ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. 生物
  8. >
  9. 魚・貝・海の生き物
  10. >
  11. ウニ

ジャパンナレッジで閲覧できる『ウニ』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウニ
うに/海胆・海栗
sea-urchin

棘皮 (きょくひ)動物門ウニ綱の海産動物の総称。半球形の硬い殻の上に針のような棘 (とげ)がたくさん生え、全体が「いがぐり」のような外観をした動物。世界の海から約870種、日本近海からは180余種が知られている。

[重井陸夫]

形態

体に前後の方向性はなく、上下の区別があり、器官の配列などは5方向に相称で、口と肛門 (こうもん)はおのおの体の下側と上側の中心に位置し、内臓は殻の中に包み込まれている。殻は貝の殻とは違って、小さな殻板が多数集まってできたもので、その上を薄い表皮が覆っている。殻の表面には多数の丸いいぼがあり、その一つ一つは棘の基部と凹凸の関節構造をとってつながっている。棘は基部についた筋肉の働きで自由に動くようになっている。殻の表面には棘のほかに長さ1ミリメートルにも満たない叉棘 (さきょく)という三つ叉 (また)ピンセット状のものが多数ある。殻の表面からは、糸のように細長く、伸縮自在で先端に吸盤のついた管足がたくさん伸び出ている。

 殻の内側には、骨と筋肉が複雑に組み合ってできた「アリストテレスの提灯 (ちょうちん)」とよばれる大きなそしゃく器がある。その下部先端の5本の歯の部分だけは口から外に露出している。内臓器官系としては、消化、水管、血洞、神経、生殖系があるが、心臓や肝臓はない。もっともよく発達しているのは水管系で、薄膜からなる袋と管が殻の内側に沿って5対走り、さらに食道の周りを環状に取り囲んでいる。生殖巣は5対あり、繁殖期が近づくと殻を埋めるほどに大きくなる。生殖孔 (こう)は殻の頂上部に5個ある。雌雄は異体であるが、外形からはほとんど区別できない。

 ウニ類は分類学的に九つのグループに分けられるが、いがぐり形のものはそのうちの3~4グループで、そのほかのものは、一見ウニとは思えないような変わった形をしている。フクロウニ類は平たくてぶよぶよした革袋のような体をしていて、全体をいくらか膨らませたり縮めたりする。カシパン類、タコノマクラ類などとよばれるグループは殻が円盤状となり、表面は長さ1ミリメートルぐらいの短い棘で一面に覆われている。また、殻の上には5弁の花びら模様が刻まれている。ブンブクチャガマ類は殻がいびつに膨らんでいて、表面は体毛のように密に生えた湾曲した棘で覆われている。また、体にはっきりとした前後の方向性があり、口は下面前方に、肛門は後端にある。これらのほかにタマゴウニ類、マンジュウウニ類という変わった形のグループもある。

[重井陸夫]

生態

いがぐり形のウニの多くは岩礁地に生息し、種類によって岩の上、転石の下、岩のくぼみの中や岩棚の下など、少しずつ好む場所が違っている。岩に自ら穴を掘ってすむものもいる。砂泥地に生息するのはカシパン類とブンブクチャガマ類で、前者は砂泥をかぶる程度に浅く潜り、後者は砂泥中に深く、種類によっては20センチメートル以上も潜っている。

 岩礁地にすむ種類は体の移動に管足と棘を用いる。まず最初に数本の管足を伸ばし出してその先の吸盤を岩に張り付け、次々と多数の管足を同じ方向に伸ばして張り付けたのち、それらを収縮させて体全体を引っ張り、棘の助けを借りながらゆっくりとはうように進む。吸盤の吸着力と管足の力は強いので、どんなに急な斜面でもはい上ることができる。餌 (えさ)をとるときには、管足で吸い付け、棘で押さえ、叉棘で挟んで運搬や保持を行う。餌は海藻、または生物体の破片や腐食物で、体の下側に運び、歯でゆっくりとかじりながら食べる。外敵を退けたり、体表の異物を除去するときには棘と叉棘を使う。

 繁殖期になると雌雄はおのおの放卵、放精を行い、海中で受精がおこる。受精卵から生じる幼生は独特な形をしていてエキノプルテウスとよばれる。エキノプルテウス幼生は数週間海中を漂ったのち、変態して底生生活に入る。寿命は5~6年のものが多い。

[重井陸夫]

