ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. 生物
  8. >
  9. 魚・貝
  10. >
  11. クロダイ

ジャパンナレッジで閲覧できる『クロダイ』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書・世界大百科事典

日本大百科全書(ニッポニカ)

クロダイ
くろだい/黒鯛
black seabream
[学]Acanthopagrus schlegelii

硬骨魚綱スズキ目タイ科ヘダイ亜科の海水魚。東京地方では幼魚をチンチン、やや大きいものをカイズ、成魚をクロダイとよぶ。また、関西、四国、九州地方ではチヌとよんでいる。北海道から九州南岸までの日本海と太平洋の両沿岸の各地、朝鮮半島、中国沿岸、台湾、香港 (ホンコン)などの南シナ海沿岸、ベトナムなどの海域に分布する。南西諸島には分布せず、この海域には近縁のミナミクロダイが生息する。クロダイの体は、楕円 (だえん)形でよく側扁 (そくへん)する標準的なタイ形であり、体高は高い。吻 (ふん)はやや突出し、上下両顎 (りょうがく)前部にはそれぞれ6本の強い門歯状犬歯があり、上顎側部には4~5列の、下顎には3~4列の大きい臼歯 (きゅうし)がある。背びれ棘 (きょく)部中央下の上方横列鱗 (りん)数は6枚以上、側線鱗数は48~56枚。背びれ棘が11本あるのはクロダイ属の特徴である。臀 (しり)びれ第2棘は非常に太くて強い。最大の全長記録は約70センチメートル。体は各ひれとともに暗灰色で、腹部は銀白色。尾びれに黄色部がない。幼魚には体側に7条の暗色横帯がある。沿岸魚で、水深5~50メートルの内湾や沿岸の岩礁域の砂泥底に多く、河口域にもいる。南日本において近縁のキチヌと分布が重なるときは、クロダイのほうがやや外洋岩礁域に生息するようである。おもに甲殻類、貝類、多毛類などの小形底生動物を貪欲 (どんよく)に食べるが、海藻類もとる雑食性。産卵期は晩春から初夏で、南のものほど早い。油球が1個ある卵径約0.9ミリメートルの分離浮性卵で、水温19℃では約42時間で孵化 (ふか)する。孵化仔魚 (しぎょ)は全長2ミリメートル前後であるが、6月上旬には10ミリメートル前後になる。幼魚は河口の汽水域や藻場 (もば)などで生育し、おもにカイアシ類や甲殻類の幼生などを食べる。ヘダイ亜科魚類(クロダイ類)には、すべての個体が雌雄同体の時期を経たのちに雌雄に分かれる性の分化現象がある。体長約10センチメートルまでは未分化の原始性細胞をもつ幼稚魚で、以後10~27センチメートルまではすべての魚が両性の生殖巣をもつ雌雄同体となり、最初は雄として機能する。次の年からは雄として機能するものもあるが、大部分の個体は雌に分化する。塩分、温度などの環境変化に適応する能力が高い。きわめて鋭敏な魚で、投網 (とあみ)や引網などからは石陰に体を横に倒して逃れる。一本釣り、定置網、刺網 (さしあみ)などで周年漁獲されるが、4月~12月に多い。瀬戸内海でもっとも多く漁獲される。白身魚で歯ごたえがあり、刺身、洗い、塩焼、煮つけ、吸い物などにするとおいしい。日本にいる5種のクロダイ属のうち、クロダイは背びれ棘部中央下の横列鱗数は6枚以上あることで他の4種と区別できる。風土記 (ふどき)や『倭名類聚抄 (わみょうるいじゅしょう)』に、チニ、チヌ、クロダイの名があり、また東北地方や大阪平野の新生代沖積層からクロダイ類の化石が出ているが、これは古くから日本人に親しまれてきたことを物語っている。

