見出しの配列について

[1] 親見出しの配列

親見出しは、1かな表記、2無活用語・活用語の別、3漢字表記、4品詞、の順にそれぞれ一定の配列法に照らして配列する。
  1. かな表記による順
    (イ) 五十音順
    一字めが同じかなのものは二字めのかなの五十音順。二字めのかなも同じものは三字めのかなの五十音順。以下これに従う。この場合、長音符号「ー」は、直前のかなの母音と同じとして考える。
    (ロ) 清音→濁音→半濁音の順
    (ハ) 小文字が先、大文字が後。すなわち、拗音→直音の順、または促音→直音の順
  2. 活用の有無による順
    (イ) 無活用語が先、活用語が後。
    (ロ) 字音語素は同音語の先頭に置く。
    (ハ) ひらがなで書かれた語が先、かたかなで書かれた語が後。
  3. 漢字表記による順
    (イ) 漢字欄に、漢字が当てられるものが先、漢字が当てられないものが後。
    (ロ) 漢字が当てられる場合、その漢字が一字のものが先、二字のものが後。以下これに従う。
    (ハ) 同数の漢字が当てられる場合、第一字めの漢字の画数が少ないものが先、その画数が多いものが後。第一字めの画数が同じものは康熙字典の配列に準ずる。また、同一漢字の場合は、二字めの画数が少ないものが先、画数の多いものが後。以下これに従う。
  4. 品詞による順
    (イ) 名詞→代名詞→形容動詞→副詞→連体詞→接続詞→感動詞→助詞→接頭語→接尾語(無活用)→造語要素→連語(無活用)→枕詞→動詞→形容詞→助動詞→接尾語(活用)→連語(活用)の順
    (ロ) 名詞の中では、普通名詞→固有名詞の順
  5. 外来語で、同じかなの見出しは、その語のもとのローマ字つづりのアルファベット順による。

[2] 子見出しの配列

  1. 親見出しの語を先頭にもった慣用句・ことわざの類は、その親見出しの直後に置く。
  2. 子見出しが二つ以上ある場合は、その五十音順による。その場合、漢字は、それをかなに置きかえてみたときの五十音順による。
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る

百科
日本語
歴史・地名
英語
ヨーロッパ言語
東アジア言語
用語・情報
人名・文化・宗教
科学
記事・コラム
叢書・日本文学
JKBooks