ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. 伝統芸能
  8. >
  9. 祭事・行事
  10. >
  11. 中元

ジャパンナレッジで閲覧できる『中元』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典

日本大百科全書(ニッポニカ)

中元
ちゅうげん

本来は、1月15日の上元、10月15日の下元と並ぶ中国の道教の三元信仰の一つで、陰暦7月15日をいう。善悪を判別し人間の罪を許す神(地宮)を祭る贖罪 (しょくざい)の日とされたが、これが仏教の盂蘭盆会 (うらぼんえ)と結び付いて祖先崇拝行事になった。日本ではこの日に、祖霊を祭り、半年生存の息災を祝って親類縁者が互いに訪問しあって交情を深め、仏に物を供え、死者の霊の冥福 (めいふく)を祈り、祖霊との共食を意味して白米、麺 (めん)類、菓子、果物などを贈る習わしがあり、江戸時代はとくに盛んに行われたが、現在はこの贈答を中元とよぶようになった。盆供 (ぼんく)、盆歳暮 (ぼんせいぼ)、盆見舞いなどとよぶ地方もあり、新盆の家には提灯 (ちょうちん)を贈る風習や、盆ざかなと称してとくになまぐさものを使う例もみられる。近年は商業政策上、先輩、上役、上司、得意先などへ中元の贈り物をする風習がおこり、扇、手拭 (てぬぐい)、食料、飲料などが用いられるが、夏季手当を「素麺 (そうめん)料」として従業員に配る会社や商店などもみられる。

[丸山久子]



世界大百科事典

中元
ちゅうげん

陰暦7月15日。三元の一つ(上元)。道教では,人の罪を許す地官の誕生日とみなし,道士が経典を読んで亡者を済度した。また仏教では,《盂蘭盆経(うらぼんきよう)》等に見える目連(もくれん)尊者の孝行譚(たん)により,六朝後期以来,寺院では盛大な盂蘭盆会が開かれ,迷える亡者を済度した。このため後世,鬼節(鬼は亡霊の意)とも呼ばれる。こうして六朝の終りには,中元はすでに道教・仏教共通の祭日となり,家々では墓参に出かけ,各寺院では,供養を受けに訪れる諸霊の乗る法船を作り,夜それを焼いた。南宋以降,放河灯(灯籠流し)も行われ,元・明以後,荷葉灯や〓花灯が作られて,子どもたちは夜,それに火をともして町をねり歩いた。現在,灯籠流しだけは一種の観光行事として行われる。
[植木 久行]

日本の民俗

中元という語は,本来は単に7月15日のことを指したが,日本では近代に至りこれにちなむ贈答が慣習化した。近世までの文献にはこの日とくに贈答を行った記事はみられず,この贈答の成立には古くからあった盆礼,八朔(はつさく)礼,暑中見舞などの贈答習俗がかかわっている。とくに盆は祖霊の供養にとどまらず,生御霊(いきみたま)と称し存命の父母に子どもらが魚を贈る習慣があったが,これが親族間の供物のやりとりに,さらには近代の都市の発達による交際関係の拡大に伴い贈答の範囲も広がって,今日みるような歳暮(せいぼ)同様のふだん世話になる者への礼としての贈物となった。そのため盆礼本来の意味を失ったことから中元の称を当てるにいたったものと思われるが,今でも関西はじめ旧盆を行う東京以外の地域では,中元も盆に合わせ8月に贈るところが多い。こうした贈答が定着し始めたのは,一説には明治30年代といわれ,大売出しを催す百貨店等の商業主義も深く影響している。以後たのみの節供とも呼ばれ平素の恩顧に感謝する八朔の贈答も同じ意義をもつため廃れ,同様に暑中見舞も贈物を欠き書状のみで済ますようになった。
→贈物
[岩本 通弥]

[索引語]
地官 目連 盂蘭盆会 鬼節 灯籠流し 贈答 八朔(行事) 暑中見舞 生御霊 贈物 たのみの節供


日本国語大辞典

ちゅう‐げん 【中元】

解説・用例

〔名〕

(1)三元の一つ。陰暦七月一五日の称。元来、中国の道教の説による習俗であったが、仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)と混同され、この日、半年生存の無事を祝うとともに、仏に物を供え、死者の霊の冥福を祈る。《季・秋》

