ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 物語・伝記・散文・読本・滑稽本・噺本
  10. >
  11. このついで 堤中納言物語

このついで 堤中納言物語

ジャパンナレッジで閲覧できる『このついで 堤中納言物語』の日本古典文学全集のサンプルページ

新編 日本古典文学全集
このついで(堤中納言物語)
このついで(つつみちゅうなごんものがたり)
【閲覧画面サンプル】
このついで(堤中納言物語) 全体

【上記の拡大画像】
このついで(堤中納言物語) 拡大

【現代語訳】
〔一〕 「起きもせず寝もせで夜をあかしては」と古歌に詠まれた春雨を、中宮が物思わしげに眺めていらっしゃる昼のころ、台盤所にいる女房たちが、「宰相中将様がいらっしゃるのですね。いつものお召し物の薫物のにおいが、ほら、あんなに」と騒いでいるうちに、中将はもう中宮の御帳の前におひざまずきになって、「昨夜から父の邸に宿直していましたところ、そこからすぐお使いを申しつかりまして。『東の対の紅梅の下に埋めておかれた薫物を、今日のお退屈しのぎにお試しなさいませ』という父からの口上で」と差し出したのは、すばらしい紅梅の枝に、薫物を入れた銀の壺二つをお付けになった物であった。女房の中納言の君が薫物を取り次いで、御帳の内の中宮に差し上げなさる。中宮は数々の香炉で、さっそく若い女房たちにこの薫物をお試しなさせになって、ご自分もちょっとお覗きになり、御帳のそばの御座所で横になっておくつろぎになった。若向きの紅梅色の袿の上に、中宮の豊かに波打つ御黒髪の端だけが、御帳の陰から拝されて、女房のだれかれ三、四人が、御

