ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 古典
  8. >
  9. 法話・写経・経典・仏典・装飾経・仏教書
  10. >
  11. 三宝絵詞

三宝絵詞

ジャパンナレッジで閲覧できる『三宝絵詞』の東洋文庫・国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典のサンプルページ

東洋文庫
三宝絵 平安時代仏教説話集
さんぽうえへいあんじだいぶっきょうせつわしゅう
東洋文庫513
源為憲 出雲路修校注
平安中期,出家した尊子内親王に源為憲が献じた仏教入門書。表題には「絵」とあるが,絵は失われて詞書だけがのこる。本生譚,経典の功徳,仏教・年中行事などを内容とする。
1990年01月刊

【閲覧画面サンプル】
三宝絵 平安時代仏教説話集 全体

【上記の拡大画像】
三宝絵 平安時代仏教説話集 拡大

【目次】
表紙
(扉)
三宝絵 序
三宝絵 上  仏宝
三宝絵 中  法宝
三宝絵 下  僧宝

解説  出雲路 修
裏表紙


国史大辞典

三宝絵詞
さんぼうえことば
平安時代の仏教説話集。源為憲編。三巻。永観二年(九八四)成立。本来の書名は「三宝絵」で、「三宝絵詞」は鎌倉時代以降の呼び方。十八歳で出家した尊子内親王(冷泉院皇女)のための仏教入門書として編まれた。仏・法・僧の三宝を三巻に配し、上巻は諸経典に基づく釈迦の本生譚、中巻は聖徳太子以下の僧俗の話(多くは『日本霊異記』による)、下巻は各月の仏会について記す。書名や、序文に「あまたの貴き事を絵にかかせ又経と文との文を加へ副へて奉らしむ」とあること、いくつかの話の末尾に「絵有り」とあることなどにより、絵が伴っていたことがわかるが今は伝わらない。従来は前述の序文や書名から、絵が主で文章は従のように考えられてきたが、たとえば『日本霊異記』に基づく話は原文をほとんどそのまま和訳してのせているから、どの話も絵に合わせるために文章を簡略化してはいない、すなわち文章はそれ自体として自立している、と見るべきであろう。なお近年、聖徳太子の話の絵の説明文(絵解きの文章)が発見され絵についての手掛りが得られた。伝本は平仮名本(関戸家蔵、重要文化財、断簡は「東大寺切」という)・変体漢文本(前田家本)・漢字片仮名本(東寺観智院本、国宝)の三種がある。本書自体の文学的価値はそう高くないが、『日本霊異記』と『今昔物語集』を橋渡しするものとしての意味がある。活字本は『大日本仏教全書』や『古典文庫』二一五などもあるが、前述の三本すべてを収める小泉弘・高橋伸幸『(諸本対照)三宝絵集成』によるべきである。
[参考文献]
山田孝雄『三宝絵略注』、江口孝夫校注『三宝絵詞』(現代思潮社『古典文庫』六四・六五)、安田尚道「『三宝絵詞』研究文献目録」(『青山語文』一〇)、同「三宝絵」(『国文学解釈と鑑賞』四七ノ一一)
(安田 尚道)


日本大百科全書(ニッポニカ)

三宝絵詞
さんぼうえことば

平安中期の説話集。3巻。源為憲 (ためのり)編。984年(永観2)冷泉 (れいぜい)天皇皇女、尊子内親王に献上された。もともと絵を伴っていたが、詞章のみが伝わっている。物語や音楽などのはかない慰みより、仏法に縁を結ぶことをたたえる序をもち、上、中、下巻にそれぞれ仏、法、僧をあて、巻頭にそれらの尊ぶべきことを説き、例証としての説話を列挙し、漢文の短い讃 (さん)を巻尾に置く。全体が緊密に構成され、具体的で平易な仏教入門書である。上巻には、釈迦 (しゃか)が前生 (ぜんしょう)に六波羅蜜 (ろくはらみつ)その他の善行を行った説話、中巻には、日本における仏法流布と仏法霊験の説話、下巻には、僧の勤める各種の法会の由来とそのようすを語る説話を配する。

[森 正人]



