主要出典一覧 【か行】

|  |  |  |  |  |

【 か 】

書名(書名読み) 作者・編者名 成立・刊行年 底本名 補助注記
開化の入口
(かいかのいりぐち)
横河秋濤1873~74刊明治六・七年板本開化物
開化のはなし
(かいかのはなし)
辻弘想1879刊博文堂開化物
開化評林
(かいかひょうりん)
岡部啓五郎(編)1875刊明治文化全集開化物
開化本論
(かいかほんろん)
吉岡徳明1879刊明治文化全集開化物
開化問答
(かいかもんどう)
小川為治1874~75刊明治七・八年板本開化物
階級
(かいきゅう)
井上光晴1967筑摩現代文学大系小説
廻国雑記
(かいこくざっき)
道興1487有朋堂文庫紀行
会社弁
(かいしゃべん)
福地桜痴1871明治文化全集評論
灰燼
(かいじん)
森鴎外1911~12鴎外全集(岩波書店)小説
廻船安乗録
(かいせんあんじょうろく)
服部義高1810文化七年板本航海
解体新書
(かいたいしんしょ)
前野良沢・杉田玄白・中川淳庵(ら訳)1774刊日本思想大系西洋医学翻訳書
怪談牡丹燈籠
(かいだんぼたんどうろう)
三遊亭円朝1884明治文学全集円朝の口演を若林蔵が筆記。
海潮音
(かいちょうおん)
上田敏(訳)1905刊日本現代詩大系訳詩集
海底軍艦
(かいていぐんかん)
押川春浪1900刊博文館(覆刻版)小説
海道記
(かいどうき)
 1223頃尊経閣蔵前田家本(享徳三年写)紀行
街道記
(かいどうき)
井伏鱒二1952~56新選現代日本文学全集(筑摩書房)随筆。原題は「七つの街道」。引用にあたっては各作品の発表年を付した。
懐風藻
(かいふうそう)
 751序日本古典文学大系漢詩
外来語辞典
(がいらいごじてん)
勝屋英造1914二松堂書店辞典
改暦弁
(かいれきべん)
福沢諭吉1873明治六年版本評論
臥雲日件録
(がうんにっけんろく)
瑞渓周鳳1446~73大日本古記録日記。引用にあたっては当該記事の年月日を付した。
蛙のこえ
(かえるのこえ)
大宅壮一1952刊鱒書房随筆
家屋雑考
(かおくざっこう)
沢田名垂1842序新訂増補故実叢書家屋史
河海抄
(かかいしょう)
四辻善成1362頃国文註釈全書「源氏物語」の注釈
下学集
(かがくしゅう)
東麓破衲1444 辞書。「古辞書叢刊」所収の元和三年版を「元和本下学集」(一六一七年)と示す。また、「古本下学集七種研究並びに総合索引」所収の「春林本下学集」(室町時代末)など。早稲田大学図書館蔵寛文九年版「増補下学集」(一六六九年)からも採録した。
花間鶯
(かかんおう)
末広鉄腸1887~88刊明治文学全集政治小説
花鏡
(かきょう)
世阿彌1424日本古典文学大系能楽論
歌経標式
(かきょうひょうしき)
藤原浜成772日本歌学大系歌学
かくし言葉の字引
(かくしことばのじびき)
宮本光玄1929刊誠文堂隠語辞典
学生時代
(がくせいじだい)
久米正雄1918刊新潮文庫小説
学生と教養
(がくせいときょうよう)
鈴木利貞(編)1936刊日本評論社評論
迦具土
(かぐつち)
服部躬治1901刊現代短歌大系歌集
カクテル・パーティー
(カクテル・パーティー)
大城立裕1967文芸春秋小説
学問のすゝめ
(がくもんのすすめ)
福沢諭吉1872~76刊岩波文庫評論
神楽歌
(かぐらうた)
 9世紀後日本古典文学大系歌謡
かくれんぼ
(かくれんぼ)
斎藤緑雨1891明治文学全集小説
蜻蛉日記
(かげろうにっき)
藤原道綱母974頃日本古典文学大系日記文学
雅言考
(がげんこう)
橘守部1849頃橘守部全集語学
雅言集覧
(がげんしゅうらん)
石川雅望1826~49増補雅言集覧辞書。中島広足の加筆部分については「増補雅言集覧」(一八八七年刊)と示す。
餝抄
(かざりしょう)
 1238頃群書類従有職
牙氏小学須知
(ガししょうがくしゅち)
田中耕造(訳)1875刊日本教科書大系教科書(原作はガリグェー)
菓子話船橋
(かしわふなばし)
船橋屋織江1841刊雑芸叢書飲食
佳人之奇遇
(かじんのきぐう)
東海散士1885~97刊明治大正文学全集政治小説
風立ちぬ
(かぜたちぬ)
堀辰雄1936~38岩波文庫小説
家族会議
(かぞくかいぎ)
横光利一1935新潮文庫小説
かた言
(かたこと)
安原貞室1650刊日本古典全集方言
片われ月
(かたわれづき)
金子薫園1901刊現代短歌大系歌集
楽家録
(がっかろく)
安倍季尚1690日本古典全集雅楽
月山
(がっさん)
森敦1974刊河出書房新社小説
葛飾
(かつしか)
水原秋桜子1930刊角川文庫句集
河童
(かっぱ)
芥川龍之介1927芥川龍之介全集(岩波書店)小説
家伝
(かでん)
〈上巻〉藤原仲麻呂、〈下巻〉延慶760頃寧楽遺文「藤氏家伝」。記録
河東節

