ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 日本史
  8. >
  9. 日本史の時代
  10. >
  11. 南北朝時代

ジャパンナレッジで閲覧できる『南北朝時代』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

世界大百科事典・日本大百科全書

改訂新版 世界大百科事典
南北朝時代
なんぼくちょうじだい

14世紀の半ばから末まで50余年間の南北朝内乱の時代をいう。鎌倉時代と室町時代の中間にあたるが,広義の室町時代に含まれる。通常,1336年(延元1・建武3)足利尊氏が北朝の光明天皇を擁立し,それについで後醍醐天皇が吉野に移り南朝を開いた時期をその始期とする。また政治体制だけでなく,社会構成の変化を目安とすれば,14世紀初頭ころから徐々に南北朝時代的な状況に入っている。一方,終期は一般に,南北朝合一によって事実上南朝が北朝に吸収され,室町将軍家による全国統一が名目上完成した1392年(元中9・明徳3)とする。ただし室町将軍家の権力確立にとっては,前年の明徳の乱などによる有力守護圧服,94年(応永1)の足利義満の太政大臣就任などにみられる公武権力掌握の意義は,南北朝合一に劣らず大きい。

概観

1335年(建武2)中先代の乱を鎮定して鎌倉に入った足利尊氏・直義兄弟が,同年11月後醍醐天皇にそむいたことにより,建武政権の破局は決定的になった。尊氏・直義兄弟は翌36年再度にわたり入京し,光明天皇擁立と前後して幕府の諸機関を設け,諸国に守護を派して勢力拡張を図った。後醍醐天皇を支持する諸国の南朝方は各地で足利方に抗戦したが,足利方は積極的な所領政策などにより多数の国人に支持され,南朝方はしだいに諸国の拠点を失った。しかし49年(正平4・貞和5)以来幕府諸将間の対立が露呈し,翌50年(正平5・観応1)尊氏党と直義党に分かれてはげしい内戦(観応の擾乱(じようらん))を展開するにおよび,漁夫の利を得た南朝方は延命のいとぐちをつかみ,直義の敗死後は南軍に下った旧直義党武将とともに再三京都に突入した。とくに鎌倉後期以来諸豪族の利害対立が深刻で,反幕府的風潮の強かった九州は,ほとんど南朝方の制圧下に入った。しかし幕府が守護の権限を強化し,守護勢力による国人層掌握が進展するにつれて,南朝方は再び衰退に向かった。わけても68年(正平23・応安1)将軍となった足利義満のもとで幕府機構が整備され,北朝の諸権限が幕府に漸次吸収されると,南朝存立の意義も薄れた。

 そもそもこの南北朝時代は,二毛作の普及等々にみられる生産力の発展を基礎とした根深い社会的・経済的変動の時代であり,族縁的原理による惣領制の解体期であって,内乱の長期化した基本的な要因もここに求められる。しかし,この時代は同時に惣荘・惣村(惣)の成立や国人一揆の結成にみられるような新たな地縁的結合の成長した時代でもあった。その結果,国人層の地域的支配をめざす守護級豪族や荘園支配の再建を求める権門寺社は,いずれも将軍権力への依存性を強め,結局室町幕府の主導下に,1392年南北朝合一が実現したのである。

政治

南北朝時代の政治情勢を通観すると,室町幕府が,多少の伸縮はあったといえ,漸次全国の支配権を掌握する過程であったといっても過言でない。まず尊氏は,建武政権への離反からわずか1年ほどで,東国から九州にいたる主要地域を制圧した。このような足利方の成功は,次のような周到かつ巧妙な戦略による点が大きい。(1)源氏の名門である足利氏の地位を利用して将軍と称し,かつ建武式目を制定し政所・侍所以下の幕府諸機関を復活させて,建武政権の公家優先の方針に失望した諸国武士に,幕府再興路線を強く印象づけた。(2)足利一門と有力被官の諸氏を守護・大将などに起用し,全国に分布する足利氏の所領などを拠点として,国人層統率の効果をあげた。(3)前代以来の有力豪族の多くをいちはやく味方とし,その国の守護などに任用して支配をゆだねた。(4)国人層のはげしい所領獲得要求にこたえて,積極的な恩賞政策を採用した。(5)大覚寺統の後醍醐天皇に対抗するため,持明院統の光厳上皇の院宣を受け,さらに光明天皇を擁立し,両皇統の分立を利用して朝敵の汚名を避け,足利方の正統性を印象づけるように努めた(両統迭立)。(6)大犯三箇条に苅田狼藉の禁圧と使節遵行権を付加して,守護の検断権を強化した。

