ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. 生物
  8. >
  9. 魚・貝
  10. >
  11. アワビ
日本大百科全書・世界大百科事典

日本大百科全書(ニッポニカ)
アワビ
あわび/鮑・鰒・石決明
abalone 英語
ear shell 英語

軟体動物門腹足綱ミミガイ科に属する巻き貝のうち、とくに食用に供されるような大形種の総称。
[奥谷喬司]

形態

貝殻は螺旋(らせん)が殻口へ向かって急に大きくなるため、通常の巻き貝とは著しく異なり耳形あるいは卵楕円(だえん)形の浅い皿形をなす。螺塔(らとう)は低く後方へ寄っている。肩に相当する所に呼吸孔列があり、成長に従い古くなった呼吸孔はふさがっている。開いている穴は出水孔で、糞(ふん)や生殖物質もここから出される。殻表は螺状肋(らじょうろく)とこぶ状の凹凸や放射状彫刻からなり褐色。殻口内は強い真珠光沢があり、通常の巻き貝のような蓋(ふた)はない。殻軸筋はほぼ中央にあって円柱形。動物体の頭部には目と触角があり、外套膜(がいとうまく)には殻の出水孔列に沿って裂け目がある。えらは1対、心臓の心耳も1対で左右相称の形態をとどめている。足は広く吸着力が優れ、一度岩などにくっつくと容易にはがれない。足の周縁には、刻み目やひげ状突起からなる上足突起がある。
[奥谷喬司]

種類

アワビ類(ミミガイ科)は世界におよそ100種知られているが、日本で水産上重要なアワビは、クロアワビNordotis discus discus、エゾアワビN. d. hannai、メガイアワビN. gigantea、マダカアワビN. madakaの3種1型の総称である。もっとも漁獲量の多いのは北海道、東北地方に分布するエゾアワビで、これは房総半島以南に分布するクロアワビの冷水域における生態型と考えられ、暖海域に移植すると成長がよくなり、クロアワビと区別できなくなる。クロアワビ(方言ではオンとかオガイという)は殻長約20センチメートルになり、やや長卵形で殻表のしわは少ない。上足突起は木の枝状に複雑に分岐していて、足裏は暗緑色。エゾアワビは自然分布地ではせいぜい10センチメートルをわずかに上回る程度にしか育たず、殻も薄くて表面の凹凸は激しく、また内唇の幅も狭い。軟体部の特徴はクロアワビと一致する。メガイアワビ(方言でメンともいう)、マダカアワビは房総半島以南の暖海域にすみ、クロアワビより丸みが強くともに足裏が淡黄色で、上足突起が複雑でなく運動力が小さい。メガイアワビは膨らみが小さく著しい放射肋(ろく)があって、殻長17センチメートルぐらい。マダカアワビは最大殻長20センチメートルを超え、アワビ類中世界で一、二の大きさを争う。殻は深く膨れている。以上のアワビ類の日本での南限は九州で、南西諸島以南には分布しない。世界でほかに大形アワビ類を産する所は北アメリカ西岸とアフリカ南部およびオーストラリアに限られ、地中海などには小形種(トコブシ類)しか産しない。
[奥谷喬司]

生態

アワビ類はいずれも外洋に面した岩礁の褐藻林を好み、潮間帯から水深50メートルぐらいを分布限度とする。おもに夜間に行動し、褐藻をはじめ藻類やその「落ち葉」を食べている。雌雄異体であるが、外部からは雌雄はわからない。俗に「つの」とよばれる内脚後端に中腸腺(せん)とともにある生殖巣が雄はクリーム色、雌は緑色で、放精あるいは放卵のときもそれぞれ白色と緑色の煙を吐くようにみえ、識別される。産卵は水温20℃ぐらいでもっとも盛んに行われ、北海道で8~9月、三陸地方で10~12月、関東以西で11~12月ごろである。卵は直径0.23~0.28ミリメートルぐらいで、受精して1~1.5日でベリジャー幼生となるが、この時期には巻いた螺旋(らせん)状の殻と蓋(ふた)がある。5~7日後、匍匐(ほふく)期に入り、1年で殻長25~30ミリメートル、2年で50ミリメートル、5年では130ミリメートルぐらいに育つ。
[奥谷喬司]