危害

触れると危険な種類もいくつかある。ガンガゼの棘は長くて細く、活発に動き、表面には微小な逆棘がいっぱい生えているので、皮膚に深く刺さって折れやすく抜けにくい。ガンガゼモドキは逆棘の生えた棘のほかに、細くて長い髪の毛のような毒棘をたくさんもっている。イイジマフクロウニの棘は先がとがって刺さりやすく、毒袋に包まれている。ラッパウニは体表一面に毒袋のついたラッパ形の叉棘をもっている。シラヒゲウニも毒袋のついた叉棘をいっぱいもっている。これらの棘や叉棘に刺されると発赤したり、周囲が紫色にはれあがって疼痛 (とうつう)を感じる。ラッパウニとシラヒゲウニの場合、掌 (てのひら)など皮膚の厚い部分は刺されない。被害者の体質や刺された本数しだいでは悪寒、心悸亢進 (しんきこうしん)、顔面のしびれなどの全身的症状がおこることもまれにある。

[重井陸夫]

利用

生殖巣は生のまま、すし種 (だね)や生 (なま)うにとして、あるいは塩とアルコールを加えて加工した雲丹 (うに)として食用に供される。食用として採捕される種類は地方によって決まっていて、北海道と東北地方北東部ではエゾバフンウニとキタムラサキウニ、奄美 (あまみ)、沖縄地方ではシラヒゲウニ、そのほかの本州、四国、九州の大部分の地域ではバフンウニ、ムラサキウニ、アカウニである。

 それ以外の種類もほとんど食用となるが、生息量が少ないので漁業対象とされない。ナガウニは奄美、沖縄地方ではもっとも普通にみられる種類であるが、臭気があり食用とならない。ウニを食べる習慣は地中海沿岸諸国をはじめ世界各地にあるが、日本の消費量は桁 (けた)はずれに多く、近年は生殖巣重量にして1年に2000トン以上を世界十数か国から輸入している。

 食用以外の利用としては、実験的取扱いが容易なため、発生学の研究材料として世界各地の大学や研究機関で広く用いられている。そのほか、さらした殻やパイプウニの棘は装飾品とされる。

[重井陸夫]

料理

ウニの生殖巣をきれいに引き出したものを生うにといい、独特の芳香がある。生うにを塩湯で煮てから加熱し、乾燥したものを焼うにといい、高級品として扱われている。うにの産地は東海、東北、北陸、西南海など広い地区にわたっているが、旧国名に「前」のついた地方、越前 (えちぜん)(福井県)、羽前(山形県)、陸前(宮城県、岩手県)、豊前 (ぶぜん)(福岡県、大分県)などのうにの味は格別に優れている。また東北地方でうにの多くとれる地方では、トコブシ、アワビなどの殻に生うにを詰めて蒸し焼きにしたものがある。福島県小名浜 (おなはま)地方では、ハマグリやホッキガイの殻に詰めて焼いたものをつくっている。うにの塩蔵加工には、泥 (どろ)うに、水うに、練りうにの3種類がある。泥うには、生うにを海水でよく洗い、水分を少し除き、2~3割の塩を加えたもの、水うには、水分の一部を除き、塩を多く加えたもの、練りうには、泥うにの水分を少なくして調味料などを加え精製したものである。越前の練りうには味がいい。これは、江戸時代に徳川将軍家に献上用にする優秀な練りうにをつくりだすために、加工法を多年にわたり研究した成果である。うにをほかの食品に加えてつくりあげるうに加工品は、うにかまぼこ、うに煎餅 (せんべい)などいろいろある。

[多田鉄之助]



世界大百科事典

ウニ
海胆
sea-urchin
sea-porcupine

ウニ綱に属する棘皮(きよくひ)動物の総称。ウニ類はすべて海産で,潮間帯の石の下や岩のくぼみにすむものから,水深6000mの深海にまで生息の範囲を広げている。現在約900種が知られており,太平洋~インド洋海域がもっとも種類が多く,アフリカ,オーストラリア,日本,ハワイへと広がっている。

形態と機能

ウニ類は正形類と不正形類とに大別される。正形類はバフンウニやムラサキウニなどのように半球状の殻をもち,不正形類はブンブクチャガマやタコノマクラの殻のように心臓形や扁平な楕円形をしている。

