ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. 生物
  8. >
  9. 魚・貝・海の生き物
  10. >

ジャパンナレッジで閲覧できる『鱚』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

世界大百科事典

世界大百科事典

キス
Sillago japonica

スズキ目キス科の海産魚。別名シロギス。北海道の一部を除く日本のほぼ全沿岸,朝鮮半島,中国,台湾,フィリピンなどに分布している。さらに以南の太平洋,インド洋にも分布しているともいわれるが,分類学上の混乱もあり明らかではない。日本の沿岸にふつうに見られ,釣魚としてたいへん人気があるが,地方名はわりあい少ない。関東各地でキス,シロギス,さらに東京都でマギスとも呼ぶ。関西,瀬戸内海,四国,九州の各地でキスゴと呼ばれる。徳島県ではアカまたはアカギスと呼ばれるが,これはアオギスと区別するためであるといわれる。全長35cmに達する。体は円筒形で,体側や各ひれになんらかの斑紋や黒点がない。湾内から外洋に面したところまでの砂泥地に広くすんでいるが,まったくの砂泥地には少なく,岩礁から砂泥地に移行するあたりに多い。ふつうは海底近くをゆっくりと泳いでおり,海底に接して静止していることはない。その遊泳層は海底から15cmくらいまでの範囲であり,海底から30cm以上離れることはほとんどない。隠れ場所の少ないところにすむため,視覚と聴覚が優れており,警戒心が強い。また,ときに砂泥中に潜って危険を避ける習性があるといわれる。夏は岸辺の浅いところまでくるが,冬になると50~60mのやや深いところに移る。肉食性で底生性の小動物を食べている。おもに未成魚ではヨコエビやワレカラなどの小型の甲殻類やゴカイ類を,成魚ではゴカイ類やエビ類を食べる。ほかに二枚貝類,イカ類,クモヒトデ類,魚類なども食べる。

 産卵期は地域により差があるが,5~10月で,おもに夏である。産卵は1産卵期に何回にも分けて行われる。卵は直径0.6~0.7mmの無色透明の球形浮性卵で,水温25℃前後で約20時間で孵化(ふか)する。孵化後しばらくは浮遊生活を送り,動物プランクトンを食べて成長する。成長は遅く,瀬戸内海では生後1年で体長約10cm,2年で13.5cm,3年で16cm,4年で17.5cmである。本種は沿岸漁業の対象として重要で,釣り,底流し網,巻刺網,吾智(ごち)網,底引網などにより漁獲される。美味で,刺身,塩焼き,てんぷら,フライ,吸物などにする。夏季に美味。なお日本産キス類には,本種のほか,アオギス(別名ヤギス)S.parvisquamisとホシギスS.maculataの2種が知られている。
[望月 賢二]