*実隆公記‐延徳二年〔1490〕七月一五日「十五日〈略〉中元祝著之儀如〓例」

*俳諧・去来抄〔1702~04〕故実「一句に釈教なしといふとも、已に盆と呼ばば釈教ならんか。中元といふ類にはあらず。いとふしん也」

*談義本・教訓不弁舌〔1754〕三・〓蓮の精無愁演「中元(チウゲン)の祝ひに蓮を敷て飯をしていわふ」

*諸国風俗問状答〔19C前〕阿波国高河原村風俗問状答・七月・六九「此月十五日、中元、魂祭と申て」

(2)(1)の時期の贈り物。七月初めから一四、五日ごろまでに贈答する。《季・秋》

*東京年中行事〔1911〕〈若月紫蘭〉七月暦「お年玉宛がらの所謂お中元(チュウゲン)の贈答が盛に行はれる」

発音

チュー〓

〓[0]〓(0)

辞書

文明・易林・ヘボン・言海

正式名称と詳細

表記

中元文明易林ヘボン言海


ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
中元の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 1010
検索コンテンツ
1. 中元
日本大百科全書
麺めん類、菓子、果物などを贈る習わしがあり、江戸時代はとくに盛んに行われたが、現在はこの贈答を中元とよぶようになった。盆供ぼんく、盆歳暮ぼんせいぼ、盆見舞いなど
2. 中元
世界大百科事典
となった。そのため盆礼本来の意味を失ったことから中元の称を当てるにいたったものと思われるが,今でも関西はじめ旧盆を行う東京以外の地域では,中元も盆に合わせ8月に
3. ちゅう‐げん【中元】
日本国語大辞典
〈略〉中元祝著之儀如〓例」*俳諧・去来抄〔1702~04〕故実「一句に釈教なしといふとも、已に盆と呼ばば釈教ならんか。中元といふ類にはあらず
4. ちゅう-げん【中元】
全文全訳古語辞典
〔名詞〕陰暦七月十五日の呼び名。もと、中国の道教で、「上元(一月十五日)・下元(十月十五日)」に対する節日として祝ったことが一般化し、仏教の盂蘭盆と混同して、仏
5. 中元(ちゅうげん)
古事類苑
歳時部 洋巻 第1巻 153ページ
6. ちゅう‐げん【中元】
仏教語大辞典
二・盆会 「正月十五日を上元とし、七月十五日を中元とし、十月十五日を下元と称す。(略)仏門盆会の盛に行れ、又は半年の限斉なるより、七月十五日を大節とする故に、中
7. 中元(ちゅうげん)[逸年號]
古事類苑
歳時部 洋巻 第1巻 344ページ
8. なかもと【中本・中元】
日本国語大辞典
姓氏の一つ。〓[カ]
9. 【中元】ちゅう(ちう)げん
新選漢和辞典Web版
三元の一つ。陰暦七月十五日。盂蘭盆(うらぼん)の行事をして、先祖をとむらう。 ②《国》中元の贈り物。お中元
10. ちゅうげん【中元】[標準語索引]
日本方言大辞典
ぼんが / ぼんく / ぼんせーぼ / みたまちゅうげん:中元の挨拶に行くことぼんみまいちゅうげん:中元の贈り物つかいかた
11. ちゅうげん【中元】[標準語索引]
日本方言大辞典
ぼんが / ぼんく / ぼんせーぼ / みたまちゅうげん:中元の挨拶に行くことぼんみまいちゅうげん:中元の贈り物つかいかた
12. なかむーとぅ【中元】[方言]
日本方言大辞典
(「中ごろの先祖」の意から)分家の先祖。 沖縄県首里993沖縄語辞典(国立国語研究所)1963
13. 中元
古事類苑
歳時部 洋巻 第1巻 1249ページ
14. ちゅうげん【中元】
国史大辞典
⇒盆(ぼん)
15. ちゅうげん‐うりだし【中元売出】
日本国語大辞典
〔名〕商店が、中元の時期に行なう売出し。*秋立つまで〔1930〕〈嘉村礒多〉「今年も亦、中元売出しの意匠を凝らした華やかな装飾が施された」チュー
16. ちゅうげん‐じつ【中元日】
日本国語大辞典
〔名〕「ちゅうげん(中元)(1)」に同じ。*俳諧・増山の井〔1663〕七月「中元日(チウゲンジツ〈注〉チウケンノヒ) 十五日の事也 中元節とも」*
17. ちゅう‐もとゆい[‥もとゆひ]【中元結】
日本国語大辞典
〔名〕御殿女中用語で、平元結(ひらもとゆい)の異称。丈長紙(たけなががみ)を平たくたたんでつくった元結。「奥女中袖鏡‐平
18. ちゆうがんじむら【中元寺村】福岡県:田川郡/添田町
日本歴史地名大系
掛(池からの用水)がある。明治一九年(一八八六)上中元寺村と下中元寺村が合併して中元寺村となる(添田町史)。字宮の森に鎮座する諏訪神社は上中元寺の産土神。宮司の
19. なかもといべようすい【中元井部用水】福井県:武生市/旧南条郡地区/平吹村
日本歴史地名大系
中平吹と南条郡南条町の上平吹の中間で日野川の水をせき止めて日野川左岸を北流させ、武生市街の西方一帯を灌漑する用水。設置時期は不明であるが、その受益地域は四郎丸・
20. 中元噂掛鯛(著作ID:1420913)
新日本古典籍データベース
ちゅうげんうわさのかけだい 三好松洛(みよししょうらく) 竹本嘉蔵(たけもとよしぞう) 浄瑠璃/義太夫 明和六初演
21. さんかんたいてい【三官大帝】(Sānguāndàdì)
世界人名大辞典
上元一品天官賜福紫微帝君 地官大帝の異称:中元二品地官赦罪大帝; 中元二品七気赦罪地官清虚大帝; 中元二品地官赦罪青霊帝君 水官大帝の異称:下元三品水官解厄大
22. 年家中元図(著作ID:3567280)
新日本古典籍データベース
ねんかちゅうげんず 中元歳九星 年家中元図 占卜 
23. 御中元 【12か月のきまりごと歳時記】
生活便利帳
これに中国から伝わった中元の行事が結びついて、江戸時代以降、親戚や知人、お世話になっている人にごあいさつを贈る習慣として定着したと言われています。こうしたことか
24. お中元・お歳暮を贈る 【マナーと常識事典】画像
生活便利帳
贈る(お中元・お歳暮を贈る)贈り物のマナー夏と暮れに感謝の気持ちを贈るお中元やお歳暮は、お世話になっている人に、日頃のおつき合いに対するお礼を品物に託して届ける
25. かみちゆうがんじやくしどう【上中元寺薬師堂】福岡県:田川郡/添田町/中元寺村
日本歴史地名大系
[現]添田町中元中元寺川に設けられた陣屋ダムの北にある上中元寺地区の陣屋にある。薬師堂縁起(現存せず)によると、永延年中(九八七―九八九)恵心僧都(源信)が