 
   「日本歌謡集成」所収「十寸見声曲集」(享保以降の諸本集成)などによった。
門三味線
(かどじゃみせん)
斎藤緑雨1895明治文学全集小説
ガトフ・フセグダア
(ガトフ・フセグダア)
岩藤雪夫1928現代日本文学全集(筑摩書房)小説
金沢文庫古文書
(かなざわぶんここもんじょ)
  金沢文庫古文書(金沢文庫古典保存会)金沢文庫蔵の中近世文書など。引用にあたっては当該記事の年月日を付した。
仮名草子あだ物語
(あだものがたり)
三浦為春1640刊近代日本文学大系 
伊曾保物語
(いそほものがたり)
 1639頃日本古典文学大系 
犬枕
(いぬまくら)
近衛信尹(らか)1606頃日本古典文学大系 
浮世物語
(うきよものがたり)
浅井了意1665頃刊日本古典文学大系 
薄雪物語
(うすゆきものがたり)
 1615頃刊日本古典全書引用にあたっては、底本により寛永九年(1632)刊とした。
恨の介
(うらみのすけ)
 1609~17頃日本古典文学大系 
御伽婢子
(おとぎぼうこ)
浅井了意1666刊日本名著全集 
可笑記
(かしょうき)
如儡子1642刊近代日本文学大系 
片仮名本因果物語
(かたかなぼんいんがものがたり)
鈴木正三、義雲・雲歩(編)1661刊古典文庫 
悔草
(くやみぐさ)
(伝)井上小左衛門1647刊近世文学未刊本叢書 
水鳥記
(すいちょうき)
茨木春朔1667刊近世文芸叢書 
智恵鑑
(ちえかがみ)
辻原元甫1660自跋近世文学未刊本叢書 
竹斎
(ちくさい)
富山道冶1621~23日本古典文学大系 
東海道名所記
(とうかいどうめいしょき)
浅井了意1659~61頃刊古典全集 
仁勢物語
(にせものがたり)
 1639~40頃日本古典文学大系 
ぬれぼとけ
(ぬれぼとけ)
平金1671刊日本思想大系 
身の鏡
(みのかがみ)
江島為信1659刊新日本古典文学大系 
都風俗鑑
(みやこふうぞくかがみ)
 1681刊新日本古典文学大系 
尤双紙
(もっとものそうし)
斎藤徳元1632刊新日本古典文学大系 
元の木阿彌
(もとのもくあみ)
 1680刊日本古典全書 
蟹工船
(かにこうせん)
小林多喜二1929岩波文庫小説

(かね)
宮嶋資夫1926刊万生閣小説
兼輔集
(かねすけしゅう)
藤原兼輔933頃西本願寺本三十六人集精成私家集
兼盛集
(かねもりしゅう)
平兼盛990頃西本願寺本三十六人集精成私家集
彼女とゴミ箱
(かのじょとごみばこ)
一瀬直行1931刊交蘭社随筆

(かび)
徳田秋声1911新潮文庫小説
歌舞伎青砥稿
(あおとぞうし)
桜田治助・松島専助1846初演日本戯曲全集 
青砥稿花紅彩画(白浪五人男)
(あおとぞうしはなのにしきえ(しらなみごにんおとこ))
河竹黙阿彌1862初演黙阿彌全集 
伊賀越乗掛合羽
(いがごえのりかけがっぱ)
奈河亀輔1776初演有朋堂文庫 
浮世柄比翼稲妻(鞘当)
(うきよづかひよくのいなずま(さやあて))
鶴屋南北1823初演大南北全集 
宇都宮紅葉釣衾(宇都宮釣天井)
(うつのみやにしきのつりよぎ(うつのみやつりてんじょう))
河竹黙阿彌1874初演黙阿彌全集 
絵本合法衢
(えほんがっぽうがつじ)
鶴屋南北・福森久助・桜田治助1810初演大南北全集 
幼稚子敵討
(おさなごのかたきうち)
並木正三1753初演日本古典文学大系 
お染久松色読販
(おそめひさまつうきなのよみうり)
鶴屋南北1813初演日本古典文学大系 
盟三五大切
(かみかけてさんごたいせつ)
鶴屋南北1825初演大南北全集 
韓人漢文手管始(唐人殺し)
(かんじんかんもんてくだのはじまり(とうじんごろし))
並木五瓶1789初演日本古典文学大系 
勧善懲悪覗機関(村井長庵)
(かんぜんちょうあくのぞきからくり(むらいちょうあん))
河竹黙阿彌1862初演黙阿彌全集 
極附幡随長兵衛
(きわめつきばんずいちょうべえ)
河竹黙阿彌1881初演黙阿彌全集 
天衣紛上野初花(河内山)
(くもにまごううえののはつはな(こうちやま))
河竹黙阿彌1881初演黙阿彌全集 
傾情一張弓
(けいせいいっちょうのゆみ)
津打治兵衛1708初演新群書類従 
傾城壬生大念仏
(けいせいみぶだいねんぶつ)
近松門左衛門1702初演日本古典文学大系 
心謎解色糸
(こころのなぞとけたいろいと)
鶴屋南北1810初演大南北全集 
小袖曾我薊色縫(十六夜清心)
(こそでそがあざみのいろぬい(いざよいせいしん))
河竹黙阿彌1859初演日本古典文学大系 
御摂勧進帳
(ごひいきかんじんちょう)
桜田治助1773初演岩波文庫 
桜姫東文章
(さくらひめあずまぶんしょう)
鶴屋南北1817初演大南北全集 
参会名護屋
(さんかいなごや)
中村明石清三郎・市川団十郎1697初演元祿歌舞伎傑作集 
三人吉三廓初買
(さんにんきちさくるわのはつかい)
河竹黙阿彌1860初演黙阿彌全集 
四天王産湯玉川
(してんのううぶゆのたまがわ)
鶴屋南北1818初演大南北全集 
四天王楓江戸粧
(してんのうもみじのえどぐま)
鶴屋南北・曾根正吉・本屋宗七(ら)1804初演大南北全集 
助六廓夜桜
(すけろくくるわのよざくら)
桜田治助・笠縫専助1779初演日本古典全書 
隅田川花御所染
(すみだがわはなのごしょぞめ)
鶴屋南北1814初演大南北全集 
蔦紅葉宇都谷峠(文彌殺し)
(つたもみじうつのやとうげ(ぶんやごろし))
河竹黙阿彌1856初演黙阿彌全集 
梅雨小袖昔八丈(髪結新三)
(つゆこそでむかしはちじょう(かみゆいしんざ))
河竹黙阿彌1873初演黙阿彌全集 
東海道四谷怪談
(とうかいどうよつやかいだん)
鶴屋南北1825初演大南北全集 
鳥辺山心中(宝永三年)
(とりべやましんじゅう)
 1706初演元祿歌舞伎傑作集 
鼠小紋東君新形(鼠小僧)
(ねずみこもんはるのしんがた(ねずみこぞう))
河竹黙阿彌1857初演黙阿彌全集 
八幡祭小望月賑(縮屋新助)
(はちまんまつりよみやのにぎわい(ちぢみやしんすけ))
河竹黙阿彌1860初演黙阿彌全集 
独道中五十三駅
(ひとりたびごじゅうさんつぎ)
鶴屋南北1827初演大南北全集 
処女浮名横櫛(切られお富)
(むすめごのみうきなのよこぐし(きられおとみ))
河竹黙阿彌1864初演黙阿彌全集 
陬蓬曾我
(むつまじづきほうらいそが)
鶴屋南北1811初演大南北全集 
名歌徳三舛玉垣
(めいかのとくみますのたまがき)
桜田治助(ら)1801初演日本古典文学大系 
与話情浮名横櫛(切られ与三)
(よわなさけうきなのよこぐし(きられよさ))
瀬川如皐1853初演岩波文庫 
霊験曾我籬
(れいげんそがのかみがき)
鶴屋南北1809初演大南北全集 
椀久浮世十界
(わんきゅううきよじっかい)
 1686初演元祿歌舞伎傑作集 
歌舞妓事始
(かぶきじし)
為永一蝶1762刊宝暦十二年板本歌舞伎劇書
歌舞妓年代記
(かぶきねんだいき)
立川焉馬、松高斎春亭(画)1811~15刊歌舞妓年代記(吉田二)「花江都歌舞妓年代記」。歌舞伎興行年表。石塚豊芥子の続編は「続歌舞妓年代記」(一九〇七年刊、新群書類従)と示す。
歌舞髄脳記
(かぶずいのうき)
金春禅竹1456金春古伝書集成能楽論書
鎌倉遺文
(かまくらいぶん)
竹内理三(編) 東京堂出版鎌倉時代の古文書、記録
鎌倉大草紙
(かまくらおおぞうし)
 16世紀中か群書類従軍記
仮面の告白
(かめんのこくはく)
三島由紀夫1949刊新潮文庫小説
賀茂女集
(かもじょしゅう)
賀茂保憲女993~998頃桂宮本叢書「保憲女集」。私家集
歌謡落葉集
(おちばしゅう)
大木扇徳(編)1704刊日本歌謡集成 
閑吟集
(かんぎんしゅう)
 1518序日本古典文学大系 
淋敷座之慰
(さびしきざのなぐさみ)
 1676日本古典全書 
山家鳥虫歌
(さんかちょうちゅうか)
天中原長常南山(編)1772刊日本古典全書 
新編歌祭文集
(しんぺんうたざいもんしゅう)
 1688~1736頃刊日本歌謡集成 
はやり歌古今集
(はやりうたこきんしゅう)
古今新左衛門(編)1699刊日本歌謡集成 
松の葉
(まつのは)
秀松軒(編)1703刊日本古典文学大系 
隆達節歌謡
(りゅうたつぶしかよう)
高三隆達1593~1611「隆達節歌謡」の基礎的研究(小野恭靖) 
がらくた博物館
(がらくたはくぶつかん)
大庭みな子1975刊筑摩現代文学大系小説
硝子戸の中
(ガラスどのなか)
夏目漱石1915漱石全集(岩波書店)随筆
唐物語
(からものがたり)
藤原成範(か)12世紀中続群書類従中国説話の和訳
花柳春話
(かりゅうしゅんわ)
織田純一郎(訳)1878~79刊明治文学全集「欧洲奇事花柳春話」。翻訳小説(原作はリットン)
彼の歩んだ道
(かれのあゆんだみち)
末川博1965刊岩波新書自伝
河明り
(かわあかり)
岡本かの子1939岩波文庫小説
川端茅舎句集
(かわばたぼうしゃくしゅう)
川端茅舎1934刊角川文庫句集

