ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. 生物
  8. >
  9. 魚・貝
  10. >
  11. スズキ

ジャパンナレッジで閲覧できる『スズキ』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書・世界大百科事典

日本大百科全書(ニッポニカ)
スズキ
すずき/鱸
Japanese seabass
Japanese sea perch
[学]Lateolabrax japonicus

硬骨魚綱スズキスズキ科Lateolabracidaeに属する海水魚。科の分類についてはハタ科(Serranidae)、パーシクティス科(旧スズキ科。Percichthyidae)、スズキ科(Lateolabracidae)およびモロネ科(Moronidae)など諸説があり、まだ定説はないが、カナダの魚類学者ネルソンJoseph S. Nelson(1937―2011)らによるもっとも新しい分類体系(2016)に従っている。日本海側では北海道から九州の北西岸や東シナ海、太平洋側では北海道から日向灘(ひゅうがなだ)、および朝鮮半島の南部と西南部などの沿岸域に分布する。体は長く側扁(そくへん)する。吻(ふん)は長くてとがり、尾柄(びへい)はむしろ細長い。前鰓蓋骨(ぜんさいがいこつ)の後縁は鋸歯(きょし)状で、隅角(ぐうかく)部に1本の棘(きょく)と下縁に3本の強い前向棘がある。主鰓蓋骨に扁平(へんぺい)な2棘がある。口は大きく、下顎(かがく)は上顎より突出し、主上顎骨の後端は目の後縁下に達する。背びれは棘部と軟条部の間で深くへこむ。背びれ軟条数は少なく、12~14本(まれに15本)。尾びれの後縁は深くへこむ。体色は背側では青灰色で、腹側では銀白色である。普通は体に黒点や黒斑(こくはん)がない。若魚(全長25センチメートル以下)では背側や背びれに小黒点がある個体があるが、その直径は鱗(うろこ)と同大かそれ以下である。黒斑の数、大きさ、濃淡には個体差があるが、いずれも成魚になると消える。雌は2~3歳魚で体長30センチメートルぐらいから、雄は1~2歳魚で体長約24センチメートルから成熟する。産卵期は10月~翌年3月で、地域によって多少の差があるが、冬に盛期がある。外海に面した水深50~80メートルの、急深で凸凹のある岩礁性の湾口部や沿岸部で産卵する。卵は浮性卵。卵径は1.22~1.45ミリメートルで、1個の油球をもつ。水温14℃のとき4、5日で孵化(ふか)し、孵化仔魚(しぎょ)は全長4.5ミリメートル前後で浮遊生活をする。孵化後2か月で体長18ミリメートルほどに成長して藻場(もば)周辺にすみ、アミ類、ヨコエビ類などの小形甲殻類を食べる。20ミリメートルぐらいの稚魚になるとアマモ場、河川域や湖内に移動し、エビ、カニ、ゴカイ、ハゼ類などの小魚を貪食(どんしょく)する。若魚~未成魚は内湾や河口域にすみ、おもにイカナゴ、アユ、カタクチイワシ、マアジなどの魚類が主食となる。水温の低下につれて内湾から湾外の水深90~100メートルの深所へ移動して越冬する。地域によっては稚魚が河口域から河川や湖内へ入って生活するグループもいる。

 1年で体長20センチメートル、2年で34センチメートル、3年で45センチメートル、4年で54センチメートル、5年で63センチメートル、6年で70センチメートルほどに成長し、最大全長は1メートルほどになる。成育により呼び名が変わるので出世魚とよばれる。関東では成長順に25センチメートルぐらいの1歳魚をセイゴ、35センチメートルぐらいの2、3歳魚をフッコ、60センチメートル(4歳魚以上)のものをスズキとよぶ。同様に関西ではセイゴ、ハネ、スズキ、中部ではセイゴ、マダカ、スズキとよぶ。また、コッパ、ハクラ、セイゴ、フッコ、チュウハン、スズキとさらに細かく分けることもある。地引網、定置網、刺網(さしあみ)、底引網、延縄(はえなわ)、一本釣りで漁獲される。ルアーフィッシングの好対象魚として人気があり、夜明けと夕方によく釣れる。夏は脂肪がのり、もっとも美味で高価である。塩焼き(セイゴ)、洗い、刺身、すしなどにするとおいしい。古代人もこの魚をよく食べていたことは、貝塚からこの種の骨が発見されることからもうかがえる。また、古くからめでたい魚として祝い事に供える地方がある。