【目次】
このついで(扉)梗概〔一〕第一話――「火取のついで」の物語〔二〕第二話――清水参籠の回想〔三〕第三話――東山での物語

上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


このついで 堤中納言物語の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 28
検索コンテンツ
1. 堤中納言物語画像
日本大百科全書
盗み出そうとした主人公が、姫君を案じてきていた祖母の尼君あまぎみを車に乗せてきてしまう失敗譚たん。〔このついで〕3人の女房が語り継ぐ構成で、子までなした姫君の歌
2. 堤中納言物語
世界大百科事典
らかの作為とみるほうが自然か。なお,《異本堤中納言物語》は擬古物語《小夜衣(さよごろも)》の前半の伝本の誤称である。松尾 聰 花桜折る少将 このついで 虫めづる
3. つつみちゅうなごんものがたり【堤中納言物語】
日本国語大辞典
わが国最初の短編物語集。一〇巻一〇冊。「花桜折る少将」「このついで」「虫めづる姫君」「ほどほどの懸想」「逢坂越えぬ権中納言」「貝合」「思はぬ方にとまりする少将」
4. つつみちゅうなごんものがたり【堤中納言物語】
国史大辞典
小式部という作者名も判明している。その他の諸作は成立年代も作者名も不詳であるが、『花桜折る少将』『このついで』『ほどほどの懸想(けそう)』『貝合』などの諸篇は、
5. あらら‐か【荒─】
日本国語大辞典
001~14頃〕帚木「なみなみの人ならばこそあららかにも引きかなぐらめ」*堤中納言物語〔11C中~13C頃〕このついで「風いとあららかに吹きて、木の葉ほろほろと
6. いで‐・く【出来】
日本国語大辞典
ままに、ほかにはかかる人もいでくまじきにやとやむごとなきものにおぼして」*堤中納言物語〔11C中~13C頃〕このついで「いとうつくしきちごさへいできにければ」*
7. おし‐いだ・す【押出】
日本国語大辞典
だら女は、このらごらの五つ六つばかりなるを、すだれの内よりをしいだして」*堤中納言物語〔11C中~13C頃〕このついで「几帳のほころびより、櫛のはこの蓋(ふた)
8. 落窪物語 176ページ
日本古典文学全集
り。<わが御おぼえばかり>と思すらむ人、うちあふべく  切って用いる場合がある。『堤中納言物語』の「このついで」はそうした場面を描いている。「ばら」は複数を表す
9. おとな‐だ・つ【大人立】
日本国語大辞典
ちごどもなどは「受領(ずりゃう)などおとなだちぬるも、ふくらかなるぞよき」*堤中納言物語〔11C中~13C頃〕このついで「おとなだつ宰相(さいしゃう)の君、『何
10. おもい‐こが・れる[おもひ‥]【思焦】
日本国語大辞典
たゆるときなく、むすめどもも思こがるるを、舟道ゆゆしとかつはいさめけり」*堤中納言物語〔11C中~13C頃〕このついで「子だにかくあくがれ出でば薫物(たきもの)
11. かき‐ざま【書様】
日本国語大辞典
4頃〕明石「みちのくにがみに、いたう古めきたれど、かきざまよしばみたり」*堤中納言物語〔11C中~13C頃〕このついで「かきざまゆゑゆゑしうをかしかりしを見しに
12. かまえ‐い・ず[かまへいづ]【構出】
日本国語大辞典
*源氏物語〔1001~14頃〕賢木「このついでに、さるべき事どもかまへいでむに、よきたよりなりとおぼしめぐらすべし」(2)こしらえだす。*堤中納言物語〔11C中
13. きん‐だち【公達・君達】
日本国語大辞典
おもしろき宮にひとり住みにて、男女きんたちをも、みなひとつに迎へよせて」*堤中納言物語〔11C中~13C頃〕このついで「あるきんたちに、しのびて通ふ人やありけむ
14. こう‐ばい【紅梅】
日本国語大辞典
頃〕浮舟「濃ききぬにこうばいの織物など、あはひをかしう著かへて居給へり」*堤中納言物語〔11C中~13C頃〕このついで「こうばいの織物の御衣に、たたなはりたる御
15. 国文学全史 2 平安朝篇 285ページ
東洋文庫
堤中納言物語』  『堤中納言物語』は普通の順序で、「花桜折る少将」「このついで」「虫めづる姫君」「ほどほどの懸想」「逢坂 越えぬ権中納言」「貝合せ」「思はぬ方
16. さかし・い【賢】
日本国語大辞典
頃〕若菜上「さかしき下人も、なびきさぶらふこそ、たよりあることに侍らめ」*堤中納言物語〔11C中~13C頃〕このついで「いづら、少将の君とのたまへば、さかしうも
17. 沙石集 256ページ
日本古典文学全集
中で香を焚いたりする。「子だにかくあくがれ出でば薫物のひとりやいとど思ひこがれむ」(『堤中納言物語このついで)。鹿は春日明神の神使とされた動物。
18. たえま‐がち【絶間勝】
日本国語大辞典
1130頃か〕八「さやうにて通ひ給ふほどに、心すこし変りたえまがちなり」*堤中納言物語〔11C中~13C頃〕このついで「ある君達(きんだち)に、しのびて通ふ人〈
19. たたなわ・る[たたなはる]【畳】
日本国語大辞典
たたなはり、つるばみのきぬやれくづれ、したうづやれてせうすいしたる人の」*堤中納言物語〔11C中~13C頃〕このついで「紅梅の織物の御衣に、たたなはりたる御髪の
20. たち‐どま・る【立止・立留】
日本国語大辞典
とこ君はたちとまりたる心地も、いと人わろく、胸ふたがりて、わが御方に、ふし給ひぬ」*堤中納言物語〔11C中~13C頃〕このついで「ほど経てたちよりたりしかば、い
21. つい‐・いる[‥ゐる]【─居】
日本国語大辞典
~999頃〕吹上上「まづふきあげの宮にはひいりて、君の御まへについいる」*堤中納言物語〔11C中~13C頃〕このついで「宰相中将こそ参り給ふなれ。例の御にほひい
22. つ・ぐ【継・接・続・次・注】
日本国語大辞典
はつぎてふらなんわがやどのすすきおしなみふれるしらゆき〈よみ人しらず〉」*堤中納言物語〔11C中~13C頃〕このついで「つれづれにおぼしめされて侍るに、申させ給
23. 堤中納言物語 494ページ
日本古典文学全集
女の歌を聞いて男が翻意する話は『伊勢物語』二十三段、『大和物語』百五十七、百五十八段、『堤中納言物語』「このついで」の第一話など多い。急に気が変った男は今までの
24. 帚木(源氏物語) 56ページ
日本古典文学全集
「見どころ」を敬語化したもの。「ついでに」として論談の場に移るのは、語り物らしい趣向。『堤中納言物語』の「このついで」などに類例がある。「しも(めでたし)」。「
25. もの‐へだ・つ【物隔】
日本国語大辞典
4頃〕初音「かく、ののしる馬・車の音をも、物へだててききたまふ御方々は」*堤中納言物語〔11C中~13C頃〕このついで「ものへだててのけはひのいと気高う、ただ人
26. 夜の寝覚 42ページ
日本古典文学全集
中納言の平常がうかがわれる。中納言の思うとおり。案の定。以下、宮の中将の思い出話。語り口が『堤中納言物語』の「このついで」などに似る。また歌語りの土壌もこうした
27. わ・げる【綰】
日本国語大辞典
し、日月曲(ワケ)て臨て」*色葉字類抄〔1177~81〕「曲 ワゲタリ」*堤中納言物語〔11C中~13C頃〕このついで「たけに一尺ばかりあまりたるにやと見ゆる髪
28. わらい‐まぎらわ・す[わらひまぎらはす]【笑紛】
日本国語大辞典
〔他サ五(四)〕笑うことによって、真相を把握しにくくさせる。笑ってはぐらかす。*堤中納言物語〔11C中~13C頃〕このついで「誰とも言はで、いみじくわらひまぎら
「このついで 堤中納言物語」の情報だけではなく、「このついで 堤中納言物語」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

