ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. 伝統芸能
  8. >
  9. 祭事・行事
  10. >
  11. 十三参り

ジャパンナレッジで閲覧できる『十三参り』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

世界大百科事典・日本大百科全書

改訂新版 世界大百科事典
十三参り
じゅうさんまいり

13歳の祝いの行事の一つ。京都市法輪寺,茨城県東海村虚空蔵堂,福島県柳津(やないづ)町円蔵寺など,おもに近畿,東北地方南部の虚空蔵菩薩に13歳になった男女が縁日である旧暦3月13日を中心に厄落し,開運,知恵授けのために詣でる行事。13歳は干支の2順目にあたり,とくに女子では初潮とも関連して最初の厄年になっている地方も多い。かつては十三鉄漿(がね)といい,この歳にお歯黒をつける風もあった。十三参りには初めて本裁の着物を着るように,もとは地域の成人儀礼だったものが,知恵増進,開運,13に関係深い虚空蔵信仰に結びつき寺の行事となったと考えられる。京都方面では十三参りは西陣織などの地場産業が興隆する過程で成立したと考えられ,一方山形県の米沢地方などでは飯豊(いいで)山や出羽三山への成人登拝習俗の衰微段階で寺院行事に結びついていくなど,同じ十三参りでも京都などの先進地域と東北などの農村では成立,内容に差異がみられる。
[佐野 賢治]

[索引語]
虚空蔵 十三鉄漿


日本大百科全書(ニッポニカ)
十三参り
じゅうさんまいり

京都市西京 (にしきょう)区法輪寺の本尊虚空蔵菩薩 (こくうぞうぼさつ)に、陰暦3月13日(現行3月~5月)に、13歳になった男女が両親に連れられてお参りする行事。虚空蔵は知恵や福運を授けるという信仰がある。境内では13品の菓子を売っている。この風習は1773年(安永2)から始まったという。他地方でも虚空蔵を祀 (まつ)っている所ではこの風習がみられる。福島県河沼郡柳津 (やないづ)町、円蔵寺の虚空蔵菩薩に、13歳になった子女がかなり遠方からも開運出世を祈ってお参りする。本来13歳は厄年で、香川県小豆島 (しょうどしま)のごとく厄逃れのための十三参りをする土地もある。

[大藤時彦]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
十三参りの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 18
検索コンテンツ
1. 十三参り
日本大百科全書
運出世を祈ってお参りする。本来13歳は厄年で、香川県小豆島しょうどしまのごとく厄逃れのための十三参りをする土地もある。大藤時彦
2. 十三参り
世界大百科事典
つける風もあった。十三参りには初めて本裁の着物を着るように,もとは地域の成人儀礼だったものが,知恵増進,開運,13に関係深い虚空蔵信仰に結びつき寺の行事となった
3. じゅうさん‐まいり[ジフサンまゐり]【十三参】
日本国語大辞典
授からむと春風麗日に乗し争ひ此に参詣すこれを十三参りといひ衣香扇影途上に絡鐸として繁華いはん方なし」*妻木〔1904~06〕〈松瀬青々〉春「はじめての嵯峨に十三
4. 朝熊山
世界大百科事典
葬の翌日から一周忌の間に参るもの,盆に参るものとに大別できる。このうち初参り(1月13日)は十三参りとも呼ばれて成人儀礼と結びつき,金剛証寺の虚空蔵信仰に由来す
5. えんぞうじ【円蔵寺】福島県:河沼郡/柳津町/柳津村
日本歴史地名大系
古河古松軒は「円蔵寺という禅院あり、土間四面の堂、荘厳巍然として能き寺なり」と記している(東遊雑記)。十三参りの参詣が著名で、初厄の一三歳の時に参拝すると霊験が
6. 縁日
世界大百科事典
8日が縁日,初不動は参詣者が多い。虚空蔵は,毎月13日が縁日で,4月13日(旧3月13日)を十三参りと称し,13歳の女子の参詣が多い。これは民俗的な成女式と結び
7. 虚空蔵画像
世界大百科事典
空蔵堂,福島県柳津町虚空蔵堂などの虚空蔵関係寺堂では智恵授けとして,成女戒,成人戒に由来する十三参りの行事が行われている。漆工職人のあいだではこの菩薩をまつる虚
8. 虚空蔵菩薩
日本大百科全書
京都嵯峨さがの法輪寺は嵯峨虚空蔵と称して親しまれており、毎年4月13日には子供に智恵が授けられるという十三参りでにぎわう。茨城県東海村の村松むらまつ虚空蔵堂、福
9. こくうぞうぼさつ【虚空蔵菩薩】
日本人名大辞典
さまざまな姿をとり,日本には奈良時代につたわる。密教の修法のひとつ求聞持法(ぐもんじほう)の本尊,また十三参りなどの対象となる。
10. こくぞうじま【虚空蔵島】宮崎県:南那珂郡/南郷町/中村
日本歴史地名大系
虚空蔵堂の脇として弁才天と普賢菩薩が安置され、虚空蔵座主の屋敷は目井津にあった。かつては子女の十三参りも行われたという虚空蔵縁日祭は、旧暦の六月一二日・一三日に
11. 数(すう 数学)
世界大百科事典
用いられるほか,山の神を十二様とか十二山の神とよぶ地方もある。13は日本では十三仏,十三塚,十三参りなど信仰上の重要な数であり,十三(じゆうそう)という地名も各
12. 栃木(県)画像
日本大百科全書
流域の大部分では茨城県東海村、那須郡北東部では福島県柳津やないづ町の虚空蔵菩薩こくうぞうぼさつに十三参りに行った。 県内の通勤・通学による人口の日々移動は、北部
13. 兵庫(県)画像
日本大百科全書
民俗文化財)、2月の長田ながた神社(神戸市)の追儺ついな、3月の長福ちょうふく寺(神戸市)の十三参り、4月は柿本かきのもと神社(明石市)の勧学祭、5月の神戸まつ
14. 法輪寺
世界大百科事典
歳の男女が虚空蔵から知恵を授かるため参詣する〈十三参り〉が,江戸中期から京都の庶民社会に定着し,今日に続いている。藤井 学 嵯峨虚空蔵 十三参り
15. 法輪寺(京都市)
日本大百科全書
本尊の虚空蔵菩薩は日本三大虚空蔵の一つ。13日は虚空蔵菩薩の縁日であるが、3月13~5月13日の十三参りには、京洛きょうらくの13歳になった男女が盛装して虚空蔵
16. 【総論】茨城県
日本歴史地名大系
莢の実などの小片につなぐ習俗となる。子供の厄年の儀礼では那珂郡東海村村松の虚空蔵堂への十三参りがあり、縁日の旧暦三月一三日(現在は新暦四月)を中心に参拝する。近
「十三参り」の情報だけではなく、「十三参り」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