(がん)
森鴎外1911~13鴎外全集(岩波書店)小説
玩鴎先生詠物雑体百首
(がんおうせんせいえいぶつざったいひゃくしゅ)
太田玩鴎1794刊太平文庫漢詩
玩鴎先生詠物百首
(がんおうせんせいえいぶつひゃくしゅ)
太田玩鴎1783刊太平文庫漢詩
閑居友
(かんきょのとも)
慶政(か)1222頃古典文庫説話
菅家後集
(かんけこうしゅう)
菅原道真903頃日本古典文学大系漢詩
菅家文草
(かんけぶんそう)
菅原道真900頃日本古典文学大系漢詩文
漢語字類
(かんごじるい)
庄原謙吉1869明治二年板本字典
寛斎先生遺稿
(かんさいせんせいいこう)
市河寛斎、市河米庵(編)1821刊詩集日本漢詩漢詩
閑散無双
(かんさんむそう)
徳川夢声1934刊アオイ書房随筆
寒山落木
(かんざんらくぼく)
正岡子規1885~96子規全集(改造社)句集。引用にあたっては年月を付した。
冠辞考
(かんじこう)
賀茂真淵1757賀茂真淵全集(弘文館)「万葉集」の枕詞考
閑耳目
(かんじもく)
渋川玄耳1908刊春陽堂刊随筆
漢書抄
(かんじょしょう)
  続抄物資料集成抄物。「漢書列伝竺桃抄」(竺雲等連講・桃源瑞仙聞書か、一四五八~六〇年成立)、「漢書列伝綿景抄」(綿谷周講・景徐周麟聞書、一四六七年頃成立)、「漢書列伝景徐抄」(景徐周麟著、一四七七~一五一五年成立)、「漢書帝紀抄」(景徐周麟著、一四七七~一五一五年成立)などと示す。
漢書楊雄伝天暦二年点
(かんじょようゆうでんてんりゃくにねんてん)
藤原良佐(加点)948国語説鈴(吉沢義則)訓点資料
勘仲記
(かんちゅうき)
勘解由小路兼仲1274~1300増補史料大成「兼仲卿記」。日記。引用にあたっては当該記事の年月日を付した。
看聞御記
(かんもんぎょき)
後崇光院1416~48続群書類従補遺「看聞日記」。日記。引用にあたっては当該記事の年月日を付した。
寒雷
(かんらい)
加藤楸邨1939刊現代日本文学全集(筑摩書房)句集
翰林葫蘆集
(かんりんころしゅう)
景徐周麟1518頃五山文学全集漢詩文