このついで 堤中納言物語と同じ物語・伝記・散文・読本・滑稽本・噺本カテゴリの記事
うつほ物語(宇津保物語)(日本古典文学全集・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安時代の物語。題名は首巻の「俊蔭」の巻で、主人公の仲忠が母と杉の洞穴で生活したことによる。従来「宇津保」と書かれていたが、変体仮名の原漢字を用いたもので、題意からは「うつほ(ウツオ)」がよい。成立時代は円融朝(969~984)~
落窪物語(日本古典文学全集・日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
〔一〕今は昔のこと、中納言である人で、姫君を大勢持っていらっしゃった方がおられた。長女や次女の君には婿を迎えて、それぞれ西の対、東の対に派手に住まわせ申しあげなさって、「三女、四女の君には裳着の式をして差し上げよう」と、大事にお世話なさる
唐物語(国史大辞典・世界大百科事典)
中国説話二十七篇を歌物語風に翻訳した物語。一冊。前田綱紀の手記『桑華書志』所収の『古蹟歌書目録』は『漢物語』として作者を藤原成範と伝える。これが『唐物語』を指す蓋然性は高く、院政期の成立と見てよい。各話は王朝物語にもしばしば引用される著名な人物が配される。
とりかへばや物語(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代末期の物語。運命のいたずらで女装、男装を余儀なくされた異腹の兄妹の物語。作者未詳。三巻三冊または四巻四冊。『とりかへばや』には古本と今本とがあり、古本は散佚、古本を改作した「今とりかへばや」が『とりかへばや』『とりかへばや物語』の名で現存する。
今鏡(日本大百科全書・世界大百科事典)
平安末期の歴史物語。1170年(嘉応2)成立説とそれ以後とする説とがあり、作者は藤原為経(寂超)説が有力。『大鏡』を受けて、1025年(万寿2)から1170年までの歴史を、座談形式を用い、紀伝体で叙述したもの。巻1~3は後一条天皇から高倉天皇までの帝紀、巻4~6は藤原氏
物語・伝記・散文・読本・滑稽本・噺本と同じカテゴリの記事をもっと見る


「このついで 堤中納言物語」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
男色大鑑(日本古典文学全集)
色はふたつの物あらそい 神々が空に輝いていた御代の初め、天の浮橋の川原に住んでいた鶺鴒という鳥に教えられて、国常立尊は衆道に基づいて日の千麿の尊をお愛しなさった。すべての虫までも、男色の体位をとっているので、日本を蜻蛉国ともいうのである。
好色敗毒散(日本古典文学全集)
第一 長崎船 あなたはご存じだろう、備前焼の水瓶は、大きいが値段が安い。名物の茶入れは、小さいけれどもその価格は千両もすることである。この理法からすると天竺・震旦は国土が広大であるといっても、小国のわが日本には、はるかに劣っているのも、道理なのだなあ
かなめいし(仮名草子集)(日本古典文学全集)
春が過ぎ夏も来て、その夏もしだいに半ばになると、藤や山吹の散った後、続いて咲く垣根の卯の花、大和撫子。庭もさながら錦を敷いたかと思える中、千葉・万葉・梨月・名月などというさつきも、とりどりにほころび始める。山ほととぎすは声の限り盛んに鳴き
おくのほそ道(日本大百科全書・世界大百科事典)
芭蕉(ばしょう)の俳諧(はいかい)紀行。1689年(元禄2・芭蕉46歳)の3月27日、門人河合曽良(かわいそら)を伴って江戸を旅立ち、奥羽、北陸の各地を巡遊、8月21日ごろ大垣に入り、さらに伊勢(いせ)参宮へと出発するまでの、約150日間にわたる旅を
世間胸算用(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
浮世草子。五巻五冊。井原西鶴作。元禄五年(一六九二)正月刊。各巻四章、合計二十編の短編を集めた町人物。題名の下に「大晦日(おおつごもり)は一日千金」と副題し、また、「元日より胸算用油断なく、一日千金の大晦日をしるべし」(序文)と記すように、当時の経済
古典文学に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