世界大百科事典

三宝絵詞
さんぼうえことば

平安中期の仏教説話集。本来は《三宝絵》という絵巻で,絵が逸亡して詞書だけが残り,かりに説話集なみに扱われている。源為憲が冷泉天皇の皇女尊子内親王の教育用に作った。序によって984年(永観2)冬,円融天皇の女御であった内親王が出家,仏教の概要を知る手引きとして献じたことがわかる。内親王は時に18歳,出家後2年目であった。絵に詞書を配し,上巻仏宝,中巻法宝,下巻僧宝の3巻。絵巻としては《三宝絵》と呼ぶべきだろう。上は仏典中の説話,中は本邦の信徒伝,下は仏教年中行事。仏典や《日本国現報善悪霊異記》,諸寺院の縁起文に拠っているが,逸亡して今日見られない原典もあって,仏教説話文学研究にはきわめて重要である。《今昔物語集》など後世への影響が大きい。現存写本は,漢字と草仮名の東大寺切,漢字と片仮名の東寺本,変体漢文の前田家本などである。読み手と絵巻という形態からみて,漢字と草仮名がもとの姿ではなかろうか。
[益田 勝実]

[索引語]
源為憲


日本国語大辞典

さんぼうえことば[サンボウヱことば] 【三宝絵詞】

解説・用例

平安中期の仏教説話集。三巻。源為憲著。永観二年(九八四)成立。冷泉院第二皇女尊子内親王が永観元年一七歳で出家、仏法信仰の故に為憲にあつらえたので撰進したといわれる。上巻は釈迦の本生談、中巻は広く日本の僧俗一八人の事歴。大部分は日本霊異記によっている。下巻は月次に仏教行事(法会)の来歴を解説して説話を加えて平易に説いた仏教入門書。今昔物語集や古本説話集の先駆をなす点からも価値は高い。本来は絵を伴ったらしいが、散逸して本文だけが現存する。伝本には、ひらがなのもの、漢字かたかな混りのもの、漢字のみで書かれたものの三種がある。三宝絵。

発音

サンボーエコトバ

〓[コ]〓[0]=(コ)