(1)外部形態 体は多くの石灰質の骨板が互いに密着して規則正しく配列した殻に包まれる。骨板には小孔が並んでいる板と孔のない板とがあり,同じ構造の2列が相接するので,殻全体は放射状に10列に並んでいるように見える。孔のある骨板の列を歩帯(管足帯),孔のない骨板の列を間(かん)歩帯(管足間帯)という。そして歩帯と間歩帯とは交互に配列している。骨板の上には乳頭状のいぼがあり,それにそれぞれ特有の長さや形をしたとげが連結し,その部分の筋肉によってどの方向へも動かすことができる。とげの形にはコシダカウニのように密生する短いとげや,パイプウニのように太いもの,ガンガゼのように長い針のようなものまでいろいろある。種類によっては一つの殻に大棘(だいきよく),中棘,小棘の3種のとげをもつものもある。

 とげの間には叉棘(さきよく)という先端がくちばし状になった小さいとげがあり,体表に付着した異物を取り除くとか,小動物をとらえるとか防御に役だて,なかには毒腺の袋をもっているものもある。骨板の小孔からは管足が体外に突出する。管足は筋肉質の円筒状の管で,先端に吸盤があり,伸縮させて餌をとったり,移動に役だて,この動物群特有の運動器官である。

 殻の下面中央部に5個の石灰質の歯からなる〈アリストテレスのちょうちん〉という口器がある。この口器はじょうぶで海底の有機物や海藻類,動物の死体などをかじって食べる。口器の周辺の皮膚にはえらがある。肛門は背面の中央部に開き,小骨片で取り囲まれる。肛門の周囲には5個の生殖板と5個の眼板とがあり,生殖板のうちの1個は大きく,たくさんの孔が開いていて,とくにこれを穿孔(せんこう)板と呼んでいる。各生殖板には1個の生殖孔が,各眼板には1個の眼点がある。穿孔板からは管を通じて海水が体内に入る。

 不正形類では体が扁形か卵形で,カシパンやタコノマクラなどは管足が出る歩帯が5個の花紋状に並び,その中央に4個の生殖孔が開く。口は体の下面中央部にあり,肛門はそのやや後方か後端にある。心形類ではアリストテレスのちょうちんがないので,口の周囲にある触手で砂泥を消化管の中に取り入れ,その中の有機物を栄養にする。

(2)内部形態 消化器官は口器から細長い食道になり,薄い膜の太い胃に連絡する。胃は時計の逆回りにひと回りし,その後折り返して,その背側を時計回りに回って肛門に通じている。体内の主要器官はいずれも放射状に配列していて,歩帯には管足系(水管系)と神経系があり,間歩帯には生殖巣がある。水管系は棘皮動物特有の器官である。殻の頂上にある穿孔板から下方に向けて石管がのびて,食道を取り巻く環状管へ連絡する。環状管から5本の放射管が出,そのほかに5個のポーリ氏囊が等間隔に付属している。それぞれの放射管の両側からは多数の小枝管を出し,これが管足の内部に通じ,基部には瓶囊がある。瓶囊の中の海水が管内に押し出されると管足がのびて長くなり,管足壁の筋肉が収縮すると短くなる。雌雄異体で,雌では5個の卵巣が,雄では5個の精巣が間歩帯の内側に並ぶ。不正形類では1個減少して4個になっている。神経系と血管系とは水管系と同じような配列をしている。中枢神経系はまだ分化しておらず,血管系にも心臓のように収縮して搏動(はくどう)する部分は見られない。不正形類の諸器官は正形類とほとんど同じであるが,肛門が腹面に開くので,消化器官の位置が正形類と異なっている。

発生

雌雄とも生殖巣が成熟すると,卵や精子は生殖孔から直接海水中に放出され,受精する。生殖期は年1回で,時期は種類によって異なり,また同種でも地域的に差が見られる。卵は等黄卵で,卵割は全割。分割を繰り返し,囊胚期を経て,大きさが約0.5mmの4本の腕をもったプルテウス幼生(ウニのものをとくにエキノプルテウスechinopluteusと呼ぶ)になって浮遊生活し,その後成長して8本の腕をもつ幼生になる。受精後約1ヵ月するとこの幼生の体の中に小さな塊ができる。これにとげや管足が生じ,8本の腕がおちると底生生活に入る。キタムラサキウニは2~3年で親になり,10年間ほど生きるといわれている。

生態

すべて海産で,汽水や淡水にすむものはない。ウニ類は海藻の褐藻類や石灰藻類をおもに食べるが,ウニの消化液には植物を消化する酵素が含まれていないので,腸内のバクテリアによって消化される。

 東北地方から北海道にかけて分布するエゾバフンウニやキタムラサキウニは,コンブやワカメの有用海藻類を食べて害を与えるが,ウニも重要な水産資源の一つであり,ある程度の害を受けるのはしかたがないと思われる。