[赤崎正人][尼岡邦夫]2017年7月19日

釣り

クロダイ釣りほど、餌 (えさ)、仕掛け、釣り方が地方色豊かなものはない。それだけ人気を集める魚ともいえる。釣り場は磯 (いそ)、防波堤のほか、西日本では内湾の波が静かで、潮通しのいい、底掛かりの少ない所に餌 (え)づけ場をつくり、ここに船を止めてのカセ釣り、真珠やカキなど養殖用施設に船をつないでのカカリ釣りもある。また、西日本の日本海、太平洋側には湾内に釣り人用の乗り筏 (いかだ)を浮かせ、この上から釣るのもあり、これもカセ釣りに入る。

 釣り期は地方により差があるが、3月~11月ごろまで。磯、カカリ釣り、カセ釣りとも日中の釣りであるが、防波堤は初夏から秋にかけては夜釣りに人気が集まる。いちばん安定した釣りが楽しめるのは夏から晩秋で、クロダイ釣りの入門もこのころがいい。磯からの釣りは5メートル級の先調子竿 (さお)に立ちウキ仕掛け。餌は蛹 (さなぎ)、オキアミなどを寄せ餌に、鉤 (はり)にはオキアミ、蛹、カラスガイなどをつける。地方によっては真夏にスイカを餌にしたり、ミカン、サツマイモも使う。防波堤では堤壁にいる小さいカニのほか、モエビ、生蛹なども使える。カカリ釣り、カセ釣りは、穂先のごく細い軟調子の2メートル未満の専用竿と小型リールでねらい、ウキは使わない。寄せ餌を団子にし、鉤にアケミガイの殻付きやモエビをつけ、これを団子で包み込んで底に沈めて釣る。静岡県清水 (しみず)港などでは、オカラ、小ジャリ、蛹のミンチを混合した寄せ餌団子とオキアミやモエビ、蛹餌で釣る。警戒心が強いので寄せ餌は効果的である。また、視力もよいので、ハリスは細目がよく、時化 (しけ)ぎみや潮の濁りぎみの日ほど食いがよい。

[松田年雄]

料理

関西ではチヌとよぶことが多い。大阪湾は古名を茅渟海 (ちぬのうみ)といい、ここで多くとれるところからきた名前である。夏から秋にかけてよくとれるうえ、味がよい。沿岸でとれるので鮮度のよいものが手に入りやすく、また、タイの仲間なので、身は白く、味も淡泊である。刺身をはじめ、洗い、潮汁 (うしおじる)、煮つけ、塩焼きなど各種の料理に使用できる。ただし、時期やすんでいる場所により、泥臭さを感じることもあるから、調理するときに配慮することが必要である。

[河野友美][大滝 緑]



世界大百科事典

クロダイ
黒鯛
Acanthopagrus schlegelii

スズキ目タイ科の海産魚。日本各地,朝鮮半島南部,東シナ海に分布している。関西ではチヌ,関東では1歳未満をチンチン,2歳をカイズ,3歳以上をクロダイと呼ぶ。全長50cmを超える。体色は暗灰色で腹部は銀白色であるが,幼魚では数本の黒色横帯がある。沿岸の砂泥底にすみ,両あごの発達した臼歯(きゆうし)により,貝類,カニ類,フジツボ,クモヒトデなどの硬いものをよく食べる。また,ゴカイ類や海藻類などなんでも食べる雑食性の魚である。雄性先熟型の性転換をし,幼魚はすべて雄である。その後精巣中に卵細胞が出現し両性型となるが,3~4歳では雌雄どちらかの機能のみ発達し,5歳魚以上では完全に雌雄どちらかになる。産卵期は4~8月で,10万~20万粒の分離浮遊卵を産む。生後1年で体長約12cm,2歳で19cm,3歳で23cmになる。本種は釣りの好対象魚である。また刺網や引網で漁獲される。美味で洗い,刺身などで喜ばれる。本種に近縁なものにミナミクロダイ,キヂヌなどがいるが,より南方にすむ。
[望月 賢二]

