋夜長物語】
国史大辞典
中世小説のうち、稚児(ちご)物語といわれる範疇に属する御伽草子。作者不詳。一巻。筋は後堀河天皇の代、西山の瞻西上人は比叡山東塔の勧学院の宰相の律師桂海といい、 ...
37. あき‐ふたげ【秋二毛】
日本国語大辞典
〔名〕鹿の毛皮の名。夏毛と秋毛との替わり目で、夏毛の茶色と秋毛の栗色の入り交じった毛並み。*御伽草子・鴉鷺合戦物語〔室町中〕「赤うるしの弓に秋二毛のうつぼ、すか ...
38. あきみち
日本国語大辞典
御伽草子。敵討物語。二巻。作者不明。室町時代末の成立。盗賊に父を殺されたあきみちが、妻の貞操を犠牲にして敵討をする物語。 ...
39. あきみちものがたり【秋道物語】
国史大辞典
鎌倉時代初期に時代をとった仇討の御伽草子。一巻。作者・成立年不詳。内容・文体から見て中世末期ないし近世初期の作であろう。盗賊の金山八郎左衛門のために父を殺され ...
40. あき‐み・つ【飽満】
日本国語大辞典
を食ひたるが、あきみちたる心ちして」【二】〔自タ上二〕(中世以降現われた形)【一】に同じ。*御伽草子・鉢かづき〔室町末〕「数のたからを持ち給ふ。あきみちて乏(と ...
41. あ‐きょう[‥キャウ]【阿香】
日本国語大辞典
〔名〕「あこう(阿香)」に同じ。*御伽草子・二十四孝〔室町末〕「王〓 慈母怕 ...
42. あき・れる【呆・惘】
日本国語大辞典
〕〈永井荷風〉「あきれて物が言へない」(ロ)(感嘆の気持を含んで用いる)すばらしさに驚く。*御伽草子・文正草子〔室町末〕「くゎんげんの音、みみにあきれたるふぜい ...
43. あく‐ぎゃく【悪逆・悪虐】
日本国語大辞典
*虎明本狂言・悪太郎〔室町末~近世初〕「あく太郎と申て、さけにようては、あくぎゃく仕たるが」*御伽草子・猫の草紙〔江戸初〕「人の枕もと、菰、天井、古屋根などをす ...
44. あく‐へい【悪柄】
日本国語大辞典
〔名〕横暴で悪辣(あくらつ)なこと。わがまま勝手に悪事を行なうこと。*御伽草子・上野国赤城山之本地(神道集所収)〔室町末〕六「日頃の悪柄おもへしられて置べきぞと ...
45. あぐち‐だか【開口高】
日本国語大辞典
*幸若‐高たち〔室町末~近世初〕「熊の皮のもみたび、しろかねにてへりかねやって、あくちたかにふむごうたり」*御伽草子・草木太平記(有朋堂文庫所収)〔江戸初〕「犬 ...
46. あけ て 悔(くや)しき=玉手箱(たまてばこ)[=箱(はこ)]
日本国語大辞典
浦島太郎の伝説による)期待はずれの結果になって失望することのたとえ。あけて悔しき浦島の子。*御伽草子・浦嶋太郎〔室町末〕「君にあふ夜は浦島が玉手(タマテ)ばこあ ...
47. 開(あ)けて悔(くや)しき玉手箱(たまてばこ)
故事俗信ことわざ大辞典
ので、落胆すること。あけて悔しき浦島の子。 御伽草子・浦嶋太郎(室町末)「君にあふ夜は浦島が玉手(タマテ)ばこあけてくやしきわがなみだかな」御伽草子・唐糸草子( ...
48. あけ に 染(そ)む
日本国語大辞典
2)(「染む」が他動詞下二段の場合)赤く染める。あたりを血で染める。血まみれのさまにいう。*御伽草子・猿源氏草紙〔室町末〕「一間(ひとま)所へ行きて見れば、天女 ...
49. あけ ぬ 暮(く)れぬ
日本国語大辞典
一日片時も、ただしのぶべき身にてなかりしが、あけぬくれぬとする程に、五七日にもなりにけり」*御伽草子・御曹子島渡〔室町末〕「あけぬくれぬと行くほどに、七十五日と ...