【 き 】

書名(書名読み) 作者・編者名 成立・刊行年 底本名 補助注記
偽悪醜日本人
(ぎあくしゅうにほんじん)
三宅雪嶺1891刊明治文学全集文明評論。なお、三宅雪嶺が引いた論文については明治文化全集によった。
機械
(きかい)
横光利一1930岩波文庫小説
帰郷
(ききょう)
大仏次郎1948角川文庫小説
菊池君
(きくちくん)
石川啄木1908啄木全集(筑摩書房)小説
義経記
(ぎけいき)
 室町時代中か日本古典文学大系軍記
義血侠血
(ぎけつきょうけつ)
泉鏡花1894明治文学全集小説
儀式
(ぎしき)
 872新訂増補故実叢書「貞観儀式」。
寄笑新聞
(きしょうしんぶん)
梅亭金鵞1875明治文学全集小説
傷ついた葦
(きずついたあし)
曾野綾子1970筑摩現代文学大系小説
帰省
(きせい)
宮崎湖処子1890刊現代日本文学全集(筑摩書房)小説
奇想凡想
(きそうぼんそう)
宮武外骨1920刊文武堂書店随筆
吉川氏法度
(きっかわしはっと)
吉川広家1617中世法制史料集家法
狐の裁判
(きつねのさいばん)
井上勤(訳)1884刊明治文化全集翻訳小説(原作はゲーテ)
記念碑
(きねんひ)
堀田善衛1955筑摩現代文学大系小説
黄表紙啌多雁取帳
(うそしっかりがんとりちょう)
奈蒔野馬乎人1783刊日本名著全集 
江戸生艷気樺焼
(えどうまれうわきのかばやき)
山東京伝1785刊日本古典文学大系 
敵討義女英
(かたきうちぎじょのはなぶさ)
南仙笑楚満人1795刊日本古典文学大系 
莫切自根金生木
(きるなのねからかねのなるき)
唐来参和1785刊日本古典文学大系 
金々先生栄花夢
(きんきんせんせいえいがのゆめ)
恋川春町1775刊日本古典文学大系 
稗史億説年代記
(くさぞうしこじつけねんだいき)
式亭三馬1802刊評釈江戸文学叢書 
孔子縞于時藍染
(こうしじまときにあいぞめ)
山東京伝1789刊日本古典文学大系 
高漫斉行脚日記
(こうまんさいあんぎゃにっき)
恋川春町1776刊日本古典文学大系 
御存商売物
(ごぞんじのしょうばいもの)
山東京伝1782刊日本古典文学大系 
心学早染艸
(しんがくはやぞめぐさ)
山東京伝1790刊日本古典文学大系 
即席耳学問
(そくせきみみがくもん)
市場通笑1790刊評釈江戸文学叢書 
大悲千祿本
(だいひのせんろっぽん)
芝全交1785刊日本古典文学大系 
文武二道万石通
(ぶんぶにどうまんごくとおし)
朋誠堂喜三二1788刊日本古典文学大系 
見徳一炊夢
(みるがとくいっすいのゆめ)
朋誠堂喜三二1781刊日本古典文学大系 
無益委記
(むだいき)
恋川春町1779刊日本古典文学全集(小学館)「無題記」。
世上洒落見絵図
(よのなかしゃれけんのえず)
山東京伝1791刊山東京伝全集 
君の名は
(きみのなは)
菊田一夫1952~54宝文館小説
ぎやどぺかどる
(ギヤドペカドル)
ルイス=デ=グラナダ1599刊日本古典全集日本イエズス会刊。キリシタン文学
久安百首
(きゅうあんひゃくしゅ)
崇徳上皇・藤原公能・藤原俊成(ら詠)1153俊成部類久安百首和歌集(谷山茂翻刻)「久安六年御百首」「崇徳院御百首」。和歌
鳩翁道話
(きゅうおうどうわ)
柴田鳩翁(述)1834序有朋堂文庫心学
九州問答
(きゅうしゅうもんどう)
二条良基1376岩波文庫連歌論
牛肉と馬鈴薯
(ぎゅうにくとじゃがいも)
国木田独歩1901国木田独歩全集(学習研究社)小説
旧約全書
(きゅうやくぜんしょ)
 1888刊米国聖書会社聖書
九暦
(きゅうれき)
藤原師輔930~960大日本古記録「九記」「九条記」。日記。引用にあたっては当該記事の年月日を付した。
狂雲集
(きょううんしゅう)
一休宗純15世紀後日本思想大系漢詩
狂歌大団
(おおうちわ)
黒田月洞軒1703狂歌大観 
雅筵酔狂集
(がえんすいきょうしゅう)
正親町公通1731刊狂歌大観 
狂歌活玉集
(きょうかいくたましゅう)
紀海音(編)1740刊狂歌大観 
古今夷曲集
(ここんいきょくしゅう)
生白堂行風(編)1666刊日本名著全集 
後撰夷曲集
(ごせんいきょくしゅう)
生白堂行風(編)1672刊日本名著全集 
徳和歌後万載集
(とくわかごまんざいしゅう)
大田南畝(編)1785刊日本古典文学大系 
卜養狂歌集
(ぼくようきょうかしゅう)
半井卜養1681頃刊日本名著全集 
万載狂歌集
(まんざいきょうかしゅう)
大田南畝・朱楽菅江(編)1783刊日本名著全集 
仰臥漫録
(ぎょうがまんろく)
正岡子規1901~02子規全集(改造社)随筆
教行信証
(きょうぎょうしんしょう)
親鸞1224真宗聖教全書「顕浄土真実教行証文類」。仏教
教訓抄
(きょうくんしょう)
狛近真1233日本古典全集雅楽
狂言朝比奈
(あさひな)
 室町時代末~近世初 次の諸本を区別して示す。虎明本(寛永一九年写、古本能狂言集)、虎清本(正保三年写、狂言八番(国語国文学研究史大成))、虎寛本(寛政四年写、岩波文庫)、天理本(寛永頃写)、波形本(天明頃写)、雲形本(文政末期写)、天正本(天正六年写、日本古典全書)、集成本(狂言集成(春陽堂))
粟田口
(あわたぐち)
  
居杭
(いぐい)
  