[索引語]
Acanthopagrus schlegelii チヌ チンチン カイズ
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
クロダイの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 214
検索コンテンツ
1. クロダイ画像
日本大百科全書
日本にいる5種のクロダイ属のうち、クロダイは背びれ棘部中央下の横列鱗数は6枚以上あることで他の4種と区別できる。風土記ふどきや『倭名類聚抄わみょうるいじゅしょう
2. クロダイ
世界大百科事典
,東シナ海に分布している。関西ではチヌ,関東では1歳未満をチンチン,2歳をカイズ,3歳以上をクロダイと呼ぶ。全長50cmを超える。体色は暗灰色で腹部は銀白色であ
3. くろ‐だい[‥だひ]【黒鯛】
日本国語大辞典
〔名〕タイ科の海産魚。全長約五〇センチメートルに達する。体はタイ形。全体に暗灰色で腹方は淡い。幼魚は全て雄であるが、体長一五~二五センチメートルのものは雌雄同体
4. 黒鯛(くろだい)
古事類苑
動物部 洋巻 第1巻 1369ページ
5. クロダイ(生態)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
成魚。チヌをはじめ、さまざまな地方名がある©水中フォート・エンタープライズ 楚山いさむ
6. クロダイの幼魚(生態)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
体側に数条の暗色横帯があるが、成長すると不明瞭ふめいりょうとなる。体長20cmぐらいまでの幼魚をカイズ(カイヅ)とよぶ地方がある©水中フォート・エンタープライズ
7. 黒田伊三郎[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:1件 【逐次刊行物】:0件 『近世名機械工伝 黒田伊三郎』興梠忠夫
8. くろだいず を 数(かぞ)える
日本国語大辞典
「くろまめ(黒豆)を数える」に同じ。*浮世草子・庭訓染匂車〔1716〕一・二「臨終の正念こそ人間の第一なれと、いまいましゐ元日から元日まで、くろ大豆をかぞへ」
9. くろだいせき【黒田遺跡】石川県:金沢市/旧石川郡地区/黒田村
日本歴史地名大系
[現]金沢市黒田二丁目 伏見川左岸の沖積地に所在する奈良時代末から平安時代後期にかけての集落遺跡で、昭和四八年(一九七三)から土地区画整理や宅地造成工事に伴い発
10. くろだいちい【黒田一葦】
国史大辞典
一八一八―八五 福岡藩士。三左衛門一整・播磨・溥整、退隠後暁心・一葦。本姓は加藤、初代又左衛門一成が黒田孝高(如水)の急を救い黒田姓と藩内最高の禄を与えられた
11. くろだ-いちい【黒田一葦】
日本人名大辞典
1818−1885 江戸時代後期の武士。文政元年11月5日生まれ。天保(てんぽう)11年筑前(ちくぜん)福岡藩家老となり,尊王派として幕府と長州との調停,三条実
12. 黒田一葦[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:1件 【逐次刊行物】:0件 『旧福岡藩大老黒田一葦老』江島茂逸(編刊)
13. くろだいむら【黒代村】高知県:香美郡/物部村
日本歴史地名大系
[現]物部村黒代 五王堂村の西、上韮生川対岸に展開する村で、北は篠村。「土佐州郡志」は「東西十一町南北六町、戸凡四十八、其土赤」「黒代・下黒代、惣曰黒代村」と記
14. 黒ダイヤ
日本大百科全書
包有物に富んだり、ひびが多く発達したりして、黒色を帯びた外観をもつダイヤモンドの総称。結晶粒であってある程度の大きさをもったもの、きわめて微細なもの、粗鬆そしょ
15. 黒ダイヤ[新語流行語]
イミダス 2018
日本進出を本格化させているロシア・マフィアの一組織。ロシア国内で広告に惹かれて集まった女性を日本に不法入国させ、ブローカーを介して飲食店などで働かせている実態
16. くろ‐ダイヤ【黒─】
日本国語大辞典
*日本橋〔1914〕〈泉鏡花〉三七「其の指には、白金(プラチナ)の小蛇の目に、小さな黒金剛石(クロダイヤ)を象嵌したのが、絡っていた」(2)石炭を貴重品扱いして
17. ミナミクロダイ画像
日本大百科全書
背びれ棘きょく部中央下の上方横列鱗りん数が5枚であること、腹びれと臀しりびれが暗灰色であることで、キチヌやクロダイと区別される。内湾の砂泥底、沿岸の岩礁域、河口
18. ヨコシマクロダイ
日本大百科全書
硬骨魚綱スズキ目フエフキダイ科に属する海水魚。和歌山県以南の太平洋沿岸、小笠原おがさわら諸島、八丈島、南西諸島、台湾、南シナ海など太平洋、インド洋に分布する。千
19. 太田黒田遺跡
世界大百科事典
JR和歌山駅のすぐ東方,和歌山市太田から南黒田にかけて所在し,弥生時代から古墳時代,奈良・平安時代を経て,中・近世にまでおよぶ大規模な集落遺跡。区画整理事業に先
20. おおだくろだいせき【太田黒田遺跡】和歌山県:和歌山市/河南地区/黒田村
日本歴史地名大系
[現]和歌山市黒田・太田 紀ノ川左岸平野域のほぼ中央にある弥生時代以降の複合集落遺跡。現在標高は三―四・七メートルあるが、弥生時代の遺構面は標高二・八―二・五メ
21. くらもちくろだいせき【蔵持黒田遺跡】三重県:名張市/蔵持村
日本歴史地名大系
[現]名張市桔梗が丘南一番町 桔梗が丘の南端の西方に延びる小高い丘陵(二二三メートル)の稜線上に位置する弥生後期の遺跡。昭和五一年(一九七六)発掘調査された。宅