増殖

近年人工採苗による稚貝(種苗)の育成が盛んに行われ成功を収めている。温度刺激などにより放卵、放精を促進させ、珪藻(けいそう)などのフィルムで覆った着生板上に幼生を沈着させ、稚貝を育成して天然漁場に放流する。また、エゾアワビのように温度の低い所にすむものを温暖域に積極的に移殖し増肉する方法もある。アワビ類には県により禁漁期間および殻長制限を設け資源保護が行われている。漁獲は主として潜水によるほか、刺網や見突きなどでも漁獲され、年間およそ数千トンに達するが、加工品用は多くを輸入に頼っている。
[奥谷喬司]

料理

アワビはカジメなどの海藻を食用にしているので、それがない所にはみられない。雌雄異体で、よく青色の貝を雄貝、赤色の貝を雌貝といっているが、これは種類の違う貝で、それぞれの貝に雌雄の別がある。青貝(クロアワビ)は肉が硬いので生食などに用い、赤貝(メガイアワビ、マダカアワビ)は柔らかいので、煮物、焼き物、蒸し物などに用いられる。アワビの一種であるトコブシは、形は小さいがアワビより呼吸孔の数が多い。煮物などに用いられ、塩でもみ、空鍋(からなべ)に入れて熱すると貝から肉が離れる。その汁でさらに煮るとよい。甲府(山梨県)名物の煮貝は、アワビかトコブシをしょうゆ漬けにしたものである。
[多田鉄之助]

民俗

食用にされたアワビは縄文時代の貝塚から出土しているが、古くから貝殻が装身具に加工されるなど『万葉集』や『延喜式(えんぎしき)』にも多く記されており、伊勢(いせ)神宮では1500年も昔からもっともたいせつな神饌(しんせん)として、生や姿のままの乾アワビ、熨斗鰒(のしあわび)(かんぴょうのように剥(そ)いで乾燥させ、延ばしたもの)がお供えされている。本来贈物につける熨斗は、正式にはアワビの一片を添えるが、現在では略されて印刷されたものが多い。
 古代の中国では、アワビは石決明(せっけつめい)の名で不老長寿、延命若返りの霊薬的食物とみなされた。和歌山県熊野地方にも、花山(かざん)天皇(968―1008)が那智(なち)の滝壺(たきつぼ)へ九つの穴をもつ大アワビを沈めたという伝説から、この滝の水を飲むと長生きするという信仰が伝わっている。一方、アワビを食べることをタブーとする地方もある。また大きなアワビが海中で光を放つ話や、以前助けてやったアワビが浸水した舟の底の割れ目をふさいで恩返しをした話などもある。
 現在でも愛知県や三重県では、貝殻を門戸につるして中風やはしか除(よ)けの呪(まじな)いとするが、鶏小屋につるしてイタチ除けとするのは各地にみられる。茨城県常陸太田(ひたちおおた)市(旧金砂郷(かなさごう)町地区)の西金砂神社は、アワビを神としているので「鮑形明神」ともいわれている。
[矢野憲一]



改訂新版 世界大百科事典
アワビ
abalone

ミミガイ科の巻貝のうち大型の3種マダカアワビ(マダカともいう)Nordotis madaka,メカイアワビ(メンガイ,メガイともいう)N.gigantea(=N.sieboldii),クロアワビ(オンガイ,オガイともいう)N.discus(英名Japanese abalone)およびエゾアワビ(クロアワビの亜種)N.d.hannaiの総称。

 殻はいずれも大型で10cm以上になり,卵円形または卵楕円形で巻きは低く,最後の巻きがはなはだしく広く大きい。殻頂は後方へ寄っている。また殻頂が巻きに応じて富士山形に盛り上がった穴の列があるが,最後の数個を除いては穴はつまっている。開いた穴は出水孔で糞もここから排出される。殻表は黒青色の殻皮をかぶり,また低い波状のしわがあり,さらに細い肋があるが,個体によっては平滑なこともある。また成長するにつれいろいろな動植物が付着して汚れ,殻が傷んでくる。内面は強い真珠光沢があり,大きく広い殻口となっている。ふたは稚貝のときはあるが成長すると失われる。動物体は殻で覆われるが,大きくまるい貝殻筋で殻に付着して,下面の広く大きい足で地物に付着する。足の周縁には小さい多くの上足突起がある。頭には1対の触角とその基部の外側に眼がある。口には多くの歯が縦横に並んでいる。これで海藻などを削り取って食べる。外套(がいとう)腔内には1対のえらがあり,心臓も1心室2心耳になっている。神経系としては足神経がはしご形に走っている。これらの特徴のように殻が巻いているにもかかわらず,体が左右相称の体制になっているのが多くの巻貝と著しく異なる点で,生きている化石オキナエビスガイ類に似ているので,巻貝中原始的な種類とされる。殻が大きく平らで巻きが著しくないので,二枚貝の片方の殻のように思われて,一方からのみ恋い慕う片思いにかけて,〈磯の鮑の片思い〉ということわざがある。