十三参りと同じ祭事・行事カテゴリの記事
田楽(国史大辞典・新版 能 狂言事典・改訂新版 世界大百科事典)
広義には稲作に関する芸能の総称として用いるが、狭義には田楽躍(おどり)を本芸とする職業芸能者が演じる芸能をいう。また田植の囃しや田楽躍に用いる太鼓を称する場合もある。広義の田楽は、(1)田植を囃す楽、(2)職業芸能者である田楽法師による芸能
民俗芸能(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
地域社会の中で、住民の信仰や風俗・習慣と結び付きながら伝承してきた郷土色ゆたかな芸能。郷土芸能・民間芸能などともいう。祭や宴遊・講などを主な伝承の場とし、特に農耕の祭に呪術的機能を買われて演じられ、また芸能をもって成人教育とするなど
大日堂舞楽(改訂新版 世界大百科事典・日本大百科全書)
民俗芸能。秋田県鹿角市八幡平字小豆沢(あずきざわ)の大日堂(大日孁貴(おおひるめむち)神社)で,1月2日に行われる祭事芸能。小豆沢,大里,谷内,長嶺の4集落の能衆によって舞われる。能衆は世襲で,それぞれの集落に所伝の舞がある
壬生の花田植/佐陀神能(イミダス)
「壬生(みぶ)の花田植(はなたうえ、はなだうえ)」は広島県北広島町に伝わる稲作儀礼で、一説に鎌倉時代の発祥とも言われる。華やかに飾り立てた牛に代掻(しろか)きをさせた田で、紺の単衣(ひとえ)に菅笠(すげがさ)姿の早乙女たちが太鼓や笛、鉦(かね)などに合わせて
精霊流し(国史大辞典・日本大百科全書)
盆行事の最終段階で、精霊を送り出す儀礼。先祖の霊は、七月十三日の精霊迎えを経て、十五日または十六日夕方まで各家に滞在したのち、精霊流しによって、再びあの世へ送り返されると信じられていた。祖霊をはじめ、死者の霊は山の彼方の世界に行っているが
祭事・行事と同じカテゴリの記事をもっと見る


「十三参り」は祭・祭事・イベントに関連のある記事です。
その他の祭・祭事・イベントに関連する記事
十三参り(世界大百科事典・日本大百科全書)
13歳の祝いの行事の一つ。京都市法輪寺,茨城県東海村虚空蔵堂,福島県柳津(やないづ)町円蔵寺など,おもに近畿,東北地方南部の虚空蔵菩薩に13歳になった男女が縁日である旧暦3月13日を中心に厄落し,開運,知恵授けのために詣でる行事。13歳は干支の2順目
御水取(日本大百科全書・日本国語大辞典・平成ニッポン生活便利帳)
3月12日(旧暦2月12日)、奈良市東大寺二月堂の行事。3月1日から二七日 (にしちにち)(14日間)行われる修二会 (しゅにえ)(修二月会)のなかの一行法をいうが、俗には修二会全体の総称としても用いられている。 二月堂修二会は、十一面観音に罪や
バレンタイン・デー(世界大百科事典)
キリスト教の聖人ウァレンティヌスValentinus(バレンタインはその英語読み)の祝日。2月14日。いずれも3世紀後半に殉教した同名の聖人(祝日も同じ)が2人おり,さらに事跡不詳の別の修道士もいたとされ,どの人物に由来するかは不明である
雑煮(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
魚貝、野菜など数種の材料を煮合わせた汁に餅(もち)を加えた羹(あつもの)。雑煮餅ともいう。主として正月三が日の祝い膳(ぜん)に用いる。雑煮とはごった煮の意であるが、古く上方(かみがた)では五臓を保養するものとして保臓(ほうぞう)とよんだ。四条流園部
正月(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
1年の最初の月。また新年を祝う諸行事や、行事の行われる期間だけをいう。あるいは比喩(ひゆ)的な表現として、「盆と正月が一度にきたようだ」などというのは、大きな喜び事や晴れがましさを示すものであり、「雨降り正月」は正月を休み日の意味に受け止め
祭・祭事・イベントに関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る