 とげに毒を含むものが多く,ガンガゼの細長いとげが皮膚に刺さると非常に痛い。ラッパウニは叉棘がらっぱ状に開いていて,毒液を分泌する。イイジマフクロウニなどのフクロウニ類にも強い毒があり,とげにさわると腕が麻痺してしまう。一般にくぼんだ場所や石の下などに隠れるが,餌をとりにはい出した後は再び元の場所に帰る。タワシウニは殻を回転させて岩の穴を広げることができる。シラヒゲウニ,エゾバフンウニ,バフンウニなどは管足で小石や海藻片,ごみなどを殻の表面につけてカムフラージュするが,そのようなことはしないウニのほうが多い。アカウニの口の周囲やとげの間には,ムラサキゴカクガニや小型巻貝のアカウニヤドリニナやヤマモトヤドリニナなどが寄生し,ムラサキウニのとげの間にも全身黒紫色の小さなエビが隠れ,口の周囲には巻貝のキンイロセトモノガイが寄生する。

利用

日本ではウニの生殖巣を生のまま,あるいは塩漬にして食べるが,地中海に面する国々でも盛んである。材料として用いられるものはムラサキウニ,キタムラサキウニ,エゾバフンウニ,コシダカウニ,アカウニ,シラヒゲウニなどである。食用以外では,パイプウニのとげを加工してパイプやのれん,その他の細工物にする。

 最近は卵を受精させ,直径1cmほどの稚ウニまで陸上で人工飼育し,その後海中に放流する栽培漁業も行われている。

 地方ではエゾバフンウニをガゼやボウズガゼ,キタムラサキウニをノナ,ムラサキウニをクロガゼ,アカウニをオニガゼなどの方言で呼ぶことが多い。
[今島 実]

民俗

地方の呼び名にも残る〈かせ〉,〈がぜ〉はウニの古称で,古くは霊〓子,甲棘蠃,棘甲蠃などの字をあてた。《日本山海名産図会》が〈是塩辛中の第一とす〉としているように,古来ウニといえば,現在の塩ウニなどのように,ウニの生殖巣を塩漬にしたものをいった。《令義解(りようのぎげ)》や《延喜式》に貢納物などとして甲棘蠃の名が見えるが,これも当然塩ウニであったと思われる。催馬楽(さいばら)に〈御肴に何よけむ鮑(あわび)栄螺(さだお)か可世(かせ)よけむ〉とあるように,古くから酒のさかなとして喜ばれたもので,江戸時代には肥前,薩摩,越前などの産が良品とされ,なかんずく越前のそれは美味をうたわれた。料理としては,ウニ田楽,ウニ焼きなどがよく行われたようである。前者は塩ウニを酒でのばして豆腐に塗って焼くもの,後者は現在のように魚などに塗って焼くもののほか,土なべなどに酒を入れ,細く削った鰹節を敷き,その上に塩ウニをのせて火にかけ,ふわふわになったところで食べるというものであった。現在では生ウニも賞味されるが,これは他の多くの生鮮魚貝類と同様,昔は生産地以外では享受しえぬ美味だったと考えられる。なお,塩漬にしただけの塩ウニのほか,粒ウニ,練りウニなどと称する市販品があるが,これらは塩ウニにアルコールを加えたものを,品質によって区別しているものである。
[鈴木 晋一]

[索引語]
sea-urchin sea-porcupine 正形類 不正形類 タコノマクラ 歩帯 管足帯 間(かん)歩帯 管足間帯 コシダカウニ 叉棘 アリストテレスの提灯 穿孔(せんこう)板 カシパン ポーリ氏囊 びん(瓶)囊 プルテウス幼生 エキノプルテウス echinopluteus キタムラサキウニ エゾバフン イイジマフクロウニ タワシウニ シラヒゲウニ(白鬚海胆) アカウニ ボウズガゼ ノナ クロガゼ オニガゼ かせ(ウニ) がぜ 塩ウニ ウニ田楽 ウニ焼き 粒ウニ 練りウニ


日本国語大辞典

うに 【海胆・雲丹】

解説・用例

〔名〕

(1)棘皮(きょくひ)動物ウニ類の総称。殻は球形、または円盤形で、表面には多数のとげがある。ムラサキウニ、アカウニなど種類が多く、寒帯から熱帯にかけて広く分布し、沿岸から深海にかけてすむ。口は下面中央にあり、「アリストテレスの提灯」と呼ばれる構造をしている。腸は単純な管で、肛門は背面また後面に開く。雌雄異体。一部の種の生殖巣は食用とされる。動物発生の実験材料として古くから用いられた。かいたん。→海胆類(うにるい)。《季・春》