26. かんちゅう-げんし【寰中元志】
日本人名大辞典
1346−1428 南北朝-室町時代の僧。貞和(じょうわ)2=正平(しょうへい)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。肥後(熊本県)正観寺の大方元恢(たいほう-げんか
27. 竹中元彦[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:1件 【逐次刊行物】:0件 『渭川』三宅章一(著刊)
28. たなか-もとかつ【田中元勝】
日本人名大辞典
1782−1849 江戸時代後期の医師,国学者。天明2年生まれ。肥後熊本藩医。国史にも通じた。嘉永(かえい)2年7月13日死去。68歳。名は服(ふく)。字(あざ
29. 田中元勝[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:0件 【逐次刊行物】:1件 『肥後の碩学田中元勝』浅井由章
30. 田中元之進[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:0件 【逐次刊行物】:1件 『田中元之進教授』-
31. 田中元彦[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:1件 【逐次刊行物】:0件 『われらが兄弟』田中元
32. 田中元広[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:0件 【逐次刊行物】:1件 『広瀬六左衛門雑記抄 30』洗雲荘
33. 野中元右衛門[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:1件 【逐次刊行物】:0件 『仏国行路記 附野中古水伝』-
34. りちゅう-げんれい【履中元礼】
日本人名大辞典
?−1413 室町時代の僧。臨済(りんざい)宗。筑前(ちくぜん)(福岡県)聖福寺の南嶺(なんれい)子越の法をつぐ。京都天竜寺住持となり,金剛経を講じ,足利義持邸
35. 特集 コロナ激変 不動産 インタビュー 投資家の視点(3) 中元克美 住宅地近郊にオフィス需要 サテライトファンドを検討
週刊エコノミスト 2020-21
メザニン債権全体の運用規模は350億円程度だ。国内の不動産会社からの相談依頼は今年上期は2割増と強い。 (中元克美、ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント社長)
36. 御家中元御家人筋目ノ家(著作ID:4319691)
新日本古典籍データベース
ごかちゅうもとごけにんすじめのいえ 記録 
37. 後嵯峨院院中元三御幸始部類記(著作ID:2621901)
新日本古典籍データベース
ごさがいんいんちゅうがんざんごこうはじめぶるいき 四条隆行(しじょうたかゆき) 部類記 
38. 三五懐中元本(著作ID:1166796)
新日本古典籍データベース
さんごかいちゅうげんぽん 雅楽 
39. 天保十五年従中元至歳末贈答控(著作ID:4405296)
新日本古典籍データベース
てんぽうじゅうごねんちゅうげんよりさいまつにいたるぞうとうひかえ 記録 
40. 唐建中元年在銘堂扱拓本(著作ID:4366017)
新日本古典籍データベース
とうけんちゅうがんねんざいめいどうそうたくほん 
41. 1324年〈正中元(12・9) 甲子〉
日本史年表
【政治・経済】 2・29 幕府,本所一円地・寺社領の悪党追捕のための守護入部等や,僧侶の在京禁止等の事書を朝廷に申し入れる(華頂要略)。 8・25 六波羅
42. 1372年〈【北朝】応安5・【南朝】文中元(4・‐) 壬子〉
日本史年表
【政治・経済】 1・22 北朝, 一乗院実玄 ・ 大乗院教信両門主 らを還俗,遠流に処する(後愚昧記)。 4・15 幕府,禅院の両班任期の下限と僧員の数を
43. 1384年〈【北朝】至徳元(2・27)・【南朝】元中元(11・5以前) 甲子⑨〉
日本史年表
【政治・経済】 2・23 肥前 松浦党 46人,一揆の契約を結ぶ(松浦山代文書)。 この春 如瑤 を明に派遣(南方紀伝)。 【社会・文化】 この春 無文
44. お‐ちゅうげん【御中元】
日本国語大辞典
〔名〕(「お」は接頭語)〓ちゅうげん(中元)(2)
45. お礼状/送り状 【マナーと常識事典】
生活便利帳
◆お中元のお礼(仲人から新婚のふたりへ)手紙のマナー仲人から新婚のふたりへお中元のお礼毎年の気づかいに恐縮しているのであれば、辞退を申し出てもよいでしょう。やん
46. [コラム]こんなときの贈り物、どうすればいいんだろう? 【マナーと常識事典】
生活便利帳
、相手を気づかうメッセージか手紙を添えるとよいでしょう。Q:付き合いがないのに贈られてくる「御中元」「御歳暮」を断りたい場合は?A:それほど親しくしていないし、
47. BABYMETAL
イミダス 2018
ベビーメタル。アイドルグループ。 SU-METAL(中元すず香、1997年12月20日、広島県生まれ)、YUIMETAL(水野由結、99年6月20日、神奈川県
48. いんしき【陰識】(Yīn Shí)
世界人名大辞典
指揮を委ねられた.その言動は穏健で劉秀の信頼も厚く,外戚の模範とされた.明帝の即位[57:建武中元2]後,正式に執金吾に任じられ特進の地位を与えられた.〖文献〗
49. さんぼうしんくん【三茅真君】(Sānmáozhēnjūn)
世界人名大辞典
保命真君 敬称:三官保命小茅君 中国の神仙である大茅君(前145[景帝中元5]~?),中茅君(前143[景帝後元1]~?),小茅君(前141[景帝後元3]~?
50. しばしょうじょ【司馬相如】(Sīmǎ Xiāngrú)
世界人名大辞典
うよう),枚乗(ばいじょう),厳忌(げんき)らと意気投合して梁に移る.劉武の死[前144:景帝中元6]により帰郷.富豪卓王孫の宴席に招かれ琴を弾いたのが機縁とな
「中元」の情報だけではなく、「中元」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