 いままで体側に鱗径(りんけい)よりも大きな黒斑があるスズキを釣り人がホシスズキとよんでいたが、それが別種にされてタイリクスズキの和名が与えられた。この種は中国大陸沿岸に生息している種と同種であることが判明したが、まだ学名が決まっていない(Lateolabrax sp.。属名+「sp.」は、種小名が未決定または不明の場合の表記方法)。他方、スズキの近縁種にヒラスズキがあるが、この種は体高がやや高く、尾柄は太短い。腹びれが黒く、下顎の腹面に1列の鱗があることなどでスズキと区別される。また、この種はスズキと異なり川に入らない。

[片山正夫][尼岡邦夫]2020年6月23日

釣り

船釣りでは、サイマキとよばれる生きた小形のクルマエビをおもな餌(えさ)としてねらう。東京湾では先調子の2~4.5メートル竿(さお)に中オモリ仕掛けか片天ビン仕掛けで釣る。竿先にくる魚信はかなり小さい。スズキよりもやや小形のフッコ級を船からルアーで釣る所もある。ルアーはプラグやジグといったものがよい。

 防波堤では生きたモエビのフカセ釣り、ルアー釣りだが、夜は電気ウキや電子ウキをつけイソメ類の餌をつけてねらってもよい。河口付近でもフッコ、スズキが釣れる。これにはブッコミ釣りが向くが、スズキ用のルアーでのキャスティングもヒットする確率は高く、この場合は日没時から夜がよい。

 磯(いそ)釣りはウキ釣り、ルアー釣り。カラーパイプと白色系の羽を組み合わせたギジを玉子形ウキと併用したものを使うと、磯や海岸線でも投げて引いてくる釣り方で楽しめる。

[松田年雄]

調理

味は淡泊で、夏にうま味がのる。刺身、洗い、塩焼き、椀種(わんだね)などにするが、とくに酢みそで食べる洗いは夏の味覚の代表の一つである。島根県宍道湖(しんじこ)ではスズキの奉書焼きが有名である。スズキを姿のまま奉書で巻き、オーブンで蒸し焼きにして、熱いところをおろししょうが、もみじおろし、刻みねぎなどを添えたしょうゆで食べる。ほんのり焦げた奉書の香りが魚に移って風味がよい。

[河野友美][大滝 緑]

民俗

スズキは熊野の神の神魚とされる。熊野の神が川に落とした巻物を拾ったのがスズキであるといい、熊野の神職の流れである鈴木氏の者は、スズキを食べてはならないという古伝がある。『平家物語』の「鱸(すずき)」の章には、熊野信仰とスズキの関係が具体的にみえており、熊野詣(もう)でに行く平清盛(きよもり)の乗った船にスズキが飛び込んだのを、平家繁栄の前兆としている。

 スズキは、川にも上る大きな魚として神聖視されたらしい。愛知県東加茂(ひがしかも)郡の山村には、川を上ってきたスズキを簗(やな)でとって食べたところ、祟(たた)ったので、これを祀(まつ)ったという神がある。夜中に、名のある魚が通るから簗をどけろという声がしたが、そのままにしておいたら簗にスズキがかかっていたという。川に上ったスズキはとらない習慣があったのであろう。スズキは神饌(しんせん)としても特別扱いにされ、秋田県ではスズキの丸焼き2尾を婚礼のときに用いる風習があった。『古事記』の大国主命(おおくにぬしのみこと)の国譲り神話にも、神饌に大きなスズキを料理して供えたことがみえる。

 神奈川県茅ヶ崎(ちがさき)市には、河童(かっぱ)がお礼にスズキ2尾を持ってきて、かまどの上に置いていったという話があるが、これは火の神にスズキを供えた習俗の名残(なごり)であろう。

[小島瓔〓]



