ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 日本史
  8. >
  9. 日本史の時代
  10. >
  11. 安土桃山時代

ジャパンナレッジで閲覧できる『安土桃山時代』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

世界大百科事典・日本大百科全書

改訂新版 世界大百科事典
安土桃山時代
あづちももやまじだい

織田信長が室町幕府15代将軍足利義昭を擁して入京した1568年(永禄11)から,関ヶ原の戦によって徳川家康の覇権が確立した1600年(慶長5)までの約30年間を指し,織田・豊臣時代(織豊政権)ともいう。時代区分のうえでは江戸時代と合わせて近世(幕藩体制)にあたり,封建社会が成立・展開する時期である。

 安土桃山時代の評価は,先行する中世(鎌倉・室町時代)を封建社会とみなすか否かによって大きく区別される。中世にすでに封建制が成立しているという前提に立つ見解からは,(1)封建制再編成説,(2)純粋封建制説,(3)初期絶対主義説が出されており,中世を前期(分権的)封建制,近世を後期(集権的)封建制と呼び分けている。また,中世を奴隷制社会とみなす立場からの見解は,(4)封建制成立説と一括することができよう。

 (1)は中村吉治に代表される見解で,貨幣経済の進展によって解体しかかった中世封建制が,戦国期から織豊政権にかけて,大名領知制の確立や検地,身分統制の強化などによって再編強化され,近世封建制が成立したというものである。(2)は藤田五郎に代表される見解で,夫役経営(労働地代)を基本とする中世の農奴制的封建社会が,土一揆,一向一揆の過程を通じて,本百姓=隷農による小農民経営が成立し,生産物地代を中心とする,より純粋化した形の封建社会が成立したというものである。(3)は服部之総に代表される見解で,土一揆,一向一揆に代表される民衆の闘いと,倭寇から朱印船貿易にみられる海外発展は,あたかもヨーロッパの初期絶対主義時代に相当するという見解である。(4)は安良城盛昭に代表される見解で,中世=家父長的奴隷制社会のもとで名主百姓に従属していた名子・下人層が,みずから経営する土地を獲得することによって自立を達成し,領主-農奴という一元化された生産関係を基礎とした近世封建社会が成立したというものである。

時期区分

安土桃山時代の時期区分を,政治権力の所在や政治過程の特質を中心に考えれば,次の4段階に分けることができよう。

(1)織田政権前期 織田信長が入京した1568年から,将軍足利義昭を京都より追放した73年(天正1)まで。信長と義昭との対抗関係で展開されるが,1570年(元亀1)信長が定めた〈五ヵ条の事書〉を義昭が承認して政権委任を行い,幕府がもっていた軍事指揮権などを信長が掌握したことが,さらに一つの区切りになる。

(2)織田政権後期 室町幕府が滅亡した73年から,本能寺の変によって信長が倒れる82年まで。信長の単独政権として全国制覇をめざして展開されるが,その過程で最も強く抵抗した一向一揆勢力の鎮圧に成功した石山本願寺陥落(石山本願寺一揆)が,さらに一つの区切りになる。

(3)豊臣政権前期 本能寺の変の直後,豊臣秀吉が明智光秀を破って信長の後継者としての地位を獲得した82年から,小田原征伐についで奥州の鎮定に成功した91年まで。1587年に九州の島津氏を降伏(九州征伐)させて全国統一への確信を深め,朝鮮出兵を具体的日程にのぼせたことが,さらに一つの区切りになる。

(4)豊臣政権後期 全国統一の達成と,関白の地位を甥の豊臣秀次に譲ってみずからは太閤となった91年から,関ヶ原の戦によって豊臣政権が崩壊した1600年まで。朝鮮出兵(文禄・慶長の役)を中心に展開される時期であるが,秀次を高野山に追いやって自殺させた1595年(文禄4)が,さらに一つの区切りになる。

 98年秀吉の死後,関ヶ原の戦までの豊臣政権は,五大老の連署状によって秀吉朱印状の権能が保持された。それ以後1615年(元和1)の大坂落城までは,豊臣秀頼によって形式上は続いたが,この時期は江戸時代史のなかに包摂される。

政治過程,時代概観

織田政権前期

入京した織田信長は,義昭を将軍職につけ,二条に新第を造営した。1569年に制定した〈殿中掟〉では,将軍が大名の家臣などに私的に接触することや裁判に関与することなどが禁止されたが,これは幕府における秩序維持をはかったもので,信長と義昭との関係は正常に保たれていたといえる。しかし翌年1月に制定された〈五ヵ条の事書〉では,義昭が勝手に諸大名へ書状を送ることがないよう,必ず信長の副状をつけることや,義昭がこれまで下した命令はいったん破棄し,再検討すべきことなどを定め,将軍としての権限を大幅に制約した。そして,翌71年には反信長的態度をとる比叡山の焼打ちを行っている。さらに72年の〈異見十七ヵ条〉によって信長は義昭の違約を厳しく責め,身分の低い土民百姓までも陰では将軍の悪口を言っていると述べている。

 信長は入京の際,義昭の副将軍就任要請をことわり,堺,大津,草津に代官を置くことを求めたといわれる。そして,圧倒的な武力を背景に,摂津,和泉の両国に矢銭(軍資金)を課し,豪商による経済的繁栄を誇った堺を屈伏させた。また撰銭(えりぜに)令を発布して金,銀,銅の3貨の比価を定めた。これによって,キリシタン宣教師の布教活動と密接にかかわって展開している南蛮貿易を積極的に推進し,とくに銀と生糸との交換レートの安定化をはかったのである。信長は宣教師に対して好意的態度をとり,布教の便宜をはかった。また皇居修造も行い,朝廷との関係にも注意を払った。

 信長と義昭の関係は悪化の一途をたどり,73年義昭は挙兵に踏み切ったが,すぐに敗れて京都を去り,室町幕府は滅亡した。ただし義昭は征夷大将軍の職を剝奪されなかったので,名目上は秀吉に召し抱えられる87年までその地位にあった。

織田政権後期

義昭を追放し室町幕府を滅亡させてからの信長は,一向一揆との全面対決を通じて,新しい国家体制を樹立するための戦いをすすめていた。

 信長と一向一揆との武力対決は激烈をきわめた。74年の伊勢長島一揆では,信長の徹底した包囲作戦によって門徒の過半が餓死し,一揆側の降伏によって講和が結ばれたにもかかわらず,生き残った門徒が船で退出するところを銃撃し,さらに2万人の男女を柵内に押しこめ,ことごとく焼き殺した。76年の越前一揆では,前田利家が多数の門徒に対して磔,釜ゆでなど残虐な処刑を行った。この事実は,福井県武生市(現,越前市)から出土した文字瓦に達筆な字体で刻まれ,悲惨な状況を今に伝えている。さらに信長は,一揆勢力の本拠である石山本願寺攻撃に着手し,九鬼水軍などを利用して包囲作戦を行った。本願寺も毛利氏など戦国大名との結びつきを強め,紀伊雑賀(さいか)衆など全国からはせ参じた門徒の支援をうけて激しく抵抗したが,80年正親町(おおぎまち)天皇の勅命によって講和が結ばれ,信長の軍門に屈した。