 一方,南朝方も,足利氏に反発する新田氏以下の豪族,公家領・寺社領などの荘官の一部,山野河海や水陸交易路を活動舞台とする供御人(くごにん)・神人(じにん)集団などの根強い支持勢力を有していたが,上記のような足利方の戦略の前にしだいに劣勢に追い込まれた。しかし,南朝方の凋落傾向に一応の歯止めをかけることができたのは,足利方の内部における尊氏党と直義党の対立であった。尊氏は幕府開設当初から弟直義に評定,引付方,安堵方,禅律方および軍勢催促状,感状発給など多くの政務を委任し,主として守護以下の人事権や恩賞授与権のみを親裁した。しかし尊氏を補佐する幕府執事高師直は国人の所領要求を積極的に支持する一種の革新路線を代表し,権門寺社の荘園維持要求を支持する直義の保守路線と対立した。その結果1350年観応の擾乱がおこり,師直も直義も結局横死したが,敗北した旧直義党武将の多くは南朝方の戦列に加わり,内乱は一時激化の様相を呈した。国人層掌握の必要性をいっそう感じ取った幕府方は,国人対策に大きな変更を加えた。その一つは国人一揆の容認による地縁的結合への対応,いま一つは半済法の制定による所領要求への積極的対応である。とくに半済法は,寺社本所領の管理を守護配下の武士に分与し,年貢の半分をその武士の収益とするものであるが,配下武士の配置は守護に一任されたので,守護は国人統率権を強化して大名化の傾向を強めた。南朝方も権門寺社領の一部を朝用分と称して国人層に割譲して,幕府方の国人層対策に対抗したが,守護の権限を強めつつ実施した幕府方の国人掌握策のほうがより効果的であった。さらに,守護は在庁官人を被官として国衙領の守護領化を推進し,かつ種々の名目で公家領・寺社領の荘園にも支配の手をのばした。

 こうして幕府の主導下に観応の擾乱の余波も鎮静に向かったので,1358年(正平13・延文3)の尊氏の病没とその嫡子義詮の将軍就任も幕府に大きな動揺を及ぼさなかった。ただし守護級有力武将間の抗争は,なおときおり再燃した。義詮の任命した幕府執事細川清氏は性急な勢力拡大,職権強化をもくろんで佐々木高氏(道誉)らの武将と対立し,61年(正平16・康安1)義詮から追放され,南朝に投降した末,翌年敗死した。その後任の幕府執事斯波義将も,その父高経ほか一族とともに66年(正平21・貞治5)やはり高氏らとの対立の結果追放されたが,翌67年高経の病没とともに一族は帰参を許された。

 同年,義詮は多年対立した弟の鎌倉御所基氏とも和解した。しかし義詮は幼少の嫡子義満に家督を譲って病没し,遺命を受けた細川頼之が将軍義満を後見して政務を代行した。これを機会として,それまで将軍-執事-守護あるいは将軍-侍所-守護,将軍-引付頭人-守護などと多岐に分かれていた幕命の伝達系統が,ほぼ将軍-管領-守護に統一され,管領制が成立したと判断される。かつ頼之は半済法を整備し,全国の公家領・寺社領の大部分を本所と給人との間で折半させてそれぞれを一円所領とし,国人層と権門寺社との利害を調停しうる最高の国家権力としての機能を幕府が発揮する基礎をととのえた。あたかもこのころ,公家の相続の安堵,有力寺社の訴訟裁決,洛中住民の検断,公田段銭の催徴,酒屋・土倉への課税などの権限が北朝の朝廷から幕府に移行し,幕府による朝廷の権限の吸収がいちじるしく進んだ。

 幕府権力の強化・充実を機として,頼之は河内,伊勢,越中などの南軍を攻撃するとともに,今川貞世を鎮西管領(のち九州探題)として発遣し,九州における幕府方の勢力を挽回させた。しかし管領頼之の幕府権力強化策は細川一族の重用,守護家の内紛への介入,五山統制の強化,南都北嶺の抑圧などを伴ったため,頼之の専権に対する主要守護大名諸氏の反感が強まり,ついに1379年(天授5・康暦1)斯波義将,土岐頼康,京極高秀らの諸大名は頼之罷免を要求して挙兵し,鎌倉御所氏満もはるかに呼応して西上を図ったので,将軍義満は頼之を罷免し,義将を管領とした。

 この康暦の政変は,幕府の政治体制がいっそう充実する契機となった。政所執事が二階堂氏から伊勢氏に代わるとともに,従来支配系統の分かれていた幕府直轄領(公方御料所)は政所の一括管理下に入り,かつ朝廷・山門などが分掌していた洛中の雑務沙汰(動産の売買・貸借等に関する訴訟)の裁判権も1386年(元中3・至徳3)までに幕府政所の一括審理下に入った。また朝廷の記録所または院の文殿(ふどの)で行われていた2本所間の公家裁判も1381-83年(弘和1・永徳1-弘和3・永徳3)に停止し,幕府の裁判権に移行した。このような幕府の政治権力の拡充とともに義満の官位もめざましく昇進し,83年までに従一位,左大臣,准三后,蔵人所別当,院別当,源氏長者,淳和奨学両院別当を一身に兼ね,将軍家は公武両域にわたる専制君主としての威容をととのえるようになった。

 ただし将軍の専制権力確立にとって障害となりかねないのは,国人層の組織化に成功して数ヵ国にわたる分国支配を築いた強大な守護大名の出現であった。そこで義満は89年(元中6・康応1)の美濃・尾張・伊勢守護土岐氏の内紛,90年(元中7・明徳1)の山陰・山陽等11ヵ国の守護山名氏の内紛に,それぞれ介入して,いずれも翌年鎮定した。この美濃の乱と明徳の乱の軍事的勝利を背景として,義満は南朝との講和交渉を行い,92年南北朝合一を実現して,事実上南朝を解消させることに成功したのである。
→建武新政 →南北朝内乱
[小川 信]