改訂新版 世界大百科事典
スズキ
common sea bass
Lateolabrax japonicus

スズキ目スズキ科の海産魚。日本各地,東シナ海,台湾,南シナ海北部の沿岸に分布している。体長最大1mに達する重要な食用魚。貝塚などからも多量の骨が出土することも多いことから,古代から盛んに利用されてきたと考えられている。

 体はやや長く側扁し,背部は青みがかった灰色,腹部は銀白色,個体によっては体側と背びれに小黒点が散在する。成長により次々と名称が変わる〈出世魚〉である。東京付近でコッパ(全長約10cm)→セイゴ(25cm)→フッコ(35cm)→スズキ(60cm以上)→オオタロウ(老成魚),浜名湖付近では小さなものからセイゴ→マタカア→オオマタ→コチウ→チウイオ→オオチュウ→オオモノである。幼魚を有明海でアカンバクラ,宮城でセッパ,霞ヶ浦でヒカリコという。成魚は各地でスズキ,またはススキ,愛知県でマダカ,新潟県でとくに大きいものをユウドと呼ぶ。

生態

スズキは季節に対応した生活場所の移動を行う。冬季に深みで過ごした成魚は,6月ころを中心に沿岸の浅い磯や魚礁に移動してくる。貪食(どんしよく)で,夏季にはエビ類など大型甲殻類や魚類を盛んに食べているが,夏から秋にかけ沿岸沿いにしだいに沖合の深みに移動していく。11~1月には,東京湾口付近のような外海に面した急に深くなる岩礁域で産卵する。卵は球形の分離浮性卵で,全長60cmのもので約20万粒の卵を産む。卵は水温約14℃で4~5日で孵化(ふか)する。仔魚(しぎよ)はしばらく浮遊生活をした後,底生生活に入る。5月には全長20mm以上に育ち,8月ころまで沿岸や内湾の藻場にいて,おもにアミ類,橈脚(じようきやく)類(コペポーダ)などの小型の甲殻類を食べる。この時期の幼魚はしばしば川に入り,純淡水域にまで出現する。夏の終りから秋には体長10cm以上に育ち,藻場の外側に移動し,エビ類,アミ類などの小型の甲殻類や魚類を食べる。水温が下がるとともに,内湾に残る一部を除き,沿岸沿いに深みに移動し,深みで越冬する。1月には体長約20cmとなり,次の春から夏に再び接岸し,カタクチイワシ,マアジ,アユなどの小型の魚類をおもに食べるようになる。その後も冬と夏を中心にかなり規則的な季節移動を行う。うろこを用いた成長の推定によると,満1歳で尾叉体長約21cm,2歳で34cm,3歳で45cm,5歳で63cmとなる。成熟年齢は雌で満3歳,雄で2歳である。

人間との関係

水産上重要な魚で,漁法も多い。漁場,季節,対象魚群により,地引網,定置網,刺網,底引網,一本釣り,はえなわなどによって漁獲されている。おもな漁場は瀬戸内海,伊勢湾,東京湾,有明海,若狭湾などで,複雑な地形と内湾の発達した場所に形成される。えらぶたが鋭く,釣糸を緩めると水面にとび上がり,釣糸をえらぶたで切ってしまう。これをえら洗いという。とくに夏に美味な白身の高級魚で,洗い,刺身,塩焼きなどで利用される。近年,内湾の水汚染により,異臭のするものが出たり,PCB(ポリ塩化ビフェニル)が検出されるものが出たりすることがある。

近縁種

南日本の外洋に面した岩礁域を中心にスズキによく似たヒラスズキL.latusがいる。ヒラスズキは全長1mに達し,スズキより体高がやや高く,体がやや平たく,腹びれとしりびれが暗色である。食性はスズキとほぼ同じであるが,生活場所や産卵場はスズキよりやや外洋性である。漁法は釣り,刺網,定置網などである。味や利用方法はスズキとほとんど変わらない。
[望月 賢二]