 信長は1576年安土築城に着手した。地理的にみて安土は,京都に近く,琵琶湖東岸の東山道沿いという水陸交通の要衝で軍事上の拠点にあたる。翌年信長は安土町中を楽市とし,諸役,諸公事,普請役,伝馬役などを免除し,往還の商人の寄宿を強制するなど,城下町の繁栄をはかっている(楽市令)。79年に信長はこの地で日〓(法華)宗を浄土宗と対決させて敗訴を宣告した。この安土宗論によって日〓宗は打撃をうけ,抵抗の芽は事前につみとられた。

 信長は指出検地や家数改めを行い,権力基盤の強化につとめたが,中国征伐の途上,82年家臣の明智光秀によって本能寺で殺され,政権は未完成のまま瓦解した。家臣団統制や畿内の在地勢力に対する支配力の弱さを露呈したものといえよう。

豊臣政権前期

本能寺の変の後,敏速な行動によって明智光秀を山崎の戦で破った秀吉は,清須会議でわずか2歳にすぎない信長の孫(後の秀信)を相続人に定め,みずからは単独で信長の法要を営むなど後継者としての地歩を固めた。翌83年には宿老の柴田勝家を賤ヶ岳の戦に滅ぼし,織田信孝を尾張で自殺させた。この年に秀吉は大坂城を築いて畿内先進地帯を軍事的に掌握し,ここを拠点として各地に進出できる体制を固めた。84年には織田信雄・徳川家康の連合軍と戦っている(小牧・長久手の戦)。

 秀吉は征服地を拡大するごとに,原則として奉行人を派遣して検地を実施し,現実の土地に対する権利関係を明確にしたうえで石盛をつけ,家臣に知行地として給与し,また自己の蔵入地とした。これを太閤検地という。85年には関白に就任し,文武百官を率いて天皇に奉仕するという古代的権威によって身分制社会の頂点に立とうとした。このころ秀吉は朝鮮出兵の意思を公表している。

 四国の長宗我部氏を降伏させた(四国征伐)後,九州征服に着手し,87年には薩摩の島津氏を降伏させて西国全土を支配した。この折にキリシタン宣教師の追放令を発し,長崎を直轄領にしている。88年には聚楽第(じゆらくだい)に後陽成天皇を迎えて盛大な宴を張った。また刀狩令,海上賊船禁止令を発布し,農漁民から武具を奪うなどして抵抗力を弱め,武士と百姓の身分的差異を明確にした。

 90年の小田原攻めによって後北条氏を滅亡させ,翌年の奥州一揆の鎮圧(葛西・大崎一揆,九戸政実の乱)によって秀吉の全国制覇はほぼ完成した。これを機会に発布された身分統制令によって,すでに武家奉公人になっている者が百姓・町人に戻ることを禁止し,農民の耕作責任を明確化している。これによって身分上の支配・被支配の関係が確定づけられ,やがて士農工商,えた,非人というきびしい身分秩序が固定化していくのである。

豊臣政権後期

1591年末,秀吉は関白職を秀次に譲り,みずからは太閤となった。これは愛児鶴松の死を契機とするものであるが,全領主階級を主従制的な知行関係によって支配する秀吉と,国郡制的な統治原則によって支配する秀次との間に機能分化を必然化し,封建国家としての豊臣政権の将来に暗い影を投げかけた。

 秀吉による封建的ヒエラルヒーの完成は,92年の第1次朝鮮出兵(文禄の役)における陣立書に示されている。直接に渡海を命じられた九州・四国・中国地方の大名は,知行石高に応じて軍役人数が割り当てられており,たとえば九州大名は100石につき5人の本役であった。このときには奥羽・松前の大名までも肥前名護屋に参陣している。

 秀次による国郡制的な統治を象徴するものは,御前帳の作成と人掃令の発布である。御前帳の作成は秀吉が関白のときに企図されたものであるが,検地によって定められた石高(朱印高)を郡-国ごとに集計し,絵図を添えたものである。人掃令は92年に秀次が発したもので,同じ方法で家数・人数を全国一斉に調査している。いずれも個別領主の支配領域や知行形態の相違を超えて行われた点が重要である。

 朝鮮出兵は緒戦の勝利にもかかわらず,朝鮮の義兵や明の援軍の到着によって事態は変化しつつあった。この間,国内では秀吉と秀次の関係は悪化し,95年秀次は切腹を命じられた。一方,明との和議交渉の破綻により,秀吉は97年朝鮮再征を命じ(慶長の役),兵粮米不足を補うため,田の裏作麦の3分の1を年貢として徴収する指令も出された。しかし,翌98年の秀吉の死により朝鮮から全軍が撤兵し,多年にわたり両国民衆を悩ませた対外侵略戦争は終結した。その後の豊臣政権は,関ヶ原の戦までは五大老の合議体制により継承された。

文化

安土桃山文化が包摂する時代は,戦国末期から鎖国の形成期までで,政治史上の区分よりも広い。江戸時代初期の寛永文化も美術史では安土桃山様式の最後に位置づけられる。ここでは,文化を支える技術史的側面を中心に概観する。

 この時代の文化を象徴するものは城郭建築であるが,中世の城郭が山の斜面を利用して土塁と空堀をつくり,郭(くるわ)(曲輪)による防御機能を中心にしているのに対し,近世の城郭は平地に築かれ,周囲に堀をめぐらして水をたたえ,高く石垣を積みあげ,最上部には天守閣がそびえていた。従来の山城から平城への移行は,鉄砲の伝来による戦術の変化のためで,領国統治の中枢として権力者の富と権威を象徴するものとなった。信長が1576年に築いた安土城は平山城であるが,近世様式の最初で,外柱は朱色,内柱は金色に塗られ,最上部の望楼には内外ともに金が張られていた。秀吉が83年に石山本願寺跡に築いた大坂城も,室内には金箔を施し,塔に黄金や青色の飾りをつけ,遠くから見ると荘厳な観を呈したと記録されている。秀吉の関白任官に伴い,京都での居所として86年に大内裏跡に築いた聚楽第は,天守・楼門・二重の郭や武将の屋敷などを配し,石垣と堀で囲まれた城郭的な庭園建築である。築城は17世紀初頭(慶長10年代)からいっそう盛んになった。名古屋城,姫路城,彦根城,高田城などは,外壁が白く塗られ,門の内部にも枡形を設けるなどして敵が直進できないようにし,天守閣の内部は迷路になり,籠城に耐えられるよう設計されている。

 築城をはじめとする大規模な普請・作事には,多くの職人が動員された。京都の東山に建造された方広寺大仏殿の場合,番匠(棟梁,肝煎,平大工の上・下というランクがある),杣工(そまく),鍛冶,屋根ふきなどのほか,唐人の大工や奈良の大仏師など外国人や伝統的技術の保持者まで召し寄せられた。彼らは等級に応じて飯米と作料が与えられた。これらの職人は〈国の役儀〉として動員されることによって,職人としての身分が保証され,一般の役儀(諸役)は免除された。用木は伊賀,甲賀,紀伊,木曾をはじめ,土佐や屋久島など遠隔地からも諸大名に命じて集めさせ,主として海路で回送された。鍛冶炭,屋根板,竹,縄,綱などの資材や特殊技能者も秀吉朱印状で集められ,諸大名は定められた人数を率いて〈普請手伝番〉に加勢させられた。