[索引語]
足利尊氏 後醍醐天皇 足利義満 観応の擾乱 足利直義 高師直 半済法 細川清氏 細川頼之 康暦の政変


日本大百科全書(ニッポニカ)

南北朝時代
なんぼくちょうじだい

日本歴史上、1336年から1392年まで半世紀余りをさす時代概念。ときとしては1333年から1335年の建武 (けんむ)政権期をこれに含ませる。

時代区分

1335年(建武2)、北条高時 (ほうじょうたかとき)の子時行 (ときゆき)が挙兵して鎌倉を奪うと、足利尊氏 (あしかがたかうじ)はその討伐のため東下し、鎌倉を奪還後、建武政権に反旗を翻し、新田義貞 (にったよしさだ)の軍を破って入京。いったん敗れて西走したが、翌年再度入京、持明院統 (じみょういんとう)の光明天皇 (こうみょうてんのう)を擁立した。後醍醐天皇 (ごだいごてんのう)は吉野に逃れ、そこに一部の公家 (くげ)を集めて朝廷開設の姿勢を示したため、世に光明天皇の京都の朝廷を北朝、後醍醐天皇の吉野の朝廷を南朝とよび、このときから両朝併立の南北朝時代が始まった。これ以後、公家・武家 (ぶけ)さらには寺社に至るまで、しばしば分裂して両朝いずれかの側につく形をとって抗争、日本歴史上でも前例のない動乱の半世紀余りが続いたが、1392年(元中9・明徳3)、足利義満 (よしみつ)が、武家勢力の統合を背景として、両朝合体という名の、事実上の南朝解消に成功し、南北朝時代は終わった。

 この間、足利尊氏は、1336年(延元1・建武3)光明天皇を擁立するとすぐ、「建武式目」を定めて武家政権を京都に開設し、1338年(延元3・暦応1)征夷大将軍 (せいいたいしょうぐん)となった。そのため南北朝時代は、別には足利時代あるいは後の幕府所在地の名をとっていう室町時代とも重なるが、広義における室町時代のうち、1392年までは南北朝時代とよぶことが広く行われている。それは、室町時代でも、応仁 (おうにん)の乱(1467~1477)以降をしばしばとくに戦国時代とよんで、その時期の特徴を表すのと共通の方式である。

[永原慶二]

政治・軍事過程

半世紀余りにわたる南北朝時代の政治的および軍事的過程は、やや立ち入ってみると、ほぼ三つの段階に区分することができる。第一段階は両朝分裂から1348年(正平3・貞和4)までである。これは、南朝方の軍事的抵抗が続けられた時期であるが、1343年(興国4・康永2)北畠親房 (きたばたけちかふさ)が東国経営の拠点とした常陸 (ひたち)の関城 (せきじょう)・大宝城 (たいほうじょう)が落ち、ついで1348年、南朝方の軍事力の中心であった楠木正行 (くすのきまさつら)が戦死し、後村上天皇 (ごむらかみてんのう)が吉野から賀名生 (あのう)に移り、南朝はまったく無力化した。

 第二段階は1349年(正平4・貞和5)から1367年(正平22・貞治6)までである。この時期は足利尊氏・直義 (ただよし)兄弟の争いから観応 (かんのう)の擾乱 (じょうらん)とよばれる武家勢力の分裂が動乱の主要局面となったときから始まり、尊氏の直義打倒、尊氏の死に続く子義詮 (よしあきら)の時代である。南朝方はこの間、争い合う尊氏と直義にこもごも支持されたこともあって、一時はその兵を京都にまで進出させることもあったが、大勢はもはや挽回 (ばんかい)できなかった。

 第三段階は1368年(正平23・応安1)の足利義満 (よしみつ)の将軍就職から1392年の両朝合一までである。初め義満は幼少で、重臣細川頼之 (ほそかわよりゆき)の支持を頼ったが、頼之は足利一門の斯波義将 (しばよしまさ)らと争い、1379年(天授5・康暦1)失脚、幕府内部の分裂がふたたび深刻となった。これを切り抜けた義満は、外様 (とざま)の有力守護土岐 (とき)・山名 (やまな)などを討つことによって武家の統合に成功、これを踏まえて両朝統一を実現した。

[永原慶二]

権力構造の変化

このような政治・軍事的推移に伴って、政治権力と支配体制も大きく変化した。鎌倉時代にはなお相当の政治的実力を保持していた公家政権は、この時代を通じて急速に無力化した。北朝は一見すると足利将軍の傀儡 (かいらい)のようにも思われるが、なお一定の独自性を主張し、かつその権力基盤たる荘園 (しょうえん)・公領の確保に努力したが、京都を幕府に制圧されるとともに、諸国の支配拠点であった国衙 (こくが)の権能・機構も守護に吸収されたため、もはや独自に国家支配の体制を保つことはできなくなった。