[索引語]
Sillago japonica シロギス キスゴ アカ アカギス Sillago parvisquamis ホシギス Sillago maculata
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
鱚の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 155
検索コンテンツ
1. キス(鱚)
日本大百科全書
硬骨魚綱スズキ目キス科のシロギスの異名。近縁の青みが強いアオギス(標準和名はヤギス)に対してシロギスと名づけられた。しかし体色は名のように白色ではなく、背側が淡
2. きす【鱚】
日本国語大辞典
キス」*俳諧・鶉衣〔1727~79〕前・下・四五・百魚譜「(キス)・さよりはをさなき心地ぞする」*松籟〔1940〕〈富安風生〉「一片の蓼の葉あをしにそへ」
3. 鱚
新選漢和辞典Web版
〈きす〉暖地にすむ、細い筒形の沿海魚。食用。
4. 鱚(きす)
古事類苑
産業部 洋巻 第1巻 361ページ
5. きす【鱚】[標準語索引]
日本方言大辞典
あめ の魚 / かわびし / きすご / ぐち / ぐちかちか / しらぎす / しろぎす / どーほ / どーほー
6. キス画像
世界大百科事典
スズキ目キス科の海産魚。別名シロギス。北海道の一部を除く日本のほぼ全沿岸,朝鮮半島,中国,台湾,フィリピンなどに分布している。さらに以南の太平洋,インド洋にも分
7. きす‐かれい[‥かれひ]【鱚鰈】
日本国語大辞典
〔名〕(形動)キスやカレイなどの白身の魚。転じて、上流の生まれ育ちであること。また、そのさま。*別れ霜〔1892〕〈樋口一葉〉一「薄醤油のきす鰈(カレヒ)に育ち
8. きす‐ご【鱚子】
日本国語大辞典
〔名〕魚「しろぎす(白)」の異名。《季・夏》*日葡辞書〔1603~04〕「Qisugo (キスゴ)〈訳〉魚の名」*料理物語〔1643〕一「きすご 汁。なます。
9. きす‐つり【鱚釣】
日本国語大辞典
〕動植門「きす釣に四種あり。脚立釣。流し釣。立込。べか釣とす」*凍港〔1932〕〈山口誓子〉「(キス)釣りや青垣なせる陸(くが)の山」
10. きす‐ばり【鱚針】
日本国語大辞典
「どうきゃうの跡はきす針下げたよふ」*自然と人生〔1900〕〈徳富蘆花〉湘南雑筆・鰺釣り「鈎は鈎(キスバリ)位のもの。餌(え)は多く白子、または鰺其のものを細
11. きすご【鱚子】[方言]
日本方言大辞典
(1)魚きす()。 関西※020物類称呼(越谷吾山)1775 大阪府015日本産魚類方言集(兵庫県水産試験場)1941016実用魚介方言図説(田中茂穂)194
12. 六月(ろくがつ)の鱚(きす)は絵(え)に描(か)いたのでも食(く)え
故事俗信ことわざ大辞典
陰暦六月にはの味が最高によくなる。
13. あお‐ぎす[あを‥]【青鱚】
日本国語大辞典
〔名〕キス科の海魚。普通のキス(シロギス)より大きく、全長約四〇センチメートルに達し、背部は淡青色、腹部は白色。水のきれいな河口干潟に生息し、幼魚は川をさかのぼ
14. アカトラギス
日本大百科全書
硬骨魚綱スズキ目トラギス科に属する海水魚。千葉県以南の太平洋岸、済州島さいしゅうとう(韓国)、東シナ海、台湾、南シナ海まで分布する。体はやや延長し円筒状である。
15. あわせ‐ぎす[あはせ‥]【合鱚】
日本国語大辞典
〔名〕合わせ焼きにしたキス。キスを開き、または三枚におろして骨を取り、二枚の肉に卵白を塗り、それを合わせて焼いたもの。*語彙〔1871~84〕「あはせぎす
16. うみ‐ぎす【海鱚】
日本国語大辞典
〔名〕魚「きす()」の異名。《季・夏》ウミ〓
17. オキトラギス
日本大百科全書
硬骨魚綱スズキ目トラギス科に属する海水魚。茨城県以南の太平洋沿岸と新潟県以南の日本海沿岸、朝鮮半島南岸、東シナ海、台湾まで分布する。体は円筒状。目は大きくて斜め
18. おち‐ぎす【落鱚】
日本国語大辞典
〔名〕秋から冬にかけて、水温の高い海の深みの方へ移動するキス。《季・冬》オチ〓
19. カゴシマニギス
日本大百科全書
硬骨魚綱ニギス目ニギス科に属する海水魚。房総ぼうそう半島以南の太平洋、兵庫県以南の日本海、東シナ海に分布するが、日向灘ひゅうがなだ、薩南海域に多い。体は円筒形で
20. かま‐きすご【鎌鱚子】
日本国語大辞典
〔名〕魚「かまつか(鎌柄)」の異名。*物類称呼〔1775〕一「〓魚〈略〉京にて、かまづか 鴨川にては、かまきすご又かなくじりと云、
21. クラカケトラギス
日本大百科全書
硬骨魚綱スズキ目トラギス科に属する海水魚。岩手県以南の太平洋岸と青森県以南の日本海岸、朝鮮半島南岸、東シナ海、ジャワ島南部まで分布する。一般にオキハゼ、トラハゼ
22. クロソコギス
日本大百科全書
硬骨魚綱ソコギス目ソコギス科に属する海水魚。熱帯域を除く、世界の海域に広く分布する。日本では青森県から房総半島までの太平洋沖からとれている。体は細長く、やや側扁
23. クロボウズギス
日本大百科全書