上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


三宝絵詞の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 177
検索コンテンツ
1. 『三宝絵詞』
日本史年表
984年〈永観2 甲申〉 11・‐ 源為憲、尊子内親王に 『三宝絵詞』 を進上(大鏡三)。
2. 三宝絵詞
日本大百科全書
平安中期の説話集。3巻。源為憲ためのり編。984年(永観2)冷泉れいぜい天皇皇女、尊子内親王に献上された。もともと絵を伴っていたが、詞章のみが伝わっている。物語
3. 三宝絵詞
世界大百科事典
平安中期の仏教説話集。本来は《三宝絵》という絵巻で,絵が逸亡して詞書だけが残り,かりに説話集なみに扱われている。源為憲が冷泉天皇の皇女尊子内親王の教育用に作った
4. さんぼうえことば[サンボウヱことば]【三宝絵詞】
日本国語大辞典
平安中期の仏教説話集。三巻。源為憲著。永観二年(九八四)成立。冷泉院第二皇女尊子内親王が永観元年一七歳で出家、仏法信仰の故に為憲にあつらえたので撰進したといわれ
5. さんぼうえことば【三宝絵詞】
国史大辞典
きである。 [参考文献]山田孝雄『三宝絵略注』、江口孝夫校注『三宝絵詞』(現代思潮社『古典文庫』六四・六五)、安田尚道「『三宝絵詞』研究文献目録」(『青山語文』
6. さんぼうゑことば【三宝絵詞】
全文全訳古語辞典
[書名]平安中期の仏教説話集。三巻。源為憲作。九八四年(永観二)成立。『今昔物語集』や吉本説話集の先駆をなすもの。本来は絵をともなったらしいが散逸して本文だけ現
7. 三宝絵詞(著作ID:1178127)
新日本古典籍データベース
さんぼうえことば 三宝絵 源 為憲(みなもと ためのり) 仏教 説話 永観二
8. いからかす【怒―】[方言]
日本方言大辞典
〔動詞〕いかめしくする。たけだけしくする。 栃木県198栃木県方言辞典(森下喜一)1983三宝絵詞上「目を瞋いからかして普く四方を見廻らす」
9. いしやまでら【石山寺】滋賀県:大津市/南部地域/寺辺村
日本歴史地名大系
〈近江・若狭・越前寺院神社大事典〉〔創建〕天平一九年(七四七)聖武天皇の命で建立されたと伝え(三宝絵詞)、天皇が奈良東大寺の盧舎那仏の金箔がないことを憂えていた
10. いわくらやま【岩倉山】徳島県:美馬郡/脇町
日本歴史地名大系
空海著の「三教指帰」のなかで虚空蔵求聞持法を入手した空海が修行した地としてみえる「阿国大滝嶽」(「三宝絵詞」では「大たきの峯」とある)を当地の大滝山にあてる説も
11. 宇治拾遺物語 230ページ
日本古典文学全集
進んで飢えた虎の母子の餌食になったという捨身飼虎の故事(金光明経・捨身品)を踏まえた作歌。この故事は、『三宝絵詞』上巻にもとられるなど、よく知られていた仏伝だが
12. 栄花物語 195ページ
日本古典文学全集
生きている間は。奈良県桜井市初瀬にある寺。長谷寺の観音は「利益あまねく霊験もろこしにさへきこえたり」(三宝絵詞)といわれ、人々の信仰を集めた。大阪市住吉区住吉町
13. 栄花物語 345ページ
日本古典文学全集
煩悩ゆえに無明の世界に迷える衆生も、の意。「クラキヨリクラキニ入テ、心ノマドヒサカリニフカク」(三宝絵詞・巻下・序)。『法華経』化城喩品等にもみえる。いつ行われ
14. 栄花物語 127ページ
日本古典文学全集
「鎌足」は、藤原氏の始祖。以下、鎌足の病が『維摩経』問疾品の読誦によって癒えた話。同話は、『三宝絵詞』『興福寺縁起』『大鏡』藤氏物語
15. 栄花物語 128ページ
日本古典文学全集
寝殿の東面に御しつらひし 〔一八〕  にもみえる。中国の異称。底本傍書・富岡本は「新羅」。『三宝絵詞』は「新羅ノ尼」とするが、『興福寺縁起』は「百済の禅尼」、『
16. 栄花物語 268ページ
日本古典文学全集
馨子内親王の乳母や女房であろう。かりそめにも、の意。役行者と一言主神の伝説(『日本霊異記』『三宝絵詞』等にみえる)をふまえ、岩橋の工事が中断されてしまったように
17. えまき【絵巻】画像
国史大辞典
……絵巻物」、さらに「……絵巻」とよばれるようになったのである。一方、「絵詞」という表現は「三宝絵詞』の例でわかるように、本来絵巻の詞書を意味するもので、「絵巻
18. 役行者画像
世界大百科事典
あわせた行者として描き出しており,後世の役行者の説話や伝説のもとになった。 平安時代中期以降,役小角の説話は《三宝絵詞》《本朝神仙伝》《今昔物語集》などに収めら
19. えんのぎょうじゃ【役行者】
日本架空伝承人名事典
あわせた行者として描き出しており、後世の役行者の説話や伝説のもとになった。 平安時代中期以降、役小角の説話は『三宝絵詞』『本朝神仙伝』『今昔物語集』などに収めら
20. 延暦寺
世界大百科事典
には最澄生誕地と伝える生源寺,座主の住坊である滋賀院門跡をはじめ多くの住院がある。 法会 《三宝絵詞》(984年源為憲撰)には,叡山で行われる毎年の法会として,
21. 往生要集 2 日本浄土教の夜明け 373ページ
東洋文庫
文章生となり、蔵人をへて、 のち国司を歴任した。その漢文学における才は抜群とされた。著述には『三宝絵詞』、『ロ 遊』があり、ほかにも『空也上人諫』などがある。た
22. おうみおおつのみやあと【近江大津宮跡】滋賀県:大津市/中部地域/錦織村
日本歴史地名大系
大津宮と保良宮を混同し、大津と粟津を同一視している点からも明らかである。例えば一〇世紀末の「三宝絵詞」や一二世紀初めの「扶桑略記」の崇福寺創建縁起で「天智天皇、
23. おうみのおおつのみや【近江大津宮】
国史大辞典
『今昔物語集』に天智天皇の「粟津ノ宮」(巻十一)、「粟津ノ都」(巻十二)と記すような例もある。『三宝絵詞』『扶桑略記』などには天智天皇が夢想により大津宮西北の山
24. 大鏡 59ページ
日本古典文学全集
「たまへるなれ」の「る」の撥音便の無表記。以下は『大般涅槃経』十三、『大智度論』四、さらに『往生要集』『三宝絵詞』などにも見える。涅槃経には「譬ヘバ魚ノ母多ク胎
25. 大鏡 176ページ
日本古典文学全集
元五年十一月)。その翌年(九八三)、出家したらしい。寛和元年(九八五)五月一日薨。二十歳。『三宝絵詞』のこと。永観二年(九八四)十一月、源為憲の作。落飾した尊子
26. 大鏡 337ページ