 これにかわって地方では、守護が職権を拡大して、従来の重罪人の検断や軍事指揮権のみならず、民事的な諸紛争に対する裁判権や半済 (はんぜい)実施権などをもち、国人 (こくじん)とよばれる在地領主層を被官化して守護大名としての性質を強めていった。また幕府はそれらの守護を介して全国の武士の統合を進めるとともに、従来朝廷の保持していた公家・寺社などの間での紛争に対する裁判権や検非違使庁 (けびいしちょう)が保持していた京都市中の警察権、さらには伊勢 (いせ)神宮造替経費、即位譲位のときの臨時段銭 (たんせん)など、租税的性質の強い全国賦課権を掌握した。その結果、鎌倉時代にみられた公武二重権力状態は一変し、封建的主従制の拡大深化を踏まえた武家単独政権が成立していった。なお、この時代に、支配権力の分裂が深刻になると、各地の国人とよばれた地方領主層は、相互に対立する反面、国人一揆 (こくじんいっき)とよぶ同族的ないしは地域的な連合を形成し、荘園領主や室町幕府・守護権力に対して自立する動きを強めた。また農村でも農民たちが惣村 (そうそん)結合を形成し、上部権力を排除する傾向が強まった。これら群小領主層と農民はときとしては互いに結び合い、反権力の行動をとったため、上級領主側からはそれを「悪党」とよぶことも少なくなかった。

[永原慶二]

社会経済的変動

社会経済の面では、公家・寺社など旧勢力の権力基盤であった荘園公領制の解体が進行し始めた。公家政権の実力と権威が厳存していた時代では、公家・寺社は全国に分散する多数の所領から、いながらにして年貢雑公事 (ぞうくじ)を手にすることができた。とくに皇室や摂関家は、一般の公家・寺社からの二重寄進で荘務権を伴わない本家職 (ほんけしき)を多数保持していたが、天皇・摂関の権威の失墜とともに、本家職年貢の収取は急減した。また荘務権をもつ本所 (ほんじょ)でも、現地で国人領主の領主的成長が進み、それと絡みつつ農民の年貢雑公事減免運動が強められたため、直接的な形での支配の維持は困難となり、守護や国人の請負ということで無力化する方向が進んだ。とくに観応の擾乱をきっかけに始められた半済はしだいに地域的に拡大されるとともに、長期化し、事実上、所領半分が武家領に転化された。また国々の公領は、守護が国衙の権能・機構を接収することにもなって、ほとんど守護領に転化された。幕府は荘園・公領を単位とする支配の体制を原理的に否定しようとしたわけではなく、守護もまた荘園・公領を前提とし、そこにおける現地支配権を掌握するにとどまっていたが、本所側は京都で一定の年貢を受け取るだけの存在に追い込められていった。

 この時代の社会経済面における変化としてもう一つ見逃せないのは、農業生産力の発展を背景とした村落構造の変化である。この時代、とくに畿内 (きない)を中心とした先進地域では、施肥量の増加、品種の多様化、灌漑 (かんがい)・排水条件の改善などによって水稲の収量が高まり、同時に水田の裏作麦の栽培も拡大した。そうしたことを条件に小規模農民経営の安定度が高まり、有力農民は加地子 (かじし)の収取関係を拡大して地主的性質を強め、農村は「小百姓」身分の小規模農民をも含む惣 (そう)型の村落共同体結合を発達させた。惣型村落共同体は動乱の波及に対して自衛するため、武装したばかりでなく、ときとしては村の周囲に濠 (ほり)を巡らす環濠集落 (かんごうしゅうらく)を形成した。さらにこのような農業生産力の発展を基礎として、苧麻 (ちょま)・綿(絹綿)・荏胡麻 (えごま)などの原料作物や、簾 (すだれ)・蓆 (むしろ)・油 (あぶら)・索麺 (そうめん)などの農産加工品の生産・流通も拡大し、この時代は社会分業と貨幣流通が前代に比べ顕著に発展した。大観すれば、日本経済史上、交換手段として貨幣が一般化しだしたのはこの時代からといって差し支えない。

[永原慶二]

思想・文化・世相の動向

公武交替、武家単独政権の形成を指向していた室町幕府は、朝廷・公家勢力が南都北嶺 (なんとほくれい)の旧寺院と結んでいたことに対抗して、禅宗寺院の育成を図った。鎌倉時代に成立した鎌倉五山の制を京都中心に改めたのは建武政権であったが、室町幕府は鎌倉・京都の十寺五山の制を整えるとともに相国寺 (しょうこくじ)を創建し、夢窓疎石 (むそうそせき)・春屋妙葩 (しゅんおくみょうは)・絶海中津 (ぜっかいちゅうしん)らの禅僧を重用した。その結果、禅林は当時における学問・文化の中心となり五山の詩文学が栄え、さらに中国事情に詳しかったことから、幕府の政治・外交顧問の役割を演ずるようにもなった。

 一方、この時代の世相や人々のものの考え方などに現れた特徴という点では、反権威的、現実主義的な傾向が目だっている。足利尊氏の執事高師直 (こうのもろなお)は、皇室・公家・寺社などの所領を部下たちに思いのまま侵奪させて平然としていたし、近江 (おうみ)の守護佐々木導誉 (ささきどうよ)はちょっとした争いから皇族の屋敷を焼き払い、美濃 (みの)の守護土岐頼遠 (ときよりとお)は院の行列に行き会っても下馬の礼をとらず、とがめられると逆に暴言を吐くありさまであったという。そのような反権威・下剋上 (げこくじょう)の気風は一部の守護大名たちのなかだけのことでなく、社会の諸階層に浸透し、農民もしばしば武器をとり、戦乱に加わり、あるいは年貢・夫役の納入を拒否するなど、さまざまの実力行動をとった。