硬骨魚綱スズキ目クロボウズギス科に属する海水魚。相模灘さがみなだ、沖縄舟状海盆しゅうじょうかいぼん、天皇海山列、ニュージーランドなどの太平洋、およびジャワ島など
24. シロギス画像
日本大百科全書
硬骨魚綱スズキ目キス科に属する海水魚。単にキスともよばれる。北海道以南の日本各地、西太平洋からインド洋にかけて広く分布し、内湾や沿岸の砂泥底に生息する。体は延長
25. しろ‐ぎす【白鱚】
日本国語大辞典
〔名〕キス科の海産魚。全長三六センチメートルに達するが、普通は二五センチメートルくらいまで。体は細長い円筒形。体色は淡黄色または淡青褐色。内湾から外洋に面した沿
26. ソコギス
日本大百科全書
硬骨魚綱ソコギス目ソコギス科に属する海水魚。北太平洋、ベーリング海、ニュージーランド沖に分布する。体は細長く、とくに尾部は細い。吻ふんが突出し、口は小さくて腹面
27. とらきす‐ご【虎鱚子】
日本国語大辞典
〔名〕「とらぎす(虎)」に同じ。*大和本草〔1709〕一三「きすご〈略〉虎きすご関東にあり」トラキス
28. トラギス画像
日本大百科全書
硬骨魚綱スズキ目トラギス科魚類の総称、またはそのなかの一種。この科の魚は、世界中の温帯から熱帯へかけての海域に広く分布し、日本では本州の中部地方以南から24種ほ
29. とら‐ぎす【虎鱚】
日本国語大辞典
[0]言海【虎】言海
30. ニギス画像
日本大百科全書
硬骨魚綱ニギス目ニギス科に属する海水魚。青森県以南の日本海と太平洋、東シナ海に分布する。オキイワシ、オキギス、ミギスなどともいう。体は細長く、目は大きくて青色に
31. に‐ぎす【似義須・似鱚】
日本国語大辞典
〔名〕サケ目ニギス科の海産魚。体長二〇センチメートルに達する。体は細長い円筒状で、吻(ふん)もやや長い。体色は背が淡青色で、腹は銀白色。主に干物・練り製品の材料
32. ネズミギス
日本大百科全書
硬骨魚綱ネズミギス目ネズミギス科に属する海水魚。本州中部地方以南の太平洋と日本海、東シナ海、南シナ海に分布し、水深50~200メートルに生息する。体は円筒形に近
33. ねずみ‐ぎす【鼠鱚】
日本国語大辞典
〔名〕ネズミギス目ネズミギス科の海産魚。体は円筒状で、全長三〇センチメートルくらいになる。吻(ふん)がとがり頭部の形が一見鼠を思わせるところからの名。吻端の下面
34. み‐ぎす【─鱚】
日本国語大辞典
〔名〕魚。(1)にぎす(似)。《みぎす》富山県390 (2)とらぎす(虎)。《みぎす》神奈川県久良岐郡016
35. や‐ぎす【矢鱚】
日本国語大辞典
〔名〕魚「あおぎす(青)」の異名。
36. ヤギス画像
日本大百科全書
硬骨魚綱スズキ目キス科に属する海水魚。釣り愛好家にはアオギスとよばれる。大分県守江もりえ湾、徳島県吉野川河口、東京湾江戸川河口などで記録されている。このほかの海
37. あかしぎす【―鱚】[方言]
日本方言大辞典
魚とらぎす(虎)。 石川県江沼郡016実用魚介方言図説(田中茂穂)1941
38. いそぎす【磯鱚】[方言]
日本方言大辞典
魚えそ(狗母魚)。 神奈川県三浦市016実用魚介方言図説(田中茂穂)1941
39. おきぎす【沖鱚】[方言]
日本方言大辞典
魚ねずみぎす(鼠)。 紀州有田郡※030水族志(畔田伴存)1827
40. おきぎす【沖鱚】[標準語索引]
日本方言大辞典
だぼ / とんころいわし
41. かごしまにぎす【鹿児島似鱚】[標準語索引]
日本方言大辞典
おきうるめ
42. かわぎす【川鱚】[方言]
日本方言大辞典
魚(1)かまつか(鎌柄)。 新潟県南蒲原郡016実用魚介方言図説(田中茂穂)1941《かわきす》 大阪府016実用魚介方言図説(田中茂穂)1941《かわきず》
43. かわぎす【川鱚】[標準語索引]
日本方言大辞典
くず / ぐず
44. くらかけとらぎす【鞍掛虎鱚】[標準語索引]
日本方言大辞典
とらはぜ / とらばせ / とらばぜ / ろぐい
45. しろぎす【白鱚】[方言]
日本方言大辞典
魚きす()。 東京都016実用魚介方言図説(田中茂穂)1941《しらぎす》 大阪府016実用魚介方言図説(田中茂穂)1941
46. とらぎす【虎鱚】[標準語索引]
日本方言大辞典
あかしぎす / あかはぜ / いしぶえ / おきはしあがり / おきはぜ / おしはしあがら / おてつかんじー / さがねん / しまごち / しまはぜ /
47. にぎす【似鱚】[標準語索引]
日本方言大辞典
おきうるめ / おきがます / おきはぜ / どんがさ / はだか / はだかうるめ / みぎす / めひかり
48. ねずみぎす【鼠鱚】[標準語索引]
日本方言大辞典
おきぎす / ねずみみろ
49. はりぎす【針鱚】[方言]
日本方言大辞典
魚ぎんあなご(銀穴子)。 新潟県三島郡016実用魚介方言図説(田中茂穂)1941
50. まとうぎす【的鱚】[標準語索引]
日本方言大辞典
とびとび / とらばぜ
「鱚」の情報だけではなく、「鱚」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