 これらの土木工事や検地丈量,川除(かわよけ)普請などには測量や算勘の技術が基礎にあり,江戸時代に入って〈和算〉として集大成された。また,キリシタン宣教師を介して医学,天文学,地理学,航海術,活字印刷術なども伝えられた。たとえば南蛮流の外科医術では,傷口の縫合,瀉血(しやけつ)法(小刀で切り開いて余分の血液をとる),焼灼(しようしやく)法(膿や潰瘍を火で焼く)など,これまでの漢方医術にない療法が記されている。刀矢の傷の手当ては薬草の塗布であったが,鉄砲の伝来によって弾丸の摘出が必要となり,銃創は糸で縫い合わせる技術が求められるようになったのである。また,日本の天文暦学は陰陽道と結びついて吉凶を占うのが中心であったが,ヨーロッパの天文学によって天地の形質,太陽や月星の運行,四季の転変,昼夜の長短,日・月食などの原理が知られるようになり,キリシタン信徒の間では太陽暦が用いられた。来日した宣教師や商人,さらには日本人の海外渡航者によって天体観測機(太陽,星,赤道などからの距離を測る),平面球形図,海図,磁石などがもたらされ,緯度の測定も行われた。タバコ(煙草),パン(麵麭),メリヤス(莫大小),シャボン(石鹼)などポルトガル語を語源とするものが今日まで多く残っていることからも,南蛮文化との深いつながりを感じさせる。鉄砲が伝来してまもなく,伝統的な刀鍛冶の技術に支えられて国産化し,堺,根来,近江国友などで大量に作られ,全国に普及していった。

 しかし,医学,天文学などのヨーロッパの学問と在来の学問とが融合し,さらに飛躍する契機をつかむことなく,両者は対立関係を深めるなかで,やがてキリシタン禁圧とともに姿を消し,その一部はオランダ系の蘭学の中に流入していった。時計,望遠鏡なども実用化されることなく,権力者への献上品として秘蔵されるにとどまった。このほか,秀吉の朝鮮出兵の際に日本へ連行された陶工によって李朝陶磁器の技法がもたらされた。彼らの多くは島津領の苗代川流域に集住し,薩摩焼を今に伝えている。このころ中国からはどんす織の技術などが渡来している。

 またこの時代に,風雅な枯淡美のなかに豪大な気風をあらわす茶の湯が,武将や町人の間に広まった。茶会は社交の域を超えて政治的折衝の場となり,茶の作法は大名たちの必須の教養となった。堺の町人で秀吉側近の千利休によってわび数寄の茶が大成し,今井宗久,島井宗室,細川忠興,古田織部らの茶人が輩出した。出雲のお国によって始められた歌舞伎踊や隆達節も町衆の間に広まり,新しい民衆芸能もこの時期に生み出された。
→近世社会
[三鬼 清一郎]

[索引語]
織田・豊臣時代 中世 封建制再編成説 純粋封建制説 初期絶対主義説 前記封建制 後期封建制 封建制成立説 中村吉治 藤田五郎 服部之総 安良城盛昭 織田政権 豊臣政権 織田信長 足利義昭 殿中掟 五ヵ条の事書 異見十七ヵ条 一向一揆 長島一揆 越前一揆 石山本願寺 楽市令 安土宗論 豊臣秀吉 大坂(阪)城 太閤検地 聚楽第 陣立書 御前帳 人掃令 安土桃山文化 桃山文化 城 鉄砲(武器) 安土城 大坂(阪)城 職人 方広寺大仏殿 和算 南蛮流 南蛮文化 茶の湯


日本大百科全書(ニッポニカ)
安土桃山時代
あづちももやまじだい

時代区分


 織田信長 (おだのぶなが)と豊臣秀吉 (とよとみひでよし)とがそれぞれ政権を掌握した時代の名称。織豊 (しょくほう)時代(織田豊臣時代)ともよばれる。安土時代の呼称は、信長が1576年(天正4)に美濃 (みの)(岐阜県)岐阜城から近江 (おうみ)(滋賀県)安土城に本拠を移して天下統一事業を推進したことにちなむが、桃山時代の呼称は、秀吉の晩年の居城である山城 (やましろ)(京都府)伏見 (ふしみ)の地がのちに桃山ともよばれるようになったことに基づくもので、秀吉当時における呼称ではない。かつ政治の中心は、1583年(天正11)より秀吉の死んだ1598年(慶長3)まで大坂城にあったのであるから、政権の根拠地という点からいえば、むしろ「大坂時代」とでもいうのが妥当であろうが、「桃山」には当代の華麗な文化を連想するにふさわしい語感もあって、まず文化史上で時代呼称として定着し、政治史上でも一般に用いられているのである。

 安土時代の時代区分は、信長が足利義昭 (あしかがよしあき)を擁して岐阜より上洛 (じょうらく)した1568年(永禄11)9月より、1582年(天正10)6月本能寺 (ほんのうじ)の変まで、とするのが普通であるが、始期については、1573年(天正1)7月信長が将軍義昭を追放して名実ともに室町幕府を滅ぼしたとき、とする説もある。桃山時代はそれ以降、終期は秀吉が没した1598年(慶長3)8月、あるいは関ヶ原の戦いによって徳川氏の覇権が確立された1600年(慶長5)9月、とする説もあるが、ここでは1603年(慶長8)2月の江戸幕府開設を目安とする説に従う。わずかに30年余りの時代でありながら、安土桃山時代は、封建社会の発展にとってきわめて重要な時期であり、江戸時代の徳川幕府による近世封建制、幕藩体制の確立へと移行する転換期として、歴史上重要な意義をもっている。

[橋本政宣]

政治・社会

武力による統一

織田信長は尾張 (おわり)(愛知県)の守護代織田氏の一族で、尾張の清洲 (きよす)に居城を構え、豊かな濃尾 (のうび)平野を地盤として勢力の伸長に努め、1560年(永禄3)東海一の大名今川義元 (よしもと)を桶狭間 (おけはざま)の一戦で討ってから急速に頭角を現し、1567年には美濃の斎藤龍興 (たつおき)を下し、居城を井ノ口に移してここを岐阜と改めるとともに、僧沢彦 (たくげん)に選ばせた「天下布武」の印章をつくって武力統一の抱負を示し、翌1568年には足利義昭 (あしかがよしあき)を擁して上洛 (じょうらく)し、義昭を将軍職につけ、自らその実権を握り、中央統一政権樹立の端緒を開いた。信長は多数の鉄砲隊を含む強大な武力を駆使して畿内 (きない)を席巻 (せっけん)し、比叡山延暦寺 (ひえいざんえんりゃくじ)を討ち、近江 (おうみ)の浅井氏、越前 (えちぜん)(福井県)の朝倉氏を滅ぼし、ついで甲斐 (かい)(山梨県)の武田氏を長篠 (ながしの)の戦いに破り、畿内、東海、北陸地方の一向一揆 (いっこういっき)と徹底的に戦ってこれを壊滅させ、その背後にある石山本願寺 (いしやまほんがんじ)と対決し、1580年(天正8)ついに石山城(大阪府)を開城させ、長い本願寺との戦いに終止符を打った。1582年甲州征伐を行って武田氏を滅ぼし、ついで中国の毛利 (もうり)氏を討つべく上洛し、京都四条の本能寺に宿泊中のところを、家臣の明智光秀 (あけちみつひで)に襲われて自刃した。