 雌雄異体であるが外部生殖器はないので外観的には区別できない。軟体の巻きの先端部(ふんどし,またはつのわたといわれる部分)に生殖腺があり,これが黄白色なのが雄,緑色なのが雌である。産卵期は水温20℃内外のときで,北海道では8~9月,岩手県で10~11月,房総半島で11~12月。卵は緑色,直径0.23mm(クロアワビ),0.28mm(メカイアワビ)など。殻は1年で2.5cm,2年で5cm,5年で12cmくらいになる。アラメ,ワカメ,カジメなどの褐藻を好んで食べるので,本来は分布しないが褐藻の多い内浦湾有珠へ幼貝を放養したところよりよく成長したという報告がある。

 マダカアワビは殻は卵円形で膨らみ強く,水孔は高く盛り上がり水孔列に沿って肋がある。腹面の殻口上端は平らになる。分布は北海道南部西岸~九州,朝鮮半島南部。メカイアワビは殻は前種に似て卵円形であるが膨らみ弱く,水孔の高まりは低く,水孔列に沿って肋はない。分布は北海道南部西岸~九州,朝鮮半島南部。クロアワビは殻が卵楕円形で殻口上端は平らにならず,水孔の高まりは弱く,水孔列に沿って肋がある。分布は北海道南部西岸~九州,朝鮮半島南部,中国山東半島。エゾアワビはクロアワビの北方型で殻表に波状のひだが多いが連続的に変化する。

 漁獲は北海道,岩手,千葉,宮城,三重,長崎などで多いが,幼貝の移植放養のほか人工授精による養殖技術が進歩して幼貝まで飼育槽で飼育して,その後に放養されるようになった。アワビの漁獲の50%はクロアワビである。
[波部 忠重]

料理

鰒,鮑,蚫,石決明,あるいは鰒魚,鮑魚などと書かれた。《和名抄》が〈乾して食う可し〉としているように,古代には多く乾燥品にされ,次いで塩辛などにされたようである。それらは加工法,形状などによってさまざまに呼ばれ,その名称はきわめて多い。生食はあまり行われなかったが,《延喜式》によると,秋~春の季節には生鮮品が志摩の御厨(みくりや)から貢進されている。乾燥品の代表ともいうべきものが,伸鰒,長鰒などと書く〈熨斗(のし)鮑〉で,かんぴょうをつくるように外縁部から長くむいて乾燥したものである。古くから酒のさかななどとして多用されたが,いまでは祝儀用の飾物になってしまった。

 アワビは,ふつう種類によって使い分ける。肉がしまっていてかたいオガイ(クロアワビ)とエゾアワビは水貝に向き,やわらかいマダカアワビとメガイ(メカイアワビ)は塩蒸し,酒蒸し,煮物などにする。水貝はさいの目に切った肉を冷水に浮かべ,ワサビじょうゆなどで食べるが,まず肉の表面にたっぷり塩をあててよく洗ってから,殻からはずして包丁する。肉をはがすには,殻の薄いほうを手前に置き,その中央やや左よりからおろし金の柄などを差し込み,貝柱を殻からはがす。中央右よりから入れると内臓を破ることが多い。蒸物や煮物の場合は表面を軽く洗う程度でよい。現在行われている加工品には前記の熨斗鮑(のし)や干鮑があり,後者は乾鮑(カンパオ)と呼ばれ中国料理の重要な材料である。なお,アワビに似て小型のトコブシは蒸物や煮物にして美味である。
[福田 浩]