*本草和名〔918頃〕「霊〓子 貌似〓橘而円其甲紫色生〓芒角〓〓崔禹〓 和名宇爾」

*俳諧・桜川〔1674〕夏一「うにはすこし遠浅にとる岩間哉〈幽山〉」

*読本・椿説弓張月〔1807~11〕続・三二回「又伊平屋嶋とも称ふ〈略〉麦稷、粱豆、棉花、蕉糸、海胆(ウニ)、毛魚あり」

*海潮音〔1905〕〈上田敏訳〉珊瑚礁「濡髪長き海藻や、珊瑚、海胆(ウニ)、苔までも」

(2)食用とするアカウニなどの生殖巣。生のまま、あるいは塩や酒でねって食べる。

*咄本・聞上手〔1773〕うに「さかなに越前のうにをいだしける」

*滑稽本・浮世風呂〔1809~13〕三・上「穢(きたな)細工の料理をせうと〈略〉傍(かたかた)の灰吹の中が雲丹(ウニ)」

語誌

(1)「出雲風土記‐嶋根郡」に、「凡北海所〓捕雑物」として挙げる「蕀甲〓」「甲〓」がウニに当たるという。「令義解‐賦〓」「延喜式‐主計」にも貢納品として見える。「催馬楽・我家」に聟君への御馳走として挙げる「加世(かせ)」はウニの古称とされる。

(2)古くから食品として登場し、俳句では古くは夏の、現在では春の季語となっている。

方言

〓(かせ)の卵。うに三重県志摩郡054

語源説

(1)ウヰ(海胆)の転〔東雅〕。

(2)ウニ(海丹)の義〔南留別志・和訓栞〕。

(3)ウミイ(海胆)の約転か〔大言海〕。

発音

〓ウニッ・オニ・オニン〔鳥取〕

〓[ウ]〓平安〓〓〓[ウ]

辞書

和名・日葡・書言・ヘボン・言海

正式名称と詳細

表記

海膽書言ヘボン

〓和名

霊螺書言

雲丹海栗言海

図版

海胆(1)