22. 園部黒田遺跡
日本史年表
200年 この前後から 大型弥生墳丘墓 が出現する.墳丘の平面形は、瀬戸内周辺では双方中円形(岡山県 楯築遺跡 )や前方後円形(京都府 園部黒田遺跡 )、山陰
23. ろくろ‐だい【轆轤台】
日本国語大辞典
〔名〕(1)「ろくろ(轆轤)(1)」に同じ。*小学読本〔1874〕〈榊原・那珂・稲垣〉二「又旋器(ひきもの)を造る牽鑚をも、陶器を作る旋盤(ロクロタイ)をも皆轆
24. 正風遠州流/鳳旭斎黒田一芝新形(著作ID:3559475)
新日本古典籍データベース
しょうふうえんしゅうりゅう/ほうきょくさいくろだいっししんがた 花道 
25. あかうらいせき【赤浦遺跡】石川県:七尾市/松百村
日本歴史地名大系
類を主体とする主鹹性貝塚であり、サザエ、サルボウ、マガキなどの貝殻三六種、マイワシ、マアジ、クロダイなどの魚類一一種のほか、ノウサギ、イノシシ、ニホンジカ、クジ
26. アカムシ(海産動物)画像
日本大百科全書
ない好餌料じりょうといわれているが、これを砂中から掘り出すのは容易でなく、かなり高価である。クロダイ、カレイその他の魚の餌えさにもなる。今島 実
27. アナジャコ
日本大百科全書
産卵の盛期は5月上旬から6月中旬。食用とすることはないが、多産する東京湾、瀬戸内海、有明海などでは、マダイやクロダイ釣りの餌えさとする。武田正倫
28. アナジャコ画像
世界大百科事典
部にも分布する。東京湾,瀬戸内海,有明海などにとくに多産し,くわで掘り出してつかまえ,タイやクロダイ釣りの餌とする。地方によっては,穴の中におとりのアナジャコを
29. 安乗崎画像
日本大百科全書
洋の荒波が砕ける男性的景観は豪快で、岬端こうたんには白い四角の灯台(1872年初点)があり、クロダイの磯いそ釣りとともに志摩の観光拠点の一つである。近畿日本鉄道
30. 洗い
世界大百科事典
薄いそぎ身などにつくり,ざるに入れて氷を浮かべた冷水の中で振洗いし,身をちぢませた料理。スズキ,クロダイ,イシダイ,メジナ,ボラ,カレイ,コイなど,ちょっと癖の
31. アントシアニン画像
岩波 生物学辞典
形態的には目が大きく突出し、後部のいぼ足が幅広くなって泳ぐのに便利になる。ボラ、キス、スズキ、クロダイ、ハゼ、アジ釣りなどの餌えさにされている。今島 実
39. イトメ
世界大百科事典
バチ抜けと呼ぶが,このようなときは魚が飽食するので釣餌に集まらない。ボラ,セイゴ,ハゼ,アジ,キス,スズキ,クロダイなどの釣餌になる。今島 実 Tylorrhy
40. いなりやまかいづかいせき【稲荷山貝塚遺跡】神奈川県:横浜市/南区/中村地図
日本歴史地名大系
貝器としては貝刃・貝輪などが発掘された。食糧面では、貝層からはシカ、イノシシなどの獣骨のほか、クロダイ、スズキなどの湾内棲息の魚骨が発掘され、貝類でもハマグリ、
41. いも‐え[‥ゑ]【芋餌】
日本国語大辞典
〔名〕釣りのえさ。煮たサツマイモを、さいの目に切ったもの。コイ、フナ、クロダイなどを釣るのに用いる。
42. うすいそかいづか【薄磯貝塚】福島県:いわき市/旧平市地区/薄磯村
日本歴史地名大系
、釣針や銛頭、鹿角製斧状製品などの多数の骨角器が出土している。魚類ではマダイが突出しており、クロダイ、マグロなども多く、外洋性の漁労活動が行われていたと思われる
43. ウチワゴカイ
日本大百科全書
背側の第Ⅴ~Ⅵ区の下方にまで広がるのもこの種の大きな特徴である。瀬戸内海や有明海では、古くから釣り餌えとして、クロダイをはじめ、メバル、シログチ(イシモチ)、カ
44. うみ‐たなご【海〓
日本国語大辞典
〔名〕ウミタナゴ科の海魚。体長約二五センチメートル。形はクロダイに似るが口さきはとがる。体色は鋼青色のマタナゴと呼ばれるものと、赤褐色のアカタナゴと呼ばれるもの
45. 海釣り
日本大百科全書
その対象魚はイシダイ、イシガキダイがとくに人気があり、この二つを石物いしものとよぶ。ほかにブダイ、メジナ、クロダイ、ウミタナゴなど対象魚も多い。超大物釣りの対象
46. 海釣り
世界大百科事典
,メジナ,ブダイ,クロダイなどの中小物釣りが楽しめるが,危険も大きく,救命具の携行や単独行動をとらないなどの注意が必要である。防波堤釣りは,関西では波止釣りとい
47. うりごういせき【瓜郷遺跡】愛知県:豊橋市/瓜郷村
日本歴史地名大系
四ヵ所の貝塚からは、カキ、アサリ、ハマグリ、シジミなど淡水・海水両域の多種な貝類のほか、サメ、クロダイ、スズキなどの魚骨、ノウサギ、イノシシ、シカ、カモ、キジな
48. 江戸繁昌記 1 182ページ
東洋文庫
硬骨魚目たい科の海魚の総称。体は楕円形で側扁し、多くは紅色。小魚・甲殻類・貝類などを食う。近海魚でマダイ.クロダイなどがあり、マダイは色彩の美と味のよい点から魚
49. 追込み網
日本大百科全書
追い込むことも行われる。漁獲の対象魚は、アジ類、イワシ類、トビウオ、ボラ、イナダ(ブリの幼魚)、メバル、クロダイ、ムツなどである。吉原喜好
50. おおくらみなみかいづか【大倉南貝塚】千葉県:佐原市/大倉村地図
日本歴史地名大系
これは大倉貝塚の南地点というべきもの。南貝塚の中心は加曾利BI―II期で、ハマグリ主体の貝層を形成している。クロダイ、マダイ、ヒガンフグなどの魚骨の種類と量が多
「クロダイ」の情報だけではなく、「クロダイ」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