 さらに、反権威の気風は人々の寄合 (よりあい)という形での団結の場を至るところで生み出した。惣村は自治的な形での村共同体の運営に寄合を不可欠とし、その団結は一揆 (いっき)・一味神水 (いちみしんすい)という形で誓約された。そればかりでなく、連歌 (れんが)や闘茶などの集団娯楽の場も一種の寄合として、解放と協同の気風を高めた点でこの時代の世相をよく表しており、そのような社会的解放感は、風俗の面では婆娑羅 (ばさら)とよばれる自由大胆な服装、髪型、ふるまいなどを流行させた。

 この時代の文学作品としては吉田兼好 (よしだけんこう)の『徒然草 (つれづれぐさ)』と『太平記』があげられるが、世俗を逃れた遁世者 (とんせいしゃ)兼好の文には、意外なほど金 (かね)の世の中への執着、拝金思想ともいうべき思いが示されている。また『太平記』の筆者は「宮方深重 (みやがたしんちょう)の者」といわれ、南朝方に近い立場から筆を進めながら、しだいに各地で進む反権威的な武士の行動や勢力交替に関心を強めていっており、そうしたところにも時代相がよく現れている。

[永原慶二]

南北朝正閏論

日本歴史上、2人の天皇、二つの朝廷という他に例のない特異な時代の意味・評価については、古来多くの論議があった。しかし近代になると「両朝併記説」がとられ、国定教科書『小学日本史』も、併立説で書かれていた。ところが1911年(明治44)衆議院議員藤沢元造が、大逆事件と関連させて、これを論難、そのため教科書執筆者の喜田貞吉 (きたさだきち)は文部省編纂官 (へんさんかん)を休職とされ、以後、教科書は「南北朝時代」にかえて「吉野朝時代」の語を用いることとなった。また桂太郎 (かつらたろう)内閣は天皇に奏上して、従来宮内省のとっていた北朝正統を改め、南朝正統とし、同時に北朝歴代の祭祀 (さいし)は従来どおりと改定した。この事件は、南北朝時代の客観的事実が名分論の立場から政治的に歪曲 (わいきょく)されたこと、また教科書記述が政治によって支配されたことを意味し、学問・教育の受難史として忘れがたい事件であった。

 こうして第二次大戦前には南北朝時代史の客観的認識が著しく脅かされたため、戦後は、そのような歪曲を徹底的に排除し、この時代を政治・社会・経済・文化などの諸側面にわたる広範な歴史的変動の画期として、その変化の内容を追究する視点が重視されるようになった。