入間川
(いるまがわ)
  
靫猿
(うつぼざる)
  
磁石
(じしゃく)
  
宗論
(しゅうろん)
  
末広がり
(すえひろがり)
  
鱸包丁
(すずきぼうちょう)
  
茶壺
(ちゃつぼ)
  
鍋八撥
(なべやつばち)
  
萩大名
(はぎだいみょう)
  
武悪
(ぶあく)
  
枕物狂
(まくらものぐるい)
  
餠酒
(もちさけ)
  
狂言記

 
   絵入狂言記(一六六〇年)・絵入続狂言記(一七〇〇年)・絵入狂言記拾遺(一七三〇年)は嘉永元年の版本を、絵入狂言記外五十番(一七〇〇年)は有朋堂文庫を底本に用いた。以上を一括して狂言記とした。
狂詩狂詩諺解
(きょうしげんかい)
大田南畝1787刊新百家説林 
二大家風雅
(にたいかふうが)
畠中観斎・大田南畝1790刊大田南畝全集 
狂詩
寝惚先生文集
(ねぼけせんせいぶんしゅう)
大田南畝1767刊大田南畝全集 
狂文四方のあか
(よものあか)
大田南畝・石川雅望(編)1787刊か新百家説林 
四方の留粕
(よものとめかす)
大田南畝・鹿都部真顔(編)1819刊新百家説林 
京童
(きょうわらべ)
中川喜雲1658刊新修京都叢書地誌
玉塵抄
(ぎょくじんしょう)
惟高妙安1563抄物大系「玉塵」。抄物
玉石志林
(ぎょくせきしりん)
箕作阮甫(訳)1861~64刊明治文化全集 class="noteText"外国書抄訳
玉葉
(ぎょくよう)
九条兼実1164~1200国書刊行会日記。引用にあたっては当該記事の年月日を付した。
玉葉和歌集
(ぎょくようわかしゅう)
藤原為兼(撰)1312岩波文庫勅撰集
虚子句集
(きょしくしゅう)
高浜虚子1915刊明治文学全集句集。虚子の句は「五百句」(一九三七年刊、改造社)、「虚子俳句集」(一九三五年刊、高浜虚子全集(改造社))などからも採録した。
清輔集
(きよすけしゅう)
藤原清輔1177頃群書類従「清輔詠草」。私家集
清正集
(きよただしゅう)
藤原清正10世紀中西本願寺本三十六人集精成私家集
挙白集
(きょはくしゅう)
木下長嘯子1649刊慶安三年板本歌文集
清正記
(きよまさき)
古橋又玄1663続群書類従軍記
清元   「日本歌謡集成」所収「柏葉集」などによった。
貴理師端往来
(キリシタンおうらい)
 1568頃吉利支丹文献考(土井忠生)往来物
桐の花
(きりのはな)
北原白秋1913刊現代短歌大系歌集
桐畑
(きりばたけ)
里見1920新潮社小説
桐一葉
(きりひとは)
坪内逍遙1894~95岩波文庫戯曲
貴嶺問答
(きれいもんどう)
中山忠親1185~90頃群書類従往来物
金槐和歌集
(きんかいわかしゅう)
源実朝1213建暦三年定家所伝本複製私家集
銀河鉄道の夜
(ぎんがてつどうのよる)
宮沢賢治1927頃か岩波文庫小説
琴歌譜
(きんかふ)
 9世紀前日本古典文学大系歌謡
銀座細見
(ぎんざさいけん)
安藤更生1931刊 随筆
銀座八丁
(ぎんざはっちょう)
武田麟太郎1934新潮文庫小説
禽獣
(きんじゅう)
川端康成1933角川文庫小説
段抄
(きんしゅうだんしょう)
天隠龍沢(編)、月舟寿桂(注)1530頃抄物小系抄物
近世畸人伝
(きんせいきじんでん)
伴蒿蹊1790刊岩波文庫伝記
近世紀聞
(きんせいきぶん)
〈初編〉条野有人、〈二~一二編〉染崎延房1875~81春陽堂通俗戦記
近代絵画
(きんだいかいが)
小林秀雄1954~58新選現代日本文学全集(筑摩書房)評論
近代秀歌
(きんだいしゅうか)
藤原定家1209酒井家旧蔵自筆本複製歌学
公忠集
(きんただしゅう)
源公忠986~999西本願寺本三十六人集精成私家集
公任集
(きんとうしゅう)
藤原公任1044頃群書類従私家集
銀の匙
(ぎんのさじ)
中勘助1913~15岩波文庫小説
禁秘鈔
(きんぴしょう)
順徳天皇1221群書類従「禁中抄」「建暦御記」。有職
訓蒙図彙
(きんもうずい)
中村斎(編)1666刊近世文学資料類従事典
金葉和歌集
(きんようわかしゅう)
源俊頼(撰)1124~27八代集全註勅撰集
近来風体
(きんらいふうてい)
二条良基1387日本歌学大系「近来風体抄」。歌学