 このとき秀吉は、信長の部将として備中 (びっちゅう)(岡山県)に出陣中であったが、毛利氏と講和して急ぎ引き返し、山崎の戦いで光秀を討ち、信長の後継者としての第一歩を踏み出した。ついで秀吉は、競争者としてもっとも有力な柴田勝家 (しばたかついえ)を賤ヶ岳 (しずがたけ)の戦いで破り、後継者としての地位を不動のものにした。1584年(天正12)信長の遺子信雄 (のぶかつ)を擁した東海の雄徳川家康と小牧 (こまき)・長久手 (ながくて)の戦いで対決し、政略をもってこれを服従させ、毛利氏も懐柔して中国を手中に収め、1585年長宗我部 (ちょうそがべ)氏を、1587年島津氏を征伐して中国、九州と征服の手を広げ、1590年には相模 (さがみ)(神奈川県)の北条氏を滅ぼして関東を制圧し、奥州の伊達 (だて)氏を服従させ、ここに秀吉は天下統一事業を完成した。

[橋本政宣]

検地・刀狩

武力的な統一と並行して種々の政策が実施されたが、とくに重要なものは検地と刀狩である。検地はすでに戦国大名の間でも行われていたが、信長は京都入りと同時に検地に着手し、近江国に指出 (さしだし)すなわち土地台帳の提出を命じたのをはじめ、征服地に次々と実施した。信長段階ではまだ役人を派遣し条目を設けて行うに至らず、秀吉も初めは指出方法をとったが、その後、征服が行われるとただちに奉行人 (ぶぎょうにん)を派遣して検地を実施し、または検地実施を前提として知行地 (ちぎょうち)の給付を行い、統一の進行と並行して全国的規模に拡大した。太閤 (たいこう)検地がこれである。検地に反抗する者には徹底的に弾圧する方針がとられ、1590年(天正18)の奥州検地では、万一非協力者があれば城主でも1人残らず撫 (な)で切りにし、百姓においては1郷 (ごう)でも2郷でもことごとく撫で切りにし、山の奥や海も櫓櫂 (ろかい)の続くまで入念に調査すべきことを命じ、その徹底を期している。太閤検地のもっとも整備された姿は1594年(文禄3)の検地条目にみることができる。太閤検地による石盛 (こくもり)(反当り平均収穫率)、耕地ごとの年貢負担者の確定により、石高制が確定して全国の耕地面積、収穫高が確実に掌握できるようになり、また「一職 (いっしき)」支配と「作合 (さくあい)」否定、すなわち一地一作人の原則に基づいて中間搾取が否定されたことにより、小農民の自立が促された。検地帳に登録された百姓はその土地に緊縛 (きんばく)され、移動することが禁じられた。

 一方、1588年(天正16)、秀吉は刀狩令を発布し、百姓がいっさいの武器を所持することを禁じ、農民の武装反抗を未然に防止し、農民の身分的固定化を図った。いわば検地と刀狩とは表裏一体のもので、武士と農民を明確に分離するための重要な施策であった。こうした封建的身分秩序は1591年8月の身分法令によっていっそう徹底された。この法令は3か条からなり、侍、中間 (ちゅうげん)、小者などが新たに百姓、町人となること、百姓が田畠 (たはた)を捨てて商業、賃仕事につくこと、出奔者を抱えることを禁止した。武士と百姓、町人の身分的な支配関係はこのときから固定的となるのである。

[橋本政宣]

経済

楽市・楽座の実施、関所の廃止

中世の荘園 (しょうえん)的土地体制の衰退、太閤 (たいこう)検地による荘園制の崩壊という過程のなかで、商人も荘園の狭い枠を脱して、領国経済から全国経済へとその活躍圏を拡大しつつあった。織豊政権は商品流通の拡大を図るため、中世の特権的、閉鎖的商工業組織である座を解体し、流通の阻害要因であった関所の撤廃を行い、新たな流通体系を整備する必要があった。すでに戦国大名は自己領国の経済的繁栄のために楽市 (らくいち)・楽座 (らくざ)を行っていたが、信長は1568年(永禄11)岐阜の城下である加納 (かのう)の町において、ついで1577年(天正5)安土の城下町において楽市・楽座を実施した。ことに安土における掟 (おきて)は13か条からなり、座の特権を否定し、諸種の課税を免除して商人の来住を勧め、治安の維持を約したもので、その後の諸大名の城下町における掟の規範となった。

 また各所に乱立する関所、不十分な交通路、無秩序に流通している貨幣、これらも商品経済の発達に対して大きな障害となっていたので、信長は1569年(永禄12)その支配圏内にある国々の関所を廃止し、その勢力拡大とともに関所を撤廃し、また交通路については1574年(天正2)信長の管内に属する道路の幅を広げるなどその整備に努めた。そしてこの関所の撤廃、道路の改修などは秀吉によって全国的に推し進められ、全国の都市と商業を活気づけた。これはさらに諸産業の発達を促進したが、なかでも注目すべきは鉱山業の隆盛がみられたことである。石見 (いわみ)銀山、佐渡金山をはじめとして、各地の鉱山では採掘技術の進歩により産出額が飛躍的に増大し、また新鉱山の発見が各地でみられたのも、この時代に入ってからのことである。

[橋本政宣]

貨幣経済の発達

商業の発展と金銀採掘の増大は、必然的に金・銀貨の鋳造、流通を促した。当時、明 (みん)(中国)から輸入された良質の貨幣と並んで民間の私鋳銭や欠損・焼損銭などの悪銭が流通し、貨幣の受け渡しに混乱を生ずるもととなっていたので、信長は1569年(永禄12)撰銭 (えりぜに)令を出して良銭と悪銭との交換比率を定め、流通の円滑化を図った。しかし信長の時代にはまだ新しい貨幣の鋳造をみなかったが、秀吉は金・銀貨の鋳造を行い、ここに貨幣の統一がなされた。なかでも1588年(天正16)の天正 (てんしょう)大判・小判は、贈答用のものではあったがきわめて良質の金貨であった。

[橋本政宣]

新たな経済統制

これら信長、秀吉による関所の撤廃、交通路の整備、貨幣の統一という一連の政策により、全国的市場形成への方向が著しく促進されたが、商品経済の自由な発達は、一面では、石高制に基づく統一的封建的知行体系を動揺させるものでもあったから、信長や秀吉は商業の自由な発達を抑制し、商人を自己の統制下に置かんとする政策を並行してとった。信長が足利義昭 (あしかがよしあき)を擁して上洛 (じょうらく)したとき、義昭よりその勲功の賞として摂津(大阪府・兵庫県)、和泉 (いずみ)(大阪府)、近江などの諸国において領地を加増しようという申し出があったのを辞退し、そのかわりに、和泉の堺 (さかい)と近江の大津、草津に代官を置くことを望んだこと、また秀吉が堺、博多 (はかた)、長崎、大津などを直轄領としたことは、これら主要商業都市をその統制下に置くためであった。