日本古典文学全集
聖徳太子は、仏教を日本にとりいれて広めた人と讃えられていた。『三経義疏』を編んだ。以下の話は『三宝絵詞』下に「昔大織冠内大臣鎌足のおとど、山城の宇治の郡、山階の
27. 大鏡 349ページ
日本古典文学全集
南都七大寺の一つ。推古天皇時代に聖徳太子が創建し、はじめ熊凝寺という。推古天皇から聖武天皇まで九代伝え造り(三宝絵詞)、何度か移造、改称されて平城京で大安寺とな
28. 御伽草子
世界大百科事典
起》など仏神の本縁や前生を説くもの,のちに〈本地〉の題名で継承されていく--とか異類物--《三宝絵詞》序に,草木禽獣を擬人化した作品の存したことがうかがわれる-
29. 仮名画像
世界大百科事典
大寺本《金光明最勝王経》古点の中に見える),やがて《今昔物語》《打聞集(うちぎきしゆう)》《三宝絵詞(さんぼうえことば)》などの説話も片仮名交りで書かれるように
30. かなぶん【仮名文】
国史大辞典
。この期には片仮名も、漢字漢文から離れて平仮名に並び扱われるようになり、『法華百座聞書抄』『三宝絵詞』のように、本来平仮名文であったものが片仮名に置き換えられる
31. かんがくえ【勧学会】
国史大辞典
源為憲ら。保胤が中心と思われる。仏徒は不明。場所は月林寺・親林寺・禅林寺など(『扶桑略記』『三宝絵詞』『本朝文粋』)。天延二(九七四)、三年ごろ勧学会専用の仏堂
32. かんがくえ【勧学会】 : 勧学会/(一)
国史大辞典
源為憲ら。保胤が中心と思われる。仏徒は不明。場所は月林寺・親林寺・禅林寺など(『扶桑略記』『三宝絵詞』『本朝文粋』)。天延二(九七四)、三年ごろ勧学会専用の仏堂
33. きじろごう【木代郷】三重県:伊賀国/山田郡
日本歴史地名大系
伊賀国山田郡〓代の里の人なりき」とあり、「三宝絵詞」には「〓代郷」と記す。天喜四
34. 狂言集 504ページ
日本古典文学全集
『涅槃経』巻十四聖行品に見える若き日の釈迦の、いわゆる「雪山成道」の物語。古来有名な説話で、『三宝絵詞』以下種々のものに載っているが、中世においては御伽草子『雪
35. くまのなちたいしゃ【熊野那智大社】和歌山県:東牟婁郡/那智勝浦町/市野々村
日本歴史地名大系
中にも「熊野早玉神社」「熊野坐神社」の二社がみえるのみである。なお永観二年(九八四)成立の「三宝絵詞」の「紀伊国牟婁郡に神います、熊野両所、証誠一所となつけたて
36. くまのほんぐうたいしゃ【熊野本宮大社】和歌山県:東牟婁郡/本宮町/本宮村
日本歴史地名大系
今二枚月乎者両所権現土奈牟申」と名乗ったとあるように、熊野本宮は証誠大菩薩とよばれていた。すでに「三宝絵詞」に「紀伊国牟婁郡に神います、熊野両所、証誠一所となつ
37. くまのもうで【熊野詣】
国史大辞典
したが、宇多法皇のころ以来、貴族の参詣もみられるようになった。しかし永観二年(九八四)の『三宝絵詞』に「春ゆき秋来ていたる人まれ也」とあるごとく、当時は、来訪者
38. けごんえ【華厳会】
国史大辞典
加えて永禄十年(一五六七)の大仏殿炎上により、以後中絶をみるに至った。法華寺の華厳会については、すでに『三宝絵詞』や当寺の縁起にもみえるように、光明皇后の発願と
39. 幸若舞 1 百合若大臣(ゆりわかだいじん)他 267ページ
東洋文庫
守屋は馬子に敗北した。この説 話は、『日本書紀』巻二一、『今昔物語』巻一一、 『古今著聞集』巻二、『三宝絵詞』巻中、『私聚百 因縁集』巻七、その他に載せられて有
40. 国文学全史 2 平安朝篇 226ページ
東洋文庫
とり結ぶ作品として、文学史的に重要である。山田孝雄『三宝絵略註』(宝文館昭和二六年刊)、吉田幸一・宮田裕行『三宝絵詞』(東寺観智院本、「古典文庫」昭和四〇年刊)
41. 今昔物語集
日本大百科全書
』『弘賛法華伝ぐざんほっけでん』および船橋家本系『孝子伝』、日本の『日本霊異記りょういき』『三宝絵詞さんぼうえことば』『日本往生極楽記』『本朝法華験記ほっけげん
42. さいいん【西院】
国史大辞典
仁明天皇に譲位した所で、淳和院ともよばれた。淳和天皇の皇后正子内親王もここに居住し、同院を尼寺とした。『三宝絵詞』には西院阿難悔過の記事がある。のち西院は付近の
43. 最澄[文献目録]
日本人物文献目録
亮忠『山家と徳一との二乗成仏論』塩入亮忠『山家の学風』石井教道『山家の宗風を論ず』二宮守久『三宝絵詞に現はれたる伝教大師』橋川正『宗祖大師伝考』高島慈海『宗祖大
44. 狭衣物語 177ページ
日本古典文学全集
思しまはすに、御胸ふたがりて、心騒ぎ世の常ならず。 〔八七〕  め、架橋が完成しなかったという説話(三宝絵詞)が有名。平安和歌の世界では、醜貌よりも昼の明るさを
45. 散佚物語
日本大百科全書
もの約140編が知られており、物語史の研究のうえで重要な対象となっている。そのおもな資料に『三宝絵詞さんぼうえことば』序文、『枕草子まくらのそうし』「物語は」の
46. さんぼう‐え[‥ヱ]【三宝絵】
日本国語大辞典
【一】〔名〕仏・法・僧の三宝の功徳について描かれた絵画。【二】「さんぼうえことば(三宝絵詞)」の略称。*大鏡〔12C前〕三・伊尹「この宮に御覧ぜさせむとて、三宝
47. 三宝絵 平安時代仏教説話集 1ページ
東洋文庫
○古典保存会複製『三宝絵詞』(古典保存会・昭和14~16)○日本古典文学影印叢刊17『三宝絵詞 明恵上人伝』(貴重本刊行会〔財団法人日本古典文学会内〕・  昭和
48. 三宝絵 平安時代仏教説話集 222ページ
東洋文庫
僧・目録1ごとに〔〕ことに僧・趣1三宝絵〔㊥三宝絵〕三宝絵詞2聖の僧失せぬ大なる象去りて子の随ひて去るが如 し彼の観音は西に去り〔⑳聖僧失大象去子随如去 彼観音
49. 三宝絵 平安時代仏教説話集 260ページ
東洋文庫
たちで読む、という享受しかなしえない。東寺観智院旧蔵本は「三宝絵詞」と題されている。『三宝絵』という作品の「詞書」、という意である。「絵」と「詞」とがそろっては
50. 三宝絵 平安時代仏教説話集 280ページ
東洋文庫
院旧蔵『三宝絵詞』には、複製や信頼できる翻刻が存する。複製は、凡 例に三種をあげた。左記の二種の翻刻は、底本の本文の情況を再現することがめざされている。  ①古
「三宝絵詞」の情報だけではなく、「三宝絵詞」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