[永原慶二]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
南北朝時代の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 6410
検索コンテンツ
1. けんむしんせいとなんぼくちょうきのてんのう【建武新政と南北朝期の天皇】 : 天皇
国史大辞典
〔建武新政と南北朝期の天皇〕 このような状況を打破し、天皇の君主権の完全な回復といっそうの強化をめざす企図が、後醍醐天皇の建武新政となって実現した。後醍醐は院
2. ちゅうせいなんぼくちょうむろまちじだい【中世(南北朝・室町時代)】 : 東国
国史大辞典
〔中世(南北朝・室町時代)〕 坂東八ヵ国に甲斐・伊豆を加えた十ヵ国(明徳二年(一三九一)以降、陸奥・出羽が加わる)を管轄する鎌倉府が成立し、この地域概念として
3. 南北朝時代
世界大百科事典
その始期とする。また政治体制だけでなく,社会構成の変化を目安とすれば,14世紀初頭ころから徐々に南北朝時代的な状況に入っている。一方,終期は一般に,南北朝合一に
4. 南北朝時代
世界大百科事典
代。江南では420年に宋が成立し,華北では439年に北魏が北涼を滅して華北統一をなしとげ,南北朝時代が現出。この南北対立時代に終止符が打たれたのは589年,北朝
5. なんぼくちょう‐じだい[ナンボクテウ‥]【南北朝時代】
日本国語大辞典
文芸の開花とともに、仏教や道教が流布し、後の大唐世界帝国の基礎を作った。後漢の滅亡からかぞえて魏晉南北朝時代ともいう。〔二〕日本で、中世、朝廷の皇統が南朝(大覚
6. なんぼくちょうじだい【南北朝時代】
国史大辞典
で展開した。明徳三年(元中九、一三九二)に、室町幕府の主導によって南北両朝が合体するまでを南北朝時代という。なお、後醍醐天皇の開いた吉野の朝廷の動向を主軸にして
7. 南北朝時代(中国)
日本大百科全書
5、6世紀の中国の政治的分裂の時代をさすが、3世紀初め以降とあわせて魏晋ぎしん南北朝時代としてとらえることが多い。420年、宋そうが東晋とうしんにかわって興り、
8. 南北朝時代(日本)画像
日本大百科全書
うぐんとなった。そのため南北朝時代は、別には足利時代あるいは後の幕府所在地の名をとっていう室町時代とも重なるが、広義における室町時代のうち、1392年までは南北
9. なんぼくちょうむろまちじだい【南北朝・室町時代】 : 中世
国史大辞典
南北朝・室町時代  鎌倉時代と戦国時代に挾まれた一世紀半は、建武政権の成立と消滅、南北朝の内乱、室町幕府の成立から衰退に至る激しい争乱の時代であった。この争乱
10. なんぼくちょうじだいし【南北朝時代史】
国史大辞典
田中義成著。著者は帝国大学の史料編纂官兼文科大学教授で文学博士であった。没後三年の大正十一年(一九二二)国史学第一講座の稿本を、聴講した竜粛(りょうすすむ)ら
11. 南北朝時代の勢力分布(1)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©Shogakukan
12. 南北朝時代の勢力分布(2)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©Shogakukan
13. 『南北朝時代史』
日本史年表
1918年〈大正7 戊午〉 11・4 田中義成没.没後、大正11年、竜粛らにより 『南北朝時代史』 出版される。
14. 魏晋南北朝時代画像
世界大百科事典
華北では439年に北魏が華北を平定したので,中国は胡・漢が南北に対立する形勢となり,以後を南北朝時代という。 南北朝時代には魏・晋期の流動性がいくらか減って社会
15. ぎしんなんぼくちょう‐じだい[ギシンナンボクテウ‥]【魏晉南北朝時代】
日本国語大辞典
中国の三国、晉(東晉を含む)、五胡十六国、南北朝時代約三七〇年の総称。漢に続き、隋の統一国家が出現するまでの期間で、文化史的には六朝時代ともいう。
16. 魏晋南北朝時代 : 図-魏晋南北朝時代王朝交替表画像
世界大百科事典
17. おうもう【王猛】(Wáng Měng)
世界人名大辞典
進め,綱紀粛正に心を砕いた結果,分裂戦乱の時代にあって治安の良い稀有な一時期を現出せしめた.魏晋南北朝時代を通じて,屈指の政治家とされる.死に際して,東晋とは戦
18. きちぞう【吉蔵】(Jízàng)
世界人名大辞典
《法華義疏》《法華遊意》《法華統略》の4点もの注釈書が現存.彼の注釈は博引旁証を特色とし,南北朝時代の散逸した資料の引用が多く貴重.またその論述はきわめて論理的
19. どうあん【道安】(Dào'ān)
世界人名大辞典
〔312[永嘉6]~85[建元21]〕 中国南北朝時代初期の僧.道安②と区別して釈道安とも呼ぶ.常山県扶柳(現,河北冀州付近)の人.俗姓は衛氏.12歳で出家し,
20. どうしょう【道生】(Dàoshēng)
世界人名大辞典
〔†434[元嘉11]〕 中国南北朝時代,東晋・劉宋の仏僧.鉅鹿(現,河北平郷)の人.俗姓は魏氏.竺法汰(じくほうた)(320~87)により出家したので竺道生と
21. かぼ【富嘉謨】(Fù Jiāmó)
世界人名大辞典
長安年間[701-04]に晋陽尉,寿安尉となり,のち左台監察御史となった.唐の初めにはまだ南北朝時代の徐陵,庾信(ゆしん)の文体の影響を受けた技巧的散文が流行し
22. ふくけん【服虔】(Fú Qián)
世界人名大辞典
漢の事件に関する60条の批判に対し再批判を行った.服虔の《春秋左氏伝》の注解は広く読まれ,南北朝時代に南朝で晋の杜預の注が好まれたのに対し,北朝では服虔の注が採
23. りゅうとんてい【劉敦楨】(Liú Dūnzhēn)
世界人名大辞典
間構成・造園手法・歴史沿革の実証的研究で新たな分野を開拓.木造建築遺構が遺らない漢・三国・南北朝時代の宮殿壇廟を文献的に研究し《大壮室筆記》《東西堂史料》を著す
24. あいうちむら【相打村】青森県:北津軽郡/市浦村
日本歴史地名大系
かでない。安東氏が相内集落の東、十三湖を南に望む台地上の福島城に拠ったのは、鎌倉時代末から南北朝時代にかけての頃と推定される。その北方の独立丘陵上に築城年代は確
25. 愛洲の館[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
剣術家愛洲移香あいすいこう生誕の地、南伊勢みなみいせ町にある資料館。移香をはじめ、南北朝時代にこの地を治めた愛洲氏にかかわる古文書や歴史資料を展示する。町内の考
26. あいずみちょう【藍住町】徳島県:板野郡
日本歴史地名大系
守護所の位置についても三好郡池田(現池田町)説、美馬郡岩倉城(現脇町)説などとともに勝瑞説がある。南北朝時代以後足利一門の細川氏が阿波国守護職を代々継承したが、
27. あいだぐん【英田郡】
国史大辞典
吉野郡小房城や竹山城(大原町)に拠った土豪であったが、天正のころは毛利氏に党して宇喜多氏に抗した。安東氏は南北朝時代のころから英多保の地頭として活躍した。その裔
28. あいづとうでらはちまんぐうながちょう【会津塔寺八幡宮長帳】
国史大辞典
んげ)町大字塔寺心清水(こころしみず)八幡神社に伝わる古記録。『塔寺八幡宮長帳』ともいう。南北朝時代観応元年(一三五〇)から江戸時代寛永十二年(一六三五)迄、約
29. あいのしょう【安威庄】大阪府:茨木市/安威村
日本歴史地名大系
庄内にあった西芳寺末寺普賢院が散在田畑を本寺より買得している(賦草案之引付)。当庄の在地武士安威氏は南北朝時代には摂津守護赤松光範の守護使となり(水無瀬神宮文書
30. あいはら-うじみつ【粟飯原氏光】
日本人名大辞典
?−? 鎌倉-南北朝時代の武将。粟飯原清胤(きよたね)の父。鎌倉幕府の9代将軍守邦親王につかえたが,のち足利尊氏にしたがう。尊氏の命をうけて,建武(けんむ)5=
31. あいはら-きよたね【粟飯原清胤】
日本人名大辞典
?−? 南北朝時代の武将。室町幕府の奉行人。貞和(じょうわ)3=正平(しょうへい)2年(1347)政所(まんどころ)執事となる。足利直義(ただよし)の高師直(こ
32. あえば-うじなお【饗庭氏直】
日本人名大辞典
1335−? 南北朝時代の武将,歌人。建武(けんむ)2年生まれ。足利尊氏につかえ,観応(かんのう)3=正平(しょうへい)7年(1352)尊氏の新田義興・義宗との
33. あおえは【青江派】
国史大辞典
そして守次・貞次・恒次の名跡は南北朝時代まで、為次・助次の名跡は鎌倉時代末期まで続いていることが遺作によって知られる。各時代を通じてこの派の刃文には小乱・直刃が
34. 青方氏
日本大百科全書
詳細に知ることができる。鎌倉幕府によってこの地の地頭職じとうしきを安堵あんどされて、鎌倉御家人となり、南北朝時代には松浦党まつらとうの一員となり、しばしば国人一
35. 青方氏
世界大百科事典
となり,はじめて青方氏と号した。モンゴル合戦の勲功の賞として,肥前国神崎荘の配分を受けた。南北朝時代には松浦一族と称し,しばしば一揆契諾状を結び,足利氏支持勢力
36. 青方文書
日本大百科全書
っとも優れた史料であるばかりでなく、中世漁業関係史料としても内容に富んだ史料である。とくに南北朝時代の国人一揆契諾こくじんいっきけいだく状が含まれていることで著
37. あおかたもんじょ【青方文書】
国史大辞典
安堵され、鎌倉御家人となり、南北朝時代には松浦一族と称したが、近世には福江藩士となる。文書内容は建久七年(一一九六)前右大将家政所下文案を最古とし、鎌倉・南北朝
38. あおきじょうあと【青木城跡】徳島県:麻植郡/山川町/瀬詰村
日本歴史地名大系
上に築かれた城で、瀬詰城あるいは喜来城ともいう。市原氏の居城と伝える。同氏は土肥氏一流で、南北朝時代に阿波にきて富岡城(現阿南市)の城主となった新開氏の一族とい
39. 青森県史[文献解題]青森県
日本歴史地名大系
八冊 青森県編 大正一五年刊・昭和四七年復刻 構成 一(王朝時代・鎌倉時代・南北朝時代・室町時代・藩政時代津軽編)、二―三(藩政時代津軽編)、四―五(藩政時代
40. あおもりし【青森市】青森県
日本歴史地名大系
「外ノ浜内末部」(諏訪大明神絵詞)を、現在の青森市西北部の内真部に比定する説が有力である。南北朝時代の外ヶ浜一帯は南部氏の支配下にあった。南朝方の南部師行が、建
41. あおやちょう【青谷町】鳥取県:気高郡
日本歴史地名大系
相尾あるいは相屋の誤記と考えて、相屋神社がある青谷付近に置かれていたとする説もある。鎌倉時代から南北朝時代、日置川中・下流域から気高町姫路にかけての地域は日置郷
42. あおやまし【青山氏】画像
国史大辞典
徳川氏譜代の三河武士。南北朝時代末期(元中年間)、新田氏が征東将軍尹良親王(宗良親王の第二王子)を上野国寺尾城に迎えた時、師重がこれに供奉して上野国吾妻郡青山
43. 障泥/泥障
世界大百科事典
という記述が現在でも信用されている。画像石,銅鏡,明器,壁画などの表現によると,漢・三国・南北朝時代には長方形の障泥を鞍の下方にさげており,韓国の慶州天馬塚で出
44. 赤[村]
世界大百科事典
米作のほか野菜栽培が中心である。山林が村域の約7割を占め,良質の杉を産する。東の戸城山には南北朝時代の城跡のほかアスレチック施設がある。南部の犢牛(こつとい)岳
45. あかおむら【赤尾村】奈良県:桜井市/桜井地区
日本歴史地名大系
[現]桜井市大字赤尾 鳥見山東麓の傾斜地集落。南北朝時代には南朝方の西阿が赤尾城を構えたが、暦応四年(一三四一)に細川顕氏がこれを討っている(渡辺源四郎実軍忠状
46. あかしかくいち【明石覚一】
国史大辞典
?―一三七一 南北朝時代の琵琶法師。一方(いちかた)流の始祖如一に師事して、『平家物語』の詞章の整理統一および新しい曲節の大成に務め、平曲中興の祖といわれる。
47. あかぼし-たけつら【赤星武貫】
日本人名大辞典
?−1359 南北朝時代の武士。赤星有隆の孫。菊池氏の一族。菊池武光にしたがい,征西将軍懐良(かねよし)親王を奉じて,少弐頼尚(しょうに-よりひさ)らの軍と筑後
48. あかまじんぐうもんじょ【赤間神宮文書】
国史大辞典
(一八〇七)・文政四年(一八二一)の三回分が残っている。特に元文度の分は綸旨をはじめ鎌倉・南北朝時代の文書は全文書写、毛利氏時代の分は文書の書出しと差出し・宛所
49. あかまつ‐うじのり【赤松氏範】
日本国語大辞典
南北朝時代の武将。則村の子。南朝につき、京都を攻略。後に播磨の清水に兵を起こしたが敗れ、討死。法名本光道成。元徳二~至徳三=元中三年(一三三〇~八六)
50. あかまつうじのり【赤松氏範】
国史大辞典
一三三〇―八六 南北朝時代の武将。則村の四男。弾正少弼。大力無双の勇士といわれた(『太平記』三二)。摂津中島・同国有馬・備前馬屋郷を領したが、父則村の死後、観
「南北朝時代」の情報だけではなく、「南北朝時代」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