 信長の楽市楽座令にしても、これを、社寺、公家 (くげ)など古代権力から商工業者を解放し、封建領主直属の仲間の結成へと推進した進歩的政策であるとする見方が一般的であったが、最近では、織田政権の新しい領国支配のための城下町集住政策であり、城下町以外については座特権を認めていた事実も知られるようになり、また関所にしても全廃したのではなく、京都七口 (ななくち)にある皇室領の関所は存続を認めていたことも明らかにされている。要するに信長、秀吉の座政策に代表される一連の経済政策も、狭隘 (きょうあい)な中世市場を解放し商工業を促進するとともに、これを新たな統制下に置くうえでの枢要な施策であったといえよう。

[橋本政宣]

貿易・外交


 16世紀中葉以来ポルトガル船の来航が盛んで、マカオ経由のポルトガル船により中国やインド産の生糸、絹織物などがわが国にもたらされた。主として長崎、あるいは平戸 (ひらど)や口之津 (くちのつ)に入港した。倭寇 (わこう)勢力の衰微によって日中貿易の空白期に直面していた九州の諸大名はこれに大きな関心を示したが、ポルトガル船の貿易はキリスト教宣教師の布教活動と密接に結び付いていたので、その経済的利益を図るため、一般的に布教に対しても好意的な態度をとり、自らキリシタンに改宗する者もあった。信長も対寺院政策の一環としてキリスト教を保護し、秀吉も初めは宣教師を好遇し、またこの時代に海外貿易は一段と盛んになったが、その後キリスト教は禁止し、海外貿易は奨励するという政策をとる。1587年(天正15)の宣教師追放令がこれである。

 秀吉は翌1588年薩摩 (さつま)(鹿児島県)の島津氏に命じ琉球 (りゅうきゅう)王の来朝を促したのをはじめとし、インド、呂宋 (ルソン)(フィリピン)、高山 (こうざん)国(台湾)などに国書を送って入貢を促すとともに、朱印船貿易の制を始め、長崎、堺、京都の豪商に南方への渡海朱印状を与えた。これは秀吉による海外貿易体制の意図を表したものであり、秀吉が宣教師追放とともに、事実上の宣教師領となっていた長崎を直轄領としたのも、海外貿易の利益を独占する体制を確立するための一施策であったというべきである。同年秀吉が、ポルトガル船が長崎に積載してきた生糸9万斤 (きん)を日本人商人に先駆けて独占的に購入したのは、のちに鎖国体制下で行われた糸割符 (いとわっぷ)貿易の先駆的形態とみなされている。

 1592年(文禄1)から1598年(慶長3)にかけて二度にわたって大規模な侵略が行われた。秀吉の朝鮮出兵(文禄 (ぶんろく)・慶長 (けいちょう)の役)は豊臣 (とよとみ)政権の総力を投入して企てられたもので、朝鮮を広範囲にわたって荒し、多数の朝鮮人捕虜を連行し、また国内には過大な軍役の負担を強いるものであった。その動機については諸説があって一定しないが、朝鮮、中国との貿易再開の希望がいれられなかったためともいわれ、少なくとも外国貿易による利潤獲得が一つの目的にあったことは否めないであろう。

[橋本政宣]

風俗・生活


 風俗にも新しい息吹が感じられ、衣食住にも江戸時代の原型をみることができる。室町時代後半期に発生し武家の礼装となった素襖 (すおう)が、この時代にさらに簡略化されて肩衣袴 (かたぎぬばかま)となり、また庶民には羽織 (はおり)が用いられるようになる。この時代、身分の上下なく等しく一般に用いられたのは小袖 (こそで)であった。木綿の国内生産の発達、南蛮貿易による大量の生糸の輸入、あるいは染色技術の発達と相まって、表着としての小袖の色彩感覚は著しく多様性をおび、帯の装飾性を増加させ、女装では華麗な文様の色鮮やかな打掛 (うちかけ)という小袖が花形であった。織物では西陣織 (にしじんおり)、染物では辻が花染 (つじがはなぞめ)の発達をみた。

 食生活でとくに注目されるのは、従来の蒸してつくる強米 (こわめし)から鍋 (なべ)や釜 (かま)で炊く姫飯 (ひめいい)が普及し、また朝夕2食から3食制への変化もみられるようになった。公家 (くげ)、武士階級の主食は半白米または黒米(玄米)で、町人、農民は、米は特別のときで、麦、粟 (あわ)、稗 (ひえ)を主として食し、また雑菜飯 (ざっさいめし)といって雑穀類に菜を炊き込んだものを常用とした。

 兵農分離は農民と商人、職人をも分離すると同時に、町と農村との地域的分離をももたらし、町に住む武士や町人のうち、町人の住居は『洛中洛外図屏風 (らくちゅうらくがいずびょうぶ)』などにみられるように、ほとんど平屋建ての店舗住宅で、大部分は長屋であり、屋根は押さえ石を置く板葺 (いたぶ)きであったが、貨幣経済の発達に伴い、やがて大きな進展を遂げていくのである。

[橋本政宣]

文化


 長い間の戦国争乱の状態から急速に統一が達成され、また海外発展も著しくなるなかで、上下ともに自由闊達 (かったつ)な気風がみなぎり、新鮮で豪華な文化が生まれた。これまでの文化に多大な影響を与えてきた仏教的な色彩がほとんど影を潜め、これにかわって世俗的色彩が濃くなり、ヨーロッパ文化の影響が初めて現れ、前代と比較しておおらかで明るい躍動的な文化が創造された。建築と絵画はこの時代の文化のもっとも代表的なものであった。

[橋本政宣]

建築と絵画

建築は城郭建築と住宅建築が主として発達した。彫刻は建築の装飾としての発達を遂げ、欄間 (らんま)や破風 (はふ)飾りや木鼻 (きばな)などに花鳥などを透彫 (すかしぼ)り、薄肉彫りにすることが盛んに行われ、建築をより豪華、雄大なものとした。城郭は単に軍事的施設というにとどまらず、封建支配者の富と権威を象徴するものとして、天守閣をもつ壮大な城郭が営まれた。城郭建築のもっとも有名なものに、信長が築いた安土城(1576)、秀吉築城になる大坂城(1583)、聚楽第 (じゅらくだい)(1585)、伏見 (ふしみ)(桃山)城(1594)などがある。これらはいずれも現存しないが、その遺構といわれるものが諸所に残っていて、昔日の盛大なありさまをしのぶことができる。安土城については新たにその指図 (さしず)といわれるものが発見され、その特殊な形態と豪華さが注目されている。また聚楽第の遺構としては西本願寺飛雲閣 (ひうんかく)、大徳寺唐門が知られ、西本願寺白書院・唐門などは伏見城の遺構といわれる。

 住宅建築としては、前代以来の書院造が発達し、武家や公家の邸宅ばかりでなく、のちには豪商や豪農の間にも取り入れられて、日本住宅の基本型となった。また茶道の発達、普及に伴って、豪華な書院造に対して簡素清雅を旨とする数寄屋 (すきや)造が創成された。現存の茶室建築としては妙喜庵 (みょうきあん)の待庵 (たいあん)、西芳 (さいほう)寺の湘南亭 (しょうなんてい)、高台 (こうだい)寺の時雨 (しぐれ)亭などが有名である。そのほか神社建築として、本殿と拝殿とを合の間で結合した権現 (ごんげん)造が出現していることも注目される。仙台の大崎八幡 (はちまん)がその代表的なもので、この様式は江戸時代に東照宮 (とうしょうぐう)建築として普及定着する。