[索引語]
common sea bass Lateolabrax japonicus コッパ オオタロウ マタカア オオマタ コチウ チウイオ オオチュウ オオモノ アカンバクラ セッパ ヒカリコ マダカ(スズキ) ユウド えら洗い ヒラスズキ Lateolabrax latus
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
スズキの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 3091
検索コンテンツ
1. スズキ画像
日本大百科全書
そのままにしておいたら簗にスズキがかかっていたという。川に上ったスズキはとらない習慣があったのであろう。スズキは神饌(しんせん)としても特別扱いにされ、秋田県で
2. スズキ(株)
日本大百科全書
に軽四輪車のOEM(相手先ブランド生産)供給を開始した。1990年に社名を鈴木自動車工業からスズキに変更し、海外生産はインド、東欧など新市場で先行している。資本
3. スズキ画像
世界大百科事典
南日本の外洋に面した岩礁域を中心にスズキによく似たヒラスズキL.latusがいる。ヒラスズキは全長1mに達し,スズキより体高がやや高く,体がやや平たく,腹びれと
4. すずき
日本国語大辞典
〔名〕わらを積み上げたもの。*雑俳・ぬり笠〔1697〕「つくつくと・両替見世の銭藁堆(ススキ)」(1)わらを積み重ねたもの。わら塚。《すずき》滋賀県甲賀郡608
5. すず‐き[スヅ‥]【寸頭器】
日本国語大辞典
〔名〕行灯(あんどん)などの油皿に、補給する油を入れる容器。あぶらさし。あぶらつぎ。*文明本節用集〔室町中〕「寸頭器 スヅキ 油之寸頭器」*日葡辞書〔1603~
6. すずき【鈴木】
日本国語大辞典
〔一〕謡曲。四番目物。廃曲。作者不詳。源義経の家臣鈴木重家は、源頼朝が奥州の義経を攻めに下ったことを聞き、母に別れを告げて出発する。その途中で捕らえられ頼朝の前
7. すずき【鈴木】
日本国語大辞典
姓氏の一つ。〓[0]
8. 鱸
世界大百科事典
平曲の曲名。平物(ひらもの)。前半はフシ物,後半は拾イ物の曲節。前田流平曲の基本的譜本である《平家正節(へいけまぶし)》の巻頭にすえられた曲。めでたい内容の短い
9. すずき【鱸】画像
日本国語大辞典
〔名〕スズキ科の海産魚。全長約一メートルに達する。体は細長い紡錘形。口は大きく、下あごは上あごより突出する。背部は灰青色で腹部は銀白色。幼魚では体側や背びれに黒
10. 鱸(すずき)
古事類苑
動物部 洋巻 第1巻 1400ページ
11. 鱸(魲)
新選漢和辞典Web版
①〈すずき〉 ②はぜに似た魚。松江(しょうこう)(江蘇(こうそ)省)の名産。  部首内画数:魚 4魲 総画数:15 俗字 JISコード:9435 JIS補助漢
12. 鈴木(著作ID:4348883)
新日本古典籍データベース
すずき 鈴木三郎 謡曲 能の本 
13. 鱸(著作ID:1318667)
新日本古典籍データベース
すずき 平曲 
14. 鱸
字通
。須々〓(すずき)〔名義抄〕鱸 スズキ 鱸膾 ろかい 鱸魚のなます。 鱸魚 ろぎよ すずき。〔世説新語、識鑒〕張季鷹(
15. スズキ(硬骨魚類)のえらの形態と構造[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©Shogakukan
16. スズキ コージ
日本人名大辞典
1948− 昭和後期-平成時代の絵本作家,挿絵画家。昭和23年2月28日生まれ。昭和62年「エンソくん きしゃにのる」で小学館絵画賞,63年「ガラスめだまときん
17. すずき-せい【鈴木セイ】
日本人名大辞典
1912− 昭和-平成時代の福祉活動家。明治45年3月30日生まれ。結核患者の介護を志し,母親がたくわえてくれた結婚資金で栄養学校,看護学校にまなぶ。昭和13年
18. スズキとヒラスズキ〔標本画〕[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©大片忠明
19. スズキの奉書焼き[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©公益社団法人島根県観光連盟
20. すずき-ゆりいか【鈴木ユリイカ】
日本人名大辞典
1941− 昭和後期-平成時代の詩人。昭和16年10月30日生まれ。高校時代「現代詩手帖」に投稿。昭和59年「生きている貝」でラ・メール新人賞,61年たくましい
21. すずき-あきお【鈴木章夫】
日本人名大辞典
1929−2010 昭和後期-平成時代の心臓血管外科学者。昭和4年11月7日生まれ。ミシシッピー大準教授,順天堂大教授などをへて,昭和58年東京医科歯科大胸部外
22. 鈴木明子
イミダス 2018
スズキ・アキコ。フィギュアスケート選手。 1985年3月28日、愛知県生まれ。6歳でスケートを始め、2001年国際スケート連盟(ISU ; Internat
23. すずき-あきこ【鈴木明子】
日本人名大辞典
1985− 平成時代の女子フィギュアスケート選手。昭和60年3月28日生まれ。7歳から中部日本選手権(ジュニアCクラス)などの試合に出場。平成14年東北福祉大に
24. すずき-あきのり【鈴木昭憲】
日本人名大辞典
1935− 昭和後期-平成時代の生物有機化学者,農芸化学者。昭和10年5月13日生まれ。52年東大教授となり,平成6年副学長。11年秋田県立大初代学長。カイコ脳
25. 鈴木明[大宅賞受賞のノンフィクション作家、死去]
イミダス 2018
スズキ・アキラ。本名、今井明夫。ノンフィクション作家。 7月22日、ノンフィクション作家の鈴木明さんが、虚血性心不全のため死去、77歳。 1929年、東京生ま
26. すずき-あきら【鈴木明】
日本人名大辞典
1925−2003 昭和後期-平成時代のノンフィクション作家。大正14年10月28日生まれ。「週刊タイムズ」記者,東京放送(TBS)勤務などをへてフリーとなる。
27. 鈴木朖
日本大百科全書