民俗

《延喜式》にアワビの加工品の名が多く見え,多くの料理に利用されていた。アワビは乾燥して中国にも輸出され,貝殻は細工用となるほか眼病の薬ともなり,真珠も採取されるなど古来海人(あま)と呼ばれた漁民の生活の対象であった。加工品の中でも〈熨斗鮑〉は貴人や神祭の食物として供された。また,武士の出陣,帰陣にも吉例としてこれを出した。アワビは海産の食物として代表的であり,また常時準備しておくことが可能なものだったからであろう。このことから他の人への贈物としてもアワビは貴重であり,品物に添えて形ばかりでもこれを供したのが,現今の熨斗紙の起りである。また,各地にアワビを祭る神社のあることが知られているが,南方熊楠は,アワビが一枚貝で内面の真珠質の部分に光線のぐあいで神仏の像に似た模様が浮き出るのを神秘と見た結果ではないかと論じた。
[千葉 徳爾]

[索引語]
abalone マダカアワビ Nordotis madaka メカイアワビ メンガイ Nordotis gigantea Nordotis sieboldii クロアワビ オンガイ(アワビ) オガイ Nordotis discus Japanese abalone エゾアワビ クロアワビ Nordotis discus hannai 磯の鮑の片思い ふんどし(貝類) つのわた 熨斗(のし)鮑 水貝
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
アワビの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 773
検索コンテンツ
1. アワビ画像
日本大百科全書
青貝(クロアワビ)は肉が硬いので生食などに用い、赤貝(メガイアワビ、マダカアワビ)は柔らかいので、煮物、焼き物、蒸し物などに用いられる。アワビの一種であるトコブ
2. アワビ画像
世界大百科事典
になってしまった。 アワビは,ふつう種類によって使い分ける。肉がしまっていてかたいオガイ(クロアワビ)とエゾアワビは水貝に向き,やわらかいマダカアワビとメガイ(
3. あわび[あはび]【鮑・鰒・石決明】画像
日本国語大辞典
〔名〕(1)ミミガイ科に属するクロアワビ、メガイアワビ、マダカアワビなどアワビ類の総称。北海道、本州、四国、九州の沿岸に分布。巻貝だが、巻いた部分は小さく、殻は
4. あわび【鮑】
数え方の辞典
商品としては「枚」「個」で数えます。「杯」はふっくらとふくらんだ形の器を表し、アワビの殻がそれに似ているところからアワビを数えます。 ⇒貝
5. 鰒(あわび)
古事類苑
動物部 洋巻 第1巻 1677ページ
6. 鰒
新選漢和辞典Web版
①〈あわび(あはび)〉鮑。石決明(せっけつめい)。鰒魚(ふくぎょ)。 ②とこぶし。 ③さめの古称。 《国》〈ふぐ〉河豚。
7. 鮑(蚫)
新選漢和辞典Web版
①塩づけの魚。 ②〈あわび(あはび)〉鰒(ふく/あわび)。 ③姓。  部首内画数:虫 5蚫 総画数:11 俗字 JISコード:7359 JIS補助漢字コード:
8. 鰒画像
字通
形声 声符は〓。〔説文〕十一下に「〓魚なり」とあり、〔後漢書、伏隆伝〕「
9. 鮑[〓]画像
字通
形声 声符は〓(包)。〔説文〕十一下に「饐えたる魚なり」とあり、うす塩につけこんだ魚の意とする。
10. あはび【鮑】
全文全訳古語辞典
〔名詞〕貝の名。アワビ。 [要点]アワビが片貝であるところから、片思いの比喩に使われることが多い。
11. アワビの塩辛[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©Shogakukan
12. あわび‐うちがい[あはびうちがひ]【鮑打貝】
日本国語大辞典
〔名〕アワビ料理の一種。大きなアワビの肉のふちの堅い部分を切り取り、残りの肉をシノダケでたたき、これを酒で煮たもの。
13. あわび‐おこし[あはび‥]【鮑起】
日本国語大辞典
〔名〕海女が海中で、岩についた鮑を取るのに用いる鉄製の平たい棒。おこしがね。〓[オ]
14. あわび‐がい[あはびがひ]【鮑貝】
日本国語大辞典
ai (アワビガイ)〈訳〉鮑の貝殻」(2)馬糞(まぐそ)拾いに用いる道具。手頃の長さの竹の先を割ってアワビ貝を取りつけたもの。また、それを用いて馬糞拾いする者。
15. 鰒貝(あわびがい)
古事類苑
動物部 洋巻 第1巻 1685ページ
16. 蚫貝盃(あわびがいのはい)
古事類苑
器用部 洋巻 第1巻 237ページ
17. あわび‐がら[あはび‥]【鮑殻・石決明】
日本国語大辞典
〔名〕アワビのから。螺鈿(らでん)、貝ボタンなどに用いる。昔は、眼病の薬とし、地方によっては、疫病よけとして門戸につるす風習もあった。*和名集并異名製剤記〔16
18. あわび‐くぼ[あはび‥]【鮑苦本】
日本国語大辞典
〔名〕螺(にし)類の総称。螺(つび)。つぶ。*新猿楽記〔1061~65頃〕「野干坂(きつねざか)伊賀専(たうめ)之男祭、叩〓蚫苦本
19. あわび‐ごけ[あはび‥]【鮑苔】
日本国語大辞典
裏面は暗褐色。学名はNephromopsis ornata アワビ〓
20. あわび‐しお[あはびしほ]【鮑醤】
日本国語大辞典
〔名〕アワビの肉をひしお煮にしたもの。アワビを切って塩と酒とをかけて摺醤(すりびしお)にし、たれみそを煮立てた中に入れ、ゆでたヤマノイモを加えたもの。食べるとき
21. あわび‐しらたま[あはび‥]【鮑白珠】
日本国語大辞典
〔名〕「あわびたま(鮑珠)」に同じ。*日本書紀〔720〕武烈即位前・歌謡「琴頭(ことがみ)に 来居る影媛 玉ならば 吾(あ)が欲(ほ)る玉の 婀波寐之羅
22. 蚫汁(あわびじる)
古事類苑
飮食部 洋巻 第1巻 167ページ
23. あわび‐じる[あはび‥]【鮑汁】
日本国語大辞典
〔名〕アワビ料理の一種。温かい汁物料理で、アワビを汁の実としたもの。*厨事類記〔1295頃〕「温汁 蚫汁。鳥〓。鯛汁等也。汁実べちのさらにもりて
24. 鰒鮓(あわびずし)
古事類苑