 絵画は建築装飾画である障壁画 (しょうへきが)が中心であり、もっともよく当代美術の特色を示している。この時代の建築が雄大、壮麗なものであったから、これを装飾すべき絵画もおのずから豪壮にして華麗なものとなり、これまでの水墨障壁画のほかに、紙面に金箔 (きんぱく)を張り、その上に濃厚な岩絵の具をもって描く金碧 (きんぺき)障壁画が盛んに行われた。これは濃絵 (だみえ)といわれるもので、当代に突如として興ったものである。狩野永徳 (かのうえいとく)、狩野山楽 (さんらく)、海北友松 (かいほうゆうしょう)のごとき名筆が現れ、大徳寺聚光院 (じゅこういん)、南禅寺、大覚寺、妙心寺天球院、そのほか京都の寺院などに、花鳥や猛禽 (もうきん)などを画題とした多くの作品を遺 (のこ)している。水墨障壁画は前代以来の宋元 (そうげん)画の余韻を伝えてはいるが、しかも当代の新しい風格を保っており、長谷川等伯 (はせがわとうはく)、雲谷等顔 (うんこくとうがん)、曾我直庵 (そがちょくあん)らが活躍した。また、京都のありさまを写実的に描いた洛中洛外図、職人を題材とした職人尽図 (しょくにんづくしず)、西欧人の風俗を描いた南蛮屏風 (なんばんびょうぶ)など、初期風俗画とよばれるものが発達した。

 工芸の分野では蒔絵 (まきえ)、染織などが発達したほか、陶磁器も盛んになった。ことに陶器は二度にわたる朝鮮出兵の帰途に諸将が連れ帰った朝鮮人陶工によって発達が促され、唐津 (からつ)焼などが興った。また茶の湯の普及発達に伴って、京都の楽焼 (らくやき)や美濃 (みの)の志野 (しの)、黄瀬戸 (きせと)、あるいは信楽 (しがらき)焼などが発達した。

[橋本政宣]

茶の湯・芸能

戦国時代以来、大名や豪商に喜ばれた茶の湯は、信長や秀吉がこれを愛好したことによって普及し、堺 (さかい)町人の津田宗及 (そうきゅう)、今井宗久 (そうきゅう)、博多 (はかた)町人の神谷宗湛 (かみやそうたん)ら多くの茶人を輩出した。ことに堺の千利休 (せんのりきゅう)は従来の趣味的な茶の湯を生活芸術としての茶道に高めて佗茶 (わびちゃ)を確立した。能楽もこの時代に一段と普及し、また新しい時代の庶民の楽しみとして浄瑠璃 (じょうるり)と阿国歌舞伎 (おくにかぶき)が発生して迎えられた。阿国の歌舞伎踊りは舞踊に劇的要素を取り入れ、新しい楽器である三味線 (しゃみせん)を伴奏としたところに新味があり、江戸歌舞伎の源流となった。