三宝絵詞と同じ法話・写経・経典・仏典・装飾経・仏教書カテゴリの記事
夢中問答集(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
夢窓疎石が足利直義の問に答えた法話集。『夢中問答』ともいう。三巻三冊。全編九十三章の問答を仮名交り文にて記し、在家の女性や道に志す者に見せたいという直義の意を受けて、大高重成が刊行した書で、重成は等持寺の古先印元を介して、康永元年
大般若経(日本大百科全書・国史大辞典)
仏教経典。『大般若波羅蜜多(はらみった)経』の略称。全600巻。中国、唐の玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)訳。サンスクリット名はマハープラジュニャーパーラミター・スートラMahāprajñāpāramitā-sūtra。この経は、紀元1世紀ごろから
五山版(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
鎌倉末期(14世紀前半)から室町末期(16世紀後半)にかけて、主として京都・鎌倉の五山の禅院から出版された書籍の総称。内容は禅籍を中心とした仏典を主に、禅僧の教養に必要な中国の経書、史書、あるいは杜甫(とほ)などの詩文集、作詩作法書などの外典にも
久能寺経(日本大百科全書)
平安時代に制作された装飾経の代表作。『法華経(ほけきょう)』8巻(28品(ほん))に開結(かいけつ)の二経を加えた30巻を1人1巻ずつ分担して書写したものを一品経(いっぽんきょう)とよぶ。そのもっとも古くかつ比較的完全な形で残っているのが久能寺経で
平家納経(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
平安後期の装飾経。国宝。広島・厳島(いつくしま)神社蔵。平清盛(きよもり)が平家一門の繁栄を祈願して1164年(長寛2)9月、厳島神社に奉納した経巻。『法華経(ほけきょう)』28品に開経(無量義経)と結経(けちきょう)(観普賢経)を加え、さらに具経
法話・写経・経典・仏典・装飾経・仏教書と同じカテゴリの記事をもっと見る