飮食部 洋巻 第1巻 959ページ
25. あわび‐たけ[あはび‥]【鮑茸】
日本国語大辞典
〔名〕きのこ「ひらたけ(平茸)」の異名。*語彙〔1871~84〕「あはびたけ〓 菌類、形状大にして脚短し、〈略〉味稍あはびに似たり
26. あわび‐たま[あはび‥]【鮑珠・鰒珠】
日本国語大辞典
〔名〕アワビ貝の腹中に生ずる真珠。今日の真珠はほとんどアコヤ貝真珠であるが、上代ではアワビ真珠が主であった。鮑白珠。*万葉集〔8C後〕六・九三三「淡路の 野島の
27. 鰒玉(あわびたま)
古事類苑
動物部 洋巻 第1巻 1621ページ
28. あわびっ‐かい[あはびっかひ]【鮑貝】
日本国語大辞典
〔名〕「あわびがい(鮑貝)」の変化した語。*洒落本・辰巳婦言〔1798〕四つ明の部「料理場の鮑(アワビ)ッ貝(カヒ)は、やたひ店の出来合卓朴(しっぽく)」*滑稽
29. あわび‐とり[あはび‥]【鮑採】
日本国語大辞典
〔名〕アワビをとること。また、それをする人。《季・春‐夏》*俳諧・曠野〔1689〕一・花「首出して岡の花見よ鮑とり〈荷兮〉」*随筆・雲萍雑志〔1843〕二「伊勢
30. あわび の 貝(かい)
日本国語大辞典
(1)「あわび(鮑)(1)」に同じ。(2)「あわび(鮑)(2)」に同じ。*俳諧・毛吹草〔1638〕五「わが心鮑(アハビ)の貝(カイ)ぞをそざくら〈重貞〉」(3)
31. あわび の 貝(かい)の片思(かたおも)い
日本国語大辞典
「あわび(鮑)の片思(かたおも)い」に同じ。*万葉集〔8C後〕一一・二七九八「伊勢のあまの朝な夕なに潜(かづ)くといふ鰒貝之独念(あはびのかひのかたもひ)にして
32. 鮑(あわび)の貝(かい)の片思(かたおも)い
故事俗信ことわざ大辞典
「鮑(あわび)の片思い」に同じ。 万葉(8C後)一一・二七九八「伊勢のあまの朝な夕なに潜(かづ)くといふ鰒貝之独念(あはびのかひのかたもひ)にして〈作者未詳〉」
33. あわび の 貝(かい)の中(なか)の玉(たま)
日本国語大辞典
アワビの腹中に育つ鮑珠(あわびだま)、すなわち真珠のこと。大切なもののたとえ。*新浦島〔1895〕〈幸田露伴〉一「次郎と名づけて鰒(アハビ)の貝の中の玉と大切に
34. 鮑(あわび)の貝(かい)の中(なか)の玉(たま)
故事俗信ことわざ大辞典
アワビの腹中に育つ鮑珠(あわびだま)。真珠。大切なもののたとえ。 新浦島(1895)〈幸田露伴〉一「次郎と名づけて鰒(アハビ)の貝の中の玉と大切に育てけるが」
35. あわび の 貝(かい)の風情(ふぜい)
日本国語大辞典
片思いの様子。*源平盛衰記〔14C前〕三九・時頼横笛事「如何なる我なれば、鮑(アハビ)の貝(カイ)の風情(フゼイ)して、難面(つれな)くながらへて由なき物を思ふ
36. あわび の 片思(かたおも)い
日本国語大辞典
アワビは、一見二枚貝の片側の殻だけのように見えるところから)一方からだけ恋い慕うことにいう。磯の鮑の片思い。あわびの貝の片思い。あわび。*浄瑠璃・国性爺合戦〔
37. 鮑(あわび)の片思(かたおも)い
故事俗信ことわざ大辞典
一方からだけ恋い慕うこと。アワビは、貝殻が片側だけであるところからいう。鮑の貝の片思い。磯の鮑の片思い。 浄瑠璃・国性爺合戦(1715)二「我はあはびの片思ひ、
38. あわび‐のし[あはび‥]【鮑熨斗】
日本国語大辞典
〔名〕乾燥したアワビの肉を延ばして作った熨斗。祝儀に用いることが多い。のしあわび。*俚言集覧〔1797頃〕「蚫熨斗 蚫熨斗に斗字はいらぬ事にて蚫熨とはかり書べき
39. あわび の 塩蒸(しおむ)し
日本国語大辞典
「あわびむし(鮑蒸)」に同じ。
40. あわび‐のぶすま[あはび‥]【鮑野衾】
日本国語大辞典
〔名〕料理の一つ。タイの作り身を霜降りにしたものと、小鳥のたたき肉を団子にしてゆでたものとを、アワビの肉の薄片をすまし汁で煮たもので包むようにして、椀に盛ったも
41. あわび の 腸煮(わたに)
日本国語大辞典
アワビの肉とはらわたをいっしょに煮た料理。〔語彙{1871~84}〕
42. あわび‐むし[あはび‥]【鮑蒸】
日本国語大辞典
〔名〕アワビ料理の一つ。アワビに塩をふり、貝つきのまま蒸したもの。鮑の塩蒸し。〓[0]
43. あわび‐むすび[あはび‥]【鮑結】
日本国語大辞典
〔名〕(1)女房装束に用いる檜扇(ひおうぎ)の飾り糸の結び方で、アワビに似ているところからいう。中央に一つ、左右に二つのわなを並べた紐の結び方。あうび結び。淡路
44. あわびむら【蚫村】新潟県:両津市
日本歴史地名大系
[現]両津市蚫 北は東立島村、南西は赤玉村、西は下久知・城腰村共有山と境する。やや湾曲した海岸の道沿いに家屋が並ぶ。村の中央部から南中・北中とに二分される。高地
45. あわび‐りょうり[あはびレウリ]【鮑料理】
日本国語大辞典
〔名〕アワビを用いた料理。古くは鮑汁、鮑蒸し、熨斗(のし)鮑など。今日ではふくら煮、バター焼き、寄せ物などがある。*咄本・昨日は今日の物語〔1614~24頃〕上
46. 鰒白玉(著作ID:546430)
新日本古典籍データベース
あわびのしらたま 歌集 
47. あわびまたはにまいがい【アワビまたは二枚貝】[現古辞典]
全文全訳古語辞典
(恋)忘(わす)れ貝(がひ)
48. エゾアワビ画像
日本大百科全書
軟体動物門腹足綱ミミガイ科の巻き貝。クロアワビH. (N.) discusの東北地方から北海道にかけて産する一生態型で、水産上アワビ類のなかで最重要種である。殻
49. エゾアワビ[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©Shogakukan
50. エゾアワビ
世界大百科事典
ミミガイ科のクロアワビの亜種で東北地方や北海道に分布する型。大きさはクロアワビ同様,殻の長さ20cm,高さ7cm,幅17cmくらいになるが,殻表の低い波状の凹凸
「アワビ」の情報だけではなく、「アワビ」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