【 く 】

書名(書名読み) 作者・編者名 成立・刊行年 底本名 補助注記
空気頭
(くうきあたま)
藤枝静男1967筑摩現代文学大系小説
空華集
(くうげしゅう)
義堂周信1359~68頃五山文学全集漢詩文
空華日用工夫略集
(くうげにちようくふうりゃくしゅう)
義堂周信1325~88空華日用工夫略集(辻善之助編)日記。引用にあたっては当該記事の年月を付した。
愚管抄
(ぐかんしょう)
慈円1220日本古典文学大系通史
草のつるぎ
(くさのつるぎ)
野呂邦暢1973文芸春秋小説
くさびら譚
(くさびらたん)
加賀乙彦1968筑摩現代文学大系小説
草枕
(くさまくら)
夏目漱石1906漱石全集(岩波書店)小説
公事根源
(くじこんげん)
一条兼良1422頃慶安二年板本有職
具氏博物学
(グしはくぶつがく)
須川賢久(訳)1876~77刊日本教科書大系教科書(原作はグードリッチ)
苦笑風呂
(くしょうぶろ)
古川緑波1948刊雄鶏社随筆
苦心の学友
(くしんのがくゆう)
佐々木邦1930刊講談社(覆刻本)小説
口伝鈔
(くでんしょう)
覚如1331真宗聖教全集仏教
愚禿鈔
(ぐとくしょう)
親鸞1255真宗聖教全書仏教
国基集
(くにもとしゅう)
津守国基1102頃群書類従私家集
苦の世界
(くのせかい)
宇野浩二1918~21岩波文庫小説
虞美人草
(ぐびじんそう)
夏目漱石1907漱石全集(岩波書店)小説
愚迷発心集
(ぐめいほっしんしゅう)
貞慶1213頃岩波文庫仏教
雲のゆき来
(くものゆきき)
中村真一郎1965刊筑摩現代文学大系小説
雲は天才である
(くもはてんさいである)
石川啄木1906啄木全集(筑摩書房)小説
くれの廿八日
(くれのにじゅうはちにち)
内田魯庵1898岩波文庫小説
黒い眼と茶色の目
(くろいめとちゃいろのめ)
徳富蘆花1914刊新橋堂小説
黒船前後
(くろふねぜんご)
服部之総1933刊清和書店(一九三五年刊)史論。初版は大畑書店刊。用例は清和書店刊の第二版から採取した。
黒本本節用集
(くろもとぼんせつようしゅう)
 室町時代古本節用集六種研究並びに総合索引・影印篇(中田祝夫)辞書
桑の実
(くわのみ)
鈴木三重吉1913岩波文庫小説

【 け 】

書名(書名読み) 作者・編者名 成立・刊行年 底本名 補助注記
経国集
(けいこくしゅう)
良岑安世・滋野貞主(ら編)827序群書類従勅撰漢詩集
経国美談
(けいこくびだん)
矢野龍渓1883~84刊明治大正文学全集政治小説
経済小学家政要旨
(けいざいしょうがくかせいようし)
永峰秀樹(訳)1876刊明治九年板本教科書(原作はハスケル)。「経済小学家政要旨(仮名付)」(一八七七年刊)は明治一〇年板本によった。
閨秀
(けいしゅう)
秦恒平1972筑摩現代文学大系小説
芸術・歴史・人間
(げいじゅつ・れきし・にんげん)
本多秋五1946現代日本文学全集(筑摩書房)評論
慶長見聞集
(けいちょうけんもんしゅう)
三浦浄心1614慶長見聞集(中丸和伯)「見聞集」。仮名草子
月清集
(げっせいしゅう)
藤原良経1204頃定家珠芳(呉文炳)「秋篠月清集」。私家集
諺苑
(げんえん)
太田全斎1797序古辞書叢刊辞書
顕戒論
(けんかいろん)
最澄820伝教大師全集仏教
言元梯
(げんげんてい)
大石千引1834刊国学院大学本語学
元亨釈書
(げんこうしゃくしょ)
虎関師錬1322新訂増補国史大系伝記
乾坤弁説
(けんこんべんぜつ)
向井元升1656文明源流叢書天文学
源氏物語
(げんじものがたり)
紫式部1001~14頃源氏物語大成物語
現存六帖
(げんそんろくじょう)
藤原光俊(撰)1249~50頃国書遺芳(呉文炳)「現存和歌六帖」。私撰集。藤原家良との共撰ともいう。
現代経済を考える
(げんだいけいざいをかんがえる)
伊藤光晴1973刊岩波新書評論
現代語辞典
(げんだいごじてん)
生田長江1923刊素人社辞典
現代術語辞典
(げんだいじゅつごじてん)
 1931刊大阪毎日新聞社・東京日日新聞社辞典
現代大辞典
(げんだいだいじてん)
木川又吉郎・堀田相爾・小堀龍二・阪部重寿1922刊大日本教育通信社辞典
現代日用新語辞典
(げんだいにちようしんごじてん)
小林鶯里1920刊文芸通信社辞典
現代風俗帖
(げんだいふうぞくちょう)
木村荘八1950刊東峰書店随筆
現代文化百科事典
(げんだいぶんかひゃっかじてん)
 1937刊日本辞書出版社辞典
原中最秘鈔
(げんちゅうさいひしょう)
行阿1364奥書源氏物語大成「源氏物語」の注釈
建内記
(けんないき)
万里小路時房1414~55大日本古記録「建聖院内府記」。日記。引用にあたっては当該記事の年月日を付した。
源平盛衰記
(げんぺいじょうすいき)
 14世紀前寛永板本軍記
憲法講話
(けんぽうこうわ)
宮沢俊義1967刊岩波新書評論
建武式目
(けんむしきもく)
中原道昭(ら)1336中世法制史料集法制
建武年中行事
(けんむねんじゅうぎょうじ)
後醍醐天皇1334~38頃群書類従「後醍醐院年中行事」。有職
建礼門院右京大夫集
(けんれいもんいんうきょうのだいぶしゅう)
建礼門院右京大夫13世紀前校本建礼門院右京大夫集(井狩正司)私家集

【 こ 】

書名(書名読み) 作者・編者名 成立・刊行年 底本名 補助注記
五位
(ごい)
世阿彌1423頃か世阿彌自筆伝書集(川瀬一馬)能楽
語彙
(ごい)
文部省編輯寮(編)1871~84刊文部省刊辞書
恋衣
(こいごろも)
与謝野晶子・山川登美子・増田雅子1905刊現代短歌大系歌集
恋人たちの森
(こいびとたちのもり)
森茉莉1961筑摩現代文学大系小説
弘安礼節
(こうあんれいせつ)
二条資秀(らか)1285群書類従故実
後裔の街
(こうえいのまち)
金達寿1946~47刊筑摩現代文学大系小説
広益国産考
(こうえきこくさんこう)
大蔵永常1859刊岩波文庫農書
広益熟字典
(こうえきじゅくじてん)
湯浅忠良(編)1874刊明治七年板本字典
交易問答
(こうえきもんどう)
加藤弘之1869刊明治文化全集評論
篁園全集
(こうえんぜんしゅう)
野村篁園1844序江戸詩人選集漢詩文
工学字彙
(こうがくじい)
野村龍太郎1886刊丸善英和工学辞典

