ムラサキシキブ(紫式部)はクマツヅラ科の落葉低木で、湿り気のある雑木林を好み、京都を囲む里山でよくみかける植物である。漢名は紫の実の様子から「紫珠」という。学名はCallicarpa japonica(カリカルパ・ヤポニカ)。「日本の美しい果実」という意味だ。さらにいえば、花言葉は「愛され上手」、「聡明な女性」。学名からこれだけ褒められている植物を、ほかには思いつかない。

 高いものならば、3メートルほどにも生長するだろうか。6月ごろに淡い紫色の花を咲かせ、秋には小粒の実がたわわに実る。実はやや赤みを含んだ渋い紫色で、この色が紫式部という、日本の伝統色になっている。江戸期以前は「ムラサキシキミ(紫重実)」と呼ばれていた。紫色の実の群がるような美しさが、源氏物語の作者である紫式部を連想させるので、江戸時代になってから「ムラサキシキブ」と呼ばれるようになったそうである。

 紫といえば、京都を象徴する色でもある。「日に映じて、山は紫に、澄んだ水は清くはっきりと見えること。」(『日本国語大辞典』)を意味する山紫水明ということばが、京都の紫色の由来となっている。最近では、Jリーグの京都パープルサンガのチームカラーが紫(パープル)であり、名称の一方の「サンガ」には、サンスクリット語の「群れ」という意味と、美しい「山河」という音と意味が重ねられている。サッカーチームといえども案外、古典的な意味からネーミングされたわけである。

 


ムラサキシキブ(上)を見つけたものの、まだ色が紫になっていなかった。そのため、庭木に多く、ほぼ同じ色になるコムラサキ(下)を一緒に掲載する。コムラサキは、ムラサキシキブより枝も葉も小ぶりで、葉先の半分ほどしかギザギザがないところで見分けている。


京都の暮らしことば / 池仁太   


池仁太(いけ・じんた)
土曜日「京都の暮らしことば」担当。1967年福島県生まれ。ファッション誌編集者、新聞記者を経てフリーに。雑誌『サライ』『エスクァイア』などに執筆。現在は京都在住。民俗的な暮らしや継承技術の取材に力を入れている。
ジャパンナレッジとは?
辞書・事典を中心にした知識源から「知りたいこと」にいち早く到達するためのデータベースです。日本語や歴史を深く掘り下げて知識を得られる辞典から、英語だけにとどまらない各外国語辞書や東洋文庫などの叢書まで、あらゆる項目の一括検索が可能です。