ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 遺跡
  8. >
  9. 日本の史跡・遺跡・遺物・史料
  10. >
  11. 桶狭間古戦場伝説地

ジャパンナレッジで閲覧できる『桶狭間古戦場伝説地』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本歴史地名大系

桶狭間古戦場伝説地
おけはざまこせんじようでんせつち

[現]豊明市栄町 南舘

名鉄本線中京競馬場前ちゆうきようけいばじようまえ(名古屋市緑区)南方二〇〇メートルの、国道一号を横断した所にある。国指定史跡。この辺りは知多半島に続く丘陵地で谷間が多く、豊明市内には大狭間・小廻間の地名が多い。狭間(廻間)というのは「はさまった間」を意味するといわれ、国史跡指定地は谷あいにある。合戦場は現在の豊明市・大府市・緑区にかかわっていたが、今川義元戦死の地については、二村ふたむら山の西の田楽でんがくくぼ・国史跡指定地・桶狭間の三説があげられる。

今川義元の墓・七石表(義元とその家臣の塚合わせて七つ)桶狭おけはざま弔古碑、鷺が織田軍勢を熱田神宮から先導し羽を休めた場所と伝える鷺之森さぎのもりなどが点在する。道を隔てて西側に真言宗の高徳こうとく院がある。明治二七年(一八九四)高野山から当地へ移建され、境内には合戦の死者を弔う徳本行者念仏碑などがある。永禄三年(一五六〇)五月一八日、今川義元は四万の軍を率いて沓掛くつかけに到着し、翌一九日、大高おおだか(現名古屋市)へ向かおうとして、田楽ヶ窪で休息していたところ、織田軍勢約三千が二手に分れ太子たいし(大将ヶ根)より攻撃した。風雨を利用した奇襲で戦は数時間、義元は敗死した。

南舘みなみやかたの西は現在武侍たけじ(武路)といい、武士の行交った所と伝える。「寛文覚書」の大脇おおわき村の項に「今川義元墓所 長百間程構 当村石塚山之内ニ于今有之」と記す。石塚いしづかの地名は古戦場伝説地から約七〇〇メートル南に残っている。石塚山は古戦場跡から南に続き、天野信景の「尾張古城志補遺」に「大脇村石塚山塁跡、(ママ)サ百間、(ママ)サ五十余間 今川義元営之」とある。石塚山は激戦地で、戦死者の名を記すのに山石を積み標石としたという。その跡は現在残っていない。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
桶狭間古戦場伝説地の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 2
検索コンテンツ
1. おけはざまこせんじょうでんせつち【桶狭間古戦場伝説地】愛知県:豊明市/大脇村
日本歴史地名大系
[現]豊明市栄町 南舘 名鉄本線中京競馬場前駅(名古屋市緑区)南方二〇〇メートルの、国道一号を横断した所にある。国指定史跡。この辺りは知多半島に続く丘陵地で谷間 ...
2. とよあけ【豊明】地図
デジタル大辞泉
愛知県中部の市。名古屋市に隣接する衛星住宅都市。桶狭間(おけはざま)古戦場伝説地がある。人口7.0万(2010)。  ...
「桶狭間古戦場伝説地」の情報だけではなく、「桶狭間古戦場伝説地」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