クロダイと同じ魚・貝カテゴリの記事
ゼブラウツボ(日本大百科全書(ニッポニカ))
硬骨魚綱ウナギ目ウツボ科に属する海水魚。八丈島、屋久島(やくしま)、小笠原(おがさわら)諸島、南西諸島、台湾南部、南シナ海などインド洋・太平洋に広く分布する。体は細長く、側扁(そくへん)する。皮膚にはしわが多い。躯幹(くかん)部(胴部)は長く
チンアナゴ(日本大百科全書(ニッポニカ))
硬骨魚綱ウナギ目アナゴ科チンアナゴ亜科に属する海水魚。静岡県富戸(ふと)、高知県柏島(かしわじま)付近の太平洋沿岸、屋久島(やくしま)、南西諸島、小笠原(おがさわら)諸島、台湾南部、フィリピン、マダガスカルなどのインド洋・太平洋に広く分布する
ハモ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱ウナギ目ハモ科の魚類の総称、またはそのなかの1種。日本近海に分布するハモ科Muraenesocidaeは、ハモ属Muraenesoxの2種(ハモ、スズハモ)、ハシナガアナゴ属Oxycongerの1種(ハシナガアナゴ)、ワタクズハモ属Gavialicepsの1種(ワタクズハモ)の4種
ウナギ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱ウナギ目ウナギ科Anguillidaeの魚類の総称。ウナギ類は深海で産卵し、淡水域に入って成長する魚で、南北アメリカの西岸域、南アメリカ中・南部の大西洋域、アフリカ中・南部の大西洋域などを除く世界各地に分布する。分布の中心はセレベス海周辺などの東南アジアである
アワビ(日本大百科全書・世界大百科事典)
軟体動物門腹足綱ミミガイ科に属する巻き貝のうち、とくに食用に供されるような大形種の総称。[奥谷喬司]形態貝殻は螺旋が殻口へ向かって急に大きくなるため、通常の巻き貝とは著しく異なり耳形あるいは卵楕円形の浅い皿形をなす。螺塔は低く後方へ寄っている
魚・貝と同じカテゴリの記事をもっと見る