アワビと同じ魚・貝カテゴリの記事
ゼブラウツボ(日本大百科全書(ニッポニカ))
硬骨魚綱ウナギ目ウツボ科に属する海水魚。八丈島、屋久島(やくしま)、小笠原(おがさわら)諸島、南西諸島、台湾南部、南シナ海などインド洋・太平洋に広く分布する。体は細長く、側扁(そくへん)する。皮膚にはしわが多い。躯幹(くかん)部(胴部)は長く
チンアナゴ(日本大百科全書(ニッポニカ))
硬骨魚綱ウナギ目アナゴ科チンアナゴ亜科に属する海水魚。静岡県富戸(ふと)、高知県柏島(かしわじま)付近の太平洋沿岸、屋久島(やくしま)、南西諸島、小笠原(おがさわら)諸島、台湾南部、フィリピン、マダガスカルなどのインド洋・太平洋に広く分布する
ハモ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱ウナギ目ハモ科の魚類の総称、またはそのなかの1種。日本近海に分布するハモ科Muraenesocidaeは、ハモ属Muraenesoxの2種(ハモ、スズハモ)、ハシナガアナゴ属Oxycongerの1種(ハシナガアナゴ)、ワタクズハモ属Gavialicepsの1種(ワタクズハモ)の4種
ウナギ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱ウナギ目ウナギ科Anguillidaeの魚類の総称。ウナギ類は深海で産卵し、淡水域に入って成長する魚で、南北アメリカの西岸域、南アメリカ中・南部の大西洋域、アフリカ中・南部の大西洋域などを除く世界各地に分布する。分布の中心はセレベス海周辺などの東南アジアである
アワビ(日本大百科全書・世界大百科事典)
軟体動物門腹足綱ミミガイ科に属する巻き貝のうち、とくに食用に供されるような大形種の総称。[奥谷喬司]形態貝殻は螺旋が殻口へ向かって急に大きくなるため、通常の巻き貝とは著しく異なり耳形あるいは卵楕円形の浅い皿形をなす。螺塔は低く後方へ寄っている
魚・貝と同じカテゴリの記事をもっと見る