中元と同じ祭事・行事カテゴリの記事
田楽(国史大辞典・新版 能 狂言事典・改訂新版 世界大百科事典)
広義には稲作に関する芸能の総称として用いるが、狭義には田楽躍(おどり)を本芸とする職業芸能者が演じる芸能をいう。また田植の囃しや田楽躍に用いる太鼓を称する場合もある。広義の田楽は、(1)田植を囃す楽、(2)職業芸能者である田楽法師による芸能
民俗芸能(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
地域社会の中で、住民の信仰や風俗・習慣と結び付きながら伝承してきた郷土色ゆたかな芸能。郷土芸能・民間芸能などともいう。祭や宴遊・講などを主な伝承の場とし、特に農耕の祭に呪術的機能を買われて演じられ、また芸能をもって成人教育とするなど
大日堂舞楽(改訂新版 世界大百科事典・日本大百科全書)
民俗芸能。秋田県鹿角市八幡平字小豆沢(あずきざわ)の大日堂(大日孁貴(おおひるめむち)神社)で,1月2日に行われる祭事芸能。小豆沢,大里,谷内,長嶺の4集落の能衆によって舞われる。能衆は世襲で,それぞれの集落に所伝の舞がある
壬生の花田植/佐陀神能(イミダス)
「壬生(みぶ)の花田植(はなたうえ、はなだうえ)」は広島県北広島町に伝わる稲作儀礼で、一説に鎌倉時代の発祥とも言われる。華やかに飾り立てた牛に代掻(しろか)きをさせた田で、紺の単衣(ひとえ)に菅笠(すげがさ)姿の早乙女たちが太鼓や笛、鉦(かね)などに合わせて
精霊流し(国史大辞典・日本大百科全書)
盆行事の最終段階で、精霊を送り出す儀礼。先祖の霊は、七月十三日の精霊迎えを経て、十五日または十六日夕方まで各家に滞在したのち、精霊流しによって、再びあの世へ送り返されると信じられていた。祖霊をはじめ、死者の霊は山の彼方の世界に行っているが
祭事・行事と同じカテゴリの記事をもっと見る