江戸後期の国学者、儒学者。名は朖・朗ともに用いる。字(あざな)は叔清、通称は常介(助)、号は離屋。宝暦(ほうれき)14年3月3日尾張(おわり)国西枇杷島(にしび
28. 鈴木朖
世界大百科事典
1764-1837(明和1-天保8) 江戸後期の漢学者,国語学者。通称は常介,字は叔清,号は離屋。名古屋西枇杷(びわ)島に生まれ,学問で尾州侯に仕え,晩年には藩
29. すずき‐あきら【鈴木朖】
日本国語大辞典
江戸後期の国学者。通称常介。号は離屋(はなれや)。尾張国(愛知県)の人。はじめ漢学を修め、寛政四年(一七九二)本居宣長の門にはいった。語学にすぐれ、「雅言訳解」
30. すずきあきら【鈴木朖】
国史大辞典
一七六四―一八三七 江戸時代後期の国学者・儒学者。名は朖・朗ともに用いる。字は叔清、通称は常介(助)、号は離屋(はなれや)。明和元年(一七六四)三月三日尾張枇
31. すずき-あきら【鈴木朖】
日本人名大辞典
1764−1837 江戸時代後期の国学者,儒者。宝暦14年3月3日生まれ。本居宣長(もとおり-のりなが)にまなぶ。文政4年尾張(おわり)名古屋藩の藩儒。晩年に藩
32. 鈴木朖[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:1件 【逐次刊行物】:13件 『国語学史上に於ける鈴木朖』服部正義『栗田直政自筆稿本「源氏物語」 解説 附鈴木朖伝記資料』安藤直太郎『
33. 鈴木章
日本大百科全書
化学者。昭和5年北海道に生まれる。1954年に北海道大学理学部卒業、1960年に北大で博士号を取得。1963年から1965年まで、アメリカ合衆国のパデュー大学の
34. すずき-あきら【鈴木章】
日本人名大辞典
1930− 昭和後期-平成時代の有機化学者。昭和5年9月12日生まれ。母校北大の助手,助教授をへて,昭和48年教授。のち倉敷芸術科学大教授。54年の有機ホウ素化
35. すずきあきらきょじゅうちあと【鈴木朖居住地跡】愛知県:名古屋市/西区/江川端
日本歴史地名大系
[現]西区城西三丁目 江川端町の北西、江川の右岸にある。朖は尾張が生んだ国語学の大家で、「言語四種論」「雅語音声考」「活語断続譜」の三部作は、今日の水準からも高
36. すずき-あつと【鈴木厚人】
日本人名大辞典
1946− 昭和後期-平成時代の物理学者。昭和21年11月3日生まれ。新潟大を卒業して東北大大学院でまなぶ。高エネルギー物理学研究所(現高エネルギー加速器研究機
37. すずき-あつゆき【鈴木篤之】
日本人名大辞典
1942− 昭和後期-平成時代の原子力工学者。昭和17年10月31日生まれ。国際応用システム分析研究所研究員などをへて,昭和52年東大助教授,61年教授。平成1
38. すずき-あやお【鈴木綾雄】
日本人名大辞典
1818−1863 江戸時代後期の俳人。文政元年生まれ。安房(あわ)(千葉県)館山(たてやま)藩士。和学に通じ,とくに蕉風(しょうふう)の俳諧(はいかい)で名が
39. 鈴木有鷹[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:0件 【逐次刊行物】:1件 『国学者鱸有飛・有鷹について』寺田泰政
40. 鱸有飛[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:0件 【逐次刊行物】:1件 『国学者鱸有飛・有鷹について』寺田泰政
41. すずき-いおん【鈴木遺音】
日本人名大辞典
1783−1846 江戸時代後期の儒者。天明3年生まれ。京都の人。山崎闇斎(あんさい)の学風をつぐ崎門学派の家学をまもる。その門からのち陽明学者となった大塩平八
42. すずきいせき【鈴木遺跡】東京都:小平市/鈴木新田地図
日本歴史地名大系
[現]小平市鈴木町一丁目・回田町・御幸町 武蔵野台地の中央、石神井川源流谷頭部を馬蹄形状に囲んで形成された旧石器時代の大規模遺跡。標高約七三―七五メートルの武蔵
43. すずき-いちぞう【鈴木市蔵】
日本人名大辞典
1910−2006 昭和時代後期の労働運動家。明治43年3月25日生まれ。国鉄にはいり,昭和21年国鉄労働組合総連合(のち国労)の結成に参加,副委員長として翌年
44. 鈴木一念[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:0件 【逐次刊行物】:1件 『歌人鈴木一念さんの想い出と小伝』椚国男
45. すずき-いっぺい【鈴木一平】
日本人名大辞典
1887−1971 大正-昭和時代の出版人。明治20年10月24日生まれ。大正7年東京神田に大修館書店を創業。辞書,教科書を中心に出版し,諸橋轍次(もろはし-て
46. すずき-いづみ【鈴木いづみ】
日本人名大辞典
1949−1986 昭和時代後期の女優,小説家。昭和24年7月10日生まれ。44年映画「処女の戯れ」でデビュー。45年小説「声のない日々」が文学界新人賞候補とな
47. すずき-いまえもん【鈴木今右衛門】
日本人名大辞典
1731−1801 江戸時代中期の武士。享保(きょうほう)16年生まれ。出羽(でわ)鶴岡藩(山形県)藩士。中間(ちゅうげん)小頭(こがしら)。隠居して農業に従事
48. 鈴木今右衛門[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:2件 【逐次刊行物】:0件 『少年読物鈴木今右衛門の慈善』原寅一(著刊)『鈴木今右衛門と砂塚和尚』鶴岡市教育会(編刊)
49. すずき-いわじろう【鈴木岩治郎】
日本人名大辞典
1837/41−1894 明治時代の実業家。天保(てんぽう)8/12年生まれ。大阪船場の砂糖商辰巳屋にはいって神戸支店番頭となり,明治7年ごろ独立して鈴木商店を
50. 鈴木氏
世界大百科事典
紀伊国の土豪。熊野三山との関係が深く新宮に勤仕する三家の一つで,三方社中(衆徒,神官,社僧)として神仏に奉仕した。牟婁郡大野荘鮒田村に古くから鈴木屋敷跡という伝
「スズキ」の情報だけではなく、「スズキ」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