[橋本政宣]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
安土桃山時代の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 1161
検索コンテンツ
1. あずちももやま‐じだい[あづちももやま‥]【安土桃山時代】
日本国語大辞典
織田信長、ついで豊臣秀吉が戦国時代を終わらせ、天下を統一した時代。ふつう、天正元年(一五七三)信長が最後の足利将軍義昭を追放してから、慶長五年(一六〇〇)徳川家
2. あずちももやまじだい【安土桃山時代】
国史大辞典
安土桃山時代とは、安土時代と桃山時代、すなわち織田信長と豊臣秀吉とが、それぞれ政権を掌握した時代を総称する時代名称であって、また織豊時代などとも呼ばれる。安土
3. あずちももやまじだい【安土桃山時代】 : 飛脚
国史大辞典
安土桃山時代〕 天正十八年(一五九〇)の小田原征伐で事実上の政治的統一ができ、豊臣秀吉の関係者は各分国通過が可能になった。文禄三年(一五九四)に京都―清須間
4. あずちももやまじだい【安土桃山時代】 : 朝幕関係
国史大辞典
安土桃山時代〕 織田信長にとって朝廷との最初の大きな関係は、永禄十年(一五六七)十一月九日付の正親町天皇綸旨を受けたことであろう。その綸旨で天皇は、信長に対
5. 安土桃山時代
日本大百科全書
ここでは1603年(慶長8)2月の江戸幕府開設を目安とする説に従う。わずかに30年余りの時代でありながら、安土桃山時代は、封建社会の発展にとってきわめて重要な時
6. 安土桃山時代
世界大百科事典
時代区分のうえでは江戸時代と合わせて近世(幕藩体制)にあたり,封建社会が成立・展開する時期である。 安土桃山時代の評価は,先行する中世(鎌倉・室町時代)を封建社
7. むろまちばくふしょくほうせいけんきのてんのう【室町幕府・織豊政権期の天皇】 : 天皇
国史大辞典
〔室町幕府・織豊政権期の天皇〕 室町幕府の三代将軍足利義満は、公武二元体制を止揚し、公家の権能をほとんど幕府の手に収めるとともに、十五世紀初頭に国交を結んだ明
8. 安土桃山時代(年表)
日本大百科全書
政治1568(永禄11)2月織田信長、北伊勢を攻略。9月信長、足利義昭を奉じて入京、義昭、将軍となる1569(永禄12)5月今川氏真、掛川城を徳川家康に譲る。閏
9. 安土桃山時代美術画像
世界大百科事典
政治史上の桃山時代は約30年間,文化史では少し間をとって1615年(元和1)を下限とする。いずれにせよ,半世紀に満たない期間であるが,造形美術の分野の活動は活発
10. あおいのうえ【葵上】
国史大辞典
ている。この曲目は室町時代には演ぜられることは多くなかったが、安土桃山時代になると最も愛好されるようになった。ちなみに安土桃山時代に活躍した下間少進の演能記録で
11. あおかたもんじょ【青方文書】
国史大辞典
文書内容は建久七年(一一九六)前右大将家政所下文案を最古とし、鎌倉・南北朝時代の文書を中心とし、安土桃山時代に至るまでの約四百通を含み、鎌倉時代の文書では所領・
12. あかしぐん【明石郡】
国史大辞典
院家領)・玉造保(伏見宮家領)・明石津(長講堂領)・魚住荘(住吉社領)などが知られている。安土桃山時代には枝吉城(明石氏)・船上城(高山右近)があったが、元和三
13. あかしもととも【明石元知】
国史大辞典
生没年不詳 安土桃山時代の武将。左近。与四郎。則実・実則とも称す。播磨明石の出身。仙恵の子。黒田孝高の従弟で、天正八年(一五八〇)孝高を通じて豊臣秀吉に属した
14. あきづきたねざね【秋月種実】画像
国史大辞典
一五四五―九六 戦国・安土桃山時代の武将。幼名黒帽子、のち筑前守と称す。天文十四年(一五四五)に生まれ、父文種が弘治三年(一五五七)大友義鎮に滅ぼされた後、毛
15. 秋野文琳[イミダス編 文化・スポーツ]
イミダス 2018
安土桃山時代(1573~98年)から茶道具の名器と挙げられながら、その後、世に出ることがなく「幻の名品」とされていた、陶器の茶入(ちゃいれ)。2007年に、徳
16. 芥川賞/直木賞(2012年度)[文芸]
イミダス 2018
若い世代の就活などのテーマを扱い、若者世代の共感を呼ぶと評価された。「等伯」は、「松林図屏風」を描いた安土桃山時代の絵師、長谷川等伯を主人公とした時代小説。なお
17. あけち‐ひでみつ【明智秀満】
日本国語大辞典
安土桃山時代の武将。光秀の従弟。丹波福知山城主。左馬助光春(みつはる)の名でも俗称される。天正一〇年(一五八二)、光秀の先鋒として本能寺を襲ったが、半月後、堀秀
18. あけちひでみつ【明智秀満】
国史大辞典
?―一五八二 安土桃山時代の武将。明智光秀の女婿。出自は不詳。左馬助光春などの名で世に流布するが俗伝である。はじめ三宅弥平次と称したのは確かで、のち明智の名字
19. 明智光秀
世界大百科事典
1528?-82(享禄1?-天正10) 安土桃山時代の武将。明智氏は美濃土岐の一族だが,光秀は初め越前の朝倉義景に仕え,そして足利義昭が朝倉氏のもとに流寓したと
20. あけち‐みつひで【明智光秀】
日本国語大辞典
安土桃山時代の武将。日向守。通称十兵衛。のち惟任(これとう)と改名。織田信長に仕え、戦功により近江坂本城主となる。天正一〇年(一五八二)信長を本能寺に襲い自害さ
21. あけちみつひで【明智光秀】画像
国史大辞典
?―一五八二 安土桃山時代の武将。明智氏は美濃の名門土岐氏の庶流とされているが、光秀の出自や素性は詳らかでない。通称十兵衛。越前で朝倉義景に仕えたらしいが、永
22. あけちみつひで【明智光秀】
日本架空伝承人名事典
安土桃山時代の武将。明智氏は美濃土岐の一族だが、光秀は初め越前の朝倉義景に仕え、そして足利義昭が朝倉氏のもとに流寓したとき出仕し、ついで織田信長の家臣となり義昭
23. 朝井リョウ/安部龍太郎[「何者」と「等伯」でそれぞれ第148回直木賞を受賞]
イミダス 2018
翔ける」で中山義秀文学賞を受賞。受賞作の「等伯」は、11年1月から日本経済新聞の朝刊に連載された作品。安土桃山時代を代表する絵師長谷川等伯が、戦乱の世で数々の名
24. 浅野長政
世界大百科事典
1547-1611(天文16-慶長16) 安土桃山時代の武将。初名長吉。弾正少弼。初め安井氏。浅野長勝の養子となり織田信長に仕えて羽柴(豊臣)秀吉に付属され,秀
25. あさの‐ながまさ【浅野長政】
日本国語大辞典
安土桃山時代の大名。近江の人。甲斐国領主。豊臣家五奉行の一人。初名長吉。文祿の役に軍監として渡海。関ケ原の戦いでは徳川方に加勢した。法名伝正院功山道中。天文一六
26. あさのながまさ【浅野長政】画像
国史大辞典
一五四七―一六一一 安土桃山時代の武将。大名。初名長吉(長政と改名したのは慶長三年八月から同四年閏三月の間と推定される)。弥兵衛尉・弾正少弼。天文十六年(一五
27. 旭(市)画像
日本大百科全書
海上かいじょう郡海上町うなかみまち、飯岡町いいおかまちを合併。旭将軍木曽義仲きそよしなかの子孫で安土桃山時代にこの地を領有した木曽氏にちなんで地名がつけられた。
28. 朝日姫
世界大百科事典
1543-90(天文12-天正18) 安土桃山時代の女性。豊臣秀吉の異父妹で,竹阿弥を父として生まれ,佐治日向守に嫁したと伝えられる。小牧・長久手の戦の講和成立
29. あさひものがたり【朝日物語】
国史大辞典
談を書き留めた聞書。『祖父物語』ともいう。一巻。慶長五年(一六〇〇)から十二年の間に成立。安土桃山時代の英雄織田信長・豊臣秀吉らの事蹟が、一土民の目を通して語ら
30. あしなもりたか【蘆名盛隆】画像
国史大辞典
一五六一―八四 安土桃山時代の武将。陸奥国会津黒川城主。左京亮・三浦介、通称は平四郎という。須賀川城主二階堂盛義の子。母は蘆名盛氏の妹と伝えるが(『葦名系譜』
31. 排蘆小船(近世随想集) 322ページ
日本古典文学全集
戦国時代。応仁の乱以降の一世紀、有力大名が全国に群雄割拠してたがいに覇権を争った時代。ここは安土桃山時代にかけていう。織田信長。戦国時代の武将。天正十年没、四九
32. あずちのしゅうろん【安土宗論】
国史大辞典
安土桃山時代に近江の蒲生郡安土村慈恩寺にある浄土宗鎮西義の浄厳院で行われた浄土宗と日蓮宗の法論。安土問答・安土法論ともいう。天正七年(一五七九)五月の中旬に鎮
33. あなざわ‐りゅう[あなざはリウ]【穴沢流】
日本国語大辞典
〔名〕薙刀(なぎなた)術、棒術の流派。安土桃山時代から江戸初期にかけての薙刀の達人穴沢主殿助(とのものすけ)盛秀が開く。アナザワリュー
34. あなみむら【穴見村】島根県:飯石郡/掛合町
日本歴史地名大系
祀る穴見神社はもと須佐神社の末社であった。穴見村民は須佐神社の氏子であったが、須佐神社から離れたのは安土桃山時代の頃と思われる。慶長四年(一五九九)本間憲信の創
35. あねがこうじよりつな【姉小路自綱】
国史大辞典
一五四〇―八七 戦国・安土桃山時代の武将。初名を光頼といい、史料によっては頼綱としている。左京大夫、大和守、入道して久安と号す。妻は斎藤道三の娘。永禄三年(一
36. あぶみがわら【鐙瓦】
国史大辞典
巴文・剣菱文のほかに瓦当面に文字(多くは寺院名)を取り入れたものが流行し、これが室町時代へと移行したが、安土桃山時代にはこれに加えて菊や桐の家紋が用いられ、一部
37. あぶらやじょうゆう【油屋常祐】
国史大辞典
?―一五七九 室町・安土桃山時代の堺商人。茶人。伊達氏。浄祐とも。堺の富商油屋常(浄)言の子。堺の妙国寺の開山日〓の兄にあたる
38. あまがさきぐんだい【尼崎郡代】
国史大辞典
近世初頭、尼崎地方の幕府領を支配した建部(たけべ)氏をいう。建部寿徳は織田信長に仕え、安土桃山時代、天正十二年(一五八四)ごろ、尼崎(兵庫県尼崎市)の郡代とな
39. あまがわじんじゃ【天川神社】香川県:仲多度郡/琴南町/造田村
日本歴史地名大系
繁茂し、阿讃山地の山麓の自然態を代表する残存植物として国の天然記念物に指定されている。また安土桃山時代の作と思われる神楽面三面、合葉快堂の「畑恒信忠犬の図」一幅
40. あまくさたねもと【天草種元】
国史大辞典
?―一五八九 安土桃山時代の武将。肥後国天草本渡城主、伊豆守。天草氏は筑前原田氏(大蔵氏)より出るといい、栖本・上津浦・大矢野の三氏も同族。義兄の鎮種(ミゲル
41. あまこかつひさ【尼子勝久】画像
国史大辞典
一五五三―七八 安土桃山時代の武将。天文二十三年(一五五四)父誠久・祖父国久らが尼子晴久に殺されたとき、逃れてのち京都に上り、東福寺の僧となった。永禄九年(一
42. あらきだ‐れい【荒木田麗】
日本国語大辞典
のちに麗と改め、以後麗女または麗子と称す。字は子奇。紫山、清渚と号す。伊勢大神宮の祠官の娘。南北朝から安土桃山時代までのできごとを雅文でつづった「池の藻屑」、平
43. 荒木村重
世界大百科事典
?-1586(天正14) 安土桃山時代の武将,茶人。摂津池田勝正に属したが,のち織田信長と結んだ。1573年(天正1)足利義昭京都追放後,有岡城(旧伊丹城)にて
44. あらき‐むらしげ【荒木村重】
日本国語大辞典
安土桃山時代の武将、茶人。摂津伊丹城主。織田信長に仕えたがそむいて敗れる。のち出家して茶道に専念し、豊臣秀吉の保護をうけた。号、筆庵道薫。天正一四年(一五八六)
45. あらきむらしげ【荒木村重】
国史大辞典
一五三五―八六 安土桃山時代の武将。荒木氏は丹波多紀郡の波多野氏の一族というが詳らかでない。はじめ弥介という。父は高村あるいは義村ともいい摂津豊島郡の池田勝正
46. 有馬晴信
日本大百科全書
安土桃山時代のキリシタン大名。肥前国(長崎県)高来たかく郡日野江ひのえ城(原はら城)主。有馬義貞よしさだ(1521―1576)の次男。初名を鎮純しげずみ、のち鎮
47. ありまはるのぶ【有馬晴信】画像
国史大辞典
一五六七―一六一二 安土桃山時代の武将。肥前国有馬領主。義貞の次男として有馬で誕生。母は安富越中守入道得円の女。童名十郎、従五位下修理大夫に任ぜらる。大友義鎮
48. ありまよしさだ【有馬義貞】
国史大辞典
一五二一―七六 安土桃山時代の武将。肥前国有馬領主。晴純(仙岩)の長子。母は大村純伊の女。はじめ晴直と称したが将軍足利義晴の諱字を賜わり、義直、ついで義貞と改
49. アルメイダ【Luis de Almeida】
国史大辞典
?―一五八三 戦国・安土桃山時代に日本で活躍したポルトガルのイエズス会宣教医。一五二五年ごろリスボンに生まれる。四八年学業を終え、外科施術の免状をも得たといわ
50. 安国寺恵瓊
世界大百科事典
1538?-1600(天文7?-慶長5) 安土桃山時代の僧,政治家。瑶甫恵瓊。安芸守護武田氏の出身。安芸安国寺で出家し,のち東福寺の竺雲恵心に師事,1569年(
「安土桃山時代」の情報だけではなく、「安土桃山時代」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