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
ウニの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 16433
検索コンテンツ
1. ウニ画像
日本大百科全書
北海道と東北地方北東部ではエゾバフンウニとキタムラサキウニ、奄美あまみ、沖縄地方ではシラヒゲウニ、そのほかの本州、四国、九州の大部分の地域ではバフンウニ、ムラサ
2. ウニ画像
世界大百科事典
エゾバフン イイジマフクロウニ タワシウニ シラヒゲウニ(白鬚海胆) アカウニ ボウズガゼ ノナ クロガゼ オニガゼ かせ(ウニ) がぜ 塩ウニ ウニ田楽 ウニ
3. うに・うに【宇二・宇仁】兵庫県:加西市/油谷村
日本歴史地名大系
多可庄内の一村(郷)。正応二年(一二八九)五月日の僧快円・源有家連署父母遺領等配分状案(祇園社記)に有家分として「宇二」とみえ、これは多可庄内東部地域の宇二郷を
4. うに
日本国語大辞典
〉又土中より堀出す薪は、伊賀近江にもあり。石にあらず、土にあらず。〈略〉上品の炭より堅し。是をウニと云」*重訂本草綱目啓蒙〔1847〕五・石「石炭〈略〉伊州古山
5. うに【有弐】
日本国語大辞典
三重県多気郡の古地名。伊勢国多気郡七郷の一つ。現在の明和町、多気町の一帯。*二十巻本和名類聚抄〔934頃〕六「伊勢国 〈略〉多気郡 有弐〈宇爾〉」和名
6. うに【海胆・雲丹】画像
日本国語大辞典
〔名〕(1)棘皮(きょくひ)動物ウニ類の総称。殻は球形、または円盤形で、表面には多数のとげがある。ムラサキウニ、アカウニなど種類が多く、寒帯から熱帯にかけて広く
7. うに【海胆】
数え方の辞典
▲個、●腹、▲匹 食用部分を魚の卵と同じ「腹」で数えます。生物としては「匹」でも数えます。
8. 靈蠃子(うに)[海膽]
古事類苑
動物部 洋巻 第1巻 1671ページ
9. 雲丹(著作ID:549893)
新日本古典籍データベース
うに 隣水(りんすい) 俳諧 享保一〇刊
10. ウニウ
日本国語大辞典
〔名〕({アイヌ}uneu )「おっとせい(膃肭臍)」に同じ。*多識編〔1631〕四「膃肭獣 宇仁宇」*重訂本草綱目啓蒙〔1847〕四七・獣「膃肭獣 うにう〔多
11. ウニ原基
岩波 生物学辞典
ウニ類において,プルテウス幼生の体の左側にある水腔とそれに接するように外胚葉から形成される羊膜腔と呼ばれる腔所とを合わせた部分.後に変態が進むと,この部分が成体
12. ウニコール
日本国語大辞典
*浄瑠璃・平家女護島〔1719〕三「彼の唐土の独角獣(ウニカウル)といふ獣は、水上の悪毒をおのれが角にてそそぎ消し」*咄本・聞上手三篇〔1773〕うにかうる「一
13. うにしぐすく【ウニシグスク】沖縄県:久米島・渡名喜島・粟国島/久米島町/山城村
日本歴史地名大系
[現]久米島町山城 ウニシ岳からの峰続きにあり、高所は標高約一〇〇メートル、麓に近い平坦部は標高約七〇メートルに立地する。草創をはじめ来歴は不明。伝承では鬼が住
14. ウニス(〔エジ〕wn〓ś)
世界人名大辞典
描いた場面もみられ,古王国末期に起きたとされる北アフリカの気候悪化の前兆をみてとれるかもしれない.ウニスのピラミッドの墓室や通廊の壁面には,亡き王が来世に復活・
15. ウニタ
日本大百科全書
大するにつれ発行部数を伸ばし、最盛期の1960~70年代には30万部に及んだ。とくに日曜版は「ウニタ友の会」に支えられ120万部を達成した。90年代なかばに共産
16. ウニタ
世界大百科事典
最も有力な西欧共産党機関紙とされた。ベルリンの壁崩壊後のイタリア政界再編成で,共産党が分裂,《ウニタ》は左翼民主党(PDS)に同調したが機関紙ではない(他方,再
17. ウニタ
日本国語大辞典
({イタリア}L’Unità 「統一」の意)イタリア共産党の機関紙。一九二四年創刊。
18. ウニッコ柄(← フィンランド unikko)【2019】[外来語・カタカナ語【2019】]
現代用語の基礎知識
大柄のケシのような花柄模様。
19. ウニの水管系[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©Shogakukan
20. ウニの体制模式図[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
図はムラサキウニ©大片忠明
21. ウニの体制模式図(周口部と口器)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
図はムラサキウニ©大片忠明
22. ウニの発生[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
バフンウニから採取した卵を受精させて顕微鏡で観察したもの。(1)未受精卵(2)受精卵:受精膜が生ずる(3)2細胞期:2個の割球かっきゅうに分裂する(4)4細胞期
23. ウニの幼生の繊毛運動[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©Shogakukan
24. ウニボス
世界大百科事典
話であり,アンデルセンも〈大クラウス,小クラウス〉の名で再話している。ウニボスとは1頭の牛しかもっていない貧乏人の意。ウニボスとよばれる男が死んだ牛の皮が売れた