スズキと同じ魚・貝カテゴリの記事
ゼブラウツボ(日本大百科全書(ニッポニカ))
硬骨魚綱ウナギ目ウツボ科に属する海水魚。八丈島、屋久島(やくしま)、小笠原(おがさわら)諸島、南西諸島、台湾南部、南シナ海などインド洋・太平洋に広く分布する。体は細長く、側扁(そくへん)する。皮膚にはしわが多い。躯幹(くかん)部(胴部)は長く
チンアナゴ(日本大百科全書(ニッポニカ))
硬骨魚綱ウナギ目アナゴ科チンアナゴ亜科に属する海水魚。静岡県富戸(ふと)、高知県柏島(かしわじま)付近の太平洋沿岸、屋久島(やくしま)、南西諸島、小笠原(おがさわら)諸島、台湾南部、フィリピン、マダガスカルなどのインド洋・太平洋に広く分布する
ハモ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱ウナギ目ハモ科の魚類の総称、またはそのなかの1種。日本近海に分布するハモ科Muraenesocidaeは、ハモ属Muraenesoxの2種(ハモ、スズハモ)、ハシナガアナゴ属Oxycongerの1種(ハシナガアナゴ)、ワタクズハモ属Gavialicepsの1種(ワタクズハモ)の4種
ウナギ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱ウナギ目ウナギ科Anguillidaeの魚類の総称。ウナギ類は深海で産卵し、淡水域に入って成長する魚で、南北アメリカの西岸域、南アメリカ中・南部の大西洋域、アフリカ中・南部の大西洋域などを除く世界各地に分布する。分布の中心はセレベス海周辺などの東南アジアである
アワビ(日本大百科全書・世界大百科事典)
軟体動物門腹足綱ミミガイ科に属する巻き貝のうち、とくに食用に供されるような大形種の総称。[奥谷喬司]形態貝殻は螺旋が殻口へ向かって急に大きくなるため、通常の巻き貝とは著しく異なり耳形あるいは卵楕円形の浅い皿形をなす。螺塔は低く後方へ寄っている
魚・貝と同じカテゴリの記事をもっと見る