鱚と同じ魚・貝・海の生き物カテゴリの記事
ゼブラウツボ(日本大百科全書(ニッポニカ))
硬骨魚綱ウナギ目ウツボ科に属する海水魚。八丈島、屋久島(やくしま)、小笠原(おがさわら)諸島、南西諸島、台湾南部、南シナ海などインド洋・太平洋に広く分布する。体は細長く、側扁(そくへん)する。皮膚にはしわが多い。躯幹(くかん)部(胴部)は長く
チンアナゴ(日本大百科全書(ニッポニカ))
硬骨魚綱ウナギ目アナゴ科チンアナゴ亜科に属する海水魚。静岡県富戸(ふと)、高知県柏島(かしわじま)付近の太平洋沿岸、屋久島(やくしま)、南西諸島、小笠原(おがさわら)諸島、台湾南部、フィリピン、マダガスカルなどのインド洋・太平洋に広く分布する
ハモ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱ウナギ目ハモ科の魚類の総称、またはそのなかの1種。日本近海に分布するハモ科Muraenesocidaeは、ハモ属Muraenesoxの2種(ハモ、スズハモ)、ハシナガアナゴ属Oxycongerの1種(ハシナガアナゴ)、ワタクズハモ属Gavialicepsの1種(ワタクズハモ)の4種
ウナギ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱ウナギ目ウナギ科Anguillidaeの魚類の総称。ウナギ類は深海で産卵し、淡水域に入って成長する魚で、南北アメリカの西岸域、南アメリカ中・南部の大西洋域、アフリカ中・南部の大西洋域などを除く世界各地に分布する。分布の中心はセレベス海周辺などの東南アジアである
アワビ(日本大百科全書・世界大百科事典)
軟体動物門腹足綱ミミガイ科に属する巻き貝のうち、とくに食用に供されるような大形種の総称。[奥谷喬司]形態貝殻は螺旋が殻口へ向かって急に大きくなるため、通常の巻き貝とは著しく異なり耳形あるいは卵楕円形の浅い皿形をなす。螺塔は低く後方へ寄っている
魚・貝・海の生き物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「鱚」は生き物に関連のある記事です。
その他の生き物に関連する記事
サバ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱スズキ目サバ科サバ亜科のうちサバ族に属する海水魚の総称。世界の熱帯から温帯域内の沿岸部に分布するが、とくに西太平洋からインド洋海域に多産し、この海域ではもっとも重要な漁獲物である。サバ族は2属6種で、サバ属3種とグルクマ属の3種が知られている
イワシ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱ニシン目に属する海水魚のうち、マイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシの総称、またはこれらの近縁種を含めたものの総称。ときにはマイワシだけをさすこともある。これらの魚種は、一般に漁獲量も多く、日本の水産上重要な種類であるばかりでなく、魚をはじめ
アナゴ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱ウナギ目アナゴ科Congridaeに属する海水魚の総称。日本近海では北海道以南の各地に産する。体はほぼ円柱状で、尾部は多少側扁(そくへん)する。目はよく発達し、ときには非常に大きい。鱗(うろこ)はないが、側線はある。腹びれはなく、胸びれを欠く
キュウリ(日本大百科全書・世界大百科事典)
ウリ科(APG分類:ウリ科)の一年生つる草。インドのヒマラヤ山麓(さんろく)原産で、インドでは3000年以前から栽培された。中国へは漢の時代に張騫(ちょうけん)(?―前114)によって西域(せいいき)から導入されたと伝えられ、このことから胡(こ)(西
タコ(日本大百科全書・世界大百科事典・新選漢和辞典)
軟体動物門頭足綱八腕形目に属する動物の総称。[奥谷喬司]▲形態この目Octopodaの仲間の体は柔らかく、一見頭のようにみえる丸い外套(がいとう)膜の袋は胴で、この中に心臓、肝臓、消化管、生殖巣などの内臓が収まっている。本来の頭部は目のあるところで、
生き物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る