南北朝時代と同じ日本史の時代カテゴリの記事
鎌倉時代(国史大辞典・世界大百科事典)
〔時代概念〕幕府が相模国鎌倉に置かれた時代。終期が元弘三年(一三三三)の鎌倉幕府滅亡である点に異論はないが、始期については諸説があり、文治元年(一一八五)の守護・地頭設置に求める説が有力である。明治初期までは、皇代中心の編年的歴史叙述が優勢であったが
南北朝時代(世界大百科事典・日本大百科全書)
14世紀の半ばから末まで50余年間の南北朝内乱の時代をいう。鎌倉時代と室町時代の中間にあたるが,広義の室町時代に含まれる。通常,1336年(延元1・建武3)足利尊氏が北朝の光明天皇を擁立し,それについで後醍醐天皇が吉野に移り南朝を開いた時期を
室町時代(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
政治権力の所在による時代区分の一つ。足利時代とも称される。広義には鎌倉時代と安土桃山時代の中間に位置する足利将軍の存続期を指すが、狭義にはその時代の前期を南北朝時代、後期を戦国時代としてその両時代に挾まれた一時期を対象とし、時にはその片方を含めて
安土桃山時代(世界大百科事典・日本大百科全書)
織田信長が室町幕府15代将軍足利義昭を擁して入京した1568年(永禄11)から,関ヶ原の戦によって徳川家康の覇権が確立した1600年(慶長5)までの約30年間を指し,織田・豊臣時代(織豊政権)ともいう。時代区分のうえでは江戸時代と合わせて近世
大正時代(世界大百科事典・国史大辞典)
一般的には大正天皇の在位期間(1912-26)をいうが,歴史学的にいえば,藩閥官僚政治を批判する日露戦争講和反対の全国的民衆運動の発生した1905年から,第2次護憲運動の結果成立した加藤高明内閣の政治諸改革が行われ,政党政治体制の確立した1925年ま
日本史の時代と同じカテゴリの記事をもっと見る