「アワビ」は生き物に関連のある記事です。
その他の生き物に関連する記事
サンマ(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
硬骨魚綱ダツ目サンマ科に属する外洋表層性の海水魚。関西地方ではサイラ、サヨリ、三重県ではカドという。オホーツク海南部、東シナ海、太平洋の寒帯南部から亜熱帯に分布し、日本近海では千島列島から沖縄諸島付近まで、アメリカ大陸近海では
胎生魚(日本大百科全書)
交尾により母体内で受精し、孵化した胎仔(たいし)が子宮内で母体からなんらかの形で栄養などの供給を受け、十分に発育した子供を産み出す魚類。母体からの栄養の供給がなく、発育の初期段階の子供を産む魚類は卵胎生魚ovoviviparous fishと
金魚(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
原産地は中国大陸で、三~四世紀ごろ中国南部地方で野生のフナの中に紅色金色のものが発見されたのがはじまりである。飼育の始まったのは十世紀の後半からで、やがて十四~十六世紀ごろには陶製の大鉢や壺などを用いた盆養と称する飼育が盛んになった
オコゼ(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
硬鰭類に属する海魚で、古くは「ヲコジ」「ヲコシ」と呼んだ(『和名類聚抄』『新撰字鏡』など)。形はなはだ醜く、しかもとげに毒があってこれに刺されると長い間痛む。しかし味は美味で、これを山の神が非常に喜ぶという伝承が古くからある
スズキ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱スズキ目スズキ科に属する海水魚。北海道から鹿児島、および台湾、朝鮮半島、中国などの沿岸に分布する。全長1メートルに達し、体は長く側扁する。体色は背側は青灰色で、腹側は銀白色である。若魚は背側や背びれに小黒点が散在するが、成魚では消える
生き物に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る