「スズキ」は生き物に関連のある記事です。
その他の生き物に関連する記事
(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典・平成ニッポン生活便利帳)
硬骨魚綱スズキ目サバ科に属する海水魚。世界共通種で、各大洋の熱帯域から温帯域にかけて広く分布し、表層を回遊する。マグロ類と近縁の魚で、英名(tuna)のように欧米諸国ではマグロの仲間として扱われる。日本でカツオがマグロと混同した呼び名がないのは
(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典・平成ニッポン生活便利帳)
一般的には硬骨魚綱スズキ目タイ科魚類の総称。狭義にタイといえばマダイをさすが、近縁種のチダイと混称している地域も多く、またキダイやクロダイなどを含めることもある。広義のタイ形魚類はイトヨリダイ科、タイ科、フエフキダイ科の3科からなるが、この項ではタイ
ハタ(世界大百科事典)
スズキ目ハタ科ハタ亜科Serraninae魚類の総称。世界中の温帯から熱帯にかけて多くの種がいる。日本近海からは60種以上が知られていて,このうち典型的なハタ類であるマハタ属は40種近くにのぼる。ハタ類の一般的名称として,関西を中心に西日本でマス
フグ(世界大百科事典・日本大百科全書)
フグ目フグ科Tetraodontidaeに属する海産魚の総称。広義にはフグ目のイトマキフグ科Aracanidae,ハコフグ科Ostraciontidae,ハリセンボン科Diodontidaeなどの魚を含めていう場合もあるが,以下,狭義のフグ科魚類に
ブリ(世界大百科事典・日本大百科全書)
スズキ目アジ科ブリ属の海産魚。温帯性の回遊魚で日本各地の沿岸に見られる。季節によってはカムチャツカ半島の南部,サハリン,沿海州,朝鮮半島および台湾沿海にも出現する。典型的な紡錘形で,わずかに側扁する。背は青色,腹部は銀白色で,吻端(ふんたん)から尾に
生き物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る