桶狭間古戦場伝説地と同じ日本の史跡・遺跡・遺物・史料カテゴリの記事
大坂の陣(国史大辞典・世界大百科事典・日本国語大辞典)
関ヶ原の戦の戦勝により、政治の主導権を獲得し、かつ戦勝者として大名の支配を可能にした徳川氏にとっては、中央政権を樹立し、その支配権を正当化し確立することが今後の課題となった。そのため戦後一門・譜代大名の創出とその要衝配置、ならびに豊臣秀吉恩顧の大名をはじめとする外様大名
関ヶ原古戦場跡(日本歴史地名大系)
慶長五年(一六〇〇)九月一五日に行われた徳川家康の率いる東軍と石田三成の率いる西軍との合戦場跡。決戦は東西約四キロ、南北約二キロ、標高一三〇メートルの関ヶ原台地で展開され、この戦いに勝利したことで家康は事実上天下の支配者となり、慶長八年の征夷大将軍補任によって名目上からも全国統一の権威をもった
桶狭間古戦場伝説地(日本歴史地名大系)
[現]豊明市栄町 南舘名鉄本線中京競馬場前駅(名古屋市緑区)南方二〇〇メートルの、国道一号を横断した所にある。国指定史跡。この辺りは知多半島に続く丘陵地で谷間が多く、豊明市内には大狭間・小廻間の地名が多い。狭間(廻間)というのは「はさまった間」を意味するといわれ、国史跡指定地は谷あいにある。
小豆坂古戦場(日本歴史地名大系)
[現]岡崎市羽根町 小豆坂 羽根地籍東方の丘陵地。松の木立に覆われた起伏の多い一帯が今川義元と織田信秀の軍が激しく戦った小豆坂古戦場である。「信長記」などによると、天文一一年(一五四二)八月、今川義元は駿遠三の兵を率いて、当時織田信秀の支配下にあった安祥城(現安城市)を攻撃し
新沢権現堂古戦場(日本歴史地名大系)
[現]大内町新沢 新沢の八幡神社の背後に館跡があり、権現堂ノ館・荒沢之城・新沢館・小助川館などとよばれ、元亀―天正(一五七〇―九二)の頃に矢島大井氏の一族小助川治部少輔が居館を構えていたという(「小助川氏系図」由利郡中世史考)。館の広さは東西一〇〇間、南北三〇間であったが
日本の史跡・遺跡・遺物・史料と同じカテゴリの記事をもっと見る


「桶狭間古戦場伝説地」は日本の歴史に関連のある記事です。
その他の日本の歴史に関連する記事
出羽国(日本歴史地名大系・国史大辞典・世界大百科事典)
出羽の名は「続日本紀」和銅元年(七〇八)九月二八日条に「越後国言、新建出羽郡、許之」とみえるのが初見で、越後国の申請を受けて新たに越後国の北部に出羽郡を置いたと記す。同二年七月一日条には「令諸国運送兵器於出羽柵、為征蝦狄也」とあり、軍事基地として
安政の大地震(日本大百科全書・世界大百科事典)
1855年(安政2)10月2日午後10時ごろ江戸に発生した地震。震央は荒川河口付近で、規模はM6.9と推定される直下地震であった。江戸の町方での倒壊した家屋は1万6000、倒壊した土蔵は1400余、死者約4700人といわれたが、武家・社寺方を含めると
和宮降嫁(国史大辞典・日本大百科全書)
十四代将軍徳川家茂と孝明天皇異母妹(仁孝天皇第八皇女)和宮親子内親王との結婚をめぐり万延元年(一八六〇)から文久元年(一八六一)にかけて生じた政治問題。条約勅許問題や安政の大獄以来、江戸幕府と朝廷との関係が悪化したので、幕閣は公武関係融和をめざして
異国渡海御朱印帳(日本大百科全書)
江戸初期に幕府が海外渡航の貿易船に与えた許可証の控え。金地院崇伝 (こんちいんすうでん)(以心 (いしん)崇伝)の自筆、1冊。京都市南禅寺金地院所蔵(国指定重要文化財、京都国立博物館保管)。崇伝が、前任の豊光寺承兌 (ぶこうじしょうだ/
青方文書(国史大辞典・日本大百科全書)
肥前国宇野御厨中通島(長崎県南松浦郡上五島町青方)を本拠とした藤原姓青方氏の文書。同氏は平安時代よりこの地に居住していた開発領主の子孫で、鎌倉幕府成立後地頭職を安堵され、鎌倉御家人となり、南北朝時代には松浦一族と称したが、近世には福江藩士となる
日本の歴史に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る