「三宝絵詞」は宗教に関連のある記事です。
その他の宗教に関連する記事
信教の自由(日本大百科全書・世界大百科事典)
宗教を信仰し、宗教上の行為を行う自由。宗教の自由ともいう。信教の自由は、宗教的権威から人間精神を解放することにより、近代の精神的自由の確立に大きな役割を果たした。また、信教の自由は、人間の魂の救済にかかわる自由として、精神的自由の源をなし、近代以来の
三宝絵詞(東洋文庫・国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
平安中期,出家した尊子内親王に源為憲が献じた仏教入門書。表題には「絵」とあるが,絵は失われて詞書だけがのこる。本生譚,経典の功徳,仏教・年中行事などを内容とする。1990年01月刊
渓嵐拾葉集(国史大辞典・世界大百科事典)
叡山の光宗が応長元年(一三一一)から貞和四年(一三四八)にかけて叡山天台の行事・作法や口伝法門などを集録したもの。もと三百巻あったと伝えるが、現在は百十三巻。顕部・密部・戒部・記録部・医療部・雑記部の六部からなり、当時の天台の顕・密・禅・戒に関する
清水寺縁起(国史大辞典・日本大百科全書)
京都の清水寺の縁起で、同名の書が二種ある。その一は藤原明衡の作で一巻、康平七年(一〇六四)以後の成立と推定されるもの。宝亀九年(七七八)延鎮が山城国愛宕郡八坂郷東山の麓で観音を念ずる修行者行叡に逢って霊異を感得し、坂上田村麻呂と協力して延暦十七年
神道(国史大辞典・世界大百科事典)
神道とは、日本民族の神観念にもとづいてわが国に発生し、主として日本人の間に展開した伝統的な宗教的実践と、これを支えている生活態度および理念をいう。神道は、二、三の教派を別にすれば、教祖を持たない自然発生的宗教であり、主として日本人の間で行われている
宗教に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