「南北朝時代」は日本の歴史に関連のある記事です。
その他の日本の歴史に関連する記事
廃藩置県(日本大百科全書・世界大百科事典)
1871年(明治4)7月、全国の藩を廃して県を置き、中央集権的統一国家を樹立した政治変革。版籍奉還(はんせきほうかん)後、政府は中央集権化政策を積極的に推進したが、とくに1870年秋から1871年春にかけては、岩倉具視(ともみ)の「建国策」に示される
国債(世界大百科事典・日本大百科全書・国史大辞典)
国がその経費をまかなうために行う金銭債務をいう。その場合,国債証券を発行するものを狭義の国債,証券の発行を伴わないものを借入金(年度内に償還する条件のものを一時借入金という)という。なお,国債と地方債を総称して公債という。国債の制度国債は償還期限に
長岡京(世界大百科事典・日本大百科全書・国史大辞典)
784年(延暦3)から794年まで,山城国乙訓(おとくに)郡(現在の京都府向日(むこう)市,長岡京市,京都市,乙訓郡大山崎町)にあった古代の都城。奈良時代末期の781年(天応1),父光仁天皇からはからずも帝位をゆずられた山部親王(桓武天皇)は,旧都
太政大臣(世界大百科事典・日本大百科全書・国史大辞典)
令制における太政官(だいじようかん)の最高の官職で,日本固有の職。和訓では〈おおまつりごとのおおまえつぎみ〉といい,唐名では(大)相国。令では唐の三師(太師,太傅,太保),三公(太尉,司徒,司空)を兼ねる重職と位置づけられ,適任者のない場合には欠員と
恵美押勝の乱(世界大百科事典・日本大百科全書・国史大辞典)
奈良時代に恵美押勝(藤原仲麻呂)が起こした反乱。橘奈良麻呂の変を未然に鎮圧した藤原仲麻呂は,早世した長男真従の妻であった粟田諸姉をめあわせた大炊王を淳仁天皇として擁立し,またみずからを恵美押勝と称すること,私的に銭貨を鋳造し出挙(すいこ)を行うこと
日本の歴史に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る