25. ウニマ
日本大百科全書
1920年代は「人形劇のルネサンス」とよばれた時代で、29年にチェコのプラハで国際人形劇展示会が開催され、そこでウニマが結成された。呼びかけ人はフランスのポール
26. ウニ類
岩波 生物学辞典
肛門が上面(反口面)の中央にある正形ウニ類(regularseaurchins)と,左右相称性が加わり肛門が下面(口面)の中央からずれた位置にある不正形ウニ類(
27. うに‐あえ[‥あへ]【雲丹和】
日本国語大辞典
〔名〕ウニを酒またはみりんで伸ばして、白身の魚、かまぼこ、烏賊(いか)などをあえたもの。〓[0]
28. うに‐おけ[‥をけ]【海胆桶】
日本国語大辞典
〔名〕ウニを入れる桶。*親俊日記‐天文八年〔1539〕八月一日「瑞竹へ筵二枚、うに桶遣〓之」
29. うに‐おこし【海胆起】
日本国語大辞典
〔名〕ウニを岩の間から掘りだす磯金(いそがね)の一種。〓[オ]
30. うに‐かまぼこ【雲丹蒲鉾】
日本国語大辞典
〔名〕(1)表面にウニを塗って蒸した蒲鉾。(2)塩のかわりにウニを摺(す)って入れた蒲鉾。〓[カ]
31. うに‐くさ【─草】
日本国語大辞典
〔名〕植物「かにくさ(蟹草)」の異名。*物類称呼〔1775〕三「海金砂 うにくさ 京にて、かにくさ又かんつると云」
32. うにごう【有弐郷】
国史大辞典
伊勢国多気郡にあった古代の郷。現在の三重県多気郡明和町有爾の付近。『和名類聚抄』にみえ、「宇爾」とよんでいる。郷内の有爾村に神宮の土師御器長がおり、由貴の御饌
33. うにごう【有弐郷】三重県:伊勢国/多気郡
日本歴史地名大系
「和名抄」高山寺本は「宇尓」、東急本は「宇爾」の訓を付す。「止由気宮儀式帳」には「天平賀宮柱諸木本、別置〓員弐仟余口
34. うに‐ず【雲丹酢】
日本国語大辞典
〔名〕練り雲丹を酒で溶いて、摺(す)り漉(こ)し、酢、みりん、酒などで適当に調味して伸ばしたもの。
35. うに‐せんべい【雲丹煎餠】
日本国語大辞典
〔名〕ウニ、バター、卵などを練り合わせて焼いた煎餠。ウニセンベ〓
36. うに‐つぼ【海胆壺】
日本国語大辞典
〔名〕ウニの殻(から)。うにの巣。〓[ニ]言海
37. うに‐でんがく【雲丹田楽】
日本国語大辞典
9〕四・海胆「是塩辛中の第一とす〈略〉海胆焼・海胆田楽(ウニデンガク)など、好事に任せてしかり」ウニデン
38. うに の 巣(す)
日本国語大辞典
「うにつぼ(海胆壺)」に同じ。
39. うに‐まめ【雲丹豆】
日本国語大辞典
〔名〕固く煎(い)ったソラマメに練り雲丹を塗った食品。〓[ニ]
40. うに‐むに【有無】
日本国語大辞典
〔副〕がむしゃらに。なにがなんでも。むやみに。*ロドリゲス日本大文典〔1604~08〕「Vnimuni (ウニムニ)」*こんふえっしょなりうむ(懺悔録)〔163
41. うにむら【宇丹村】鳥取県:八頭郡/智頭町
日本歴史地名大系
[現]智頭町奥本 栃本村の南方、奥本川の下流で同川に合流する谷川の流域に位置する。西は奥早野村。当村を通る山道は美作国勝北郡へと越える(因幡志)。中世は千土師郷
42. うにむら【宇根村】沖縄県:久米島・渡名喜島・粟国島/久米島町
日本歴史地名大系
[現]久米島町宇根 仲里間切東部に位置し、北は真謝村、南西は謝名堂村。東は東シナ海に面し、奥武島(西奥武島)・オーハ島(東奥武島)を望む。旧集落は登武那覇御嶽・
43. うにゃ
日本国語大辞典
〔名〕芝居者仲間の隠語。「うにゃざくら」の略で、うちすてにする意か。一説に、「うんにゃ」の略で、否定する意、すなわち無くする、無にする意かと。*歌舞伎・男伊達初
44. うにゃ‐ざくら【─桜】
日本国語大辞典
〔名〕物をうちすてにして放っておくことをいう、芝居者仲間の隠語。*滑稽本・戯場粋言幕の外〔1806〕下「そこら中ウ当身(あてみ)をきめて、グットうにゃ桜(ザクラ
45. うに‐やき【雲丹焼】
日本国語大辞典
烏賊(いか)などに塗って焼いた食品。*日本山海名産図会〔1799〕四・海胆「是塩辛中の第一とす〈略〉海胆焼(ウニヤキ)・海胆田楽など、好事に任せてしかり」*日本
46. う‐にゅう[‥ニフ]【舁入】
日本国語大辞典
〔名〕かつぎ入れること。*布令必用新撰字引〔1869〕〈松田成己〉「舁入 ウニフ カツキコム」
47. うにゅうむら【鵜入村】石川県:輪島市/旧輪島市地区
日本歴史地名大系
[現]輪島市鵜入町 光浦村の西、日本海に面した海岸、後背山地に立地。海岸線は象頭の端(現ゾウゾウ鼻か)と称する出崎や洞穴があり美景(能登名跡志)。筑前鐘崎(現福
48. う‐にょ【有如】
仏教語大辞典
一切万物のあるがままの真実のすがた。真如に同じ。 正法眼蔵 一顆明珠 「しかあればすなはちこの明珠の有如無始は無端なり。尽十方世界一顆明珠なり」
49. う‐にょう[‥ネウ]【右繞・右遶】
日本国語大辞典
〔名〕仏語。敬礼法の一つで、尊者の傍を右回りに回ること。転じて、仏像を安置した須彌壇や堂塔の周囲を回る作法をもいう。三遍回ることを右繞三匝(さんぞう)という。*
50. う‐にょう【右繞・右遶】
仏教語大辞典
敬礼法の一つ。尊者の傍を右回りに回ること。転じて、仏像を安置した須弥壇や堂塔の周囲を回る作法をもいう。 →右旋 →右遶三匝
「ウニ」の情報だけではなく、「ウニ」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