教草女房形気
(おしえぐさにょうぼうかたぎ)
〈初~二〇編〉山東京山、〈二一~二五編〉鶴亭秀賀1846~68刊有朋堂文庫 
正本製
(しょうほんじたて)
柳亭種彦1815~31刊昭和版帝国文庫 
偐紫田舎源氏
(にせむらさきいなかげんじ)
柳亭種彦1829~42刊岩波文庫 
公議所日誌
(こうぎしょにっし)
 1869刊明治文化全集議事録。引用にあたっては当該記事の年月を付した。
江家次第
(ごうけしだい)
大江匡房1111頃新訂増補故実叢書有職
甲州法度
(こうしゅうはっと)
武田信玄1547中世法制史料集家法
行人
(こうじん)
夏目漱石1912~13漱石全集(岩波書店)小説
航西日乗
(こうせいにちじょう)
成島柳北1881~84明治文学全集洋行日記
皇太神宮儀式帳
(こうたいじんぐうぎしきちょう)
大中臣真継・荒木田公成(ら)804群書類従神道、法制。歌謡は日本古典文学大系(古代歌謡集)によった。
皇太神宮年中行事
(こうたいじんぐうねんじゅうぎょうじ)
荒木田忠仲1192群書類従神道。歌謡は日本古典文学大系(古代歌謡集)によった。
江談抄
(ごうだんしょう)
大江匡房(談)、藤原実兼(ら記)1111頃群書類従説話
巷談本牧亭
(こうだんほんもくてい)
安藤鶴夫1964刊桃源社随筆
弘道館記述義
(こうどうかんきじゅつぎ)
藤田東湖1852日本思想大系儒学
江都督納言願文集
(ごうととくなごんがんもんしゅう)
大江匡房平安時代後期江都督納言願文集(平泉澄)漢文
坑夫
(こうふ)
夏目漱石1908漱石全集(岩波書店)小説
鉱物字彙
(こうぶつじい)
小藤文次郎・神保小虎・松島鉦四郎1890刊明治期専門術語集英独和鉱学辞典
航米日録
(こうべいにちろく)
玉虫誼茂(撰)1860文明源流叢書洋行日記
稿本化学語彙
(こうほんかがくごい)
桜井錠二・高松豊吉1900刊近代日本学術用語集成英独和化学辞典
甲陽軍鑑
(こうようぐんかん)
高坂昌信(著)、春日惣次郎(ら書継)17世紀初甲陽軍鑑(酒井憲二)「武田全書」。軍記
黄葉夕陽邨舎詩
(こうようせきようそんしゃし)
菅茶山〈前編〉1812刊、〈後編〉1823刊、〈遺稿〉1832刊詩集日本漢詩漢詩
江吏部集
(ごうりほうしゅう)
大江匡衡1010~11頃群書類従漢詩文
交隣須知
(こうりんしゅち)
雨森芳州(か)18世紀中か交隣須知(京都大学国文学会)朝鮮語学習書

敦盛
(あつもり)
 室町時代末~近世初幸若舞曲集(笹野堅)新群書類従による場合もある。
いるか
(いるか)
 
烏帽子折
(えぼしおり)
 
景清
(かげきよ)
 
鎌田
(かまた)
 
信太
(しだ)
 
大織冠
(たいしょかん)
 
大臣
(だいじん)
 
高たち
(たかだち)
 
伏見常槃
(ふしみときわ)
 
ほり川
(ほりかわ)
 
満仲
(まんじゅう)
 
屋嶋軍
(やしまいくさ)
 
夜討曾我
(ようちそが)
 
和田宴
(わださかもり)
 
五音
(ごおん)
世阿彌1434頃世阿彌十六部集評釈(能勢朝次)能楽論
五音三曲集
(ごおんさんぎょくしゅう)
金春禅竹1460奥書金春古伝書集成能楽論
こがね丸
(こがねまる)
巖谷小波1891刊少年文学(博文館)児童文学
故旧忘れ得べき
(こきゅうわすれうべき)
高見順1935~36新潮文庫小説
古今和歌集
(こきんわかしゅう)
紀友則・紀貫之・凡河内躬恒・壬生忠岑(撰)905~914日本古典文学大系勅撰集
古今打聞
(こきんうちぎき)
(伝)凡河内躬恒1438頃和歌古語深秘抄「秘蔵抄」。歌学
古今集遠鏡
(こきんしゅうとおかがみ)
本居宣長1794増補本居宣長全集「古今和歌集遠鏡」。「古今集」の注釈。
古今六帖
(こきんろくじょう)
 976~987頃図書寮叢刊「古今和歌六帖」。私撰集
国語のため
(こくごのため)
上田万年1895刊明治文学全集評論
国語のため第二
(こくごのためだいに)
上田万年1903刊明治文学全集評論
国語本義
(こくごほんぎ)
高橋正澄1830頃静嘉堂本(高橋残夢遺書)語学
黒潮
(こくちょう)
徳富蘆花1902~05明治文学全集小説
国文学読本緒論
(こくぶんがくどくほんしょろん)
芳賀矢一1890刊明治文学全集評論
国民性十論
(こくみんせいじゅうろん)
芳賀矢一1907刊明治文学全集評論
国民百科新語辞典
(こくみんひゃっかしんごじてん)
新井格・木村毅1934刊非凡閣辞典
極楽寺殿御消息
(ごくらくじどのごしょうそく)
北条重時1256~61中世武家家訓の研究(筧泰彦)家訓
苔の衣
(こけのころも)
 1271頃古典文庫物語
五国対照兵語字書
(ごこくたいしょうへいごじしょ)
参謀本部(編)、西周(序)1881刊参謀本部軍事用語集
こゝろ
(こころ)
夏目漱石1914漱石全集(岩波書店)小説
試みの岸
(こころみのきし)
小川国夫1969~72筑摩現代文学大系小説
古今著聞集
(ここんちょもんじゅう)
橘成季1254跋日本古典文学大系説話
古今要覧稿
(ここんようらんこう)
屋代弘賢(編)1821~42古今要覧稿(国書刊行会)叢書、考証
古今連談集
(ここんれんだんしゅう)
高山宗砌1444~48頃古典文庫連歌論
五山堂詩話
(ござんどうしわ)
菊地五山1807~16刊新日本古典文学大系詩話
古事記
(こじき)
太安万侶(撰録)712日本古典文学大系「古事記伝」などを参照、読み下し文で掲げる。歌謡は日本古典文学大系(古代歌謡集)によった。
古事記伝
(こじきでん)
本居宣長1798校訂古事記伝(本居豊穎)「古事記」の注釈
古事談
(こじだん)
源顕兼1212~15頃新訂増補国史大系説話
後拾遺和歌集
(ごしゅういわかしゅう)
藤原通俊(撰)1086岩波文庫勅撰集
五重塔
(ごじゅうのとう)
幸田露伴1891~92岩波文庫小説
古事類苑
(こじるいえん)
神宮司庁(など編)1879~1907 百科辞彙。六国史以降江戸時代末までの文献を分類、集録。
御成敗式目
(ごせいばいしきもく)
北条泰時(ら編)1232中世法制史料集「貞永式目」。法制
後撰和歌集
(ごせんわかしゅう)
大中臣能宣・清原元輔・源順・紀時文・坂上望城(撰)951~953頃後撰和歌集総索引(大阪女子大学国文学研究室)勅撰集
小僧の神様
(こぞうのかみさま)
志賀直哉1920岩波文庫小説
小大君集
(こだいのきみしゅう)
小大君1005頃西本願寺本三十六人集精成私家集。書名の読みは「こおおぎみしゅう」とも。
壺中庵異聞
(こちゅうあんいぶん)
富岡多恵子1974筑摩現代文学大系小説
国会論
(こっかいろん)
中江兆民1888刊明治文学全集評論
国歌八論
(こっかはちろん)
荷田在満1742日本歌学大系歌学