「クロダイ」は生き物に関連のある記事です。
その他の生き物に関連する記事
シロギス(日本大百科全書)
硬骨魚綱スズキ目キス科に属する海水魚。単にキスともよばれる。北海道以南の日本各地、西太平洋からインド洋にかけて広く分布し、内湾や沿岸の砂泥底に生息する。体は延長し、前方で丸みを帯びる。吻(ふん)は長く、口は小さい。体色は背側は淡黄褐色で、腹側は銀白色
アユ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱ニシン目アユ科に属する魚。アイともよばれる。鮎の漢字は中国ではナマズをさす。北海道の石狩(いしかり)川および勇払(ゆうふつ)川以南の日本列島と朝鮮半島、中国の中・南部に分布する。台湾の河川にも生息していたが、現在では認められない。アユは、サケ
ウニ(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
棘皮(きょくひ)動物門ウニ綱の海産動物の総称。半球形の硬い殻の上に針のような棘(とげ)がたくさん生え、全体が「いがぐり」のような外観をした動物。世界の海から約870種、日本近海からは180余種が知られている。[重井陸夫]▲形態体に前後の方向性はなく
ホヤ(日本大百科全書・世界大百科事典)
原索動物門尾索(びさく)綱海鞘(かいしょう)亜綱に属する海産動物の総称。汽水域にも生息する。成体は他物に固着して生活し、単独でいる単体ボヤと、小さな個虫が集合する群体ボヤとがあるが、虫体の構造に根本的な差はない。単体ボヤには直径20センチメートルに
イサキ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱スズキ目イサキ科に属する海水魚。宮城県以南の太平洋沿岸と新潟県以南の日本海沿岸、屋久島(やくしま)、東シナ海、台湾、中国広東(カントン)省・福建省の沿岸などに分布するが、南西諸島にはいない。体は長楕円(ちょうだえん)形で、やや扁平(へんぺい)
生き物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る