安土桃山時代と同じ日本史の時代カテゴリの記事
平安時代(国史大辞典・世界大百科事典)
八世紀末から十二世紀末まで、ほぼ四百年間の長い時期を平安時代と呼ぶのは、延暦十三年(七九四)の桓武天皇の詔によって、新都が「平安京」と命名されたことに基づく。したがって時代の開始はおのずからこの年となるべきであるが、奈良時代との接続を考慮して延暦三年
鎌倉時代(国史大辞典・世界大百科事典)
〔時代概念〕幕府が相模国鎌倉に置かれた時代。終期が元弘三年(一三三三)の鎌倉幕府滅亡である点に異論はないが、始期については諸説があり、文治元年(一一八五)の守護・地頭設置に求める説が有力である。明治初期までは、皇代中心の編年的歴史叙述が優勢であったが
南北朝時代(世界大百科事典)
14世紀の半ばから末まで50余年間の南北朝内乱の時代をいう。鎌倉時代と室町時代の中間にあたるが,広義の室町時代に含まれる。通常,1336年(延元1・建武3)足利尊氏が北朝の光明天皇を擁立し,それについで後醍醐天皇が吉野に移り南朝を開いた時期を
室町時代(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
政治権力の所在による時代区分の一つ。足利時代とも称される。広義には鎌倉時代と安土桃山時代の中間に位置する足利将軍の存続期を指すが、狭義にはその時代の前期を南北朝時代、後期を戦国時代としてその両時代に挾まれた一時期を対象とし、時にはその片方を含めて
安土桃山時代(世界大百科事典・日本大百科全書)
織田信長が室町幕府15代将軍足利義昭を擁して入京した1568年(永禄11)から,関ヶ原の戦によって徳川家康の覇権が確立した1600年(慶長5)までの約30年間を指し,織田・豊臣時代(織豊政権)ともいう。時代区分のうえでは江戸時代と合わせて近世
日本史の時代と同じカテゴリの記事をもっと見る


「安土桃山時代」は日本の歴史に関連のある記事です。
その他の日本の歴史に関連する記事
桜田門外の変(国史大辞典・世界大百科事典・日本大百科全書)
万延元年(一八六〇)三月三日水戸・薩摩の十八士が江戸城桜田門外で大老井伊直弼を暗殺した事件。直弼は安政五年(一八五八)六月勅許を得ずに日米修好通商条約の調印を断行し、違勅問責のために押懸登城した水戸老侯徳川斉昭らの三家の諸侯を処罰したばかりでなく
安政の大獄(国史大辞典・世界大百科事典・日本大百科全書)
安政五戊午年(一八五八)から翌年にかけて、大老井伊直弼が将軍継嗣・条約調印の二問題に反対した尊攘派に下した弾圧。戊午の大獄ともいう。十三代将軍徳川家定は凡庸なうえに継嗣がなかったので、早く継嗣を定めて将軍を補佐させ、幕府の基礎を強固にしようとする論が
墾田永年私財法(国史大辞典・世界大百科事典・日本大百科全書)
古代の法令。墾田永世私財法・永世私財法・永世私有令などとも呼ばれる。天平十五年(七四三)五月二十七日に「勅」として出された。この勅は、(一)墾田を私財として永年収公しないことを宣言した部分、(二)品位階により墾田地の面積に制限を付し、郡司については
長屋王の変(国史大辞典・世界大百科事典・日本大百科全書)
奈良時代の藤原氏による皇親大官排斥事件。聖武天皇は神亀元年(七二四)二月即位し、長屋王を正二位左大臣に任じ、勅して夫人藤原宮子に大夫人の尊称をたてまつった。三月長屋王は宮子の尊称について意見を奏した。すなわち、『公式令』に皇太夫人(天皇の母で夫人の
出羽国(日本歴史地名大系・国史大辞典・世界大百科事典)
出羽の名は「続日本紀」和銅元年(七〇八)九月二八日条に「越後国言、新建出羽郡、許之」とみえるのが初見で、越後国の申請を受けて新たに越後国の北部に出羽郡を置いたと記す。同二年七月一日条には「令諸国運送兵器於出羽柵、為征蝦狄也」とあり、軍事基地として
日本の歴史に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る