浮世床
(うきよどこ)
〈初・二編〉式亭三馬、〈三編〉滝亭鯉丈1813~23刊〈初・二編〉日本古典全書、〈三編〉近代日本文学大系 
浮世風呂
(うきよぶろ)
式亭三馬1809~13刊日本古典文学大系 
小野字尽
(おののばかむらうそじづくし)
式亭三馬1806刊太平文庫 
戯場粋言幕の外
(けじょうすいげんまくのそと)
 1806刊新日本古典文学大系 
七偏人
(しちへんじん)
梅亭金鵞1857~63刊日本名著全集 
続膝栗毛
(ぞくひざくりげ)
十返舎一九1810~22刊日本名著全集 
大千世界楽屋探
(だいせんせかいがくやさがし)
式亭三馬1817刊新日本古典文学大系 
街能噂
(ちまたのうわさ)
平亭銀鶏1835刊浪速叢書 
東海道中膝栗毛
(とうかいどうちゅうひざくりげ)
十返舎一九〈発端〉1814刊、〈初~8編〉1802~09刊日本古典文学大系 
八笑人
(はっしょうじん)
〈初~四編〉滝亭鯉丈、〈五編上〉池田英泉、〈五編中・下〉与鳳亭枝成1820~49刊日本名著全集「花暦八笑人」。
風来六部集
(ふうらいろくぶしゅう)
平賀源内1780序日本古典文学大系 
古朽木
(ふるくちぎ)
朋誠堂喜三二1780刊日本名著全集 
和合人
(わごうじん)
〈初~三編〉滝亭鯉丈、〈四編〉為永春水1823~44刊有朋堂文庫 
古典と現代文学
(こてんとげんだいぶんがく)
山本健吉1955新選現代日本文学全集(筑摩書房)評論
御当家令条
(ごとうけれいじょう)
藤原親長(か)1597~1696近世法制史料叢書法制。江戸幕府の法令約六〇〇を集録。引用にあたっては当該記事の年月日を付した。
古道大意
(こどうたいい)
平田篤胤1813平田篤胤全集国学
今年竹
(ことしだけ)
里見1919~27岩波文庫小説
後鳥羽院御口伝
(ごとばいんごくでん)
後鳥羽院1212~27頃日本古典文学大系歌学
小鳥の巣
(ことりのす)
鈴木三重吉1910岩波文庫小説
諺草
(ことわざぐさ)
貝原好古1699益軒全集俚諺
後二条師通記
(ごにじょうもろみちき)
藤原師通1083~99大日本古記録日記。引用にあたっては当該記事の年月日を付した。
古文真宝抄
(こぶんしんぽうしょう)
   抄物。「古文真宝桂林抄」(桂林徳昌講・一元光演聞書、一四八五年頃成立、続抄物資料集成)、「古文真宝彦龍抄」(彦龍周興著、一四九〇年頃成立、続抄物資料集成)、「古文真宝後集抄」(一五二五年成立、無刊記刊本)などと示す。
後法興院記
(ごほうこういんき)
近衛政家1466~1505続史料大成日記。引用にあたっては当該記事の年月日を付した。
古本説話集
(こほんせつわしゅう)
 1130頃か岩波文庫説話
小町集
(こまちしゅう)
小野小町9世紀後か西本願寺本三十六人集精成私家集
語孟字義
(ごもうじぎ)
伊藤仁斎1705日本思想大系儒学
古来風体抄
(こらいふうたいしょう)
藤原俊成1197日本歌学大系歌学。書名の読みは「こらいふうていしょう」とも。
是貞親王歌合
(これさだしんのううたあわせ)
是貞親王(主催)893平安朝歌合大成「仁和二宮歌合」。和歌
是則集
(これのりしゅう)
坂上是則10世紀前西本願寺本三十六人集精成私家集
子をつれて
(こをつれて)
葛西善蔵1918岩波文庫小説
権記
(ごんき)
藤原行成991~1011増補史料大成日記。引用にあたっては当該記事の年月日を付した。
金光明最勝王経音義
(こんこうみょうさいしょうおうきょうおんぎ)
 1079大東急記念文庫複製本訓点資料
金色夜叉
(こんじきやしゃ)
尾崎紅葉1897~98岩波文庫小説
今昔物語集
(こんじゃくものがたりしゅう)
 1120頃か日本古典文学大系説話
コンテムツスムンヂ(捨世録)
(コンテンツスムンヂ(しゃせいろく))
トマス=ア=ケンピス(か)1596刊キリシタン資料集成日本イエズス会刊。キリシタン文学。ローマ字書き。一六一〇年刊の国字本は「こんてむつすむん地」と示し、日本古典全書によった。
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る

百科
日本語
歴史・地名
英語
ヨーロッパ言語
東アジア言語
用語・情報
人名・文化・宗教
自然科学
記事・コラム
叢書・日本文学
JKBooks