ウニと同じ魚・貝・海の生き物カテゴリの記事
ゼブラウツボ(日本大百科全書(ニッポニカ))
硬骨魚綱ウナギ目ウツボ科に属する海水魚。八丈島、屋久島(やくしま)、小笠原(おがさわら)諸島、南西諸島、台湾南部、南シナ海などインド洋・太平洋に広く分布する。体は細長く、側扁(そくへん)する。皮膚にはしわが多い。躯幹(くかん)部(胴部)は長く
チンアナゴ(日本大百科全書(ニッポニカ))
硬骨魚綱ウナギ目アナゴ科チンアナゴ亜科に属する海水魚。静岡県富戸(ふと)、高知県柏島(かしわじま)付近の太平洋沿岸、屋久島(やくしま)、南西諸島、小笠原(おがさわら)諸島、台湾南部、フィリピン、マダガスカルなどのインド洋・太平洋に広く分布する
ハモ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱ウナギ目ハモ科の魚類の総称、またはそのなかの1種。日本近海に分布するハモ科Muraenesocidaeは、ハモ属Muraenesoxの2種(ハモ、スズハモ)、ハシナガアナゴ属Oxycongerの1種(ハシナガアナゴ)、ワタクズハモ属Gavialicepsの1種(ワタクズハモ)の4種
ウナギ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱ウナギ目ウナギ科Anguillidaeの魚類の総称。ウナギ類は深海で産卵し、淡水域に入って成長する魚で、南北アメリカの西岸域、南アメリカ中・南部の大西洋域、アフリカ中・南部の大西洋域などを除く世界各地に分布する。分布の中心はセレベス海周辺などの東南アジアである
アワビ(日本大百科全書・世界大百科事典)
軟体動物門腹足綱ミミガイ科に属する巻き貝のうち、とくに食用に供されるような大形種の総称。[奥谷喬司]形態貝殻は螺旋が殻口へ向かって急に大きくなるため、通常の巻き貝とは著しく異なり耳形あるいは卵楕円形の浅い皿形をなす。螺塔は低く後方へ寄っている
魚・貝・海の生き物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「ウニ」は生き物に関連のある記事です。
その他の生き物に関連する記事
サバ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱スズキ目サバ科サバ亜科のうちサバ族に属する海水魚の総称。世界の熱帯から温帯域内の沿岸部に分布するが、とくに西太平洋からインド洋海域に多産し、この海域ではもっとも重要な漁獲物である。サバ族は2属6種で、サバ属3種とグルクマ属の3種が知られている
イワシ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱ニシン目に属する海水魚のうち、マイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシの総称、またはこれらの近縁種を含めたものの総称。ときにはマイワシだけをさすこともある。これらの魚種は、一般に漁獲量も多く、日本の水産上重要な種類であるばかりでなく、魚をはじめ
アナゴ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱ウナギ目アナゴ科Congridaeに属する海水魚の総称。日本近海では北海道以南の各地に産する。体はほぼ円柱状で、尾部は多少側扁(そくへん)する。目はよく発達し、ときには非常に大きい。鱗(うろこ)はないが、側線はある。腹びれはなく、胸びれを欠く
キュウリ(日本大百科全書・世界大百科事典)
ウリ科(APG分類:ウリ科)の一年生つる草。インドのヒマラヤ山麓(さんろく)原産で、インドでは3000年以前から栽培された。中国へは漢の時代に張騫(ちょうけん)(?―前114)によって西域(せいいき)から導入されたと伝えられ、このことから胡(こ)(西
タコ(日本大百科全書・世界大百科事典・新選漢和辞典)
軟体動物門頭足綱八腕形目に属する動物の総称。[奥谷喬司]▲形態この目Octopodaの仲間の体は柔らかく、一見頭のようにみえる丸い外套(がいとう)膜の袋は胴で、この中に心臓、肝臓、消化管、生殖巣などの内臓が収まっている。本来の頭部は目のあるところで、
生き物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る