50. 明(あ)けぬ暮(く)れぬ
故事俗信ことわざ大辞典
「一日片時も、ただしのぶべき身にてなかりしが、あけぬくれぬとする程に、五七日にもなりにけり」御伽草子・御曹子島渡(室町末)「あけぬくれぬと行くほどに、七十五日と ...
「御伽草子」の情報だけではなく、「御伽草子」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

御伽草子と同じ物語カテゴリの記事
うつほ物語(宇津保物語)(新編 日本古典文学全集・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安時代の物語。題名は首巻の「俊蔭」の巻で、主人公の仲忠が母と杉の洞穴で生活したことによる。従来「宇津保」と書かれていたが、変体仮名の原漢字を用いたもので、題意からは「うつほ(ウツオ)」がよい。成立時代は円融朝(969~984)~
落窪物語(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安時代の物語。4巻。題名は、継母が姫君を寝殿の一段低い部屋に住まわせて落窪の君と呼ばせたことによる。成立時期、作者とも未詳であるが、およそ一条朝の初期、寛和~正暦(985~995)ごろ、男性によって書かれたものと考えられる。内容は、継母に虐待される薄幸の姫君が左大将の
唐物語(国史大辞典・世界大百科事典)
中国説話二十七篇を歌物語風に翻訳した物語。一冊。前田綱紀の手記『桑華書志』所収の『古蹟歌書目録』は『漢物語』として作者を藤原成範と伝える。これが『唐物語』を指す蓋然性は高く、院政期の成立と見てよい。各話は王朝物語にもしばしば引用される著名な人物が配される。
とりかへばや物語(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代末期の物語。運命のいたずらで女装、男装を余儀なくされた異腹の兄妹の物語。作者未詳。三巻三冊または四巻四冊。『とりかへばや』には古本と今本とがあり、古本は散佚、古本を改作した「今とりかへばや」が『とりかへばや』『とりかへばや物語』の名で現存する。
今鏡(日本大百科全書・世界大百科事典)
平安末期の歴史物語。1170年(嘉応2)成立説とそれ以後とする説とがあり、作者は藤原為経(寂超)説が有力。『大鏡』を受けて、1025年(万寿2)から1170年までの歴史を、座談形式を用い、紀伝体で叙述したもの。巻1~3は後一条天皇から高倉天皇までの帝紀、巻4~6は藤原氏
物語と同じカテゴリの記事をもっと見る


「御伽草子」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
春雨物語(日本古典文学全集・国史大辞典)
春雨降り続いて今日で幾日やら、静かなうえに趣もある。使いならした筆硯取り出してはみたものの、思いめぐらしてみて、書くべきほどのこともない。物語のさま真似てみるのは初めてのこと、しかしながら、わたしのようにあって甲斐なき者、どのようなことが記せよう
西山物語(日本古典文学全集・国史大辞典・歌舞伎事典)
山城国乙訓郡の松尾村という所に、大森七郎という武士が兄妹三人で住んでいた。妹の名はかへといい、その下の弟は惣次といった。七郎の妻は早く亡くなっていたが、年老いた母が健在で貧しいながらも三人の兄妹で大切に仕えていた。また、同じ村里に、同族で八郎という男
英草紙(日本古典文学全集・国史大辞典)
万里小路藤房卿は宣房卿の子である。幼少から読書を好んで、知識は博く記憶はよく、学は和漢にわたって、才識も富かで、若くして中納言の要職に進んだ。後醍醐天皇が書経の講義を命ぜられたところ、よくその主旨とする意味を解明したので、天皇は深くその才能を愛して
松浦宮物語(日本古典文学全集)
昔、藤原京を都とされた御門の御時、正三位大納言で中衛の大将を兼任しておられた、橘の冬明と申しあげるお方が、明日香の皇女の御腹にただ一人お持ちになっておられた男君、そのお方は、容貌が人よりまさり、思慮・才覚もまことに比類なく成長されているのを
住吉物語(日本古典文学全集)
今は昔、中納言で左衛門督を兼任する方があり、上を二人お持ちで、双方にかけもちでお通いになっていた。一人は世に時めく諸大夫の御娘である。こちらには姫君が二人いらした。中の君、三の君と申しあげた。もう一人は延喜の帝の姫君で、高貴な方であられた
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る