「中元」は祭・祭事・イベントに関連のある記事です。
その他の祭・祭事・イベントに関連する記事
べったら市(日本大百科全書・世界大百科事典)
10月19日(もとは旧暦)東京・日本橋の大伝馬町と小伝馬町を結ぶ街路で開かれる浅漬け大根(べったら漬け)の市。本来は恵比寿講(えびすこう)(20日)のための道具、供え物の塩鯛(だい)、恵比寿大黒(だいこく)の神像などを売る市であったが、のちにべったら
ハローウィン(日本大百科全書・世界大百科事典)
本来は聖夜の意味。イギリスでは10月31日の夜、カボチャなどのウリ類をくりぬいて提灯(ちょうちん)をつくり、藁(わら)人形やムギの穂でさまざまの動物をつくり、仮面、仮装して行列し、広場のたき火の周りで歌ったり踊ったりし、最後に人形を燃やす。これは古い
時代祭(日本大百科全書・国史大辞典)
京都市左京区岡崎にある平安神宮の祭礼。桓武(かんむ)天皇が平安京に遷都した日を記念して、10月22日に行われる。平安神宮は桓武天皇を祭神に(のち孝明(こうめい)天皇も合祀(ごうし))、平安奠都(てんと)1100年を記念して1895年(明治28)創建
送り火(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
門火(かどび)ともいい、一般には盆が終わり、精霊(しょうりょう)を送るため、家の入口、四つ辻(つじ)、墓などで焚(た)く火のこと。所によっては葬式の出棺のまぎわ、あるいは婚礼のおり娘が生家を出るとき、家の入口で火を焚く習俗があり、これも送り火とか門火
長月(日本大百科全書・日本国語大辞典)
陰暦9月の異称。語源は明らかではないが、中古以来、夜がようやく長くなる月の意の夜長月の略称といわれてきた。稲熟(いなあがり)月、稲刈(いなかり)月、穂長月などが変化したものとする説もあり、近時では、9月は5月と並ぶ長雨の時季で「ながめ」とよぶ物忌みの
祭・祭事・イベントに関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る